タグ:縦走コース 10~15㎞未満 ( 15 ) タグの人気記事

【山名・標高】竜峰山517m 鞍ヶ峰489m 竜ヶ峰542m 居鷲岳130m (熊本県)
【月日・時間】2018年3月11日(日) 晴れ 山行時間5:53(休憩除く5:01) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離13.3㎞(車道3.7㎞含む) 累積標高(+)970m 歩数23,692歩
【車駐車位置】東片自然公園駐車場 マップコード:128318275*32

東片自然公園の駐車場から出発、777段の石段を登ります。
竜峰山を経て鞍ヶ峰、竜ヶ峰と進み、居鷲岳にたどり着く。
縦走路を歩き終え東陽運動公園へ下り、宮原バス停まで約3.7㎞歩きます。
宮原バス停から片野川バス停まで約6.2㎞をバス移動、200円。
片野川バス停から0.3㎞歩いて東片自然公園に帰りつきました。

最初の777段の石段と竜峰山の八合目から山頂までが急登できついです。
縦走路は、石灰岩稜線の上を幾度となく歩きます。
石灰岩が侵食され尖った岩場、浮石や岩の隙間に気をつけ歩きます。
他は気持ちよく歩け、ときには八代や天草方面の展望を楽しみながら歩けます。
昨日に引き続き今日もボチボチ歩き、良いリハビリ縦走登山となりました。

 09:00 東片自然公園登山口(7℃)
 09:17 展望台・・・777段の階段を上がった所
 09:58 射鳥峠(林道終点)・・はっきりとした峠は不明
 10:28 五合目駐車場分岐・・竜峰山
 10:41 八合目広場~10:50・・八合目から山頂まで急登
 11:04 竜峰山(15℃)~11:12・・八代海、天草方面が見えます
 11:37 辻峠
 11:47 鞍ヶ峰
 12:04 竜ヶ峰~12:34
 12:52 氷川町(油谷)分岐
 13:39 布施峠
 13:57 居鷲岳・・・石灰岩からなる山頂、国旗が上がっています
 14:03 東陽運動公園~14:08・・・公園グラウンドに出る
 14:50 宮原バス停~14:56・・・・バス停まで約3.7㎞の車道を歩く
 15:08 片野川バス停・・・・・・・バスで移動します
 15:11 東片自然公園登山口(18℃)
f0212511_21411455.jpg
東片自然公園の駐車場から777段の階段を登ります
f0212511_21420074.jpg
クリックで拡大
f0212511_21423537.jpg
石段を777段上がった所からの眺望
f0212511_21430857.jpg
ロッジが二ヶ所ほど有りました
f0212511_21435317.jpg
f0212511_21442480.jpg
f0212511_21445439.jpg
八合目広場
f0212511_21452450.jpg
八合目広場から見る八代市内
f0212511_21455365.jpg
鎖が付いた急坂を登っていきます
f0212511_21464640.jpg
竜峰山からの景色
f0212511_21471661.jpg
縦走路の案内板
f0212511_21474783.jpg
三角点を見失うところでした
f0212511_21482449.jpg
f0212511_21485302.jpg
鞍ヶ峰の標識は大きな木の根っこにありました
f0212511_21492435.jpg
竜ヶ峰に到着
f0212511_21495320.jpg
八代市の田園風景と、奥に宇城市の三角半島が見えます
f0212511_21502322.jpg
右側を観ると熊本方面、中央奥には金峰山が見えています
f0212511_21505558.jpg
f0212511_21512521.jpg
西側には綺麗な山並が見えます
f0212511_21530125.jpg
f0212511_21533128.jpg
風穴の案内板?
f0212511_21540175.jpg
石灰がに岩場で出来ている居鷲岳の山頂
f0212511_21543171.jpg
f0212511_21550259.jpg
東陽運動公園に下ってきました
f0212511_21553875.jpg
国道443号線を歩き左折した国道3号線にある宮原バス停に到着
f0212511_21561563.jpg
下車した片野川バス停、300m歩いて東片自然公園に帰り着く

【山名・標高】小文字山366m 妙見山519m 足立山597.8m 戸ノ上山517.8m(福岡県)
【月日・時間】2018年3月4日(日) 晴れ 山行時間5:59(休憩除く5:18) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離12.5㎞(車道1.7㎞含む) 累積標高(+)1,353m 歩数23,368歩
【車駐車位置】小文字山登山口駐車場 マップコード:16438597*10

昨夜の雨も上がり今日は絶好の山歩き日和、山に行かない理由が無い。
病み上がりですが足慣らしを兼ね、足立山から戸ノ上山を縦走します。
自宅を出るのが遅く小文字山登山口に着いたのが10時半、遅い出発です。
登山口からいきなり急登が続き、ちょこちょこ休憩を入れながら登ります。
小文字山の山頂に到着。北九州の市街地が一望でき素晴らしい眺望です。
眺望を楽しんだ後、登り下りをくり返し妙見山、最後の急登を経て足立山に到着。
おにぎりを食べながら、引き返すか縦走するか悩みますが、計画通りに決行。
昼食をとりパワーアップ、戸ノ上山へ向け企救山系を頑張って歩きます。
防火帯を横に見ながらアップダウンを繰り返し、縦走路を気持ちよく進みます。
大台ケ原に到着、その後、本日最後の登りを経て戸ノ上山にたどり着く。
時間チェック、休憩する間もなく17時02分のバスに間に合うように早々下山。
滑りやすい足元の岩に注意しながら急いで下ります。ちょっと膝が笑います。
16時38分、余裕でバス停に到着、普通に歩いてもよかったようです。
急行バスに乗車、一区間8分後に富野小学で下車。
コンビニによった後、小学校と中学校の横を通り小文字山登山口に帰りつく。
快晴の空の下、無事に企救山系を縦走する事ができ良いリハビリとなりました。
(歩いた距離は約12.5㎞、バス移動距離は約6㎞)

 10:55 小文字山登山口(15℃)
 11:36 小文字山~11:41
 12:37 妙見山
 12:55 足立山~13:14
 14:37 吉志ゴルフ場分岐
 15:19 大台ヶ原~15:29
 15:52 戸ノ上山(13℃)~15:59
 16:32 道路出合い
 16:38 寺内バス停(16℃)~17:02
 17:10 富野小学校前バス停~17:22
 17:38 小文字山登山口(13℃)
f0212511_21114137.jpg
小文字山登山口(メモリアルクロス近く)
f0212511_21114941.jpg
クリックで拡大
f0212511_21115597.jpg
小文字山まで登りが続き一気に体力が消耗します
f0212511_21151550.jpg
この景色を観れば、元気復活?
f0212511_21152240.jpg
f0212511_21152862.jpg
防火帯の横を妙見山へ向けて歩きます
f0212511_21153306.jpg
妙見上宮
f0212511_21154174.jpg
歩いてきた道を振返ります
f0212511_21161928.jpg
足立山の山頂
 
f0212511_21163314.jpg
f0212511_21164194.jpg
メディアドームも良く見えます
f0212511_21165070.jpg
リバーウォーク北九州
f0212511_21165832.jpg
f0212511_21170586.jpg
足立山から少し進んだ所に急坂があります
f0212511_21171274.jpg
f0212511_21172225.jpg
大台ケ原が見えてきました
f0212511_21172818.jpg
大台ケ原から見る眺望
f0212511_21173540.jpg
戸ノ上山に向かって歩きます
f0212511_21174681.jpg
戸ノ上山に到着
f0212511_21175332.jpg
ここからの眺望も素晴らし
f0212511_21180366.jpg
f0212511_21181241.jpg
f0212511_21181866.jpg
道路(民家)に出ました
f0212511_21182533.jpg
寺内バス停に到着
f0212511_21183409.jpg
バスに8分乗車(約6㎞)、富野小学校前バス停で下車
小文字山登山口へ1.2㎞歩いて帰ります

【山名・標高】 基山 405m 天拝山 258m (福岡県)
【月日・時間】 2017年10月14日(土) 曇り 山行時間6:35(休憩除く4:44) 登山者15人
【距離・歩数】 沿面距離14.9㎞(車道7.3㎞含む) 累積標高(+)781m 歩数22,832歩
【車駐車位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*06

今日は会社のレク、総勢15名で基山~天拝山の縦走です。
JR原田駅に集合、9時10分に出発します。
ワイワイガヤガヤ話しながら車道を歩き、取付き点に到着、ここまでは順調。
ここから登山道に入りペースが一段と遅くなりますが、みなさん頑張ります。
山頂広場に到着、心配した雨も降らず眺望もまずまずです。
まだまだ縦走は始まったばかり、元気を出して天拝湖、公園へ向かいます。
九州自然歩道を気持ち良く歩き、総合公園に到着。
総合公園の芝生の上でおにぎりを食べます、途中ちょっと小雨に遭う。
休憩したあと天拝山へ登っていきますが、みなさんお疲れ気味です。
ちょこちょこ休憩を入れながら、無事、天拝山の山頂に到着。
頑張って基山と天拝山の二座に登頂しました。
この後、自然公園へ下り二日市温泉に入り二日市駅にて終了、解散となりました。
みなさん、温泉に入った後には成し遂げた達成感に満ちていたようです。

 09:10 JR原田駅(20℃)
 09:24 高速道ガード横池
 09:42 1.4Km表示登山口~09:48・・・取付き点小休止
 10:10 東北門跡・・・・・・・小休止
 10:36 展望広場~10:40(18℃)・・・眺望を楽しみます
 10:44 基 山・・・・・・・・久留米方面の耳納連山も見えます
 11:36 自然歩道案内板基山迄1.4Km・・・車道へ出ました
 11:46 県道横断・・・・・・・舗装道を天拝湖へ登っていきます
 12:08 筑紫野市総合公園~12:50(20℃)・・・お弁当タイム
 13:08 林道終点・・・・・・・登山道へ入り再び登っていきます
 13:55 天拝山(28℃)~14:10・・三郡山や立花山が見えます
 14:36 天拝山歴史自然公園・・・・車道を歩き温泉へ
 14:48 二日市温泉「御前湯」~15:32・・・入浴料金250円安いです
 15:45 JR二日市駅(27℃)・・・・・無事縦走終了、お疲れさまでした
f0212511_21255086.jpg
出発のJR原田駅
f0212511_21261940.jpg
クルックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21265006.jpg
f0212511_21271971.jpg
東北の門跡
f0212511_21274903.jpg
基山の山頂
f0212511_21281926.jpg
f0212511_21285061.jpg
筑紫野市総合公園、芝生の上で昼食
f0212511_21292087.jpg
アップダウンを繰り返し天拝山へ
f0212511_21295094.jpg
天拝山からの見る三郡山と方面山方面
f0212511_21302020.jpg
f0212511_21305070.jpg
二日市温泉の御前湯で疲れた身体を癒して帰ります


  【山名・標高】 基山 405m 天拝山 258m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年11月23日(水) 曇り 山行時間2:37(休憩除く2:37) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離13.7㎞(車道7.3㎞含む) 累積標高(+)682m 歩数16,858歩
  【車駐車位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*06

折角の祭日ですが今日も午後から雨の予報。高い山は既に雨が降っているようです。
雨が降る前にと思いランニングシューズで基山から天拝山の縦走をしてきました。
車道はちょっと小走りしたので2時間37分でJR二日市駅に辿り着きました。
二日市温泉辺りでは小雨がパラパラと降り出しましたが辛うじて濡れずにすむ。
JR二日市駅からJR原田駅まで電車で数分で帰りつき、その後は雨具を着てバイクで帰る。

  09:00 JR原田駅(10℃)
  09:09 高速道ガード横池
  09:23 1.4Km表示登山口
  09:35 東北門跡
  09:52 基山
  10:14 自然歩道案内板基山迄1.4Km
  10:35 筑紫野市総合公園
  10:46 林道終点
  11:09 天拝山
  11:25 天拝山歴史自然公園
  11:37 JR二日市駅(13℃)
f0212511_21312663.jpg
JR原田駅から出発します
f0212511_05391005.jpg
クリックで拡大
f0212511_21315404.jpg
基山へ登る途中の紅葉
f0212511_21320129.jpg
基山からの眺望
f0212511_21320994.jpg
f0212511_21321635.jpg
基山山頂近くには、「いものがんぎ」と呼ばれる凸凹地があります。これは、戦国時代に作られた一般的に見られる防御施設で、尾根からのルートを遮断しようとするものです。「いものがんぎ」とはその形状が芋畑の畝(うね)に似ていることからつけられました。

f0212511_21322517.jpg
草スキー下の紅葉
f0212511_21323555.jpg
草スキー下の紅葉
f0212511_21324210.jpg
f0212511_21325038.jpg
下はまだ青い
f0212511_21325978.jpg
筑紫野市総合公園
f0212511_21330749.jpg
f0212511_21331573.jpg
天拝山
f0212511_21332404.jpg
今にも雨が降りそうな空
f0212511_21333488.jpg
天拝山から下ってきました
f0212511_21334308.jpg
天拝山歴史自然公園の紅葉は素晴らしい
f0212511_21335308.jpg
天拝山歴史自然公園
f0212511_21340986.jpg
天拝山歴史自然公園
f0212511_21341939.jpg
JR二日市駅に着きました

  【山名・標高】 鶴見岳 1375m (大分県)
  【月日・時間】 2016年4月10日(日) 晴れ 山行時間2:10(休憩除く2:05) 登山者200名
  【距離・歩数】 沿面距離11.4㎞(河川敷・車道6.0㎞含む) 累積標高(+)1375m 歩数17,000歩
  【車駐車位置】 的ヶ浜公園 マップコード:46405776*11  ロープウエイ乗り場46369871*5

べっぷ鶴見岳一気登山に参加してきました。(エントリー計2.988人)
 ①いだてん天狗タイムレース(約12㎞) 200人 : 山頂までのタイムを競う登山レース
 ②のびのびさくらウォーク(約12㎞)  1.585人 : 山頂までのゆっくり登山コース  
 ③GO.GO.GO.ハーフウォーク(約8㎞)  1.203人 : ふもとまでのんびりと歩く健康歩きコース
昨年は「のびのびさくらウォーク」を歩きましたが、今年は「いだてん天狗タイムレース」に参加。
バイク事故(H20年8月)で足を痛め二度と走ることが出来ないと思っていましたが、
山登りやウォーキング等のリハビリにより少し走れるようになりましたのでタイムレースへ参加です。
約200人のランナーがSAPビーチから一斉にスタート、みなさんロケットスタートで早すぎます。
私は怪我の後遺症もありマイペースで走り、二ヶ所のチェックポイントを通過しロープウェイ高原駅へ。
ここまで56分、体力を使いきってしまい止まりたい気分、しかし頑張って足を前へ進めます。
本格的な登山道の斜面を上がっていきます、御嶽権現(火男火売神社)の石段も堪えます。
段々と足が上がらなくなりますが他のランナと列を成して遅れないよう頑張ります。
 ゴール、 ゴールです。
目標としていた二時間半を大幅に切り、順位も二ケタ順位、初めての参加にしては最高の出来でした。
一旦、鶴見岳の山頂へ上がり三角点を踏んだあとロープウェイで下山します。

  09:00 スタート
    (的ヶ浜公園)(14℃)f0212511_234861.jpg  09:18 P1 境川大学橋下
  09:34 P2 本村天満天神宮
  09:56 P3 ロープウェイ高原駅
  10:16 P4 御嶽権現
  11:00 ゴール(山頂・駅分岐)
     ~ゴール受付~
  11:05 鶴見岳山頂へ
  11:10 鶴見岳山頂(10℃)

     ロープウェイにて下山

f0212511_2343252.jpg
クリックで拡大
f0212511_23433162.jpg
大会前の挨拶風景
f0212511_23433723.jpg
的ヶ浜に人が沢山集まってきます
f0212511_23434287.jpg
いだてん天狗タイムレースのスタート地点、200名
f0212511_23434719.jpg
いだてん天狗のランナー達がゲートをくぐり駆け抜けていきます
f0212511_23435637.jpg
ゴール地点です
f0212511_2344211.jpg
鶴見岳からの展望、ちょっと霞んでいます
f0212511_2344841.jpg
ロープウィエから見る山肌の山桜
f0212511_234414100.jpg
ロープウィエから見る公園の山桜
f0212511_23441918.jpg

  【山名・標高】 六甲山 931.3m (兵庫県)
  【月日・時間】 2015年11月20日(金) 晴れ 山行時間6:20(休憩除く4:34) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離12.6㎞(車道2.5㎞含む) 累積標高(+)1139m 歩数18,446歩
  【車駐車位置】 有馬東口バス停近くP マップコード:12765470*2

今回の山行は三連休に一日の休暇を加え四連休として近畿地方の山に登ってきました。四泊四日
19日(木)の21時に福岡を車で出発、途中二回ほど仮眠して20日(金)の早朝に有馬温泉到着。
深夜の高速道路はトラックが多く、SAの駐車場は大型トラックで満車、駐車している光景は壮観です。
有馬温泉の有馬東口バス停から本日の登山口である芦屋川駅へ阪急バス7:42に乗り移動します。
いよいよ芦屋川バス停から六甲最高峰の六甲山に登り始めます。
高級住宅地の坂道を歩き「高座の滝道」を経て滝に到着、ここから芦屋ロックガーデンに入ります。
中級コースを通るつもりがいつの間にか一般コースを登ってしまう。途中二人の登山者と同行する。
風吹岩に到着、岩上からは阪神間、大阪湾の大展望が広がり素晴しい景色です。
小休止したあとメンバーが五人となり雨ヶ峠を経て、急登の七曲坂を登り一軒茶屋へ。
七曲坂で二人が遅れ一軒茶屋から三人でコンクリート道を5分程度登り六甲山の山頂到着。
昼食をとりながら東西南北の展望を楽しむ。遅れていた二人組も山頂に辿り着く。
記念写真を撮り再び五人で歩き、古道の魚屋道を有馬方面へ下る。
途中の分岐から「癒しの森」を経て瑞宝寺公園に立ち寄り「もみじ茶会」を堪能する。
ゆっくりとお茶談義をしてから、朝停めていった駐車場に辿り着き本日の山行は終了となる。
有馬温泉の「金の湯」に浸かり疲れた身体をゆっくり休め大阪に向かう。

  08:30 阪急芦屋川バス停(17℃)
  08:47 高座ノ滝道入口
f0212511_23495346.jpg  08:55 高座ノ滝
  09:20 ロックガーデン鉄塔
  09:29 ロックガーデン鉄塔
  09:41 風吹岩(17℃)~09:55
  10:19 ゴルフ場横断
  10:37 雨ヶ峠
  11:03 崩壊道(太陽と緑の道)
  11:18 七曲り坂・五合目
  11:37 一軒茶屋~11:41
  11:48 六甲山(19℃)~12:35
  12:40 一軒茶屋
  13:15 瑞宝寺公園分岐
  13:33 展望台デッキ
  13:53 瑞宝寺公園~14:34
  14:50 有馬東口バス停近くP     芦屋川畔の住宅地 ↑ 
f0212511_23501795.jpg
クリックで拡大
f0212511_23505137.jpg
ロックガーデンを登っていきます
f0212511_2351055.jpg
ロックガーデンを登っていきます
f0212511_23511340.jpg
ロックガーデンと紅葉
f0212511_23512662.jpg
ロックガーデンと紅葉
f0212511_235137100.jpg
風吹岩からの西宮辺りの市内と大阪湾
f0212511_2352218.jpg
風吹岩
f0212511_23521380.jpg
風吹岩からの大阪府辺りと大阪湾
f0212511_23522270.jpg
風吹岩からの大阪府中心部の高層ビル群
f0212511_23523276.jpg
山手を観ると青空と紅葉が素晴らしい
f0212511_23524176.jpg
f0212511_23525086.jpg
七曲がり方面の山々
f0212511_23525896.jpg
七曲がり坂の五合目、一軒茶屋までもう少しです
f0212511_2353723.jpg
一軒茶屋に到着、ちょっと小休止します
f0212511_2353162.jpg
六甲最高峰の六甲山の山頂は広々しています
f0212511_23532477.jpg
f0212511_2353312.jpg
大阪伊丹空港が見えます
f0212511_23534271.jpg
f0212511_23535096.jpg
阪神競馬場も見えています
f0212511_23535853.jpg
あちらこちら埋め立てられた大阪湾
f0212511_2354569.jpg
魚屋道の紅葉
f0212511_23541458.jpg
展望デッキからみる眺め
f0212511_23542290.jpg
瑞宝寺公園の紅葉
f0212511_23542942.jpg
瑞宝寺公園の紅葉
f0212511_23543773.jpg
瑞宝寺公園の紅葉
f0212511_23544562.jpg
瑞宝寺公園の入口
  【山名・標高】 鶴見岳 1374m 由布岳 1583m  飯盛ヶ城 1067m (大分県)
  【月日・時間】 2015年10月31日(土) 晴れ 山行時間6:57(休憩除く6:03) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離14.4㎞(林道0.9㎞含む) 累積標高(+)2091m 歩数24,249歩
  【車駐車位置】 由布岳正面登山口 マップコード:46332383*66

今回は欲張り紅葉登山、鶴見岳と由布岳を縦走する。
由布岳正面登山口に7時45分到着、登山準備して亀の井バスの路線バスを待つ。
8時11分のバスに乗り8時25分別府ロープウェイバス停到着、下車。370円
ここから登山開始、4月12日に歩いた鶴見岳一気登山ルートを登っていく。
標高900m辺りを越えると紅葉が始まりますが山頂付近は終わっていました。
山頂で一休したあとは馬ノ背経由で西鶴見岳登山道を下っていきます。
こちらの道も1100m辺りから900mは紅葉しています。綺麗ですね。
下りきったエコーライン道路から今度は由布岳に登ります。
900m辺りの紅葉は素晴らしですが日向越からの登りは終わっています。
御鉢まで登ってきました。
御鉢の紅葉は終わっていますが御鉢巡りしている登山者が沢山います。
折角なので私も御鉢を回りますが離合するのに10分以上も待たされ西峰に到着。
途中、一時的にガスが掛り展望が無くなりましたが後は晴れました。
マタエまで岩場を下り、正面登山道を下ります。
今日は由布岳登山者が多く韓国人の団体も居ます。渋滞にはまりながら下っていく。
本日、三度目の紅葉を見ながら合野越に到着、飯盛ヶ城経由で登山口に帰りつく。
今日の縦走、大船山の御池や三俣山のお鍋とは違う紅葉を十分楽しませてもらいました。

  08:30 別府ロープウェイバス停(10℃)
  08:57 御嶽権現社
f0212511_043296.jpg  09:16 南平台分岐
  09:54 鶴見岳(8℃)~10:05
  10:20 馬ノ背
  10:52 林道出合
  11:02 鶴見岳西登山口
  11:05 由布岳東登山口
  11:33 日向越
  12:34 御鉢の肩(8℃)~12:55
  13:36由布岳西峰(9℃)~13:44
  13:57 マタエ
  14:45 合野越
  14:52 飯盛ヶ城(10℃)~15:03
  15:27 由布岳登山口(10℃)
f0212511_23515169.jpg
クリックで拡大
f0212511_23241270.jpg
別府ロープウェイバス停からみる鶴見岳、スタートです
f0212511_23242015.jpg
御嶽権現社に到着、ここまで写真に撮れる紅葉は見当らず
f0212511_23242520.jpg
南平台分岐辺りから紅葉が現れてきます
f0212511_23243724.jpg
癒されますね~
f0212511_232444100.jpg
鶴見岳の山頂から別府湾を望む
f0212511_23245388.jpg
左から黒岳、大船山、平治岳岳、中岳、三俣山と九重連山が見えています
f0212511_2325290.jpg
鞍ヶ戸と内山の紅葉
f0212511_23391782.jpg
由布岳と左手前に南平台
f0212511_23392964.jpg
鞍ヶ戸の谷間から温泉の湯けむりが上がっています
f0212511_2342269.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_23421822.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_23422987.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_2342396.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_2342477.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_23425558.jpg
由布岳東登山口(鶴見岳西登山口)
f0212511_2343590.jpg
由布岳東登山口から登り再び紅葉に酔いしれる
f0212511_23431656.jpg
日向越まで紅葉に癒されます
f0212511_23432489.jpg
上から見る日向岳、色ずいてます
f0212511_23433144.jpg
由布岳の散策路方面も綺麗です
f0212511_23433984.jpg
御鉢の肩から岩場を歩く登山者達を御鉢の肩から見る、このあと御鉢の渋滞にはまる
f0212511_23434696.jpg
由布岳西峰から望む由布市内
f0212511_23435341.jpg
由布岳東峰からマタエへ沢山の人が歩いています
f0212511_23435969.jpg
由布岳から正面登山道へ下り斜面の紅葉を観る
f0212511_2344684.jpg
由布岳から正面登山道へ下り斜面の紅葉を観る
f0212511_2344129.jpg
再び登山道の紅葉
f0212511_23442048.jpg
再び登山道の紅葉
f0212511_23442656.jpg
再び登山道の紅葉
f0212511_23443232.jpg
由布岳の斜面と鶴見岳
f0212511_23443857.jpg
下山し由布岳を振返る
  【山名・標高】 城山369m 金山317m 孔大寺山499m 湯川山471m (福岡県)[宗像四塚連峰]
  【月日・時間】 2015年7月4日(土) 曇り後雨 山行時間4:53(休憩除く4:42) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離12.7㎞(車道0.9㎞含む) 累積標高(+)1330m 歩数24,186歩
  【車駐車位置】 教育大登山口 マップコード:68521307*1

 今日朝の天気は今にも雨が降りそうな曇り空、しかも濃霧注意予報が出て見通しが悪い。
 眺望は諦め城山のウスキキヌガサダケが観れればラッキーと思い宗像四塚連峰を縦走する。
 縦走とは言うものの四山とも独立峰、三郡縦走の距離に比例した累積標高は引けを取りません。
 教育大登山口から城山へ登るが今日は残念ながらウスキキヌガサダケに会えず。
 しかし、登られている方が相変わらず多く、リュック無しのハイキング感覚の人も多いです。
 城山からは気持ちを切り替え縦走開始、石峠を過ぎ金山の南岳と北岳を踏み地蔵峠へ。
 地蔵峠の近くに差し掛かったところで、なんと諦めていたキヌガサダケを発見。
 白色ではあるものの、今まで観た事のない大きなキヌガサダケ、疲れも忘れ大感激。
 縦走のゴール地点まで、まだまだ距離がありますが、元気をもらい歩く。
 地蔵峠からの登りは体力を使い切り孔大寺山に到着、下りはロープをしっかり掴んで下ります。
 雨が降り始め垂見峠から再び登り、マテバシイの大きな大木に気を紛らわせながら登っていきます。
 四時間で湯川山山頂に到着。雨で展望もなくゆっくりする気分にはなれず下山開始。
 滑らないように雨が降る中を下っていきます。扱けず承福寺に到着、あとは車道を歩きバス停へ。
 門前バス停13時59分のバスに乗り、終点の赤間営業所へ14時35分到着。
 赤間営業所から出発地点の福岡教育大登山口まで13分(約1㎞)歩いて14時50分頃ゴールとなる。
 今日は雨に降られた縦走となりましたが諦めていたキヌガサダケにも会え満喫の山行でした。

  08:50 教育大登山口(18℃)
  09:07 三郎丸分岐
  09:17 城  山
f0212511_0142821.jpg  09:40 石  峠
  09:55 金  山(南岳)
  10:05 金  山(北岳)
  10:38 地 蔵 峠
  11:08 白山分岐
  11:14 梛野分岐
  11:18 孔大寺山(19℃)
  12:04 垂 見 峠
  12:16 内浦分岐
  12:31 NTT無線局跡
  12:43 九電無線局
  12:49 湯川山(18℃)~13:00
  13:26 林道横断
  13:32 承 福 寺
  13:43 門前バス停(20℃)
f0212511_22335859.jpg
赤色が縦走した軌跡、緑色はバス移動、赤間営業所から登山口まで1㎞は徒歩(クリックで拡大)
f0212511_22414817.jpg
城山を素通りして縦走路へ
f0212511_22415472.jpg
ツチアケビの残骸
f0212511_22415911.jpg
金山の南岳
f0212511_2242591.jpg
金山の北岳
f0212511_22421064.jpg
急坂を下ります
f0212511_22421929.jpg
黄色のウスキキヌガサダケに会えなかったので・・・
f0212511_22422765.jpg
白いキヌガサダケに出会えました、おとなの手でグー程度の大きさです
f0212511_2242345.jpg
今から開きそうなキヌガサダケもあります
f0212511_22424186.jpg
違う角度から撮ってみました
f0212511_22424812.jpg
折角なのでもう一枚
f0212511_22425527.jpg
孔大寺山の山頂、雨がパラパラしてきました
f0212511_2243161.jpg
自然林は素晴らしいです
f0212511_2243718.jpg
f0212511_22431424.jpg
マテバシイが沢山あります
f0212511_2243208.jpg
湯川山の山頂、雨のため食事も取れず早々に下山
f0212511_22432744.jpg
門前バス停から赤間営業所までバス乗車
  【山名・標高】 明神ヶ岳 1169m 明星ヶ岳 924m (神奈川県)
  【月日・時間】 2014年12月14日(日) 晴れ 山行時間5:28(休憩除く4:20) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離11.2㎞(車道1.1㎞含む) 累積標高(+)1140m 歩数16,079歩
  【出発・到着】 大雄山最乗寺登山口 マップコード:57489172*63
         宮城野支所前バス停 マップコード:57306014*44

昨日は皇居一周のウォーキング、今日は箱根の山へ山登りに行ってきました。
小田原駅から大雄山駅(大雄山線21分)、大雄山駅バス停から道了尊(バス10分)へ。
大雄山最乗寺から登り始めます。
道了尊の標高約256mから山頂1169mへ登るため、登りが続きます。
登るにつれ登山道には霜柱が現れ10㎝を超えたものも沢山あります。
途中、振り向けば東京・横浜のビル群や江ノ島方面の海岸線が眺望でき癒されます。
山頂直下の登山道は日当たりがよくドロドロ、靴は泥だらけです。
山頂到着、なんと、残念ながら晴れているのに富士山は雲に隠れています。
一時間ほど食事などして明星ヶ岳へ向かいます。
明星ヶ岳は縦走路の途中ピークって感じで、とりあえず二座踏みました。
下山は宮城野へ進み、途中『箱根大文字焼』の場所を通り一気に下ります。
舗装道路に出て宮城野支所前バス停までテクテク歩きます。
登山者で満員の箱根登山バスに乗って、車で渋滞した湯本を通り小田原駅に到着。
小田原駅からビールを飲みながら羽田空港へ、ほろ酔い気分で18:50発に搭乗し福岡へ帰る。

f0212511_2225210.jpg  09:28 大雄山最乗寺登山口
  09:50 林道横断
  10:12 林道横断
  10:20 見晴小屋
  10:38 明神水
  11:45 明神ヶ岳(2℃)~12:47
  13:47 宮城野分岐
  13:50 明星ヶ岳(4℃)
  14:34 車道へ出る~14:40
  14:56 宮城野支所前バス停

f0212511_22252452.jpg
大雄山駅には足柄生まれの金太郎が熊にまたがって・・ま~さかり か~ついだ 狸とウサギとサルもいます?
f0212511_22252071.jpg
明神ヶ岳見晴小屋
f0212511_22253637.jpg
見晴小屋から見る丹沢?の山々の眺望
f0212511_2225324.jpg
防火帯?には昔スキー場だったのか大きな鉄塔が立っています
f0212511_22254839.jpg
丹沢の山並と右の相模湾眺望が綺麗です
f0212511_22254625.jpg
雪のように霜が降ってます
f0212511_2226331.jpg
霜が沢山でまだ凍ってます
f0212511_2226167.jpg
再度 相模湾と右奥の三浦半島の眺望
f0212511_22261841.jpg
明神ヶ岳の山頂からみる大涌谷方面
f0212511_22261549.jpg
明神ヶ岳の山頂、富士山は雲の中
f0212511_22263251.jpg
外輪山の右側に見える金時山と その奥に雲に隠れた富士山
f0212511_22263227.jpg
下りに再び相模湾と奥にの三浦半島眺望を楽しむ
f0212511_22264925.jpg
外輪山の奥に、少し富士山が見えてきました
f0212511_22264634.jpg
明神ヶ岳から明星ヶ岳への縦走路
f0212511_22205899.jpg
明星ヶ岳です
f0212511_22221482.jpg
大文字焼を横から見ています
f0212511_22223028.jpg
大文字焼の由来
f0212511_2222569.jpg
登山バスの宮城野支所、公衆トイレがあり助かります
f0212511_2223710.jpg
画像は全てクリックで拡大
  【山名・標高】 基山 404m (佐賀県) 天拝山 257m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年5月24日(土) 晴れ 山行時間4:48(休憩除く3:59) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離14.2㎞(道路&林道7.3㎞含む) 累積標高(+)735m 歩数20,100歩
  【スタート位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*06 【ゴール位置】JR二日市駅 55272045*66

  一足先に咲く万年山のミヤマキリシマ等を見に行きたかったが時間調整が付かず近場を縦走する。
  やまびこ会で7年前に歩いた基山~天拝山ルート。
  基山や天拝山からの眺望が、霞みで遠くまで見えなかったのが残念でしたが、
  心地よい天気で木々の新緑に心癒されました。
  距離は長いが、車道等の歩きが半分以上あり、思っていた以上に短い時間で歩けました。
  今度は、リュックに着替え持参で二日市温泉へ入って帰りたいです。御前湯は、なんと200円。

  10:30 JR原田駅(25℃)
f0212511_97357.jpg  10:43 高速道ガード横池
  11:01 1.4Km表示登山口
  11:17 東北門跡
  11:41 基山(27℃)~11:50
  12:06 林道終点広場
  12:26 自然歩道案内板
  12:57 総合公園~13:25
  13:40 林道終点
  14:18 天拝山(26℃)~14:30
  14:55 天拝山歴史自然公園
  15:18 JR二日市駅(28℃)
   出発地点のJR原田駅 →
f0212511_981683.jpg
     展望台から基山の山頂を見る
f0212511_975750.jpg
     毛が開出し、風に飛ばされやすくなった果実、翁草
f0212511_983226.jpg
     山頂からの展望は霞んでます
f0212511_981141.jpg
     基山草スキー場を下ります
f0212511_984569.jpg
     九州自然歩道の案内板
f0212511_982591.jpg
     空に向かって勢いよく成長してます
f0212511_9907.jpg
     竹の淡い緑の葉がグングン伸びてます
f0212511_984036.jpg
     筑紫野市総合公園には「天拝の船」が浮かんでます
f0212511_991584.jpg
     天拝山への登山道
f0212511_985512.jpg
     天拝山への登山道
f0212511_99316.jpg
     天拝山から四王寺、宝満山方面を望む
f0212511_99108.jpg
     天拝山の山頂
f0212511_99451.jpg
     天神さまの径
f0212511_992672.jpg
     天神さまの径
f0212511_910379.jpg
     天拝山歴史自然公園を下った所からJR二日市駅までのルート(赤色)
f0212511_994294.jpg
     JR二日市駅15:19の乗ります(JR原田駅まで約6分)
f0212511_9101882.jpg
     データは全てクリックで拡大します