タグ:くじゅう17サミッツ ( 3 ) タグの人気記事

【山名・標高】 くじゅう17サミッツの9座(①~⑨)プラス4座(▲)=13座 (大分県)[九重連山]
【月日・時間】 2018年10月8日(月) 晴れ 山行時間10:18(休憩除く9:20) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離22.5㎞(作業道および車道3.0㎞含む) 累積標高(+)2,265m 歩数38,553歩
【車駐車位置】 牧ノ戸登山口 マップコード:440640128*58

牧ノ戸峠に5時到着、駐車場には朝駆けでしょうか既に沢山の車が止まっています。
支度して5時半出発、ヘッドライトを付け暗い登山道を歩きます。
扇ヶ鼻分岐の手前から明るくなり、西千里ヶ浜を通らず星生山へ直接登っていきます。
登山道の濡れた草で全身びしょ濡れ、露がズポンの上から靴の中まで染み込んでくる。
先ずは第一座、星生山に登る。
九重連山を久住山、天狗ヶ城、中岳、稲星、白口岳へと踏んでいく。
途中、靴の中に溜まった水を絞り、じゅくじゅく足で三時間半かかり白口岳に到着。
白口岳からの急坂を下り鉾立峠へ、まだまだ先は長い。
立中山からは不明瞭な道を進み、坊ガヅル~大船山登山道の中腹に合流、段原へ登る。
一旦北大船山に登りおにぎりを食べ元気を付ける。
その間、靴を脱ぎ、濡れた靴と靴下を岩の上に干すが、濡れた状態は変わらず。
北大船山で出会ったトレラン若者二人とゴールまで抜きつ抜かれつご一緒する
大船山の御池は少し色づいています。
最後の一座は三俣山、まだ急登が残っており気が抜けません。
気合を入れ登りますが、トレラン二人にあっという間に抜かれます。
何度か小休止を挟み1時間10分かかり三俣山南峰に到着。
本峰へ進み、色づいた大渦、小渦を見て疲れた身体を癒す。
道に迷っていたトレラン二人を抜き西峰、諏蛾守越へと下っていく。
諏蛾守越からは少し小走りで下山、トレランに抜かれることなく大曲登山口に到着。
まだまだ出発地点の牧ノ戸峠まで車道2㎞が有ります。
最後の最後、牧ノ戸手前300m辺りでトレランに抜かれてしまいました。
と云う事で、後半はトレランのおかげでタイムを少し縮めることができました。
しかし、目標としていた10時間を切ることはできませんでした。

 05:30 牧ノ戸峠(13℃)
 05:52 ▲沓掛山1503m
 06:18 扇ヶ鼻分岐
 06:37 ①星生山1762m~06:41
 07:07 久住分れ
 07:26 ②久住山1786.5m~07:30
 07:51 ③天狗ヶ城1780m~07:55
 08:06 ④中 岳1791m(13℃)~08:15
 08:25 白口谷分岐
 08:36 ⑤稲星山1774m
 08:48 稲星越
 09:02 ⑥白口岳1720m
 09:40 鉾立峠
 09:57 ▲立中山1468m(18℃)
 10:35 坊ガヅル大船山登山口合流
 11:05 段 原
 11:09 ⑦北大船山1706m(19℃)~11:37
 11:40 段 原
 11:55 ⑧大船山1786.2m~12:05
 12:15 段 原
 12:31 立中山分岐
 12:50 坊ガヅル大船山登山口
 12:56 坊ガヅル三俣山登山口
 14:03 ▲三俣山(南岳)1743m(20℃)
 14:20 ⑨三俣山(本峰)1744.7m~14:23
 14:38 ▲三俣山(西峰)1678m
 14:53 諏蛾守越
 15:04 作業道出合
 15:13 大曲登山口分岐
 15:24 大曲登山口
 15:48 牧ノ戸峠(18℃)
f0212511_22364659.jpg
牧ノ戸から反時計回りにスタート
f0212511_22365777.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP

f0212511_22370677.jpg
間もなく日の出
f0212511_22371953.jpg
星生山から朝日を浴びる三俣山を観る
f0212511_22372792.jpg
星生山
f0212511_22373486.jpg
阿蘇の五岳
f0212511_22374191.jpg
久住山に来ました
f0212511_22374745.jpg
根子岳をアップ
f0212511_22375541.jpg
阿蘇の中岳方面
f0212511_22380280.jpg
こちらは雲海に浮かぶ由布岳
f0212511_22380964.jpg
f0212511_22381767.jpg
御池と久住山
f0212511_22383074.jpg
坊ガヅル
f0212511_22384003.jpg

f0212511_22384894.jpg
f0212511_22385789.jpg
坊ガヅルと三俣山
f0212511_22390637.jpg
北大船山から見る大船山
f0212511_22391545.jpg
大船山の御池紅葉
f0212511_22392309.jpg
岩の辺りは綺麗です
f0212511_22393932.jpg
f0212511_22394958.jpg
f0212511_22395784.jpg
九重連山

f0212511_22400544.jpg
大船山から北大船山方面
f0212511_22401575.jpg
坊ガヅルから見た三俣山の南峰、急登を登ります
f0212511_22402501.jpg
南峰へ上がってきました
f0212511_22403484.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22404300.jpg
f0212511_22405413.jpg
f0212511_22410290.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22410987.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22411909.jpg
諏蛾守越に下ってきました
f0212511_22412934.jpg
諏蛾守越から見上げる三俣山の西峰


【山名・標高】 くじゅう17サミッツの9座(①~⑨)プラス6座(▲)=15座 (大分県)[九重連山]
【月日・時間】 2017年6月17日(土) 晴れ後曇り 山行時間12:00(休憩除く11:24) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離26.7㎞(作業道及び車道3.0㎞含む 累積標高(+)2,610m 歩数42,016歩
【車駐車位置】 牧ノ戸登山口 マップコード:440640128*58

二年前の8月にチャレンジした「くじゅう17(いちなな)サミッツ」を再び歩いてきました。
今回は、ミヤマキリシマの季節と云うこともあり、扇ヶ鼻と平治岳も加えて縦走します。
牧ノ戸峠を5時に出発、朝日に輝く扇ヶ鼻のミヤマキリシマ、満開は過ぎていますが充分です。
星生山から久住山、そして天狗ヶ城、中岳、稲星山へとミヤマキリシマを満喫しながら進みます。
段原辺りからガスが掛かかり始め、大船山の山頂ではガスの合間から眺望を楽しみます。
北大船山から大戸越へ下り平治岳へ登ります。
平治岳のミヤマキリシマは満開をだいぶ過ぎているようですが登山者で賑わっています。
平治岳をから坊ガヅルへ下り、三俣山への長い急登を登ります、足が重たい。
頑張って三俣山(南岳)へ登りましたがガスが掛かっています。
再びガスの合間に見えるミヤマキリシマを見ながら本峰、西峰と周り諏蛾守越に下る。
あとはガレバを下り大曲登山口経由、出発地点の牧ノ戸峠に帰り着く。
扇ヶ鼻と平治岳を加えたく「じゅう17サミッツ」、欲張りミヤマキリシマ鑑賞登山となりました。

 05:00 牧ノ戸峠(13℃)
 05:19 ▲沓掛山1503m
 05:45 扇ヶ鼻分岐・・・扇ヶ鼻へ立ち寄ります
 06:00 ▲扇ヶ鼻(12℃)1698m
 06:13 扇ヶ鼻分岐
 06:37 ①星生山1762m
 07:02 久住分れ
 07:21 ②久住山1786.5m(16℃)~07:25
 07:51 ③天狗ヶ城1780m
 08:03 ④中 岳1791m(18℃)
 08:14 白口谷分岐
 08:25 ⑤稲星山1774m(18℃)~08:30
 08:39 稲星越
 08:50 ⑥白口岳1720m
 09:25 鉾立峠
 09:38 ▲立中山1468m
 10:24 合 流・・・坊ガヅルからの道と合流します
 10:54 段 原・・・雲が掛かっています
 11:10 ⑦大船山1786.2m~11:30
 11:44 段 原
 11:48 ⑧北大船山1706m(18℃)・・・欲張りで平治岳へ
 12:24 大戸越・・・・・沢山の登山者が休憩しています
 12:52 ▲平治岳(18℃)1643m・・・終盤のキリシマ
 13:15 大戸越
 13:45 坊ガヅル平治岳登山口・・・坊ガヅルにはテントが沢山咲いています
 13:54 坊ガヅル三俣山登山口・・・これから最後の登り、しかも急登です
 15:03 ▲三俣山(南岳)1743m(17℃)~15:10・・・山頂まで1時間10分程かかりました
 15:24 ⑨三俣山(本峰)1744.7m
 15:41 ▲三俣山(西峰)1678m・・・これから下るだけで体力は要りませんが膝にきそうです
 15:59 諏蛾守越・・・・・・鐘の所が立入禁止となっており鐘は突けません
 16:12 作業道出合・・・・・作業道は大きな岩がゴロゴロと転がっています
 16:24 大曲登山口分岐
 16:34 大曲登山口・・・・・嫌いな車道を2㎞強歩きゴールへ
 17:00 牧ノ戸峠(20℃)・・・よく歩きました、暫らく休憩して帰る
f0212511_23215821.jpg
日の出前の三俣山
f0212511_23220816.jpg
(詳細はYAMAP
f0212511_23222383.jpg
扇ヶ鼻へ向かいます
f0212511_23223577.jpg
f0212511_23224222.jpg
星生山から見る扇ヶ鼻全容
f0212511_23225094.jpg
星生山の南斜面に咲くミヤマキリシマ
f0212511_23225784.jpg
青空にそびえる星生山をふ振返る
f0212511_23230660.jpg
星生崎から見る久住山の山頂と北斜面
f0212511_23231955.jpg
久住山の山頂、左奥に扇ヶ鼻
f0212511_23232879.jpg
久住山から下る途中に見る北斜面
f0212511_23233618.jpg
天狗ヶ城から見る御池と右の久住山
f0212511_23234500.jpg
中岳からピンク色に染まる三俣山が見えます
f0212511_23235583.jpg
天狗ヶ城から中岳へ登ってきた尾根を振返ります
f0212511_23240618.jpg
f0212511_23241946.jpg
鉾立峠へ下ってきました
f0212511_23242751.jpg
立中山から段原へ向かう登山道
f0212511_23243892.jpg
立中山から段原へ向かう登山道

f0212511_23244601.jpg
段原から大船山へ向かう途中、ガスの切れ間に北大船山の西斜面を見る
f0212511_23245794.jpg
大船山の南下に咲くミヤマキリシマ
f0212511_23250955.jpg
大戸越え近くに咲くオオヤマレンゲ
f0212511_23251926.jpg
大戸越え近くに咲くオオヤマレンゲ
f0212511_23252753.jpg
大戸越えから見る平治岳
f0212511_23253636.jpg
平治岳の南峰から見る平治岳の南斜面

f0212511_23254400.jpg
少し枯れ始めていますがミヤマキリシマのピンク色絨毯
f0212511_23255338.jpg
平治岳の山頂から三俣山方面を見る
f0212511_23260821.jpg
三俣山(南峰)への急登を登る途中、坊ガヅルのテントを眺める
f0212511_23261938.jpg
三俣山(南峰)に登ってきました、山頂はガスに覆われています
f0212511_23262798.jpg
ガスの切れ間に見るミヤマキリシマ
f0212511_23263680.jpg
三俣山(西峰)からみる三俣山のミヤマキリシマ

  【山名・標高】 くじゅう17サミッツの9座(①~⑨)プラス4座(▲)=13座 (大分県)[九重連山]
  【月日・時間】 2015年8月15日(土) 晴れ後曇り 山行時間11:21(休憩除く10:08) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離22.8㎞(作業道および車道3.0㎞含む) 累積標高(+)2260m 歩数40,522歩
  【車駐車位置】 牧ノ戸登山口 マップコード:440640128*58

今回は、西日本新聞社が発行する季刊誌「のぼろ」2013夏号に掲載されていた特集【くじゅうLOVE】に、九州本土には1,700m超の山が14座あり、うちくじゅうには9座ある。このすべてを踏破することを『くじゅう17(いちなな)サミッツ』と呼び、達成者は『くじゅう17サミッター』となると記事があり、一日で歩いてきました。

牧ノ戸峠に4時到着、駐車場には朝駆けでしょうか既に沢山の車が止まっています。
支度して4時半出発、久しぶりにヘッドライトを付け暗い登山道を歩きます。
扇ヶ鼻分岐の手前から明るくなり、西千里ヶ浜を通らず星生山へ直接登っていきます。
登山道の濡れた草で全身びしょ濡れ、露がスパッツの内側を伝わり靴の中まで染み込んでくる。
星生山、日の出に間に合い私も先客と一緒に山頂から朝焼けを撮ります。しかし上手くとれません。
朝日に輝く九重連山を久住山、天狗ヶ城、中岳、稲星山へと進む。
三時間かかり稲星山に到着、軽食を取り再び白口山を経て鉾立峠、立中山へ歩く。
立中山から大船山ルートは初めて歩きます。
雑草に覆われ不明瞭な道を進みどうにか鉢窪にたどり着く、ここからも分かりづらい道を進む。
とうとう登山靴の中は水が溜まり足が遊んでいます、急斜面の所で溜まった水を出し靴下を絞って履く。
分かりづらい尾根道登り大船山に無事着いたときにはホッとしました。
山頂では残り二座に向け再び靴を脱ぎ濡れた靴と靴下を少しでも乾かし体制を整えます。
40分程休憩して出発、一旦北大船山に登り段原から坊ガヅルへ下る。
最後の一座は三俣山、急登が残っています。登れるかな~とちょっと弱気。
気合を入れ何度か小休止を挟み1時間20分かかり三俣山南峰に到着です。
ここまで来たら終った気分ですが、まだまだ出発地点の牧ノ戸峠まで車道2㎞含め5.6㎞もあります。
最後となった三俣山本峰に着き17サミッツの九座を踏破しました~。
あとは西峰を経て諏蛾守越に下り、弱った足腰がゴロゴロ石に足を取られないように下る。
大曲登山口から牧ノ戸峠まで車道を登り歩き、ゴールです。
疲れました~~~~

  04:30 牧ノ戸峠(14℃)
  04:46 ▲沓掛山1503m
  05:12 扇ヶ鼻分岐
  05:34 ①星生山1762m(12℃)~05:50
  06:13 久住分れ
  06:33 ②久住山1786.5m(14℃)
  06:57 ③天狗ヶ城1780m(13℃)
  07:08 ④中 岳1791m(13℃)
  07:21 白口谷分岐
  07:32 ⑤稲星山1774m(15℃)~07:40
  07:52 稲星越
  08:07 ⑥白口岳1720m
  08:43 鉾立峠
  08:57 ▲立中山1468m~09:00
  09:12 段原経由大船山ルート分岐
  09:25 鉢 窪
  10:26 くたみ分れ(南西尾根ルート分岐)
  10:36 鉢窪ガレ場ルート分岐
  10:41 ⑦大船山1786.2m~11:20
  11:33 段 原
  11:37 ⑧北大船山1706m(17℃)
  11:41 段 原
  12:02 立中山分岐
  12:26 坊ガヅル大船山登山口
  12:36 坊ガヅル三俣山登山口
  13:56 ▲三俣山(南岳)1743m(21℃)
  14:08 ⑨三俣山(本峰)1744.7m~14:15
  14:30 ▲三俣山(西峰)1678m
  14:47 諏蛾守越
  15:00 作業道出合
  15:12 大曲登山口分岐
  15:25 大曲登山口
  15:51 牧ノ戸峠(23℃)
f0212511_22274822.jpg
くじゅう17サミッツ軌跡は赤色(クリックで拡大)
f0212511_22275670.jpg
f0212511_21142171.jpg
星生山から北大船山に昇る朝日を観る
f0212511_21143992.jpg
久住山や天狗ヶ城には薄い雲が漂っています
f0212511_21144682.jpg
一座目の星生山
f0212511_2114534.jpg
朝日に照らされる星生崎と斜面
f0212511_2114594.jpg
二座目の久住山
f0212511_2115573.jpg
久住山から久住分れ・星生崎・星生山を観る
f0212511_21151656.jpg
天狗ヶ城から久住山を観る
f0212511_21152419.jpg
三座目の天狗ヶ城
f0212511_21153089.jpg
四座目の中岳
f0212511_21153827.jpg
中岳から御池と久住山を観る
f0212511_21154619.jpg
五座目の稲星山
f0212511_21155444.jpg
稲星山から中岳と天狗ヶ城を観る
f0212511_2116728.jpg
花火みたいな花をちょっと撮ってみました
f0212511_21161522.jpg
六座目の白口岳
f0212511_21162265.jpg
白口岳から三俣山や坊ガツルを観る
f0212511_21163183.jpg
鉾峠から振返り白口岳を観る
f0212511_21163914.jpg
立中山から先の分かりにくい登山道
f0212511_21165082.jpg
分かりずらい鉢窪の登山道、草でびしょ濡れ登山靴の中は水だらけ
f0212511_21165889.jpg
テープを頼りに急登を登っていきます
f0212511_2117680.jpg
大船山近くの分岐点
f0212511_21171390.jpg
七座目の大船山
f0212511_21171934.jpg
北大船山が見えてます
f0212511_21172838.jpg
大船山から観る三俣山と坊ガツル
f0212511_21173599.jpg
大船山の御池
f0212511_21174298.jpg
八座目の北大船山
f0212511_21175081.jpg
段原から長い下りをおります
f0212511_2118040.jpg
段原から長い下りをおります
f0212511_2118736.jpg
坊ガツルで休憩する登山者たち
f0212511_21181612.jpg
目前に見える三俣山の直登を登ります
f0212511_21182573.jpg
急登の途中から振返り、坊ガツルと先ほど登った大船山を観る
f0212511_21183331.jpg
九座目の三俣山本峰
f0212511_21183917.jpg
三俣山の下りからスガモリ越と本日最初に登った星生山を観る