カテゴリ: 島原半島( 20 )

【山名・標高】絹笠山 879m (長崎県)
【月日・時間】2019年6月22日(土) 曇り 山行時間1:27(休憩除く1:14) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離3.6㎞(車道1.0㎞含む) 累積標高(+)219m 歩数7,236歩
【車駐車位置】白雲の池駐車場 マップコード:173526784*06

先ほど九千部岳に登り、次は雲仙温泉街にある絹笠山に登ります。
白雲の池駐車場から出発、30分も掛からず山頂到着。
山頂の展望台から、目前に咲くヤマボウシと温泉街の展望は素晴らしい。
展望を楽しんだ後は、雲仙メモリアルホール方面へ下り、原生沼経由で帰る。

今日は生憎の天気でしたが雨は降ることなく、
九千部岳と絹笠山のヤマボウシを楽しむことができました。

 13:45 白雲の池駐車場(22℃)
 13:48 登山口(白雲の池)
 14:11 絹笠山(23℃)~14:24
 14:50 登山口(原生沼)
 15:03 白雲の池遊歩道入口
 15:12 白雲の池駐車場(25℃)
f0212511_12371662.jpg
白雲の池駐車場
f0212511_12373368.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_12381483.jpg
白雲の池キャンプ場、横の登山口から登ります
f0212511_12382414.jpg
整備された道
f0212511_12383516.jpg
良い雰囲気
f0212511_12384205.jpg
絹笠山に到着、展望台から眺めます
f0212511_12385126.jpg
雲仙の温泉街が見えます
f0212511_12385970.jpg
f0212511_12390829.jpg
f0212511_12391737.jpg
少しピンク掛かっています
f0212511_12392766.jpg
真っ白
f0212511_12393680.jpg
周回して帰ります、こちらの道も良いですね
f0212511_12395170.jpg
f0212511_12400786.jpg
原生沼の登山口に下ってきました


【山名・標高】 九千部岳 1062m (長崎県)
【月日・時間】 2019年6月22日(土) 曇り山行時間3:08(休憩除く2:38) 登山者複数
【距離・歩数】 沿面距離5.1㎞(林道0.3㎞含む) 累積標高(+)529m 歩数9,966歩
【車駐車位置】 田代原トレイルセンター駐車場 マップコード:173706841*38

雲仙の山々を彩るヤマボウシ。
ピークは過ぎているが、まだまだ楽しめるとの情報を得て行ってきました。
先ずは九千部岳に登ります。
田代原トレイルセンターから出発、九千部岳を反時計回りに周回します。
樹林におおわれ風通しの無い登山道を登っていきます、蒸し暑い!。
岩場でちょっと寄り道、ヤマボウシの絶景が飛び込んできます。
蒸し暑い登山道を登ってきた甲斐がありました。
九千部岳の山頂到着。
山々の一面に広がるヤマボウシの花、緑色と白色のコラボ斜面、圧巻です。
山頂や岩場展望台、奥座敷展望台で休憩しながらヤマボウシを満喫します。
(白い4枚は花びらではなく、実は総苞片(そうほうへん)だそうです。)
楽しんだ後はゴロゴロ石の九州自然歩道を下り、遊歩道を経て帰りました。

  
 09:40 田代原トレイルセンター(24℃)
 10:55 九千部岳(20℃)~11:00
 11:03 展望岩~11:18
 11:28 奥座敷展望岩~11:38
 11:46 吹越越分岐
 12:25 牧場ゲート
 12:48 田代原トレイルセンター(24℃)
f0212511_12051324.jpg
田代原トレイルセンターから出発
f0212511_12070078.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_12071437.jpg
山頂手前の岩場から見る風景
f0212511_12072542.jpg
ヤマボウシをアップ
f0212511_12073758.jpg
f0212511_12074787.jpg
ガスが掛かっていますが良いですね
f0212511_12075706.jpg
九千部岳の山頂到着
f0212511_12081296.jpg
f0212511_12082675.jpg
ヤマボウシと山々
f0212511_12083896.jpg
ピンク色のヤマボウシ
f0212511_12090417.jpg
山一面、ヤマボウシ
f0212511_12091421.jpg
f0212511_12092007.jpg
f0212511_12093497.jpg
f0212511_12094347.jpg
f0212511_12095628.jpg
ピンクとシロ色
f0212511_12101217.jpg
アジサイも綺麗です
f0212511_12102671.jpg
この道は歩きにくく疲れます
f0212511_12103417.jpg
一頭のアサギマダラ
f0212511_12105082.jpg
良い雰囲気
f0212511_12110525.jpg
駐車場に帰って来ました、道路から撮った黄色い花?

【山名・標高】 普賢岳 1359m 国見岳 1347m 妙見岳 1333m (長崎県)
【月日・時間】 2019年5月5日(日) 晴れ 山行時間6:05(休憩除く5:15) 登山者複数
【距離・歩数】 沿面距離10.0㎞(林道0.4㎞含む) 累積標高(+)1,011m 歩数15,060歩
【車駐車位置】 池ノ原園地駐車場 マップコード:173587080

今日は普賢岳に登ります。
ミヤマキリシマは早いようですがヒカゲツツジが満開。

池之原駐車場からスタートします。
遊歩道の両サイド、ミヤマキリシマがチラホラと咲いています。
不揃いな石段を登り仁田峠まで上がります。

仁田峠からロープウェイを横目に登山道を登り妙見展望台に到着。
眼下には絶景が広がり疲れが癒されます。

妙見神社を経て一旦国見岳に登り分岐まで引き返します。
鬼人谷へ下り、鳩の穴分れ経由で一方通行を登り立岩の峰。
岩峰にヒカゲツツジがびっしりと咲いています。
特に霧氷沢のヒカゲツツジは岩を覆いかぶさるように群生しています。
普賢岳のヒカゲツツジ、初めての鑑賞、感動します。

普賢岳に到着。
360°のパノラマ、天草方面も見え絶景です。
山頂はポカポカ陽気、食事をとりお腹も満腹。
下山開始、紅葉茶屋まで一気に下り、あざみ谷経由で下山します。

仁田峠まで下り、暑さのあまりアイスクリームを食べます。
あとは朝登ってきた石段を池之原園地へ向けて下っていきます。
ミヤマキリシマが午前中に比べ陽気に誘われ開花したようで鮮やかに見えます。
今日も山登りすることができ最高の一日となりました。

小地獄温泉で汗を流し、小浜ちゃんぽんを食べて帰ります。

  08:10 池の原園地(15℃)
  08:55 仁田峠
  09:23 妙見展望台~09:30
  09:36 妙見岳
  10:00 国見岳(19℃)~10:04
  10:26 鬼人谷口
  10:39 西の風穴
  11:00 鳩穴分れ
  11:16 立岩の峰
  11:36 樹氷の沢
  11:50 普賢岳(17℃)~12:16
  12:37 紅葉茶屋
  13:12 ロープウェイ駅~13:25
  13:33 仁田峠
  14:15 池の原園地(24℃)

f0212511_23073541.jpg
池の原園地駐車場からスタート
f0212511_23074339.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23074915.jpg
妙見展望台近くから仁田峠を見る
f0212511_23075579.jpg
ミツバツツジが咲いています
f0212511_23080020.jpg
妙見展望台からの景色
f0212511_23080623.jpg
妙見展望台からの景色
f0212511_23081267.jpg
f0212511_23081742.jpg
国見岳からの眺望
f0212511_23082349.jpg
f0212511_23082866.jpg
f0212511_23083487.jpg
鳩穴分れの案内板
f0212511_23083925.jpg
立岩の峰に咲くヒカゲツツジ
f0212511_23084629.jpg
立岩の峰から国見岳方面
f0212511_23085204.jpg
樹氷の沢近くに咲くヒカゲツツジ群生
f0212511_23085949.jpg
f0212511_23090549.jpg
f0212511_23091164.jpg
f0212511_23092295.jpg
最後にもう一枚、ヒカゲツツジ
f0212511_23093030.jpg
普賢岳からの眺望
f0212511_23093645.jpg
f0212511_23094279.jpg
f0212511_23094915.jpg
ロープウェイ駅に下山してきました
f0212511_23095733.jpg
仁田峠から下り、途中の子供広場
f0212511_23100464.jpg
池の原園地までこんな感じ
f0212511_23100950.jpg
朝の状態より開花が進んでいるようで

f0212511_23101673.jpg
池の原園地に帰って来ました

【山名・標高】 眉山(七面山) 819m 眉山(天狗山) 695m 南峰 708m(長崎県)
【月日・時間】 2019年5月4日(土) 晴れ 山行時間3:14(休憩除く2:23) 登山者複数
【距離・歩数】 沿面距離3.8㎞(林道0.1㎞含む) 累積標高(+)428m 歩数6,383歩
【車駐車位置】 眉山登山口 マップコード:173655335

昨日12時スタートの佐世保-島原ウルトラウォーク。
17時間44分51秒でリタイヤすることなく無事に完歩。
朝7時から入浴できる「ゆとろぎの湯」で汗を流しスッキリします

足に肉刺ができる事もなく、まだまだ歩けそうです。
天気も良く登山日和、と云うことで短い距離の眉山に登ります。

登山口に車を止めて出発。
七面山の山頂に近づくにつれ急登、木製階段を登ります。
無事に山頂にたどり着きます。
お昼を食べ、今度は天狗山へ向かいます。
急坂と葉っぱに足を取られ、何度も扱けそうになります。
ロープが有りますが、摩擦で手のひらに肉刺ができます。

扱けずに下った後、今度は天狗山へ向かいます。
天狗山に登り、小天狗、南峰と尾根を歩きます。
周回して下山。
ウォーキング後の足慣らしができました。

 12:10 眉山登山口
 12:58 眉山(七面山)~13:33
 13:58 天狗山分岐
 14:12 眉山(天狗山)~14:23
 14:34 子天狗岩
 14:51 南 峰~14:56
 15:24 眉山登山口
f0212511_19182028.jpg
眉山の登山口、眉山は七面山と天狗山の総称
f0212511_19182845.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_19184019.jpg
f0212511_19184777.jpg
ギンリョウソウがちょこちょこあります
f0212511_19185278.jpg
最後の急登を登ります
f0212511_19185719.jpg
もう少しで山頂
f0212511_19190273.jpg
七面山から普賢岳を望みます
f0212511_19190871.jpg
面白い案内標識
f0212511_19191357.jpg
天狗山から見る島原の島々
f0212511_19191862.jpg
天狗山から見る島原市
f0212511_19192328.jpg
天狗山から見る島原市
f0212511_19192931.jpg
天狗山到着、小天狗と南峰が見えます
f0212511_19193629.jpg
小天狗山に咲くエゴノキの花?
f0212511_19194131.jpg
南峰から見る天狗山
f0212511_19194726.jpg
f0212511_19195493.jpg
海の見える遊歩道を歩き下山してきました




【山名・標高】普賢岳 1,359m 国見岳 1,347m (長崎県)
【月日・時間】2018年6月17日(日) 晴れ 山行時間5:47(休憩除く4:32) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離8.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)838m 歩数16,929歩
【車駐車位置】出発口 吹越登山口 マップコード:173647388*3
       到着口 池の原園地 マップコード:173587080
 
昨日は九千部岳と鳥甲山に登り、ヤマボウシを十分堪能することができた。
今日は普賢岳の××に咲くオオヤマレンゲを見に行く。

今日は吹越登山口から登り国見岳、普賢岳と山頂を踏み池の原園地に下山します。
吹越登山口から進み、後半の急坂を登り尾根を経て国見岳に登ります。
国見岳を下り鬼人入口を経て、風穴(北側)近くに咲くオオヤマレンゲを鑑賞。
殆ど枯れていますが、二輪だけが残っており目を楽しませてくれます。
その後、鳩穴分れから岩峰の峰を経て普賢岳の山頂に辿り着きます。
島原湾・八代海に浮かぶ天草諸島の島々の眺望が素晴らしい。
もちろん、国見岳や妙見山の山並みもすばらしい光景です。
山頂からモミジ茶屋へ下り、あざみ台ルートを経て仁田峠に到着。
もうひと頑張り、車をデポしている池の原園地まで下り下山となりました。
今日もヤマボウシに加えオオヤマレンゲを楽しむことができました。

 09:50 吹越登山口(19℃)
 10:54 尾根出合
 11:15 国見岳
 11:37 鬼人谷口
 11:47 西の風穴
 12:00 鳩穴分れ~12:35
 12:51 立岩の峰
 13:13 普賢岳~13:40
 14:00 紅葉茶屋
 14:40 仁田峠(21℃)~14:55
 15:37 池の原園地

f0212511_23033608.jpg
f0212511_23034457.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23035183.jpg
ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺)ちょっと苦かった
f0212511_23062852.jpg
ツリー状のヤマボウシ
f0212511_23064146.jpg
これはアセビ?(ドウダンツツジとアセビの違いが分らない)
f0212511_23064710.jpg
国見岳の山頂
f0212511_23065323.jpg
これは紅ドウダンツツジでしょうか?
f0212511_23070170.jpg
天草の島々
f0212511_23070867.jpg
雲仙温泉街
f0212511_23073982.jpg
ピンク色のヤマボウシがあります
f0212511_23074798.jpg
岩場の斜面に根っ子がくっついています
f0212511_23075518.jpg
まだ有りましたオオヤマレンゲ
f0212511_23083092.jpg
遠く多良岳が見えています
f0212511_23083718.jpg
f0212511_23084306.jpg
f0212511_23085171.jpg
f0212511_23095860.jpg
普賢岳の山頂から平成新山を観る
f0212511_23100765.jpg
仁田峠から池の原駐車場へ下っていきます
f0212511_23101525.jpg
遊歩道に咲く
f0212511_23102196.jpg
駐車場に帰ってきました


【山名・標高】九千部岳 1,062m 鳥甲山 822m (長崎県)
【月日・時間】2018年6月16日(土) 晴れ 山行時間6:25(休憩除く5:23) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離12.8㎞(林道6.3㎞含む) 累積標高(+)882m 歩数22,453歩
【車駐車位置】田代原キャンプ場駐車場 マップコード:173706841*38

九千部岳から見るヤマボウシ、ミラさんのブログ情報により今週あたりが見ごろ。
天気は数日前の予報から回復してきており鑑賞登山へ行ってきました。

6時前に自宅を出発、高速代を浮かせるため一般道を経て田代原キャンプ場に到着。
駐車場は満車になったばかり、近くの路肩に駐車して出発します。
先ほどまでガスが掛っていたので蒸し暑く、汗をかきながら北尾根を登ります。

九千部岳の山頂に到着。ヤマボウシが山々の斜面を白く染めています。
数年前に比べるとちょっと少なめのような気がしますがすばらしい景色です。
狭い山頂は登山者でごった返ししており、スイカを食べている人もいます。
聞き覚えのある声に振り返ると「やまびこ会」の方々じゃありませんか。
地元のミラさんをはじめ信ちゃん・俊ちゃんなど10名ほど。
私も甘くて美味しいスイカを頂き、しばらくご一緒させていただきました。
みなさん、ワイワイガヤガヤ楽しい時間をありがとうございました。

みなさんと別れた後は、田代原牧場まで下り鳥甲山へ向かいます。
鳥甲山へは県道131号線と林道の計約3㎞の道を歩いて取付点に到着。
取付点から約10分で山頂、木々に覆われ展望は全くありません。
しかし、奥にある岩場は素晴しい眺望が開けています。

鳥甲山から見る吾妻岳と九千部岳、普賢岳と眺望を楽しんで下山。
帰りは田代原牧場まで戻り、木陰の遊歩道を歩いて田代原キャンプ場に帰り着く。

 09:10 田代原キャンプ場(20℃)
 10:33 九千部岳~10:54
 11:33 吹越分岐
 12:13 牧場ゲート
 12:27 赤岩・音姫観世音鳥居
 12:42 鳥甲山林道ゲート
 13:12 取付き地点
 13:24 鳥甲山(30℃)~14:05
 14:15 取付き地点
 14:42 鳥甲山林道ゲート
 14:59 赤岩・音姫観世音鳥居
 15:08 牧場ゲート
 15:35 田代原キャンプ場(24℃)
f0212511_02065949.jpg
f0212511_02070893.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06490731.jpg
ヤマボウシが田代原や吹越周辺に多い訳
f0212511_06491452.jpg
蒸暑い北尾根を登っていきます
f0212511_06491942.jpg
九千部岳からの絶景
f0212511_06492547.jpg
普賢岳方面
f0212511_06493282.jpg
ヤマボウシをアップしてみました
f0212511_06494129.jpg
シモツケも綺麗です
f0212511_06494818.jpg
くもきりそう
f0212511_06495603.jpg
f0212511_06500428.jpg
f0212511_06501211.jpg
苔むしたゴロゴロ石の登山道、滑ります
f0212511_06501973.jpg
もう少しで牧場ゲートです
f0212511_06502632.jpg
牧場ゲートから右へ曲がり鳥甲山へ向かいます
f0212511_06503344.jpg
県道に出て暫らく歩きます
f0212511_06503968.jpg
県道から林道へ入っていきます
f0212511_06504640.jpg
林道終点から登山道を10分程歩いて鳥甲山に到着
f0212511_06505276.jpg
鳥甲山の岩場から見る吾妻岳方面
f0212511_06505952.jpg
こちらは平成新山方面
f0212511_06510501.jpg
f0212511_06511228.jpg
足元に咲くヤマボウシ
f0212511_06511966.jpg
鳥甲山を下山したのち、牧場遊歩道を帰ります


山友さんのブログから南島原市の岩戸山に登ってみたくなった。
我が家から遠い事も有り、折角なので近所の山も事前に調査し登ることにした。
低山ではあるものの岩戸山に加え烽火山、愛宕山、鳳上岳の四座を計画。
先ほど午前中にオルレコースを歩き烽火山に登った。
次はメインの岩戸山、その前に昨夜知人から入った情報により女島山に登る。
f0212511_06474447.jpg
クリックで拡大(女島山・岩戸山・愛宕山)

②【山名・標高】女島山(めじまさん) 70m (長崎県)
 【月日・時間】2018年3月25日(日) 晴れ 山行時間0:16(休憩除く0:13) 登山者単独
 【距離・歩数】沿面距離0.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)71m 歩数1,210歩
 【車駐車位置】女島山登山口 マップコード:173125368*56
女島山はポツンと海岸にそびえ立つ低山。あっという間に山頂到着。
狭い山頂からの眺望は左右に伸びる海岸線が綺麗、北方面は愛宕山がどっしりと座っている。
本来なら天草も見えるはずですが今日は残念ながらPM2.5が多く全く見えません。
  11:35 女島山登山口
  11:42 女島山(16℃)~11:45
  11:51 女島山登山口
f0212511_06475018.jpg
女島山(めじまさん)登山口
f0212511_06475699.jpg
登山道が狭く急登、ガード柵が整備されています
f0212511_06480262.jpg
女島山の山頂
f0212511_06480851.jpg
このあと登る予定の岩戸山
f0212511_06481316.jpg
白浜海水浴場方面
f0212511_06473399.jpg
女島山と岩戸山の間にある前浜海水浴場

③【山名・標高】岩戸山 96.2m  (長崎県)
 【月日・時間】2018年3月25日(日) 晴れ 山行時間0:59(休憩除く0:59) 登山者単独
 【距離・歩数】沿面距離1.8㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)245m 歩数4,212歩
 【車駐車位置】巌吼寺登山口 マップコード:173124690*68
女島山の次は岩戸山へ
登山口である巌吼寺及び駐車場周辺の桜は満開に咲いています。
階段を進み岩戸山(座禅岩)へ登り、次は穴観音、帰りに展望台によって下山。
穴観音は岩山の一部が大きくえぐれ、中に観音様が祭られています、必見です。
  12:10 巌吼寺登山口(16℃)
  12:18 三差路(経塔)
  12:23 岩戸山
  12:26 三差路(経塔)
  12:35 穴観音
  12:43 三差路(経塔)
  12:55 先端
  13:09 巌吼寺登山口
f0212511_07121650.jpg
登山口となる巌吼寺
f0212511_07122247.jpg
巌吼寺境内に咲く桜は満開
f0212511_07122733.jpg
f0212511_07123277.jpg
経塔の分岐から先ずは岩戸山の山頂へ(座禅石・さるの墓有り)
f0212511_07123781.jpg
岩戸山の山頂
f0212511_07124249.jpg
前浜海水浴場の右側に先ほど登った女島山がポツンと見えます
f0212511_07124942.jpg
経塔の分岐へ戻り今度は穴観音へ、左側は断崖絶壁です
f0212511_07125592.jpg
大岩をくり抜いた様な所に有る穴観音
f0212511_07130303.jpg
穴観音から引返し展望の良い所に登ってきました
f0212511_07130942.jpg
野田浜海水浴場
f0212511_07131672.jpg
境内の桜を見て次の愛宕山登山口へ向かう

④【山名・標高】愛宕山 291.4m  (長崎県)
 【月日・時間】2018年3月25日(日) 晴れ 山行時間0:39(休憩除く0:39) 登山者単独
 【距離・歩数】沿面距離1.1㎞(林道0.1㎞含む) 累積標高(+)148m 歩数2,734歩
 【車駐車位置】愛宕神社登山口 マップコード:173156007*03
岩戸山の次は愛宕山へ
林道終点の愛宕神社の鳥居から出発。
ゴロゴロ岩や滑りやすい登山道を登り、いずれ登山道が不明瞭で平坦な樹林の中へ入る。
その後、迷いながらGPS頼りに樹林の中を歩き山頂を踏む。
下山は往路を引き返すつもりが、やはり違ったルートで下ってしまった。
愛宕山への距離は短いですが、樹林帯エリアは、すごく迷いやすいです。
  13:36 愛宕神社登山口(17℃)
  14:00 愛宕山
  14:15 愛宕神社登山口
f0212511_07181668.jpg
林道終点の愛宕神社から登ります
f0212511_07182320.jpg
歩きにくく荒れた登山道
f0212511_07182961.jpg
椿にちょっと癒されます
f0212511_07183465.jpg
f0212511_07183981.jpg
山頂周辺は樹林が生茂って迷路、迷います
f0212511_07184569.jpg
無事に山頂到着、帰りもGPS見ながら下山

⑤愛宕山から鳳上岳へ
鳳上岳の登山口を、県道や作業道から何度も入り込み探すが分からず。
自宅までの帰路時間もあるので登山を断念 帰る。
結果、南島原の低山、烽火山、女島山、岩戸山、愛宕山の四座踏んで帰りました。

①【山名・標高】烽火山 94m  (長崎県)
 【月日・時間】2018年3月25日(日) 晴れ 時間3:05(休憩除く2:50) 単独
 【距離・歩数】沿面距離11.6㎞ 累積標高(+)332m 歩数16,861歩
 【車駐車位置】口之津港緑地公園 マップコード:173067705*22

昨日は多良岳に登り口之津港緑地公園まで来て車中泊してました。
今日は、初めての九州オルレにチャレンジします。
南島原コースを歩き烽火山(のろしやま)の山頂を踏む。
自然豊かな素晴しいコース、今度はゆっくり歩きたいものです。
残り予定している女島山、岩戸山、愛宕山、鳳上岳へ急ぐ。
 
 07:45 口之津港(9℃)
 08:14 野田堤
 08:23 烽火山(10℃)
 08:36 幻の野向の一本松~08:44
 09:16 瀬詰崎灯台
 09:28 あこう群落・・・南方系のクワ科「あこう」
 09:54 玄武岩の海岸入口
 10:13 口之津灯台・・・六等白色の灯台として明治13年に点灯
 10:23 口之津歴史民俗資料館(12℃)~10:30・・オルレのゴール地点
 10:50 口之津港
f0212511_21491600.jpg
前日の夕方、夕陽に輝く両子岩を観ることができました
f0212511_21512033.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21512646.jpg
口之津港から緑地公園からスタートします
f0212511_21513289.jpg
豊乳河童の横を通っていきます
f0212511_21513734.jpg
野田堤と烽火山
f0212511_21514395.jpg
烽火山にある神社
f0212511_21514914.jpg
f0212511_21515613.jpg
「幻の野向の一本松」にある案内板
f0212511_21520586.jpg
女島と愛宕山
f0212511_21521270.jpg
f0212511_21521890.jpg
瀬詰崎灯台
f0212511_21522537.jpg
あこう群落
f0212511_21523269.jpg
玄武岩の海岸を歩く
f0212511_21524154.jpg
口之津灯台
f0212511_21524717.jpg
赤いなんばんおおはしが見えます
f0212511_21525439.jpg
オルレゴールの口之津歴史民俗資料館
f0212511_21530101.jpg
なんばんおおはしから見る愛宕山
f0212511_21530779.jpg
南国のようです?
f0212511_21531322.jpg
帰ってきました口之津港

  【山名・標高】 猿葉山 364m かま岳 392m (長崎県)
  【月日・時間】 2016年2月28日(日) 晴れ 山行時間1:48(休憩除く1:32) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離3.3㎞(車道0.5㎞含む) 累積標高(+)387m 歩数4,725歩
  【車駐車位置】 少年自然の家駐車場 マップコード:173668378*3

やまびこ会のオフ会、「千々石少年自然の家」で朝を迎え、総勢15名で元気よく猿葉山へ。
かま山峠の近くにある三角点(392m)が、釜山の山頂ではないのかと思いながら猿葉山へ。
(釜岳(240m)の山頂は地図上「千々石少年自然の家」の北にあるが三角点は見当らない)
猿葉山に到着。猿葉山の真新しい山頂標識を撮り、引き返して初級・中級コースを帰る。
荒れた登山道を下り車道に出て、少し歩いたら出発点の駐車場に到着。
短い時間でしたが晴天にも恵まれ、皆さんと気持ちよいハイキングができました。

  08:55 少年自然の家P(8℃)f0212511_1628.jpg
  09:14 かまの里
  09:22 かま山峠
  09:28 三角点(かま岳)
  09:34 初級中級標識
  09:47 猿葉山(11℃)~10:03
  10:15 初級中級標識ト
  10:36 道路出合
  10:43 少年自然の家P

   「千々石少年自然の家」の
   2階建てログケビン→
f0212511_161377.jpg
「千々石少年自然の家」の駐車場から左回りに周回(赤色軌跡)
f0212511_1627100.jpg
ログケビンで盛り上がるオフ会
f0212511_163274.jpg
駐車場からスタートして間もなく林間ハイキングコース入口から入る
f0212511_163752.jpg
トイレの有る駐車場、かまの里か峠へ向け階段を登ります
f0212511_164261.jpg
かま山峠から見る橘湾と小浜町富津漁港
f0212511_16484.jpg
山頂標識が立った猿葉山、視界は雑木林で遮られています
f0212511_165433.jpg
下山は初級中級コースを下ります
f0212511_17029.jpg
やまびこ会解散後、「少年自然の家」の「海見の岩」から展望を楽しむ
f0212511_17554.jpg
やまびこ会解散後、「少年自然の家」の「海見の岩」から展望を楽しむ
f0212511_171210.jpg
福岡へ帰る途中、諫早湾干拓堤防道路から振返り普賢岳を見る
f0212511_171817.jpg
まだまだ続く諫早湾干拓堤防道路(堤防部分7,050 m)、先には多良岳が見えています
  【山名・標高】 眉山(七面山) 819m 眉山(天狗山) 695m 南峰 708m(長崎県)
  【月日・時間】 2016年2月27日(土) 曇り 山行時間3:00(休憩除く2:18) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離4.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)669m 歩数6,921歩
  【車駐車位置】 眉山登山口 マップコード:173655335

やまびこ会のオフ会(2月27日)に合わせ、信ちゃん・俊ちゃんに眉山登山に誘って頂き行ってきました。
メンバーはhigetiasさん、mamatiasさん、それに案内をして頂いたtetu-1さんの計6人。
眉山は二回目ですがtetu-1さんの案内によりお初の小天狗や南峰に行くことができ満足です。
歩行距離は短いが高低差が有り、登り応えのある起伏にとんだ山歩きでした。
ご一緒して頂いたみなさん、楽しい山歩きの一時、ありがとうございました。
下山後、南風楼の温泉でゆっくり身体を癒し、その後「千々石少年自然の家」オフ会会場へ。

  09:11 眉山登山口(6℃)f0212511_0251034.jpg
  10:02 眉山(七面山)(4℃)~10:14
  10:38 天狗山分岐
  10:49 眉山(天狗山)(6℃)~10:55
  11:53 子天狗岩~00:00
  11:30 南峰(8℃)~11:54
  12:11 眉山登山口(9℃)
f0212511_0252420.jpg
今回の軌跡は赤色
f0212511_22212465.jpg
眉山(七面山)への最後の登りを一歩一歩登っていきます
f0212511_22213099.jpg
山頂には鉄製?鳥居がひっそりとあります
f0212511_22213747.jpg
f0212511_22214369.jpg
一旦急勾配を下り再び急斜面を登り天狗山へ向かいます
f0212511_22214979.jpg
天狗山から見る島原市内と、島原湾に浮かぶ爛場島
f0212511_222156100.jpg
天狗山から小天狗へ向かう途中、崩壊した痛々しい山肌を見る
f0212511_2222351.jpg
一本松?が残っています
f0212511_22221035.jpg
小天狗から見る普賢岳
f0212511_22221819.jpg
小天狗から見る七面山(左)と天狗山(右)
f0212511_22222698.jpg
小天狗から見る市営陸上競技場と島原市内
f0212511_22223388.jpg
案内板の表記が個性的です