古処山・屏山の先に江川岳

【山名・標高】古処山 860m 屏山 927m 江川岳 861m(福岡県)
【月日・時間】2018年6月3日(日) 晴れ 山行時間4:43(休憩除く4:20) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.4㎞(車道2.0㎞含む) 累積標高(+)1,047m 歩数20,015歩
【車駐車位置】秋月キャンプ場入口駐車場 マップコード:55204624*11

今年のミヤマキリシマ鑑賞、すでに満開のピンク花園を五回も見て満足気味です。
もういいかな~と思い、今日は嘉穂アルプスの新名山、江川岳を目的に登ります。
861mピーク(宇土浦越~屏山間)が2018年2月24日に江川岳と命名、発表されました。

秋月キャンプ場の駐車場から出発、数年前の豪雨で沢と共に荒れた登山道を進みます。
環境省によって、要所にはしっかりとした道標が設置されています。
六合目を過ぎた辺りは迷いやすく、赤テープは無視して新しい道標にしたがって登る。
ツゲ原生林の入口に到着。これからニシキキンカメムシを探しながら原生林のなかを歩く。
残念ながら二つ目の目的だったカメムシを見つけることができません。
今日の第一の目的である江川岳を目指し先へ進みます。
屏山で小休止、その後江川岳の山頂に到着。山頂は木々に覆われ展望はありません。
山頂を踏んだら早々に引き返し屏山へ戻ってきました。
屏山でヤマッパーの「みのるさん」と出会いてツゲ原生林分岐まで山談義しながら歩く。
分岐で別れ再びニシキキンカメムシを探しながら古処山へ向かいます。
ツゲが群生しているにもかかわらず、またもや見つけることができません。
古処山山頂に設置されている新しい観光案内版のなかに写真に載っています。
残念ですが案内板の写真を撮り、悔しさを紛らわして下山開始。
遊人の杜分岐を通り過ぎ八丁道ルートを歩きます。
途中、濡れた石畳で足を滑らせ、不覚にも仰向けに扱けてしまいました。
怪我しなくてよかった。テクテク歩き、避暑地のだんごあんを通過します。
10名程度のお客が何か食べながら、涼しげに休まれています。
山歩きも気持ち良いのにな~と思いながら駐車場へ帰り着きました。
新名山となる江川岳を踏みましたがニシキキンカメムシには出会えませんでした。
また次回、出会えることを楽しみに登りたいと考えています。

 09:30 秋月キャンプ場入口駐車場(20℃)
 10:05 林道終点広場
 10:27 水 舟
 10:32 ツゲトンネル分岐
 10:43 縦走路出合い
 11:08 屏山~11:15
 11:34 江川岳
 11:53 屏山~12:00
 12:24 縦走路出合い
 12:41 古処山(23℃)~12:50
 13:31 国道へ出る
 13:37 旧八丁道へ
 13:55 国道横断
 14:05 だんごあん
 14:13 秋月キャンプ場入口駐車場
f0212511_06123894.jpg
f0212511_06124795.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06125424.jpg
登山道は相変わらず傷んでいます
f0212511_06125917.jpg
f0212511_06130557.jpg
f0212511_06311275.jpg
水舟まで登ってきました
f0212511_06312065.jpg
ツゲ原生林でニシキキンカメムシを探す
f0212511_06315718.jpg
ツゲ原生林でニシキキンカメムシを探す
f0212511_06321262.jpg
f0212511_06322178.jpg
間もなく屏山
f0212511_06322979.jpg
f0212511_06323604.jpg
霞みがひどく、ぼんやりとしか見えますん
f0212511_06324411.jpg
江川岳へ登ります
f0212511_06325148.jpg
江川岳に到着、山頂標識がちょっと寂しい
f0212511_06325815.jpg
古処山辺りで見つけた抜けガラ
f0212511_06330538.jpg
再びニシキキンカメムシを探すが・・・
f0212511_06331483.jpg
古処山の山頂到着
f0212511_06332151.jpg
あ、見つけました。嘘です、案内板の写真を撮りました
f0212511_06332877.jpg
もう一度、ニシキキンカメムシを見つけれなかったツゲの原生林を一枚
f0212511_06333617.jpg
お客さんが入っている だんごあん
f0212511_06334312.jpg
いい値段ですね

by yamagoe7 | 2018-06-03 23:00 |  古処山/屏山/馬見山 | Comments(0)