カテゴリ: 天草地方( 13 )

  【山名・標高】 千巖山 162m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月22日(日) 晴れ 山行時間0:40(休憩除く0:18) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離0.8㎞(林道0.4㎞含む) 累積標高(+)64m 歩数1,640歩
  【車駐車位置】 千巖山登山口P マップコード:372605807*84

先ほど御所浦島の烏ヶ峠に登ってきて上島に戻ってきた。
黄砂がひどく展望は期待できないが、二週間前に気になっていた千巖山を歩いてみる。
千元森岳の近くで公園化されており、天草五橋や松島の眺望が楽しめる憩いの場所である。
登山口まで循環バスもきており山登りと云うよりも、お散歩っつ感じです。
山頂や展望台からの眺望は最高のようですが、今日は黄砂で遠くが見えません。
霞んでますが島々までの距離が近いので、それなりに素晴らしい景色です。
これで、天草遠征第二弾の旅は終わります。
熊本百名山のうち天草にある22座全てを踏み、これからは九州本土の残り49座となりました。
帰りに松島温泉の漁港にある「松ちゃん」で美味しチャンポンを食べ、龍の足湯に浸かり帰る。

  11:30千巖山登山口P ~ 11:38/12:00千巖山(16℃) ~ 12:10千巖山登山口P
f0212511_014489.jpg
千巖山の登山口
f0212511_0141033.jpg
整備された階段
f0212511_0141675.jpg
f0212511_0142124.jpg
山頂には展望所があります
f0212511_0142630.jpg
奇岩の多い山々
f0212511_0143297.jpg
近い所の島々は霞んでいますがどうにか見えます
f0212511_0143993.jpg
松島港の景色です
f0212511_0144514.jpg
黄砂とPM2.5が酷く天草五橋が霞んで見えます
f0212511_0145167.jpg
雲仙天草国立公園「千巖山」の碑
f0212511_0145842.jpg
山桜が見えます
f0212511_015523.jpg
派手な上天草観光循環バスが登山口まで運行してます
f0212511_0151250.jpg
松島温泉の港にある「龍の足湯」に浸かって帰る
f0212511_0151865.jpg
クリックで拡大
  【山名・標高】 烏ヶ峠 442m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月22日(日) 晴れ 山行時間2:38(休憩除く2:23) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離10.8㎞(車道10.0㎞含む) 累積標高(+)499m 歩数16,114歩
  【車駐車位置】 棚底港 マップコード:254266398*52

昨日は愛宕山を皮切りに天竺と帽子岳、行人岳の四座を登り道の駅「有明」に車中泊した。
今日は化石が発掘されることで有名な御所浦島の烏ヶ峠に登る。
7時10分発の御所浦島行き旅客船に乗船するため5時半に起きて6時20分道の駅「有明」を出る。
棚底港に7時前到着。港には整備された駐車場があり12時間100円と格安金額です。
片道550円の切符を買って、定員90名程度の船に四人の客が乗船する。船名は「しいがる3」
7時10の船はカーフェリーではなく旅客のみ、かつ寄港が無いため20分で御所浦港に到着する。
ティラノザウルスに迎えられ御所浦港に到着。
御所浦港に有る「ゆるきゃら寺野」の左側に建っている標柱「烏峠展望所5.3㎞」からスタート。
道幅が狭く軒先が当たりそうな道を通り、その後は舗装されたくねくね曲がった林道古屋敷線を登る。
途中、昔の登山道らしき道に入るが行く手を阻まれ引返す。渋々舗装された林道を上がっていく。
アスレチック広場を過ぎ山頂に到着。
展望台があり、島々が見えます。しかし、今日は黄砂とPM2.5の影響で遠くは見えません。
 (棚底港に帰る船も来たときと同じ20分程度で帰れ便をチョイス、10時15分を選ぶ。)
山頂で休憩した後、急ぎ足で下山、港に10時8分到着。10時15分に乗船し棚底港に帰る。
今度は黄砂の無い日に登り展望を楽しみ、また滞在時間を長くとり化石探しでもしたいものです。

御所浦島は以前からアンモナイトや三角貝などの化石が出る島として知られ
草食恐竜の足の骨や肉食恐竜の足跡や歯の化石が発見されている。 御所浦白亜紀資料館

  07:30 御所浦港(10℃)
f0212511_23275911.jpg  08:03 山頂まで4㎞
  08:14 山頂まで3㎞
  08:25 山頂まで2㎞
  08:39 山頂まで0.82㎞
  08:50 烏ヶ峠(10℃)~09:05
  09:15 山頂まで0.82㎞
  09:28 山頂まで2㎞
  09:38 山頂まで3㎞
  09:49 山頂まで4㎞
  10:08 御所浦港(14℃)

   屋根に鯛が泳ぐ棚底港→
   港の駐車場に車を止める
f0212511_23281767.jpg
棚底港、7時10分発の「しいがる3」に乗船
f0212511_23285451.jpg
7時30分御所浦港に到着
f0212511_23295174.jpg
ティラノザウルスがお出迎え
f0212511_2330063.jpg
御所浦のゆるきゃら「寺野くん」もお出迎えです
f0212511_23301768.jpg
林道古屋敷線を登っていく、山頂までの残り表示が港の5.4㎞から始まり4、3、2、0.82㎞と有ります
f0212511_23302413.jpg
山頂に到着
f0212511_23303077.jpg
御所浦港と中央の眉島、上に牧島が見えます
f0212511_23303752.jpg
島々が綺麗ですが霞んでます
f0212511_23304380.jpg
此方の島景色も綺麗です
f0212511_23305055.jpg
眉島のシンボル「海の女神、マリンビーナス」 上にビーナスが見えます
f0212511_23305610.jpg
牧島で発見されたのか恐竜のモニュメントが見えます
f0212511_2331245.jpg
短い時間でしたが中瀬戸橋を潜り御所浦島をあとに離れます
f0212511_810566.jpg
f0212511_23311224.jpg
クリックで拡大
  【山名・標高】 帽子岳 483m 行人岳 506m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月21日(土) 晴れ 山行時間1:19(休憩除く1:19) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離3.6㎞(林道1.6㎞含む) 累積標高(+)222m 歩数6,416歩
  【車駐車位置】 帽子岳登山口 マップコード:254274720*23

先ほど午前中に愛宕山、その後に天竺に登ってきた。
次は帽子岳と行人岳である。登山口が分らず、暫く山中をさまよう。
国道266号線沿いの海老宇土地区に登山口である市民の森の案内版があったので従い林道を進む。
先へ進むほどに林道が荒れ、ぬかるんでいる所が数か所、迷ったが強引に通り抜ける。
何度か引き返そうかと思ったが、どうにか登山口に着いた。
二つの山は林道からちょっと入った所で峰続き、お互に近い場所なので帽子岳登山口に車を止め歩く。
帽子岳山頂は祠があるが行人岳は何もない。両方とも展望は開けていない。
ただし、行人岳近くの苓北火力発電所の送電線鉄塔からの展望が良い。
二座が終わり、帰りは林道を東へ進み楠浦町のダム近く(県道278号線)に出る。此方は舗装道路でした。
本日予定していた愛宕山、天竺、帽子岳、行人岳の四座を無事登り終えました。
明日は御所浦島の烏ヶ峠を予定。車移動し前回と同様、道の駅「有明」で入浴、車中泊となる。

  15:25 帽子岳登山口(15℃)
f0212511_22305842.jpg  15:34 帽子岳
  15:44 帽子岳登山口
  15:56 行人岳登山口
        (市民の森記念碑)
  16:13 見晴良好鉄塔有り
  16:19 行人岳(15℃)
  16:33 鉄 塔
  16:35 林道出合
  16:44 帽子岳登山口(15℃)
f0212511_22311122.jpg
馬頭観音の石仏
f0212511_2231161.jpg
ヒノキ林の登山道
f0212511_22312456.jpg
帽子岳神社の鳥居
f0212511_22313044.jpg
山頂には不動明王・帽子岳大観音等の六基の石造りの祠が東向きに並んでいる
f0212511_22313798.jpg
一旦帽子岳登山口に戻り、林道を歩き行人岳登山口である「市民の森の石碑」へ
f0212511_22314499.jpg
行人岳への登山道
f0212511_22315210.jpg
行人岳の山頂を間違え苓北火力発電所の送電線鉄塔まで進んでしまう、しかし展望は良好
f0212511_22315828.jpg
行人岳の山頂、見晴はききません
f0212511_2232571.jpg
苓北火力発電所の送電線の鉄塔が青空に映えます
f0212511_22321276.jpg
車中泊となる道の駅「有明」から見る夕日、左下はタコのモニュメントです
f0212511_22321937.jpg
素晴らしい夕陽です
f0212511_2231046.jpg
クリックで拡大
  【山名・標高】 愛宕山 285m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月21日(土) 晴れ 山行時間1:31(休憩除く1:31) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離4.5㎞(廃道3.9㎞含む) 累積標高(+)248m 歩数7,505歩
  【車駐車位置】 林道愛宕山線標柱 マップコード:474497317*45

二週間前に天草方面の熊本百名山を踏んだが、御所浦島の烏ヶ峠を含めまだ五座残っている。
天草方面遠征、第二段として今回も一泊二日で残りを踏む予定。
前回登山口が分らなかった愛宕山、ネットで登山口を調べてきたが、やはりよく分からない。
車で林道へ入り込みGPSを頼りに愛宕山に近い所を見つけ車を止め出発。
廃道化した道を大分歩き、どうにか取付点を見つけ石柱を経て山頂へ辿り着く。
山頂は見晴らしもなく古びた愛宕山神社があるだけで、休憩もなく往路を引返す。
車下山は駐車していた所から、林道を下田南へ下り国道389号線に出る。

f0212511_18542878.jpg  10:35 林道愛宕山線標柱(14℃)
  11:09 取付地点
  11:23 愛宕山(13℃)
  11:35 取付地点
  12:06 林道愛宕山線標柱(15℃)


    林道愛宕山線標柱から
       出発します →
f0212511_18544129.jpg
廃道化した林道を進みます
f0212511_18544730.jpg
斜面が崩れており避けて通ります
f0212511_185453100.jpg
花があります
f0212511_18545946.jpg
取付点から中へ入ったら立派な石柱がある
f0212511_1855575.jpg
廃道を30分歩いた後の登山道は気持ちがよい
f0212511_18551191.jpg
愛宕神社の前には二本のソテツが植えてあります?
f0212511_18552184.jpg
古びた愛宕神社(石積みの上に建っている)が山頂、林に囲まれ展望無し
f0212511_011944.jpg
クリックで拡大


  【山名・標高】 天竺 538m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月21日(土) 晴れ 山行時間0:55(休憩除く0:31) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離1.6㎞(林道1.6㎞含む) 累積標高(+)105m 歩数3,062歩
  【車駐車位置】 天竺登山口P マップコード:474655889*8

愛宕山に登った後、次は天草下島で一番高い山である天竺に登ります。
天竺は愛宕山に比べると登山口までの道案内板があり、また登山道(作業道)がよく整備されています。
登山口から15分程度で山頂に辿り着きます。
見晴は良いようですが、今日は霞んでおり遠くが見えずらい。
後で分かった事ですが、今年初の黄砂と100μg/㎥を越えるPM2.5が飛来していたそうです。
  12:55天竺登山口P ~ 13:11/13:55天竺(14℃) ~ 13:50天竺登山口P
f0212511_21541266.jpg
林道途中に立派な案内板があります
f0212511_21541977.jpg
天竺への登山口ゲート
f0212511_21542845.jpg
作業道を登っていきます
f0212511_21543230.jpg
作業道終点に解説案内
f0212511_21544188.jpg
天竺の山頂
f0212511_21544696.jpg
霞んでおり遠くの港がかすかに見えます
f0212511_21545649.jpg
山頂にある天竺神社、記帳所でもあります
f0212511_0342628.jpg
クリックで拡大
  【山名・標高】 老岳 586m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月8日(日) 晴れ 山行時間0:33(休憩除く0:28) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離1.6㎞(林道0.2㎞含む) 累積標高(+)134m 歩数2,707歩
  【車駐車位置】 歩道入口 マップコード:254506573*63
ここまで午前中は順調に四座登ったが、愛宕山(下田温泉近く)の登山口が分らず本日の午後登山を断念。
と諦め下田温泉(下島)から福岡へ一般道200㎞の長い道のりをボチボチ帰りはじめる。
途中、パールマラソンの影響で国道が渋滞していると聞き、再度予定変更、上島の二座登って時間調整する。
まずは、老岳。天草上島の倉岳682m、矢筈岳626mにつぐ高さの老岳である。
車で山頂まで行けるが、少し手前の老岳神社遊歩道入口から歩く。
山頂では無線局アンテナ設置工事が行われており、クレーンの横をじゃまにならないように歩く。
権現山で見たコンクリート製の丸い展望台がここにもあります。
展望台からの景色、天草松島の島々と海の風景はたとえようのない素晴らしさです。とにかく絶景です。
ここは天草一の絶景ポイントかな?

  15:30 老岳神社遊歩道入口
  15:37 老岳神社
  15:45 老岳(13℃)~15:50
  15:58 老岳神社
  16:03 老岳神社遊歩道入口
f0212511_0271138.jpg
遊歩道から登る
f0212511_0271984.jpg
老岳神社へ遊歩道を登っていく
f0212511_0272466.jpg
老岳神社
f0212511_0273042.jpg
権現岳にも有った丸い展望台
f0212511_0273491.jpg
天草松島の絶景
f0212511_0274181.jpg
右手前の小さな湯島の後方に雲仙岳が見えます
f0212511_0274678.jpg
アンテナの接地工事中です
f0212511_027539.jpg
天草松島の絶景、湾曲した水平線
f0212511_0275826.jpg
天草五橋の中で一番長い前島橋(4号橋)がよく見えます
f0212511_20345016.jpg
クリックで拡大


  【山名・標高】 千元森岳 233m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月8日(日) 晴れ 山行時間0:52(休憩除く0:52) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離2.2㎞(道路0.7㎞含む) 累積標高(+)211m 歩数3,629歩
  【車駐車位置】 青年の家P マップコード:372605195*68
天草青年の家に車を止めてキャンプ場を経て山頂へ。
先ほど登った老岳とは標高が半分しかないが、天草松島までの距離が近く、ここも最高の景色である。
一帯は家族連れやグループで気楽に山歩きや自然観察が楽しめる場所です。ウォークラリーコースあり。

時間調整の二座へ登り時間もだいぶ経ち、国道の渋滞も無くなったようです。
高速道路を利用し帰宅したかったが訳があり、一般道を走って21時半に帰り着きました。
天草遠征、色々とアクシデントがありましたが楽しい二日間となりました。
熊本百名山、今日は午前・午後で権現山、六郎次山、古江岳、行人岳、老岳、千元森岳の六座登りました。

  16:45 青年の家P
  16:54 手前の分岐
  17:04 千元森岳(12℃)
  17:14 行き止まり
  17:19 奥の分岐
  17:30 手前の分岐
  17:37 青年の家P
f0212511_20353211.jpg
天草青年の家、千元の森キャンプ場
f0212511_2035491.jpg
千元森岳への道
f0212511_20354317.jpg
千元森岳の岩峰山頂
f0212511_20351611.jpg
面白い岩
f0212511_2035547.jpg
行き止まりから見る天草松島
f0212511_20352626.jpg
八代海に浮かぶ北島、中島、南島がよく見えます
f0212511_203654.jpg
右上の三角岳の所に1号橋、中央に島の間に2号橋、3号橋、4号橋が見えます
f0212511_20353832.jpg
ウォークラリーコースのポイントが至る所にあります
f0212511_20361761.jpg
クリックで拡大
  【山名・標高】 権現山 402m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月8日(日) 晴れ 山行時間0:16(休憩除く0:16) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離0.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)63m 歩数1,188歩
  【車駐車位置】 権現山林道記念碑 マップコード:299813611*85
昨日は大岳や白岳等に登り、道の駅「有明」で車中泊した。
今日は天草市の南に位置する権現山を皮切りに北上しながら幾つか山を踏んでいく予定。
朝5時に目覚め朝食をとり、権現山の登山口である天草市牛深へ向かう。
国道266号の久玉中学前から狭い林道を車で登り、林道終点の林道開通記念碑が登山口となる。
山頂下の展望所からは前崎と海に浮かぶ大島・桑島が美しい。

  08:10権現山林道記念碑 ~ 08:20権現山(6℃) ~ 08:26権現山林道記念碑
f0212511_18334589.jpg
林道開通記念碑の横に権現山公園案内板があり登山口でもある
f0212511_18335545.jpg
湾の右奥が牛深港
f0212511_183405.jpg
中央に浮かぶポコポコした前崎と左上の大島、右上の桑島が美しい
f0212511_1834612.jpg
権現山への道
f0212511_18341052.jpg
権現山の山頂は殺風景
f0212511_19403535.jpg
クリックで拡大

  【山名・標高】 六郎次山 405m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月8日(日) 晴れ 山行時間0:15(休憩除く0:15) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離0.8㎞(林道0.7㎞含む) 累積標高(+)37m 歩数1,316歩
  【車駐車位置】 登山口 マップコード:474056602*32
県道288号の深海小前から林道を車で登り、六郎次山登山口に到着。
桜並木の道を5分程歩き山頂へ。
山頂からは東方面がひらけ、橋でつながった長島と諸浦島、独立している産島がよく見える。

  09:20登山口 ~ 09:27六郎次山(9℃) ~ 09:35登山口
f0212511_18471560.jpg
林道の分岐にある登山口
f0212511_18472258.jpg
桜並木の道
f0212511_18472951.jpg
林道終点から左奥へ2分歩けば山頂
f0212511_18473612.jpg
山頂
f0212511_18474217.jpg
海の中にポツンと浮かぶ産島
f0212511_18474727.jpg
長島と諸浦島、奥に伊唐島が見えます
f0212511_19404654.jpg
クリックで拡大

  【山名・標高】 古江岳 342m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月8日(日) 晴れ 山行時間0:19(休憩除く0:19) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離1.1㎞(林道0.5㎞含む) 累積標高(+)60m 歩数1,825歩
  【車駐車位置】 古江大神宮P マップコード:474145324*33
国道266号の一町田小第一分校から久留地区に入り、林道を進み大古江を経由して登山口に到着する。
古江大神宮の荒れ果てた第二駐車場に車を止めて登る。
古江大神宮の後方にある山頂を踏んで(展望は無し)、その後、天下りの石に拝んで帰る。

  10:40大神宮P ~ 10:49古江岳(9℃) ~ 10:54天下りの岩 ~ 10:59大神宮P
f0212511_1857017.jpg
第二駐車場の止める
f0212511_1857349.jpg
大神宮への参道
f0212511_1857166.jpg
古江大神宮
f0212511_18574571.jpg
大神宮の裏手にある山頂
f0212511_18572737.jpg
天下りの岩
f0212511_1941462.jpg
クリックで拡大

  【山名・標高】 行人岳(普賢岳) 483m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月8日(日) 晴れ 山行時間0:30(休憩除く0:30) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離1.8㎞(林道1.6㎞含む) 累積標高(+)124m 歩数2,957歩
  【車駐車位置】 後1㎞表示位置 マップコード:474388683*2
国道266号の中岳地区から林道を車で進み、悪路のため山頂まで後1㎞標識位置に車を止めて登る。
朽ち果てた普賢菩薩の鳥居を過ぎ、二つの峰となっている行人岳に到着。
眺望は開けているが、残念ながら遠い島々は霞んでてよく見えません。

  12:10 1㎞表示位置 ~ 12:26行人岳(9℃) ~ 12:40 1㎞表示位置
f0212511_1955715.jpg
林道を進んだ所にある後1㎞表示から歩く
f0212511_196550.jpg
林道を登っていく
f0212511_196910.jpg
普賢菩薩の鳥居
f0212511_196167.jpg
山頂には祠が祭ってあります
f0212511_1962039.jpg
f0212511_19411282.jpg
クリックで拡大
  【山名・標高】 蕗岳 320m 中岳 334m 白岳 373m 鋸岳 344m 金比羅山 258m(熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月7日(土) 曇り後晴れ 山行時間3:58(休憩除く3:30) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離12.1㎞(林道1.4㎞含む) 累積標高(+)1155m 歩数19,348歩
  【車駐車位置】 牟田峠登山口 マップコード:372547367*72

午後は天草五橋を渡り九州自然歩道の観海アルプスルートを歩く。
牟田峠を起点に白岳や蕗岳の砂岩層からなる五座を天草松島や八代海を眺めながら楽しむ。
白岳周辺は森林公園として整備されておりきれいなキャンプ場有ります。
周辺には湿地帯やストーンサークル、矢岳神社等があり、時間が有ればゆっくり散策したいものです。
本日予定の午前と午後の山登りが無事終わり、道の駅「有明」に車中泊となる。
道の駅の「さざ波の湯」はリニューアルOPENにつき3月末まで入浴料金300円。ラッキー。
酎ハイでほろ酔い気分、四朗ヶ浜ビーチの波の音を聞きながらいつの間にか寝てしまう。
熊本百名山、今日は午前午後で大岳、白岳、中岳、鋸岳の四座登りました。残りはまだまだ沢山有ります。

  13:10 牟田峠登山口(11℃)
  13:44 展望休憩所~13:50
f0212511_0123413.jpg  13:57 蕗岳(11℃)
  14:11 十字路分岐
  14:20 中岳
  14:22 展望台~14:26
  14:35 白岳(10℃)~14:50
  15:09 林道出合
  15:16 矢岳神社
  15:26 林道から左へ
  15:40 鋸岳(12℃)~15:43
  15:57 十字路分岐
  16:08 蕗岳分岐
  16:11 展望休憩所
  16:42 牟田峠登山口
  16:56 金比羅山(10℃)
  17:08 牟田峠登山口(10℃)
f0212511_0124372.jpg
観海アルプスルートの九州自然歩道
f0212511_013776.jpg
観海アルプスルートの九州自然歩道
f0212511_0131456.jpg
休憩所手前にある鉄製階段
f0212511_0132148.jpg
休憩所から天草松島、右奥に三角山
f0212511_0132810.jpg
天草松島の島々
f0212511_013356.jpg
島々の合間から大矢野橋2号橋、中の橋3号橋、前島橋4号橋が見えてます
f0212511_0134685.jpg
観海アルプスルートの九州自然歩道
f0212511_0135353.jpg
展望所から白岳の山頂を望む
f0212511_014136.jpg
南には雨竜岬が見えます
f0212511_0141061.jpg
眺望が素晴らしい白岳の山頂
f0212511_0141821.jpg
左手前の鋸岳と中央の次郎丸岳
f0212511_0142896.jpg
ストーンサークルの一部
f0212511_0143632.jpg
矢岳神社
f0212511_0144372.jpg
白岳の湿地
f0212511_0145244.jpg
鋸山へ登っていく
f0212511_015346.jpg
鋸山から白岳の山頂を見る
f0212511_0151188.jpg
千元森岳方面の山と天草松島の島々
f0212511_0152154.jpg
左の次郎丸と右の太郎丸
f0212511_0153086.jpg
遊歩道を気持ちよく歩く
f0212511_01536100.jpg
金比羅山への木製階段
f0212511_0154410.jpg
金比羅山の山頂は林の中
f0212511_0155246.jpg
クリックで拡大します
  【山名・標高】 大岳 478m 雄岳 348m (熊本県)
  【月日・時間】 2015年3月7日(土) 曇り 山行時間1:53(休憩除く1:48) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離6.7㎞(林道2.8㎞含む) 累積標高(+)496m 歩数10,328歩
  【車駐車位置】 登山口 マップコード:128847358*5

熊本百名山の情報入手方法を風来坊さんより頂き、早速登ることにした。
百名山と言いながら山は123座あり、まだ64座残っていることが分かった。
天草方面の山は山頂から見る島々の風景が評価的に高いのか、多くの山が設定されている。
九州縦貫道の高速を利用しても、天草エリアには高速道路が無く移動時間を要す場所である。
移動時間とガソリン代を節約するため、一泊二日で多くの山を踏む計画で出発。
6時過ぎに自宅を出発、一般道を走り最初の大岳登山口に10時前到着。
大岳へ登る前に登山口近くの雄岳を踏んで、その後作業道を歩き大岳山頂に到着。
山頂からの展望は開けていない、引き返さず大岳遊歩道を北へ進み右周りの周回をする。
九州自然歩道とあって登山道は気持ちよかった。
これから本日二座目となる上天草市の白岳へ、おにぎりをほおばりながら車を走らせる。

f0212511_20515449.jpg  10:00 登山口(6℃)
  10:08 雄岳
  10:26 作業道終点
  10:45 大岳(6℃)~10:50
  11:04 綱引鉄塔
  11:18 鳥居登山口
  11:31 大岳
  11:43 作業道終点
  11:53 登山口(9℃)

 大岳の全容を見ながら進む→
f0212511_205275.jpg
雄岳の山頂は林の中
f0212511_20521138.jpg
九州自然歩道の大岳コース
f0212511_20522045.jpg
大岳山の山頂には神社がある
f0212511_20522678.jpg
九州自然歩道の案内板
f0212511_2052369.jpg
大岳山頂の神風連血溜の塚
f0212511_20524063.jpg
大岳山頂の広場
f0212511_20525180.jpg
鉄塔へ下る途中に見た有明海と埋立地の玉名市横島町
f0212511_20525787.jpg
大岳登山口にある朽ち果てた大岳神社鳥居
f0212511_2053614.jpg
帰り道に雄岳の全容を見る
f0212511_2350449.jpg

  【山名・標高】 頭岳 465.7m (熊本県)
  【月日・時間】 2014年9月6日(土) 曇り 山行時間1:34(休憩除く1:19) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離3.7㎞(林道2.6㎞含む) 累積標高(+)310m 歩数7,097歩
  【車駐車位置】 最奥の民家 マップコード:474358231*01

  先ほど角山に登ってきて、本日三座目の最後となる頭岳へ登る。
  車で林道終点まで行くつもりが悪路により断念、最奥の民家から出発。
  林道をジグザグに登り、林道終点からちょっと荒れた登山道を登り山頂に辿り着く。
  先ほどの角山山頂からの景色も良かったが、この頭岳からは一段と素晴らしい。
  西側の展望はないものの北・東・南には山々、島々、海が見え最高の景色です。
  この時期、山頂はアブが飛んでおり、洋服の上から刺され早々に下山となる。
  下山は往路を下り、暗くなる前に無事下山となる。
  今回は、遅い時刻(午前中は別件有り)の登山開始で三座が踏め充実した一日となりました。
  
f0212511_55138.jpg  16:15 最奥の民家(26℃)
  16:19 森林管理道記念碑
  16:37 林道終点
  16:54 稜線鞍部
  17:00 頭岳(24℃)~17:15
  17:20 稜線鞍部
  17:31 林道終点
  17:45 森林管理道記念碑
  17:49 最奥の民家(26℃)

   山頂から見る八代海→
f0212511_5512096.jpg
登山開始となる最奥の民家
f0212511_5511796.jpg
頭岳森林管理道記念碑
f0212511_5513214.jpg
林道終点
f0212511_5513092.jpg
フワフワの登山道
f0212511_5514573.jpg
頭岳と小頭岳の分岐
f0212511_5514212.jpg
尾根の登り
f0212511_551597.jpg
尾根の登り
f0212511_5515765.jpg
山頂標識
f0212511_5521282.jpg
北東の島原湾方面の島々
f0212511_5521394.jpg
眼下に見える新合の集落
f0212511_5522851.jpg
新合集落と八代海
f0212511_552271.jpg

  【山名・標高】 角山 525.9m (熊本県)
  【月日・時間】 2014年9月6日(土) 曇り 山行時間1:09(休憩除く0:47) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離1.9㎞(車道0.5㎞含む) 累積標高(+)167m 歩数3,880歩
  【車駐車位置】 登山口 マップコード:474566085*52

  本日、二座目は角山へ登る。
  降り口から登り左回りで登っていく。尾根に出てから南に進み山頂に辿り着く。
  山頂は360度の展望が開け天草上島の山々や八代海方面の島々が見渡せる。
  山頂で展望を楽しんだあとは登り口へ下り、水の神のある道路を経て出発点へ帰る。
  時刻が夕方になってきた、本日三座めの頭岳へと急ぐ。

f0212511_23252675.jpg  14:30 降り口(25℃)
  14:39 尾根出合
  14:43 稜線分岐
  14:54 登り口分岐
  14:58 角山(26℃)~15:20
  15:23 登り口分岐
  15:33 登り口
  15:39 降り口(26℃)

   山頂から見る民家→
f0212511_2326513.jpg
周回ルートの降り口から登る
f0212511_23254248.jpg
登山道
f0212511_23261641.jpg
登山道
f0212511_23255213.jpg
角山の山頂
f0212511_23262675.jpg
山頂からの山々の眺望
f0212511_2326341.jpg
山頂からの島々
f0212511_23263835.jpg
登り口にある金毘羅宮
f0212511_23261613.jpg
登り口には案内板がある
f0212511_23265170.jpg
車道にある「水の神」
f0212511_23262921.jpg