【山名・標高】金剛山 562m 尺岳 608m (福岡県)
【月日・時間】2018年10月27日(土) 曇り 山行時間6:28(休憩除く5:4) 登山者多数
【距離・歩数】沿面距離15.0㎞(車道6.3㎞含む) 累積標高(+)1,223m 歩数25,935歩
【車駐車位置】畑貯水池駐車場 マップコード:16151880*60
今日は会社のレクレーションが中止となり時間が空きました。
山登り紅葉見学と思いましたが天気予報は曇り空、なんとなく気持ちが入りません。
と云うことで未踏の金剛山(北九州市と直方市の市境)に登ってきました。
折角なので周回コースに尺岳を加えた欲張り歩き。
畑貯水池に車を止め、車道を歩き馬場山東を過ぎ金剛バス停近くから山へ入っていきます。
畑貯水池~金剛院~風岩~金剛山~四方越~尺岳~四方越~ケヤキ谷登山口(畑登山口)~畑貯水池
歩いた距離が15㎞近くなりましたが車道歩きが半分ぐらいあります。
金剛院から風岩までの登りは急登でロープも少なく滑り転げそうでした。
金剛山からは尾根道を歩き、いくつかピークを通り四方越、四方越から尺岳ピストンします。
四方越からケヤキ谷登山口へ下山、廃道歩きが殆どです。
登山口からは車道をテクテクと歩き畑貯水池に帰り着く。

 10:00 畑貯水池駐車場(19℃)
 10:26 金剛山登山口
 11:03 金剛院~11:12・・・住民と会話
 12:16 金剛山(13℃)~12:39
 12:56 一ノ岳574m・・・・・最高点
 13:17 二ノ岳504m
 13:28 三ノ岳450m
 13:58 四方越分岐
 14:18 九州自然歩道合流
 14:28 尺岳(11℃)~14:43
 14:49 九州自然歩道分岐
 15:04 四方越分岐
 15:18 廃道終点・・・・・・・尺岳登山口
 15:36 ケヤキ谷登山口
 16:00 高速道路の下
 16:28 畑貯水池駐車場(14℃)
f0212511_23392672.jpg
本日の出発地点の畑貯水池
f0212511_23393572.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23394206.jpg
金剛バス停から50mほど進んだ三叉路から左へ入っていきます
f0212511_23395333.jpg
フェンスの右は社有地
f0212511_23400041.jpg
登山道はちょっと荒れていますがしっかりしています
f0212511_23400639.jpg
金剛院にはご住人が居られました。『新道の方が傾斜が緩いですよ』と教えていただいたが「風岩に進みたい」と伝えると旧道の入口まで案内してくれました。『急な登りですよ 旧道を登る方は一月に一組程度』らしいです  木屋瀬のJさんのような仙人風貌のお方でした 有り難うございました
f0212511_23401381.jpg
急登を喘ぎながら登ります
f0212511_23402001.jpg
ロープが有ってもきつい
f0212511_23402647.jpg
風岩に到着。この岩は2つに割れており、その割れ目は地中深く続いている。この割れ目に触れば、必ず大風が起こると伝えられているそうです
f0212511_23403238.jpg
尾根まで上がり金剛山に到着
f0212511_23404001.jpg
ここが一ノ岳のようです
f0212511_23404794.jpg
アップダウンを繰り返しながら尾根を歩きます
f0212511_23405639.jpg
二ノ岳を見過ごしてしまいましたが三ノ岳に到着
f0212511_23410317.jpg
御神木が祭られています
f0212511_23411013.jpg
再び歩き、四方越を過ぎ尺岳へ向かいます
f0212511_23411775.jpg
九州自然歩道の縦走路に出ました
f0212511_23412595.jpg
尺岳到着
f0212511_23413110.jpg
手前から三ノ岳、二ノ岳、一ノ岳、金剛山とくねった稜線がよくわかります
f0212511_23413936.jpg
遠くに関門海峡が見えます
f0212511_23414601.jpg
尺岳でご飯を済ませ下山開始、35分で林道終点の尺岳登山口取付き点へ
f0212511_23415401.jpg
林道を下っていきます、殆ど廃道化しています
f0212511_23420145.jpg
f0212511_23420821.jpg
ケヤキ谷登山口まで下ってきました。これから車道歩きになります
f0212511_23421749.jpg
高速道路の下をくぐります

【山名・標高】三俣山(本峰) 1774.7m 星生山 1,762m (大分県)
【月日・時間】2018年10月25日(木)晴れ 山行時間6:00(休憩除く5:16) 単独
【距離・歩数】沿面距離13.9㎞(車道3.0㎞含む) 累積標高(+)1,206m 歩数24,938歩
【車駐車位置】大曲近く路肩 マップコード:440641478*63

余りに天気が良かったので会社サボって山登り。
平日と云うのに大曲登山口の路肩は車でいっぱいです。
ちょっと上まで行って車を止める。
大曲から、すがもりを経て三俣山へ向かいます。
いつものように三俣山の西峰を踏んで本峰に向かいます。
本峰到着
大鍋の紅葉は最高のようですが、なんとなく彩りがもう一つのような気がします。
しかし、綺麗ですね~、しばらく鑑賞タイム。
北峰へ進み大鍋・小鍋を周回、南峰から千里ヶ浜へ下ります。
千里ヶ浜から久住分かれへ登り、今度は星生山へ向かいます。
星生山から扇ヶ鼻へ下る肩の紅葉が綺麗です。
牧ノ戸峠へ下り、大曲方面へ車道を歩いて六時間の紅葉狩り登山終了。
 
 10:00 大曲登山口近く路肩(12℃)
 10:07 大曲登山口
 10:16 作業道出合
 10:27 作業道別れ
 10:41 諏蛾守越
 11:00 三俣山(西峰)1678m
 11:27 三俣山(本峰)1744.7m~11:40(17℃)
 11:58 三俣山(北峰)1690m
 12:28 三俣山(南岳)1743m~12:53(17℃)
 13:27 千里ヶ浜
 14:03 久住分れ(15℃)
 14:31 星生山1762m~14:37
 15:02 扇ヶ鼻分岐
 15:25 沓掛山1503m
 15:43 牧ノ戸峠
 16:00 大曲登山口近く路肩(17℃)
f0212511_19015262.jpg
f0212511_19020506.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_19021970.jpg
諏蛾守越から三俣山へ
f0212511_19022673.jpg
三俣山の西峰を通り本峰に到着、北峰と大渦
f0212511_19023280.jpg
アップしてみました
f0212511_19023952.jpg
由布岳の猫耳もよく見えます
f0212511_19024458.jpg
遠くに根子岳のギザギザが見えます
f0212511_19025125.jpg
f0212511_19025742.jpg
遠くの中央に涌蓋山も綺麗に見えます
f0212511_19030315.jpg
三俣山の北峰
f0212511_19030906.jpg
北峰の斜面に輝く紅葉
f0212511_19031434.jpg
千里ヶ浜へ下る途中、坊がヅル・大船山を眺める
f0212511_19032383.jpg
間もなく千里ヶ浜、崩れた斜面を慎重に下ります
f0212511_19032982.jpg
千里ヶ浜を通り、久住分れまで登ってきました
f0212511_19041325.jpg
星生山から硫黄山や三俣山を眺める
f0212511_19042181.jpg
星生山の肩、奥には扇ヶ鼻
f0212511_19043211.jpg
扇ヶ鼻分岐辺りから星生山の肩を眺める
f0212511_19044513.jpg
星生山の斜面
f0212511_19045623.jpg
星生山の斜面
f0212511_19050507.jpg
牧ノ戸峠から車道を歩いて大曲へ下ります
f0212511_19051356.jpg
青空に映える紅葉を最後に一枚

 
【山名・標高】千元森嶽 233m 千厳山 162m (熊本県)
【月日・時間】2018年10月22日(月) 晴れ 山行時間4:28(休憩除く3:46) 登山者3名
【距離・歩数】沿面距離11.4㎞(車道8.0㎞含む) 累積標高(+)485m 歩数19,000歩
【車駐車位置】出発地:知十バス停 マップコード:372573583*78
       到着地:龍の足湯 マップコード:372636702*44

一泊二日の天草社内旅行
世界文化遺産の天草崎津集落を散策した翌日はフリータイム
オルレの松島コースを歩いてきました
千元森嶽と千巌山からの眺望は最高

 09:15 知十バス停(20℃)
 10:27 山入口
 11:02 千元森嶽~11:28
 11:52 天草青年の家分岐
 12:17 千厳山(19℃)~12:33
 13:12 松島観光ホテル岬亭
 13:21 松島展望台
 13:43 龍の足湯(24℃)
f0212511_00130069.jpg
天草エアラインの飛行機から見た佐賀の田園風景
f0212511_00131214.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP

f0212511_00132227.jpg
佐賀県の埋め立て地に佐賀空港が見えます
f0212511_00135984.jpg
雲仙普賢岳もよく見えます
f0212511_00140766.jpg
前浜海水浴場の両脇に見える山は今年3月25日に登った岩戸山と女岳
f0212511_00141482.jpg
岩肌が見える千元森嶽へ登っていきます
f0212511_00142497.jpg
天草の島々
f0212511_00143245.jpg
雲仙普賢岳もよく見えます
f0212511_00144386.jpg
f0212511_00145211.jpg
f0212511_00150120.jpg
f0212511_00151081.jpg
オルレの到着地点、龍の足湯


北九州-中津ウォーキング大会2018(ロングコース54㎞)
  2018年10月20日(土) 晴れ ウォーク 単独  万歩計 71,537歩
  時間07:29~16:14 (時間8:45 歩行時間8:45) 沿面距離54.8Km

10月6~7日開催予定だった行橋~別府100kmウォークが台風により中止
大会に向け体調を整えてきたのに非常に残念、他の大会を探す
北九州~中津ウォーキング大会の情報を知り、急きょ申し込む
コースは、ロングコース54㎞、ミドルコース34㎞、ショートコース7㎞とある
もちろん一番長いロングコースを申し込み参加しました
ロングコースは事前申し込み350人に当日申込み150人を合わせ約合計500人
行橋~別府ウォークの中止により多かったようで、他のコースも合わせ約1000人
ウォークは行橋~別府の半分の距離と云いながら、9時間切は疲れました
来月の飯塚~武雄100㎞ウォークの良い練習になりました 

  07:29 ミクニワールドスタジアム(22℃)
  10:00 TOTO小倉第二工場(15.3km地点)
  10:42 苅田町役場(19.5km地点)・・・・ミドルコース出発点
  12:47 松原展望台(32.6km地点)
  15:10 宇島港緑地(47.4km地点)・・・・ショートコース出発点
  14:01 中津市役所中央公園グラウンド(28℃)
f0212511_23315527.jpg
ロングコーススタートのミクニワールドスタジアム
f0212511_23320746.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23322367.jpg
大会挨拶
f0212511_23323157.jpg
スタジアムを一周して外へ出ていきます

【山名・標高】高千穂峰 1,574m (宮崎県)
【月日・時間】2018年10月14日(日) 曇り 山行時間2:56(休憩除く2:41)
【距離・歩数】沿面距離5.7㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)657m 歩数6,324歩
【車駐車位置】高千穂河原登山口 マップコード:227152710*85

 10:25 高千穂河原登山口(15℃)
 10:42 遊歩道分岐
 11:14 馬ノ背
 11:31 御鉢縁分岐
 11:55 高千穂峰(13℃)~12:10
 12:25 御鉢縁分岐
 12:37 馬ノ背
 13:07 遊歩道分岐
 13:21 高千穂河原登山口(17℃)
f0212511_22081120.jpg
高千穂河原の駐車場入り口
f0212511_22082058.jpg
クリックで拡大
f0212511_22082969.jpg
鳥居の横からスタートします
f0212511_22083550.jpg
霧島神宮古宮址
f0212511_22084169.jpg
散策路
f0212511_22084766.jpg
赤黒い溶岩の斜面を登っていきます
f0212511_22085385.jpg
振り返ると、みんな頑張って登てます
f0212511_22085944.jpg
馬ノ背まで上がってきました
f0212511_22090610.jpg
御鉢
f0212511_22091161.jpg
御鉢火口縁を歩きます
f0212511_22091852.jpg
上宮
f0212511_22092568.jpg
高千穂峰に到着
f0212511_22093163.jpg
f0212511_22093972.jpg
天ノ逆鉾
f0212511_22094596.jpg
山小屋
f0212511_22095558.jpg
歩いてきた御鉢火口縁の下がえぐれています、わかりますか?
f0212511_22100463.jpg
f0212511_22101295.jpg


【山名・標高】韓国岳 1,700m (宮崎県)
【月日・時間】2018年10月13日(土) 晴れ 山行時間5:02(休憩除く4:06)
【距離・歩数】沿面距離8.9㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)866m 歩数17,834歩
【車駐車位置】大浪池登山口 マップコード:376296333*41

硫黄山の地震活動により、えびの高原からの韓国岳登山道は通行禁止
よって、今回は大浪池登山口から登ります
歩きやすくハイキング感覚で大自然を満喫することができます

 10:40 大浪池登山口(13℃)
 11:10 大浪池分岐
 12:06 大浪池避難小屋
 13:00 韓国岳(17℃)~13:57
 14:30 大浪池避難小屋
 15:17 大浪池分岐
 15:42 大浪池登山口(18℃)
f0212511_22011049.jpg
大浪池登山口からスタート
f0212511_22024705.jpg
クリックで拡大
f0212511_22025992.jpg
f0212511_22030643.jpg
大浪池に到着
f0212511_22031457.jpg
韓国岳と大浪池
f0212511_22032378.jpg
反時計の東回りをしながら桜島を望む
f0212511_22032907.jpg
大浪池は写真に入りません
f0212511_22033549.jpg
今年はどこの山へ行ってもリンドウが沢山咲いています
f0212511_22034364.jpg
避難小屋から韓国岳目指して登ります
f0212511_22034900.jpg
木製階段が整備されています、ちょと痛んでいるところもありますが助かります
f0212511_22035516.jpg
山頂目前
f0212511_22040398.jpg
到着しました~
f0212511_22041072.jpg
山頂から眺める大浪池
f0212511_22041842.jpg
御鉢の中
f0212511_22042923.jpg
新萌岳から蒸気が出ています、奥には高千穂峰
f0212511_22044022.jpg
下山します
f0212511_22044868.jpg

f0212511_22045674.jpg
秋のススキもいいものです
f0212511_22050551.jpg
f0212511_22051318.jpg
最後にもう一度大浪池を撮ってみました

【山名・標高】 くじゅう17サミッツの9座(①~⑨)プラス4座(▲)=13座 (大分県)[九重連山]
【月日・時間】 2018年10月8日(月) 晴れ 山行時間10:18(休憩除く9:20) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離22.5㎞(作業道および車道3.0㎞含む) 累積標高(+)2,265m 歩数38,553歩
【車駐車位置】 牧ノ戸登山口 マップコード:440640128*58

牧ノ戸峠に5時到着、駐車場には朝駆けでしょうか既に沢山の車が止まっています。
支度して5時半出発、ヘッドライトを付け暗い登山道を歩きます。
扇ヶ鼻分岐の手前から明るくなり、西千里ヶ浜を通らず星生山へ直接登っていきます。
登山道の濡れた草で全身びしょ濡れ、露がズポンの上から靴の中まで染み込んでくる。
先ずは第一座、星生山に登る。
九重連山を久住山、天狗ヶ城、中岳、稲星、白口岳へと踏んでいく。
途中、靴の中に溜まった水を絞り、じゅくじゅく足で三時間半かかり白口岳に到着。
白口岳からの急坂を下り鉾立峠へ、まだまだ先は長い。
立中山からは不明瞭な道を進み、坊ガヅル~大船山登山道の中腹に合流、段原へ登る。
一旦北大船山に登りおにぎりを食べ元気を付ける。
その間、靴を脱ぎ、濡れた靴と靴下を岩の上に干すが、濡れた状態は変わらず。
北大船山で出会ったトレラン若者二人とゴールまで抜きつ抜かれつご一緒する
大船山の御池は少し色づいています。
最後の一座は三俣山、まだ急登が残っており気が抜けません。
気合を入れ登りますが、トレラン二人にあっという間に抜かれます。
何度か小休止を挟み1時間10分かかり三俣山南峰に到着。
本峰へ進み、色づいた大渦、小渦を見て疲れた身体を癒す。
道に迷っていたトレラン二人を抜き西峰、諏蛾守越へと下っていく。
諏蛾守越からは少し小走りで下山、トレランに抜かれることなく大曲登山口に到着。
まだまだ出発地点の牧ノ戸峠まで車道2㎞が有ります。
最後の最後、牧ノ戸手前300m辺りでトレランに抜かれてしまいました。
と云う事で、後半はトレランのおかげでタイムを少し縮めることができました。
しかし、目標としていた10時間を切ることはできませんでした。

 05:30 牧ノ戸峠(13℃)
 05:52 ▲沓掛山1503m
 06:18 扇ヶ鼻分岐
 06:37 ①星生山1762m~06:41
 07:07 久住分れ
 07:26 ②久住山1786.5m~07:30
 07:51 ③天狗ヶ城1780m~07:55
 08:06 ④中 岳1791m(13℃)~08:15
 08:25 白口谷分岐
 08:36 ⑤稲星山1774m
 08:48 稲星越
 09:02 ⑥白口岳1720m
 09:40 鉾立峠
 09:57 ▲立中山1468m(18℃)
 10:35 坊ガヅル大船山登山口合流
 11:05 段 原
 11:09 ⑦北大船山1706m(19℃)~11:37
 11:40 段 原
 11:55 ⑧大船山1786.2m~12:05
 12:15 段 原
 12:31 立中山分岐
 12:50 坊ガヅル大船山登山口
 12:56 坊ガヅル三俣山登山口
 14:03 ▲三俣山(南岳)1743m(20℃)
 14:20 ⑨三俣山(本峰)1744.7m~14:23
 14:38 ▲三俣山(西峰)1678m
 14:53 諏蛾守越
 15:04 作業道出合
 15:13 大曲登山口分岐
 15:24 大曲登山口
 15:48 牧ノ戸峠(18℃)
f0212511_22364659.jpg
牧ノ戸から反時計回りにスタート
f0212511_22365777.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP

f0212511_22370677.jpg
間もなく日の出
f0212511_22371953.jpg
星生山から朝日を浴びる三俣山を観る
f0212511_22372792.jpg
星生山
f0212511_22373486.jpg
阿蘇の五岳
f0212511_22374191.jpg
久住山に来ました
f0212511_22374745.jpg
根子岳をアップ
f0212511_22375541.jpg
阿蘇の中岳方面
f0212511_22380280.jpg
こちらは雲海に浮かぶ由布岳
f0212511_22380964.jpg
f0212511_22381767.jpg
御池と久住山
f0212511_22383074.jpg
坊ガヅル
f0212511_22384003.jpg

f0212511_22384894.jpg
f0212511_22385789.jpg
坊ガヅルと三俣山
f0212511_22390637.jpg
北大船山から見る大船山
f0212511_22391545.jpg
大船山の御池紅葉
f0212511_22392309.jpg
岩の辺りは綺麗です
f0212511_22393932.jpg
f0212511_22394958.jpg
f0212511_22395784.jpg
九重連山

f0212511_22400544.jpg
大船山から北大船山方面
f0212511_22401575.jpg
坊ガヅルから見た三俣山の南峰、急登を登ります
f0212511_22402501.jpg
南峰へ上がってきました
f0212511_22403484.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22404300.jpg
f0212511_22405413.jpg
f0212511_22410290.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22410987.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22411909.jpg
諏蛾守越に下ってきました
f0212511_22412934.jpg
諏蛾守越から見上げる三俣山の西峰


【山名・標高】二丈岳 711m 女岳 748m (福岡県)
【月日・時間】2018年10月7日(土) 晴れ 山行時間6:48(休憩除く5:50)
【距離・歩数】沿面距離16.7㎞(車道8.0㎞含む) 累積標高(+)1,136m 歩数25,472歩
【車駐車位置】ゆらりんこ橋駐車場 マップコード:182567738*75

第20回行橋~別府100キロウォークが台風の影響で中止となりました。
半年前から抽選を経て楽しみにしていたウォークですが仕方ありません。
また来年参加できる事を願うばかりです。

と云うことで台風25号が最接近した6日(土)はおとなしく家守でした。
三連休の残り二日間、7日は糸島の二丈岳に登ります。
折角なので女岳と組み合わせ、海岸も通る周回コースを楽しんできました。

 09:10 ゆらりんこ橋登山口(23℃)
 09:54 加茂神社
 10:10 登山口(真名子水の香ランド研修棟)
 10:39 広域基幹林道横断
 10:49 荒谷峠(女岳西登山口)
 11:18 女岳(17℃)~11:30
 11:54 広域基幹林道横断(女岳北登山口)
 12:11 登山口(真名子水の香ランド研修棟)~12:21
 13:04 二丈岳(21℃)~13:40
 14:18 林道横断(一の原線)
 14:26 林道横断(一の原線)
 14:56 車道出る(介護施設)
 15:10 国道202号線出会(海岸線)
 15:27 国道202号線分岐(ゆらりんこ橋へ)
 15:58 ゆらりんこ橋登山口(23℃)
f0212511_06494738.jpg
f0212511_06495941.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_20460608.jpg
二丈岳渓谷遊歩道
f0212511_20463733.jpg
子供たちが雨宿りしたと云う「家の石」
f0212511_20464599.jpg
二丈岳渓谷遊歩道
f0212511_20465584.jpg
二丈岳渓谷遊歩道を登り加茂神社に到着
f0212511_20470246.jpg
f0212511_20470952.jpg
登山口(真名子水の香ランド研修棟)
f0212511_20471624.jpg
廃道を歩きます
f0212511_20472496.jpg
女岳へ登っていきます、ガスがかかってきました
f0212511_20473124.jpg
女岳到着
f0212511_20473948.jpg
水滴が綺麗
f0212511_20480571.jpg
ツリフネソウも綺麗です
f0212511_20481393.jpg
f0212511_20482043.jpg
林道終点の二丈岳登山口
f0212511_20482960.jpg
二丈岳の山頂
f0212511_20483737.jpg
玄界灘の船越湾から引津湾の海岸線
f0212511_20484594.jpg
糸島半島に出来た九大学研都市
f0212511_20492422.jpg
深江海水浴場
f0212511_20493312.jpg
深江へ下っていきます
f0212511_20494315.jpg
深江海水浴場を通ってゆらりんこ橋へ

【山名・標高】 龍王山 616m (福岡県)
【月日・時間】2018年9月29日(土) 曇り 山行時間2:40(休憩除く2:35) 
【距離・歩数】沿面距離6.1㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)470m 歩数11,186歩
【車駐車位置】 青年の家登山口 マップコード:55733457*41

今日は台風24号の接近により朝から雨模様。
お昼過ぎに起き、空を眺めると小康状態、心が胸騒ぎ。
先月からタマゴダケを求めて龍王山に三回も登ったが外れ、外れ、ハズレ。
もう行かないつもりだったが、ついつい淡い期待を持ち、また龍王山へ。

暗くなるのを覚悟して八木山青年の家登山口から登る。
登山道は昨夜からの雨で、勢いよく水が流れています。
また、石コロは滑り、歩きにくい状態の道を気を付けて尾根まで上がります。

尾根まで上がり、いよいよタマゴダケ探し。
ガスが掛かり薄暗い尾根道、今日こそはと願いを込め歩く。
落葉道の前方にぼんやりと赤い物を発見、ドキドキしながら近づき確信。
大きなタマゴダケ一個を発見、四回目にして出会えた喜びは最高。

辺りを見渡し探すと三個発見、もう充分、満足。
薄暗いなか、写真を撮り龍王神社まで進み引返して龍王山へ。
タマゴダケに出会え気分は最高、小康状態が大雨になってもへっちゃら気分で歩く。
龍王山からの眺望は雲で全く見えません。
八木山畜産センターへ下り、車道を歩いて八木山青年の家登山口へ。
登山口に着くころには真っ暗、ヘッドライトを付けて無事に帰りつく。
四回目にしてタマゴダケを鑑賞することができ満足の山行となりました。

  15:42 青年の家登山口(18℃)
  15:54 林道横断
  16:25 尾根三差路
  16:51  龍王神社(16℃)
  17:05 尾根三差路
  17:10 龍王山(23℃)~17:15
  17:51 八木山畜産センター入口
  18:22 青年の家登山口(17℃)
f0212511_16512664.jpg
青年の家登山口
f0212511_16513699.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_16514343.jpg
f0212511_16514914.jpg
尾根三差路に出ました
f0212511_16515409.jpg
巨大タマゴダケ発見
f0212511_16520019.jpg
近くには二個、少し開いている物もある
f0212511_16520635.jpg
こちらは綺麗に開いています
f0212511_16521245.jpg
こんなお化けみたいなキノコもあります
f0212511_16521952.jpg
龍王神社まで行って引き返します
f0212511_16522681.jpg
葉っぱが空中に浮いています??
f0212511_16523378.jpg
龍王山の山頂、雲で何も見えません
f0212511_16524095.jpg
f0212511_16524701.jpg
畜産センターへ下る途中に巨大なキノコ発見
f0212511_16525647.jpg
こちらは兄弟のようです
f0212511_16530548.jpg
時間が経てば、この様になるんでしょうか?
f0212511_16531306.jpg
畜産センターの取付き点まで下ってきました
f0212511_16531923.jpg
人懐っこい牛さん達、パンダ牛もいます
f0212511_16532610.jpg
畜産センターから車道を歩いて帰ります

  
  北九州無法松ツーデーマーチ(40㎞コース)
  2018年9月23日(日) 晴れ ウォーク 単独  万歩計 41,367歩
  時間07:31~13:51(時間6:20 歩行時間6:20) 沿面距離37.8Km

 昨日に引き続き北九州無法松ツーデーマーチに参加。
 今日も最長の40㎞、「北九州工業地帯・瀬板の森満喫コース」に出場。
 勝山公園近くの最大500円駐車場に車を止め勝山公園に7時前に到着。
 40㎞コース、参加者1,915人が勝山公園を7時半スタートです。
 今日は二日酔い無く万全と云いたいとこだが、昨日のウォークで足腰が筋肉痛。
 とにかく頑張って歩きます。
 折り返し地点の「瀬板の森公園」少しの登りに悪戦苦闘で登っていきます。
 東田大通り公園で20㎞コースと合流、少し元気が出ます。
 歩車分離信号に引っ掛かりながらゴールを目指します。
 リバーウォークが見えゴールが近くなってきました。
 最後の力を振り絞って13時51分にゴール。
 今日も満足いく結果ではありませんでしたが足を痛めることなく歩けました。
 無事に二日間の練習を終え、10月6日の本番を迎えることができそうです。
 
  07:31 勝山公園(22℃)
  08:52 豊島展望公園(7.9km地点)
  11:06 瀬板の森公園南口(21.4km地点)
  12:31 東田大通り公園(29.9km地点)
  13:51 勝山公園(28℃)
f0212511_07160297.jpg
スタート前
f0212511_07161209.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_07161847.jpg
実行委員会の挨拶
f0212511_07162463.jpg
勝山公園の出店
f0212511_07162944.jpg
ハローデイオリジナルキャラクター「ハロッコリー」も応援
f0212511_07163594.jpg
f0212511_07164020.jpg
f0212511_07164746.jpg
黒崎駅前の商店街の中を通ります
f0212511_07165204.jpg
東田第一高炉
f0212511_07165970.jpg
2018年1月1日の午前2時に閉園したスペースワールドの象徴だったスペースシャトル
f0212511_07171175.jpg
二日間の参加人数
f0212511_07171856.jpg
お腹が減りました、美味しそうなので…