<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

  【山名・標高】 猿葉山 364m かま(竈)岳 392m 釜岳 240m (長崎)
  【月日・時間】 2014年6月29日(日) 晴れ 山行時間2:11(休憩除く2:01) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離6.0㎞(車道2.0㎞含む) 累積標高(+)461 歩数10,634歩
  【車駐車位置】 猿葉稲荷神社駐車場 マップコード:173640432*12

  午後から長崎県の分県登山ガイドに載っている島原半島の山で唯一残っていた猿葉山に登る。
  スタート地点の猿葉神社の駐車場には、鳥居の柱が制作中のようで沢山転がっている。
  猿葉神社へ行く途中、カタツムリの案内標識に誘われ林田碑に行きあたり引返した。
  整備された参道から、いきなり猿葉神社の裏から急斜面を登る。
  三差路へ出た所が猿葉山のようだが、山頂らしき目印は一つもない。
  境界票のコンクリート杭に赤いテープ巻いてある。どうもこれが猿葉山目印のようである。
  林間ハイキングコースを進み三角点、かま岳、かま峠、かまの里へと尾根を歩く。
  かまの里から車道を下り釜岳に到着する。
  釜岳は少年自然の家があり、千々石の橘湾や陸地を越えた有明海や多良岳が見渡せる。
  千々石展望台も見え千々石断層がはっきりとわかります。
  帰りは近道となる林間ハイキングコースを登りかまの里へ着き、あとは往路を帰る。

  14:00 猿葉稲荷神社P(23℃)
f0212511_1281419.jpg  14:06 林田哲郎碑
  14:20 猿葉稲荷神社
  14:28 猿葉山
  14:39 初級・中級標識
  14:46 三角点(かま岳)
  14:48 かま岳標識
  14:53 かまの里
  15:10 釜 岳~15:20
  15:25 林間ハイキングコース入口
  15:35 かまの里
  15:40 かま岳標識
  15:41 三角点(かま岳)
  15:45 初級・中級標識
  15:54 猿葉山
  16:00 猿葉稲荷神社
  16:11 猿葉稲荷神社P(23℃)
f0212511_1291326.jpg
猿葉稲荷神社の参道入口
f0212511_1283153.jpg
道を間違え林田哲郎碑に行きあたる
f0212511_1292847.jpg
再度参道の朱塗り鳥居を幾つもくぐる
f0212511_1284541.jpg
猿葉稲荷神社
f0212511_1294464.jpg
猿葉山の標識 コンクリート杭の赤テープが目印?
f0212511_129030.jpg
林間ハイキングコースの分岐点
f0212511_1295871.jpg
三角点はあるが かま岳の山頂標識は無い
f0212511_1291570.jpg
三角点から少し進んだ所に山頂標識がある
f0212511_12101151.jpg
かま峠から北側に見る千々石
f0212511_129292.jpg
かま峠から南側に見る木津漁港
f0212511_12102595.jpg
釜岳山頂(少年自然の家)から見る千々石
f0212511_1294459.jpg
釜岳山頂(少年自然の家)から見る千々石断層(中央)と橘湾(下)と有明海(上)
f0212511_1391327.jpg

  【山名・標高】 矢岳 971m 高岩山 881m 絹笠山 879m (長崎県)
  【月日・時間】 2014年6月29日(日) 曇り後晴れ 山行時間4:46(休憩除く3:58) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離13.6㎞(車道6.0㎞含む) 累積標高(+)854m 歩数22,693歩
  【車駐車位置】 矢岳登山駐車場 マップコード:173587080

  昨夜は小鳥のさえずりを聞きながら池ノ原園地(矢岳駐車場)で車中泊。
  朝はまた小鳥のさえずりにより爽やかに目覚める。朝食をとりボチボチと矢岳へ出発。
  矢岳からの展望はスッキリしない天気と朝霧によりあまり良くない。
  山頂から宝原つつじ公園まで下り、今度は高岩神社の参道の鳥居を幾つもくぐり高岩山に到着。
  林道高岩線へ下り、その後林道と車道を暫く歩き小地獄温泉を横に見て国道57号線へ出る。
  十字路のデイリーショップ森から細い路地に入り絹笠岳を目指す。
  山頂からは温泉街の統一された赤褐色の屋根が見えます。
  その周辺には地獄地帯を取り囲むようなすり鉢状の地形となっています。
  先程登ってきた矢岳や高岩山の稜線、平成新山や妙見岳、国見岳等の山々が見えます。
  帰りは温泉街へ下り、県道を歩いて駐車場に辿り着く。

  08:20 矢岳駐車場(20℃)
f0212511_23525697.jpg  08:50 矢 岳
  09:20 矢岳登山口(宝原側)
  09:28 宝原園地P
  09:55 高岩山(21℃)~10:15
  10:35 高岩林道出合
  10:59 県道合流
  11:16 小地獄温泉館前
  11:25 国道57号線出合
  11:36 絹笠山登山口
  11:57 絹笠山(24℃)~12:25
  12:45 絹笠山登山口
  12:50 国道57号線出合
  13:06 矢岳駐車場(23℃)

    絹笠岳からの温泉街 →
f0212511_6513263.jpg
池ノ原の矢岳駐車場から見る矢岳
f0212511_6514074.jpg
矢岳に中腹から見るゴルフ場と普賢岳
f0212511_6514746.jpg
4~5月にかけてミヤマキリシマが咲き誇る群生地の宝原園地
f0212511_6515574.jpg
木の鳥居が立ち並ぶ高岩神社への参道
f0212511_652253.jpg
高岩山頂奥に有る高岩神社
f0212511_6521087.jpg
高岩神社から見る南島原方面の山々
f0212511_6521744.jpg
木が生茂る絹笠岳への登山道
f0212511_6522669.jpg
キャンプ場の「白雲の池」に映る絹笠岳
f0212511_6523476.jpg
針葉樹と広葉樹に囲まれた登山道
f0212511_6524350.jpg
絹笠岳から見るヤマボウシと雲仙温泉街
f0212511_6525140.jpg
絹笠岳から原生沼(温泉街)へ下る道
f0212511_653034.jpg
        クリックで拡大

 
  【山名・標高】 九千部岳 1062m (長崎県)
  【月日・時間】 2014年6月28日(土) 曇り 山行時間3:30(休憩除く3:03) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離8.4㎞(車道2.5㎞含む) 累積標高(+)640m 歩数14,363歩
  【車駐車位置】 田代原キャンプ場駐車場 マップコード:173706841*38

  先程、時間つぶしに吾妻岳と鉢巻山に登り4時間が経ち少し晴れ間が出てきた。
  今回の目的である九千部岳山頂からのヤマボウシ鑑賞に胸ふくらませ登り始める。
  田代原より左回りに登り山頂に着くが残念ながらガスに覆われヤマボウシは見えません。
  西側斜面から次々と舞い上がってくるガス、しかし北側と東側はガスの切れ間が出来る。
  山頂から少し進んだ所の展望岩に登り、暫く北東の山肌を眺める。
  雲仙普賢岳はガスに覆われていますが、ついに山肌に広がるヤマボウシが見えてきました。
  二年ぶりのヤマボウシ、時間調整して登った甲斐ありました、圧巻で良いですね。
  充分満喫した後は牧場方面へ下ります。
  牧場ゲートの所にある標識に鳥甲山とあり、登ってみたくなり右側へ行ってみる。
  道路に出ると大きな鳥居(赤岩・音姫観世音)があり、くぐって先へ進めば登れると思い進む。
  次に赤岩神社と音姫観音の二つの鳥居を見て奥へ歩くが山頂から段々遠ざかっていく。
  赤岩観世音まで進み登山道ではない事にやっと気づき車道まで戻る。
  車道に出たものの諦めきれず、県道131号線をちょっと下るがやはり分からず。
  出発地点の田代原へ帰ります。
  今日は午前と午後、よく歩きました。小地獄温泉でゆっくり身体を休め、池の原で車中泊。
  ※鳥甲山登山口を後で調べたところ、県道131号線を下り林道へ入り込んだ所でした。

  12:30 田代原キャンプ場(22℃)
f0212511_6541078.jpg  12:52 山頂まで1.0㎞標識
  13:09 山頂まで0.5㎞標識
  13:30 九千部岳
  13:33 展望岩(24℃)~14:00
  14:18 吹越越分岐
  14:48 牧場ゲート
  14:58 赤岩・音姫観世音の鳥居
  15:17 赤岩神社
  15:34 赤岩・音姫観世音の鳥居
  15:40 引き返し地点
  16:00 田代原キャンプ場(21℃)

f0212511_6542180.jpg
ガスの合間から現れる始めるヤマボウシ
f0212511_6542790.jpg
牧場方面も開けてきました
f0212511_654373.jpg
山一面を覆うヤマボウシが
f0212511_6544141.jpg
此方のヤマボウシも綺麗です
f0212511_6545119.jpg
一本の木をアップ
f0212511_6545518.jpg
山頂辺りにはシモツケが沢山咲いてます
f0212511_655570.jpg
ピンク色のヤマボウシも綺麗です
f0212511_6551168.jpg
ヤマアジサイもいいですね
f0212511_6552099.jpg
苔むしたゴロゴロ石の上を滑らないよう歩く
f0212511_6552831.jpg
牧場横の遊歩道を鳥甲山向けて歩く
f0212511_655387.jpg
交差点に有る鳥居 前方が鳥甲山です
f0212511_6554344.jpg
奥に有る二つの鳥居(赤岩神社、音姫観音)
f0212511_6555567.jpg
山道つきあたりに有る赤岩神社
f0212511_656117.jpg
帰り道に見る普賢岳方面
f0212511_6561376.jpg
ヤマボウシではない黄色い物をキャンプ場上部に発見 これは何の木ですかね~
f0212511_656196.jpg
     クリックで拡大
  【山名・標高】 吾妻岳 869.8m 鉢巻山 638m (長崎県)
  【月日・時間】 2014年6月28日(土) 雨 山行時間3:14(休憩除く3:06) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離7.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)693m 歩数13,308歩
  【車駐車位置】 田代原キャンプ場駐車場 マップコード:173706841*38

  今回の目的は九千部岳のヤマボウシ。今日の雨は午前中まで残り午後は上がる予報。
  自宅を5時に出て8時に田代原へ着いたが吾妻岳や九千部岳は雲の中。
  とりあえず、午前中は下の雨合羽ズボンを着て傘をさし吾妻岳に登ってみる。
  登山開始から30分で山頂に着くが、まだまだ雨が止む気配なし。
  もう少し時間をつぶすため吾妻観音を経て初めての鉢巻山へ行ってみる。
  登山道は低木の木々に覆われ足元は斜面を歩くことが多いが赤テープを辿れば迷わない。
  鉢巻山分岐からの急登を進み山頂に着く。残念ながらガスで展望はない。
  山頂から引き返し分岐点より九州自然歩道へ下る。
  その後は九州自然歩道を3㎞近く歩いて12時前に田代原に帰りつく。
  雨合羽は泥だらけ。ちょっと着替え駐車場で食事をしながら天気の回復を願う。
  山頂辺りは薄いガスが掛っているが12時30分に九千部岳に登り始める。 次へ・・
f0212511_2142969.jpg  08:30 田代原キャンプ場(18℃)
  09:00 吾妻岳
  09:10 吾妻観菩薩
  09:33 三差路分岐
  09:50 鉢巻山分岐
  10:04 尾 根
  10:12 鉢巻山(20℃)~10:20
  10:29 尾 根
  10:39 鉢巻山分岐
  10:54 九州自然歩道出合
  11:44 田代原キャンプ場(21℃)


f0212511_2144066.jpg
吾妻岳への赤い梯子が雨の中ひと際目立ってます
f0212511_2144634.jpg
吾妻観菩薩近くに咲くヤマボウシ
f0212511_214558.jpg
岩場にひっそりとある吾妻観菩薩
f0212511_215154.jpg
鉢巻山への登山道
f0212511_215937.jpg
鉢巻山の山頂
f0212511_2151676.jpg
五重に渦巻く木
f0212511_2152462.jpg
荒れ気味の九州自然歩道
f0212511_2153199.jpg
九州自然歩道から見る川沿いに咲くヤマボウシ
f0212511_2153973.jpg
クリックで拡大
  【山名・標高】 新立山 326m 権現山 326m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年6月22日(日) 小雨 山行時間1:35(休憩除く1:23) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離5.0㎞(林道3.0㎞含む) 累積標高(+)278m 歩数7,741歩
  【車駐車位置】 新立山登山口 マップコード:68434458*41

  雨が上がってきたので先ほどの城山登山に続き、近くの新立山と戸田山に登る。
  この山も城山と同じく市民のハイキングコースのようである。
  登山道はよく整備されており、山頂手前には広場がある。
  山頂は新立山と権現山の二つの名称を持ち360度の大パノラマである。
  宗像市と宮若市の境に位置し、宗像市では新立山、宮若市では権現山と呼ばれているようです。
  下山は林道と車道を歩き、一旦正助ふるさと村まで下る。
  車を止めている登山口標識まで歩き到着となる。まだ歩けそうなので今度は戸田山へ。
  13:00 新立山登山口(20℃)
  13:28 新立山(18℃)~13:40
  14:09 平山分岐
  14:22 正助ふるさと村P
  14:28 正助ふるさと村
  14:35 新立山登山口(21℃)
f0212511_647183.jpg
登山道は歩きやすいよう石を置いてあるが、今日は雨で滑り危険です
f0212511_6463070.jpg
山頂に到着すると新立山の標識が現れる
f0212511_6471750.jpg
100m程進むと次は権現山の標識が現れる
f0212511_6464365.jpg
展望が良いはずだが曇ってて今一つ景色見えません
f0212511_6473091.jpg
アジサイが咲く山頂
f0212511_6465736.jpg
レンガ作りの展望案内板、下には権現山山頂とある
f0212511_6474532.jpg
反対面のレンガ作りの展望案内板、下には新立山山頂とある
f0212511_6471385.jpg
帰り道の林道、硬い土が滑りやすくへっぴり腰で下る
f0212511_648063.jpg
正助ふるさと村にある「もやいの家」
f0212511_6473465.jpg


  【山名・標高】 戸田山 267m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年6月22日(日) 小雨 山行時間0:43(休憩除く0:43) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離2.2㎞(林道0.4㎞含む) 累積標高(+)184m 歩数4,016歩
  【車駐車位置】 新立山登山口 マップコード:68524375*37

  新立山から移動し戸田山の登山口となる池の横に到着。車を車道脇に停車して出発。
  戸田山は登り口分岐地点から周回でき、左回りルート(難)と右回りルート(易)がある。
  難易度が(易)の右回りを登り、帰りは難易度(難)を下る。
  山頂近くは急勾配で登り、下りとも結構きついが距離が短いので思ったほど疲れない。
  今日22日は城山をはじめ五座の山登りとなり、新たにニューピーク(新立山と戸田山)が増えた。
  14:50 戸田山登山口(21℃)
  14:56 周回分岐点
  15:12 戸田山
  15:26 周回分岐点
  15:33 戸田山登山口(21℃)
f0212511_23154658.jpg
右回りルート(易)の緩やかな道
f0212511_2316885.jpg
右回りルート(易)の道
f0212511_2316033.jpg
山頂には新立山と同じく登山記録簿収納ボックスがある
f0212511_23162281.jpg
左回りルート(難)の急坂は竹林
f0212511_2316137.jpg
左回りルート(難)の急坂は竹林
f0212511_23163625.jpg
戻ってきました周回分岐点
f0212511_23162876.jpg
登山口近くに綺麗な花が咲いていました
f0212511_23165356.jpg
名前は知りませんが綺麗ですね
f0212511_23164949.jpg
気づいたらアップで撮ってました
f0212511_23383740.jpg

  【山名・標高】 城山 369m 金山 317m 弥勒山 230m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年6月22日(日) 雨 山行時間3:20(休憩除く3:10) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離8.3㎞(林道1.2㎞含む) 累積標高(+)816m 歩数15,579歩
  【車駐車位置】 教育大側登山口 マップコード:68521182*61

  今年もウスキキヌガサダケを見ようと雨降る日曜日、城山に行ってきました。
  残念ながら今回は見れなく空振りと終わり、通算5勝3敗。(昨年のキヌガサダケ)
  今日のもう一つの目的であるツチアケビを石峠まで見に行きました。
  有りました、一ヶ所に集中してあるツチアケビ、群生?見るのは初めてです。
  一つは目的が達成でき、ちょっと気分良くし金山まで登ってみる。
  やはりここも城山と同じく雨で展望はありません。下山開始。
  帰りは弥勒山分岐から急坂を下り弥勒山を経て平等寺へ下ります。
  その後、弥勒山登山口からGPS頼りに林道等を歩き城山西登山口(三郎丸)に到着。
  あとは、城山方面へ登り返し、山頂は行かず、教育大側登山口に下りました。
  実はこの後、時間があったので宗像登山マップにある新立山と戸田山に登ります。
f0212511_23122232.jpg  09:00 教育大側登山口(19℃)
  09:24 三郎丸分岐
  09:38 城 山
  10:00 石 峠~10:10
  10:23 金山南岳
  10:32 金山北岳(20℃)
  10:39 弥勒山分岐
  10:50 弥勒山
  11:09 弥勒山登山口
  11:38 城山西登山口
  12:02 三郎丸分岐
  12:20 教育大側登山口(20℃)

f0212511_23121643.jpg
     沢山数珠つなぎにツチアケビがあります
f0212511_23123721.jpg
     気持ちいい金山への縦走路
f0212511_23122848.jpg
     弥勒山への分岐から急坂を下ります
f0212511_23124988.jpg
     林道にある城山西登山口への案内
f0212511_23124266.jpg
     城山西登山口からの登山道もよく整備されています     
f0212511_6112722.jpg
     赤色が今回の軌跡(クリックで拡大)
  【山名・標高】 英彦山 1200m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年6月15日(日) 曇り 山行時間4:32(休憩除く4:18) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離10.7㎞(林道0.9㎞含む) 累積標高(+)1028m 歩数19,373歩
  【車駐車位置】 別所駐車場 マップコード:383243268*17

  今日は英彦山へオオヤマレンゲと英彦山ヒメシャラの開花状況を見に行く。
  別所駐車場から右周りの周回コース。
  高住神社からのシオジ林は素晴らしいが岩場の登りは思うように足が上がりません。(@_@)
  どうにか「溶岩の壁」付近に辿り着き、オオヤマレンゲに出合い元気をもらう。
  沢山咲いてます、枯れたのもありますがまだまだ蕾も沢山あります。
  このあと肩から登ったクサリ場にも咲いています。
  次は英彦山山頂に咲く英彦山ヒメシャラです。
  此方も沢山咲いてます、今年は花の付きが多いのでしょうか?。まだまだ楽しめます。
  十分楽しんだあとは、鬼杉まで下り玉屋神社経由で奉幣殿、別所駐車場に帰る。
f0212511_23392288.jpg  07:00 別所駐車場(15℃)
  07:31 青年の家
  07:43 高住神社P
  08:18 北岳の肩
  08:31 北 岳
  08:48 英彦山(18℃)~09:00
  09:08 南 岳
  09:42 材木岩
  09:56 鬼杉(15℃)~10:10
  10:43 玉屋神社
  11:18 奉幣殿
  11:24 宝篋印塔
  11:32 別所駐車場(20℃)
f0212511_23393477.jpg
     スキー場
f0212511_23393745.jpg
     シオジ林
f0212511_23394859.jpg
     オオヤマレンゲ
f0212511_23395375.jpg
     オオヤマレンゲ
f0212511_2340461.jpg
     まだまだ蕾も沢山あります
f0212511_23401283.jpg
     北岳から中岳への景色
f0212511_23402892.jpg
     ツルアジサイ
f0212511_23403626.jpg
     英彦山ヒメシャラ
f0212511_23404797.jpg
     英彦山ヒメシャラ
f0212511_23405184.jpg
     英彦山ヒメシャラ
f0212511_2341333.jpg
     まだまだ蕾も沢山あります
f0212511_2341632.jpg
     鬼杉(木の周囲12.4m、樹齢およそ1200年)
f0212511_23411667.jpg
     玉屋神社
f0212511_23412097.jpg
     赤い色が今回の軌跡
  【山名・標高】 平治岳 1643m 北大船山 1706m (大分県)
  【月日・時間】 2014年6月8日(日) 曇り後雨 山行時間6:40(休憩除く6:00) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離12.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1222m 歩数21,955歩
  【車駐車位置】 男池登山口駐車場 マップコード:440740587*82

  6月2日(月)九州北部をかわきりに梅雨入りとなった九州地方、週末の空模様はやはり不安定。
  どこの山へ行こうか迷ったすえ、先週に引き続き平治岳・北大船山へ。
  今回は平治岳直登ルートの踏破と大戸越から北大船山へ登るルートのオオヤマレンゲ探し。
  平治岳直登ルートは急斜面に加え昨夜の雨で登山道がぬかるみズルズル滑ります。
  滑りにくいルートを探しながら直登分岐から約一時間強で山頂に辿り着く。
  長い急登道の登りを歩き、山登りのだいご味を久しぶりに体感しました。皆さん一度体験を!。
  今日のミヤマキリシマ、ガスの切れ間を逃さないようにして鑑賞です。
  開花状態は先週より進んでおり満開に近いようです。青空がなくガスで霞みちょっと残念です。
  一旦大戸越まで下り、オオヤマレンゲを探しながら北大船山へ登ります。
  大戸越から少し登った所と、尾根へ上がりきるちょっと手前に、蕾が沢山付いている木を発見。
  今日はガスで展望が良くないので大船山は登らず、段原より米窪を周り大戸越へ下る。
  大戸越から初めての奥ゼリルートを下り、ソババッケ経由で帰る。
  途中から雨が降り出し、ソババッケから男池までの登山道が泥川のようになりドロドロになりました。
  びしょ濡れになって靴下もずぶ濡れ、だけど無事下山できたことに感謝です。
  今日は平治岳直登ルートと奥ゼリルートを歩けたことと、
  オオヤマレンゲの確認と満開のミヤマキリシマを堪能することができ充実した一日となりました。
  うすきさんの情報により楽しく山歩きができましたこと感謝しております。    

  07:50 男池登山口(18℃)
f0212511_0365243.jpg  08:11 かくし水
  08:37 平治岳直登分岐
  09:27 見晴し良好地点
  09:41 平治岳(16℃)~09:50
  10:00 平治岳(南峰)~10:15
  10:35 大戸越
  11:19 北大船山(15℃)~11:35
  11:40 段原
  11:50 黒岳・大戸越分岐
  12:37 大戸越
  12:43 奥ゼリ・風穴分岐
  13:23 奥ゼリ
  13:49 ソババッケ
  14:08 かくし水
  14:30 男池登山口(17℃)

  これ、何かを想像しませんか?→

f0212511_037216.jpg
多くの登山者が休憩中のかくし水
f0212511_0371255.jpg
平治岳直登ルートの勾配、急登が分かるかな?
f0212511_0371694.jpg
平治岳の山頂はガスってます
f0212511_0372452.jpg
平治岳南峰から平治岳を望む、先週に比べピンクが広がってます
f0212511_0372811.jpg
平治岳南峰から平治岳を望む
f0212511_0373784.jpg
平治岳南峰から平治岳登り面を望む
f0212511_0374496.jpg
大戸越は人が溢れてます
f0212511_0375588.jpg
f0212511_03814.jpg
北大船山から見る周囲の山
f0212511_0381112.jpg
北大船山から見る段原と大船山
f0212511_0382176.jpg
綺麗に咲いてますツクシドウダン
f0212511_0383280.jpg
米窪の周りに咲くミヤマキリシマ
f0212511_0383895.jpg
クサボケは既に朽ち果ててます
f0212511_038505.jpg
イワカガミが縦に並んで咲いてます
f0212511_038589.jpg
これから楽しみのオオヤマレンゲ
f0212511_0391183.jpg
蕾をアップしてみました
f0212511_0391734.jpg
これから楽しみのオオヤマレンゲ
f0212511_0392728.jpg
大戸越から奥ゼリへの道
f0212511_0393244.jpg
駐車場が満車となり道路に溢れている車
f0212511_0394330.jpg
今回のルートは赤い軌跡
  【山名・標高】 平治山 1643m 北大船山 1706m (大分県)
  【月日・時間】 2014年6月1日(日) 晴れ 山行時間7:30(休憩除く6:40) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離12.5㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1276m 歩数24,596歩
  【車駐車位置】 男池登山口 マップコード:440740587*82

  今年初めてのミヤマキリシマ鑑賞、平治岳・北大船山へ。
  自宅から2時間半掛け9時過ぎに男池登山口へ到着、登山者が多く駐車場は既に満車状態。
  今日の出発時気温は既に25℃、この時期では珍しく暑いです。入口で一人100円を払い出発。
  ソババッケから大戸越までの登り、汗ダクダクで体力が思った以上に消耗します。
  平治岳に咲くミヤマキリシマを見て復活、一気に南峰に登る。
  開花状況はまだ蕾も多いが散りかけている花もあり、今か満開の様な気がします。
  暑いからか登山道は土埃が舞う状況で下り専用登山道は乾燥土・砂利状態で滑ります。
  大戸越へ下り、今度は北大船山へ登ります。
  北大船山の周辺は三分咲きぐらいでしょうか、一部は害虫にやられているようです。
  大船山からのミヤマキリシマに期待が持てないので段原から米窪を周り風穴に下る。
  大船山分岐までの一時間以上の急坂で何度か扱けそうになりました。
  風穴に向かい、その後も岩上を跳ねるように進みソババッケに到着。
  昨日の古処山登山疲れに加え、今回の岩場歩きにより足腰が疲れてきました。
  ソババッケでおにぎり食べパワーアップ、気を入れ替えて男池まで帰ります。
  男池に無事到着、一日長い山歩きとなりました。ありがとうございました。
  明日は会社で疲れた身体をゆっくり休め、来週の山登りに備えましょう。??? 

  09:30 男池登山口(23℃)
  09:54 かくし水
f0212511_041378.jpg  10:18 ソババッケ
  11:10 大戸越
  11:35 平治岳(南峰)~12:08
  12:18 平治岳(25℃)
  12:27 平治岳(南峰)
  12:51 大戸越
  12:48 北大船山(25℃)
  13:52 段原~14:00
  15:08 大船山分岐
  15:13 風 穴
  15:36 奥ゼリ
  16:06 ソババッケ~16:15
  16:39 かくし水
  17:00 男池登山口(21℃)
f0212511_21554512.jpg
     男池の原生林新緑
f0212511_2156999.jpg
     大戸越から見る平治岳方面
f0212511_21572979.jpg
     平治岳山頂方面
f0212511_21562769.jpg
     スカスカのミヤマキリシマ
f0212511_21574430.jpg
     平治岳南峰より大戸越を見る
f0212511_21564650.jpg
     平治岳南峰より平治岳方面
f0212511_2158559.jpg
     平治岳南峰より平治岳方面
f0212511_2157499.jpg
     平治岳のミヤマキリシマ
f0212511_21582268.jpg
     平治岳と三俣山
f0212511_21572275.jpg
     大戸越は人が溢れています
f0212511_21583936.jpg
     北大船山から平治岳方面
f0212511_21573836.jpg
     色鮮やかなイワカガミ
f0212511_21585759.jpg
     ミヤマキリシマのアップ
f0212511_21575546.jpg
     北大船山から平治岳方面
f0212511_21591560.jpg
     大船山はまだまだ青い
f0212511_2158141.jpg
     分岐点
f0212511_21593235.jpg
     奥ゼリの登山道
f0212511_044145.jpg
     今回のルートは赤い軌跡