<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 幻の鞍岳・ツームシ山登山(熊本県)
 今日は忘れる事の出来ない(?)四年前の暑い日に登った鞍岳・ツームシ山へ登る。
 自宅を6:20出発、高速道路を利用し鞍岳登山口まで数キロ地点(旭志麓)までは順調に進む。
f0212511_2258651.jpg

 え!、舗装道路が無残にも崩壊、えぐれているではないか、7月の集中豪雨による被害である。
 緊急的に処置された砂利道を、四季の里キャンプ場まで車を揺らしながらゆっくり走らせる。
 四季の里から先は通行止め、通りかかった人によると鞍岳は登山禁止になっているとの事である。
 鞍岳は相性が悪いのか?、四年前は山行帰宅途中の交通事故、今回は豪雨傷跡による山行中止。
f0212511_23383560.jpg

 不運ですかね~?いや事故は私の不注意、今回は情報不足による山選定ミスでした。(@_@)
 他の山へ登ろうと考えたが集中豪雨の影響により登山口までの道や登山道の崩壊が考えられる。
 諦めかけたとき、山友のうすきさんが先週登られていた湧蓋山を思い出し一路宝泉寺へ向かう。

 どうにか登れました本日の一目山・みそこぶし山・女岳・涌蓋山
 2012年7月30日(日) 晴れ後曇り 登山者 2名  万歩計 21,319歩
 山行時間10:13~15:07(登山時間4:54 歩行時間4:29)沿面距離13.0Km
 累積標高(+)926m 【車駐車位置】一目山登山口駐車場 マップコード:440666207

 一目山登山口に着いたのは10時過ぎ。登山道を登り一目山へ、心地よい風が吹いてますが暑いです。
 うすきさんのブログに有りますようにいろんな花が登山道を楽しまさせてくれます。
 そんな時間もつかの間、女岳の登り坂では4~50人の小学生団体が急いで下ってきます。
 先生いわく、雷警報が出てるので早く下山した方が良いですよ~。
 確かに北の空から暗くなってきており、先ほどから雷音がどこからともなく鳴っています。
 急いで涌蓋山の山頂を踏み疥癬湯コースを下る。(山頂はトンボ?が沢山飛んでます)
 雨に合わずに疥癬湯まで下山。
 ここからは辛い車道歩き、しかもダラダラ登りは一段と疲れた体に堪えます。
 本日、鞍岳へ登れませんでしたが、どうにか涌蓋山は登れました。有難うございました。
 みなさん、集中豪雨の後は、登山口までの道路や登山道の情報を調べて行かれた方が良いです。

  0:00 一目山登山口P(25℃)
  0:16 一目山
f0212511_23392943.jpg  1:10 みそこぶし山~1:15
  1:28 疥癬湯登山道合流
  1:35 涌蓋越(林道横断)
  2:08 女 岳
  2:23 涌蓋山(27℃)~2:43
  2:54 女 岳
  3:14 涌蓋越(林道横断)
  3:22 一目山登山道分岐
  3:30 作業道終点
  3:55 コンクリート道出合
  4:05 疥癬湯
  4:54 一目山登山口P(27℃)
f0212511_23394363.jpgf0212511_23395422.jpg
f0212511_23521013.jpgf0212511_23563898.jpg
西山(鮎坂山)~犬鳴山縦走
 2012年7月23日(月) 晴れ 登山者 単独  万歩計 25,994歩
 山行時間08:55~15:40 (登山時間6:45 歩行時間6:08) 沿面距離16.4Km
 累積標高(+)1430m 【車駐車位置】犬鳴ダム湖畔駐車場 マップコード:68067043

 先週GPSを購入、お試しに犬鳴ダム湖畔からスタートする西山~犬鳴山ルートを縦走。
 タタラ谷登山口から沢沿いを登り始めるが、踏跡が分からず藪こぎ状態で林道まで出る。
 鉄塔の建設現場へ間違って歩いてしまい、引き返したあと西山の山頂に到着。
 暑いのと藪こぎで体力が消耗、おにぎり一個食べるのがやっとである。
 まだまだ長い道のりが待っている。こもの峠まで急坂を一気に下る。
 登り下りを繰り返しながら進み、椿峠の先にある標識を見落としてしまい鉄塔方面へ行ってしまう。
 GPSで確認、間違いに気付き47分のロス。ラジオによると本日梅雨明けした模様で一段と暑い。
 残された体力も限界に近付いてきた。気を取り直し犬鳴山へ向かう。
 なんと、今度は巻道で焦ってしまい偽犬鳴山に迷い、またもやGPSに助けられ林道横断地点に出る。
 何度も道に迷い6時間かかってやっと犬鳴山の山頂に辿り着いた。気持ちが焦ると一段と疲れます。
 山頂からは迷うことなく下山でき犬鳴ダムに到着。一時はどうなることやらと心配しました。
 5年前に一度は歩いていたのに何故迷ったのか・・・。GPSが有るからと過信したんでしょうか?。
 それとも、会社を休み山行に出かけたのが悪かったのでしょうか?。
 今回からGPSによる軌跡をアップ、歩行距離はGPSからのデータを記載します。
  0:00 犬鳴ダム湖畔(27℃)
f0212511_743061.jpg  0:14 タタラ谷登山口
  1:14 林道出合(鉄塔)
  1:38 林道終点
       ~途中9分道迷い~
  2:10 西山(鮎坂山)(27℃)~2:25
  2:37 こもの峠
  2:57 番兵跡
  3:18 鹿見分岐
  3:23 椿 峠
       ~途中47分道迷い~
  4:45 猪野分岐~4:55
f0212511_751865.jpg      ~途中38分道迷い~
  5:43 林道横断地点
  6:00 犬鳴山(26℃)~6:12 
  6:17 犬鳴ダム分岐
  6:45 犬鳴ダム湖畔(29℃)

   避雷針のある西山(鮎坂山)山頂↗
   犬鳴山山頂から西山を望む  →

f0212511_22581355.jpgf0212511_7103446.jpg
 九重連山周回
 2012年7月9日(月) 晴れ 登山者 単独  万歩計 22,985歩
 山行時間09:10~15:14 (登山時間6:04 歩行時間4:46) 距離14Km
   沓掛山1503m~久住山1787m~稲星山1774m~鳴子山1643m~
                 中 岳1791m~天狗ヶ城1780m~星生山1762m

 今日は夏季休暇を取り休んでいたが、用事が急に夕方へ変更したため昼間は暇になった。
 昨日から梅雨の中休みで今日も天気に恵まれそうである。
 鳴子山のオオヤマレンゲがまだ残っていないか気になっていたので九重連山へ。
 沢水登山口から登るか迷ったが、福岡から近い牧ノ戸登山口から登る。
 牧ノ戸から登るなら九重連山を満喫しようと周回コースを計画し歩く。
 久しぶりの晴れ、太陽に輝く山々を楽しみながら久住山を目指す。
 初めての鳴子山に到着するが、お目当てのオオヤマレンゲは見当らず。
 暫くして、沢見から登ってこられた方と合流、鳴子山の周辺を探索する。
 片ヶ池方面へ崩落しているガレバに沢山の木を発見。枯花に交じって3~4個残っていた。
 一緒に探索した方によると今年は花付きが悪いとの事。
 ピークは過ぎていたが、とりあえず鳴る子山のオオヤマレンゲに出会て良かった。
 下山は中岳と天狗ヶ城、星生山と三座を登り牧ノ戸登山口に辿り着く。

  0:00 牧ノ戸峠(19℃)
  0:08 展望台
f0212511_738544.jpg  0:20 沓掛山
  0:47 扇ヶ鼻分岐
  1:08 久住分れ
  1:27 久住山(25℃)~1:40
  1:52 神明水
  2:02 稲星山
  2:12 稲星山・白口分岐
  2:28 鳴子山(25℃)~3:33
  3:50 稲星山・白口分岐
  4:00 白口谷分岐
  4:14 中 岳
  4:24 天狗ヶ城(24℃) 
  4:38 久住分れ
  5:06 星生山
  5:24 扇ヶ鼻分岐
  5:50 沓掛山
  5:58 展望台
  6:04 牧ノ戸峠(23℃)
f0212511_7385732.jpgf0212511_7392195.jpg

 宗像四塚連峰縦走
 2012年7月1日(日)小雨 登山者 単独  万歩計 23,867歩
 山行時間08:53~13:56 (登山時間5:03 歩行時間4:43) 距離13.7Km
   城山(369m)~金山(317m)~孔大寺山(499m)~湯川山( 471m)
 
 今日も雨、梅雨真っ只中、遠くへ行く気力もなく先週行った城山の縦走をする。
 城山のキヌガサダケに淡い期待をしたが、残念ながら会えず。
 天気は霧雨、湿度100%のなか、金山、孔大寺山、湯川山へアップダウンを繰り返しながら歩く。
 背中から汗が噴き出てきます、1.5リットルのスポーツ飲料もアッと言う間に無くなる。
 登山道は濡れ、登山靴でも斜面はツルツル滑る。ロープに体を寄せ小股で歩く。
 湯川山山頂では、一時的に雲が少なくなり地島や響灘が眼下に雄大に見え、今日一番の景色です。
 14:08のバスに乗り、48分赤間営業所へ到着。車を留めている登山口まで歩き山歩き終了。

  0:00 教育大登山口P
f0212511_20305613.jpg  0:23 三郎丸分岐
  0:34 城  山(23℃)
  0:54 石  峠
  1:08 金 山(南岳)
  1:18 金山(北岳)(12℃)
  1:48 地 蔵 峠
  2:18 白山分岐
  2:25 梛野分岐
  2:29 孔大寺山(21℃)
  3:15 垂 見 峠
  3:29 内浦分岐
  3:47 NTT無線局跡
  3:57 九電無線局
f0212511_2032459.jpg  4:03 湯川山(23℃)~4:23
  4:47 林道横断
  4:52 承 福 寺
  5:03 門前バス停(27℃)
    城山山頂は霧の中 ↗
    孔大寺山も霧の中 →

    雲の隙間から太陽
      マテバシイが輝く ↘
    湯川山から見る
      三里松原海岸 ↓
f0212511_20325492.jpgf0212511_2032359.jpg