タグ:オオヤマレンゲ ( 12 ) タグの人気記事

【山名・標高】普賢岳 1,359m 国見岳 1,347m (長崎県)
【月日・時間】2018年6月17日(日) 晴れ 山行時間5:47(休憩除く4:32) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離8.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)838m 歩数16,929歩
【車駐車位置】出発口 吹越登山口 マップコード:173647388*3
       到着口 池の原園地 マップコード:173587080
 
昨日は九千部岳と鳥甲山に登り、ヤマボウシを十分堪能することができた。
今日は普賢岳の××に咲くオオヤマレンゲを見に行く。

今日は吹越登山口から登り国見岳、普賢岳と山頂を踏み池の原園地に下山します。
吹越登山口から進み、後半の急坂を登り尾根を経て国見岳に登ります。
国見岳を下り鬼人入口を経て、風穴(北側)近くに咲くオオヤマレンゲを鑑賞。
殆ど枯れていますが、二輪だけが残っており目を楽しませてくれます。
その後、鳩穴分れから岩峰の峰を経て普賢岳の山頂に辿り着きます。
島原湾・八代海に浮かぶ天草諸島の島々の眺望が素晴らしい。
もちろん、国見岳や妙見山の山並みもすばらしい光景です。
山頂からモミジ茶屋へ下り、あざみ台ルートを経て仁田峠に到着。
もうひと頑張り、車をデポしている池の原園地まで下り下山となりました。
今日もヤマボウシに加えオオヤマレンゲを楽しむことができました。

 09:50 吹越登山口(19℃)
 10:54 尾根出合
 11:15 国見岳
 11:37 鬼人谷口
 11:47 西の風穴
 12:00 鳩穴分れ~12:35
 12:51 立岩の峰
 13:13 普賢岳~13:40
 14:00 紅葉茶屋
 14:40 仁田峠(21℃)~14:55
 15:37 池の原園地

f0212511_23033608.jpg
f0212511_23034457.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23035183.jpg
ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺)ちょっと苦かった
f0212511_23062852.jpg
ツリー状のヤマボウシ
f0212511_23064146.jpg
これはアセビ?(ドウダンツツジとアセビの違いが分らない)
f0212511_23064710.jpg
国見岳の山頂
f0212511_23065323.jpg
これは紅ドウダンツツジでしょうか?
f0212511_23070170.jpg
天草の島々
f0212511_23070867.jpg
雲仙温泉街
f0212511_23073982.jpg
ピンク色のヤマボウシがあります
f0212511_23074798.jpg
岩場の斜面に根っ子がくっついています
f0212511_23075518.jpg
まだ有りましたオオヤマレンゲ
f0212511_23083092.jpg
遠く多良岳が見えています
f0212511_23083718.jpg
f0212511_23084306.jpg
f0212511_23085171.jpg
f0212511_23095860.jpg
普賢岳の山頂から平成新山を観る
f0212511_23100765.jpg
仁田峠から池の原駐車場へ下っていきます
f0212511_23101525.jpg
遊歩道に咲く
f0212511_23102196.jpg
駐車場に帰ってきました


【山名・標高】 くじゅう17サミッツの9座(①~⑨)プラス6座(▲)=15座 (大分県)[九重連山]
【月日・時間】 2017年6月17日(土) 晴れ後曇り 山行時間12:00(休憩除く11:24) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離26.7㎞(作業道及び車道3.0㎞含む 累積標高(+)2,610m 歩数42,016歩
【車駐車位置】 牧ノ戸登山口 マップコード:440640128*58

二年前の8月にチャレンジした「くじゅう17(いちなな)サミッツ」を再び歩いてきました。
今回は、ミヤマキリシマの季節と云うこともあり、扇ヶ鼻と平治岳も加えて縦走します。
牧ノ戸峠を5時に出発、朝日に輝く扇ヶ鼻のミヤマキリシマ、満開は過ぎていますが充分です。
星生山から久住山、そして天狗ヶ城、中岳、稲星山へとミヤマキリシマを満喫しながら進みます。
段原辺りからガスが掛かかり始め、大船山の山頂ではガスの合間から眺望を楽しみます。
北大船山から大戸越へ下り平治岳へ登ります。
平治岳のミヤマキリシマは満開をだいぶ過ぎているようですが登山者で賑わっています。
平治岳をから坊ガヅルへ下り、三俣山への長い急登を登ります、足が重たい。
頑張って三俣山(南岳)へ登りましたがガスが掛かっています。
再びガスの合間に見えるミヤマキリシマを見ながら本峰、西峰と周り諏蛾守越に下る。
あとはガレバを下り大曲登山口経由、出発地点の牧ノ戸峠に帰り着く。
扇ヶ鼻と平治岳を加えたく「じゅう17サミッツ」、欲張りミヤマキリシマ鑑賞登山となりました。

 05:00 牧ノ戸峠(13℃)
 05:19 ▲沓掛山1503m
 05:45 扇ヶ鼻分岐・・・扇ヶ鼻へ立ち寄ります
 06:00 ▲扇ヶ鼻(12℃)1698m
 06:13 扇ヶ鼻分岐
 06:37 ①星生山1762m
 07:02 久住分れ
 07:21 ②久住山1786.5m(16℃)~07:25
 07:51 ③天狗ヶ城1780m
 08:03 ④中 岳1791m(18℃)
 08:14 白口谷分岐
 08:25 ⑤稲星山1774m(18℃)~08:30
 08:39 稲星越
 08:50 ⑥白口岳1720m
 09:25 鉾立峠
 09:38 ▲立中山1468m
 10:24 合 流・・・坊ガヅルからの道と合流します
 10:54 段 原・・・雲が掛かっています
 11:10 ⑦大船山1786.2m~11:30
 11:44 段 原
 11:48 ⑧北大船山1706m(18℃)・・・欲張りで平治岳へ
 12:24 大戸越・・・・・沢山の登山者が休憩しています
 12:52 ▲平治岳(18℃)1643m・・・終盤のキリシマ
 13:15 大戸越
 13:45 坊ガヅル平治岳登山口・・・坊ガヅルにはテントが沢山咲いています
 13:54 坊ガヅル三俣山登山口・・・これから最後の登り、しかも急登です
 15:03 ▲三俣山(南岳)1743m(17℃)~15:10・・・山頂まで1時間10分程かかりました
 15:24 ⑨三俣山(本峰)1744.7m
 15:41 ▲三俣山(西峰)1678m・・・これから下るだけで体力は要りませんが膝にきそうです
 15:59 諏蛾守越・・・・・・鐘の所が立入禁止となっており鐘は突けません
 16:12 作業道出合・・・・・作業道は大きな岩がゴロゴロと転がっています
 16:24 大曲登山口分岐
 16:34 大曲登山口・・・・・嫌いな車道を2㎞強歩きゴールへ
 17:00 牧ノ戸峠(20℃)・・・よく歩きました、暫らく休憩して帰る
f0212511_23215821.jpg
日の出前の三俣山
f0212511_23220816.jpg
(詳細はYAMAP
f0212511_23222383.jpg
扇ヶ鼻へ向かいます
f0212511_23223577.jpg
f0212511_23224222.jpg
星生山から見る扇ヶ鼻全容
f0212511_23225094.jpg
星生山の南斜面に咲くミヤマキリシマ
f0212511_23225784.jpg
青空にそびえる星生山をふ振返る
f0212511_23230660.jpg
星生崎から見る久住山の山頂と北斜面
f0212511_23231955.jpg
久住山の山頂、左奥に扇ヶ鼻
f0212511_23232879.jpg
久住山から下る途中に見る北斜面
f0212511_23233618.jpg
天狗ヶ城から見る御池と右の久住山
f0212511_23234500.jpg
中岳からピンク色に染まる三俣山が見えます
f0212511_23235583.jpg
天狗ヶ城から中岳へ登ってきた尾根を振返ります
f0212511_23240618.jpg
f0212511_23241946.jpg
鉾立峠へ下ってきました
f0212511_23242751.jpg
立中山から段原へ向かう登山道
f0212511_23243892.jpg
立中山から段原へ向かう登山道

f0212511_23244601.jpg
段原から大船山へ向かう途中、ガスの切れ間に北大船山の西斜面を見る
f0212511_23245794.jpg
大船山の南下に咲くミヤマキリシマ
f0212511_23250955.jpg
大戸越え近くに咲くオオヤマレンゲ
f0212511_23251926.jpg
大戸越え近くに咲くオオヤマレンゲ
f0212511_23252753.jpg
大戸越えから見る平治岳
f0212511_23253636.jpg
平治岳の南峰から見る平治岳の南斜面

f0212511_23254400.jpg
少し枯れ始めていますがミヤマキリシマのピンク色絨毯
f0212511_23255338.jpg
平治岳の山頂から三俣山方面を見る
f0212511_23260821.jpg
三俣山(南峰)への急登を登る途中、坊ガヅルのテントを眺める
f0212511_23261938.jpg
三俣山(南峰)に登ってきました、山頂はガスに覆われています
f0212511_23262798.jpg
ガスの切れ間に見るミヤマキリシマ
f0212511_23263680.jpg
三俣山(西峰)からみる三俣山のミヤマキリシマ

  【山名・標高】 久住山1787m 稲星山1774m 鳴子山1643m 中岳1791m 天狗ヶ城1780m
          岩井川岳1522m 扇ヶ鼻1698m 星生山1762m(大分県)
  【月日・時間】 2016年6月18日(土) 晴れ 山行時間7:42(休憩除く6:51) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離18.6㎞(林道1.8㎞含む) 累積標高(+)1,821m 歩数29,296歩
  【車駐車位置】 瀬の本高原登山口 マップコード:440578055*6

今年の九重連山ミヤマキリシマ、害虫被害なく、息長く咲き誇っているようで鑑賞しに行きました。
メインは扇ヶ鼻のミヤマキリシマ群落と鳴子山のオオヤマレンゲ。
今年は平治岳・北大船山に引き続き扇ヶ鼻や高岳の九重連山ミヤマキリシマを堪能することができました。
同時にオオヤマレンゲも見れて最高の一日となりました

  09:00 瀬の本高原登山口(17℃)
  09:13 林道終点
  10:02 岩井川岳
  10:27 扇ヶ鼻(20℃)~10:30
f0212511_23494397.jpg  10:42 扇ヶ鼻分岐
  11:05 星生山(20℃)~11:15
  11:41 久住分れ
  12:00 天狗ヶ城(20℃) 
  12:10 中 岳(20℃)~12:30
  12:40 白口谷分岐
  12:48 稲星山・白口分岐
  13:29 鳴子山(20℃)~13:35
  13:52 稲星山・白口分岐
  14:04 稲星山
  14:12 神明水分岐
  14:28 久住山(20℃)~14:40
  14:55 久住分れ~13:30
  15:16 扇ヶ鼻分岐
  15:31 扇ヶ鼻
  15:48 岩井川岳分岐
  16:29 林道終点 
  16:42 瀬の本高原登山口(20℃)
f0212511_23495554.jpg
クリックで拡大
f0212511_2350577.jpg
瀬の本高原近くの登山口からスタート
f0212511_23501118.jpg
岩井川岳へ登っていく途中の登山道
f0212511_23501860.jpg
振り返れば阿蘇五岳がくっきりと見えています
f0212511_23502566.jpg
岩井川岳辺りから見る扇ヶ鼻
f0212511_23503116.jpg
扇ヶ鼻山頂から扇ヶ鼻分岐までの登山道周辺はミヤマキリシマに覆われ一面ピンク色です。
f0212511_23503812.jpg
星生山の山頂周辺をアップしてみました
f0212511_23504956.jpg
扇ヶ鼻山頂から見るミヤマキリシマと九重連山の山々(右端は久住山)
f0212511_23505811.jpg
扇ヶ鼻山頂から見るミヤマキリシマと涌蓋山
f0212511_2351927.jpg
少し枯れている物もありますがまだまだ充分綺麗です
f0212511_23511720.jpg
星生山から見る三俣山と平治岳
f0212511_23512558.jpg
三俣山の山頂周辺をアップしてみました
f0212511_23513431.jpg
星生山の斜面を覗いてみます、ここも綺麗ですね
f0212511_23514223.jpg
今年のミヤマキリシマ、息が長いですね~
f0212511_23515048.jpg
天狗ヶ城の山頂辺りから鏡のような御池と久住山を望みます
f0212511_23515865.jpg
久住山(左)と扇ヶ鼻(中央奥)、星生山(右)全貌をを望みます
f0212511_23521060.jpg
高岳山頂辺りも満開です
f0212511_2352285.jpg
鳴子山まで来てオオヤマレンゲを発見
f0212511_23523936.jpg
淡い白色のオオヤマレンゲは一段と綺麗で心が癒されます
f0212511_23524844.jpg
f0212511_23525763.jpg
北大船山もまだまだピンク色に染まっています
f0212511_2353796.jpg
鳴子山から見る高岳斜面のミヤマキリシマ
f0212511_23531741.jpg
久住山山頂近くのミヤマキリシマも素晴らしい
f0212511_23532683.jpg
久住山山頂から天狗ヶ城(左)と中岳(右)を望む
  【山名・標高】 久住山1787m 稲星山1774m 鳴子山1643m
          中岳1791m 天狗ヶ城1780m 星生山1762m(大分県)
  【月日・時間】 2015年6月28日(日) 晴れ時々ガス 山行時間6:03(休憩除く5:25) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離14.0㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1271m 歩数26,047歩
  【車駐車位置】 牧ノ戸峠登山口 マップコード:440640128*58

今回はオオヤマレンゲの観賞登山に行ってきました。
オオヤマレンゲの開花時期にまだ間に合い沢山の木がある山といえば鳴子山?。
沢水登山口からの登山道は荒れていると聞き、牧ノ戸峠からの長い距離を歩いて鳴子山へ。
西北の天気は良いが南側の阿蘇方面はガスに覆われまったく観えません。
沓掛山を皮切りに西千里ヶ浜を通り、久住山、稲星山と山頂を踏んで鳴子山へ。
登山道から入り込み今年も観られましたオオヤマレンゲ。まだ若干蕾もあり楽しめそうです。
芳香のある花なので、鼻を近づけちょっと嗅いでみました。
今まで嗅いだ事のないような香りですごく優しく甘い香り、とろけそうな感じです。
満喫した後は帰りも中岳と天狗ヶ城を経由して星生山と山頂を踏んで下山となりました。
このころには久住山や三俣山にも雲が掛かり、山の天気が悪くなってきましたが雨は降らず。
今日は3年ぶりに鳴子山に咲くオオヤマレンゲを観賞でき良き日となりました。

  09:00 牧ノ戸峠(15℃)
  09:07 展望台
f0212511_22992.jpg  09:19 沓掛山
  09:49 扇ヶ鼻分岐
  10:10 久住分れ
  10:28 久住山(20℃)~10:40
  10:53 神明水
  11:05 稲星山
  11:16 稲星山・白口分岐
  11:54 鳴子山(20℃)~12:15
  12:35 稲星山・白口分岐
  12:45 白口谷分岐
  13:00 中 岳
  13:10 天狗ヶ城(20℃) 
  13:25 久住分れ~13:30
  13:56 星生山
  14:18 扇ヶ鼻分岐
  14:47 沓掛山
  14:57 展望台
  15:03 牧ノ戸峠(20℃)
f0212511_22384449.jpg
赤色が今回の軌跡(クルックで拡大)
f0212511_21355997.jpg
登山道を振返り沓掛山を見る
f0212511_2136668.jpg
久住山が見えますが右側はガスが舞いあがっています
f0212511_21361288.jpg
久住山から眺める青空に映える三俣山
f0212511_21361633.jpg
久住山から観る星生山、右下は避難小屋
f0212511_21362139.jpg
久住山から観る天狗ヶ城(左)と中岳(右)
f0212511_2136273.jpg
鳴子山(左)と岩峰(右)には人がいます
f0212511_21363265.jpg
オオヤマレンゲ
f0212511_21363932.jpg
淡い色のオオヤマレンゲ
f0212511_21364548.jpg
中の赤色が濃いオオヤマレンゲ
f0212511_21365181.jpg
左下の片ヶ池と上部に見える左から平治岳、北大船、大船山
f0212511_21365649.jpg
鳴子山から白口岳(左)と中岳(白口岳左)を観る
f0212511_2137218.jpg
ガスの合間から観る坊ガツル
f0212511_2137839.jpg
中岳から観るお池と久住山
f0212511_21371483.jpg
星生山への岩尾根が見えてます、右側の硫黄山からガスが迫ってきます
f0212511_21372024.jpg
星生山の回りはガスに覆われつつあります
f0212511_21372638.jpg
星生山から観る西千里ヶ浜の池?
  【山名・標高】 英彦山 1200m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年6月15日(日) 曇り 山行時間4:32(休憩除く4:18) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離10.7㎞(林道0.9㎞含む) 累積標高(+)1028m 歩数19,373歩
  【車駐車位置】 別所駐車場 マップコード:383243268*17

  今日は英彦山へオオヤマレンゲと英彦山ヒメシャラの開花状況を見に行く。
  別所駐車場から右周りの周回コース。
  高住神社からのシオジ林は素晴らしいが岩場の登りは思うように足が上がりません。(@_@)
  どうにか「溶岩の壁」付近に辿り着き、オオヤマレンゲに出合い元気をもらう。
  沢山咲いてます、枯れたのもありますがまだまだ蕾も沢山あります。
  このあと肩から登ったクサリ場にも咲いています。
  次は英彦山山頂に咲く英彦山ヒメシャラです。
  此方も沢山咲いてます、今年は花の付きが多いのでしょうか?。まだまだ楽しめます。
  十分楽しんだあとは、鬼杉まで下り玉屋神社経由で奉幣殿、別所駐車場に帰る。
f0212511_23392288.jpg  07:00 別所駐車場(15℃)
  07:31 青年の家
  07:43 高住神社P
  08:18 北岳の肩
  08:31 北 岳
  08:48 英彦山(18℃)~09:00
  09:08 南 岳
  09:42 材木岩
  09:56 鬼杉(15℃)~10:10
  10:43 玉屋神社
  11:18 奉幣殿
  11:24 宝篋印塔
  11:32 別所駐車場(20℃)
f0212511_23393477.jpg
     スキー場
f0212511_23393745.jpg
     シオジ林
f0212511_23394859.jpg
     オオヤマレンゲ
f0212511_23395375.jpg
     オオヤマレンゲ
f0212511_2340461.jpg
     まだまだ蕾も沢山あります
f0212511_23401283.jpg
     北岳から中岳への景色
f0212511_23402892.jpg
     ツルアジサイ
f0212511_23403626.jpg
     英彦山ヒメシャラ
f0212511_23404797.jpg
     英彦山ヒメシャラ
f0212511_23405184.jpg
     英彦山ヒメシャラ
f0212511_2341333.jpg
     まだまだ蕾も沢山あります
f0212511_2341632.jpg
     鬼杉(木の周囲12.4m、樹齢およそ1200年)
f0212511_23411667.jpg
     玉屋神社
f0212511_23412097.jpg
     赤い色が今回の軌跡
  【山名・標高】 平治岳 1643m 北大船山 1706m (大分県)
  【月日・時間】 2014年6月8日(日) 曇り後雨 山行時間6:40(休憩除く6:00) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離12.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1222m 歩数21,955歩
  【車駐車位置】 男池登山口駐車場 マップコード:440740587*82

  6月2日(月)九州北部をかわきりに梅雨入りとなった九州地方、週末の空模様はやはり不安定。
  どこの山へ行こうか迷ったすえ、先週に引き続き平治岳・北大船山へ。
  今回は平治岳直登ルートの踏破と大戸越から北大船山へ登るルートのオオヤマレンゲ探し。
  平治岳直登ルートは急斜面に加え昨夜の雨で登山道がぬかるみズルズル滑ります。
  滑りにくいルートを探しながら直登分岐から約一時間強で山頂に辿り着く。
  長い急登道の登りを歩き、山登りのだいご味を久しぶりに体感しました。皆さん一度体験を!。
  今日のミヤマキリシマ、ガスの切れ間を逃さないようにして鑑賞です。
  開花状態は先週より進んでおり満開に近いようです。青空がなくガスで霞みちょっと残念です。
  一旦大戸越まで下り、オオヤマレンゲを探しながら北大船山へ登ります。
  大戸越から少し登った所と、尾根へ上がりきるちょっと手前に、蕾が沢山付いている木を発見。
  今日はガスで展望が良くないので大船山は登らず、段原より米窪を周り大戸越へ下る。
  大戸越から初めての奥ゼリルートを下り、ソババッケ経由で帰る。
  途中から雨が降り出し、ソババッケから男池までの登山道が泥川のようになりドロドロになりました。
  びしょ濡れになって靴下もずぶ濡れ、だけど無事下山できたことに感謝です。
  今日は平治岳直登ルートと奥ゼリルートを歩けたことと、
  オオヤマレンゲの確認と満開のミヤマキリシマを堪能することができ充実した一日となりました。
  うすきさんの情報により楽しく山歩きができましたこと感謝しております。    

  07:50 男池登山口(18℃)
f0212511_0365243.jpg  08:11 かくし水
  08:37 平治岳直登分岐
  09:27 見晴し良好地点
  09:41 平治岳(16℃)~09:50
  10:00 平治岳(南峰)~10:15
  10:35 大戸越
  11:19 北大船山(15℃)~11:35
  11:40 段原
  11:50 黒岳・大戸越分岐
  12:37 大戸越
  12:43 奥ゼリ・風穴分岐
  13:23 奥ゼリ
  13:49 ソババッケ
  14:08 かくし水
  14:30 男池登山口(17℃)

  これ、何かを想像しませんか?→

f0212511_037216.jpg
多くの登山者が休憩中のかくし水
f0212511_0371255.jpg
平治岳直登ルートの勾配、急登が分かるかな?
f0212511_0371694.jpg
平治岳の山頂はガスってます
f0212511_0372452.jpg
平治岳南峰から平治岳を望む、先週に比べピンクが広がってます
f0212511_0372811.jpg
平治岳南峰から平治岳を望む
f0212511_0373784.jpg
平治岳南峰から平治岳登り面を望む
f0212511_0374496.jpg
大戸越は人が溢れてます
f0212511_0375588.jpg
f0212511_03814.jpg
北大船山から見る周囲の山
f0212511_0381112.jpg
北大船山から見る段原と大船山
f0212511_0382176.jpg
綺麗に咲いてますツクシドウダン
f0212511_0383280.jpg
米窪の周りに咲くミヤマキリシマ
f0212511_0383895.jpg
クサボケは既に朽ち果ててます
f0212511_038505.jpg
イワカガミが縦に並んで咲いてます
f0212511_038589.jpg
これから楽しみのオオヤマレンゲ
f0212511_0391183.jpg
蕾をアップしてみました
f0212511_0391734.jpg
これから楽しみのオオヤマレンゲ
f0212511_0392728.jpg
大戸越から奥ゼリへの道
f0212511_0393244.jpg
駐車場が満車となり道路に溢れている車
f0212511_0394330.jpg
今回のルートは赤い軌跡
  【山名・標高】 猟師山 1423m 合頭山 1384m (大分県)[久住]
  【月日・時間】 2013年6月29日(土) 曇り 山行時間2:20(休憩除く2:00) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離6.4㎞(林道1.6㎞含む) 累積標高(+)459m 歩数9,826歩
  【車駐車位置】 九重森林公園スキー場駐車場 マップコート:440636619*15

  今年はオオヤマレンゲも開花時期が早いようで既に終盤。
  6月15日に普賢岳で見たけど、猟師山のオオヤマレンゲも見たくて行ってみる。
  終盤で殆ど朽ち果ててましたが三個のうち一個は綺麗に咲いてました。他蕾が二個?。
f0212511_19384699.jpg  10:35 九重森林スキー場(18℃)
  10:56 猟師山取付き
  11:02 稜線・スキー場分岐
  11:12 合頭山分岐
  11:23 合頭山(20℃)~11:33
  11:42 合頭山分岐
  11:49 稜線・スキー場分岐
  12:00 猟師山
  12:26 林道~12:36
  12:43 スキー場出合
  12:55 九重森林スキー場(20℃)
   綺麗に撮れたオオヤマレンゲ→
f0212511_19391715.jpg
     合頭山への登山道
f0212511_19391229.jpg
     筋湯温泉方面の山々
f0212511_19393380.jpg
     花が散ったミヤマキリシマ
f0212511_223403.jpg

  ◎次の登山口へ車移動
  【山名・標高】 亀石山 943m (大分県)
  【月日・時間】 2013年6月29日(土) 曇り 山行時間0:53(休憩除く0:46) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離3.4㎞(林道2.9㎞含む) 累積標高(+)156m 歩数4,919歩
  【車駐車位置】 亀石峠空き地 マップコード:202411341*73

  猟師山の山行だけではちょっと物足りないので、大分百山の亀石山に登る。
  殆どが林道歩きでハイキング的山、しかし山頂からの景色は素晴らしいです。
f0212511_19393967.jpg  14:00 亀石峠登山口(22℃)
  14:08 ゲート
  14:16 三差路
  14:24 亀石山(22℃)~14:31
  14:37 三差路
  14:44 ゲート
  14:53 亀石峠登山口(22℃)

   亀石山への道→
f0212511_1940533.jpg
     おしゃれな亀石山への道標
f0212511_1940063.jpg
     山頂からの素晴らしい眺望
f0212511_19402927.jpg
f0212511_2251933.jpg

  ◎次の登山口へ車移動
  【山名・標高】 月出山岳(二番坊主) 690m (一番坊主 678m、三番坊主 709m) (大分県)
  【月日・時間】 2013年6月29日(土) 曇り 山行時間1:25(休憩除く1:25) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離6.2㎞(林道6.2㎞含む) 累積標高(+)357m 歩数8,950歩
  【車駐車位置】 月出山岳公民館横登山口駐車場 マップコード:202801812*37

  欲張ってもう一つ大分百山へ登る。月出山岳→かんとうだけ
  この山名は『日本異様難読山名コンテスト』で日本第三位に選ばれている。
  登山口をよく調べていなかったため、狭い山道でウロウロ、17時前に到着。
  日が暮れる前に急いで登る。
  全てが林道歩きでちょっと残念、一番と二番坊主にはサミット記念碑が何故か建っている。
f0212511_19402827.jpg  16:50 月出山岳登山口(22℃)
  10:56 猟師山取付き
  17:20 月出山岳(二番坊主)
  17:25 月出山岳(一番坊主)
  17:32 三番坊主分岐(24℃)
  17:40 月出山岳(三番坊主)
  17:48 三番坊主分岐
  18:15 月出山岳登山口(22℃)

   万年山と風力発電→
 
f0212511_19405553.jpg
     月出山岳の二番坊主
f0212511_19405013.jpg
     月出山岳の一番坊主
f0212511_19411351.jpg
     月出山岳の一番坊主
f0212511_1941718.jpg
     月出山岳の三番坊主
f0212511_224283.jpg

  【山名・標高】 普賢岳 1359m 妙見岳 1333m 国見岳 1347m (長崎県)
  【月日・時間】 2013年6月15日(土) 雨のち晴れ 山行時間6:10(休憩除く4:45) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離10.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1063m 歩数16,685歩
  【車駐車位置】 池の原園地駐車場 マップコード:173587080

 三週間ぶりの山登り、明日(16日)は山の会で九千部岳ヤマボウシ鑑賞登山に参加する予定。
 よって前日である今日は一足先に雲仙へ入り、普賢岳の新道を歩きオオヤマレンゲを鑑賞する。
 登山開始から雨が降っており傘をさして出発。
 仁田峠からの登山道は小枝が傘に引っ掛かりボロボロ、足元はびしょ濡れになってテンション下がる。
 すれ違った下山者からオオヤマレンゲが咲いているとの情報に、気を取り直し先へ進む。
 段々と雨がやんできたので、一旦国見岳へ登り展望を楽しみ先を急ぐ。
 昨年通行可能となったオオヤマレンゲの咲く新道、今回初めて通るのでワクワクしながら歩く。
 新道登山道には風穴が二ヶ所もあり冷気が吹きだしていて天然クーラーは最高です。
 北の風穴を過ぎた所でオオヤマレンゲを発見。貴婦人にふさわしく品良く綺麗に咲いてます。
 株は数株あり本日咲いているのは4個程度、まだ4~5個の蕾があるようです。
 これから先、一方通行の道を進み、立岩の峰辺りでは平成新山を目の前に見れます。
 普賢岳に着いた時は、雨あがりの素晴らしい景色を堪能させてもらいました。
 傘をさしての登山、どうなる事やら心配しましたが、充分楽しんで普賢岳を一周できました。

f0212511_165195.jpg  11:00 池の原園地(20℃)
  11:40 仁田峠①
  12:10 妙見駅(20℃)~12:20
  12:30 妙見岳
  13:00 国見岳(20℃)~13:10
  13:34 鬼人谷口④
  13:43 西の風穴⑤
  13:56 北の風穴⑧~14:21
  14:27 鳩穴分れ⑩
  14:40 立岩の峰⑬
  14:55 霧氷沢⑰
  14:05 普賢岳(25℃)~15:35
  15:52 紅葉茶屋③
  16:25 仁田峠①~16:35
  17:10 池の原園地(25℃)

f0212511_21502749.jpg
     仁田峠からニシキウツギに癒されながら登る
f0212511_2151017.jpg
     ロープウェイとヤマボウシ
f0212511_21504710.jpg
     ドウダンツツジも咲いてます
f0212511_2151182.jpg
     ピンク色のヤマボウシ
f0212511_2151682.jpg
     雨上がりの青空
f0212511_21513738.jpg
     国見岳から見る平成新山
f0212511_21512521.jpg
     冷たい冷気で前面が白くなっている北の風穴
f0212511_21515630.jpg
     綺麗なオオヤマレンゲ
f0212511_21514299.jpg
     枯れかけたオオヤマレンゲもいいですね
f0212511_21521311.jpg
     警戒区域手前の立岩の峰
f0212511_2152122.jpg
     天草の島々と遠くには八代が見える(クリックで拡大)
f0212511_21524187.jpg
     アザミ谷の新緑
f0212511_2313420.jpg

 九重連山周回
 2012年7月9日(月) 晴れ 登山者 単独  万歩計 22,985歩
 山行時間09:10~15:14 (登山時間6:04 歩行時間4:46) 距離14Km
   沓掛山1503m~久住山1787m~稲星山1774m~鳴子山1643m~
                 中 岳1791m~天狗ヶ城1780m~星生山1762m

 今日は夏季休暇を取り休んでいたが、用事が急に夕方へ変更したため昼間は暇になった。
 昨日から梅雨の中休みで今日も天気に恵まれそうである。
 鳴子山のオオヤマレンゲがまだ残っていないか気になっていたので九重連山へ。
 沢水登山口から登るか迷ったが、福岡から近い牧ノ戸登山口から登る。
 牧ノ戸から登るなら九重連山を満喫しようと周回コースを計画し歩く。
 久しぶりの晴れ、太陽に輝く山々を楽しみながら久住山を目指す。
 初めての鳴子山に到着するが、お目当てのオオヤマレンゲは見当らず。
 暫くして、沢見から登ってこられた方と合流、鳴子山の周辺を探索する。
 片ヶ池方面へ崩落しているガレバに沢山の木を発見。枯花に交じって3~4個残っていた。
 一緒に探索した方によると今年は花付きが悪いとの事。
 ピークは過ぎていたが、とりあえず鳴る子山のオオヤマレンゲに出会て良かった。
 下山は中岳と天狗ヶ城、星生山と三座を登り牧ノ戸登山口に辿り着く。

  0:00 牧ノ戸峠(19℃)
  0:08 展望台
f0212511_738544.jpg  0:20 沓掛山
  0:47 扇ヶ鼻分岐
  1:08 久住分れ
  1:27 久住山(25℃)~1:40
  1:52 神明水
  2:02 稲星山
  2:12 稲星山・白口分岐
  2:28 鳴子山(25℃)~3:33
  3:50 稲星山・白口分岐
  4:00 白口谷分岐
  4:14 中 岳
  4:24 天狗ヶ城(24℃) 
  4:38 久住分れ
  5:06 星生山
  5:24 扇ヶ鼻分岐
  5:50 沓掛山
  5:58 展望台
  6:04 牧ノ戸峠(23℃)
f0212511_7385732.jpgf0212511_7392195.jpg

 英彦山のオオヤマレンゲ
 2012年6月13日(水) 曇り 登山者 単独  万歩計 15,850歩
 山行時間09:00~13:06 (登山時間4:06 歩行時間3:16) 距離8.0Km

 梅雨の季節、天気予報により13~14日は晴れるみたいなのでスケジュールを調整し13日会社休む。
 雨の山歩きはあまり好きじゃないもので・・・。 ちょっと遊び過ぎですかね?(笑)
 貴重な晴れ間、開花の時期はもう少し先と思ったが、オオヤマレンゲを求めて英彦山へ。
 天気予報とは当てにならないもので、英彦山周辺は曇ってて山頂は完全に雲の中です。
 別所駐車場から右回りの周回コースを出発。 平日とあって登山者は少なく数名。
 青年の家辺りで一人の登山者(T氏)を追い抜き、高住神社から自然石段を登る。
 汗だくになり『溶岩の壁』へ、ありました!!凛としたオオヤマレンゲ、二つ咲いてます。(蕾少々)
 どうにか写真に収め、このあと追い抜いた登山者(T氏)と会話しながら一緒に山頂へ登る。
 山頂直下にもオオヤマレンゲの木が有りましたが、花は咲いてなく数個の蕾が着いている状態です。
 中岳到着。 山頂周辺をうろうろしてヒコサンヒメシャラを探すが見当たらず。
 諦めかけていたところ後から登ってこられた方が高い所に咲く一輪を発見。ラッキー(^◇^)
 しかし、どんよりとした空にレンズを向け写真を撮るがうまくいきません。(>_<)
 T氏の案内により北西尾根ルートを下り、一旦行者堂に寄り再び北尾根を下る。
 (行者堂付近に咲くオオヤマレンゲは花が小さく、枯れ花一つ、開花二つ、蕾数個の状態です)
 北尾根ルートはブナの枯木・倒木、下るに従って豊かな自然林に囲まれ素晴らしいコースです。
 途中から左に曲がり紅葉谷を通り奉幣殿に着く。
 奉幣殿のヒコサンヒメシャラは十数個咲いており、蕾もまだ有ります。
 いろいろと案内してくれたT氏と別れ、奉幣殿の片隅で食事を取り英彦山修験道館を経て別所駐車場へ。
f0212511_0322187.jpg  0:00 別所駐車場(20℃)
  0:43 高住神社(豊前坊)
  1:15 北岳の肩
  1:28 北 岳
  1:48 中岳(19℃)~2:08
  2:22 産霊神社(行者堂)
  3:02 紅葉ルート合流
  3:18 奉幣殿~3:48
  4:06 別所駐車場(23℃)
f0212511_032392.jpgf0212511_0325262.jpg
    溶岩の壁に咲くオオヤマレンゲ      中岳に咲くヒコサンヒメシャラf0212511_033526.jpgf0212511_0331642.jpg
    行者堂に咲くオオヤマレンゲ      奉幣殿に咲くヒコサンヒメシャラ