【山名・標高】立花山367m 三日月山272m 尾山343m 白岳315m(福岡県)
       名子岳165m 城ノ越山(南峰),(北峰)180m 橿日岳165m
【月日・時間】2019年3月9日(土) 晴れ 山行時間5:49(休憩除く5:11) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離14.7㎞(車道2.7㎞含) 累積標高(+)1,329m 歩数24,295歩
【車駐車位置】長谷ダム登山口 マップコード:13567195

今日は1月12日に歩いたコースのバージョンアップ。
長谷ダムからスタート、城ノ越山山系と立花山山系を周回、ピーク12座のフルコース。

名子岳165m、城ノ越山(南峰)180m、城ノ越山(北峰)180m、橿日岳165m、
白岳315m、松尾山343m、大つぶら255m、小つぶら255m、
立花山367m、大一足258m、小一足208m、三日月山272m。

 09:00 長谷ダム登山口(7℃)・・・長谷口集落へ下っていきます
 09:14 梅木谷池(塩坂)取付き点・・集落を過ぎ林道から右へ
 09:29 名子岳(10℃)・・・・・・・なごだけ
 09:34 御飯山城跡・・・・・・・・おいのやまじょうあと
 09:55 城ノ越山(北峰)・・・・・南峰を過ぎて北峰へ
 10:13 橿日岳(10℃)・・・・・・・かしいだけ
 10:31 車道に出る・・・・・・・・三日月湖の車道に出ました
 10:42 霊園先登山口・・・・・・・霊園先の登山道へ
 10:50 三日月温泉登山口・・・・・三日月登山口に出て車道を歩きます
 11:05 立花山登山口・・・・・・・立花山登山口を過ぎ鷲尾大権現から登山道へ
 11:28 白岳(12℃)
 11:39 松尾山・・・・・・・・・・ポポクジラさんとすれ違う
 11:52 大つぶら・・・・・・・・・三日月山上空でヘリが飛んでいます
 12:07 小つぶら(12℃)・・・・・・この後、急登
 12:22 立花山(17℃)~12:50・・食事休憩
 13:02 大クス
 13:10 大一足
 13:16 小一足・・・・・・・・・・写真を撮って引き返します
 13:22 大一足
 13:38 分岐(十字路)・・・・・・縦走路を三日月山へ
 13:50 三日月山(17℃)~14:00・・ちょっと休憩
 14:13 三日月橋急坂分岐
 14:28 鉄 塔
 14:49 長谷ダム登山口(11℃)・・・帰ってきました
f0212511_22434056.jpg
長谷ダムからスタート
f0212511_22434859.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22435597.jpg
河童が回っています、分かりますか?
f0212511_22440114.jpg
塩坂ルートは立ち入り禁止、前回と同じ梅木谷ルートへ曲がる
f0212511_22441087.jpg
先ずは名子山
f0212511_22441599.jpg
御飯山城跡(おいのやまじょうあと)
f0212511_22442196.jpg
城ノ越山 国土地理院の三角点位置
f0212511_22442690.jpg
城ノ越山の北峰
f0212511_22443105.jpg
勿論、橿日岳(かしいだけ)も踏みます
f0212511_22443696.jpg
三日月湖、なんと水が有りません
f0212511_22444115.jpg
三日月霊園から登山道へ
f0212511_22444715.jpg
霊園登山道入り口から8分程度歩いたら、再び車道に出ます
f0212511_22445559.jpg
f0212511_22450285.jpg
蜂の巣?
f0212511_22450909.jpg
白岳、松尾山を通り、大つぶらへ来ました
f0212511_22451522.jpg
柴大明神
f0212511_22452249.jpg
小つぶら、石が積んであります
f0212511_22453006.jpg
立花山へ登ってきました、和白方面
f0212511_22453815.jpg
三日月山の山頂がよく見えます
f0212511_22454553.jpg
津屋崎方面
f0212511_22455275.jpg
特別天然記念物の大クス

f0212511_22455874.jpg
大一足
f0212511_22460464.jpg
小一足
f0212511_22461034.jpg
馬責の場跡
f0212511_22461777.jpg
三日月山の山頂までやってきました、ちょこっと休憩
f0212511_22462329.jpg
最近新しくなった鉄塔
f0212511_22463046.jpg
帰って来ました長谷ダムへ

【山名・標高】脊振山 1,055m  (福岡県)
【月日・時間】2019年3月5日(火) 晴れ 山行時間4:41(休憩除く4:00) 登山者
【距離・歩数】沿面距離10.2㎞(林道1.8㎞含む) 累積標高(+)815m 歩数17,101歩
【車駐車位置】船石橋登山口 マップコード:224147134*85

昨夜は久しぶりに夜間作業、明朝、会社から帰宅。
偶然にも今日だけ天気が良い、家にじっとしていられない。
二時間ほど仮眠して脊振の山へ。
今日のコースはコヨーテさんが2月24日に歩かれた「真の車谷」ルートにチャレンジ。

船石橋からスタート、車谷ルート(矢筈ルート)を登り林道に出る。
林道から車谷ルート(矢筈ルート)を外れ10分ほど歩いて取付き点、ワクワクしながら真の車谷へ。
谷筋が交わった所で何度か迷いますが、新・旧の赤テープを探しながら、どうにか進みます。
40分ほど登った所でコース由来?の車の残骸を発見。

無残にも原型は無くタイヤが二本、それにへしゃげた鉄板のかたまりとハンドル。
どうやって、この奥深い谷まで持ってきた?落ちてきた?謎です。
谷を7分ほど登ると、今度はタイヤ二本が谷に埋もれています。
再び谷を登り車道近くまで上がると、タイヤ一本、シート一座が転げています。
車残骸の所から30分ほど登り車道に出ました。

あの残骸は、この車道から走りながら転げ落ちて行ったんでしょうか?。
車道から残骸が有った所まで、岩場有り急斜面有りで、たどり着かないように思います。?
謎ですね~。

車道から直登の登山道(笹藪漕ぎ)を登り20分弱で脊振山の山頂に到着。
展望は開けていますが、霞んでて遠くまでの眺望は有りません。
食事休憩をして、九州自然歩道の縦走路を椎原峠まで進みます。
スタートが遅かったので鬼が鼻岩まで行かず椎原峠から下山します。

 11:15 船石橋登山口(12℃)
 11:45 林道出合
 11:55 車谷コース取付点
 12:34 原型の無い車
 12:41 タイヤ二個
 13:06 車道横断
 13:24 脊振山(8℃)~14:05
 14:21 フェンス部分
 14:30 矢筈峠
 14:53 唐人の舞分岐
 15:12 椎原峠東
 15:35 林道横断
 15:46 鬼ヶ鼻岩直登分岐
 15:50 林道
 15:56 船石橋登山口(12℃)
f0212511_23115270.jpg
いいですね~
f0212511_23120250.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23120811.jpg
林道を10分歩いて取付き点
f0212511_23121417.jpg
マイナーな道?
f0212511_23121991.jpg
道ではなく、単なる谷です
f0212511_23122527.jpg
車を発見
f0212511_23123124.jpg
もう一枚、上から撮ります
f0212511_23123635.jpg
暫く登ると、今度はタイヤが二本
f0212511_23124260.jpg
こんな斜面を車が転げ落ちてきた?
f0212511_23124767.jpg
ここには、座席とタイヤが一本
f0212511_23125343.jpg
車道に上がってきました、探検終わりです
f0212511_23125846.jpg
レーダードームの横を登っていきます
f0212511_23130531.jpg
f0212511_23131243.jpg
脊振山に到着
f0212511_23131909.jpg
晴れてますが、霞んでいます
f0212511_23132570.jpg
地肌が見えているところは五ヶ瀬ダム
f0212511_23133390.jpg
航空自衛隊
f0212511_23133946.jpg
椎原峠へ向け気持ち良い縦走路を歩きます
f0212511_23134743.jpg
金山方面
f0212511_23135429.jpg
椎原峠から下山します
f0212511_23140199.jpg
枯れている?
f0212511_23141012.jpg
下から見ると、こんな感じ
f0212511_23141741.jpg

【山名・標高】城山195m 矢岳385m 成竹山580m 鷲ヶ岳454m(福岡県)
【月日・時間】2019年3月2日(土) 曇り 山行時間6:56(休憩除く6:31) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離21.8㎞(車道8.9㎞含む) 累積標高(+)1,527m 歩数35,309歩
【車駐車位置】裂田溝駐車場 マップコード:419246182*52

今日は朝から曇り空、夕方は雨模様、本格的に山へ行く計画は断念、しかしどこか行きたい。
YAMAPで色々と検索、その結果、にゃてぃーさんが歩かれた矢岳に行くことに。
矢岳までのつもりが、にゃてぃーさんの活動日記からポポクジラさんへ飛んで周回コースを見て、これだ!。
周回好きな私、ポポクジラさんの軌跡を参考に、城山~矢岳~成竹山~鷲ケ岳と回ってきました。

那珂川市山田の森(城山(じょうやま)/岩門城跡登山口周辺)に咲く初御代桜(ハツミヨザクラ)を見て出発。
城山から矢岳への縦走路はよく整備されており気持ちよく歩きます。
矢岳からの展望、曇り空と霞みでちょっと残念ですが、のどかな風景はいいですね。

プラスチック階段を歩き埋金集落へ下っていきますが、二度ほど道を間違い引き返す。
林道に出て埋金集落を経て国道385号線に出会う、横断して今度は成竹山へ登っていきます。
車道を3.7㎞歩き、成竹山登山道へ入っていきます。

登山道は石垣があり、橋が二か所架かっていた形跡もあります、昔の主要道だったんでしょうか?。
成竹山に到着、その後展望台(パラグライダー基地)へ移動。
午前中、歩いてきた城山・矢岳の稜線を眺め、おにぎりを食べる。達成感、いいですね。

お腹もいっぱいになり下山開始、林道終点でもある成竹山登山口へ下山。
ここからは林道を下らず、鷲ケ岳登山口へ向かいます。
取付き点で暫く迷いましたが、どうにか赤テープを発見、林道終点に出て鷲ケ岳登山口へ。
鷲ケ岳登山口は仲ノ畝林道終点から少し下ったところにある。

鷲ケ岳にピストンで登り林道を経て、南面里集落、山田地区へテクテク帰ります。
約4.5㎞の林道・車道を一時間かけて山田出発点に帰り着きました。

今日の山歩き、城山~矢岳の縦走路、成竹山への登山道、自然に囲まれた最高でした。
約21㎞のロング周回コースでしたが、半分近くの9㎞は車道歩きでした。

 09:45 裂田の溝駐車場(11℃)・・・さくたのうなで(トイレ有)
 10:09 城山1,723m・・・・・・城山~矢岳の縦走路を約1時間歩きます
 11:10 矢岳(10℃)・・・・・・展望良好
 11:46 鉄塔とアンテナ?・・・ここからプラ階段を一気に下ります
 11:56 林道広場に出る・・・・ため池が有り、ここから車道歩きが続く
 12:12 国道横断・・・・・・・バス停「南畑小学校」
 12:32 最後の民家・・・・・・この先道路崩壊のため通行止め
 12:42 林道へ入る
 13:00 取付き点・・・・・・・登山道へ入っていく
 13:21 橋崩壊跡・・・・・・・橋の石積み両脚だけが残っています
 13:42 十字路・・・・・・・・標柱に帽子がかぶさっています
 13:55 成竹山・・・・・・・・縦走路に有る山頂、展望なし
 14:00 展望所(9℃)~14:25・最高の展望台
 14:40 成竹山取付点・・・・・寺倉林道を少し下り資材置き場から再び山へ
 14:58 太郎山・・・・・・・・410m
 15:03 大江山・・・・・・・・410m
 15:11 仲ノ畝林道終点・・・・仲ノ畝林道終点に出ました
 15:30 鷲ヶ岳(9℃)・・・・・林道取付点から鷲ヶ岳往復
 15:57 仲ノ畝林道入口・・・ここから舗装道路を歩いて帰ります
 16:13 共栄橋
 16:41 裂田の溝駐車場(12℃)
f0212511_22122870.jpg
初御代桜(ハツミヨザクラ)
f0212511_22123653.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22124313.jpg
高津姫稲荷大明神
f0212511_22124734.jpg
城山(岩門城)
f0212511_22125437.jpg
城山からの景色
f0212511_22130065.jpg
縦走路を歩いて間もなく矢岳です
f0212511_22130587.jpg
矢岳に到着
f0212511_22131165.jpg
今日は霞んでいます、遠くに見えるのは九千部山
f0212511_22131739.jpg
矢岳からプラ階段を下り林道に出ました
f0212511_22132150.jpg
埋蔵金区公民館、あ、埋金区公民館でした(笑)
f0212511_22132763.jpg
国道のバス停まで下ってきました、今度は成竹山へ
f0212511_22133299.jpg
道路崩壊により通行止め、この先民家は無いようです
f0212511_22133724.jpg
木が伐採されています
f0212511_22134475.jpg
ここから本格的な林道
f0212511_22142936.jpg
いきなり道路崩壊、右側を恐る恐る通ります
f0212511_22151599.jpg
登山道を歩いていくと、橋が架かっていたと思われる石積の橋げた
f0212511_22152344.jpg
平地を穏やかに清流が流れています
f0212511_22153035.jpg
分岐点、石柱に帽子がかぶさっています
f0212511_22153817.jpg
成竹山へ進むと大岩が登山道を遮っています、大岩、顔に見えませんか?
f0212511_22154505.jpg
縦走路の通過点に成竹山があります、展望は開けていません
f0212511_22155356.jpg
成竹山の先にある展望台、ここは最高です
f0212511_22160004.jpg
展望台で食事休憩、その後、寺倉林道終点の登山口まで下ってきました
f0212511_22160739.jpg
仲ノ畝林道から入り込み鷲ヶ岳に立ち寄ります
f0212511_22161548.jpg
鷲ヶ岳からの眺望、今日は一日中霞んでいます
f0212511_22162219.jpg
仲ノ畝林道の始点
f0212511_22163291.jpg
共栄橋近くのバス停
f0212511_22164448.jpg
裂田の溝へ帰って来ました、もう一度、初御代桜(ハツミヨザクラ)見学

【山名・標高】仰烏帽子山 1302m 兎群石山 1186m 香ノ木山 1206m (熊本県)
【月日・時間】2019年2月24日(日) 曇小雨山行時間6:48(休憩除く5:46)登山者複数
【距離・歩数】 沿面距離11.2㎞(林道0.5㎞含)累積標高(+)1,125m歩数21,613歩
【車駐車位置】 元井谷第1駐車場 マップコード:536500074*32

今年は暖冬傾向、福寿草の開花が気になります
よって昨年より二週間も早く仰烏帽子へ行ってきました

今回は2015年に歩いたロングコースを歩きます
元井谷第一登山口から元井谷のガレバを登り仰烏帽子山へ
下山は兎群石山に立ち寄り椎葉谷コースを下り仏石へ
福寿草の群生地を鑑賞して、元井谷第二登山口方面へ進み、
途中の香ノ木山(1206.2m)から元井谷第一登山口駐車場へ激坂を下ります。

今日は天気予報に反し、午後から崩れ仏石の群生地辺りから小雨がパラパラ
群生地の通過時刻を午後に調整して歩いてきたのに、悔し~残念
福寿草の蕾は沢山あるものの、太陽が照らず開花は今一つ
しかし、開いている福寿草を探しては鑑賞、今年も出会えてありがとう。

香ノ木山(1206.2m)から元井谷第一登山口駐車場へ下るルートは
迷いやすく、ピークを過ぎた以降は激下り、しかも超マイナーな道です。
歩かれるときには、経験者や山登り豊かな方と同行して歩いてください。

 08:05 元井谷第1駐車場(5℃)
 08:13 元井谷登山口
 09:30 仏石分岐
 09:45 風 穴
 10:09 仰烏帽子山(7℃)~10:21
 10:30 兎群石山~10:40
 10:55 展望台分岐
 11:00 展望台
 11:46 椎葉谷コース石仏分岐
 12:12 仏石(7℃)~12:52
 13:21 分岐
 13:40 香ノ木山分岐
 13:45 香ノ木山(1206m)
 14:29 ピーク934m
 14:53 元井谷第1駐車場(9℃)
f0212511_22205072.jpg
雨の福寿草
f0212511_22205959.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22210476.jpg
元井谷の第一登山口から登ります
f0212511_22211013.jpg
ガレバを歩きます
f0212511_22211512.jpg
まだまだ荒れた岩場が続きます
f0212511_22212194.jpg
これからは歩きやすくなります
f0212511_22212679.jpg
チラホラと福寿草が咲いています
f0212511_22213129.jpg
こんな感じです
f0212511_22213650.jpg
曇り空 なかなか開いてくれません、午後を期待するが・・・
f0212511_22214031.jpg
仰烏帽子岳に登ってきました
f0212511_22214558.jpg
次に兎群石山へ立ち寄ります
f0212511_22215078.jpg
展望岩からの景色、雲行きが怪しい
f0212511_22215509.jpg
椎葉コースの谷(荒れたガレバ)を下っていきます
f0212511_22220186.jpg
ここから仏石へ登ります
f0212511_22220708.jpg
仏石で食事 福寿草の群生地を見て回りますが
f0212511_22221445.jpg
岩場の福寿草
f0212511_22222205.jpg
小雨が降り出し開いていない福寿草を沢山見ました、残念!
f0212511_22222953.jpg
開き方が均等でなく何か変です
f0212511_22223587.jpg


【山名・標高】 三池山 388m 大間山 225m 大塔山 252m (福岡県)
【月日・時間】 2019年2月23日(土) 曇り 山行時間4:50(休憩除く3:52) 登山者複数
【距離・歩数】 沿面距離10.4㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1,091m 歩数19,081歩
【車駐車位置】 三池公園駐車場 マップコード:69463443*43

普光寺の臥龍梅が見頃じゃないかな~と思い大牟田の山に行ってきました。

三池公園から大間山に登り、縦走して三池山へ、展望広場っでランチ。
帰りに臥龍梅を鑑賞、再び縦走路へ戻り三池公園へ帰って来ました。

臥龍梅は6分咲きってところでしょうか、しだれ梅は満開でした。
普光寺境内には他にも飛び梅など、いろんな梅や桜が咲いてて楽しめます。
この時期、臥龍梅を見るには拝観料が300円入ります。

 11:15 三池公園P(11℃)
 11:37 大間山(10℃)
 11:48 八角目峠
 12:14 大塔山
 12:22 荒平峠
 12:43 三池宮~12:50
 13:02 三池山
 13:07 展望広場(12℃)~13:35
 13:40 三池山
 14:00 登山口(妙心寺)
 14:05 普光寺(臥龍梅)~14:24
 14:28 登山口(妙心寺)
 14:38 金毘羅宮分岐
 14:47 金毘羅宮~14:51
 15:02 荒平峠
 15:10 大塔山
 15:32 八角目峠
 15:46 大間山
 16:05 三池公園P(15℃)
f0212511_21423510.jpg
普光寺の臥龍梅
f0212511_21424305.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21424903.jpg
大間山
f0212511_21425786.jpg
大間山からの景色
f0212511_21430497.jpg
竹林の急登道を登ります
f0212511_21431211.jpg
大塔山(別名荒平山)
f0212511_21431814.jpg
今年も三池宮の裏の登山道を彩る椿
f0212511_21432372.jpg
三池山の山頂、展望が開けていないので展望広場へ
f0212511_21432880.jpg
展望広場から見る風景、霞んでてボンヤリです
f0212511_21433339.jpg
小岱山方面
f0212511_21433968.jpg
綺麗ですね~

f0212511_21434693.jpg
青空に映える臥龍梅
f0212511_21435405.jpg
臥龍梅の全景
f0212511_21440135.jpg
しだれ梅もすばらしい
f0212511_21440756.jpg
飛び梅
f0212511_21441496.jpg
f0212511_21442009.jpg
八重桜
f0212511_21442675.jpg
f0212511_21443464.jpg
金毘羅宮にお参りして帰ります


【山名・標高】 天狗ヶ城 1780m 中岳 1791m 稲星山 1774m 星生山 1762m 
        久住山 1786m 沓掛山 1503m (大分県)[九重連山]
【月日・時間】 2019年2月17日(日) 曇後晴 山行時間6:57(休憩除く5:54)登山者複
【距離・歩数】 沿面距離12.5㎞(林道0.0㎞含)累積標高(+)1,165 歩数21,984歩
【車駐車位置】 牧ノ戸登山口駐車場 マップコード:440640128*58

今年の冬は暖冬、難所ヶ滝の氷瀑を一度も見ることなく終わってしまいそうです。
ならば、樹氷でも見に行こう、と今年お初の九重連山へ。

7時半過ぎに牧ノ戸峠駐車場に到着、標高1331m、気温はー4℃、寒い。
登山支度をして牧ノ戸登山口を8時出発します。
コンクリート道を滑らないように登り、沓掛山へと進んでいきます。
登山道、積雪はあるものの凍っている所もあり足に力が入ります。
樹氷に見とれながら扇ヶ鼻分岐を経て星生山に登ります。
まだ曇っており眺望は無く、早々に退散、尾根を下って行きます。
久住別れを経由して久住山に到着、雲が取れ青空がのぞいてきました。

休憩して稲星山、中岳、天狗ヶ城と反時計回りに歩きます。
稲星山から白口谷分岐へ下る途中、凍った石ころに足を取られ仰向けに扱けました。
幸いなことにリュックがクッションとなり、頭を打つ事無く無傷でした。
ただ、リュックの中にあった山専ボトルは大きく凹み、身代わりとなりました。
(凍っている登山道は必ずアイゼンを履いて行きましょう!!)

天狗ヶ城に登ったあと、全面が凍っていない御池に降りてみました。
御池の上を歩きますが、凍っていない所へはなかなか近づけません、怖かった。
童心に戻り、はしゃいで遊んだ後は、牧ノ戸へ向けて帰ります。

帰りの登山道、朝は凍っていて歩きやすかったものの、今はズルズルべちゃべちゃ。
ガタの中を歩いているようで、登山靴は泥まみれになりました、ふぅ。

今日は樹氷を見ることができ、午後からは青空も広がり素晴らしい一日でした。

  08:00 牧ノ戸峠(-4℃)
  08:10 展望台
  08:25 沓掛山
  09:02 扇ヶ鼻分岐
  09:12 星生山分岐
  09:31 星生山~09:36
  10:21 久住分れ
  10:48 久住山~11:30
  12:02 稲星山~12:10・・・この後滑って転ぶ・・危なかった
  12:21 白口谷分岐
  12:37 中岳~12:45
  13:00 天狗ヶ城・・・・・御池を歩いている人が見える
  13:13 御池・・・・・・・私も御池散歩、氷が薄いところは怖い
  13:30 久住分れ・・・・・登山道は泥んこ状態
  14:03 扇ヶ鼻分岐・・・・登山靴はどろんこ
  14:35 沓掛山
  14:49 展望台
  14:57 牧ノ戸峠(2℃)
f0212511_15261914.jpg
牧ノ戸登山口から出発
f0212511_15263963.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_15264900.jpg
コンクリート道を登っていきます
f0212511_15265559.jpg
沓掛山
f0212511_15270293.jpg
樹氷が山を覆っています
f0212511_15270951.jpg
トンネルを潜ります
f0212511_15271433.jpg
しっかり付いています、まだ曇っています
f0212511_15272084.jpg
これも樹氷なんですかね~
f0212511_15272614.jpg
団子のようです
f0212511_15273235.jpg
星生山、少し晴れ間が出てきました
f0212511_15273669.jpg
星生の窓
f0212511_15274209.jpg
岩が凍りついて寒そうです
f0212511_15275211.jpg
f0212511_15275825.jpg
海老のシッポ
f0212511_15280408.jpg
久住山と星生山
f0212511_15281499.jpg
天狗ヶ城、高岳、遠くに見えるのは?
f0212511_15282287.jpg
f0212511_15282870.jpg
f0212511_15283579.jpg
f0212511_15284231.jpg
f0212511_15285013.jpg
全面が凍りついていない御池
f0212511_15285887.jpg
f0212511_15290488.jpg
何度見ても良いです、海老のシッポ
f0212511_15292126.jpg
山肌一面が樹氷
f0212511_15292716.jpg
沓掛山から九重方面を振り返り観る
f0212511_15293570.jpg
三俣山山頂を覆う樹氷と青空

 

【山名・標高】熊ノ岳(二ノ岳)685m 三ノ岳 681m (熊本県)
【月日・時間】2019年2月11日(月) 曇り 山行時間3:09(休憩除く2:45)
【距離・歩数】沿面距離6.9㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)719m 歩数7,808歩
【車駐車位置】野出公民館登山口 マップコード:415599804*28

鹿児島ウォークから帰る途中、昨日は栗野岳、今日は二ノ岳(熊ノ岳)に登ります。
ミカン畑の中腹にある野出登山口から登ります。

二ノ岳に登り一旦林道まで下り、次に三ノ岳に登ります。
今日は曇り空、残念ながら眺望は望めません、残念。
帰りは三ノ岳を下り二ノ岳巻道(林道)を帰る予定でしたが、
もう一度二ノ岳からの眺望に期待して、林道三差路から急登道を登ります。
しかし、二度登りましたが残念ながら霞んでいて普賢岳も全く見えません。
下山は春日神社経由で野出公民館登山口に下山しました。
お土産に買いたかった河内みかん、既に時期外れで売っていませんでした。

鹿児島遠征、充実した三日間で充電完了、あしたから仕事頑張りましょう。

 13:05 野出公民館登山口(6℃)
 13:26 二ノ岳林道横断
 13:41 二ノ岳(3℃)
 14:01 二ノ岳登山口
 14:06 三ノ岳登山口
 14:24 三ノ岳(3℃)~14:40
 14:55 三ノ岳登山口
 14:59 二ノ岳登山口
 15:15 河内支所登山口~15:23・・・三差路
 15:40 二ノ岳(2℃)・・・・・・・・・再び二ノ岳へ登る
 15:55 二ノ岳林道横断
 16:06 春日神社分岐
 16:14 野出公民館登山口(4℃)
f0212511_16501859.jpg
野出公民館の裏に車を止めて出発
f0212511_16502732.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_16503337.jpg
クンクリートの急坂道をあがっていきます
f0212511_16503925.jpg
登山道へ
f0212511_16504470.jpg
二ノ岳(熊ノ岳)
f0212511_16505050.jpg
山頂からの眺望はよくない
f0212511_16505561.jpg
f0212511_16510029.jpg
二ノ岳を下っていきます
f0212511_16510519.jpg
林道に出ます
f0212511_16511160.jpg
林道を少し歩いて三ノ岳登山口
f0212511_16511697.jpg
三ノ岳山頂、景色は二ノ岳と同じ早々に下ります
f0212511_16512249.jpg
再び二ノ岳に登ってきました、やはり雲が多い
f0212511_16512748.jpg
内陸部はこんな感じ、下山します
f0212511_16513588.jpg
野出公民館の駐車場から見た一ノ岳(金峰山)

【山名・標高】栗野岳 1,094 (鹿児島)
【月日・時間】2019年2月10日(日) 曇り 山行時間3:57(休憩除く3:24) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離8.7㎞(林道3.5㎞含む) 累積標高(+)645m 歩数8,742歩
【車駐車位置】栗野岳登山口 マップコード:376378777*35

昨日は鹿児島の錦江湾一周100㎞ウォーキングに参加、今日の深夜1時前にゴール。
仮眠を取り、その後温泉で汗を流したら疲れが和らいできたよう気分?。
靴ずれや肉刺も出来なかったこともあり、朝食をとり霧島山系の栗野岳登山口へ移動。

枕木階段の登山口から登ります。
足の脚力が無く一歩一歩が重たい感じですが、自然パワーに癒され登って行きます。
ピーク1、ピーク2を過ぎ見晴台(ピーク3)に到着、韓国岳や高千穂峰が良く見えます。
その後、栗野岳縦走路を歩きながらピーク4から9まで踏みます。
ピーク9辺りからマイナーな登山道を下り、林道にある栗野岳縦走路登山口に出ます。
あとは、二つの林道を歩き、県道103号線に出ます。
舗装された県道103号線を登り、リタイヤすることなく栗野岳登山口に帰ってきました。

やはり、山登りは癒されますね~、大自然ありがとう。

 11:20 栗野岳登山口(枕木階段)(9℃)
 11:31 木製展望台
 12:01 P1 1029m
 12:18 P3 1069m見晴台(6℃)~12:24
 12:38 P4 1094m見晴台二第2
 12:54 P5 1102m栗野岳(5℃)~13:04
 13:21 P7 
 13:29 P8 1087m
 13:37 P9 縦走最終ピーク
 13:43 絶景広場~14:00
 14:20 林道出会
 14:46 県道103号線出
 15:17 栗野岳登山口(枕木階段)(8℃)
f0212511_15252393.jpg
枕木階段を登っていきます(左は561段、右は555段)
f0212511_15253413.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_15254150.jpg
木製展望台から見る桜島
f0212511_15254602.jpg
枕木階段方面の景色
f0212511_15255165.jpg
枯れているようで枯れていません
f0212511_15255606.jpg
f0212511_15260113.jpg
韓国岳が遠くに見えます
f0212511_15260600.jpg
温泉湯けむりがいいですね~
f0212511_15261265.jpg
遠くに韓国岳(右)、高千穂峰(左)が見えます
f0212511_15261739.jpg
f0212511_15262152.jpg
P5が栗野岳(本峰)のようです
f0212511_15262645.jpg
f0212511_15263350.jpg
P9縦走最終ピークとあります
f0212511_15264061.jpg
林道へ下る途中、眺望が良いところがあります
f0212511_15265057.jpg
急坂を下っていきます
f0212511_15265742.jpg
急坂を下った後、林道を歩きゲートまで来ました
f0212511_15270437.jpg


昨年に引き続き鹿児島錦江湾一周ウォーキングに参加してきました。

2019年2月9日(土)~10日(日) 曇り後晴れ ウォーク 単独  万歩計 132,421歩
時間08:00~0:50(トータル時間16:50 歩行時間16:26)沿面距離101.9Km

今年はスタートが鹿児島中央公園、ゴールが桜島の国民宿舎レインボー桜島へと変更され、
フェリーによる移動区間がコースから除かれたことで、完歩時間が分りやすくなった。
朝方まで降っていた雨も上がり、スタート以降は曇り空、午後は晴れ間も出てきます。
しかし、気温は10℃以下、日が暮れた亀割峠辺りからは一段と冷え込み寒さが堪えました。

参加者40名、鹿児島中央公園を8時スタート、今年は先導者に誘導されるも
城山公園展望台や西郷洞窟など立ち止まらず、横目に見ながら進みます。
県道25号線に出てからはフリーウォークとなり、各自思い思いに歩きペースが上がります。

第一エイド(8㎞地点)では前後にウォーカーは見当たらず既に一人旅、
第二エイド(17㎞地点)まで進み、頂いたおにぎり二個を食べる。係員から四番目だと聞き出発します。

前を歩く三人に追い付くどころか、第三エイド(29㎞地点)辺りで、
猛スピードの後続者(野村さん)にあっという間に抜かれ五番目に下がる。

第四エイド(38㎞地点)で豚汁を頂き、日当山温泉の「西郷どんの湯」の横を通り
16時に第五エイド(50㎞地点)到着。
ここでウォーカー二人組に追い付きますが、カレーうどんを食べている間に再び先行されます。
残り50㎞、後半に向けカレーうどんで気合を入れ第五エイドを出発。
先ほど見た二人組に追い付き、抜き去った後に第六エイド(61㎞地点)に到着する。
時刻は17時45分、おでんを二つ食べ、夕暮れの日向街道220号線を亀割峠へと進む。

18時過ぎにヘッドライトを点灯、亀割峠を越え先行するウォーカーを追います。
夜道となり右側の鹿児島湾から吹上げる強風で一段と体感温度は寒い。
ローソン福山店の店内で休憩している第2位の畑中さんを発見、合流して二人で歩きます。
二時間ほど一緒に歩きますが、だんだんと身体が動かなくなりペースダウン、
畑中さんに離され再び一人ぼっち。道路工事が今年も続いており誘導員の指示により迂回して歩く。

へとへとで第七エイド(82㎞地点)の道の駅「たるみず」に到着。
暖かいスープを頂き暫く休憩、気合を入れ、残り約20㎞を頑張ります。

国道220号線(牛根大橋)から桜島の国道224号線へ進み、緩やかなアップダウンを何度も繰り返しながら一人で歩く。
ゴール近くの信号機が遠くに見え、最後の力を振り絞り歩きます。
国民宿舎レインボー桜島の駐車場を通り、第3位でゴール。
参加者40名、完歩者35名(完歩率87.5%)

一時は一緒に歩いた畑中さん、私より7分ほど前にゴールされていました。
今回は雨に降られることなく靴ずれ・肉刺もできず好タイムでした。( ^)o(^ )

渡船場の待合所で畑中さんと健闘を称えビールで祝杯、至福の時間を過ごします。
2時00分のフェリーで鹿児島港へ移動、駐車場に止めていた車で爆睡。
6時からオープンする「みやこ温泉」で汗を流したのち、飲食店で朝食をとり元気復活。
今日は三連休の中日、折角なので栗野岳の山登りに向かう。

  08:00      スタート(鹿児島中央公園)
  08:30      西郷洞窟
  09:26      第1エイド8㎞地点(セブンイレブン鹿児島坂元北店)
  10:39~10:44 第2エイド17㎞地点(輝楽里よしだ館)
  12:26      第3エイド29㎞地点(セブンイレブン姶良脇元店)
  13:53~13:58 第4エイド38㎞地点(セブンイレブン隼人小浜店)
  16:00~16:04 第5エイド50㎞地点(セブンイレブン隼人姫城店)
  17:45      第6エイド61㎞地点(ローソン国分インター店)
  18:46      休 憩  67㎞地点(ローソン福山町店) 
  21:35~21:45 第7エイド82㎞地点(道の駅たるみず湯っ足り館)
  00:50     ゴール100㎞地点(国民宿舎レインボー桜島)
f0212511_14155580.jpg
城山展望台立ち寄らず歩きます
f0212511_14160336.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_14165185.jpg
第2エイド17㎞地点(輝楽里よしだ館) まだ元気です
f0212511_14165793.jpg
第2エイド~第3エイドの中間点で野村さんあっという間に抜かれる
f0212511_14170484.jpg
別府川から見る桜島
f0212511_14171273.jpg
今年も健在 不思議な建物とお店
f0212511_14171836.jpg
ひときわ目立つ ホテル京セラ
f0212511_14172476.jpg
西郷どんの湯 見るだけです
f0212511_14173109.jpg
亀割峠 標高差100mにも満たないが登りは疲れます 
f0212511_14173785.jpg
夕日に包まれる桜島
f0212511_14174562.jpg
ゴールのレインボー桜島


【山名・標高】英彦山 1,200m  (福岡県)
【月日・時間】2019年2月2日(土) 晴れ 山行時間5:24(休憩除く4:19) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.2㎞(林道1.0㎞含む) 累積標高(+)933m 歩数15,773歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

英彦山にある、智室川路傍の滝、四王寺の滝、Wの滝を回ってきました。
残念ながら、冷え込みが日数が少なく、どこの滝も成長していませんでした。

別所駐車場からスタート、正面階段を登り奉幣殿に到着。
奉幣殿から登山道へ入り、四王寺の滝分岐を通り過ぎ、先ずは智室川路傍の滝を見に行く。
智室川路傍の滝の手前は斜面が崩落、斜面を回り道します。
岩壁や岩壁に生えている雑草に10㎝程度の細いつららが、ちょこちょこ見られる程度。

引き返して次に四王寺の滝へ進みます。
ガレバの登山道、途中から積雪が現れ、所々凍っているところがあり滑ります。
いつもながらガレバはきつく、一段と歩きにくく疲れて到着。
四王寺の滝は、岩壁全体につららが薄く張っている状況、期待の氷瀑には合えず。
頑張って登ってきたけど期待外れ、ガッカリ。

元気をだして、四王寺の滝から南岳への直登ルートを登ります。
しっかり積雪があり、凍った所もあり滑りまくり、慎重に登ります。
なんと、アイゼンを忘れて持ってきていません。
引き返す訳も行かずは強引に岩場や、直登斜面を両手も使いながら登ります。
滑り落ちることなく無事に南岳縦走路に出た時は、ホッとしました。
ホッとした以上に、白銀の樹氷が迎え入れ疲れも吹っ飛びます。
素晴らしい樹氷、樹氷のトンネル、写真で伝えたいがうまく撮れません。
最高の樹氷に感動しながら英彦山中岳へ。ちょっと曇っているのが残念。

中岳で早い昼食を済ませ、後半はWの滝と、行者の滝へ。
正面登山道を下り、Wの滝に到着。
Wの滝は、氷柱が溶けてしまったようで残骸が少し見れるくらいです。
前回1月18日はWの滝だけが凍っていたのに、今回は何故か溶けてしまっています。
午後の太陽に照らされ溶けてしまったんでしょう。

最後に行く予定だった行者の滝、溶けているようなのでそのまま下山へ。
自然観察路へ入り、バードライン経由で別所駐車場に帰りました。
今日も山に癒された一日、ありがとうございました。

 08:10 別所駐車場登山口(2℃)
 08:27 奉幣殿
 08:44 鬼杉分岐
 08:57 智室川路傍の滝~09:10
 09:21 鬼杉分岐
 09:35 四王寺滝分岐
 10:02 四王寺滝(-2℃)~10:12
 10:55 英彦山南岳
 11:13 英彦山中岳(-2℃)~11:55
 12:13 二段の滝(Wの滝)
 12:42 分岐
 13:03 自然観察路十字路
 13:17 キャンプ場
 13:34 別所駐車場登山口(6℃)
f0212511_20074536.jpg
奉幣殿へ階段を登っていきます
f0212511_20075667.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_20080313.jpg
奉幣殿に到着
f0212511_20080903.jpg
智室川路傍の滝 可愛いつらら
f0212511_20081451.jpg
智室川路傍の滝 草から延びた小さなつらら
f0212511_20081814.jpg
次は期待の四王寺滝へ入っていきます
f0212511_20082469.jpg
積雪が始まります
f0212511_20082991.jpg
四王寺滝に到着
f0212511_20083415.jpg
滝の上部
f0212511_20083950.jpg
滝の中部
f0212511_20084443.jpg
滝の下部
f0212511_20085111.jpg
四王寺滝から凍った急登を登り縦走路で樹氷に出会う
f0212511_20085885.jpg
素晴らしい樹氷、いつまでも見ておきたいですね~
f0212511_20090623.jpg
南岳も樹氷に覆われています 
f0212511_20091134.jpg
中岳方面
f0212511_20091717.jpg
樹氷、いいいですね~
f0212511_20092491.jpg
英彦山の中岳に到着
f0212511_20093085.jpg
青空も素晴らし
f0212511_20093619.jpg
二段の滝(Wの滝)、ちょっと溶け始めています
f0212511_20094371.jpg
真っ青な空に輝く樹氷
f0212511_20094990.jpg