タグ:ピストンコース05~10㎞未満 ( 86 ) タグの人気記事

【山名・標高】高千穂峰 1,574m (宮崎県)
【月日・時間】2018年10月14日(日) 曇り 山行時間2:56(休憩除く2:41)
【距離・歩数】沿面距離5.7㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)657m 歩数6,324歩
【車駐車位置】高千穂河原登山口 マップコード:227152710*85

 10:25 高千穂河原登山口(15℃)
 10:42 遊歩道分岐
 11:14 馬ノ背
 11:31 御鉢縁分岐
 11:55 高千穂峰(13℃)~12:10
 12:25 御鉢縁分岐
 12:37 馬ノ背
 13:07 遊歩道分岐
 13:21 高千穂河原登山口(17℃)
f0212511_22081120.jpg
高千穂河原の駐車場入り口
f0212511_22082058.jpg
クリックで拡大
f0212511_22082969.jpg
鳥居の横からスタートします
f0212511_22083550.jpg
霧島神宮古宮址
f0212511_22084169.jpg
散策路
f0212511_22084766.jpg
赤黒い溶岩の斜面を登っていきます
f0212511_22085385.jpg
振り返ると、みんな頑張って登てます
f0212511_22085944.jpg
馬ノ背まで上がってきました
f0212511_22090610.jpg
御鉢
f0212511_22091161.jpg
御鉢火口縁を歩きます
f0212511_22091852.jpg
上宮
f0212511_22092568.jpg
高千穂峰に到着
f0212511_22093163.jpg
f0212511_22093972.jpg
天ノ逆鉾
f0212511_22094596.jpg
山小屋
f0212511_22095558.jpg
歩いてきた御鉢火口縁の下がえぐれています、わかりますか?
f0212511_22100463.jpg
f0212511_22101295.jpg


【山名・標高】 龍王山 616m (福岡県)
【月日・時間】2018年9月29日(土) 曇り 山行時間2:40(休憩除く2:35) 
【距離・歩数】沿面距離6.1㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)470m 歩数11,186歩
【車駐車位置】 青年の家登山口 マップコード:55733457*41

今日は台風24号の接近により朝から雨模様。
お昼過ぎに起き、空を眺めると小康状態、心が胸騒ぎ。
先月からタマゴダケを求めて龍王山に三回も登ったが外れ、外れ、ハズレ。
もう行かないつもりだったが、ついつい淡い期待を持ち、また龍王山へ。

暗くなるのを覚悟して八木山青年の家登山口から登る。
登山道は昨夜からの雨で、勢いよく水が流れています。
また、石コロは滑り、歩きにくい状態の道を気を付けて尾根まで上がります。

尾根まで上がり、いよいよタマゴダケ探し。
ガスが掛かり薄暗い尾根道、今日こそはと願いを込め歩く。
落葉道の前方にぼんやりと赤い物を発見、ドキドキしながら近づき確信。
大きなタマゴダケ一個を発見、四回目にして出会えた喜びは最高。

辺りを見渡し探すと三個発見、もう充分、満足。
薄暗いなか、写真を撮り龍王神社まで進み引返して龍王山へ。
タマゴダケに出会え気分は最高、小康状態が大雨になってもへっちゃら気分で歩く。
龍王山からの眺望は雲で全く見えません。
八木山畜産センターへ下り、車道を歩いて八木山青年の家登山口へ。
登山口に着くころには真っ暗、ヘッドライトを付けて無事に帰りつく。
四回目にしてタマゴダケを鑑賞することができ満足の山行となりました。

  15:42 青年の家登山口(18℃)
  15:54 林道横断
  16:25 尾根三差路
  16:51  龍王神社(16℃)
  17:05 尾根三差路
  17:10 龍王山(23℃)~17:15
  17:51 八木山畜産センター入口
  18:22 青年の家登山口(17℃)
f0212511_16512664.jpg
青年の家登山口
f0212511_16513699.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_16514343.jpg
f0212511_16514914.jpg
尾根三差路に出ました
f0212511_16515409.jpg
巨大タマゴダケ発見
f0212511_16520019.jpg
近くには二個、少し開いている物もある
f0212511_16520635.jpg
こちらは綺麗に開いています
f0212511_16521245.jpg
こんなお化けみたいなキノコもあります
f0212511_16521952.jpg
龍王神社まで行って引き返します
f0212511_16522681.jpg
葉っぱが空中に浮いています??
f0212511_16523378.jpg
龍王山の山頂、雲で何も見えません
f0212511_16524095.jpg
f0212511_16524701.jpg
畜産センターへ下る途中に巨大なキノコ発見
f0212511_16525647.jpg
こちらは兄弟のようです
f0212511_16530548.jpg
時間が経てば、この様になるんでしょうか?
f0212511_16531306.jpg
畜産センターの取付き点まで下ってきました
f0212511_16531923.jpg
人懐っこい牛さん達、パンダ牛もいます
f0212511_16532610.jpg
畜産センターから車道を歩いて帰ります

  
【山名・標高】鞍岳 1,118m 女岳 1,090m ツームシ山 1,064m(熊本県)
       子岳 1,050m 孫岳 1,030m
【月日・時間】2018年8月26日(日) 晴れ 山行時間4:26(休憩除く3:11) 登山者
【距離・歩数】沿面距離7.7㎞(林道0.2㎞含む) 累積標高(+)564m 歩数13,497歩
【車駐車位置】第一駐車場東登山口 マップコード:618098571*20

鞍岳と云っても熊本県の北外輪山に位置する鞍岳です
今日は伏石登山口からではなく以前から気になっていた第一駐車場登山口へ
鞍岳の山頂近くにある第一駐車場の東登山口から登ります。
あっという間に女岳、鞍岳(男岳)に登ります。
ツームシ山まで歩いて、ちょっと先の孫岳を折り返して、最後に子岳を歩いて終了。
鞍岳のファミリー山、男岳(鞍岳)、女岳、子岳、孫岳+ツームシ山制覇
天気がよく360度の眺望に加え青空も最高に綺麗でした。

 09:55 第一駐車場東登山口(25℃)
 10:13 山頂十字路
 10:17 女 岳
 10:27 鞍 岳(27℃)~10:34
 10:54 馬頭観音
 11:32 ツームシ山(30℃)~12:20
 12:33 孫 岳
 12:46 ツームシ山
 13:37 山頂十字路
 13:50 子 岳~14:10
 14:18 第二駐車場
 14:21 第一駐車場東登山口(30℃)
f0212511_17545878.jpg
第一駐車場の東登山口から登ります
f0212511_17552543.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_17553436.jpg
青空が綺麗
f0212511_17554011.jpg
登山口から700m歩けば山頂です
f0212511_17554584.jpg

 
f0212511_17555014.jpg
熊本市内方面、金峰山と二ノ岳、三ノ岳
f0212511_17555655.jpg
阿蘇山方面、左に根子岳が見えています
f0212511_17560302.jpg
最初は女岳に登ります
f0212511_17560990.jpg
次は男岳(鞍岳)です
f0212511_17561623.jpg
九重連山方面、左に涌蓋山が見えています
f0212511_17562225.jpg
馬頭観音
f0212511_17562909.jpg
アセビの中を通りツームシ山へ
f0212511_17563641.jpg
登りきった所がツームシ山
f0212511_17564374.jpg
ツームシ山に到着
f0212511_17565003.jpg
ツームシ山から孫岳へ、登山道が草に覆われていますが大丈夫
f0212511_17565898.jpg
孫岳に到着、引返します
f0212511_17570578.jpg
何度見てもす素晴しい阿蘇の五岳(高岳、中岳、根子岳、烏帽子岳、杵島岳)
f0212511_17571225.jpg
最後に写真中央の子岳に登ります
f0212511_17571943.jpg
これで鞍岳ファミリー歩きました
f0212511_17572985.jpg
子岳から見る牧場
f0212511_17573625.jpg
最後にもう一度、熊本市内方面

【山名・標高】釣鐘山 1,396m (宮崎県)
【月日・時間】2018年4月29日(日) 晴れ 山行時間4:23(休憩除く4:03) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.8㎞(林道4.0㎞含む) 累積標高(+)970m 歩数17,603歩
【車駐車位置】釣鐘山登山口 マップコード:498431848*46

遠征二日目、何処に登るのかぼんやりとしていましたがやはりアケボノ鑑賞。
アケボノツツジが咲く情報を得ていた釣鐘山に登りことにする。
林道2㎞を歩いた先の取付点から登っていきます。(四駆の車が欲しい)
尾根近くと山頂近くは結構な急勾配を登ります。
釣鐘山の山頂周辺はアケボノツツジ、ミツバツツジ、ヒカゲツツジが咲き誇っています。
群生しているヒカゲツツジは少し時期が過ぎていたようです。
マイナーな感じがした釣鐘山ですが、三種のツツジに大満足する山です。
下山は往路を戻り、出発地点の鹿川営農研修館に辿り着く。

 09:10 釣鐘山登山口(15℃)・・・鹿川営農研修館に駐車
 09:41 取付点・・・・・・・・・四駆の車なら行けます
 10:31 鹿川峠・・・・・・・・・登りが続きます
 10:41 尾根・・・・・・・・・・平坦に出て一休み
 11:20 釣鐘山~11:40・・・・・最後の登りは急登
 12:14 尾根
 12:20 鹿川峠
 13:03 取付点
 13:33 釣鐘山登山口(25℃)
f0212511_18354225.jpg
『鹿川峠西郷隆盛宿営の地』の案内板から林道を出発します
f0212511_18355113.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_18355610.jpg
青空が素晴らしい
f0212511_18360281.jpg
林道を登っていきます
f0212511_18360751.jpg
取付点から登山道へ、最初は荒れています
f0212511_18361291.jpg
西郷隆盛宿営の地
f0212511_18361756.jpg
新緑がまぶしい
f0212511_18365005.jpg
f0212511_18365671.jpg
鹿川峠
f0212511_18370482.jpg
釣鐘山の直下に来ました
f0212511_18371061.jpg
ヒカゲツツジ
f0212511_18371788.jpg
沢山咲いています
f0212511_18372473.jpg
f0212511_18373249.jpg
アケボノツツジも沢山咲いています
f0212511_18373994.jpg
青空バックにピンクが綺麗です
f0212511_18374545.jpg
釣鐘山の山頂
f0212511_18375356.jpg
右側に尖った山、山丹助岳と矢筈岳
f0212511_18380148.jpg
山頂から見る山並
f0212511_18380910.jpg
ミツバツツジも綺麗です
f0212511_18381632.jpg
f0212511_18382312.jpg
ヒカゲツツジ、黄色が鮮やかです
f0212511_18382964.jpg
下山途中、餌を探している動物に遭遇
f0212511_18383746.jpg
最後に紫色の花も綺麗です

【山名・標高】黒尊岳 908.5m 国見山 886.5m (鹿児島県)
【月日・時間】2017年11月4日(土) 晴れ 山行時間2:41(休憩除く2:28) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.1㎞(車道3.2㎞含む) 累積標高(+)528m 歩数13,533歩
【車駐車位置】国見平登山口 マップコード:670766704*54

先ほど御在所岳に登り、午後からは黒尊岳と国見山に登る。
国見平から低い樹木に身を丸め縦走路を進み黒尊岳に到着。
黒尊祠に立ち寄り登山口の国見平に引返し、今度は国見山へ登る。
国見山は殆どが車道歩きですが眺望は素晴らしい。
東には内之浦湾やロケット基地のアンテナ、北西には高隈山連峰が雄大に見えます。
登山を終え本日の宿泊地である鹿屋市へ向かい、夜は再び宴会。(@_@)

 13:10 国見平登山口(14℃)
 13:52 黒尊岳(10℃)~14:00
 14:08 黒尊祠・・・・岩の下に祠が有ります
 14:48 国見平登山口
 15:11 道路分岐・・・左の無線基地へは進まず直進します
 15:15 取付点・・・・ちょっと分かりづらい
 15:20 国見山(12℃)~15:25
 15:28 取付点
 15:33 道路分岐
 15:51 国見平登山口(12℃)
f0212511_23172536.jpg
国見平から先ずは黒尊岳へ
f0212511_23174062.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23174854.jpg
f0212511_23175409.jpg
f0212511_23180162.jpg
国見山方面に風車が見えます
f0212511_23181361.jpg
黒尊岳の山頂
f0212511_23182185.jpg
左に内之浦湾が見えます
f0212511_23183138.jpg
内之浦ロケット発射基地のアンテナが見えます
f0212511_23200542.jpg
f0212511_23201706.jpg
黒尊岳の祠
f0212511_23202697.jpg
縦走路から見る高隈山
f0212511_23203662.jpg
国見平に戻ってきました、今度はゲート横を通り国見山へ
f0212511_23204488.jpg
無線基地
f0212511_23205247.jpg
こんな道路を歩いて行きます
f0212511_23210036.jpg
国見山の山頂
f0212511_23210937.jpg
f0212511_23211757.jpg

【山名・標高】御在所岳 530m (鹿児島県)
【月日・時間】2017年11月4日(土) 晴れ 山行時間2:01(休憩除く1:49) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離6.3㎞(林道1.1㎞含む) 累積標高(+)458m 歩数10,362歩
【車駐車位置】田之浦小学校前駐車 マップコード:238826065*85

今日は午前中に御在所岳へ登り、午後は刀剣山に登る計画だったが・・。
御在所岳は、良くも悪くも何の変哲もない山でちょっとガッカリでした。
御在所岳登山のあと刀剣山へ向かうが本日の宿泊地(鹿屋市)を考慮し計画変更。
刀剣山は取り止め黒尊岳・国見山方面へ車を走らせる。

 09:40 田之浦小学校前(13℃)・・校門の前に駐車
 09:47 取付点
 10:00 第一展望台・・・・木々に覆われ展望無
 10:10 亀 石・・・・・・角度によっては亀に見えますね~
 10:32 御在所岳元宮跡
 10:38 御在所岳(12℃)~10:50
 10:55 御在所岳元宮跡
 11:17 亀 石
 11:24 第一展望台
 11:35 取付点
 11:41 田之浦小学校前(14℃)
f0212511_22430789.jpg
田之浦小学校横から入っていきます
f0212511_22432163.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22432708.jpg
取付き地点
f0212511_22433381.jpg
f0212511_22434336.jpg
亀石
f0212511_22434915.jpg
御在所岳元宮跡
f0212511_22435723.jpg
f0212511_22440260.jpg
f0212511_22441061.jpg
志布志湾がかすかに見えます


【山名・標高】水上越え 1,450m 山犬切 1,562m (熊本県)
【月日・時間】2017年11月3日(金) 曇り 山行時間4:30(休憩除く4:25) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.5㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1,039m 歩数16,591歩
【車駐車位置】球磨川源流登山口 マップコード:751041832*38

三日連休となれば遠くの山へ行きたくなる、よって熊本、鹿児島方面へ。
今日はH29年2月に徒渉しきれず登れなかった水上越にチャレンジする。
白蔵峠から先の登山口手前は、工事中だったが現場の人に通してもらえました。
登山口には老夫婦が二人、球磨川源流へ登って行かれようとしています。
遅れること10分、私も身支度をして出発します。
前回徒渉できなかった沢に到着、老夫婦は渡れず引き返されます。
私はリベンジでもあるので強引に飛び石を跳ねて渡る。
しかし、水苔でツルンと滑り激流の中へ足を突っ込み靴の中はずぶ濡れ。
怪我することは無く渡ることができたが、気を引き締め源流を目指します。
崩壊している登山道などで球磨川源流が分らず、気が付けば水上越に出てしまった。
山犬切まで紅葉を楽しみながら縦走路を歩きます。今日は山犬切迄で引き返す。
小雨が降ってきたので急いで下山開始、水上越の急坂を慎重に下る。
登山時に見つけられなかった球磨川源流を発見、「やった~」と叫び喜ぶ。
その後、源流から下り道を一時見失ったが、無事往路に出て再び下っていく。
下山時の徒渉は、飛び石を渡るのは避け、引っ掛かっている流木の上を渡る。
滑り落ちることなく徒渉、無事に登山口に帰り着きました。
五木スカイラインと高速道路を利用し宿泊地である鹿児島県姶良市へ移動。
夜は知人と合流「わび助」で宴会、相変わらず飲み過ぎました。(笑)

 10:50 球磨川源流登山口(15℃)
 11:12 徒 渉・・・・・足を滑らせ 靴からズポンまでずぶ濡れ
 12:00 球磨川源流横・・場所不明のまま水上越へ登る
 12:38 水上越・・・・・涸れ谷を迷いながら辿り着く
 13:10 七遍巡り・・・・縦走路を歩く、小雨が降り始める
 13:20 山犬切(11℃)~13:25・・・本降りになる前に早々退散
 13:38 七遍巡り・・・・紅葉は過ぎていますが綺麗です
 14:00 水上越・・・・・源流を探しながら下っていく
 14:26 球磨川源流・・・辿り着けました~(*^_^*)
 15:07 徒 渉・・・・・慎重に渡り扱けませんでした
 15:20 球磨川源流登山口(13℃)・・いつの間にか小雨は止んでいました
f0212511_22444780.jpg
球磨川水源登山口
f0212511_22453101.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22460185.jpg
この辺は紅葉してません
f0212511_22463184.jpg
f0212511_22470160.jpg
高度を上げると紅葉してきました
f0212511_22473186.jpg
いいですね
f0212511_22480235.jpg
水上越まで登ってきました
f0212511_22483170.jpg
縦走路の紅葉も素晴らしい
f0212511_22490124.jpg
山肌も綺麗ですね
f0212511_22493145.jpg
f0212511_22500185.jpg
素晴らしい紅葉です
f0212511_22503155.jpg
f0212511_22510138.jpg
山犬切(南)引返します
f0212511_22513190.jpg
空は曇ってます
f0212511_22520212.jpg
f0212511_22523271.jpg
水上越から下り球磨川水源近くの登山道、涸れ沢
f0212511_22530366.jpg
下山時に出会えました球磨川水源
f0212511_22540317.jpg
f0212511_22543289.jpg
下山時に徒渉で渡った流木枯木

【山名・標高】八竜山 498m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月10日(日) 晴れ 山行時間2:10(休憩除く2:00) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離5.9㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)537m 歩数9,919歩
【車駐車位置】八竜山登山口 マップコード:128167843*83

昨夜は道の駅「坂本」で車中泊、今日は八竜山に登ります。
登山道はよく整備されたており階段が多い一本道を登っていきます。
二千段以上の階段を登り天文台に到着。開館前で入館できず。
天文台からは八代海や天草諸島まで一望でき、雲仙普賢岳も見えます。
八竜山の山頂(三角点)があるアンテナ鉄塔まで進んで下山します。
下山は展望台に立ち寄り、あとは登ってきた階段を扱けないように下ります。
一泊二日遠征終了、帰りは一般道をボチボチ運転して帰ります。
昨日からの一泊二日の遠征、予定の四座を踏むことができました。
熊本百名山、これで残りは最後の1座となりました。(122/123座)
残りの1座は登山禁止の山、登りたいが登れない…どうしようか?米塚。

 07:20 八竜山遊歩道入口(23℃)
 07:24 取付点・・・・・・・八竜山自然公園遊歩道の案内板有り
 07:42 山頂まで1000m・・・半分登ってきました
 07:49 東 屋・・・水道の蛇口があり水が出ます
 07:58 山頂まで500m・・:まだまだ木製階段が続きます
 08:15 八竜天文台(26℃)~08:25・・山頂ではないが眺望が良い
 08:40 八竜山(24℃)・・・・三角点は
 08:52 展望台・・・キャンプ場横の小高い展望台
 08:55 八竜天文台横・・・下山は天文台には寄りません
 09:04 山頂まで500m
 09:10 東 屋
 09:13 山頂まで1000m
 09:27 取付点・・・案内板には階段数2,276段、延長1,744mと記載有り
 09:30 八竜山遊歩道入口(28℃)
f0212511_21161615.jpg
国道219号線の八竜山遊歩道入口から歩きます
f0212511_21162608.jpg
クリックで拡大します(詳細はYAMAP)
f0212511_22583015.jpg
取付地点
f0212511_22583850.jpg
f0212511_22584536.jpg
f0212511_22585442.jpg
東屋、右側に水道が整備されています
f0212511_22590118.jpg
階段が多い
f0212511_22591241.jpg
もう少しです
f0212511_22592045.jpg
f0212511_22592653.jpg
坂本八竜天文台に到着、開館時間は13時(午後1時)~22時(午後10時)
f0212511_22593307.jpg
天文台から見る八代市内と球磨川
f0212511_22593941.jpg
天文台からの眺望案内板
f0212511_22595061.jpg
天文台から見る花火の写真
f0212511_22595959.jpg
昨日登った八丁山、八峰山が見えています
f0212511_23000816.jpg
八竜山の山頂横にあるアンテナ
f0212511_23001622.jpg
アンテナ横の階段から登り三角点へ
f0212511_23002623.jpg
八竜山の山頂
f0212511_23003333.jpg
下山に立ち寄った八竜山自然公園の展望台から天文台を見る

 
【山名・標高】やくし山 999m マロン岩峰 1,065m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月3日(日) 晴れ 山行時間4:11(休憩除く3:46) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.6㎞(林道1.6㎞含む) 累積標高(+)1,033m 歩数15,767歩
【車駐車位置】長やぶ谷登山口 マップコード:536373219*64

先ほど桝形山と八原岳へ登り、午後はやくし山です。
工事中の看板と重なり登山口を見つけるのに時間がかかったが正午から出発。
初っ端から登山道を迷いながら進み、その後沢を登っていきます。
沢から離れ植林地のジグザグ急登を登り尾根まで出ます。
尾根から林道分岐までも、また急登です。急登続きで息が上がり林道で休憩。
その後、やくし山に到着、山頂から下り、今度はマロン岩峰へ進む。
岩場で扱けること無く無事、マロン岩峰到着。
ゆっくり休憩を取りたかったが、本日福岡へ帰ることを考え早々に下山する。
昨日からの一泊二日の熊本遠征登山、予定の三座を踏み終えました。
熊本百名山、残り5座となりました。(完了118/123)

 12:00 長やぶ谷登山口(23℃)
 12:26 沢分岐・・・・・・歩きにくい沢です
 12:45 尾根分岐・・・・・ここまで植林地の中、ジグザグ急登
 13:00 林道分岐~13:10・・あまりの疲れに休憩を取ります
 13:32 やくし山(23℃)~13:40
 13:47 林道出合・・・・・・マロン岩峰取付点を探します
 13:52 マロン岩峰取付点・・・雑草で覆われています
 14:33 マロン岩峰(24℃)~14:40
 15:06 マロン岩峰取付点
 15:25 林道分岐・・・・・・急坂を下っていきます
 15:37 尾根分岐・・・・・・ジグザグ道を下ります
 15:51 沢分岐
 16:11 長やぶ谷登山口(23℃)
f0212511_22515729.jpg
長やぶ谷登山口
f0212511_22522286.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22523039.jpg
植林地帯をジグザグに登っていきます
f0212511_22523623.jpg
尾根まで上がってきました
f0212511_22524376.jpg
林道分岐から気持ちよい登山道を緩やかに登っていきます
f0212511_22525247.jpg
やくし山に到着
f0212511_22530044.jpg
奥に見える岩場がマロン岩峰、今から行ってみます
f0212511_22530691.jpg
やくし山からの景色です
f0212511_22531451.jpg
やくし山から鹿よけネット沿いに下り林道へ
f0212511_22541806.jpg
林道を少し進んだ所にマロン岩峰の取付点があり、再びネット沿いに登っていきます
f0212511_22542703.jpg
ネットから外れマロン岩峰と反対方向へ岩場を進む、気づいて引き返す
f0212511_22543683.jpg
マロン岩峰が見えます、ふらつく足をしっかりと岩場に付けて進みます
f0212511_22544624.jpg
マロン岩峰に到着で~~す
f0212511_22545521.jpg
さきほど登った、やくし山が見えます。ちょっと休憩して下山します。

 
【山名・標高】桝形山 1,085m 八原岳 1,150m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月3日(日) 晴れ 山行時間3:35(休憩除く3:25) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.0㎞(林道1.1㎞含む) 累積標高(+)1,034m 歩数14,587歩
【車駐車位置】頭地登山口 マップコード:536534776*05

道の駅「子守唄の里五木」に車中泊していたので早朝から登山開始。
二年ぶりの桝形山、やはり急登続きで息が上がります。
立ち止まりながら息を整え桝形山に到着、ちょっと小休止。
これから先の八原岳への道はお初、鹿よけネット横から登るが不明瞭。
引返して緩やかな登山道を見つけ八原岳の山頂に辿り着く。
八原岳より桝形山を熊本百名山に登録した方が良いみたいです。
下山は往路を戻り、桝形山からは斜面を転げ落ちるように下りました。
予定より早く下山、次のやくし山登山口へ移動します。
 
 06:30 頭地登山口(18℃)
 07:03 四合目・・・・・・急登が続きます
 07:14 五合目・・・・・・四~五合目辺りはロープが張ってあります
 07:35 八合目・・・・・・もう一息、最後の急登
 07:50 桝形山(16℃)~08:00
 08:08 林道出合・・・鹿よけネットを開けて出ます
 08:35 八原岳取付点・・・迷った末見つけた取付き点
 08:49 八原岳(17℃)・・・何となく山頂って感じ
 09:01 八原岳取付点
 09:07 桝形山取付点・・・鹿よけネットから入ります
 09:15 桝形山・・・・・・再び桝形山
 09:22 八合目
 09:33 五合目・・・・・・転げ落ちるように下山
 09:39 四合目
 10:05 頭地登山口(21℃)
f0212511_21550412.jpg
道の駅「子守唄の里五木」、車中泊していた二台の車は既にとこかへ出発してました
私も早々に登山口へ
f0212511_21551659.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21552561.jpg
頭地登山口、桝形山まで2,400mとありますが距離以上にシンドイです
f0212511_21553237.jpg
急登が続きます
f0212511_21554111.jpg
四合目から五合目、ロープが張ってありますが登山道の目印のようです
f0212511_21554770.jpg
急登のなかでも、良い感じに心癒されます
f0212511_21555490.jpg
五合目、まだ半分もあります
f0212511_21560232.jpg
f0212511_21561147.jpg
八合目、この周辺はシャクヤクなどの山野草生息地です
f0212511_21561995.jpg
間もなく桝形山です
f0212511_21562777.jpg
桝形山到着、山並が綺麗です
f0212511_21563656.jpg
五木村の集落から延びる道路が見えます
f0212511_21564594.jpg
桝形山から八原岳へ林道を向かう
f0212511_21565341.jpg
鹿よけネット横からの取付点、登っていくと不明瞭道、引き返します
f0212511_21570279.jpg
林道を戻り、なだらかな登りの取付き点を発見、登ります
f0212511_21571065.jpg
八原岳の山頂に到着、眺望がいいですね。
f0212511_21571834.jpg
八原岳の山頂は簡易的な鉄塔が建っていました。