タグ:アケボノツツジ ( 16 ) タグの人気記事

【山名・標高】釣鐘山 1,396m (宮崎県)
【月日・時間】2018年4月29日(日) 晴れ 山行時間4:23(休憩除く4:03) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.8㎞(林道4.0㎞含む) 累積標高(+)970m 歩数17,603歩
【車駐車位置】釣鐘山登山口 マップコード:498431848*46

遠征二日目、何処に登るのかぼんやりとしていましたがやはりアケボノ鑑賞。
アケボノツツジが咲く情報を得ていた釣鐘山に登りことにする。
林道2㎞を歩いた先の取付点から登っていきます。(四駆の車が欲しい)
尾根近くと山頂近くは結構な急勾配を登ります。
釣鐘山の山頂周辺はアケボノツツジ、ミツバツツジ、ヒカゲツツジが咲き誇っています。
群生しているヒカゲツツジは少し時期が過ぎていたようです。
マイナーな感じがした釣鐘山ですが、三種のツツジに大満足する山です。
下山は往路を戻り、出発地点の鹿川営農研修館に辿り着く。

 09:10 釣鐘山登山口(15℃)・・・鹿川営農研修館に駐車
 09:41 取付点・・・・・・・・・四駆の車なら行けます
 10:31 鹿川峠・・・・・・・・・登りが続きます
 10:41 尾根・・・・・・・・・・平坦に出て一休み
 11:20 釣鐘山~11:40・・・・・最後の登りは急登
 12:14 尾根
 12:20 鹿川峠
 13:03 取付点
 13:33 釣鐘山登山口(25℃)
f0212511_18354225.jpg
『鹿川峠西郷隆盛宿営の地』の案内板から林道を出発します
f0212511_18355113.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_18355610.jpg
青空が素晴らしい
f0212511_18360281.jpg
林道を登っていきます
f0212511_18360751.jpg
取付点から登山道へ、最初は荒れています
f0212511_18361291.jpg
西郷隆盛宿営の地
f0212511_18361756.jpg
新緑がまぶしい
f0212511_18365005.jpg
f0212511_18365671.jpg
鹿川峠
f0212511_18370482.jpg
釣鐘山の直下に来ました
f0212511_18371061.jpg
ヒカゲツツジ
f0212511_18371788.jpg
沢山咲いています
f0212511_18372473.jpg
f0212511_18373249.jpg
アケボノツツジも沢山咲いています
f0212511_18373994.jpg
青空バックにピンクが綺麗です
f0212511_18374545.jpg
釣鐘山の山頂
f0212511_18375356.jpg
右側に尖った山、山丹助岳と矢筈岳
f0212511_18380148.jpg
山頂から見る山並
f0212511_18380910.jpg
ミツバツツジも綺麗です
f0212511_18381632.jpg
f0212511_18382312.jpg
ヒカゲツツジ、黄色が鮮やかです
f0212511_18382964.jpg
下山途中、餌を探している動物に遭遇
f0212511_18383746.jpg
最後に紫色の花も綺麗です

【山名・標高】祖母山 1,756m 緩木山 1,046m 越敷岳 1,061m
        烏帽子山 1,296m (大分県)
【月日・時間】2018年4月28日(土) 晴れ 山行時間8:58(休憩除く7:58) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離18.1㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)1,880m 歩数31,777歩
【車駐車位置】越敷岳登山口駐車場 マップコード:685397353*24

GWの前半、28日から二泊三日で大分県の山へ行ってきました。
初日は緩木山と越敷岳の周回に加え祖母山まで歩くコース。
アケボノツツジに出会えるチャンスが多くなると思いロングコース設定。
緩木山と越敷岳の周回コースは石楠花とミツバツツジは咲いているがアケボノは無し。
祖母山へ向かう途中、縦走路にアケボノが咲いていました、ロングコースで正解。
また、祖母山山頂から見る周辺の山々にはピンク色のアケボノがチラホラ見えています。
今年は開花が早く見逃してしまいそうだったのでラッキーでした。
下山の後半、越敷岳で山友三人と出合、下山はご一緒させて頂き賑やかに下りました。

 07:25 越敷岳登山口(10℃)
 07:42 緩木山取付点
 08:27 緩木山
 09:15 祖母山分岐・・・・・・・先ずは祖母山へ向かいます
 09:40 烏帽子山
 10:17 茶屋場・・・・・・・・・三県境
 10:39 国観峠・・・・・・・・・赤い地蔵さん
 11:01 九合目・山小屋分岐・・・山小屋には寄らず山頂へ
 11:15 祖母山(20℃)~11:45・・山頂は登山者で賑わっています
 12:00 山小屋・・・・・・・・・無人となった山小屋、補修中?
 12:06 九合目・山小屋分岐
 12:24 国観峠
 12:52 茶屋場
 13:34 烏帽子山
 13:51 祖母山分岐・・・・・・・緩木山・越敷岳の周回コースに合流
 14:40 越敷岳~14:48・・・・・山友さん三人と出会う
 15:00 下山道分岐~15:16・・・四人で一緒に下山
 15:31 ハサミ岩~15:36
 15:58 林道横断
 16:05 林道出合・・・・・・・・林道をテクテク下ります
 16:23 越敷岳登山口(20℃)
f0212511_15060421.jpg
越敷岳登山口から出発
f0212511_15061709.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_15062366.jpg
緩木山の山頂
f0212511_15062832.jpg
石楠花が咲いています
f0212511_15063369.jpg
旬を過ぎていますが沢山咲いています
f0212511_15063826.jpg
f0212511_15064448.jpg
烏帽子山の山頂で出会えましたアケボノツツジ
f0212511_15065128.jpg
f0212511_15065871.jpg
祖母山まで来ました
f0212511_15070676.jpg
いつ見ても素晴らしい景色です
f0212511_15071224.jpg
斜面にはアケボノツツジが見えます
f0212511_15071817.jpg
国観峠に咲いていたアケボノツツジ
f0212511_15072567.jpg
f0212511_15073146.jpg
紫色も良いですね
f0212511_15073778.jpg
往路で見逃していたアケボノツツジ
f0212511_15074463.jpg
ここは素晴らし
f0212511_15075284.jpg
沢山咲いています
f0212511_15075843.jpg
祖母山方面へ歩いてきて良かった
f0212511_15080537.jpg
カメラのバッテリーが切れ、これ以降は写真がありません(>_<)


【山名・標高】石鎚山 1,972m 天狗岳 1,982m 前社森 1,592m(愛媛県)
【月日・時間】2017年4月30日(日) 晴れ 山行時間8:43(休憩除く8:12) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離17.1㎞(林道0.5㎞含む) 累積標高(+)2,263m 歩数29,891歩
【車駐車位置】西之川バス停 マップコード:822453714*34

今日は四国遠征の二日目、天気が良いので石鎚山に登る。
ロープウェイを使わず西之川バス停から石鎚神社成就への直登道を選択登る。
(約一時間半の登りは長かったが自分の足で登れたことに満足)
成就からは表参道を歩き試し鎖や鎖場を経て石鎚山の山頂および天狗岳に辿り着く。
下山は鎖場の巻道を経て、夜明峠から御塔谷ルートを下る。
(御塔谷ルートは長い下り道、登りに使ったら四時間以上掛かりそうです)

山頂からの眺望は素晴らしく四国の山々の尾根を一望することができました。
天気にも恵まれ天狗岳や大砲岩も登れ最高の山行となりました。

ロープウェイ入口にある「温泉旅館 京屋」の石鎚山温泉で汗を流し移動。
明日の東明石山登山のため道の駅「マイントピア別子」で車中泊となる。

 07:20 西之川バス停(12℃)・・・昨日の瓶ヶ森登山スタートと同じ場所
 07:32 成就分岐・・・これから高度を上げていきます
 09:02 車道出合・・・ロープウェイ山頂成就駅からの道に出る
 09:10 石鎚神社成就社・・・お参りしていきます
 09:39 試しの鎖・・・・二年前に続き今回も登ります
 10:00 前社森1,592m~10:09・・・素晴らしい展望
 10:26 夜明峠
 10:36 一の鎖・・・勿論鎖を登っていきます
 10:48 土小屋分岐(二の鎖)・・・少し雪が残っていますが登ります
 11:12 石鎚山(15℃)~11:26・・・リュックを置いて天狗岳⇒大砲岩へ
 11:47 大砲岩~11:55・・・・そそり立った岩場を慎重に引返します
 12:15 石鎚山・・・・・・・・山頂はまだ登山者で賑わっています
 12:32 土小屋分岐(二の鎖)・・・下山は鎖道は使わず巻道を下る
 12:40 一の鎖
 12:49 夜明峠・・・・初めての御塔谷ルートを下る
 13:35 天柱石(御塔石)・・・大きな岩がそびえ立っています
 14:00 十字路
 14:42 刀 掛
 15:05 岩 原
 15:35 鉄橋と滝
 15:49 成就分岐
 16:03 西之川バス停(18℃)
f0212511_14305731.jpg
西之川バス停の近くにある石段から登っていきます
f0212511_14315365.jpg
クリックで拡大
f0212511_14322632.jpg
石積みの道を進みます
f0212511_14344561.jpg
直登ルートを成就に向け登っていきます
f0212511_14345435.jpg
直登を登り成就手前の道に出ました(ロープウェイ駅と成就間の道)
f0212511_14350221.jpg
石鎚神社成就社に到着
f0212511_14350960.jpg
石鎚山へ向け八丁坂を歩きます
f0212511_14351803.jpg
試しの鎖道を選択
f0212511_14352765.jpg
試しの鎖74mの岩場を登っていきます
f0212511_14353666.jpg
試しの鎖を登ると前社森があります
f0212511_14354473.jpg
昨日登った瓶ヶ森の笹に覆われた山頂が見えます(中央上部)
f0212511_14355659.jpg
石鎚山の方を見ると第二、第三の鎖場や山頂にある頂上社が見えます
f0212511_14360996.jpg
石鎚神社成就社と新居浜市方面
f0212511_14361751.jpg
前社森から直登の鎖場を下ります
f0212511_14362504.jpg
雪が残る石鎚山
f0212511_14363305.jpg
第一鎖場を登っていきます
f0212511_14364443.jpg
f0212511_14365424.jpg
第二鎖場を登ります
f0212511_14370387.jpg
鎖場を登った所から振返り見る
f0212511_14371346.jpg
石鎚山(弥山)に到着、天気が良く登山者が多い
f0212511_14372273.jpg
リュックを置いて尖っている天狗岳に行きます、ちょっと怖いかな?
f0212511_14381253.jpg
無事天狗岳に到着、振返り弥山を眺める
f0212511_14382175.jpg
狭い岩場の怖さに慣れ、天狗岳の先にある大砲岩にも行きたくなります
f0212511_14382972.jpg
天狗岳から眺める山々や山尾道
f0212511_14383866.jpg
天狗岳の山頂標識
f0212511_14384733.jpg
天狗岳から大砲岩へ向かいます
f0212511_14385621.jpg
大砲岩から振返り天狗岳、弥山、西ノ冠岳方面を眺める
f0212511_14390521.jpg
こちらの眺望も素晴らしい
f0212511_14401030.jpg
大砲岩から戻る途中、天狗岳から弥山方面を見る
f0212511_14402338.jpg
天柱石(御塔石)
f0212511_14403221.jpg
壊れそうな木製の橋
f0212511_14404136.jpg
西之川の上流
f0212511_14405127.jpg
刀掛まで下ってきました、まだまだ半分ぐらいかな?
f0212511_14410082.jpg
アケボノツツジを一本発見、登山者によると今年の開花は一週間程遅いそうです
f0212511_14411012.jpg
f0212511_14412383.jpg
石積みの登山道を下っていきます
f0212511_14413259.jpg
時には素晴らしい滝があります
f0212511_14414169.jpg
マムシグサのようですが形が良いですね
f0212511_14415073.jpg
石積みのところまで帰ってきました
f0212511_14415930.jpg
下山最後は古民家に咲く花に癒され到着となります

  【山名・標高】 日隠山 1544m (宮崎県)
  【月日・時間】 2016年5月1日(日) 晴れ 山行時間5:53(休憩除く4:43) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離6.9㎞(林道2.0㎞含む) 累積標高(+)948m 歩数9,809歩
  【車駐車位置】 日隠林道登山口 マップコード:498579663*3

今日は未踏の山、日隠山に登ります。
日隠林道登山口から入った林道は至る所で土砂崩れや崩壊が発生しており初めて登る人は御用心。
林道が土砂崩れで埋もれ斜面になっている所を通り、3m程滑り落ち、あわや沢まで落ちるところでした。
(下山時は埋もれた林道を避け沢まで下り、エスケープして通過したので滑る事なく進めました。)
取付き点からは不明瞭な踏跡をしっかり見つけながら滑る急登を登っていきます。
山頂に近くになるにつれアケボノツツジが迎えてくれます。
三角点のある山頂で昼食をとり、展望台へ移動します。
展望台から見る鹿川の渓谷を中央に右は釣鐘山、左は鉾岳の峰々が凄く素晴らしい。(一番上の写真)
下山は往路を帰る。
昨日に引き続き晴天に恵まれ、アケボノツツジにも会え最高のGW前半の山行でした。

  09:45 日隠林道登山口(14℃)
f0212511_18385513.jpg  10:03 林道土砂崩落
  10:29 取付点
  11:20 ロープ場
  12:28 日隠山(18℃)~13:18
  13:36 展望台~13:50
  14:05 分岐
  14:50 ロープ場
  15:11 取付点
  15:22 林道土砂崩落
  15:38 日隠林道登山口(21℃)
f0212511_1839346.jpg
クリックで拡大
f0212511_19452954.jpg
五葉登山口へ向かう日隠林道の途中にある日隠山登山口
f0212511_19453712.jpg
登山口から入った支線林道はいたる所で崩壊しています
f0212511_1945459.jpg
ここも土砂が崩落しています
f0212511_19455297.jpg
林道が崩壊した岩場や沢を過ぎ取付き点へ
f0212511_19455825.jpg
滑りやすい急登を登り終えたかと思うと今度はクマ笹の道が続きます
f0212511_1946439.jpg
標高を上げていくとアケボノツツジが現れ疲れた身体が癒されます。
f0212511_19461055.jpg
f0212511_19461618.jpg
f0212511_19462339.jpg
f0212511_19462967.jpg
山頂に到着、展望はよくないので移動します
f0212511_19463715.jpg
山頂周辺の古木
f0212511_1946451.jpg
山頂から移動してきた展望台、素晴らしい眺望
f0212511_1946532.jpg
f0212511_1947073.jpg
f0212511_1947972.jpg
f0212511_19471797.jpg
下山しながら再度アケボノツツジを堪能する
  【山名・標高】 祖母山 1756m (宮崎県)
  【月日・時間】 2016年4月30日(土) 晴れ 山行時間5:58(休憩除く4:31) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離9.2㎞(林道0.3㎞含む) 累積標高(+)1017m 歩数13,777歩
  【車駐車位置】 北谷登山口 マップコード:685249036*6

今日はアケボノツツジを目当てに祖母山に登ります。
北谷登山口から登りますが山頂までまったくと言っていいほどアケボノツツジに出会えません。
山頂に到着。遠くの木々の中、ピンク色に目立つアケボノツツジを見るのが精一杯です。
花は諦め素晴らしい山々の展望を楽しみ、おにぎりを食べて風穴方面へ下ります。
風穴ルートを下っていくと諦めていたアケボノツツジが目前に現れ気持ちもが高揚します。
今年も出会えましたフワフワとしたピンク色の花びら、綺麗ですね~。
暫らく楽しみながら風穴へ、その後は源流となる岩場の沢を通り、北谷登山口に帰り着く。

  10:00 北谷登山口(13℃)
f0212511_18353946.jpg  11:00 千間平
  11:20 三県境
  11:42 国観峠
  12:16 Q合目小屋~12:26
  12:43 祖母山~14:00
  15:00 風穴
  15:20 源流:標識No18
  15:58 北谷登山口(13℃)
f0212511_18354943.jpg
クリックで拡大
f0212511_15343657.jpg
北谷登山口からスタートし千間平へ
f0212511_15344324.jpg
千間平の木立
f0212511_15344885.jpg
f0212511_15345374.jpg
国観峠の地蔵さん、奥に祖母山の山頂が見えます
f0212511_1534583.jpg
山頂近くの急登を登ります
f0212511_1535386.jpg
山頂から南側に見る天狗岩、障子岳、古祖母山の峰々
f0212511_1535947.jpg
山頂から北東に見る八丁越、大障子岩方面の峰
f0212511_15351685.jpg
傾山も良く見えます
f0212511_15352373.jpg
左回りに古祖母山から本谷山、笠松山、傾山へと続く縦走路がよく分かります
f0212511_15352996.jpg
遠くに見えるアケボノツツジ
f0212511_15353448.jpg
風穴コースを下ると沢山のアケボノツツジが目前に現れます
f0212511_15354887.jpg
f0212511_15355581.jpg
f0212511_1536153.jpg
風穴を過ぎ源流辺りに下ると素晴らしい光景に出会えます
  【山名・標高】 伊予富士 1756m 寒風山 1763m (愛媛県)
  【月日・時間】 2015年5月4日(月) 曇り 山行時間4:10(休憩除く3:50) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離10.0㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1166m 歩数14,544歩
  【車駐車位置】 寒風茶屋駐車場 マップコード:172152459*24

昨日は石鎚山に登り、夜は道の駅「小松オアシス」の駐車場に車中泊。
今日も昨日の雨が残り山は雲の中、観光に切り替えようか迷いながら伊予西条市辺りをウロウロ。
時間が経つにつれ回復の兆しとなり、午後から伊予富士に登る。
旧寒風山トンネル南口の寒風茶屋から登山開始。
桑瀬峠まで登り、あとは笹尾根を気分爽快とはいかないが気持ちよく縦走する。
伊予富士だけではちょっと物足りない気分、帰りに桑瀬峠から寒風山まで足を伸ばしピストンで下山。
ガスに覆われ眺望は観れませんでしたが、その場に立ちイメージすることで楽しみました。
四国の旅は本日で終わり。移動し大洲市の「臥龍の湯」で汗を流し明日の九州入りの為三崎港まで移動。
三崎港にある観光交流拠点施設「佐田岬はなはな」にて車中泊となる。

  13:30 寒風茶屋登山口(18℃)
f0212511_22301814.jpg  14:10 桑瀬峠
  14:40 分岐
  15:10 伊予富士(12℃)~15:30
  15:58 分岐
  16:14 桑瀬峠
  16:50 寒風山(11℃)
  17:17 桑瀬峠
  17:40 寒風茶屋登山口(14℃)

   旧寒風山トンネル南口にある
           寒風茶屋→

f0212511_22302635.jpg
駐車場横の案内板から登山開始
f0212511_22303334.jpg
桑瀬峠へ樹林帯を登っていきます
f0212511_22304093.jpg
新緑が綺麗
f0212511_22304665.jpg
ミツバツツジが咲いてます
f0212511_22305217.jpg
まだまだ新緑を眺めながら桑瀬峠へ登っていきます
f0212511_22305847.jpg
笹原の桑瀬峠に到着、ここから先ずは伊予富士に行きます
f0212511_2231421.jpg
下界は晴れてますがここは北西の風でガスが発生
f0212511_2231987.jpg
アケボノツツジがちょこちょこ咲いてます
f0212511_22311587.jpg
尾根を境に東南は日が射している所が有ります
f0212511_22312093.jpg
笹原の中にポツンとアケボノツツジが咲いてます
f0212511_2231269.jpg
伊予富士は見えませんが笹尾根を歩いて行きます
f0212511_22313465.jpg
最後の急坂を登り山頂に辿り着く、ガスに覆われ視界ゼロ残念です
f0212511_22314150.jpg
今度は桑瀬まで戻り寒風山に登ります途中晴れ間が見える
f0212511_2231489.jpg
寒風山近くは古木の道となります
f0212511_22315447.jpg
寒風山に着きましたが、ここも残念ながら視界ゼロです
f0212511_2232167.jpg
桑瀬峠に戻り下山、寒風茶屋駐車場から山並を眺める
f0212511_22354866.jpg
クリックで拡大します
  【山名・標高】 石鎚山 1974m (愛媛県)
  【月日・時間】 2015年5月3日(日) 曇り後雨 山行時間5:48(休憩除く4:49) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離10.8㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1172m 歩数15,910歩
  【車駐車位置】 下谷駅の駐車場 マップコード:822483125*74

昨日は剣山に登り美馬インター近くの道の駅「ことなみ」に車中泊した。
今日の天気は午後から雨模様、6時に起き軽く朝食をとり高速道路を走り石鎚山登山口へ急ぐ。
ロープウェイ駐車場に8時半着、登山準備してロープウェイ乗り場に8時55分到着、既に行列です。
30分程待っててロープウェイに乗車、成就駅に9時半到着、ここから登山開始となる。
20分弱登った所の石鎚神社成就社には一般の宿泊施設旅館が沢山ありビックです。
ここからは本格的の登山道を歩きます。
一旦八丁坂を下り、登り返して進みます。
試しの鎖、岩壁にある鎖が大きく意外と登れますが、へっぴり腰でへばりついている人も・・。
ここの岩峰で眺望を楽しんだのが最後となりあとは雨が降り出し眺望は次回の楽しみとなりました。
一の鎖、二の鎖と登り、三の鎖は見落として山頂に辿り着く。
山頂は雨にもかかわらず登山者が沢山、人混みのなか頂上山荘で一休み。
下山は雨が降っていることもあり鎖場は通らず巻道を利用し帰る。
石鎚神社成就社に着くころは雨も小康状態となり合羽を脱いで新緑を楽しみながら帰る。
ロープウェイに乗り下谷駅に15時35分到着、お店で讃岐うどん(細麺)を食べゆっくりする。
駐車場で濡れた服を着替え車中泊先は温泉施設のある道の駅「小松オアシス」に決定。
明日も雨模様、山行は微妙ですが取りあえず温泉(椿温泉こまつ)に入り生ビールを腹いっぱい?。
今日の石鎚山、後半雨でしたが鎖場も登れ良い一日でした。おやすみなさい。

  09:28 山頂成就駅(15℃)
f0212511_15151241.jpg  09:46 石鎚神社成就社
  10:00 八丁坂休憩所
  10:35 試しの鎖74m(下)
  10:50 岩 峰
  11:05 前社ヶ森休憩所(上)
  11:18 夜明峠
  11:30 一の鎖33m(下)
  11:35 一の鎖33m(上)
  11:40 土小屋分岐~11:45
  11:50 二の鎖65m(下)
  12:05 二の鎖65m(上)
  12:15 石鎚山(10℃)~12:50
  12:58 二の鎖65m(上)
  13:05 二の鎖65m(下)~13:15
  13:17 土小屋分岐
  13:22 一の鎖33m(上)
  13:24 一の鎖33m(下)
  13:33 夜明峠
  13:44 前社ヶ森休憩所(上)
  13:48 試しの鎖74m(下)
  14:22 八丁坂休憩所
  14:45 石鎚神社成就社~14:55
  15:17 山頂成就駅(16℃)
f0212511_191888.jpg
ロープウェイの入口ゲートをくぐり乗り場へ進みます
f0212511_19181515.jpg
ピストンでロープウェイは運転されてますが渋滞
f0212511_19182144.jpg
50人定員のゴンドラに乗り7分30秒の旅
f0212511_19183234.jpg
下谷駅から成就駅方面、455mから1300mまで標高が上がります
f0212511_19184258.jpg
ロープウェイで845mを一気に上がり成就駅から歩いて成就社へ向かう
f0212511_19184912.jpg
石鎚神社中宮成就社でお参りして出発
f0212511_19185446.jpg
鳥居をくぐります
f0212511_1919078.jpg
アケボノツツジが咲いてます
f0212511_1919557.jpg
丸太の階段を登る
f0212511_19192182.jpg
オオカメノキの花が咲いてます
f0212511_19193175.jpg
ここにもアケボノツツジが咲いてます
f0212511_19193973.jpg
第一難関、勿論試し鎖74mに挑戦します
f0212511_19194455.jpg
勾配が半端じゃありません、大きな鎖を頼りに登っていきます、途中で引返せません
f0212511_19195170.jpg
登りきった岩峰に祀ってあります
f0212511_1919562.jpg
先ほどの成就社が見えます
f0212511_192045.jpg
遠くは西条方面の瀬戸内海も見えます
f0212511_19201250.jpg
試し鎖を下った所には前社ヶ森小屋の休憩所が有ります
f0212511_19201949.jpg
高度が上がるにつれガスの中へ、小雨が降ってくる
f0212511_19202593.jpg
一の鎖33mを登ります
f0212511_19203366.jpg
二の鎖65mを登ります
f0212511_19203848.jpg
二の鎖、しっかりと鎖を握り登っていきます
f0212511_19204599.jpg
三の鎖68mの登り口を見落とし鉄製の迂回路階段を通る
f0212511_19205069.jpg
山頂に到着、雨が降っており風邪もあり寒い
f0212511_19205918.jpg
山頂には石鎚神社頂上社がある、一週間に交代で働かれているそうです
  【山名・標高】 赤川浦岳 1232m (宮崎県)
  【月日・時間】 2015年4月26日(日) 晴れ 山行時間1:58(休憩除く1:41) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離3.8㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)414m 歩数6,741歩
  【車駐車位置】 黒原越登山口 マップコード:685156441*52

車中泊で道の駅「高千穂」に泊まっていた。
今日は赤川浦岳の一座だけの予定なので7時過ぎの遅め起床。(ちょっと飲み過ぎかな?)
朝食をとり登山口へ向かう。五ヶ所小学校から曲がり黒原越への林道を少し迷うが無事到着。
登山口には既に6台の車が駐車しています。
アケボノツツジが沢山咲いていることを期待して出発。しかし・・・・。
小さなアップダウンを繰り返しながら尾根を歩くがアケボノツツジは既に終わっているようです。
終盤の花を数枚撮りながら、取りあえず山頂まで進み引返します。
引返している途中、岩の展望台には白いアケボノツツジがまだ咲いているとの情報が入る。
さっそく寄ってみました。満開は過ぎていますがまだまだ充分花びらが付いています。
ピンク色は終わってましたが白色のアケボノツツジに出会え赤川浦岳に来た甲斐がありました。
今年のアケボノツツジは一週間程度早く咲いているような気がします。
写真を撮った後下山。
一泊二日、四座の山登りを終え一般道を走り(高速代節約)一路福岡へ帰る。

  09:10 黒原越登山口(13℃)
  09:56 赤川浦岳~10:03
  10:30 岩の展望台~10:40
  11:08 黒原越登山口(18℃)
f0212511_0304719.jpg
黒原越登山口
f0212511_031558.jpg
f0212511_0311281.jpg
f0212511_0311856.jpg
f0212511_0312358.jpg
赤川浦岳の山頂まで来ました
f0212511_0312994.jpg
f0212511_0313635.jpg
ピンク色のアケボノツツジ、アップで撮ってみました
f0212511_0314316.jpg
白色を見つけました
f0212511_0315097.jpg
f0212511_032372.jpg
ピンク色と白色のアケボノツツジ
f0212511_0321037.jpg
f0212511_0322274.jpg
祖母山
f0212511_0323269.jpg
f0212511_0323946.jpg
f0212511_0324570.jpg
登山口から見る根子岳と阿蘇の噴火・・噴煙でした
f0212511_038194.jpg
クリックで拡大
  【山名・標高】 国見山 1088m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年4月25日(土) 晴れ 山行時間2:30(休憩除く2:26) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離6.8㎞(作業道4.3㎞含む) 累積標高(+)540m 歩数11,336歩
  【車駐車位置】 崩野峠登山口 マップコード:685182007*78

週末の土日を利用して、熊本県百名山の国見岳と筒ヶ岳、アケボノツツジが咲く赤川浦岳に登る。
自宅を6時出発、一般道を走り国見岳の登山口に9時半過ぎ到着。
登山の準備をして出発、GPSの地図にある登山道らしき線を頼りにヤブを掻き分け前へ進む。
おかしいな~と思ったが作業道に出たのでホッとしたが、これがまた間違いであった。
作業道を歩くが行き止まり、次の作業道も行き止まり、困り果てて手持ち地図とGPSを再度確認する。
ヤブ漕ぎしたところから間違っていたことが判明、その後登山道が作業道を横断する地点を発見する。
どうにか、登山道ルートにのれました。
これまで作業道4.3㎞を歩き1時間半のロス、迷わなかったら往復1時間強で登れた山だったのに。
取りあえず遭難せずにすんだので良しとしよう。(歩数も半分程度だと思います)
国見山登山でビックリ出来事発生、高千穂警察署から私の携帯に所在の確認のため電話がありました。
登山道を間違えウロウロして焦っていいたころだったのでちょっと不思議・不気味?でした。
地元の方が私の車を見て、遭難者か自殺者などの放置車と勘違いされ警察署へ届けられたようです。
警察署に連絡をされた方、無事なのでご安心を!!。

  10:00 崩野峠登山口(15℃)
f0212511_2343307.jpg   ~作業道を行ったり来たり~
  11:30 取付点
  11:56 国見山(20℃)~12:00
  12:22 取付点
  12:30 崩野峠登山口(19℃)

    国道325号線には
    高千穂町がお出迎え→
f0212511_23434097.jpg
登山道を間違いこの先へ行ってしまう
f0212511_2343444.jpg
迷いながら作業道を歩き時には景色に癒されます
f0212511_2344037.jpg
登山口から上がってきた作業道出合の場所を発見
f0212511_2344796.jpg
作業道を横断した直近に尾根へ登っていく道を発見
f0212511_23442081.jpg
国見山の山頂近くに一本のアケボノツツジを見つけました
f0212511_23442423.jpg
ちょっと寂しいが、これが今年見納めのアケボノツツジになるかも?
f0212511_2344334.jpg
林の合間から見る祖母山系方面の眺望
f0212511_23444897.jpg
クリックして拡大(黒色は作業道をウロウロした軌跡です)
計 画
 新・分県登山ガイドの「大分県の山」 59座完踏に向け6座が残っている。
 GW後半の休みを利用して、完登に向け5/3~4、一泊二日の登山計画を立てる。
 初日はアケボノツツジが残っていると思われる本谷山と笠松山に登り、翌日は難易度の軽い4座を登る。
  (3日は本谷山笠松山、4日は小表山鷹巣岳それに宇曽山障子岳へ登る計画)

初 日(午前)
 2013年5月3日(土) 晴れ 登山者 単独  万歩計 24,541歩
 山行時間07:00~13:32(登山時間6:32 歩行時間6:10) 沿面距離15.5㎞(林道0㎞含む)
  (本谷山1642m、笠松山1522m) 累積標高(+)1394m
 【車駐車位置】尾平越トンネル大分県側駐車場 マップコード:498781884*41

 自宅を3時に出発、湯布院インターをおり尾平トンネル(大分県側)に6時30分到着。
 準備をして7時に出発するも早速登り道を間違え急斜面を尾平越まで迄登る。(ロープを見過ごした)
 縦走路を本谷山に向け歩く。水場辺りにはアケボノツツジやミツバツツジが眩しく咲いてます。
 縦走路から見る祖母山や、高千穂方面の山々が雄大で素晴らしいです。
 本谷山を過ぎ、笠松山へ到着。 笠松山のアケボノツツジは既に散ってます。
 笠松山の最高点まで歩き、目前に迫る傾山の勇壮な景色を写真に撮り引返す。
 往路を帰り、再度花を楽しみながら尾平越えに到着。大分県側のトンネル口へ無事下山する。
 宮崎県側の尾平トンネル登山口が気になっていたので、車で行ってみました。
 広い駐車場が有り、トンネル両サイドには祖母方面と本谷山方面へ登る道が整備されている。
 登山口はこちらが適しているようです、次回からはここから登ろう。
 まだ暗くなるまで時間が有るので、明日登山予定の小表山と鷹巣岳に向かう。
  0:00 尾平トンネル登山口(12℃)
f0212511_22451639.jpg  0:42 尾平越
  1:03 本谷山登山口分岐
  2:15 三国岩
  2:25 本谷山(14℃)~2:35
  3:18 笠松山(16℃)~3:30
  3:40 笠松山最高点
  3:50 笠松山
  4:35 本谷山
  4:45 三国岩
  5:50 本谷山登山口分岐
  6:05 尾平越
  6:32 尾平トンネル登山口(15℃)
f0212511_22462286.jpg
     尾平登山口から見る壮観な祖母山と障子岩尾根の稜線
f0212511_2246324.jpg
f0212511_2247678.jpg
     ミツバツツジと高千穂方面の山々
f0212511_22472398.jpg
f0212511_22473411.jpg
     ツクシシャクナゲが綺麗に咲いてます
f0212511_2247457.jpg
f0212511_2247568.jpg
f0212511_22481083.jpg
     アケボノツツジも沢山咲いてます
f0212511_7234961.jpg
f0212511_22482223.jpg
     笠松山から見る雄大な傾山
f0212511_23224029.jpg
  
    ◎次の登山口へ車移動(2時間28分)

初 日(午後)
 2013年5月3日(土) 晴れ 登山者 単独  万歩計 5,122歩
 山行時間16:00~17:18(登山時間1:18 歩行時間1:11) 沿面距離2.8㎞(林道0.2㎞含む)
  (鷹巣岳720m、小表山711.7m) 累積標高(+)332m
 【車駐車位置】道路横空地 マップコード:733130705*01

 登山口まで移動するのにだいぶ時間がかかりましたが、車を広場に留め16時から登る。
 鷹巣山の最後の登りは岩場が有り、鎖や足場を使って登るのでちょっと緊張します。
 引返して今度は小表山の山頂へ。別名赤松峰とも有るように山頂には赤松がそびえ立ってます。
 登山口から鞍部までは新緑を楽しみ、山頂辺りはちょっとした岩場歩きの山でした。
 竹田市の竹田温泉花水月でゆっくり温泉につかり、その後「道の駅あさじ」で車泊する。
f0212511_0184957.jpg  0:00 広場P(16℃)
  0:18 三差路分岐
  0:28 鷹巣山
  0:41 三差路分岐
  0:53 小表山(赤松峰)
       (17℃)~1:00
  1:04 三差路分岐
  1:18 広場P(17℃)

   新緑が眩しい→
f0212511_021713.jpg
f0212511_0211779.jpg
     鷹巣山の山頂
f0212511_02126100.jpg
f0212511_0213967.jpg
     小表山の山頂は青空に向かって赤松がそびえてます
f0212511_0214947.jpg
f0212511_0263444.jpg