カテゴリ: 英彦山系( 23 )

【山名・標高】英彦山 1,199 (福岡県)
【月日・時間】2018年10月28日(日) 晴れ 山行時間5:42(休憩除く4:57)登山者複数
【距離・歩数】沿面距離9.2㎞(車道1.0㎞含む) 累積標高(+)876m 歩数16,177歩
【車駐車位置】豊前坊駐車場 マップコード:383217662*48

午後から晴れ間が出てくる天気予報。
青空に映える紅葉を求めて裏英彦山に行ってきました。
終始、紅葉シャワーに癒された英彦山歩きとなり最高の紅葉狩りとなりました。

 09:10 豊前坊駐車場(9℃)
 09:30 裏英彦山取付点
 10:00 北岳分岐
 10:35 ケルンの谷
 10:52 垂水の壺
 11:27 籠水峠
 11:46 巨岩展望台
 11:52 鹿の角~12:10(15℃)
 12:41 南岳巻道出合
 12:51 英彦山~13:18(10℃)
 13:57 観察路十字路
 14:14 九州自然遊歩道合流
 14:25 スキー場
 14:52 豊前坊駐車場(10℃)
f0212511_20465097.jpg
豊前坊駐車場の紅葉
f0212511_20470197.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_20471110.jpg
鷹巣山の紅葉

f0212511_20471746.jpg
20名ほどの団体さんの後について裏英彦山へ入っていきます
f0212511_20472445.jpg
素晴らしい紅葉
f0212511_20473177.jpg
赤色も綺麗です
f0212511_20473732.jpg
紅葉に見とれてしまいます
f0212511_20474408.jpg
f0212511_20475062.jpg
横を観たり、後ろを観たり大忙しです
f0212511_20475539.jpg
鹿の角で休憩
f0212511_20480209.jpg
f0212511_20481049.jpg
f0212511_20481808.jpg
f0212511_20482523.jpg
f0212511_20483110.jpg
英彦山上宮が見えます
f0212511_20483982.jpg
f0212511_20484885.jpg
山々も綺麗です
f0212511_20485595.jpg
北西尾根方面
f0212511_20490238.jpg
f0212511_20491006.jpg
f0212511_20491721.jpg
観察路辺りの紅葉
f0212511_20492396.jpg
f0212511_20493080.jpg
スキー場のすすきと紅葉


【山名・標高】英彦山 1,200m (福岡県)
【月日・時間】2018年6月24日(日) 晴れ 山行時間4:45(休憩除く3:28) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離6.1㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)655m 歩数9,176歩
【車駐車位置】豊前坊登山口 マップコード:383217664*48

今日は英彦山のオオヤマレンゲを見に行ってきました。
望雲台でお会いした、花に詳しい方と英彦山中岳までご一緒させて頂きました。
道中、いろんな花を教えてもらい勉強になりました。
今年のオオヤマレンゲはまだまだ蕾もあり楽しめそうです。
山頂の英彦山ヒメシャラもまだ残っていました。

 09:10 豊前坊高住神社登山口(18℃)
 09:37 望雲台~09:47・・・・・・登山道に咲く花の説明を受け歩く
 10:43 北岳の肩~10:48・・・・・息を切らせ木製階段を登ってきました
 11:02 英彦山北岳・・・・・・・・道中、いろいろと花の説明を受ける
 11:30 英彦山中岳(23℃)~12:10・お昼を頂きます
 12:24 産霊神社~12:35・・・・ここにもオオヤマレンゲが咲いています
 12:48 バードライン分岐
 13:01 観察路分岐・・・・・・・・道が荒れています
 13:12 観察路十字路~13:23・・登山者と立ち話
 13:34 スキー場
 13:55 豊前坊高住神社登山口(22℃)
f0212511_06462927.jpg
高住神社から出発します
f0212511_06463898.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06464443.jpg
バイカツツジ(梅花躑躅)
f0212511_06464942.jpg
ツクシタツナミソウ(筑紫立浪草)
f0212511_06465497.jpg
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
f0212511_06465982.jpg
スズムシソウ (鈴虫草)
f0212511_06470405.jpg
f0212511_06471243.jpg
ネジキ(捩木)
f0212511_06471817.jpg
ヒコサンヒメシャラ (英彦山姫沙羅)
f0212511_06472486.jpg
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
f0212511_06473112.jpg
オオヤマレンゲ(大山蓮華)
f0212511_06480129.jpg
小鳥の名は分かりません?
f0212511_06481380.jpg
f0212511_06482250.jpg
スキー場へ帰ってきました


【山名・標高】英彦山 1200m  (福岡県)
【月日・時間】2019年2月3日(土) 天気 山行時間6:20(休憩除く5:01) 登山者多数
【距離・歩数】沿面距離10.3㎞(車道1.0㎞含む) 累積標高(+)1,062m 歩数16,018歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

登山口の別所駐車場まで一部積雪がありましたがスパイクレスタイヤで問題なく到着。
登山身支度を済ませ、先に行かれた山友さん達を追いかけ奉幣殿で合流。
総勢10名でワイワイガヤガヤと話しながら四王寺の滝と行者の滝へ。
四王寺の滝は成長して見栄えする氷爆になっています、若干左側は水量が少ないのか氷柱が無く岩肌が見えていました。
四王寺の滝を鑑賞した後、急登ルートは進まず一旦下り、今度は行者の滝へ登っていきます。
四王寺の滝に比べると見劣りしますが、氷柱の上に雪が積もり、これも良いものです。
ここで皆さんとはお別れ、正面参道へ上がります。
正面参道を少し登り、今度は行者堂近くにある二段の滝(Wの滝)を鑑賞。
しっかりと氷爆しており素晴らしい二段の滝です。
二段の滝を鑑賞した後、やはり山頂を踏まないと…、英彦山中岳へ。
休憩所で昼食を取っていると、吹雪きはじめ、ホワイトアウト状態になる。
早々に下山、北西尾根を下ります。
吹雪いている雪で左頬が痛く、はっきりしないトレースを転げるように下っていきます。
バードラインまで下り一息、その後はボチボチとキャンプ場を経由して別所駐車場に帰り着く。
今日は三つの氷爆に加え、北西尾根の「雪道滑り台」に満足した一日でした。

 09:30 別所駐車場(-1℃)
 09:49 奉幣殿
 10:35 四王寺滝分岐
 11:03 四王寺滝(-5℃)~11:23
 11:49 四王寺滝分岐~12:03
 12:13 行者の滝分岐
 12:45 行者の滝(-3℃)~12:55
 13:13 正面参道合流
 13:44 二段の滝(Wの滝)
 14:10 英彦山中岳(-7℃)~14:45
 15:20 自然観察路十字路
 15:32 自然歩道出合
 15:50 別所駐車場(1℃)
f0212511_19232106.jpg
正面参道の階段を登っていきます
f0212511_19233131.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_19233898.jpg
四王寺滝分岐
f0212511_19234619.jpg
10名で四王寺の滝を目指します
f0212511_19235283.jpg
四王寺の滝、少しブルー色しています
f0212511_19235988.jpg
良いですね~
f0212511_19240467.jpg
f0212511_19241162.jpg
下から撮ってみました
f0212511_19241882.jpg
何度見ても良いものです
f0212511_19242439.jpg
四王寺の滝の次は行者の滝へ
f0212511_19243281.jpg
ちょっと見劣りしますね~
f0212511_19243823.jpg
氷柱の上に雪が積もっています
f0212511_19244619.jpg
どんなに写真を撮っても一緒のようです
f0212511_19245399.jpg
行者の滝から正面参道へ出ました、次は二段の滝
f0212511_19245977.jpg
二段の滝
f0212511_19250820.jpg
この氷爆も良いですね
f0212511_19252978.jpg
英彦山の中岳に到着
f0212511_19254044.jpg
北西尾根を滑り落ちるように下ってきました、あとはキャンプ場を通って帰る

【山名・標高】英彦山 1,200m (福岡県)
【月日・時間】2018年1月6日(土) 曇り 山行時間6:13(休憩除く5:46) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離11.5㎞(車道1.5㎞含む) 累積標高(+)1,255m 歩数19,392歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

週末から少し冷え込んできたので英彦山の氷爆が気になり行ってきました。
英彦山の氷爆は多く、欲張って四つの滝を回ってきました。
行者の滝、二段の滝(ダブルの滝)、四王寺の滝、智室川路傍の滝
結果から云うと二段の滝(ダブルの滝)だけが氷爆が見れ、他はまったくでした。
今度、冷え込みが続いたら行ってみたいと思います。

 08:55 別所駐車場(2℃)
 09:12 奉幣殿
 09:36 行者の滝分岐・・・ちょっと分かりづらい分岐
 10:04 行者の滝・・・・・氷爆しおらず写真も撮り忘れる
 10:35 二段の滝(ダブルの滝)~10:45・・ここは素晴らしい
 11:30 四王寺の滝・・・・残念でした
 12:04 南岳・・・・急登を滑らないように登り南岳へ
 12:13 英彦山中岳(-2℃)~12:30・・・おにぎりと暖かいお茶
 13:02 材木岩・・・・・膝が痛くなってきました
 13:20 鬼杉
 14:00 玉屋神社・・・・今頃になって晴れ間が出てきました
 14:24 智室川路傍の滝・・・まったく凍ってません
 14:44 分岐・・・
 14:52 金石地蔵尊
 14:57 九大入口(舗装道路)・・・九州大学生物学実験施設入口
 14:08 別所駐車場登山口(4℃)
f0212511_18485432.jpg
石段を登っていきます
f0212511_18490397.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_18491050.jpg
奉幣殿
f0212511_18491611.jpg
f0212511_18492224.jpg
二段の滝(ダブルの滝)
f0212511_18492855.jpg
滝から少し登り平坦な所に出てきました
f0212511_18493389.jpg
急斜面を下り二段の滝?
f0212511_18494012.jpg
四王寺の滝はまったく凍っていません
f0212511_18494795.jpg
上部は少し白いです
f0212511_18495304.jpg
南岳の山頂
f0212511_18500006.jpg
南岳から見た中岳の上宮
f0212511_18500701.jpg
f0212511_18501422.jpg
南岳と中岳の縦走路
f0212511_18502018.jpg
材木岩
f0212511_18502784.jpg
鬼杉、高くて全部を写真に撮ることができません
f0212511_18503459.jpg
玉屋神社
f0212511_18504178.jpg
智室川路傍の滝
f0212511_18504890.jpg
金石地蔵尊
f0212511_18505568.jpg


【山名・標高】 英彦山 1,199 (福岡県)
【月日・時間】 2017年11月11日(土) 曇り後晴れ 山行時間6:55(休憩除く6:02) 登山者2名
【距離・歩数】 沿面距離8.8㎞(車道0.0㎞含む) 累積標高(+)1,046m 歩数14,651歩
【車駐車位置】 豊前坊駐車場 マップコード:383217662*48

英彦山の銅鳥居辺りの紅葉が見ごろだとテレビで放映されていましたので英彦山へ。
英彦山と云えば、やはり裏英彦山の紅葉は見ておきたい。
豊前坊からスタート、北岳の肩まで登り、裏英彦山登山道へ下り周回する。
登山道が倒木や崩落で分かりづらくなっています。
籠水峠で休憩して鹿の角から南岳へ登り中岳へ。
山頂は登山者で賑わっています、片隅でおにぎりを食べて北西尾根を下ります。
モアイ岩経由で観察路を経てスキー場、ススキを見て豊前坊へ帰ってきました。
山頂辺りの紅葉は過ぎていましたが、標高の低い所では楽しむことが出来ました。

 07:50 豊前坊駐車場(8℃)
 08:18 望雲台
 08:57 北岳の肩
 09:23 裏英彦山道合流
 10:00 ケルンの谷
 10:50 籠水峠(6℃)~11:00
 11:17 巨岩展望台
 11:21 鹿の角
 11:53 南岳巻道出合
 12:05 英彦山(7℃)~12:30
 12:55 モアイ岩分岐
 13:09 モアイ岩
 13:32 観察路出合
 13:42 観察路十字路
 14:02 スキー場(12℃)~14:20
 14:45 豊前坊駐車場(8℃)
f0212511_23110603.jpg
f0212511_23112159.jpg

f0212511_19390844.jpg
望雲台の鎖場を下ります
f0212511_19391515.jpg
f0212511_19392279.jpg
裏英彦山の紅葉
f0212511_19392977.jpg
良いですね~
f0212511_19393400.jpg
籠水峠で小休止、これから大岩に登った後、鹿の角へ
f0212511_19394451.jpg
f0212511_19395371.jpg
f0212511_19400019.jpg
英彦山の中岳からの景色
f0212511_19400881.jpg
アップしてみました
f0212511_19401677.jpg
北西尾根を下ります
f0212511_19402594.jpg
f0212511_19403334.jpg
鷹ノ巣山が見えています
f0212511_19404188.jpg
アップしてみました
f0212511_19405080.jpg
モアイ岩経由で下ります
f0212511_19410178.jpg
観察路の紅葉
f0212511_19410989.jpg
f0212511_19411972.jpg
f0212511_19412777.jpg
スキー場のススキ
f0212511_19413566.jpg
帰ってきました豊前坊


【山名・標高】英彦山 1200m (福岡県)
【月日・時間】2017年2月28日(火) 晴れ 山行時間3:13(休憩除く3:00) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離7.7㎞(車道1.2㎞含む) 累積標高(+)810m 歩数13,781歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

今日は昨年11月13日に会えなかったモアイ岩を見に行きました
四王寺の滝と山頂の樹氷を少し期待して周回ルートを歩きましたが空振りでした
目的のモアイ岩には出会えましたのでちょっぴり満足でした(笑)

 08:00 別所駐車場登山口(1℃)
 08:12 奉幣殿
 08:27 学問神社分岐
 08:41 四王寺滝分岐
 09:04 四王寺滝~09:08・・・やっぱり凍っていません
 09:34 英彦山南岳
 09:44 英彦山中岳(2℃)~09:50
 10:00 岩場ハシゴ・・・・・モアイへの入口が分らずちょっと迷う
 10:23 モアイ岩~10:26・・・二度目のチャレンジで会える
 10:56 キャンプ道路に出る・・・バードラインに気付かず沢を下ってしまう
 11:13 別所駐車場登山口(3℃)・・テクテクと別所駐車場へ
f0212511_21234821.jpg
奉幣殿が見えます
f0212511_21240028.jpg
f0212511_21240876.jpg
f0212511_21242179.jpg
四王寺の滝への道、荒れてますね~
f0212511_21242642.jpg
苔で包まれた岩がゴロゴロしてます
f0212511_21243379.jpg
四王寺の滝、黒いだけで氷柱がありません
f0212511_21244477.jpg
落ちた滝水が岩にくっつき少し凍っています
f0212511_21252671.jpg
f0212511_21253474.jpg
四王寺の滝から急登を登り南岳に到着
f0212511_21254730.jpg
中岳から北西尾根を下ります、いつ見ても心落ち着く景色です
f0212511_21255631.jpg
クリスマスツリーの木も健在です
f0212511_21260683.jpg
晴天の青空に枯れ木
f0212511_21261702.jpg
ちょっと霞んでいます
f0212511_21262845.jpg
二度目のチャレンジで出会えましたモアイ岩
f0212511_21263607.jpg
ちょっと角度を変えて撮ってみました
f0212511_21265027.jpg
沢を下っていきます
f0212511_21265773.jpg
バードラインの遊歩道を横断したはずなのに??
気付けばキャンプ場まで下ってしまっていました
f0212511_21271005.jpg
九州自然歩道に出ました~

  【山名・標高】 鷹ノ巣山 979m 英彦山 1,199 (福岡県)
  【月日・時間】 2016年11月13日(日) 晴れ 山行時間7:24(休憩除く6:38) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離13.5㎞(車道1.0㎞含む) 累積標高(+)1,762m 歩数21,587歩
  【車駐車位置】 豊前坊駐車場 マップコード:383217662*48

病み上がりですが英彦山の紅葉が気になり鷹ノ巣山と裏英彦山へ。
渋滞知らずのバイクで豊前坊へ、駐車場の紅葉は色づき見ごろです。

先ずは鷹ノ巣山の三ノ岳から一ノ岳まで尾根を歩き下山は巻道を通ります。
以前に比べると登山道が痛んでおり特に巻道は崩壊により不明瞭な道となっていました。
山肌が一斉に色づいていないようですが今が紅葉の見ごろのようです。
鷹ノ巣山を周回して歩いた後は裏英彦山ルートを歩きます。
コースは籠水峠まで進み、鹿の角経由で中岳、下山は北西尾根経由してスキー場、豊前坊へ。
取付き点から出発し10分程度歩いたところでお会いした方とご一緒することとなる。
黄色紅葉が素晴らしく、歩きながら何度も感動を味わいながら裏英彦山道を進む。
ケルンの滝では南岳へ直登される5人の方が休憩中。
5人の方に気を取られ一時ルートを外れるが、籠水峠に無事到着。
お初の鹿の角ルートを登っていきます。巨岩の先からの絶景展望を楽しみ鹿の角へ。
鹿の角から暫くは踏み跡が有ったがゴリラ岩辺りから不明瞭。
二人で大岩壁の辺りをウロウロして正規ルートを見つけ南岳巻道に出る。
英彦山中岳で休憩、紅葉シーズンとあって沢山の登山者です。

休憩した後、北西尾根を下りハシゴ辺りでモアイ岩へのルートを試みるが分からず。
モアイ岩は残念だが諦め紅葉を満喫しみながら野鳥観察路の十字路まで下ってきました。
ケルンの滝でお会いした方が休憩中、モアイ岩へ行くと言われていたが…。
話を聞くとモアイ岩へのルートは踏み跡無く藪こぎ的に下り頑張って辿り着いたとか。
素人二人で行かなくて良かったな~と実感、諦めがつきました。
あとは「英彦山山の家」へ下り、スキー場のススキを見て豊前坊に帰り着きました。
今日は鷹ノ巣山と英彦山の7時間にわたる満喫紅葉登山を楽しませていただきました。
裏英彦山からご一緒させて頂いた方、ありがとうございました。

  07:41 豊前坊駐車場(10℃)
f0212511_23094771.jpg  07:53 鷹ノ巣山取付点
  08:09 鷹ノ巣山一ノ岳
  08:37 鷹ノ巣山二ノ岳
  09:03 鷹ノ巣山三ノ岳~09:10
  09:57 鷹ノ巣山取付点
  10:00 裏英彦山取付点
  10:55 ケルンの谷
  11:40 籠水峠
  11:57 巨岩展望台
  12:07 鹿の角
  12:20 ゴリラ岩
  12:46 南岳巻道出合
  12:55 英彦山~13:25
  14:15 観察路十字路~14:25
  14:35 遊歩道合流
  14:45 スキー場
  15:05 豊前坊駐車場(12℃)
f0212511_23095939.jpg
f0212511_08382580.jpg
道路より鷹ノ巣山の一ノ岳を望みます
f0212511_08383650.jpg
一ノ岳への道、紅葉していますね~
f0212511_08384401.jpg
f0212511_08385208.jpg
二ノ岳より一ノ岳と英彦山北岳を望みます
f0212511_08390046.jpg
眼下は素晴らしい紅葉です
f0212511_08390758.jpg
朝日に照らされる一ノ岳斜面
f0212511_08394272.jpg
鷹ノ巣山の三ノ岳
f0212511_08395294.jpg
三ノ岳から尖った二ノ岳~平べったい一ノ岳を望みます
f0212511_08400896.jpg
一ノ岳と英彦山の全貌です
f0212511_08401912.jpg
三ノ岳の岩場を下ります
f0212511_08402697.jpg
何度見ても素晴らしい景色です
f0212511_08403797.jpg
f0212511_08404418.jpg
ここまでが鷹ノ巣山ルートで撮った写真
f0212511_08405366.jpg
裏英彦山を歩き岩場の所まで来ました、二人で進みます
f0212511_08410530.jpg
写真では上手く表現できませんが素晴らしい紅葉です
f0212511_08411764.jpg
黄色が多いですね
f0212511_08412635.jpg
勿論紅葉もあります
f0212511_08413778.jpg
まだまだ紅葉を楽しみます
f0212511_08414779.jpg
f0212511_08415500.jpg
紅葉を楽しみながら裏英彦山を歩く
f0212511_08420341.jpg
f0212511_08421309.jpg
一旦、籠水峠に立ち寄ったあと、巨岩(鹿の角方面)へ登っていきます
f0212511_08422302.jpg
巨岩の眼下にはモコモコとした紅葉が見れます
f0212511_08423245.jpg
こちらの紅葉も綺麗です
f0212511_08424483.jpg
f0212511_08431078.jpg
始め来ました鹿の角、昼食をされていた方がおられました
f0212511_08431967.jpg
斜面の紅葉も美しい
f0212511_08432889.jpg
赤色が鮮やかです
f0212511_08433878.jpg
ゴリラ岩、ここから南岳へのルートでちょっと迷いました
f0212511_08434960.jpg
苅又山方面?の紅葉
f0212511_08435858.jpg
無事、英彦山の山頂に着きました。二人で昼食します
f0212511_08440657.jpg
モアイ岩を諦め北西尾根を下ります
f0212511_08441429.jpg
自然美に酔いしれながら下ります
f0212511_08442274.jpg
北西尾根を通り、英彦山山の家まで真っ直ぐ下ってきました
f0212511_08443070.jpg
ススキと紅葉がいいですね~
f0212511_08443935.jpg
f0212511_08445123.jpg
紅葉をアップしてみました
f0212511_08450008.jpg
今日もよく歩きました。

  【山名・標高】 英彦山 1200m 上仏来山 685m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年8月11日(木) 晴れ 山行時間5:44(休憩除く3:47) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離9.8㎞(車道0.3㎞含む) 累積標高(+)1007m 歩数18,296歩
  【車駐車位置】 銅鳥居登山口駐車場 マップコード:383213703*25

今日は 【8/11 祝 「山の日」 制定記念登山in福岡 2016】 英彦山登山大会に行ってきました。
奉幣殿の前で9時から行われる記念式典に参加するため銅鳥居登山口から登ります。
奉幣殿にて安全祈願祭や玉ぐし奉納が行われ、その後、県山岳連盟会長や町長等の挨拶がありました。
挨拶が終わり、大塚製薬の「経口補水液OS-1」500mlを1本頂き山頂を目指し記念登山開始です。
汗をかきながら50分で山頂到着。記念バッジ配布までおにぎりを食べたりしながら待ち時間をつぶす。
11時10分過ぎから配布され始めたバッジを頂き早々に南岳、鬼杉へと周回コースを回ります。
鬼杉からは大南神社を経て、九大生物研究所の分岐を左に曲がりお初の上仏来山を踏み下山する。

  08:20 銅鳥居登山口(23℃)
f0212511_22401220.jpg  08:31 別所駐車場分岐
  08:41 奉幣殿~09:33
  10:00 もみじ谷分岐
  10:13 行者堂
  10:23 英彦山中岳(24℃)~11:15
  11:24 南岳
  11:45 材木岩
  12:00 鬼杉
  12:27 四王寺滝分岐
  12:50 九大生物研究所分岐
  13:01 上仏来山分岐
  13:17 上仏来山(25℃)~13:30
  13:47 上仏来山分岐
  13:51 九大生物研究所門
  13:55 別所駐車場分岐
  14:04 銅鳥居登山口(30℃)
f0212511_22403701.jpg
今回の軌跡は赤色(クリックで拡大)
f0212511_21431609.jpg
銅鳥居から奉幣殿まで約800mの石段を駆け上がる大会のようです
f0212511_21433246.jpg
石段駆け上がり大会(長さ約800m、高低差約160m)の為、階段中央の手すりポールが一時的に外されています
f0212511_21435456.jpg
奉幣殿前の挨拶会場
f0212511_21441057.jpg
7月31日に行われた夏越大祓式 茅の輪神事の時に設置された「茅の輪」が残っています
f0212511_21442672.jpg
県警マスコットキャラクター「ふっけい君」も参加し山岳遭難防止のための心得チラシを配っていました。
f0212511_21450076.jpg
f0212511_21493094.jpg
山頂まで間もなくです
f0212511_21495561.jpg
f0212511_21502809.jpg
相変わらず大きい鬼杉
f0212511_21504371.jpg
大南神社
f0212511_21512675.jpg
九大生物研究所へ入り込むと石垣があります
f0212511_21514442.jpg
f0212511_21520189.jpg
上仏来山の少し手前にある景色ポイント
f0212511_21522046.jpg
上仏来山の山頂です



 
  【山名・標高】 英彦山 1200m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年1月23日(土) 雪 山行時間3:20(休憩除く3:02) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離7.7㎞(車道1.4㎞含む) 累積標高(+)1032m 歩数13,312歩
  【車駐車位置】 別所駐車場 マップコード:383243268*17

週末は記録的な寒波が襲来、早速土曜日は英彦山の四王寺の滝へ行く。
いつものように江川ダム湖周りの500号線を走り登山口である別所駐車場へ。
小石原と別所駐車場辺り以外は積雪無くスムーズに走れ1時間半で到着。
身支度をして12時前に出発。
途中、久留米から来られていた夫妻と滝までのルートを話しながら進む。
四王寺の滝に到着。今年お初の素晴しい氷瀑に出合えました。
氷瀑は少し解けかけているようですが、見応えがあり自然美に感動です。
堪能した後は直登を登り南岳へ、積雪が深くなり天気は吹雪いてきました。
前方を行かれている方が急斜面から滑り落ちそうになりあわや大惨事。
尾根まで無事に上がられ一安心しました。積雪の急斜面はズルズルで怖いですね。
中岳迄来て北岳へ進もうとしましたが踏み跡無く積雪が膝上まであり断念。
正面登山道を下り、積雪が深い所は滑るようにして下ります。
奉幣殿では久留米から来られている方に再びお会いし会話しながら下る。
別所駐車場に到着、一面は出発した時よりも積雪が多く車にも積もっています。
午後は寒波襲来により一段と寒くなっており、到着後、車の温度計を見たら-3℃となっていました。
帰り道、駐車場から小石原、江川ダムと殆どが雪道となっており秋月まで積雪していました。

  11:55 別所駐車場(-1℃)
f0212511_20384753.jpg  12:10 奉幣殿
  12:40 四王寺滝分岐
  13:05 四王寺滝~13:15
  13:46 尾根出る
  13:51 南岳
  14:02 中岳(-5℃)~14:10
  14:32 野鳥の森分岐
  15:00 奉幣殿
  15:15 登山口(-3℃)
f0212511_19374020.jpg
f0212511_20385776.jpg
雪が舞う日にもかかわらず満車状態の別所駐車場
f0212511_2039311.jpg
四王寺の滝を目指し足取り軽く歩きます
f0212511_203988.jpg
分岐から歩きにくい道を登っていきます
f0212511_20391263.jpg
四王寺の滝、寒くて写真は上手く撮れませんでした
f0212511_20391854.jpg
f0212511_20392388.jpg
氷爆の大きさが分るでしょう
f0212511_20393015.jpg
f0212511_20393544.jpg
f0212511_20394116.jpg
南岳の尾根出合近くは急斜面の為、四つん這じゃないと登れません
f0212511_20394735.jpg
南岳から下る道
f0212511_20395427.jpg
f0212511_2040066.jpg

  【山名・標高】 英彦山 1200m (福岡県)
  【月日・時間】 2015年12月26日(土) 天気 山行時間4:05(休憩除く3:46) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離9.6㎞(車道0.2㎞含む) 累積標高(+)1184m 歩数16,338歩
  【車駐車位置】 銅鳥居登山口 マップコード:383213703*25

樹氷が見れないかと思い英彦山に行きましたが残念でした。
表参道から奉幣殿を通り英彦山中岳まで一人の登山者しか会えませんでした。
山頂に到着し周りを見渡すが樹氷の面影はまったくありません、がっかり。
南岳を経て材木岩を下り鬼杉に到着。真新しい標識を立てている方が二名、ありがとうございます。
玉屋神社を通り、学問神社に立ち寄り、九州大学の生物研究所の中を通り表参道に出る。
銅鳥居まで石段を下り到着。
久住山や由布岳は樹氷をよく見ることができますが、英彦山等の低山はタイミングが難しいようです。
またの機会を楽しみに登ります。
今日の山行で登り納となり、70回に届かず69回でした。
ブログへ訪問して頂いたみなさん、今年一年間ありがとうございました。
また来年も拙いブログですが、訪問や書き込みよろしくお願い致します。

  08:00 銅鳥居登山口(1℃)
f0212511_22305987.jpg  08:10 別所駐車場分岐
  08:18 奉幣殿
  09:14 中岳(0℃)~09:25
  09:34 南岳
  09:57 材木岩
  10:14 鬼杉
  10:50 玉屋神社~10:58
  11:26 学問神社
  11:34 九大生物研究所分岐
  11:51 九大生物研究所門
  11:56 別所駐車場分岐
  12:05 銅鳥居登山口(4℃)
f0212511_22312450.jpg
今回のルートは赤い軌跡 クリックで拡大
f0212511_22313630.jpg
「銅(かね)の鳥居」は寛永14年(1637年)佐賀藩主鍋島勝茂の寄進により建てられたもので、高さ7m、柱の周囲は3m余りもある銅の太い青銅製の鳥居です。
f0212511_22314475.jpg
表参道の石段を登っていきます
f0212511_22315633.jpg
f0212511_223241.jpg
奉幣殿
f0212511_22321457.jpg
不揃いな石段を登っていきます
f0212511_22322350.jpg
転げ落ちそうな大岩
f0212511_22323171.jpg
英彦山の中岳山頂までもう一息
f0212511_22324135.jpg
f0212511_22325033.jpg
南岳から英彦山神宮(上宮)を望む
f0212511_2232579.jpg
標識が新しくなっています
f0212511_2233578.jpg
「鬼杉」は高さ38m、胸高周囲12.4m推定樹齢1,200年で林野庁発表の「森の巨人たち百選」に選ばれています
f0212511_22331435.jpg
玉屋神社
f0212511_22332238.jpg
苔生した石段を下り学問神社へ
f0212511_22333033.jpg
ここが学問神社です
f0212511_22333874.jpg
九大生物研究所を通り今にも落ちそうな木製の橋を渡ります
f0212511_22334694.jpg
九大生物研究所の入口の所に出てきました
f0212511_223354100.jpg
スロープカーが花駅(フルール)へ下っています