【山名・標高】宝満山 829m 仏頂山 868m (福岡県)
【月日・時間】2018年2月7日(水) 晴れ 山行時間3:41(休憩除く3:03) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.6㎞(林道2.4㎞含む) 累積標高(+)995m 歩数15,960歩
【車駐車位置】一本松公園駐車場 マップコード:55486671*4

昨夜の夜間は仕事だったので今日はお休み。
朝、帰宅して寝てましたが、晴天に誘惑され難所ヶ滝へ。
河原谷を登り難所ヶ滝を鑑賞、その後縦走路へ登り宝満山まで歩き山頂を踏む。
下山はうさぎ道を通り宇美新道を経て一本松公園に帰ってくる。
難所ヶ滝の氷爆は大つららが有名だけど、今日は小つららの方が見応えがあった。
下山の宇美新道はマイナーな道で、人と会う事無くモフモフ道を楽しく歩きました。

 12:00 一本松駐車場(0℃)
 12:18 昭和の森分岐
 12:39 難所宝満分岐
 12:51 小つらら(-3℃)~13:03
 13:08 難所ヶ滝(大つらら)~13:20
 13:42 難所ヶ滝分岐(北)
 13:52 難所ヶ滝分岐(南)
 14:11 宝満山(-2℃)~14:25
 14:35 うさぎ道分岐
 14:55 宇美新道
 15:16 急坂終わり
 15:23 取付地点
 15:28 河原谷ルート合流
 15:41 一本松駐車場(2℃)
f0212511_00164172.jpg
河原谷ルートの林道を歩きます
f0212511_00165348.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_00165987.jpg
小つらら
f0212511_00170866.jpg
小つらら
f0212511_00171489.jpg
小つらら
f0212511_00171941.jpg
小つらら
f0212511_00172472.jpg
小つらら
f0212511_00173228.jpg
小つらら
f0212511_00174088.jpg
小つらら
f0212511_00174794.jpg
小つらら
f0212511_00175368.jpg
難所ヶ滝の大つらら
f0212511_00175958.jpg
大つらら
f0212511_00180600.jpg
大つらら
f0212511_00181345.jpg
大つらら
f0212511_21391582.jpg
難所ヶ滝から縦走路へ向かいます
f0212511_21392257.jpg
この辺は雪が深く良い景色です
f0212511_21392811.jpg
縦走路に出ました
f0212511_21393527.jpg
宝満山の山頂から見る英彦山(中央)
f0212511_21394115.jpg
これは右から古処山、屏山、馬見山が見えています
f0212511_21394832.jpg
福岡市内方面
f0212511_21395603.jpg
三郡縦走路の先には若杉山が見えます
f0212511_21400631.jpg
青空に映える宝満山の山頂上宮
f0212511_21401300.jpg
下山はうさぎ道へ
f0212511_21402094.jpg
宇美新道を下ってきました
f0212511_21403020.jpg
ここを徒渉すれば河原谷コースへ出ます、あとは林道を歩いて一本松公園到着


【山名・標高】英彦山 1200m  (福岡県)
【月日・時間】2019年2月3日(土) 天気 山行時間6:20(休憩除く5:01) 登山者多数
【距離・歩数】沿面距離10.3㎞(車道1.0㎞含む) 累積標高(+)1,062m 歩数16,018歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

登山口の別所駐車場まで一部積雪がありましたがスパイクレスタイヤで問題なく到着。
登山身支度を済ませ、先に行かれた山友さん達を追いかけ奉幣殿で合流。
総勢10名でワイワイガヤガヤと話しながら四王寺の滝と行者の滝へ。
四王寺の滝は成長して見栄えする氷爆になっています、若干左側は水量が少ないのか氷柱が無く岩肌が見えていました。
四王寺の滝を鑑賞した後、急登ルートは進まず一旦下り、今度は行者の滝へ登っていきます。
四王寺の滝に比べると見劣りしますが、氷柱の上に雪が積もり、これも良いものです。
ここで皆さんとはお別れ、正面参道へ上がります。
正面参道を少し登り、今度は行者堂近くにある二段の滝(Wの滝)を鑑賞。
しっかりと氷爆しており素晴らしい二段の滝です。
二段の滝を鑑賞した後、やはり山頂を踏まないと…、英彦山中岳へ。
休憩所で昼食を取っていると、吹雪きはじめ、ホワイトアウト状態になる。
早々に下山、北西尾根を下ります。
吹雪いている雪で左頬が痛く、はっきりしないトレースを転げるように下っていきます。
バードラインまで下り一息、その後はボチボチとキャンプ場を経由して別所駐車場に帰り着く。
今日は三つの氷爆に加え、北西尾根の「雪道滑り台」に満足した一日でした。

 09:30 別所駐車場(-1℃)
 09:49 奉幣殿
 10:35 四王寺滝分岐
 11:03 四王寺滝(-5℃)~11:23
 11:49 四王寺滝分岐~12:03
 12:13 行者の滝分岐
 12:45 行者の滝(-3℃)~12:55
 13:13 正面参道合流
 13:44 二段の滝(Wの滝)
 14:10 英彦山中岳(-7℃)~14:45
 15:20 自然観察路十字路
 15:32 自然歩道出合
 15:50 別所駐車場(1℃)
f0212511_19232106.jpg
正面参道の階段を登っていきます
f0212511_19233131.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_19233898.jpg
四王寺滝分岐
f0212511_19234619.jpg
10名で四王寺の滝を目指します
f0212511_19235283.jpg
四王寺の滝、少しブルー色しています
f0212511_19235988.jpg
良いですね~
f0212511_19240467.jpg
f0212511_19241162.jpg
下から撮ってみました
f0212511_19241882.jpg
何度見ても良いものです
f0212511_19242439.jpg
四王寺の滝の次は行者の滝へ
f0212511_19243281.jpg
ちょっと見劣りしますね~
f0212511_19243823.jpg
氷柱の上に雪が積もっています
f0212511_19244619.jpg
どんなに写真を撮っても一緒のようです
f0212511_19245399.jpg
行者の滝から正面参道へ出ました、次は二段の滝
f0212511_19245977.jpg
二段の滝
f0212511_19250820.jpg
この氷爆も良いですね
f0212511_19252978.jpg
英彦山の中岳に到着
f0212511_19254044.jpg
北西尾根を滑り落ちるように下ってきました、あとはキャンプ場を通って帰る

【山名・標高】宝満山 829m 仏頂山 868m 頭巾山 901m(福岡県)
【月日・時間】2018年1月14日(日) 曇り 山行時間4:40(休憩除く4:11) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離10.3㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)1,060m 歩数19,387歩
【車駐車位置】一本松池駐車場 マップコード:55486671*4

晴れ間が出る天気予報に期待して昨日に引き続き難所ヶ滝へ。
一本松池駐車場から河原谷コースを登り難所ヶ滝。(ここまでは昨日と一緒)
昨日に比べ積雪は少し減っていますが氷爆は殆ど変わっていないようです。
鑑賞後は滑り台化した雪道直登道を、四つん這いで登り縦走路に出る。
一旦、南側に位置する宝満山まで進み上宮で参拝。
帰りは再び縦走路を北へ歩き、頭巾山の山頂を踏んで急斜面を下る。
ある程度緩やかになった下り坂辺りで元気な四人の登山者に追いつく。
この後、出発地点の一本松池まで行動を共にすることとなる。
今回の二つ目の目的でもあった、お初道のだごしゃん道へ。
どうにか分岐を探し、荒れた山中をテープを探しながら歩いて行く。
道標が二ヶ所あり無事に昭和の森キャンプ場に辿り着く。
キャンプ場から草ヶ谷ダム横を通り河原谷コースに合流、一本松池へ帰る。
ご一緒して頂いた皆さん、ありがとうございました。

 08:30 一本松池駐車場(2℃)・・・雪は昨日より少ない
 08:49 昭和の森分岐・・・・・林道終点
 09:10 宝満山分岐・・・・・・うさぎ道分岐
 09:28 難所ヶ滝~09:35・・溶け始めている感じです
 09:52 難所ヶ滝分岐(南)・・・急登は大変でした
 10:13 宝満山(-2℃)~10:21・今日の展望は良くありません
 10:44 難所ヶ滝分岐(南)・・・会社関係の知人と遭遇
 10:56 難所ヶ滝分岐(北)・・・高齢登山者が分岐点で撮影中
 11:09 頭巾山・・・・・・・・登山者が暖かい食事を取られています
 11:43 だごしゃん道分岐~11:57・・ウロウロして見つけました
 12:14 案内板・・・・・・「旧頭巾山ーだごしゃん・大滝」と記載
 12:31 案内板・・・・・・正楽寺跡と書いてあります
 12:43 昭和の森・・・・・しゃくなげの場所から草ヶ谷ダム横へ進む
 12:58 河原谷コース・・・合流します
 13:10 一本松池駐車場(5℃)・・後半は五人で賑やかに下ってきました
f0212511_22160220.jpg
一本松池の公園
f0212511_22161340.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22162506.jpg
河原谷コースを登っていきます、今日は子供も多い
f0212511_22163080.jpg
小つらら
f0212511_22163553.jpg
難所ヶ滝、昨日と殆ど変りません、ただし人が多い
f0212511_22164668.jpg
f0212511_22165269.jpg
f0212511_22165946.jpg
クラゲの頭?
f0212511_22171353.jpg
難所ヶ滝から急登を登ります
f0212511_22172001.jpg
三郡縦走路に出ました
f0212511_22172658.jpg
宝満山近くの雪景色
f0212511_22173993.jpg
宝満山に到着
f0212511_22174599.jpg
若杉山方面の景色
f0212511_22175272.jpg
f0212511_22180656.jpg
頭巾山の山頂
f0212511_22181595.jpg
頭巾山から急斜面を下ります
f0212511_22182227.jpg
案内板「旧頭巾山ーだごしゃん・大滝」を見つけホッとする
f0212511_22183586.jpg
昭和の森のしゃくなげ近くに出る、これからは草ヶ谷ダム横へ通り帰る

 




第2回プラチナブロガーコンテスト



【山名・標高】三郡山 936m  (福岡県)
【月日・時間】2018年1月13日(土) 曇り 山行時間3:52(休憩除く3:38) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.3㎞(林道4.1㎞含む) 累積標高(+)795m 歩数15,949歩
【車駐車位置】一本松池駐車場 マップコード:55486671*4

一本松池公園の駐車場から河原谷コースを登り難所ヶ滝へ。
氷爆の下地は岩肌が見えている状況ですが、まぁまぁですかね~。
鑑賞した後は左へ進み深くなってくる積雪を踏みながら縦走路に出る。
膝下ぐらいまである積雪の縦走路を気持ちよく歩き三郡山にたどり着く。
今日は小雪が舞う生憎の天気、山頂からの眺めは望めず早々に下山。
三郡山から欅谷Bコースを下り林道を経て昭和の森、一本松池に帰りつく。
途中、積雪で分かりづらくなった徒渉場所で滑り危なかったです。
昭和の森から一本松まで、凍った車道歩きでした。

 08:33 一本松池駐車場(0℃)・・・既に沢山の車が駐車
 08:54 昭和の森分岐・・・・・・林道終点
 09:20 難所宝満分岐・・・・・雪がだいぶ積もってきました
 09:43 難所ヶ滝~09:50・・・氷爆、もう少しかな~
 10:15 難所ヶ滝分岐(北)・・・・縦走路に出ました
 10:46 三郡山(-5℃)~10:53・・曇ってて視界ゼロ
 11:03 欅谷Bコース分岐・・・縦走路から左へ下ります
 11:40 林道出合・・・・・・・無事に林道へ出ました
 12:10 頭巾山登山口
 12:15 昭和の森・・・これから凍った車道を歩きます
 12:25 一本松池駐車場(0℃)・・駐車場はまだ沢山停まっています
f0212511_18480064.jpg
一本松池の東屋、屋根の雪が良いですね
f0212511_18485131.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_18490010.jpg
枝に積もった雪、良い感じ
f0212511_18490988.jpg
河原谷コースの登山道を登っていきます
f0212511_18491476.jpg
小つららも少し凍ってます
f0212511_18491966.jpg
難所ヶ滝、まだまだ太ってほしいですね~
f0212511_18492440.jpg
こんな角度からの写真が良いかな?
f0212511_18493411.jpg
f0212511_18494160.jpg
難所ヶ滝の左側に位置する氷柱
f0212511_18494973.jpg
縦走路へ向けて登っていきます
f0212511_18495618.jpg
寒いけど癒されます
f0212511_18500344.jpg
深い積雪の場所もあります
f0212511_18500989.jpg
縦走路の雪のトンネル、この場所は春夏秋冬いつ見ても素晴らしい
f0212511_18501538.jpg
三郡山に到着、曇りで視界ゼロ
f0212511_18502228.jpg
凍った徒渉場所、滑って扱けそうになりました
f0212511_18502933.jpg
崩壊同然の林道、頭上から大雪が落ち頭から雪をかぶってしまう
f0212511_18503544.jpg
新雪の雪道を歩きます、気持良いですね~
f0212511_18504295.jpg
昭和の森まで下山してきました、あとは凍った車道を下って行きます

【山名・標高】英彦山 1,200m (福岡県)
【月日・時間】2018年1月6日(土) 曇り 山行時間6:13(休憩除く5:46) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離11.5㎞(車道1.5㎞含む) 累積標高(+)1,255m 歩数19,392歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

週末から少し冷え込んできたので英彦山の氷爆が気になり行ってきました。
英彦山の氷爆は多く、欲張って四つの滝を回ってきました。
行者の滝、二段の滝(ダブルの滝)、四王寺の滝、智室川路傍の滝
結果から云うと二段の滝(ダブルの滝)だけが氷爆が見れ、他はまったくでした。
今度、冷え込みが続いたら行ってみたいと思います。

 08:55 別所駐車場(2℃)
 09:12 奉幣殿
 09:36 行者の滝分岐・・・ちょっと分かりづらい分岐
 10:04 行者の滝・・・・・氷爆しおらず写真も撮り忘れる
 10:35 二段の滝(ダブルの滝)~10:45・・ここは素晴らしい
 11:30 四王寺の滝・・・・残念でした
 12:04 南岳・・・・急登を滑らないように登り南岳へ
 12:13 英彦山中岳(-2℃)~12:30・・・おにぎりと暖かいお茶
 13:02 材木岩・・・・・膝が痛くなってきました
 13:20 鬼杉
 14:00 玉屋神社・・・・今頃になって晴れ間が出てきました
 14:24 智室川路傍の滝・・・まったく凍ってません
 14:44 分岐・・・
 14:52 金石地蔵尊
 14:57 九大入口(舗装道路)・・・九州大学生物学実験施設入口
 14:08 別所駐車場登山口(4℃)
f0212511_18485432.jpg
石段を登っていきます
f0212511_18490397.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_18491050.jpg
奉幣殿
f0212511_18491611.jpg
f0212511_18492224.jpg
二段の滝(ダブルの滝)
f0212511_18492855.jpg
滝から少し登り平坦な所に出てきました
f0212511_18493389.jpg
急斜面を下り二段の滝?
f0212511_18494012.jpg
四王寺の滝はまったく凍っていません
f0212511_18494795.jpg
上部は少し白いです
f0212511_18495304.jpg
南岳の山頂
f0212511_18500006.jpg
南岳から見た中岳の上宮
f0212511_18500701.jpg
f0212511_18501422.jpg
南岳と中岳の縦走路
f0212511_18502018.jpg
材木岩
f0212511_18502784.jpg
鬼杉、高くて全部を写真に撮ることができません
f0212511_18503459.jpg
玉屋神社
f0212511_18504178.jpg
智室川路傍の滝
f0212511_18504890.jpg
金石地蔵尊
f0212511_18505568.jpg


【山名・標高】英彦山 1200m (福岡県)
【月日・時間】2017年2月28日(火) 晴れ 山行時間3:13(休憩除く3:00) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離7.7㎞(車道1.2㎞含む) 累積標高(+)810m 歩数13,781歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

今日は昨年11月13日に会えなかったモアイ岩を見に行きました
四王寺の滝と山頂の樹氷を少し期待して周回ルートを歩きましたが空振りでした
目的のモアイ岩には出会えましたのでちょっぴり満足でした(笑)

 08:00 別所駐車場登山口(1℃)
 08:12 奉幣殿
 08:27 学問神社分岐
 08:41 四王寺滝分岐
 09:04 四王寺滝~09:08・・・やっぱり凍っていません
 09:34 英彦山南岳
 09:44 英彦山中岳(2℃)~09:50
 10:00 岩場ハシゴ・・・・・モアイへの入口が分らずちょっと迷う
 10:23 モアイ岩~10:26・・・二度目のチャレンジで会える
 10:56 キャンプ道路に出る・・・バードラインに気付かず沢を下ってしまう
 11:13 別所駐車場登山口(3℃)・・テクテクと別所駐車場へ
f0212511_21234821.jpg
奉幣殿が見えます
f0212511_21240028.jpg
f0212511_21240876.jpg
f0212511_21242179.jpg
四王寺の滝への道、荒れてますね~
f0212511_21242642.jpg
苔で包まれた岩がゴロゴロしてます
f0212511_21243379.jpg
四王寺の滝、黒いだけで氷柱がありません
f0212511_21244477.jpg
落ちた滝水が岩にくっつき少し凍っています
f0212511_21252671.jpg
f0212511_21253474.jpg
四王寺の滝から急登を登り南岳に到着
f0212511_21254730.jpg
中岳から北西尾根を下ります、いつ見ても心落ち着く景色です
f0212511_21255631.jpg
クリスマスツリーの木も健在です
f0212511_21260683.jpg
晴天の青空に枯れ木
f0212511_21261702.jpg
ちょっと霞んでいます
f0212511_21262845.jpg
二度目のチャレンジで出会えましたモアイ岩
f0212511_21263607.jpg
ちょっと角度を変えて撮ってみました
f0212511_21265027.jpg
沢を下っていきます
f0212511_21265773.jpg
バードラインの遊歩道を横断したはずなのに??
気付けばキャンプ場まで下ってしまっていました
f0212511_21271005.jpg
九州自然歩道に出ました~

【山名・標高】三郡山 936m  (福岡県)
【月日・時間】2017年1月15日(日) 曇り 山行時間3:16(休憩除く3:08) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.6㎞(林道4.1㎞含む) 累積標高(+)910m 歩数15,432歩
【車駐車位置】一本松駐車場 マップコード:55486671*4

朝、我が家の屋根は薄っすらと雪化粧、三郡山の山肌は積雪しているようです。
一昨日からの冷え込みもあり今日は難所ヶ滝の氷爆を見に行きます。
一本松の駐車場に8時到着、時間が早いのでまだ空きがあります。
支度して出発、河原谷コースを登ります。
段々と雪の量が多くなり、今年初めての積雪の登山道を登り難所ヶ滝に到着。
数日の冷え込みにしては結構な氷爆ができています。
今年も見ることができ満足。その後、いつものように三郡山へ向かいます。
縦走路の積雪は15㎝以上積もっており、雪の感触を楽しみながら歩きます。
三郡山到着、風が強く体感的には-10℃?、早々に退散。
三郡山から先は踏み跡が無く、私が足跡を付けて歩きます、気分は最高。
反面、コースを踏み外さないか、見えない岩で扱けないか心配しながら歩く。
欅谷Bコースの下りも積雪で登山道が分かりにくく気を付けながら下る。
水場で一回扱けましたが迷うことなく林道へ出て一安心。
あとは林道をテクテク歩き単独登山者2人とすれ違い一本末駐車場に帰り着く。
今日は難所ヶ滝の氷爆が見れ、三郡山からは新雪を楽しむことができました。

 08:10 一本松駐車場(0℃)
 08:29 昭和の森分岐
 08:50 難所宝満分岐・・・雪がだいぶ積もってきました
 09:10 難所ヶ滝/09:15
 09:36 三郡山縦走路
 10:02 三郡山(-5℃)/10:05・・風が強く長居できません
 10:13 欅谷Bコース分岐・・・三郡山から誰も踏んでいない新雪を踏んでいく
 10:48 林道出合・・・・・無事に林道へ出ました、一回扱けましたが…
 11:12 頭巾山登山口・・・8台ほど車が停まっています
 11:17 昭和の森・・・駐車場は満車です
 11:26 一本松駐車場(0℃)
f0212511_23364066.jpg
f0212511_23364901.jpg
f0212511_21301497.jpg
一本松の溜池
f0212511_21303104.jpg
河原谷コースを登っていきます
f0212511_21303934.jpg
河原谷コースを登っていきます
f0212511_21304792.jpg
難所ヶ滝の氷爆
f0212511_21305433.jpg
氷爆の下部部分
f0212511_21310324.jpg
f0212511_21311156.jpg
f0212511_21311800.jpg
f0212511_21312749.jpg
難所ヶ滝から縦走路へ向かう途中のお気に入り写真
f0212511_21313518.jpg
縦走路
f0212511_21314422.jpg
ここは縦走路のお気に入り場所です
f0212511_21315213.jpg
f0212511_21320241.jpg
三郡山の山頂、寒くて長居できません
f0212511_21321131.jpg
誰も踏んでいない積雪を踏み散らかして進みます
f0212511_21322424.jpg
欅谷Bコースの途中から見る
f0212511_21323260.jpg
f0212511_21324010.jpg
昭和の森まで下ってきました、駐車場は満車状態
f0212511_21325180.jpg
車道を歩きながら木々の合間から覗く福岡市内
f0212511_21330235.jpg
今日もよく歩いたものだ、と、振返り三郡山を眺める。
一本松の駐車場は幾つもありますが、まだまだどこも満車状態です

  【山名・標高】 三郡山 936m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年1月24日(日) 雪 山行時間4:25(休憩除く4:05) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離9.9㎞(林道4.1㎞含む) 累積標高(+)1,100m 歩数16,192歩
  【車駐車位置】 一本松駐車場 マップコード:55486671*4

今日は宇美町の難所ヶ滝へ行ってきました。
寒波襲来で朝起きたら外は一面雪化粧、道路も雪が積もり凍っているようです。
部屋の温度は3℃、外は-3℃。とにかく寒いです。
いつもは通勤の車で混雑している道も今日は閑散としており、悠々と雪道を走り一本松駐車場へ。
駐車場には既に20台程の車が留っています。難所ヶ滝は人気なんですね。
最初からアイゼンを装着して出発。手袋をしていますが-5℃は寒いです。
難所ヶ滝へ到着、昨日の四王寺の滝に続き今日は難所ヶ滝の氷爆が見られ最高です。
寒波が二日後辺りまで続くようなので、まだまだ成長し一段と見応えある氷爆が楽しみです。
堪能したあとは縦走路へ登り三郡山へ向きます。
縦走路は木々に積もった雪の重りで覆われている所もあり積雪は膝近くまであります。
時間が掛かり三郡山到着、雪雲で見晴らしは無く設置の温度計は何と-10℃を差しています。
早々に退散、下山は欅(つき)谷Bコースを下ります。
途中、吹き荒れる所はトレースが消えており過去の記憶を辿りながら慎重に下る。
林道の取付き点に着いた時はホッとしました。
膝近く深い新雪を踏みながら、ときには滑りながら下るのは最高でした。

  09:10 一本松駐車場(-5℃)
f0212511_21283475.jpg  09:30 昭和の森分岐
  10:02 難所・宝満分岐
  10:23 難所ヶ滝~10:35
  11:04 三郡山縦走路
  11:28 頭巾分岐
  11:52 三郡山(-10℃)~12:00
  12:10 欅谷Bコース分岐
  12:52 林道出合
  13:25 昭和の森
  13:35 一本松駐車場(-5℃)
f0212511_21284739.jpg
f0212511_22535732.jpg
f0212511_2254393.jpg
f0212511_225487.jpg
f0212511_22541447.jpg
素晴らしい氷爆
f0212511_22542045.jpg
f0212511_22542554.jpg
ガチガチに凍っています
f0212511_2256412.jpg
f0212511_22561075.jpg
f0212511_22561790.jpg
三郡縦走路のハイウエーはトンネル化してます
f0212511_22562322.jpg
縦走路、吹上た雪の芸術
f0212511_22563320.jpg
三郡山の山頂は寒くて長居できません
f0212511_22563924.jpg
f0212511_22564564.jpg
欅谷Bコースの雪道下山で迷子にならず無事、林道の取付き点に到着
f0212511_2256525.jpg
昭和の森
  【山名・標高】 英彦山 1200m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年1月23日(土) 雪 山行時間3:20(休憩除く3:02) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離7.7㎞(車道1.4㎞含む) 累積標高(+)1032m 歩数13,312歩
  【車駐車位置】 別所駐車場 マップコード:383243268*17

週末は記録的な寒波が襲来、早速土曜日は英彦山の四王寺の滝へ行く。
いつものように江川ダム湖周りの500号線を走り登山口である別所駐車場へ。
小石原と別所駐車場辺り以外は積雪無くスムーズに走れ1時間半で到着。
身支度をして12時前に出発。
途中、久留米から来られていた夫妻と滝までのルートを話しながら進む。
四王寺の滝に到着。今年お初の素晴しい氷瀑に出合えました。
氷瀑は少し解けかけているようですが、見応えがあり自然美に感動です。
堪能した後は直登を登り南岳へ、積雪が深くなり天気は吹雪いてきました。
前方を行かれている方が急斜面から滑り落ちそうになりあわや大惨事。
尾根まで無事に上がられ一安心しました。積雪の急斜面はズルズルで怖いですね。
中岳迄来て北岳へ進もうとしましたが踏み跡無く積雪が膝上まであり断念。
正面登山道を下り、積雪が深い所は滑るようにして下ります。
奉幣殿では久留米から来られている方に再びお会いし会話しながら下る。
別所駐車場に到着、一面は出発した時よりも積雪が多く車にも積もっています。
午後は寒波襲来により一段と寒くなっており、到着後、車の温度計を見たら-3℃となっていました。
帰り道、駐車場から小石原、江川ダムと殆どが雪道となっており秋月まで積雪していました。

  11:55 別所駐車場(-1℃)
f0212511_20384753.jpg  12:10 奉幣殿
  12:40 四王寺滝分岐
  13:05 四王寺滝~13:15
  13:46 尾根出る
  13:51 南岳
  14:02 中岳(-5℃)~14:10
  14:32 野鳥の森分岐
  15:00 奉幣殿
  15:15 登山口(-3℃)
f0212511_19374020.jpg
f0212511_20385776.jpg
雪が舞う日にもかかわらず満車状態の別所駐車場
f0212511_2039311.jpg
四王寺の滝を目指し足取り軽く歩きます
f0212511_203988.jpg
分岐から歩きにくい道を登っていきます
f0212511_20391263.jpg
四王寺の滝、寒くて写真は上手く撮れませんでした
f0212511_20391854.jpg
f0212511_20392388.jpg
氷爆の大きさが分るでしょう
f0212511_20393015.jpg
f0212511_20393544.jpg
f0212511_20394116.jpg
南岳の尾根出合近くは急斜面の為、四つん這じゃないと登れません
f0212511_20394735.jpg
南岳から下る道
f0212511_20395427.jpg
f0212511_2040066.jpg

  【山名・標高】 宝満山 829m (福岡県)
  【月日・時間】 2015年2月1日(日) 晴れ 山行時間4:10(休憩除く3:45) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離7.5㎞(車道0.4㎞含む) 累積標高(+)1052m 歩数13,560歩
  【車駐車位置】 竈門神社駐車場 マップコード:55396010*52

今日は宝満山の山頂直下辺りにある五百羅漢を巡ってきました。
正面登山道から不揃いな石段を、息を切らせながら登る。相変わらずきつい石段である。
山頂へ行かず中宮跡から、うっすらと雪景色したまわり道を進みキャンプセンターへ到着。
その後、鎖場を登り宝満山の山頂を踏み、本日の目的である羅漢巡りへと下っていく。
宝満山の山頂絶壁下からうっすらとした雪道を一緒に同行することとなったT.M氏と歩く。
踏み跡が分かりづらく足元も悪く荒れた道、しかしテープをたどれば迷うことは無い。
羅漢を巡りながら遠望の岩や天の岩戸岩、式部稲荷大神、金剛兵衛窟等の珍しい物を見ながら進む。
途中、岩壁に出来た氷柱は長い物や、平べったい物、団子のような物が有り面白い。
中宮跡に出てから三合目までは往路で登った不揃いな石段を下る。
石段は膝への負担が大きい、三合目から北谷道(有智山城)方面へ進み、ウサギ道合流、竈門神社に下る。
初めて通った三合目からの脇道(北谷道)は石段がなく膝への負担が少ないので今後は利用したい。
竈門神社まで一緒に同行して頂いたT.Mさんありがとうございました。
 
  12:15 竃門神社P(5℃)
  12:39 二合目
f0212511_2183845.jpg  12:48 三合目
  13:01 五合目
  13:07 七目合
  13:11 中宮跡
  13:24 キャンプセンター
  13:29 宝満山(2℃)~13:40
  13:10 遠望岩
  13:37 式部稲荷大神
  13:49 中宮跡
  13:56 七合目~15:10
  15:17 五合目ト
  15:33 三合目
  15:49 三差路
  15:56 道路出合
  16:25 竃門神社P(6℃)  竃門神社駐車場手前から見る宝満山の全景↑
f0212511_219712.jpg
不揃いの石段・登りは筋肉痛、下りは膝痛
f0212511_2191614.jpg
宝満山の山頂からの眺望博多湾方面
f0212511_2192764.jpg
四王寺山(大城山)の全景を一望
f0212511_2193396.jpg
福岡空港方面
f0212511_219435.jpg
福岡タワーのある百道方面
f0212511_2195247.jpg
岩壁に氷柱が下がってます
f0212511_2110454.jpg
薄っすら雪に埋もれる不明瞭な登山道
f0212511_21101171.jpg
羅漢その1
f0212511_21102325.jpg
羅漢その2
f0212511_21102927.jpg
岩苔に凍る氷柱?
f0212511_21105367.jpg
天の岩戸(通れます)
f0212511_2111355.jpg
羅漢その3
f0212511_21111771.jpg
帯になってる氷柱
f0212511_21112664.jpg
ゴロゴロ岩の奥にひっそりとある式部稲荷大神
f0212511_21113932.jpg
大きな岩盤が寄り添った隙間にある金剛兵衛窟
f0212511_21114699.jpg
歩きやすい北谷道
f0212511_21292631.jpg