タグ:ピストンコース05~10㎞未満 ( 90 ) タグの人気記事

【山名・標高】 由布岳 1583m (大分県)
【月日・時間】 2019年8月13日(火) 晴れ 山行時間4:29(休憩除く3:51) 登山者複数
【距離・歩数】 沿面距離7.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)918m 歩数15,184歩
【車駐車位置】 由布岳正面登山口 マップコード:46332383*66

流星群&朝駆け(九重連山)の企画に参加予定でしたが天気が悪く中止となった。
しかし、明日13日は休みを取っており、微かな望みを託し夕方長者原まで行ってみた。
やはり九重連山の上空は曇り空、所によっては小雨も降っている。
楽しみにしていた「ペルセウス座流星群」、残念ながら観ることは叶わなくなった。

と云うことで、雲予報情報により予定を変更し由布岳の朝駆けに行ってきました。
由布岳正面登山口に移動。
深夜0時頃には月が出ていましたが流星群まで観ることはできなかった。

曇り空のなか3時半から登山開始、5時半に東峰山頂到着。
深夜にも関わらづ沢山のトレイルランナーが走っていました。
しかもランナーは一度登るだけではなく数度登られているようです。(@_@;)
山頂では残念ながらガスが広がり太陽は観ることはできませんでした。朝駆け成らず。
相変わらず山頂は風が強く、汗で濡れた服が冷たく寒い。
御鉢回りもせずピストンで下山、途中睡魔に襲われフラフラして歩く。
8時に登山口到着、駐車場で暫く仮眠したのち帰宅しました。

天気に左右される朝駆けや流星群鑑賞、機会が有ればまたチャレンジしてみたいです。

 03:33 由布岳正面登山口(19℃)
 03:44 ゲート柵入口
 04:08 合野越
 05:18 マタエ
 05:35 東峰山頂(15℃)~06:13
 06:28 マタエ
 07:28 合野越
 07:50 ゲート柵入口
 08:02 由布岳正面登山口(21℃)

f0212511_18571736.jpg
暗闇の中、正面登山道からスタート、まだまだ山頂まで1,600m
f0212511_18572807.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_18573498.jpg
湯布院町の夜景、上手く撮れていません
f0212511_18574003.jpg
西峰、東峰の分岐点であるマタエに到着、明るくなってきました
f0212511_18574668.jpg
f0212511_18575175.jpg
由布岳(東峰)から観た朝日
f0212511_18575705.jpg
雲が掛かりご来光とはいきませんでした
f0212511_18580874.jpg
f0212511_18581448.jpg
f0212511_18582037.jpg
f0212511_18582670.jpg
東峰から見た西峰方面
f0212511_18583167.jpg
雲が取れ湯布院町が見えてきました
f0212511_18583890.jpg
遠くには普賢岳がうっすらと見えています
f0212511_18584622.jpg
下山道、緑が良いですね
f0212511_18585323.jpg
f0212511_18590044.jpg
正面登山口に下山、由布岳を振り返る

【山名・標高】熊ノ岳(二ノ岳)685m 三ノ岳 681m (熊本県)
【月日・時間】2019年2月11日(月) 曇り 山行時間3:09(休憩除く2:45)
【距離・歩数】沿面距離6.9㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)719m 歩数7,808歩
【車駐車位置】野出公民館登山口 マップコード:415599804*28

鹿児島ウォークから帰る途中、昨日は栗野岳、今日は二ノ岳(熊ノ岳)に登ります。
ミカン畑の中腹にある野出登山口から登ります。

二ノ岳に登り一旦林道まで下り、次に三ノ岳に登ります。
今日は曇り空、残念ながら眺望は望めません、残念。
帰りは三ノ岳を下り二ノ岳巻道(林道)を帰る予定でしたが、
もう一度二ノ岳からの眺望に期待して、林道三差路から急登道を登ります。
しかし、二度登りましたが残念ながら霞んでいて普賢岳も全く見えません。
下山は春日神社経由で野出公民館登山口に下山しました。
お土産に買いたかった河内みかん、既に時期外れで売っていませんでした。

鹿児島遠征、充実した三日間で充電完了、あしたから仕事頑張りましょう。

 13:05 野出公民館登山口(6℃)
 13:26 二ノ岳林道横断
 13:41 二ノ岳(3℃)
 14:01 二ノ岳登山口
 14:06 三ノ岳登山口
 14:24 三ノ岳(3℃)~14:40
 14:55 三ノ岳登山口
 14:59 二ノ岳登山口
 15:15 河内支所登山口~15:23・・・三差路
 15:40 二ノ岳(2℃)・・・・・・・・・再び二ノ岳へ登る
 15:55 二ノ岳林道横断
 16:06 春日神社分岐
 16:14 野出公民館登山口(4℃)
f0212511_16501859.jpg
野出公民館の裏に車を止めて出発
f0212511_16502732.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_16503337.jpg
クンクリートの急坂道をあがっていきます
f0212511_16503925.jpg
登山道へ
f0212511_16504470.jpg
二ノ岳(熊ノ岳)
f0212511_16505050.jpg
山頂からの眺望はよくない
f0212511_16505561.jpg
f0212511_16510029.jpg
二ノ岳を下っていきます
f0212511_16510519.jpg
林道に出ます
f0212511_16511160.jpg
林道を少し歩いて三ノ岳登山口
f0212511_16511697.jpg
三ノ岳山頂、景色は二ノ岳と同じ早々に下ります
f0212511_16512249.jpg
再び二ノ岳に登ってきました、やはり雲が多い
f0212511_16512748.jpg
内陸部はこんな感じ、下山します
f0212511_16513588.jpg
野出公民館の駐車場から見た一ノ岳(金峰山)

【山名・標高】 開聞岳 924m (鹿児島)
【月日・時間】 2018年12月29日(土) 晴れ 山行時間4:37(休憩除く4:16) 登山者複数
【距離・歩数】 沿面距離8.6㎞(作業道1.2㎞含む) 累積標高(+)969m 歩数15,479歩
【車駐車位置】 かいもん山麓ふれあい公園 マップコード:285094130*5

年末の休みを利用して指宿の開聞岳に登ってきました。
金曜日の深夜から高速道路を走り4時間強で、かいもん山麓ふれあい公園に到着。
仮眠して8時過ぎから登り始める。
キャンプ場の中を通り、二合目登山口から本格的に登山道を登り始めます。
遠征中の高校生が早朝から登り既に下ってきています。
二時間五分かかり山頂に到着。
今日は快晴、山頂からの素晴らしい景色を堪能します。
山頂回りの樹林帯、道なき道(ブッシュジャングル道)をかき分けながら周回します。
スリルがありビユーポイントもあり結構楽しめますが、回られる方は自己責任でお願いします。
周回した後は、登ってくる登山者に道を譲りながら下山となります。
今回で六回目の登山となりましたが、何度登っても素晴らし開聞岳です。

 08:15 かいもん山麓ふれあい公園(2℃)
 08:28 二合目(あと3.5)
 08:45 三合目(あと2.9)
 09:09 五合目(あと2.0)
 09:48 八合目(あと0.8)
 10:19 開聞岳(-2℃)~10:40・・・休憩
 10:40 お鉢巡り~11:11・・・・・古いテープを頼りにジャングルお鉢を一周
 11:11 開聞岳
 11:38 八合目
 12:10 五合目
 12:29 三合目
 12:44 二合目
 12:52 かいもん山麓ふれあい公園(7℃)
f0212511_22023984.jpg
勇壮な開聞岳、今から登ります
f0212511_22025039.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22025862.jpg
伐採されており7、木々が痛々しい
f0212511_22030825.jpg
五合目まで来ました
f0212511_22031445.jpg
七合目からの眺望
f0212511_22032152.jpg
f0212511_22032717.jpg
山頂までもう一息
f0212511_22033351.jpg
山頂に到着
f0212511_22033921.jpg
日本海と海岸線
f0212511_22034332.jpg
池田湖が良く見えます
f0212511_22034828.jpg
田んぼが絨毯のようです
f0212511_22035410.jpg
鳥居からジャングルへ入っていきます
f0212511_22040393.jpg
ジャングルの中に、こんなものが有ります
f0212511_22041135.jpg
ジャングルの岩の上から見た開聞岳山頂方面
f0212511_22042375.jpg
氷柱が下がっています
f0212511_22043401.jpg
何度見ても素晴らしい景色です
f0212511_22044036.jpg
無事に下ってきました
f0212511_22044770.jpg
大好きな紫式部 (むらさきしきぶ)
f0212511_22045459.jpg
下山後、旧日本最南端の駅に立ち寄る(現在は「JR日本最南端の駅」)


【山名・標高】聖岳 416m 鬼ノ鼻山 435m (佐賀県)
【月日・時間】2018年12月24日(月) 晴れ 山行時間2:34(休憩除2:21)登山者単独
【距離・歩数】沿面距離6.5㎞(林道0.5㎞含む) 累積標高(+)595m 歩数10,792歩
【車駐車位置】不動寺集落登山口 マップコード:104539554*12

鬼ノ鼻山近くの縦走路に咲くサザンカロードが気になり行ってきました。
聖岳登山口から階段792段を登り聖岳到着、ここから鬼ノ鼻山へ向け防火帯を歩きます。
ピーク464mを過ぎ、尾根の最西端(福寿山)まで来ました。
ここから見る縦走路に咲くサザンカは最高、遠くに鬼ノ鼻山が見えます。
サザンカロードを歩き、アップダウンを繰り返し鬼ノ鼻山へ。
鬼ノ鼻山からは天山、八幡岳、黒髪山などの360°の大パノラマが広がっています。
帰りは、鬼ノ鼻山憩いの森を周回して縦走路に戻りピストンで帰ります。
2014年12月27日に歩いた時は伐採の影響もあり花付が悪かったけど今日は満足でした。
今日は天気がよく、もう一つ御船山など登りたかったが、夕方用事があるので帰ります。

  09:45 登山口(7℃)
  09:58 聖 岳
  10:14 弁天山三角点
  10:24 福寿山
  10:45 鬼ノ鼻山(10℃)
  10:51 鬼ノ鼻展望台~11:04
  11:16 憩いの森駐車場
  11:28 鬼ノ鼻山
  11:45 福寿山
  11:53 弁天山三角点(4℃)
  12:10 聖 岳
  12:19 登山口(9℃)

f0212511_10263793.jpg
聖岳の不動寺集落登山口
f0212511_10265121.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_10265771.jpg
聖岳
f0212511_10270358.jpg
聖岳の展望台から
f0212511_10270936.jpg
気持ち良い縦走路
f0212511_10271569.jpg
サザンカが見えてきました
f0212511_10272059.jpg
綺麗ですね
f0212511_10273203.jpg
サザンカロード
f0212511_10274518.jpg
鬼ノ鼻山に到着
f0212511_10275025.jpg
鬼ノ鼻遠望台へ向かいます
f0212511_10275759.jpg
鬼ノ鼻展望台から八幡山、女岳がはっきり見えます
f0212511_10280416.jpg
こちらは武雄市の御船山(猫の耳)
f0212511_10281054.jpg
ぐるっと回って天山、雨山
f0212511_10281841.jpg
憩いの森公園の樹木を通り抜けます
f0212511_10282633.jpg
公園には子供の鬼?がいます
f0212511_10283136.jpg
縦走路を帰り再びサザンカロードを満喫します
f0212511_10283854.jpg
f0212511_10284490.jpg
今日は晴天でサザンカロードも歩け最高の一日でした



【山名・標高】高千穂峰 1,574m (宮崎県)
【月日・時間】2018年10月14日(日) 曇り 山行時間2:56(休憩除く2:41)
【距離・歩数】沿面距離5.7㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)657m 歩数6,324歩
【車駐車位置】高千穂河原登山口 マップコード:227152710*85

 10:25 高千穂河原登山口(15℃)
 10:42 遊歩道分岐
 11:14 馬ノ背
 11:31 御鉢縁分岐
 11:55 高千穂峰(13℃)~12:10
 12:25 御鉢縁分岐
 12:37 馬ノ背
 13:07 遊歩道分岐
 13:21 高千穂河原登山口(17℃)
f0212511_22081120.jpg
高千穂河原の駐車場入り口
f0212511_22082058.jpg
クリックで拡大
f0212511_22082969.jpg
鳥居の横からスタートします
f0212511_22083550.jpg
霧島神宮古宮址
f0212511_22084169.jpg
散策路
f0212511_22084766.jpg
赤黒い溶岩の斜面を登っていきます
f0212511_22085385.jpg
振り返ると、みんな頑張って登てます
f0212511_22085944.jpg
馬ノ背まで上がってきました
f0212511_22090610.jpg
御鉢
f0212511_22091161.jpg
御鉢火口縁を歩きます
f0212511_22091852.jpg
上宮
f0212511_22092568.jpg
高千穂峰に到着
f0212511_22093163.jpg
f0212511_22093972.jpg
天ノ逆鉾
f0212511_22094596.jpg
山小屋
f0212511_22095558.jpg
歩いてきた御鉢火口縁の下がえぐれています、わかりますか?
f0212511_22100463.jpg
f0212511_22101295.jpg


【山名・標高】 龍王山 616m (福岡県)
【月日・時間】2018年9月29日(土) 曇り 山行時間2:40(休憩除く2:35) 
【距離・歩数】沿面距離6.1㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)470m 歩数11,186歩
【車駐車位置】 青年の家登山口 マップコード:55733457*41

今日は台風24号の接近により朝から雨模様。
お昼過ぎに起き、空を眺めると小康状態、心が胸騒ぎ。
先月からタマゴダケを求めて龍王山に三回も登ったが外れ、外れ、ハズレ。
もう行かないつもりだったが、ついつい淡い期待を持ち、また龍王山へ。

暗くなるのを覚悟して八木山青年の家登山口から登る。
登山道は昨夜からの雨で、勢いよく水が流れています。
また、石コロは滑り、歩きにくい状態の道を気を付けて尾根まで上がります。

尾根まで上がり、いよいよタマゴダケ探し。
ガスが掛かり薄暗い尾根道、今日こそはと願いを込め歩く。
落葉道の前方にぼんやりと赤い物を発見、ドキドキしながら近づき確信。
大きなタマゴダケ一個を発見、四回目にして出会えた喜びは最高。

辺りを見渡し探すと三個発見、もう充分、満足。
薄暗いなか、写真を撮り龍王神社まで進み引返して龍王山へ。
タマゴダケに出会え気分は最高、小康状態が大雨になってもへっちゃら気分で歩く。
龍王山からの眺望は雲で全く見えません。
八木山畜産センターへ下り、車道を歩いて八木山青年の家登山口へ。
登山口に着くころには真っ暗、ヘッドライトを付けて無事に帰りつく。
四回目にしてタマゴダケを鑑賞することができ満足の山行となりました。

  15:42 青年の家登山口(18℃)
  15:54 林道横断
  16:25 尾根三差路
  16:51  龍王神社(16℃)
  17:05 尾根三差路
  17:10 龍王山(23℃)~17:15
  17:51 八木山畜産センター入口
  18:22 青年の家登山口(17℃)
f0212511_16512664.jpg
青年の家登山口
f0212511_16513699.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_16514343.jpg
f0212511_16514914.jpg
尾根三差路に出ました
f0212511_16515409.jpg
巨大タマゴダケ発見
f0212511_16520019.jpg
近くには二個、少し開いている物もある
f0212511_16520635.jpg
こちらは綺麗に開いています
f0212511_16521245.jpg
こんなお化けみたいなキノコもあります
f0212511_16521952.jpg
龍王神社まで行って引き返します
f0212511_16522681.jpg
葉っぱが空中に浮いています??
f0212511_16523378.jpg
龍王山の山頂、雲で何も見えません
f0212511_16524095.jpg
f0212511_16524701.jpg
畜産センターへ下る途中に巨大なキノコ発見
f0212511_16525647.jpg
こちらは兄弟のようです
f0212511_16530548.jpg
時間が経てば、この様になるんでしょうか?
f0212511_16531306.jpg
畜産センターの取付き点まで下ってきました
f0212511_16531923.jpg
人懐っこい牛さん達、パンダ牛もいます
f0212511_16532610.jpg
畜産センターから車道を歩いて帰ります

  
【山名・標高】鞍岳 1,118m 女岳 1,090m ツームシ山 1,064m(熊本県)
       子岳 1,050m 孫岳 1,030m
【月日・時間】2018年8月26日(日) 晴れ 山行時間4:26(休憩除く3:11) 登山者
【距離・歩数】沿面距離7.7㎞(林道0.2㎞含む) 累積標高(+)564m 歩数13,497歩
【車駐車位置】第一駐車場東登山口 マップコード:618098571*20

鞍岳と云っても熊本県の北外輪山に位置する鞍岳です
今日は伏石登山口からではなく以前から気になっていた第一駐車場登山口へ
鞍岳の山頂近くにある第一駐車場の東登山口から登ります。
あっという間に女岳、鞍岳(男岳)に登ります。
ツームシ山まで歩いて、ちょっと先の孫岳を折り返して、最後に子岳を歩いて終了。
鞍岳のファミリー山、男岳(鞍岳)、女岳、子岳、孫岳+ツームシ山制覇
天気がよく360度の眺望に加え青空も最高に綺麗でした。

 09:55 第一駐車場東登山口(25℃)
 10:13 山頂十字路
 10:17 女 岳
 10:27 鞍 岳(27℃)~10:34
 10:54 馬頭観音
 11:32 ツームシ山(30℃)~12:20
 12:33 孫 岳
 12:46 ツームシ山
 13:37 山頂十字路
 13:50 子 岳~14:10
 14:18 第二駐車場
 14:21 第一駐車場東登山口(30℃)
f0212511_17545878.jpg
第一駐車場の東登山口から登ります
f0212511_17552543.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_17553436.jpg
青空が綺麗
f0212511_17554011.jpg
登山口から700m歩けば山頂です
f0212511_17554584.jpg

 
f0212511_17555014.jpg
熊本市内方面、金峰山と二ノ岳、三ノ岳
f0212511_17555655.jpg
阿蘇山方面、左に根子岳が見えています
f0212511_17560302.jpg
最初は女岳に登ります
f0212511_17560990.jpg
次は男岳(鞍岳)です
f0212511_17561623.jpg
九重連山方面、左に涌蓋山が見えています
f0212511_17562225.jpg
馬頭観音
f0212511_17562909.jpg
アセビの中を通りツームシ山へ
f0212511_17563641.jpg
登りきった所がツームシ山
f0212511_17564374.jpg
ツームシ山に到着
f0212511_17565003.jpg
ツームシ山から孫岳へ、登山道が草に覆われていますが大丈夫
f0212511_17565898.jpg
孫岳に到着、引返します
f0212511_17570578.jpg
何度見てもす素晴しい阿蘇の五岳(高岳、中岳、根子岳、烏帽子岳、杵島岳)
f0212511_17571225.jpg
最後に写真中央の子岳に登ります
f0212511_17571943.jpg
これで鞍岳ファミリー歩きました
f0212511_17572985.jpg
子岳から見る牧場
f0212511_17573625.jpg
最後にもう一度、熊本市内方面

【山名・標高】釣鐘山 1,396m (宮崎県)
【月日・時間】2018年4月29日(日) 晴れ 山行時間4:23(休憩除く4:03) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.8㎞(林道4.0㎞含む) 累積標高(+)970m 歩数17,603歩
【車駐車位置】釣鐘山登山口 マップコード:498431848*46

遠征二日目、何処に登るのかぼんやりとしていましたがやはりアケボノ鑑賞。
アケボノツツジが咲く情報を得ていた釣鐘山に登りことにする。
林道2㎞を歩いた先の取付点から登っていきます。(四駆の車が欲しい)
尾根近くと山頂近くは結構な急勾配を登ります。
釣鐘山の山頂周辺はアケボノツツジ、ミツバツツジ、ヒカゲツツジが咲き誇っています。
群生しているヒカゲツツジは少し時期が過ぎていたようです。
マイナーな感じがした釣鐘山ですが、三種のツツジに大満足する山です。
下山は往路を戻り、出発地点の鹿川営農研修館に辿り着く。

 09:10 釣鐘山登山口(15℃)・・・鹿川営農研修館に駐車
 09:41 取付点・・・・・・・・・四駆の車なら行けます
 10:31 鹿川峠・・・・・・・・・登りが続きます
 10:41 尾根・・・・・・・・・・平坦に出て一休み
 11:20 釣鐘山~11:40・・・・・最後の登りは急登
 12:14 尾根
 12:20 鹿川峠
 13:03 取付点
 13:33 釣鐘山登山口(25℃)
f0212511_18354225.jpg
『鹿川峠西郷隆盛宿営の地』の案内板から林道を出発します
f0212511_18355113.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_18355610.jpg
青空が素晴らしい
f0212511_18360281.jpg
林道を登っていきます
f0212511_18360751.jpg
取付点から登山道へ、最初は荒れています
f0212511_18361291.jpg
西郷隆盛宿営の地
f0212511_18361756.jpg
新緑がまぶしい
f0212511_18365005.jpg
f0212511_18365671.jpg
鹿川峠
f0212511_18370482.jpg
釣鐘山の直下に来ました
f0212511_18371061.jpg
ヒカゲツツジ
f0212511_18371788.jpg
沢山咲いています
f0212511_18372473.jpg
f0212511_18373249.jpg
アケボノツツジも沢山咲いています
f0212511_18373994.jpg
青空バックにピンクが綺麗です
f0212511_18374545.jpg
釣鐘山の山頂
f0212511_18375356.jpg
右側に尖った山、山丹助岳と矢筈岳
f0212511_18380148.jpg
山頂から見る山並
f0212511_18380910.jpg
ミツバツツジも綺麗です
f0212511_18381632.jpg
f0212511_18382312.jpg
ヒカゲツツジ、黄色が鮮やかです
f0212511_18382964.jpg
下山途中、餌を探している動物に遭遇
f0212511_18383746.jpg
最後に紫色の花も綺麗です

【山名・標高】黒尊岳 908.5m 国見山 886.5m (鹿児島県)
【月日・時間】2017年11月4日(土) 晴れ 山行時間2:41(休憩除く2:28) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.1㎞(車道3.2㎞含む) 累積標高(+)528m 歩数13,533歩
【車駐車位置】国見平登山口 マップコード:670766704*54

先ほど御在所岳に登り、午後からは黒尊岳と国見山に登る。
国見平から低い樹木に身を丸め縦走路を進み黒尊岳に到着。
黒尊祠に立ち寄り登山口の国見平に引返し、今度は国見山へ登る。
国見山は殆どが車道歩きですが眺望は素晴らしい。
東には内之浦湾やロケット基地のアンテナ、北西には高隈山連峰が雄大に見えます。
登山を終え本日の宿泊地である鹿屋市へ向かい、夜は再び宴会。(@_@)

 13:10 国見平登山口(14℃)
 13:52 黒尊岳(10℃)~14:00
 14:08 黒尊祠・・・・岩の下に祠が有ります
 14:48 国見平登山口
 15:11 道路分岐・・・左の無線基地へは進まず直進します
 15:15 取付点・・・・ちょっと分かりづらい
 15:20 国見山(12℃)~15:25
 15:28 取付点
 15:33 道路分岐
 15:51 国見平登山口(12℃)
f0212511_23172536.jpg
国見平から先ずは黒尊岳へ
f0212511_23174062.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23174854.jpg
f0212511_23175409.jpg
f0212511_23180162.jpg
国見山方面に風車が見えます
f0212511_23181361.jpg
黒尊岳の山頂
f0212511_23182185.jpg
左に内之浦湾が見えます
f0212511_23183138.jpg
内之浦ロケット発射基地のアンテナが見えます
f0212511_23200542.jpg
f0212511_23201706.jpg
黒尊岳の祠
f0212511_23202697.jpg
縦走路から見る高隈山
f0212511_23203662.jpg
国見平に戻ってきました、今度はゲート横を通り国見山へ
f0212511_23204488.jpg
無線基地
f0212511_23205247.jpg
こんな道路を歩いて行きます
f0212511_23210036.jpg
国見山の山頂
f0212511_23210937.jpg
f0212511_23211757.jpg

【山名・標高】御在所岳 530m (鹿児島県)
【月日・時間】2017年11月4日(土) 晴れ 山行時間2:01(休憩除く1:49) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離6.3㎞(林道1.1㎞含む) 累積標高(+)458m 歩数10,362歩
【車駐車位置】田之浦小学校前駐車 マップコード:238826065*85

今日は午前中に御在所岳へ登り、午後は刀剣山に登る計画だったが・・。
御在所岳は、良くも悪くも何の変哲もない山でちょっとガッカリでした。
御在所岳登山のあと刀剣山へ向かうが本日の宿泊地(鹿屋市)を考慮し計画変更。
刀剣山は取り止め黒尊岳・国見山方面へ車を走らせる。

 09:40 田之浦小学校前(13℃)・・校門の前に駐車
 09:47 取付点
 10:00 第一展望台・・・・木々に覆われ展望無
 10:10 亀 石・・・・・・角度によっては亀に見えますね~
 10:32 御在所岳元宮跡
 10:38 御在所岳(12℃)~10:50
 10:55 御在所岳元宮跡
 11:17 亀 石
 11:24 第一展望台
 11:35 取付点
 11:41 田之浦小学校前(14℃)
f0212511_22430789.jpg
田之浦小学校横から入っていきます
f0212511_22432163.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22432708.jpg
取付き地点
f0212511_22433381.jpg
f0212511_22434336.jpg
亀石
f0212511_22434915.jpg
御在所岳元宮跡
f0212511_22435723.jpg
f0212511_22440260.jpg
f0212511_22441061.jpg
志布志湾がかすかに見えます