<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 2010年4月30日(金)晴れ 登山者 2名  歩数 26,036歩
 登山時間08:57~16:49 (全体7:52 正味7:02) 距離 12.7Km
 GW前半、まずは一泊山行計画。
 初日は山芍薬で有名な天主山、二日目はアケボノツツジの五葉岳に登るため早朝6:00出発。
 天主山はいきなりの尾根の急斜面、四つん這いになり息絶え絶え進みどうにか天主の舞台に着く。
 二時間かけて天主山に到着するが山芍薬はぱったり、気を取り直し群生地まで足を伸ばす。
 群生地は沢山の山芍薬がありましたが、花が咲くにはまだ早くつぼみの観賞となりました。
 荒れた林道を三方山まで歩き、下山は往路を帰りました。
 今日の登山は群生山芍薬の花は見れず、景色も酷い黄砂で恵まれなくがっかりの一日でした。

  0:00 鴨猪川登山口(9℃)
f0212511_11312122.jpg  0:59 天主の舞台
  1:56 天主山(9℃) ~2:32
  3:03 山芍薬群生地
  3:39 林道終点
  3:56 切剥分岐
  4:05 三方山分岐
  4:21 三方山(9℃) ~4:35
  4:46 三方山分岐
  4:56 切剥分岐
  5:08 林道終点
  5:43 山芍薬群生地
  6:12 天主山
  7:02 天主の舞台
  7:52 鴨猪川登山口(12℃)
f0212511_11322092.jpgf0212511_11324445.jpg
f0212511_1133504.jpgf0212511_1134710.jpg
 2010年4月25日(日)晴れ 登山者 2名  万歩計 35,700歩
 登山時間07:35~16:11 (全体8:36 正味7:24) 距離 19.7Km
 カタクリの花観賞登山
 早朝4:00に自宅を出発 六日市ICから狭い一般道を走り7:00過ぎに寂地峡駐車場。
 寂地峡の滝を見ながら急な石段を登り背丈ほどの木馬トンネルを通り抜けみのこし峠に進む。
 右谷山からの寂地山~冠山への縦走路はいたる所にカタクリの花が咲き乱れています。
 冠山からの眺望も素晴らしく早朝からの日帰り遠征登山だったが十分満足できた登山でした。

  0:00 寂地峡駐車場登山口(2℃)
f0212511_0394375.jpg  0:23 竜ヶ岳分岐
  0:49 水車小屋跡  
  1:12 ワサビ田跡ベンチ
  1:43 みのこし峠
  2:10 右谷山~2:16
  2:38 みのこし峠
  3:24 犬戻りコース分岐
  3:30 寂地山 (16℃)~4:03
  4:37 三差路分岐
  5:00 冠山 (17℃)~5:33
  5:57 三差路分岐
  6:36 寂地山 (18℃)
  6:42 犬戻りコース分岐
  7:24 林道終点
f0212511_6401928.jpg  7:47 犬戻遊歩道入口
  8:03 犬戻遊歩道出口
  8:36 寂地峡駐車場登山口
            (16℃)

  
  右写真は冠山から見る
     恐羅漢山(左)と十方山(右)

f0212511_714082.jpgf0212511_721072.jpgf0212511_723531.jpg
 2010年4月18日(日)晴れ 登山者 2名 万歩計 12,735歩
 登山時間11:16~14:44 (全体3:28 正味2:39) 距離 7Km
 アケボノツツジを見に宮崎県の大崩山方面に行きたかったが起床時間が遅く近場の山に登る。
 検討結果、一度も登ったことが無い酒呑童子山と、それにセットとしてハナグロ山に登ることとする。
 酒呑童子山はアップダウンが多く体力を使う。山頂から360℃のパノラマだが今日は霞んで見えません。
 登山口に引き返しハナグロ山へ。登山道は風倒木が多く歩きにくいところがあるが楽しく歩ける。

  0:00 カシノキヅル越登山口(15℃)
f0212511_2383791.jpg  0:12 小鈴山
  0:22 小鈴越
  0:42 酒呑童子山(18℃)~0:54
  1:13 小鈴越
  1:26 小鈴山
  1:35 カシノキヅル越登山口(18℃)
            ~1:47
  1:56 1083ピーク
  2:27 ハナグロ山(17℃)~2:52
  3:20 1083ピーク
  3:28 カシノキヅル越登山口(19℃)
  右の写真はアブラチャン?⇒⇒⇒
f0212511_2385790.jpgf0212511_239175.jpgf0212511_2393641.jpg
  小鈴山                 酒呑童子山                ハナグロ山
 2010年4月10日(土)曇り 登山者 単独  万歩計11,625歩
 登山時間12:31~15:08 (全体2:37 正味2:17) 距離8.8Km
 本日の二座は倉木山。由布岳登山口に車を止め出発。
 ガスが多くなり視界は望めなかったが道中のキスミレが沢山咲いており気持よく歩けました。
 急直登りコースは体力を使うのは勿論ですが、勾配がきつく土壌も柔らかいので滑りやすいです。
 みなさん倉木山に登られるときは山麓コースを薦めます。

  0:00 由布登山口 (14℃)
f0212511_14161228.jpg  0:06 林道入口
  0:26 作業道入口
  0:32 登山口  
  0:34 急直登コースへ
  1:04 尾根  
  1:11 三角点
  1:17 倉木山 (15℃)~1:37
  2:05 コース合流点
  2:07 登山口
  2:11 作業道出口
  2:31 林道出口
  2:37 由布登山口 (15℃)
f0212511_1416399.jpgf0212511_14165926.jpg
    万年山のミヤコザサと同じく歩きにくい    急直登は滑ります、初心者は避けたほうが無難 f0212511_14173928.jpgf0212511_1418963.jpg
    キスミレの花が山の斜面を覆っています         登山道に輝いていたタンポポ
 2010年4月10日(土)曇り 登山者 単独  万歩計 13,022歩
 登山時間09:24~11:57 (全体2:33 正味2:16) 距離9Km
 大分自動車道、湯布院インターから先濃霧のため通行止め。雨に遭わないことを願い自宅を出発。
 登山開始後緩やかな登りが続き、L字分岐からは急坂を登っていく。
 福万山の山頂からは霧の合間に英彦山方面の山々や、周防灘の海が輝いて見えた。
 眼下には自衛隊の日出生台演習場の高原が一望に見える。
 眺望をもう少し楽しみたかったが本日二座(倉木山)を予定していたので急いで下山する。

  0:00 湯布院スポーツセンター(14℃)
f0212511_13255333.jpg  0:23 林道終点
  0:46 L字分岐点
  1:04 1187標高点
  1:15 福万山 (16℃) ~1:32
  1:42 1187標高点
  1:56 L字分岐点
  2:12 林道終点
  2:33 湯布院スポーツセンター(18℃)
  
  右の写真は自衛隊の演習場高原
f0212511_13261458.jpgf0212511_13262949.jpgf0212511_1327358.jpg
   L字分岐点          すでにアセビが咲いてます        英彦山方面の山々
 2010年4月3日(土)天気 登山者 2名 万歩計2,140歩
 登山時間17:11~18:25 (全体1:14 正味1:00) 距離 1320m
 本日予定の三座め、17時過ぎに登山口到着。ちょっと迷ったが片道660m気合を入れ登山開始。
 距離は短いがガレ場の急坂でペースダウン、ゼイゼイ言いながら本日最後の力を振り絞って登る。
 霞んでいるものの山頂からの景色は最高、疲れは吹っ飛びました。下山は慎重に下る。
 暗くなる前に登山口に降りたが気温は6℃と急激に下がってきていた。
f0212511_23161094.jpg

  0:00 南登山口(9℃)
  0:30 樋桶山 (9℃)~0:44
  1:14 南登山口(6℃)
f0212511_23231015.jpgf0212511_23232891.jpgf0212511_23234526.jpg
 2010年4月3日(土)晴れ 登山者 2名  万歩計 4,090歩
 登山時間15:34~16:25 (全体0:51 正味0:51) 距離 2Km
 本日二座めの檜原山、山頂近くまで車で行ける。現在は旧九州百名山となっている。
f0212511_22581747.jpg
  0:00 正平寺駐車場(9℃)
  0:06 正平寺
  0:10 登り専用道へ
  0:20 針の耳
  0:26 登り下り合流点
  0:28 檜原山  (9℃)
  0:32 下り専用道へ
  0:42 登り下り合流点
  0:46 正平寺
  0:51 正平寺駐車場(9℃)
f0212511_22584038.jpgf0212511_22585836.jpg
  針の耳 なかなか通れませんよ           山頂の古権現(岩座)さん?倒木が当りそうです
 2010年4月3日(土)晴れ 登山者 2名  万歩計10061歩
 登山時間10:37~14:13 (全体3:36 正味2:56) 距離 6.2Km
 今日は大分県の三座にチャレンジ、まずは鹿嵐山へ。
 登山開始から雌岳まで延々と登りが続き疲れ果てる。その後鹿嵐山からは急坂で滑るように下る。
 不揃いな岩のオブジェ(奇岩・奇峰)を堪能しながら やせた岩稜の細道を歩く。
 『地蔵峠の景』の景勝地は素晴らしいです。不思議なチューリップ岩やゴリラ岩もあります。

  0:00 第一登山口(12℃)
f0212511_22264661.jpg  0:39 雌岳まで400m
  0:57 雌岳 (10℃)
  1:06 中央登山口分岐
  1:16 鹿嵐山(12℃)~1:56
  2:41 地蔵峠の景
  2:54 地蔵峠
  2:57 お地蔵さん
  3:02 地蔵峠
  3:11 林道出合
  3:15 第二登山口
  3:21 中央登山口
  3:36 第一登山口(16℃)

f0212511_22271245.jpgf0212511_22272936.jpg
第一登山口近くにある安全登山をお祈りする地蔵さん        手前の岩はゴリラに見えませんか?