【山名・標高】大平山586m 貫山712m 岩山549m 周防台606m 桶ヶ辻569m(福岡県)
【月日・時間】2018年4月15日(日) 曇り 山行時間6:09(休憩除く4:36) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離13.6㎞(車道・林道2.1㎞含む) 累積標高(+)1111m 歩数21,368歩
【車駐車位置】吹上峠駐車場 マップコード:16047361*60

朝方まで降っていた雨も上がり、午後からは晴れる予報が出ている。
山友さんのブログを見て約900種類の植物が自生している平尾台へ行ってきました。

天気の回復が遅れ、出発地点の吹上峠では小雨がチラホラしています。
気温は10度ぐらいですが、体感的には風が強く気温以上に寒いです。
足元の小さい植物(花)を鑑賞しながら大平山、貫山へと進みます。
山頂の風が当たらない所で昼食をとり、その後四方台まで戻り翁草群生地へ。
既に終盤となっていた翁草、風が強く写真をとるにも一苦労します。
最後に近くのキス岩を見て下山しようと思っていましたが・・・。
雲の合間から青空が現れ、もう少し?歩くことにします。
周防台へ登りパラグライダーの聖地とある桶ヶ辻、天狗岩を回り戻ります。
上空には青空が広がりカルスト台地を見ながら気持ち良く歩きます。
茶ヶ床から作業道を歩いて出発地点の吹上峠へ帰ってきました。
三年ぶりの平尾台歩き、足元に咲く小さく可愛いい野草も楽しんできました。

本日開催の平尾台トレランが昨夜からの悪天候により、雨天コース(距離短縮)で行われていました。
ランナーと遭遇することなく声援のみ聞こえていました。

 10:32 吹上峠駐車場(12℃)
 11:08 大平山
 11:32 大穴・中峠分岐
 11:46 四方台
 12:05 貫山(6℃)~12:55
 13:13 四方台
 13:34 岩山
 13:54 キス岩
 14:04 中峠道路・・・・・・青空がのぞいてきました
 14:21 周防台~14:28
 14:41 桶ヶ辻~15:04・・・青空が広がってきました
 15:19 天狗岩
 15:40 芳ヶ谷分岐・・・貝殻山左へ
 15:56 茶ケ床園地~16:09
 16:35 県道28号線出る
 16:41 吹上峠駐車場(14℃)
f0212511_22490134.jpg
登り始めは曇っていましたが下山した時は快晴です
f0212511_22493649.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_00003695.jpg
大平山へ向かいます
f0212511_00005077.jpg
振返っても怪しい雲が広がっています
f0212511_00005695.jpg
周防台、天狗岩方面も曇っています
f0212511_00010474.jpg
四方台へ登っていきます
f0212511_00011047.jpg
四方台を過ぎ貫山に到着
f0212511_00011988.jpg
f0212511_00012868.jpg
四方台から大平山方面を望みます
f0212511_00013844.jpg
翁草は既に・・・
f0212511_00014571.jpg
カルスト台地を歩きます
f0212511_00015020.jpg
キス岩、何を思ってキスしているんでしょうか?よくできていますね
f0212511_00015706.jpg
f0212511_00020797.jpg
中峠、トレイルランのためでしょうか、トイレがあります
f0212511_00021349.jpg
中峠から登り周防台までやってきました
f0212511_00022037.jpg
周防台から振返り貫山を眺めます
f0212511_00022625.jpg
桶ヶ辻はパラグライダーの聖地、寝っ転がったら最高、晴れ間が広がってきました
f0212511_00023389.jpg
行橋市が良く見えます
f0212511_00023947.jpg
天狗岩まで来ました
f0212511_00024579.jpg
f0212511_00025518.jpg
貝殻山
f0212511_00030221.jpg
貝殻山を右回りに歩きます
f0212511_00030852.jpg
茶ヶ床から作業道を歩きカルスト台地を堪能します
f0212511_00031807.jpg
いろんな野草を観ることができました
f0212511_00032619.jpg


【山名・標高】鶴見岳 1375m (大分県)
【月日・時間】2018年4月8日(日) 晴れ 山行時間2:08(休憩除く2:05) 登山者200名
【距離・歩数】沿面距離10.7㎞(河川敷・車道6.0㎞含) 累積標高(+)1,442m 歩数18,948歩
【スタート位置】的ヶ浜公園 マップコード:46405776*11

今年も昨年に引き続き「いだてん天狗レース」に参加、三回目です。
 ①いだてん天狗レース(約12㎞)200人:山頂までのタイムを競う登山レース
 ②のびのびさくらウォーク(約12㎞):山頂までゆっくり登山コース
 ③GO.GO.GOハーフウォーク(約8㎞):ふもとまでのんびりと歩く健康歩きコース

今年は韋駄天天狗レースの一ヶ月半前(2月23日)にヘルニア手術をしました。
四月中旬まで激しいスポーツは禁止と医者に云われ参加を諦めかけていました。
しかし、体調と相談しながら、大会前の六日間、軽くジョギング練習。
タイムは遅くても完走することを目指して参加することにしました。

早朝五時過ぎから別府へ向かい、的ヶ浜公園会場に七時半到着。
既に韋駄天レース参加者がチラホラ。
私も湿布を貼りスポーツタイツを付け、アミノバイタルを飲み出走準備。
大会の挨拶が終わり、砂浜の端(別府タワー側)から九時スタート。

先頭からスタートした私は皆さんに抜かれ、どんどん走り去っていきます。
練習不足により不安がよぎります、が、出場するからには完走を目指し走ります。
南立石公園から登り道が多くなり足が上がりません、走れず歩く頻度も多くなります。
前回と同じタイムでロープウェイ高原駅を通過、思った以上に走れているようです。
あと残り道は登山道。日頃の登山で鍛えた足腰を使って登っていきます。
昨日の寒波で雪が降り、ゴール手前500m位は足元がズルズルで滑りまくります。
ゴール直前、二時間切れますよ~、の声に最後の力を振り絞って歩く・走る。
ついに、ゴール、完登証を受け取ります。

自分でも信じられない、驚き感激の二時間切り達成、最高です。
何が功を奏したのか分かりませんが練習不足でもベストタイムで目標達成。

眩しい青空のもと山頂まで歩き、眺望を楽しんで11時半のロープウェイで降る。
帰りは別府の砂原温泉(100円)で汗を流して帰りました。

 09:00 スタート(的ヶ浜公園)
 09:18 P1境川大学橋下
 09:35 P2本村天満天神宮
 09:57 P3ロープウェイ高原駅
 10:17 P4御嶽権現
 11:00 ゴール(山頂・駅分岐)
    ~ゴール受付~
 11:03 鶴見岳山頂へ
 11:08 鶴見岳山頂
f0212511_23212333.jpg
f0212511_23220981.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06500230.jpg
韋駄天天狗レースのスタート
f0212511_06525275.jpg
ロープウェイ高原駅を過ぎ、登山道へ
f0212511_06530679.jpg
ゴール(元鶴見岳パノラマレストラン)
f0212511_06531258.jpg
鶴見岳の山頂
f0212511_06531713.jpg
別府市内と別府湾
f0212511_06532357.jpg
由布岳
f0212511_06532886.jpg
別府市内と別府湾
f0212511_06533324.jpg
高崎山
f0212511_06534027.jpg
ジャンボ温度計はマイナス2℃を指しています
f0212511_06535176.jpg
別府温泉の砂原温泉で身体を癒して帰ります

【山名・標高】福智山 900m 鷹取山 633m (福岡県)
【月日・時間】2018年4月1日(日) 曇り 山行時間5:37(休憩除く4:13) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離8.6㎞(車道0.9㎞含む) 累積標高(+)1,003m 歩数16,343歩
【車駐車位置】上野峡茶屋バス停 マップコード:96784863*3

今年の桜は開花発表以来、晴天続き、どこもかしこも満開、しかも散っていない。
と云うことで、今日は福智山の虎尾桜を見に行きました。
満開でしょうか?見応えのある虎尾桜を見て××峠経由、福智山に登ります。
山頂では山岳会でしょうか?山伏姿の方々による安全祈願お祓いが行われていました。
下山は往路を帰らず周回コース、ロープが張ってある急坂を下ります。
源平桜は見るつもり無かったが、分岐で出会った方が素晴らしかったとの一言で寄道。
大幹の上に広範囲に咲く満開のピンク色の源平桜が素晴らしいです。

 10:00 上野峡茶屋バス停登山口(17℃)
 10:06 上野登山口
 10:20 虎尾桜分岐
 10:25 虎尾桜~10:35
 10:49 林道出合
 11:03 上野越(18℃)~11:09
 11:19 鷹取山~11:24
 11:33 上野越
 12:22 福智山(18℃)~13:15
 14:02 林道出合
 14:08 源平桜分岐
 14:30 源平桜~14:40
 14:56 源平桜分岐
 15:24 白糸の滝
 15:29 白糸の滝駐車場
 15:37 上野峡茶屋バス停登山口(18℃)
f0212511_10175369.jpg
上野登山口から15分程度で虎尾桜分岐
f0212511_10180477.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_10181093.jpg
虎尾桜
f0212511_10181457.jpg
今年も見れました虎尾桜
f0212511_10182329.jpg
鷹取山の山頂の水仙
f0212511_10183771.jpg
福智山
f0212511_10184303.jpg
山頂では山伏によりお祓い中(福岡山岳連盟)
f0212511_10185018.jpg
山頂からの景色、今日も霞んでいます
f0212511_10185781.jpg
下山道から福智山を振返る
f0212511_10190517.jpg
白い桜の平家桜
f0212511_10191300.jpg
ピンク色の源平桜
f0212511_10192041.jpg
ピンク色の源平桜、圧巻です
f0212511_10192700.jpg
f0212511_10193424.jpg
下山途中から見た麓
f0212511_10194207.jpg
白糸の滝

【山名・標高】大城山410m 大原山354m 水瓶山212m(福岡県)
【月日・時間】2018年3月31日(日) 晴れ 山行時間6:24(休憩除く6:05) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離13.6㎞(車道3.7㎞含む) 累積標高(+)1,061m 歩数25,064歩
【車駐車位置】西鉄太宰府駅 マップコード:55334841

四王寺の石仏三十三ヶ所を巡りながら土塁も一周回ってきました。
石仏をNo1から順番に巡りNo33で終る予定だったが、土塁も周回したいため石仏の順番を一部変更して歩く。
No23の次はNo24であるが、土塁から離れた四王寺集落周辺にあるため飛ばしてNo25へ。
No25のあとにNo24を巡り、同じく四王寺集落周辺にある最後のNo33を先に巡る。
再びNo25へ戻り土塁を歩いてNo26、No27…と進みNo32で石仏巡り終了となる。

 09:30 西鉄太宰府駅(22℃)
 09:46 最後の民家
 09:58 水瓶山
 10:06 石仏①
 10:28 石仏②
 10:40 石仏⑤
 11:11 石仏⑮大原山
 11:57 石仏21車道
 12:14 石仏23
 12:53 大城山
 12:56 石仏25(24℃)~13:10
 13:35 石仏33
 13:42 県民の森センター~13:47
 14:08 石仏25
 14:14 石仏26
 14:51 石仏32
 15:00 石仏⑦水瓶山分岐
 15:22 水瓶山
 15:36 最後の民家
 15:54 西鉄太宰府駅(23℃)
f0212511_21525078.jpg
スタート地点の西鉄太宰府駅・・・民家に咲く満開の石楠花
黒岩稲荷神社・・・・・・・・・・・水瓶山
f0212511_21531538.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21532372.jpg
1番札所(如意輪観音菩薩)・・・・・・2番札所(十一面観音菩薩)
3番札所(千手観音菩薩)・・・・・・・4番札所(千手観音菩薩)
f0212511_21533080.jpg
1番札所から2番札所へ登る・・・・・・焼米ヶ原の桜
焼米ヶ原の案内・・・・・・・・・・・・焼米ヶ原の広場
f0212511_21533672.jpg
5番札所(千手観音菩薩)・・・・。・・6番札所(三宝荒神)
7番札所(如意輪観音菩薩)・・・・・・8番札所(十一面観音菩薩)
f0212511_21534412.jpg
9番札所(馬頭観音菩薩)・・・・・・・10番札所(千手観音菩薩)
11番札所(聖観音菩薩)・・・・・・・12番札所(千手観音菩薩)
f0212511_21535047.jpg
13番札所(如意輪観音菩薩)・・・・・・14番札所(如意輪観音菩薩)
15番札所(十一面観音菩薩)・・・・・・16番札所(千手観音菩薩)
f0212511_21535829.jpg
f0212511_21540512.jpg
17番札所(十一面観音菩薩)・・・・・18番札所(如意輪観音菩薩)
19番札所(千手観音菩薩)・・・・・・20番札所(千手観音菩薩)
f0212511_21541160.jpg
20番札所(三宝観音菩薩)・・・・・・21番札所(十一面観音菩薩)
22番札所(千手観音菩薩)・・・・・・23番札所(千手観音菩薩)
f0212511_21541872.jpg
大城山の山頂・・・・・・・・県民の森センターの桜
26番~27番札所へ向かう土塁・・・・28番札所先の展望台から見る
f0212511_21542630.jpg
25番札所(千手観音菩薩)・・・・・・・24番札所(千手観音菩薩)
33番札所(十一面観音菩薩)・・・・・・26番札所(千手観音菩薩)
f0212511_21543489.jpg
27番札所(如意輪観音菩薩)・・・・・28番札所(聖観音菩薩)
29番札所(馬頭観音菩薩)・・・・・・30番札所(千手観音菩薩)
f0212511_21544292.jpg
31番札所(聖観音菩薩)・・・・・・32番札所(千手観音菩薩)
水瓶山の桜・・・・・・・・・・・・・黒岩稲荷神社

【山名・標高】目配山 405m 小鷹城山 213m (福岡県)
【月日・時間】2018年3月28日(水) 晴れ 山行時間3:32(休憩除く2:20) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離7.8㎞(車道1.6㎞含む) 累積標高(+)558m 歩数14,021歩
【車駐車位置】歴史の里公園駐車場 マップコード:55078623*12

福岡管区気象台は19日(月)、福岡市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。
平年より4日早く、昨年より6日早い。
以降、週末から晴れて暖かく、20℃を超える日が続いている。
先週末、長崎県南島原市の桜が満開だったこともあり早速、目配山へ行ってきました。
8~9分咲きで見頃、今週末も天気も良く花吹雪が舞う目配山が楽しめそうです。
帰りはサンポート方面へ下り、小鷹城山の山頂を踏んで周回、到着となります。

 13:45 歴史の里公園(18℃)・・・大己貴神社の桜は満開
 13:54 取付き点・・・登山道へ入っていきます
 14:02 小鷹城山分岐・・・曲がらず直進します
 14:10 釜寺分岐・・・ここも直進
 14:27 あと20分表示
 14:44 目配山(18℃)~15:56・・・八分咲き
 16:09 あと20分表示
 16:24 釜寺分岐・・・右に曲がりサン・ポートへ
 16:34 道路出合(サン・ポート)
 16:37 小鷹城山登山口・・・小鷹城の説明板あり
 16:51 小鷹城山・・・霞んで展望が良くない
 17:02 登山道出合(小鷹城分岐)
 17:08 取付き点
 17:17 歴史の里公園(18℃)
f0212511_06350373.jpg
大己貴神社の桜
f0212511_06355986.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06360491.jpg
麦畑を通っていきます
f0212511_06360925.jpg
f0212511_06364606.jpg
「みわ一歩桜」
f0212511_06365322.jpg
目配山に到着、桜満開です
f0212511_06365803.jpg
アップでも綺麗
f0212511_06370399.jpg
左に砥上岳、右に大根地山、遠くに宝満山、三郡山が見えます
f0212511_06371080.jpg
桜並木と青空
f0212511_06371790.jpg
f0212511_06372403.jpg
小鷹城山へ向かいます
f0212511_06373122.jpg
小鷹城山からの風景
f0212511_06373846.jpg
甘木公園(右中央)の桜が見えています

山友さんのブログから南島原市の岩戸山に登ってみたくなった。
我が家から遠い事も有り、折角なので近所の山も事前に調査し登ることにした。
低山ではあるものの岩戸山に加え烽火山、愛宕山、鳳上岳の四座を計画。
先ほど午前中にオルレコースを歩き烽火山に登った。
次はメインの岩戸山、その前に昨夜知人から入った情報により女島山に登る。
f0212511_06474447.jpg
クリックで拡大(女島山・岩戸山・愛宕山)

②【山名・標高】女島山(めじまさん) 70m (長崎県)
 【月日・時間】2018年3月25日(日) 晴れ 山行時間0:16(休憩除く0:13) 登山者単独
 【距離・歩数】沿面距離0.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)71m 歩数1,210歩
 【車駐車位置】女島山登山口 マップコード:173125368*56
女島山はポツンと海岸にそびえ立つ低山。あっという間に山頂到着。
狭い山頂からの眺望は左右に伸びる海岸線が綺麗、北方面は愛宕山がどっしりと座っている。
本来なら天草も見えるはずですが今日は残念ながらPM2.5が多く全く見えません。
  11:35 女島山登山口
  11:42 女島山(16℃)~11:45
  11:51 女島山登山口
f0212511_06475018.jpg
女島山(めじまさん)登山口
f0212511_06475699.jpg
登山道が狭く急登、ガード柵が整備されています
f0212511_06480262.jpg
女島山の山頂
f0212511_06480851.jpg
このあと登る予定の岩戸山
f0212511_06481316.jpg
白浜海水浴場方面
f0212511_06473399.jpg
女島山と岩戸山の間にある前浜海水浴場

③【山名・標高】岩戸山 96.2m  (長崎県)
 【月日・時間】2018年3月25日(日) 晴れ 山行時間0:59(休憩除く0:59) 登山者単独
 【距離・歩数】沿面距離1.8㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)245m 歩数4,212歩
 【車駐車位置】巌吼寺登山口 マップコード:173124690*68
女島山の次は岩戸山へ
登山口である巌吼寺及び駐車場周辺の桜は満開に咲いています。
階段を進み岩戸山(座禅岩)へ登り、次は穴観音、帰りに展望台によって下山。
穴観音は岩山の一部が大きくえぐれ、中に観音様が祭られています、必見です。
  12:10 巌吼寺登山口(16℃)
  12:18 三差路(経塔)
  12:23 岩戸山
  12:26 三差路(経塔)
  12:35 穴観音
  12:43 三差路(経塔)
  12:55 先端
  13:09 巌吼寺登山口
f0212511_07121650.jpg
登山口となる巌吼寺
f0212511_07122247.jpg
巌吼寺境内に咲く桜は満開
f0212511_07122733.jpg
f0212511_07123277.jpg
経塔の分岐から先ずは岩戸山の山頂へ(座禅石・さるの墓有り)
f0212511_07123781.jpg
岩戸山の山頂
f0212511_07124249.jpg
前浜海水浴場の右側に先ほど登った女島山がポツンと見えます
f0212511_07124942.jpg
経塔の分岐へ戻り今度は穴観音へ、左側は断崖絶壁です
f0212511_07125592.jpg
大岩をくり抜いた様な所に有る穴観音
f0212511_07130303.jpg
穴観音から引返し展望の良い所に登ってきました
f0212511_07130942.jpg
野田浜海水浴場
f0212511_07131672.jpg
境内の桜を見て次の愛宕山登山口へ向かう

④【山名・標高】愛宕山 291.4m  (長崎県)
 【月日・時間】2018年3月25日(日) 晴れ 山行時間0:39(休憩除く0:39) 登山者単独
 【距離・歩数】沿面距離1.1㎞(林道0.1㎞含む) 累積標高(+)148m 歩数2,734歩
 【車駐車位置】愛宕神社登山口 マップコード:173156007*03
岩戸山の次は愛宕山へ
林道終点の愛宕神社の鳥居から出発。
ゴロゴロ岩や滑りやすい登山道を登り、いずれ登山道が不明瞭で平坦な樹林の中へ入る。
その後、迷いながらGPS頼りに樹林の中を歩き山頂を踏む。
下山は往路を引き返すつもりが、やはり違ったルートで下ってしまった。
愛宕山への距離は短いですが、樹林帯エリアは、すごく迷いやすいです。
  13:36 愛宕神社登山口(17℃)
  14:00 愛宕山
  14:15 愛宕神社登山口
f0212511_07181668.jpg
林道終点の愛宕神社から登ります
f0212511_07182320.jpg
歩きにくく荒れた登山道
f0212511_07182961.jpg
椿にちょっと癒されます
f0212511_07183465.jpg
f0212511_07183981.jpg
山頂周辺は樹林が生茂って迷路、迷います
f0212511_07184569.jpg
無事に山頂到着、帰りもGPS見ながら下山

⑤愛宕山から鳳上岳へ
鳳上岳の登山口を、県道や作業道から何度も入り込み探すが分からず。
自宅までの帰路時間もあるので登山を断念 帰る。
結果、南島原の低山、烽火山、女島山、岩戸山、愛宕山の四座踏んで帰りました。

①【山名・標高】烽火山 94m  (長崎県)
 【月日・時間】2018年3月25日(日) 晴れ 時間3:05(休憩除く2:50) 単独
 【距離・歩数】沿面距離11.6㎞ 累積標高(+)332m 歩数16,861歩
 【車駐車位置】口之津港緑地公園 マップコード:173067705*22

昨日は多良岳に登り口之津港緑地公園まで来て車中泊してました。
今日は、初めての九州オルレにチャレンジします。
南島原コースを歩き烽火山(のろしやま)の山頂を踏む。
自然豊かな素晴しいコース、今度はゆっくり歩きたいものです。
残り予定している女島山、岩戸山、愛宕山、鳳上岳へ急ぐ。
 
 07:45 口之津港(9℃)
 08:14 野田堤
 08:23 烽火山(10℃)
 08:36 幻の野向の一本松~08:44
 09:16 瀬詰崎灯台
 09:28 あこう群落・・・南方系のクワ科「あこう」
 09:54 玄武岩の海岸入口
 10:13 口之津灯台・・・六等白色の灯台として明治13年に点灯
 10:23 口之津歴史民俗資料館(12℃)~10:30・・オルレのゴール地点
 10:50 口之津港
f0212511_21491600.jpg
前日の夕方、夕陽に輝く両子岩を観ることができました
f0212511_21512033.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21512646.jpg
口之津港から緑地公園からスタートします
f0212511_21513289.jpg
豊乳河童の横を通っていきます
f0212511_21513734.jpg
野田堤と烽火山
f0212511_21514395.jpg
烽火山にある神社
f0212511_21514914.jpg
f0212511_21515613.jpg
「幻の野向の一本松」にある案内板
f0212511_21520586.jpg
女島と愛宕山
f0212511_21521270.jpg
f0212511_21521890.jpg
瀬詰崎灯台
f0212511_21522537.jpg
あこう群落
f0212511_21523269.jpg
玄武岩の海岸を歩く
f0212511_21524154.jpg
口之津灯台
f0212511_21524717.jpg
赤いなんばんおおはしが見えます
f0212511_21525439.jpg
オルレゴールの口之津歴史民俗資料館
f0212511_21530101.jpg
なんばんおおはしから見る愛宕山
f0212511_21530779.jpg
南国のようです?
f0212511_21531322.jpg
帰ってきました口之津港

【山名・標高】経ヶ岳1075m 多良岳996m 西岳963m(佐賀県)
        舞岳867m(長崎県)
【月日・時間】2018年3月24日(土) 晴れ 山行時間6:03(休憩除く5:29) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離11.9㎞(林道1.7㎞含む) 累積標高(+)1,473m 歩数23,679歩
【車駐車位置】黒木駐車場P2 マップコード:461202657*05

今年はまだマンサクを見ていないと云うことで多良岳へ行ってきました。
黒木駐車場P2から出発、未踏の舞岳コースを登ります
急登が長く続き、段々と体力が消耗していきます
経ヶ岳直下の分岐からも、まだまだ急登が続きペースダウン。
頑張って経ヶ岳の山頂に到着。
晴天ですが残念ながら霞(PM2.5)が酷く遠くはぼんやりとしか見えません
休憩をとった後、鎖場を下りて平谷越え経由で多良岳へ向かう。
鎖場手前の岩場にマンサクが一本咲いていただけで他は見当りません。
金泉寺経由で先ずは多良岳手前の国見岳に立ち寄ってみます。
ここのマンサクは既に終盤、殆ど枯れて落ちています。
次に多良岳へ向かう。
多良岳の太良嶽神社上宮周辺にはマンサクが沢山咲いています。
諦めかけていたマンサクに出合え、本日の鑑賞を達成することができました。
帰りは西岳を通り、中山越からウナギテ沢を下り八丁峠に下山、林道を経て終了。

 09:15 黒木P2駐車場(7℃)
 09:23 取付き点・・・電柱の所から入ります
 10:21 舞岳・・・・・初めて踏みました
 10:33 分岐
 10:51 経ヶ岳(10℃)~11:05
 11:22 平谷越
 11:52 中山越・・・・・多良岳へ向かいます
 12:35 金泉寺・・・・・休憩は後にします
 13:00 多良岳(12℃)~13:20・・太良嶽神社上宮
 13:43 西岳
 14:19 中山越
 15:03 八丁峠取付き点・・・今はここまで自動車で来れません
 15:18 黒木P2駐車場(15℃)
f0212511_07141704.jpg
太良嶽神社上宮のマンサク
f0212511_07142842.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_07143468.jpg
急登の始まりです
f0212511_07145932.jpg
ロープがあります
f0212511_07150548.jpg
f0212511_07151162.jpg
経ヶ岳の全容
f0212511_07151808.jpg
舞岳の山頂
f0212511_07152388.jpg
まだまだ急登が続きます
f0212511_07153128.jpg
経ヶ岳からの眺望、大村湾にある長崎空港
f0212511_07153917.jpg
虚空蔵山が遠くに見えます
f0212511_07154767.jpg
五家原岳方面
f0212511_07155645.jpg
経ヶ岳近くのマンサク
f0212511_07160209.jpg
f0212511_07161056.jpg
f0212511_07161772.jpg
金泉寺に到着
f0212511_07162476.jpg
f0212511_07163083.jpg
国見岳のマンサクは枯れかけています
f0212511_07163718.jpg
太良嶽神社上宮のマンサク
f0212511_07164605.jpg
太良嶽神社上宮
f0212511_07165737.jpg
西岳の山頂
f0212511_07170686.jpg
f0212511_07171313.jpg
中山越からウナギテ沢を下る
f0212511_07171922.jpg
ウナギテ沢
f0212511_07172657.jpg
ウナギテ沢
f0212511_07173211.jpg
八丁峠に下りてきました

【山名・標高】可也山 365m (福岡県)
【月日・時間】2018年3月18日(日) 曇り 山行時間2:02(休憩除く1:36) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離4.2㎞(林道1.2㎞含む) 累積標高(+)413m 歩数6,867歩
【車駐車位置】小富士登山口 マップコード:224485757*28

先ほど立石山に登ってきました。
今度は別名糸島富士とも呼ばれる可也山に登ります。
登山口は師吉公民館からではなく、志摩小富士の登山口から登ります。
距離は短いですが尾根近くの最後の登りは急登です。
尾根に出て山頂を通り過ぎ展望台に到着、糸島半島が全て見渡せ素晴らしい。
今日はポカポカ陽気で展望台は子供連れが多く賑わっています。
往路を下山。
可也山歩きは二時間足らずでしたが午前中の立石山とセットで充分楽しめました。
帰りは加布里漁港の牡蠣小屋、ひろちゃんに寄り道して帰りました。

 11:54 小富士登山口(13℃)
 12:05 取付点・・・・・登山道へ入ります
 12:35 尾根合流・・・・急登を登り尾根に出る
 12:44 可也山・・・・・通りすがりにある山頂
 12:47 展望所~13:13・・・眺望が素晴らしい
 13:16 可也山
 13:22 尾根分岐
 13:46 取付点
 13:56 小富士(15℃)
f0212511_11083945.jpg
f0212511_11084767.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_11085266.jpg
庭先に咲いていた椿 紅獅子
f0212511_11085813.jpg
f0212511_11090309.jpg
地鶏
f0212511_11090943.jpg
取付き点
f0212511_11091686.jpg
f0212511_11092131.jpg
f0212511_11092824.jpg
尾根に上がってきました
f0212511_11093441.jpg
f0212511_11094033.jpg
f0212511_11094783.jpg
f0212511_11095620.jpg
丸い物が見えます、風力発電?

【山名・標高】立石山 209.6m (福岡県)
【月日・時間】2018年3月18日(日) 曇り 山行時間1:47(休憩除く1:32) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離4.2㎞(車道2.9㎞含む) 累積標高(+)253m 歩数6,680歩
【車駐車位置】芥屋駐車場近く マップコード:182897689*2
 
今日は天気予報に反して良い天気になってきた。
ならば、と思い糸島半島の立石山と可也山の二座に登る。
立石山の海岸近くにある登山口は通行止めでしたが、ちょっと回り道して登る。
石灰岩の岩場を登りながら、後方に見える海岸線の眺望を楽しみながら登る。
山頂を経て展望台まで進み、海岸線と山の緑と大岩のバランス景色がすばらしい。

 09:36 海水浴場(12℃)・・・・砂浜に止めて出発
 00:00 海水浴場奥の登山口・・平成30年3月26日迄自然歩道整備中
 10:22 立石山~10:27
 10:30 展望台~10:40
 10:52 福の浦越登山口・・・・ここから道路を歩いて帰ります
 11:20 芥屋第一駐車場・・・・広い駐車場
 11:23 海水浴場(13℃)
f0212511_23092984.jpg
前方に見えるのが立石山、海水浴場先の登山口へ向かいます
f0212511_23093982.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23094523.jpg
f0212511_23095104.jpg
f0212511_23095720.jpg
塩ビパイプの鳥居
f0212511_23100622.jpg
立石山の山頂
f0212511_23101233.jpg
f0212511_23101994.jpg
芥屋の大門
f0212511_23102569.jpg
タカ目タカ科に属する鳥類のうち大きい方が鷲(ワシ)、小さい方が鷹(タカ)
写真はの鳥はどっちでしょうか?
f0212511_23103249.jpg
f0212511_23104084.jpg
落ちそうで落ちない大岩
f0212511_23111684.jpg
福の浦越登山口へ下ってきました
f0212511_23112431.jpg
公共の駐車場(芥屋第一駐車場)