【山名・標高】城山 369m 金山 317m 弥勒山 230m(福岡県)
【月日・時間】2018年6月23日(土) 曇り 山行時間4:55(休憩除く3:47) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離8.6㎞(林道1.4㎞含む) 累積標高(+)853m 歩数16,105歩
【車駐車位置】教育大側登山口 マップコード:68521307*1

会社の懇親会、盛り上がって御前様帰宅、朝から二日酔い気味ですが…。
今日は昨夜からの雨も上がり、降ったり止んだりの天気。
ウスキキヌガサダケを見る絶好のチャンスと思い城山へ行ってきました。
登山する事無く、いきなり登山口近くにウスキキヌガサダケを観ることができました。
これだけの大きな物を見たのは初めてじゃないかな~と感動です。

写真を何枚か撮って城山へ登っていきます。
今度は山頂近くに、二つ目のウスキキヌガサダケを見ることができました。
これも大きく綺麗、今日は二つも見れてラッキーです。

城山の山頂到着。
雨は上がったものの曇ってて景色は見えません。
城山から金山へ向かい、いつものように石峠でツチアケビを見ます。
金山まで登り弥勒山へ下ります。
弥勒山登山口から次郎丸登山口へ移動し、城山へ再び登ります。
城山の山頂までは行かず、合流地点から福岡教育大登山口へ下ります。

登山口に帰り着きました。
登り始めに見たウスキキヌガサダケ、まだ健在で綺麗なドレスをまとっています。
朽ち果てる事無く、こんなに長い時間保っているのは始めてみました。
今日は、湿度が高く蒸し暑いなか、城山から金山、弥勒山と周回コース、疲れました。

 09:40 教育大側登山口(19℃)・・・出発して直ぐの所で写真撮影10分
 10:05 三郎丸分岐・・・・・・分岐を過ぎ山頂手前で再び写真撮影6分
 10:23 城山(19℃)~10:30
 10:52 石峠~11:04・・・・・・・ツチアケビの写真撮影
 11:22 金山南岳
 11:32 金山北岳(20℃)~11:51・・曇りで下界が見えません
 12:00 弥勒山分岐・・・・・・・・・激坂を下ります
 12:13 弥勒山(20℃)
 13:36 弥勒山登山口~12:47・・・10分程道に迷い引き返す
 13:23 城山西(三郎丸)登山口~13:32
 14:10 三郎丸分岐~14:15・・・・周回して戻ってきました
 14:35 教育大側登山口(20℃)
f0212511_23021106.jpg
大きなウスキキヌガサダケに出会えました
f0212511_23022028.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_23022650.jpg
綺麗ですね
f0212511_23023235.jpg
こちらは山頂近くに開いていたウスキキヌガサダケ
f0212511_23023812.jpg
城山の山頂
f0212511_23024453.jpg
石峠まで来ました
f0212511_23025087.jpg
ツチアケビは終わりかけです
f0212511_23025813.jpg
アップで撮ってみました
f0212511_23030532.jpg
少しガスが取れてきました
f0212511_23031276.jpg
これは何でしょうか?
f0212511_23031970.jpg
弥勒山の山頂
f0212511_23032689.jpg
f0212511_23033383.jpg
f0212511_23034376.jpg
道に迷ったおかげで、ねむの木に出会えました
f0212511_23035085.jpg
一輪のアジサイ
f0212511_23035744.jpg
三郎丸登山口から登ります
f0212511_23040468.jpg
階段を登っていきます
f0212511_23041246.jpg
教育大側の登山口に戻ってきました。朝開いていたウスキがまだしぼんでいません

【山名・標高】普賢岳 1,359m 国見岳 1,347m (長崎県)
【月日・時間】2018年6月17日(日) 晴れ 山行時間5:47(休憩除く4:32) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離8.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)838m 歩数16,929歩
【車駐車位置】出発口 吹越登山口 マップコード:173647388*3
       到着口 池の原園地 マップコード:173587080
 
昨日は九千部岳と鳥甲山に登り、ヤマボウシを十分堪能することができた。
今日は普賢岳の××に咲くオオヤマレンゲを見に行く。

今日は吹越登山口から登り国見岳、普賢岳と山頂を踏み池の原園地に下山します。
吹越登山口から進み、後半の急坂を登り尾根を経て国見岳に登ります。
国見岳を下り鬼人入口を経て、風穴(北側)近くに咲くオオヤマレンゲを鑑賞。
殆ど枯れていますが、二輪だけが残っており目を楽しませてくれます。
その後、鳩穴分れから岩峰の峰を経て普賢岳の山頂に辿り着きます。
島原湾・八代海に浮かぶ天草諸島の島々の眺望が素晴らしい。
もちろん、国見岳や妙見山の山並みもすばらしい光景です。
山頂からモミジ茶屋へ下り、あざみ台ルートを経て仁田峠に到着。
もうひと頑張り、車をデポしている池の原園地まで下り下山となりました。
今日もヤマボウシに加えオオヤマレンゲを楽しむことができました。

 09:50 吹越登山口(19℃)
 10:54 尾根出合
 11:15 国見岳
 11:37 鬼人谷口
 11:47 西の風穴
 12:00 鳩穴分れ~12:35
 12:51 立岩の峰
 13:13 普賢岳~13:40
 14:00 紅葉茶屋
 14:40 仁田峠(21℃)~14:55
 15:37 池の原園地

f0212511_23033608.jpg
f0212511_23034457.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23035183.jpg
ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺)ちょっと苦かった
f0212511_23062852.jpg
ツリー状のヤマボウシ
f0212511_23064146.jpg
これはアセビ?(ドウダンツツジとアセビの違いが分らない)
f0212511_23064710.jpg
国見岳の山頂
f0212511_23065323.jpg
これは紅ドウダンツツジでしょうか?
f0212511_23070170.jpg
天草の島々
f0212511_23070867.jpg
雲仙温泉街
f0212511_23073982.jpg
ピンク色のヤマボウシがあります
f0212511_23074798.jpg
岩場の斜面に根っ子がくっついています
f0212511_23075518.jpg
まだ有りましたオオヤマレンゲ
f0212511_23083092.jpg
遠く多良岳が見えています
f0212511_23083718.jpg
f0212511_23084306.jpg
f0212511_23085171.jpg
f0212511_23095860.jpg
普賢岳の山頂から平成新山を観る
f0212511_23100765.jpg
仁田峠から池の原駐車場へ下っていきます
f0212511_23101525.jpg
遊歩道に咲く
f0212511_23102196.jpg
駐車場に帰ってきました


【山名・標高】九千部岳 1,062m 鳥甲山 822m (長崎県)
【月日・時間】2018年6月16日(土) 晴れ 山行時間6:25(休憩除く5:23) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離12.8㎞(林道6.3㎞含む) 累積標高(+)882m 歩数22,453歩
【車駐車位置】田代原キャンプ場駐車場 マップコード:173706841*38

九千部岳から見るヤマボウシ、ミラさんのブログ情報により今週あたりが見ごろ。
天気は数日前の予報から回復してきており鑑賞登山へ行ってきました。

6時前に自宅を出発、高速代を浮かせるため一般道を経て田代原キャンプ場に到着。
駐車場は満車になったばかり、近くの路肩に駐車して出発します。
先ほどまでガスが掛っていたので蒸し暑く、汗をかきながら北尾根を登ります。

九千部岳の山頂に到着。ヤマボウシが山々の斜面を白く染めています。
数年前に比べるとちょっと少なめのような気がしますがすばらしい景色です。
狭い山頂は登山者でごった返ししており、スイカを食べている人もいます。
聞き覚えのある声に振り返ると「やまびこ会」の方々じゃありませんか。
地元のミラさんをはじめ信ちゃん・俊ちゃんなど10名ほど。
私も甘くて美味しいスイカを頂き、しばらくご一緒させていただきました。
みなさん、ワイワイガヤガヤ楽しい時間をありがとうございました。

みなさんと別れた後は、田代原牧場まで下り鳥甲山へ向かいます。
鳥甲山へは県道131号線と林道の計約3㎞の道を歩いて取付点に到着。
取付点から約10分で山頂、木々に覆われ展望は全くありません。
しかし、奥にある岩場は素晴しい眺望が開けています。

鳥甲山から見る吾妻岳と九千部岳、普賢岳と眺望を楽しんで下山。
帰りは田代原牧場まで戻り、木陰の遊歩道を歩いて田代原キャンプ場に帰り着く。

 09:10 田代原キャンプ場(20℃)
 10:33 九千部岳~10:54
 11:33 吹越分岐
 12:13 牧場ゲート
 12:27 赤岩・音姫観世音鳥居
 12:42 鳥甲山林道ゲート
 13:12 取付き地点
 13:24 鳥甲山(30℃)~14:05
 14:15 取付き地点
 14:42 鳥甲山林道ゲート
 14:59 赤岩・音姫観世音鳥居
 15:08 牧場ゲート
 15:35 田代原キャンプ場(24℃)
f0212511_02065949.jpg
f0212511_02070893.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06490731.jpg
ヤマボウシが田代原や吹越周辺に多い訳
f0212511_06491452.jpg
蒸暑い北尾根を登っていきます
f0212511_06491942.jpg
九千部岳からの絶景
f0212511_06492547.jpg
普賢岳方面
f0212511_06493282.jpg
ヤマボウシをアップしてみました
f0212511_06494129.jpg
シモツケも綺麗です
f0212511_06494818.jpg
くもきりそう
f0212511_06495603.jpg
f0212511_06500428.jpg
f0212511_06501211.jpg
苔むしたゴロゴロ石の登山道、滑ります
f0212511_06501973.jpg
もう少しで牧場ゲートです
f0212511_06502632.jpg
牧場ゲートから右へ曲がり鳥甲山へ向かいます
f0212511_06503344.jpg
県道に出て暫らく歩きます
f0212511_06503968.jpg
県道から林道へ入っていきます
f0212511_06504640.jpg
林道終点から登山道を10分程歩いて鳥甲山に到着
f0212511_06505276.jpg
鳥甲山の岩場から見る吾妻岳方面
f0212511_06505952.jpg
こちらは平成新山方面
f0212511_06510501.jpg
f0212511_06511228.jpg
足元に咲くヤマボウシ
f0212511_06511966.jpg
鳥甲山を下山したのち、牧場遊歩道を帰ります


2018年6月9日(土)~10日(日) 晴れ ウォーク単独 歩数133,305歩
時間10:30~03:05(トータル時間16:35 歩行時間16:13) 沿面距離100.3㎞

第10回 Mランド中国山脈横断100キロウォーク(6月9~10日)に参加してきました。

益田市の瑞穂イン石見増田ホテル(一泊昼食付3900円)に前泊します。
当日はMランド臨時駐車場から8時発の有料送迎バス(1000円)にてスタート地点へ移動。
スタート地点(広島県安芸太田町)の道の駅「来夢とごうち」に9時40分到着。
既にウォーカー達が10時30分のスタートに向け、受付や出発準備をしています。
私も受付を済ませ、ゼッケン取り付けなどバタバタしながら開会式を聞きます。
天気予報が曇り雨だったので、靴カバーやポンチョ等、雨対策をしてきましたが…。
予報に反して青空が広がる晴天、雨対策どころか熱中症対策が必要な状況です。

①スタート地点~~第一CP(19㎞)深入山グリーンシャワー
 約400人のウォーカー達が道の駅を10時30分に一斉スタートします。
 これから中国山脈を横断、ゴールの益田市まで国道191号線をメインにひたすら歩きます。
 標高230mから第一CPの深入山グリーンシャワーまで少しずつ高度を上げ815mまで登ります。
 中国山脈横断ウォークで一番高低差がある区間を無事に乗り越えました。
 第一CP到着、時刻は13時39分、晴天で気温が上昇、汗だくで熱中症になりそうです。
 目の前に見える深入山を眺めながら頂いたおにぎりを食べます。

②第一CP(19㎞)~~第二CP(38㎞)公民館道川
 学ランの応援団が激励太鼓と共に大きな声援で見送ってくれ、元気に第一CPを出発します。
 標高800m辺りをしばらく歩き、その後広島県と島根県の県境を過ぎ標高を下げていきます。
 標高460mの第二CP公民館道川に16時39分到着。近くに道の駅「匹見峡」があります。

③第二CP(38㎞)~~第三CP(50㎞)道の駅「サンエイト美都」
 第二CPから再び標高を上げ570m辺りまでのぼり、銅ヶ峠トンネル(堀越峠)を抜けます。
 長いトンネルを抜けた後は急カーブの下り坂、時より車が通り路肩に避けます。
 段々と緩やかな下りとなり第三CPの道の駅「サンエイト美都」に18時38分到着。
 中国山脈の一番大きな峠は越えたようで標高は低くなり210mです。
 無料のうどんを頂き飲料水を補給、ヘッドライトを付けて後半へ歩き出します。

④第三CP(50㎞)~~第四CP(70㎞)第一生命ローソン横
 ヘッドライトを点灯し緩やかな下り道を、孤独にテクテク歩いていきます。
 山間の益田川の川沿いにはホタルが舞ってて、疲れた心と身体を癒してくれます。
 長い20㎞を歩き、第四CPのローソン横に21時51分到着します。
 温かいコーンスープを頂き、残り30㎞に弾みを付け次の第五CPへ向う。

⑤第四CP(70㎞)~~第五CP(79㎞)持石海岸ふれあい広場
 国道191号線に沿って歩き、益田市内へ入っていきます。
 山間の暗く寂しかった雰囲気から一転、街路灯や飲食店の明かりが頼もしく思えます。
 それもつかの間、日本海の海岸横では、真っ暗やみの中、押し寄せる荒波に怖さを感じます。
 明るく賑やかな街と、荒波の飛沫と音が怖かった9㎞歩き、ふれあい広場に23時32分到着。
 第五CPでは海岸線路上でQRコードを写してチェックするだけで素通りします。

⑥第五CP(79㎞)~~第六CP(96㎞)ローソン益田横田店
 この区間は土地改良広域道路のような道が多く、石見臨空ファクトリーパーク道も通ります。
 後半、益田市白上町松原辺りで道を間違え、後続の人を見つけ付いて行き第六CPに辿り着く。
 時刻は2時21分、ゴールまで残り4㎞となり最後の飲料水を補給します。

⑦第六CP(96㎞)~~Mランド(100㎞)Mランド
 深夜の国道9号線をMランドへ向けて最後の力を振り絞って歩きます。
 Mランドの坂道をのぼり、敷地内に設置された赤いじゅうたんを通り3時5分ゴール。

長い道のりで、いろんな体感をしながら無事に完歩することができました。
スタート地点から約600m標高を上がっていくのが心配でしたが問題なく乗り越えられました。
過去の100㎞ウォークのなかで今回は一番早いタイムでゴールすることができました。
タイムは16時間35分16秒、 順位は369名中完歩者284名 17位
Mランドの中にあるお風呂へ入り、ゆっくり休憩。Mランド敷地内はお祭りの準備中。
10時発の臨時駐車場行き送迎バスで車の所へ戻り、国道9号線と高速道路を使って自宅へ帰る。

 10:30 スタート         0.0㎞地点(道の駅「来夢とごうち」)
 13:40 第1CP ~13:43  19.0㎞地点(深入山グリーンシャワー)
 16:40 第2CP        38.0㎞地点(公民館道川)
 18:39 第3CP ~18:49  50.0㎞地点(道の駅「サンエイト美都」)
 21:53 第4CP ~21:58  70.0㎞地点(第一生命)
 23:33 第5CP        79.0㎞地点(持石海岸ふれあい広場)
 02:22 第6CP ~02:26  96.0㎞地点(第一生命)
 03:05 ゴール         100.0㎞地点(Mランド)
f0212511_23163686.jpg
ゴール地点
f0212511_23170516.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23182502.jpg
道の駅「来夢とごうち」で開会式
f0212511_23183180.jpg
f0212511_23183767.jpg
スタートして目の前にはサンダルおじさんがいます
f0212511_23184347.jpg
国道191号線を深入山方面へ登っていきます
f0212511_23184822.jpg
深入山へ入っていきます
f0212511_23185421.jpg
目前が深入山の第1CP、19キロ地点
f0212511_23190001.jpg
小高い山が深入山でしょうか?
f0212511_23190812.jpg
再び国道191号線を歩きます
f0212511_23191537.jpg
広島県から島根県へ入ります
f0212511_23192292.jpg
f0212511_23192962.jpg
トンネルをいくつも通ります
f0212511_23193665.jpg
堀越峠の銅ヶ峠トンネルを過ぎて、くねくね道の下坂をおります
峠辺りは曇っていますが遠く益田市は晴れているようです
f0212511_23194374.jpg
第3CP 50.0㎞地点(道の駅「サンエイト美都」)到着
f0212511_23195048.jpg
無料のうどんを頂きます
f0212511_23195819.jpg
休憩所もあります
f0212511_23200612.jpg
62㎞地点 みとさくらドーム、中ではテニス練習中
この後は残念ながら真っ暗で写真が有りません




【山名・標高】古処山 860m 屏山 927m 江川岳 861m(福岡県)
【月日・時間】2018年6月3日(日) 晴れ 山行時間4:43(休憩除く4:20) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.4㎞(車道2.0㎞含む) 累積標高(+)1,047m 歩数20,015歩
【車駐車位置】秋月キャンプ場入口駐車場 マップコード:55204624*11

今年のミヤマキリシマ鑑賞、すでに満開のピンク花園を五回も見て満足気味です。
もういいかな~と思い、今日は嘉穂アルプスの新名山、江川岳を目的に登ります。
861mピーク(宇土浦越~屏山間)が2018年2月24日に江川岳と命名、発表されました。

秋月キャンプ場の駐車場から出発、数年前の豪雨で沢と共に荒れた登山道を進みます。
環境省によって、要所にはしっかりとした道標が設置されています。
六合目を過ぎた辺りは迷いやすく、赤テープは無視して新しい道標にしたがって登る。
ツゲ原生林の入口に到着。これからニシキキンカメムシを探しながら原生林のなかを歩く。
残念ながら二つ目の目的だったカメムシを見つけることができません。
今日の第一の目的である江川岳を目指し先へ進みます。
屏山で小休止、その後江川岳の山頂に到着。山頂は木々に覆われ展望はありません。
山頂を踏んだら早々に引き返し屏山へ戻ってきました。
屏山でヤマッパーの「みのるさん」と出会いてツゲ原生林分岐まで山談義しながら歩く。
分岐で別れ再びニシキキンカメムシを探しながら古処山へ向かいます。
ツゲが群生しているにもかかわらず、またもや見つけることができません。
古処山山頂に設置されている新しい観光案内版のなかに写真に載っています。
残念ですが案内板の写真を撮り、悔しさを紛らわして下山開始。
遊人の杜分岐を通り過ぎ八丁道ルートを歩きます。
途中、濡れた石畳で足を滑らせ、不覚にも仰向けに扱けてしまいました。
怪我しなくてよかった。テクテク歩き、避暑地のだんごあんを通過します。
10名程度のお客が何か食べながら、涼しげに休まれています。
山歩きも気持ち良いのにな~と思いながら駐車場へ帰り着きました。
新名山となる江川岳を踏みましたがニシキキンカメムシには出会えませんでした。
また次回、出会えることを楽しみに登りたいと考えています。

 09:30 秋月キャンプ場入口駐車場(20℃)
 10:05 林道終点広場
 10:27 水 舟
 10:32 ツゲトンネル分岐
 10:43 縦走路出合い
 11:08 屏山~11:15
 11:34 江川岳
 11:53 屏山~12:00
 12:24 縦走路出合い
 12:41 古処山(23℃)~12:50
 13:31 国道へ出る
 13:37 旧八丁道へ
 13:55 国道横断
 14:05 だんごあん
 14:13 秋月キャンプ場入口駐車場
f0212511_06123894.jpg
f0212511_06124795.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06125424.jpg
登山道は相変わらず傷んでいます
f0212511_06125917.jpg
f0212511_06130557.jpg
f0212511_06311275.jpg
水舟まで登ってきました
f0212511_06312065.jpg
ツゲ原生林でニシキキンカメムシを探す
f0212511_06315718.jpg
ツゲ原生林でニシキキンカメムシを探す
f0212511_06321262.jpg
f0212511_06322178.jpg
間もなく屏山
f0212511_06322979.jpg
f0212511_06323604.jpg
霞みがひどく、ぼんやりとしか見えますん
f0212511_06324411.jpg
江川岳へ登ります
f0212511_06325148.jpg
江川岳に到着、山頂標識がちょっと寂しい
f0212511_06325815.jpg
古処山辺りで見つけた抜けガラ
f0212511_06330538.jpg
再びニシキキンカメムシを探すが・・・
f0212511_06331483.jpg
古処山の山頂到着
f0212511_06332151.jpg
あ、見つけました。嘘です、案内板の写真を撮りました
f0212511_06332877.jpg
もう一度、ニシキキンカメムシを見つけれなかったツゲの原生林を一枚
f0212511_06333617.jpg
お客さんが入っている だんごあん
f0212511_06334312.jpg
いい値段ですね

【山名・標高】三俣山(主峰) 1,744m 指山 1,449m (大分県)
【月日・時間】2018年6月2日(土) 晴れ 山行時間4:40(休憩除く3:53) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.2㎞(林道3.8㎞含む) 累積標高(+)898m 歩数15,536歩
【車駐車位置】長者原登山口 マップコード:440702833*25

先週に引き続き九重連山のミヤマキリシマ鑑賞登山へ行ってきました。
今日は自宅を出るのが遅く、登山口の長者原に着いたのが10時過ぎ。
すでに駐車場はどこも満車、道路の路肩もあふれています。
長者原から離れた場所に車を止め、登山口まで車道を歩きます。

今日のコースは長者原から諏蛾守越を経て、三俣山の西峰に登り,本峰へ進みます。
下山は初ルートの北峰から指山へ激坂を下り、その後は自然観察路を経て長者原へ。

硫黄山道路から見る三俣山や星生山の斜面に咲くミヤマ、山肌を染めています。
諏蛾守越から三俣山西峰へ登り、南峰斜面に咲く満開のミヤマに感動、大満足。
その後、本峰まで進みます。大渦のミヤマキリシマは六~七分咲き程度でしょうか?。
北峰から指山へ直接進むルート(激坂下り)に初挑戦です。
途中、崩落箇所があり急斜面を引き返すか迷ったがGPS見ながら慎重に下ります。
登山道が分らなく、けもの道などを通りどうにか指山の山頂に辿り着く。
ちょっと不安がよぎりましたが無事に山頂到着、ホッとしました。
この北峰~指山ルートは通行禁止ですね、みなさん通ったら危ないです。
指山山頂のミヤマキリシマ、群生地ですがすでに枯れ始めています。
指山からは登山道を自然観察路へ下り長者原の登山口に帰りつきました。

今日も九重連山のミヤマキリシマに酔いしれる登山となりました。

 10:40 長者原登山口(24℃)
 10:56 硫黄山道路ゲート
 11:06 林道から登山道へ
 11:26 硫黄山道路出合い
 11:35 すがもり越分岐
 11:48 すがもり越分岐~11:54
 12:15 三俣山(西峰)
 12:36 三俣山(主峰)~13:00
 13:24 三俣山(北峰)
 14:13 指 山~14:30
 14:54 指山自然観察路出合
 15:06 指山自然観察路出口
 15:20 長者原登山口(24℃)
f0212511_00545031.jpg
長者原から見る指山(左手前)と三俣山
f0212511_00552049.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_00555016.jpg
長者原登山口から出発、星生山方面をみながらコンクリート道を進む
f0212511_00562174.jpg
f0212511_00582983.jpg
硫黄山道路から見た三俣山、崩壊が進んでいます
f0212511_00583815.jpg
すがもり越手前のガレバから見る三俣山
f0212511_00584457.jpg
すがもり越に到着、先ずは三俣山の西峰へ登ります
f0212511_00585066.jpg
西峰山頂近くからピンク色に染まった南峰方面の斜面
f0212511_00585764.jpg
西峰山頂からピンク色に染まった南峰方面は最高
f0212511_00590418.jpg
三俣山の本峰へ向かいます
f0212511_00591077.jpg
一面ピンク色
f0212511_00591810.jpg
f0212511_00592495.jpg
南峰には行かず本峰へ
f0212511_00593102.jpg
三俣山から平治岳のミヤマキリシマを楽しみます
f0212511_00593894.jpg
こちらは北大船山尾根、山頂は右端
f0212511_00594679.jpg
三俣山の北峰、まだ満開は先のようです
f0212511_00595371.jpg
三俣山から見る平治岳の南峰
f0212511_01000155.jpg
こちらは平治岳本峰のミヤマキリシマ
f0212511_01000875.jpg
三俣山本峰から下る途中、石楠花が一輪咲いていました
f0212511_01001716.jpg
三俣山北峰方面のミヤマキリシマ
f0212511_01002414.jpg
f0212511_01003241.jpg
f0212511_01004045.jpg
黒岩山や泉水山、涌蓋山が綺麗に見えます
f0212511_01004768.jpg
眼下に見える指山、激坂を下っていきます
f0212511_01005369.jpg
指山到着 三俣山をバックに指山
f0212511_01010142.jpg
こちらは平治岳をバックに指山
f0212511_01010826.jpg
指山山頂のミヤマキリシマ群生地
f0212511_01011766.jpg
星生山の斜面です
f0212511_01012465.jpg
帰ってきました指山自然観察路入口

【山名・標高】平治岳 1,643m 立中山 1,468m (大分県)
【月日・時間】2018年5月27日(日) 晴れ 山行時間9:05(休憩除く7:15) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離18.1㎞(林道4.1㎞含む) 累積標高(+)1,209m 歩数30,314歩
【車駐車位置】吉部登山口駐車場 マップコード:440765447*52

金曜日に引き続き九重連山のミヤマキリシマを観賞してきました。
今回は吉部登山口から平治岳に登ります。
登山口の有料駐車場が300円と手ごろな料金に下がっていました。
登山支度をして9時前に出発します。
河川の左側の登山道を歩き、その後大船林道を経て取り付き点に到着
取り付き点には通行止の案内板が有りますが、簡易ロープの設置情報により進みます。
皆さん、今さらコースの変更はしたくないようで登っていきます。
痛んでいる梯子と簡易ロープ場を問題なく通過、平治岳へ登っていきます。
最後の急登を頑張り平治岳の山頂に到着。
満開のミヤマキリシマ、天気もよく最高の景色です。
山斜面に広がるピンクのじゅうたん、ミヤマキリシマの景色に酔いしれる。
南峰に立ち寄り大戸越に下る。その後、立中山のミヤマキリシマを見に行くことに。
坊ガヅルまで下り昼食、エネルギーチャージをして出発。
法華院温泉の横を通り鉾立峠に到着。最後の登りを経て立中山へ。
山頂一面に広がるミヤマキリシマ、平治岳とは違った景色に感動、来て良かった。
感動に暫く浸っていたかったが既に15時を過ぎ、早々に下山します。
坊ガヅルまで戻り、平治岳登山道を少し登り途中から吉部方面へ帰ります。
今日は平治岳と立中山に咲く満開のミヤマキリシマを堪能することができました。
今回の欲張り鑑賞山行、約9時間、18㎞の歩きとなりました。

 08:50 吉部登山口駐車場(16℃)
 08:56 登山道入口(林道ゲート)
 09:36 林道分岐左へ
 09:45 取付点
 11:02 平治岳(20℃)~11:50
 12:27 大戸越
 13:06 防ガツル登山口
 13:10 防ガツル~14:00
 14:35 鉾立峠
 14:58 立中山(20℃)~15:10
 15:21 鉾立峠
 15:54 防ガツル
 15:58 防ガツル登山口
 16:15 吉部分岐
 17:00 林道出会い
 17:14 林道合流
 17:55 吉部登山口駐車場(19℃)
f0212511_22495512.jpg
橋を渡り林道ゲートから登山道へ
f0212511_22500410.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22501465.jpg
木の根ではなく幹、何かに見えませんか?
f0212511_22502164.jpg
f0212511_22503038.jpg
大船林道を歩きます
f0212511_22503935.jpg
通行止の案内がありますが・・・
f0212511_22504592.jpg
ひよっている梯子
f0212511_22505064.jpg
視界が開け平治岳が現れます
f0212511_22505657.jpg
f0212511_22510163.jpg
平治岳に到着、先ずは一枚
f0212511_22510704.jpg
こちらは由布岳の写真

f0212511_22511488.jpg
もう一枚九重連山とミヤマキリシマ
f0212511_22512382.jpg
良いですね~
f0212511_22513109.jpg
一面がピンク色
f0212511_22513910.jpg
f0212511_22514869.jpg
f0212511_22515655.jpg
f0212511_22520343.jpg
色いミヤマキリシマ
f0212511_22520951.jpg
f0212511_22521659.jpg
f0212511_22522399.jpg
坊ガツルの登山口へ下ってきました

f0212511_22523071.jpg
坊ガツルから見る平治岳
f0212511_22523820.jpg
法華院温泉の横を通り鉾立峠へ
f0212511_22524540.jpg
f0212511_22525216.jpg
f0212511_22525953.jpg
立中山のミヤマキリシマ
f0212511_22530606.jpg
モコモコしています
f0212511_22531339.jpg
立中山の山頂に咲くミヤマキリシマ
f0212511_22532103.jpg
イワカガミも綺麗です
f0212511_22532716.jpg
吉部へ帰る巻道の新緑

【山名・標高】平治岳 1642m 北大船山 1706m (大分県)
【月日・時間】2018年5月25日(金)晴れ 山行時間4:42(休憩除く4:21) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離11.1㎞(車道0.2㎞含む) 累積標高(+)1,131m 歩数20,636歩
【車駐車位置】 男池登山口 マップコード:440740587*82

今日は金曜日ですが夜勤明けでお休みです。
平治岳のミヤマキリシマ開花が気になりお昼から登ってきました。
男池を12時スタート、その後、ソババッケ手前の平治岳直登コースを登ります。
いつ登ってもアキレス健が痛くなります。
平治岳のミヤマ、蕾もまだまだ有りますが満開に近くピンクのじゅうたん状態です。
鑑賞を楽しんだ後は大戸越まで下り北大船へ登ります。
北大船辺りは五分咲きぐらいでしょうか、一週間後が見ごろと思われます。
大船山の山肌もまだ早いようで、大船山の山頂へ行かず段原から引き返します。
御鉢を回り大戸越へ下り、ソババッケを経由して男池に帰り着きました。
下山はちょっと急ぎ足で下ったので膝が笑っていました。

 12:00 男池登山口(24℃)
 12:19 かくし水
 12:35 平治岳直登分岐・・東尾根
 13:25 平治岳(13℃)~13:46・・ミヤマ最高です
 13:57 平治岳(南峰)・・・立ち寄らず通り過ぎます
 14:20 大戸越・・・・・・平日でも今日は多い人
 14:59 北大船山・・・・・六分咲き程度
 15:05 段 原・・・・・・ここで引き返します
 15:36 大戸越・・・・・・賑わいも終わり一人しかいません
 16:08 ソババッケ・・・・急いで下山します
 16:22 かくし水
 16:42 男池登山口(22℃)・下山は急ぎ足、五時前に到着
f0212511_23314740.jpg
f0212511_23315796.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP

f0212511_23465535.jpg
男池を歩いていきます
f0212511_23470290.jpg
ここから東尾根の急登へ入っていきます
f0212511_23470772.jpg
急登が始まります
f0212511_23471358.jpg
急登も急登です
f0212511_23471893.jpg
急登が少しなだらかになってきました、山頂は間もなくです
f0212511_23472301.jpg
平治岳の山頂に到着
f0212511_23473690.jpg
九重連山とミヤマキリシマ
f0212511_23474579.jpg
この風景も最高です
f0212511_23475304.jpg
f0212511_23480010.jpg
由布岳が見えます
f0212511_23480815.jpg

f0212511_23481521.jpg
南峰から見るミヤマのじゅうたん
f0212511_23482217.jpg
f0212511_23482985.jpg
下り道から見る斜面に咲くミヤマ
f0212511_23483739.jpg
大戸越に下ってきました、振り返り平治岳
f0212511_23484371.jpg
オオヤマレンゲ蕾です
f0212511_23485091.jpg
イワカガミが綺麗
f0212511_23485861.jpg
平治岳の全容
f0212511_23490563.jpg
沢山のイワカガミ
f0212511_23491395.jpg
平治岳の全容アップ
f0212511_23492260.jpg
f0212511_23493531.jpg
f0212511_23494295.jpg
再び大戸越に帰ってきました
f0212511_23494965.jpg
f0212511_23495535.jpg
男池にある岩を食べる根
f0212511_23500737.jpg


【山名・標高】烏帽子岳1,337m 杵島岳1,326m 駒立山1,155m(熊本県)
【月日・時間】2018年5月20日(日) 晴れ 山行時間3:34(休憩除く3:17) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離8.9㎞(車道等2.9㎞含む) 累積標高(+)713m 歩数14,960歩
【車駐車位置】草千里展望台P マップコード:256456698*11

今日は阿蘇の烏帽子山に咲くミヤマキリシマを見に行きました。
天気は快晴、車を草千里展望所近くに止め烏帽子岳へ登ります。
烏帽子岳の山肌に咲くミヤマキリシマ、素晴らしい景色を堪能しながら歩きます。
西回りコースに進むが地震被災のため、垂玉温泉コース分岐の所で通行禁止。
一旦、草千里ヶ浜の中になる駒立山へ進み、その後、東回りコースで烏帽子岳へ登る。
山頂から眺めるミヤマキリシマや草千里ヶ浜の全景、それに眺望も素晴らしい。
遠くは長崎県島原の雲仙普賢岳、福岡県の英彦山も見えます。
烏帽子岳の次は杵島岳へ、県道まで下り杵島岳登山口から登ります。
杵島岳から見る、ミヤマキリシマに覆われた烏帽子岳の全容も素晴らしい。
今日はハイキング感覚で烏帽子岳と杵島岳を充分満喫することができました。

 12:30 草千里展望台P(21℃)
 12:38 烏帽子岳登山口
 13:06 駒立山
 13:23 烏帽子岳・古坊中分岐
 13:43 烏帽子岳~14:00
 14:16 烏帽子岳・古坊中分岐
 14:33 道路出合
 14:36 杵島岳登山口
 15:02 杵島岳直登入口
 15:13 杵島岳
 15:35 杵島岳
 15:47 十字路
 16:04 草千里展望台P(20℃)
f0212511_22541871.jpg
展望台から見る草千里ヶ浜
f0212511_22542776.jpg
クリックだ拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22543318.jpg
良いですね~
f0212511_22543835.jpg
ついつい何枚も写真を撮ってしまいます
f0212511_22544331.jpg
金峰山の奥には雲仙普賢岳が見えています
f0212511_22544854.jpg
杵島岳の右に見えるなだらかな駒立山へ立ち寄ります
f0212511_22545396.jpg
駒立山の山頂です、杭一本
f0212511_22550002.jpg
ミヤマキリシマの群生地登山道へ入っていきます
f0212511_22550826.jpg
f0212511_22551424.jpg
烏帽子岳に登り帰りは古坊中へ下る分岐点
f0212511_22552168.jpg
山肌を埋め尽くすミヤマキリシマに感激
f0212511_22553030.jpg
登山道から振り返ります
f0212511_22553730.jpg
烏帽子岳から阿蘇の噴火口方面
f0212511_22554487.jpg
草千里ヶ浜の全景、人の顔に見えます
f0212511_22555025.jpg
烏帽子岳の山頂から先の方面は痛々しく崩壊しています
f0212511_22561649.jpg
涌蓋山が見えます
f0212511_22562487.jpg
こちらは阿蘇外輪山、奥に見えるのは九重連山の山並み
f0212511_22563331.jpg
f0212511_22564221.jpg
リンドウも綺麗です
f0212511_22565155.jpg
古坊中へ下る途中、振り返り見る烏帽子岳
f0212511_22565831.jpg
古坊中へ下ってきました
f0212511_22570414.jpg
杵島岳へ登りながら左手に見る烏帽子岳
f0212511_22571171.jpg
杵島岳のお鉢を周回、北側に往生岳、奥には九重連山
f0212511_22571751.jpg
田園の中に見える北塚、本塚、灰塚
f0212511_22572353.jpg
田園は田植え準備
f0212511_22573028.jpg
阿蘇外輪山をアップしてみました
f0212511_22573726.jpg
遊覧ヘリが飛び回っています
f0212511_22574450.jpg
綺麗な米塚、今は登山禁止です
f0212511_22575290.jpg
f0212511_22580044.jpg
草千里ヶ浜の登山口へ下山してきました

【山名・標高】 万年山 1140m (大分県)
【月日・時間】2018年5月19日(土) 曇り 山行時間3:24(休憩除く2:35) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離9.7㎞ (林道7.3㎞含む) 累積標高(+)545m 歩数16,101歩
【車駐車位置】 吉武台牧場ゲート駐車場マップコード:269212736*21

ネット情報により万年山のミヤマキリシマが満開とのこと。
昨夜からの雨も上がり、昼からは晴れ間が出る予報に期待して万年山へ。
登山口に10時半過ぎ到着。しかし天気の回復が遅く万年山はまだ深いガスの中。
身支度を終え暫くして出発します。
ガスに包まれた牧場、牧場近くの群生地は立ち寄らず、お花畑群生地へ進みます。
林道を少し進んだ所でチームグリン(グリン隊長)に出合い、ちょっと会話する。
黄色いミヤマキリシマは既に枯れていて、殆ど散ってしまっているとの事。
林道を進みガスが掛かっているお花畑に到着。
水滴がお花に付き瑞々しいミヤマキリシマが咲き誇っています。
ミヤマの鑑賞が終わり、鼻ぐり岩を経て尾根を歩き山頂に到着。
ガスが取れることなく回りは真っ白、眺望は楽しめず。
しかし、一瞬ガスが流れ、ガスの合間から九重連山が見え隠れする。
風が強く山頂は寒い、おにぎりを食べて早々に下山。
ミヤマ鑑賞登山は終始ガスの中でしたが、雨が降ることなく楽しく歩けました。

 11:10 吉武台牧場ゲート(15℃)
 11:27 ミヤマキリシマ群生地分岐
 11:33 林道分岐
 12:03 ミヤマお花畑群生地~12:23
 12:40 分岐C地点
 12:45 鼻ぐり石
 12:52 D地点
 13:36 万年山(12℃)~14:05
 14:13 林道分岐
 14:18 ミヤマキリシマ群生地
 14:34 吉武台牧場ゲート(16℃)
f0212511_21301458.jpg
f0212511_21302468.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_21303062.jpg
万年山は帰りに立ち寄ることとして、先ずは林間コースを進んで花ばたけへ
f0212511_21303893.jpg
f0212511_21304394.jpg
ガスに覆われたお花ばたけ
f0212511_21304900.jpg
満開のお花ばたけを散策します
f0212511_21305380.jpg
f0212511_21310016.jpg
いろんな形ので咲いています
f0212511_21310774.jpg
こんな色もあります
f0212511_21311303.jpg
色が混じりあったミヤマ、綺麗ですね
f0212511_21312098.jpg
カラフルな色合い、他の山では見たことがないような気がします
f0212511_21312906.jpg
鼻ぐり岩、ツツジが一輪
f0212511_21313536.jpg
縦走路にはベニドウダン
f0212511_21314239.jpg
少しずつ標高を上げながら万年山へ
f0212511_21314888.jpg
f0212511_21315567.jpg
笹とミヤマキリシマ
f0212511_21320101.jpg
山頂に到着しました
f0212511_21320899.jpg
ガスが切れた一瞬、九重連山を見ることができました