タグ:フクジュソウ ( 7 ) タグの人気記事

【山名・標高】仰烏帽子山 1301.8m 兎群石山 1,186m (熊本県)
【月日・時間】2018年3月10日(土) 晴れ 山行時間5:52(休憩除く4:05) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離9.4㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)796m 歩数17,516歩
【車駐車位置】元井谷第2登山口駐車場 マップコード:536472251*58

今年の福寿草は開花が少し遅れているようで仰烏帽子山へ行ってきました。
元井谷登山口を通りすぎ第二駐車場の登山口から出発します。
(出発する直前に新燃岳が噴火、噴煙がよく見えます)
福寿草観賞は後に回して、先ずは仰烏帽子山の山頂を目指します。
晴天の青空、起伏の少ない登山道を気持ちよく歩き山頂にたどり着く。
山頂からは遮る物は無く360度見渡せ、素晴らしい山々の眺望が広がっています。
景色を満喫した後、山頂から広々した兎群石山へ移動してのんびりと昼食。
下山は荒れた椎葉谷ルートを下り、再び仏石分岐から登り仏石に到着。
仏石「登ると危険」と案内がありますが、ロープがあり問題なく登れました。
岩峰の仏石を下り、目的の福寿草を鑑賞、まだ日も高く全開で開いています。
仏石近くの群生地、満開に咲き誇る福寿草、今年も満喫する事ができました。
福寿草を鑑賞しながら下山、仏石分岐以降は少ないように感じました。
16時に第二登山口へ帰ってきました。
満車状態で賑やかだった駐車場、私の車を含め3台しか止まっていません。
登山靴に着いた泥を落とし車で移動、途中の温泉で汗を流して帰りした。
今回もボチボチ歩き、良いリハビリ登山となりました。

 10:20 元井谷第2登山口(4℃)
 10:32 香ノ木山分岐
 10:51 分 岐
 11:10 仏石分岐
 11:24 風 穴
 11:37 椎葉谷分岐・・・・・展望台分岐
 11:49 仰烏帽子山(3℃)~11:58
 12:08 兎群石山~13:28
 13:42 椎葉谷分岐・・・・・展望台分岐
 14:21 椎葉谷・仏石分岐
 14:50 仏石~15:08
 15:45 分 岐
 16:04 香ノ木山分岐
 16:12 元井谷第2登山口(6℃)
f0212511_23150937.jpg
第二登山口から出発です
f0212511_23153925.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23160935.jpg
2011年1月の噴火活動以来再び活発な噴火活動となった新燃岳
f0212511_23163919.jpg
f0212511_23170988.jpg
樹氷が頭上から落ちてきます
f0212511_23173941.jpg
福寿草をみっけました
f0212511_23182468.jpg
空は晴天、樹氷が少し残っています
f0212511_23191073.jpg
f0212511_23194010.jpg
良いですね~
f0212511_23200931.jpg
仰烏帽子山からの眺望
f0212511_23204514.jpg
兎群石山へ移動してきました
f0212511_23211423.jpg
兎群石山から新燃岳を見たときも噴火してました
f0212511_23214542.jpg
昼食も終わり下山します、前方は仰烏帽子山
f0212511_23221402.jpg
椎葉谷ルートを下ります
f0212511_23224452.jpg
分岐点、仏石へ登ります
f0212511_23242280.jpg
仏石の上へ登ってみました、祠がありましたね
f0212511_23245189.jpg
遠い山も綺麗に見えます
f0212511_23252286.jpg
本日の目的である群生地につきました
f0212511_23255200.jpg
群生しています福寿草
f0212511_23262206.jpg
f0212511_23265270.jpg
f0212511_23273609.jpg
一つの写真が綺麗ですかね~
f0212511_23280610.jpg
f0212511_23284881.jpg
最後まで晴天に恵まれ素晴しい福寿草鑑賞登山となりました

【山名・標高】仰烏帽子山 1,301.8m 兎群石山 1,186m (熊本県)
【月日・時間】2017年2月25日(土) 晴れ 山行時間5:54(休憩除く5:31) 登山者2名
【距離・歩数】沿面距離11.3㎞(車道1.2㎞含む) 累積標高(+)1,133m 歩数21,956歩
【車駐車位置】元井谷第一駐車場 マップコード:536500074*32

二年ぶりに福寿草を見に行き黄色く光沢有る花を沢山見ることができました。
群生地はピークに近い状態で、元井谷付近は夕方には咲いていました。
登山開始が遅かったものの晴天の空、山頂では樹氷も見れラッキー。
下山後、五木温泉で汗を流し、本日車中泊となる道の駅の駐車場へ。
聞き覚えのある声で呼ばれたと思い振り向くと・・・。
なんと信ちゃんやHigetiasさん達ではありませんか。
偶然こんな所で出合うなんて嬉しいですね。またお会いしましょう!。

 11:00 元井谷第一駐車場(2℃)・・・沢山車が停まっています
 11:08 元井谷登山口・・・登山口から荒れたガレバを登っていきます
 11:49 水場・・・右に曲がり進むが福寿草はあまり見当たりません
 12:23 仏石分岐・・・急登を登り尾根まで上がってきました
 12:39 風穴・・・・この後ミーコさん、サスケさん達とすれ違う
 13:07 仰烏帽子山(1℃)~13:30・・樹氷が残っています
 13:40 兎群石山・・・ちょっと寄ってみました
 14:07 風穴・・・生ぬるい風が上がってきています
 14:21 仏石分岐・・・群生地へ向かいます
 14:32 仏石・・・・ここから福寿草群生地、沢山咲いています
 15:06 分岐・・・・ここから引返し仏石分岐へ
 15:24 仏石分岐・・・午前中にきた道を帰ります
 15:53 水場・・・・足腰がだいぶ疲れてきました
 16:45 元井谷登山口・・・無事に下山しました
 16:54 元井谷第一駐車場(3℃)・・・私の車だけが停まっています
f0212511_00004301.jpg
f0212511_00005571.jpg
f0212511_22071654.jpg
元井谷の登山口
f0212511_22072649.jpg
ガレバで歩きにくい
f0212511_22073524.jpg
大岩も乗り越えていきます
f0212511_22074517.jpg
根っ子の様な大岩も有ります
f0212511_22075764.jpg
水場がら右に曲がり歩きやすくなります
f0212511_22080507.jpg
f0212511_22080963.jpg
風穴の先でお会いした「やまびこ会」の人達
f0212511_22081624.jpg
山頂に近い尾根歩き、心癒されますね~
f0212511_22082289.jpg
実に気持ちが良い
f0212511_22083230.jpg
思いもしていなかった樹氷に出会えて最高です
f0212511_22083959.jpg
f0212511_22084850.jpg
青空に映えますね~
f0212511_22085669.jpg
f0212511_22090573.jpg
f0212511_22094717.jpg
兎群山に寄ってみました
f0212511_22095778.jpg
仏石から先の群生地で沢山の福寿草に出会えます
f0212511_22100681.jpg
f0212511_22101400.jpg
f0212511_22102510.jpg
苔むした岩場にも沢山咲いています
f0212511_22103538.jpg
f0212511_22104414.jpg
f0212511_22105084.jpg
ここから引返して下山となります
f0212511_22105978.jpg
このルートにも咲いています
f0212511_22110864.jpg
f0212511_22111667.jpg
今日はお腹いっぱい福寿草を観賞することができました


  【山名・標高】 花牟礼山 1170m ながみず山 1310m (大分県)
  【月日・時間】 2015年4月11日(土) 天気 山行時間4:49(休憩除く4:09) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離13.6㎞(林道7.5㎞含む) 累積標高(+)1119m 歩数21,045歩
  【車駐車位置】 中村バス停 マップコード:440745837*72

明日開催される『べっぷ鶴見岳一気登山』に参加するため前日(11日)から大分県入り。
どこの山に登るか迷った結果、花牟礼山と前回行けなかったながみず山に登ることに。
自宅を6時半出発、途中白水湿生花園に立寄りちょっと散策して中村バス停登山口に10時前到着。

10時に出発、高度を少しずつ上げながら長い林道を登っていきます。
途中、見たことある車が一台、まさかと思いながら進むと、前方から一人の男性が下ってこられます。
やはり、うすきさんではありませんか…、出会いに感動、こんなところで会うなんて嬉しいですね。
前衛峰へ登る笹道が大変だったことや福寿草が咲いていることなど暫くお話をしてお別れ。
その後花牟礼山の山頂に到着
空の雲が取れ眺望が開けそうですが、なかなか晴れてくれません。
これから、ながみず山へ向かいます。
うすきさんの情報通り、笹に覆われた急登トンネルを登っていきます。既に乾いて濡れることは有りません。
ピーク当たりの道を進むと、いきなり福寿草が足元に現れビックリ、この時期でも咲いているんですね。
これから幾つかアップダウンを繰り返し、ながみず山に到着。
山頂は木々に覆われ眺望が無いので、少し戻って展望の良い所を探しゆっくり昼食です。
下山は往路を帰るが、前衛峰から下るところで道を間違え違う所に少し下ってしまう。危なかった。
あとは迷うことなく取付点(林道終点)まで下山し、長い林道を歩いて出発地点に戻る。
今日は、念願のながみず山に登り福寿草にも出会え、うすきさんのサプライズありで最高の一日でした。
明日のべっぷ鶴見岳一気登山に向け、大分市内へ向かい車中泊となります。

  10:00 中村バス停(12℃)
f0212511_23404975.jpg  10:05 登山口
  10:58 林道終点
  11:11 展望台
  11:22 花牟礼山(15℃)~11:30
  11:58 前衛峰1250m
  12:19 ながみず山
  12:28 見晴良好(17℃)~13:00
  13:13 前衛峰1250m
  13:39 三差路分岐
  13:46 展望台
  13:56 林道終点
  14:44 登山口
  14:49 中村バス停(15℃)
f0212511_22341117.jpg
花牟礼山登山のまえに白水湿生花園をちょっと散策
f0212511_223423100.jpg
f0212511_22343859.jpg
大きな水芭蕉が咲いてます、下の写真はカタクリや芍薬等です
f0212511_22344737.jpgf0212511_22345539.jpg
f0212511_2235551.jpgf0212511_22351331.jpg
これから下は花牟礼山の登山写真です
f0212511_23413128.jpg

f0212511_234218100.jpgf0212511_23422872.jpg
f0212511_23431079.jpgf0212511_23431935.jpg
f0212511_23434643.jpg
f0212511_23491025.jpgf0212511_23492989.jpg
f0212511_2350640.jpg
綺麗な三角錐の形をした万丈塔が見えます
f0212511_23503265.jpg
f0212511_2350417.jpg
花牟礼山の分岐から一旦下って前衛峰へ登る
f0212511_23505377.jpg
笹のトンネルを登り少し進むと前衛峰(帰りは滑りながら下る)
f0212511_2351415.jpg
左手には雄大な九重連山の山々が雲の合間から出てきましたf0212511_23511194.jpgf0212511_23514387.jpg
福寿草に出会えビックリ、しかも花びらが透通ってます
f0212511_23534111.jpg
前衛峰からながみず山へ向かいます、道が不明瞭で間違いやすい
f0212511_23535818.jpg
右手には大分市内が見えます
f0212511_23541565.jpg
f0212511_23542656.jpg
石柱から少し先がながみね山
f0212511_23544167.jpg
f0212511_0161962.jpg
クリックで拡大します
  【山名・標高】 仰烏帽子山 1302m 兎群石山 1186m 香ノ木山 1206m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年2月21日(土) 曇り 山行時間4:53(休憩除く4:29) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離11.4㎞(林道0.5㎞含む) 累積標高(+)1283m 歩数19,739歩
  【車駐車位置】 元井谷第1駐車場 マップコード:536500074*32

昨日、久留米市の明星山に登った後、熊本県南地域にある道の駅「竜北」まで移動し車中泊していた。
朝7時に起き大通り峠を走り、仰烏帽子山の元井谷第一駐車場に8時半前到着。
駐車場までもう少しの所で信ちゃん・俊ちゃんさんとバッタリ遭遇する。
後で追い付きますと伝え、駐車場に車を止め登山準備をして出発。
元井谷登山口からの枯沢登りは相変わらず岩がゴロゴロして歩きにくい状態です。
途中、信ちゃん・俊ちゃんさんに追いつき先週の出来事を少し話し先を急ぐ。
仏石分岐や風穴を過ぎ仰烏帽子山に到着。ここまで福寿草を見つることができませんでした。
山頂からの展望は金曜日の予報に反して曇っておりちょっと残念です。
下山は信ちゃんさん達に教わった兎群石山(とぐんせきやま)に一旦立寄り沢の椎葉谷ルートを下る。
仏石分岐からは再び登ることとなり急斜面のジグザグ道を登る。
仏石を過ぎ広場に到着、ここで軽い食事を取ります。
先を急いだはずだったのに、何故かここで信ちゃん・俊ちゃんさんと四度目のご対面。
話を聞くと仰烏帽子山から尾根道を引き返されたようです。
福寿草の群生地は一緒にボチボチ進み、写真を撮ったりして散策を堪能します。
ただし、満開の見ごろは一週間後、若しくはもう少し先のようです。
群生地を見終わった後は第二駐車場方面へ下り、途中の香ノ木山からシュートカットで第一駐車場へ下る。
この道は正規な登山道が無いため、数少ない目印を探して尾根を下ります。単独は危険です。
二回ほど迷ったがGPSで確認修正して、無事第一駐車場に下山となりました。
先を急いだ理由は、これから笠山へ登るためで今から移動します。(目標:熊本県百山踏破)
今日は福寿草を観ることができ、また信ちゃん・俊ちゃんさんに会えて良い一日でした。

  08:35 元井谷第1駐車場(2℃)
f0212511_21312085.jpg  08:42 元井谷登山口
  09:35 仏石分岐
  09:50 風 穴
  10:11 仰烏帽子山(2℃)~10:20
  10:28 兎群石山
  10:42 展望台分岐
  11:10 椎葉谷コース石仏分岐
  11:30 仏石(4℃)~11:45
  12:18 分岐
  12:43 香ノ木山分岐
  12:48 香ノ木山(1206m)
  13:15 ピーク934m
  13:28 元井谷第1駐車場(7℃)
f0212511_21313542.jpg
元井谷コース、この辺の福寿草はまだ咲いてません
f0212511_21313817.jpg
雪が残る尾根を歩きます
f0212511_21314939.jpg
f0212511_21315063.jpg
仰烏帽子山の山頂はちょっと寒いです
f0212511_2132494.jpg
遠くの八代海に小さな島(北島・中島・南島)が見えます、奥は上天草
f0212511_21321985.jpg
兎群石山の山頂です
f0212511_21322361.jpg
足元も悪く荒れた椎葉谷コースを下る
f0212511_21323590.jpg
登り返して仏石に到着
f0212511_21324125.jpg
群生地の福寿草①
f0212511_21325332.jpg
群生地の福寿草②
f0212511_21325654.jpg
群生地の福寿草③
f0212511_2133842.jpg
第二駐車場方面に向け歩きます
f0212511_21331032.jpg
ピーク1206mの香ノ木山
f0212511_21332236.jpg
途中こんな風景もあります
f0212511_21332470.jpg
ピーク934m
f0212511_21333747.jpg
最後の急坂尾根を下ります
f0212511_0313211.jpg
クリックで拡大します
  【山名・標高】 岩宇土山 1347m 上福根山 1645m 久連子岳 1240m (熊本県)
  【月日・時間】 2014年2月22日(土) 晴れ 山行時間5:56(休憩除く5:06) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離9.8㎞(林道1.2㎞含む) 累積標高(+)1533m 歩数14,114歩
  【車駐車位置】 岩宇土山登山口 マップコード:751126310*65

  昨年見に行けなかった福寿草、週末天気もよさそうなので仰烏帽子山と岩宇土山を調べる。
  仰烏帽子山は登山口まで林道が工事中の為、今月末まで通れないようである。(来月片側通行可)
  よって、岩宇土山へ。太宰府から御船ICまで高速を走り、その後は二本杉峠経由で久連子へ向かう。
  二本杉峠は道路が凍ってチェーン規制となってたがスタッドレスタイヤで無事通れた。
  岩宇土山登山口から いきなりの急登、気温は低いが汗がにじんできます。
  途中、鹿児島から来られた単独登山者の方と話しながら歩く。
  久連子岳の岩峰を踏んで岩宇土山へ。登山道は少ないが斜面にはだいぶ雪が残ってます。
  岩宇土山を通りすぎ分岐点で上福根山へ行くか迷ったが天気が良いので行くことに。
  林道横断してからは登山道がクマザサに遮られ、掻き分け掻き分け進む。
  日が当らない登山道の積雪は深い所で30㎝有り、上福根山まで一苦労です。
  山頂で軽く食事をとり、下りは滑りそうなのでアイゼンを装着して下る。
  オコバ分岐からもアイゼンが大活躍、急斜面を一気に下り一度も扱けず白崩平に到着。
  可愛い福寿草が至る所に群生しており、日光に照らされた福寿草は眩しく光ってます。
  二年ぶり鑑賞でき大満足です。お昼ねでもしたい気持でしたがオコバ登山口経由で下山する。
  帰りは久連子古代の里で開催中の「久連子福寿草まつりin五家荘」に寄ってお土産を物色。
  先ほど福寿草まつりで頂いた入浴半額券で五木温泉夢唄に入り、疲れた体をゆっくり休める。
  帰りは朝のルートとは違い、道幅が広く走りやすい県道25号線を大通り峠経由で帰る。
  今日は満開の福寿草に出会え、天気にもぐまれ最高の一日でした。
f0212511_2145023.jpg  09:00 岩宇土山登山口(-2℃)
  09:48 山ノ神
  10:08 鍾乳洞
  10:12 久連子岳(1℃)~10:17
  10:37 岩宇土山
  10:45 オコバ分岐
  11:10 林道横断~11:15
  12:05 上福根山(1℃)~12:20
  12:55 林道横断
  13:14 オコバ分岐
  13:45 白崩平(5℃)~14:10
  14:40 作業道終点
  14:56 岩宇土山登山口(7℃)
f0212511_20563930.jpg
     岩宇土山への尾根登山道
f0212511_20565267.jpg
     鍾乳洞上部の岩峰が久連子岳のようです
f0212511_2056527.jpg
     石灰岩屑のガレ場と山並眺望
f0212511_205751.jpg
     尾根の通り道にある岩宇土山
f0212511_2057545.jpg
     積雪の上福根山 
f0212511_20571811.jpg
     上福根山付近からの山並眺望
f0212511_20571939.jpg
     オコバ分岐からの急斜面
f0212511_20573276.jpg
     オコバ分岐からの急斜面
f0212511_20573459.jpg
     空を見上げれば青空に白い雲
f0212511_20575590.jpg
     夫婦福寿草
f0212511_20575922.jpg
     家族福寿草
f0212511_20581531.jpg
     二世帯福寿草
f0212511_20582545.jpg
     三世代の大家族福寿草
f0212511_20584355.jpg
     群生の福寿草
f0212511_20584710.jpg
     久連子古代の里で飼育されている久連子鶏(雄)
 
 福寿草と樹氷
 2012年2月26日(日)曇り 登山者 2名  万歩計 13,700歩
 山行時間08:50~15:41 (登山時間6:51 歩行時間5:39) 距離8.0Km

 昨年タイミングが合わず鑑賞出来なかった福寿草、今年はネットで開花情報を調べ早々に計画。
 仰烏帽子山と岩宇土山のどちらにするか迷ったが、今回はなんとなく岩宇土山に決定。
 自宅を5時50分に出発、高速道を走りいつもの二本杉峠を通り久連子登山口へ8時40分到着。
 登山口付近の路肩は、既に登山者の車でいっぱい。 手前の林道への三差路に留める。
 今回も二年前のコースをとる。歩き始めの急登を登り鍾乳洞手前の山側面を滑り落ちないように歩く。
 石灰岩の岩場辺りから長崎の夫婦連れと話しながら進み、標識が新しくなった岩宇土山に到着。
 長崎の方は昨日は仰烏帽子山、今日は岩宇土山に登り二日連続の福寿草鑑賞登山に来られたそうです。
 山頂で長崎の方と別れ、相方の体力が心配だったが上福根山まで足を伸ばす。
 林道を横断した後は残雪を踏みながら、山頂に近くなるにつれ樹氷を楽しみながら登る。
 相方は最後の登りが堪えたのか山頂にたどり着くなりダウン。 休憩するもおにぎり食べれず。
 寒くなってきたので30分後に下山開始。 ゆっくりと下山しているうちに少しずつ体力を取り戻す。
 オコバ谷分岐からは足元がぬかるんで滑り落ちそうな斜面を、両手も使って慎重に下る。
 福寿草群生地の台地に到着。 咲いてます、沢山咲いてます、仰烏帽子山より状態も良いようです。
 (長崎の方の情報によると仰烏帽子山の福寿草は霜?で傷んでいるそうです)
 蕾も沢山あり五分咲きくらいでしょうか。天気次第ですが来週ごろが満開かもしれません???。
 相方も可憐な福寿草に元気をもらい、おにぎりをほおばる。
 今日は相方の体調を心配しましたが、岩宇土山の福寿草に恵まれ鑑賞出来たことは最高でした。 
 
  0:00 久連子登山口(2℃)
f0212511_21145525.jpg  0:53 地蔵さん
  1:15 鍾乳洞
  1:43 岩宇土山(3℃)~1:48
  1:54 オコバ谷分岐
  2:18 林道横断
  3:05 上福根山(0℃)~3:35
  4:13 林道横断
  4:35 オコバ谷分岐
  5:20 大地(群生地)~5:57 
  6:34 砂防ダム林道
  6:51 久連子登山口(5℃) 
f0212511_21151769.jpgf0212511_21153234.jpg
f0212511_21155088.jpgf0212511_2116236.jpg
 2010年2月28日(日)快晴 登山者 単独
 登山時間07:55~13:42 (全体5:47 正味4:33) 距離8.0m
 先週のリベンジで福寿草を見に行く。
 早朝4:40に自宅を出発、登山口に7:30に到着。(二本杉峠はもう通りたくない…。)
 車を止めた所が悪く再度駐車位置を変えて登山開始。(工事現場の作業エリアでした。)
 登り始めから急坂で体力を一気に消耗してしまう。
 上福根山まで進み復路を戻り途中にあるオバコ分岐から福寿草群生地に向かう。
 下る斜面はぬかるんで足元は泥汚れとなり滑り落ちるようにして群生地に辿り着。
 頑張って下った甲斐あって見事な福寿草のオンパレード、天気も快晴で最高でした。

  0:00 久連子登山口(7℃)
f0212511_22533913.jpg  0:47 地蔵さん
  1:09 鍾乳洞
  1:35 岩宇土山
  1:40 オコバ分岐
  1:59 林道横断
  2:32 上福根山(13℃)~2:53
  3:20 林道横断
  3:34 オコバ分岐
  3:58 広場
  4:10 大地(群生地)~5:03 
  5:32 砂防ダム林道
  5:47 久連子登山口(18℃) 

f0212511_22141426.jpgf0212511_22142759.jpg