【山名・標高】英彦山 1,200m  (福岡県)
【月日・時間】2019年2月2日(土) 晴れ 山行時間5:24(休憩除く4:19) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.2㎞(林道1.0㎞含む) 累積標高(+)933m 歩数15,773歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

英彦山にある、智室川路傍の滝、四王寺の滝、Wの滝を回ってきました。
残念ながら、冷え込みが日数が少なく、どこの滝も成長していませんでした。

別所駐車場からスタート、正面階段を登り奉幣殿に到着。
奉幣殿から登山道へ入り、四王寺の滝分岐を通り過ぎ、先ずは智室川路傍の滝を見に行く。
智室川路傍の滝の手前は斜面が崩落、斜面を回り道します。
岩壁や岩壁に生えている雑草に10㎝程度の細いつららが、ちょこちょこ見られる程度。

引き返して次に四王寺の滝へ進みます。
ガレバの登山道、途中から積雪が現れ、所々凍っているところがあり滑ります。
いつもながらガレバはきつく、一段と歩きにくく疲れて到着。
四王寺の滝は、岩壁全体につららが薄く張っている状況、期待の氷瀑には合えず。
頑張って登ってきたけど期待外れ、ガッカリ。

元気をだして、四王寺の滝から南岳への直登ルートを登ります。
しっかり積雪があり、凍った所もあり滑りまくり、慎重に登ります。
なんと、アイゼンを忘れて持ってきていません。
引き返す訳も行かずは強引に岩場や、直登斜面を両手も使いながら登ります。
滑り落ちることなく無事に南岳縦走路に出た時は、ホッとしました。
ホッとした以上に、白銀の樹氷が迎え入れ疲れも吹っ飛びます。
素晴らしい樹氷、樹氷のトンネル、写真で伝えたいがうまく撮れません。
最高の樹氷に感動しながら英彦山中岳へ。ちょっと曇っているのが残念。

中岳で早い昼食を済ませ、後半はWの滝と、行者の滝へ。
正面登山道を下り、Wの滝に到着。
Wの滝は、氷柱が溶けてしまったようで残骸が少し見れるくらいです。
前回1月18日はWの滝だけが凍っていたのに、今回は何故か溶けてしまっています。
午後の太陽に照らされ溶けてしまったんでしょう。

最後に行く予定だった行者の滝、溶けているようなのでそのまま下山へ。
自然観察路へ入り、バードライン経由で別所駐車場に帰りました。
今日も山に癒された一日、ありがとうございました。

 08:10 別所駐車場登山口(2℃)
 08:27 奉幣殿
 08:44 鬼杉分岐
 08:57 智室川路傍の滝~09:10
 09:21 鬼杉分岐
 09:35 四王寺滝分岐
 10:02 四王寺滝(-2℃)~10:12
 10:55 英彦山南岳
 11:13 英彦山中岳(-2℃)~11:55
 12:13 二段の滝(Wの滝)
 12:42 分岐
 13:03 自然観察路十字路
 13:17 キャンプ場
 13:34 別所駐車場登山口(6℃)
f0212511_20074536.jpg
奉幣殿へ階段を登っていきます
f0212511_20075667.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_20080313.jpg
奉幣殿に到着
f0212511_20080903.jpg
智室川路傍の滝 可愛いつらら
f0212511_20081451.jpg
智室川路傍の滝 草から延びた小さなつらら
f0212511_20081814.jpg
次は期待の四王寺滝へ入っていきます
f0212511_20082469.jpg
積雪が始まります
f0212511_20082991.jpg
四王寺滝に到着
f0212511_20083415.jpg
滝の上部
f0212511_20083950.jpg
滝の中部
f0212511_20084443.jpg
滝の下部
f0212511_20085111.jpg
四王寺滝から凍った急登を登り縦走路で樹氷に出会う
f0212511_20085885.jpg
素晴らしい樹氷、いつまでも見ておきたいですね~
f0212511_20090623.jpg
南岳も樹氷に覆われています 
f0212511_20091134.jpg
中岳方面
f0212511_20091717.jpg
樹氷、いいいですね~
f0212511_20092491.jpg
英彦山の中岳に到着
f0212511_20093085.jpg
青空も素晴らし
f0212511_20093619.jpg
二段の滝(Wの滝)、ちょっと溶け始めています
f0212511_20094371.jpg
真っ青な空に輝く樹氷
f0212511_20094990.jpg

【山名・標高】 若杉山 681m 砥石山 828m 三郡山 936m 仏頂山 867m 宝満山 829m(福岡県)
【月日・時間】 2019年2月1日(金) 曇後晴れ 山行時間6:22(休憩除く6:02) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離22.0㎞(車道・林道6.5㎞含む) 累積標高(+)1780m 歩数35,407歩
【車駐車位置】 JR篠栗駅 マップコード:55723398*82 西鉄太宰府駅

100㎞長距離ウォーキングを一週間後に控え、三郡山縦走でトレーニングしてきました。
JR篠栗駅から若杉山に登り、三郡山系を縦走して最後に宝満山を経て西鉄太宰府駅にゴール。
6時間22分掛かり6時間を切ることができませんでした(>_<)、距離は約22㎞。
今日は曇り空で風が強く、縦走路は0℃以下、手が冷たく凍傷になりそうでした。
トレランに挑戦した2016年7月18日は5時間程度でした

  08:30 JR篠栗駅(3℃)
  08:59 若杉の湯
  09:06 木製階段
  09:29 十一面観音
  09:43 落陽コース分岐
  09:58 若杉山(1℃)
  10:27 しょうけ越え
  11:00 鬼岩谷
  11:17 砥石山
  11:32 前砥石山(-2℃)
  11:46 内の畑分岐
  11:49 ツキ谷A分岐
  12:12 ツキ谷B分岐
  12:20 三郡山頂(-4℃)~12:30
  12:42 頭巾分岐
  13:08 仏頂山
  13:15 宝満山(22℃)~13:25
  13:52 三合目(水場)
  14:20 竃門神社P
  14:44 太宰府天満宮
  14:52 西鉄太宰府駅(6℃)
f0212511_20490978.jpg
JR篠栗駅からスタートします
f0212511_20491872.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_20492939.jpg
若杉の湯を通ります
f0212511_20493409.jpg
右側のコンクリート道へ上がっていきます
f0212511_20493937.jpg
コンクリート道はこんな道
f0212511_20494487.jpg
落陽コース分岐まで来ました
f0212511_20495060.jpg
若杉山の山頂到着
f0212511_20495506.jpg
若杉ヶ鼻から見る縦走路 頑張って歩こう
f0212511_20500028.jpg
若杉ヶ鼻から見る街並み
f0212511_20500625.jpg
しょうけ越、橋は通れないので一旦車道まで降ります
f0212511_20501130.jpg
鬼岩谷
f0212511_20501619.jpg
次は砥石山
f0212511_20502544.jpg
前砥石山、三郡縦走の半分まで来ました
f0212511_20503104.jpg
三郡山、寒くてすぐに退散、宝満山へ
f0212511_20503698.jpg
宝満山到着、福岡市内方面
f0212511_20504330.jpg
若杉山からの縦走路 よく歩いてきたもんだ!
f0212511_20504903.jpg
竃門神社の鳥居 駐車場
f0212511_20505444.jpg
トンネルを潜り太宰府天満宮の裏へ入っていきます
f0212511_20510452.jpg
梅が咲いています
f0212511_20511018.jpg
綺麗ですね~
f0212511_20511697.jpg
太宰府天満宮の飛び梅も満開


【山名・標高】三ツ頭山553m 菅嶽682m 鉾立山663m 畝原山667m (福岡県)
【月日・時間】2019年1月19日(土) 晴れ 山行時間6:09(休憩除く5:10) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離14.6㎞(林道3.0㎞含む) 累積標高(+)915m 歩数26,394歩
【車駐車位置】樹芸の森駐車場 マップコード:55786154*17

篠栗町の低山、周回してきました。
猫峠を過ぎて後半に歩いた菅嶽・鉾立山・畝原山の縦走路は気持ち良い道です。

 09:46 樹芸の森公園駐車場(6℃)
 10:04 展望台
 10:34 横峠
 11:08 三ツ頭山
 11:25 林道蒲原終点
 11:44 猫峠
 11:56 呑山観音~12:06
 12:33 十字路分岐
 12:55 菅嶽(6℃)~13:44
 14:02 十字路分岐
 14:20 鉾立山(5℃)
 14:29 分岐
 14:40 畝原山(6℃)
 14:50 分岐
 15:09 石垣を左へ
 15:32 林道に出る
 15:55 樹芸の森公園駐車場(8℃)
f0212511_13372594.jpg
樹芸の森公園駐車場からスタート
f0212511_13373595.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_13374212.jpg
公園の展望台
f0212511_13374728.jpg
福岡市内と博多湾が見えます
f0212511_13375296.jpg
横峠まで来ました
f0212511_13375720.jpg
三ツ頭山は縦走路に有ります
f0212511_13381289.jpg
東蒲原林道に出ました
f0212511_13382238.jpg
青空が綺麗
f0212511_13382972.jpg
県道92号線にある猫峠
f0212511_13383565.jpg
呑山観音に立ち寄ります
f0212511_13384394.jpg
呑山観音寺境内図
f0212511_13385303.jpg
菅嶽に登ってきました
f0212511_13392324.jpg
f0212511_13393151.jpg
次に鉾立山
f0212511_13393847.jpg
縦走路から外れ畝原山まで足をの延ばします
f0212511_13394544.jpg
f0212511_13395241.jpg
山中に石垣?があります
f0212511_13395901.jpg
車を止めている樹芸の森公園駐車場が見えます
f0212511_13400757.jpg
林道に出ました
f0212511_13401671.jpg
面白い仏様?
f0212511_13402591.jpg
車道を歩いてきて、最後に木製階段を登ってゴールです
f0212511_13403497.jpg
帰って来ました

【山名・標高】英彦山 1,200m  (福岡県)
【月日・時間】2019年1月18日(金) 晴れ 山行時間4:18(休憩除く3:09) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離8.0㎞(林道1.0㎞含む) 累積標高(+)827m 歩数12,846歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

徹夜明けの本日、あまりの天気の良さに英彦山へ
四王寺滝は凍ってませんでしたがWの滝は凍っていました

 09:42 別所駐車場登山口(2℃)
 09:59 奉幣殿
 10:30 四王寺滝分岐
 10:57 四王寺滝(0℃)~11:06
 11:36 英彦山南岳
 11:50 英彦山中岳(-2℃)~12:50
 13:00 二段の滝(Wの滝)
 13:20 分岐
 13:31 バードライン分岐
 13:45 奉幣殿の横
 14:00 別所駐車場登山口(7℃)
f0212511_12002575.jpg
英彦山の奉幣殿
f0212511_12003480.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_12004006.jpg
パワースポットの大木
f0212511_12004621.jpg
四王寺滝へ入っていきます
f0212511_12005253.jpg
四王寺滝、凍ってません
f0212511_12005815.jpg
上部に少し凍っています
f0212511_12010487.jpg
f0212511_12011045.jpg
四王寺滝から南峰へ登ってきました
f0212511_12011754.jpg
樹氷?
f0212511_12012313.jpg
遠目に見ると樹氷の様に見えます
f0212511_12012988.jpg
正面登山道を下ります
f0212511_12013546.jpg
二段の滝(Wの滝)
f0212511_12014315.jpg
二段の滝(Wの滝)
f0212511_12015352.jpg
斜面の川が凍ってて渡れません
f0212511_12020131.jpg
正面登山道を下り自然観察路分岐辺りからWの滝を眺める

 
【山名・標高】彦岳 845m 天山 1,046m  雨山 996m (佐賀県)
【月日・時間】2019年1月14日(月) 曇り 山行時間8:27(休憩除く7:53) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離27.3㎞(車道11.0㎞含) 累積標高(+)1,854m 歩数42,912歩
【車駐車位置】尼寺バス停近く マップコード:87528058*07

今日は三連休最後の日、三連ちゃん山行へ
以前から歩いてみたかった天山山系の縦走路
中高年登山さんからアドバイスを頂き、本日決行となりました。

スタートは帰りのバス下車地点を考え、尼寺バス停近く。
7:40スタート、国道263号線を約2Km歩き、赤い橋の官人橋を渡る。
実相院から林道へ入り、途中からゴルフ場横の登山道?を通ります。
しばらく進み、その後テープを頼りに尾根を外さないように歩いて行きます。
実相院から道なき道をGPSで確認しながら歩き、二時間かけて白坂峠に到着。

ここまで来れば、あとは彦岳、天山への登山道、ルートの心配なく歩けそうです。
しかし、白坂峠から彦岳まで約1時間20分、登山道は荒れていました。

彦岳を過ぎ七曲り峠に到着、天山に登る登山者の車が路肩にたくさん駐車しています。
七曲り峠まで誰一人登山者と会わなかったが、この先15人ぐらいすれ違いました。
天山山頂に到着、山頂には10人以上の登山者がいます、さすがに人気の山ですね。

小休止して近くの雨山の山頂を踏み下山開始です。
雨山から笹の中、急な坂道登山道を滑るように一気に下っていきます。
林道袖山線に出て横断、今度は荒れ果てた急坂石段を下ります。
再び林道に出ます「阿蘇美道」雨山・天山の案内があります。
そのあと、林道を二度シュートカットします。
二度目のショートカットは砂防ダムの上部に出てちょっと焦りました。
砂防ダムを下り九州自然歩道および林道岸川線の起点に出ました。

あとは九州自然歩道の案内に従って下っていきます。中多久駅まで約7㎞。
途中、林道の崩落ヶ所を迂回しながら進み、県道338号線に出る。
県道と一般道をテクテク歩き中多久駅に16時07分到着。

中多久駅16:29発の電車に乗り16:59佐賀駅到着(JR九州)
バスセンター17:20のバスに乗り17:40尼寺バス停到着(佐賀市営バス)

念願だった天山山系縦走、無事に踏破して感無量。( ^)o(^ )
約26㎞(車道約10㎞含む)、8時間27分かかりました。
初めて歩く道はワクワクしましたが自然に癒された最高の一日となりました。
次の目標は天山山系に金立山山系をプラスした大縦走路踏破?

 07:40 尼寺バス停近く(4℃)
 08:01 官人橋
 09:06 林道横断・・・携帯電話ポイント
 09:40 林道出会い
 10:05 白坂峠
 11:23 彦岳(6℃)~11:40
 12:15 七曲峠
 13:08 登り100・・・・
 13:23 天山(8℃)~13:40
 13:56 雨山(5℃)
 14:06 林道横断
 14:18 林道出会い
 14:49 自然歩道出会い・・・林道起点、JR中多久駅まで7㎞
 15:09 林道崩落個所
 15:18 県道出会い
 16:07 JR中多久駅(12℃)
f0212511_00550405.jpg
朝日に照らされるスパー、気合を入れ縦走出発
f0212511_00551481.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_00552250.jpg
官人橋
f0212511_00553062.jpg
歴史ある実相院
f0212511_00553613.jpg
佐賀平野ではバルーンが優雅に大空を飛んでいます
f0212511_00554148.jpg
白坂峠から彦岳登山道へ入っていきます
f0212511_00554793.jpg
縦走路、所々いい感じです
f0212511_00555263.jpg
4時間近く歩いて彦岳到着、ゴールはまだまだ
f0212511_00555893.jpg
遠くに天山が見えます
f0212511_00560453.jpg
七曲峠から天山へ
f0212511_00561097.jpg
間もなく天山山頂と思いきや、まだまだです
f0212511_00561541.jpg
振り返ると彦岳が遠くに見えています
f0212511_00562264.jpg
眺望は曇りと霞みでよくありません
f0212511_00562915.jpg
七曲峠から登り切った所にこんな標識があります100?
f0212511_00563692.jpg
天山山頂到着、ここまで6時間、中多久駅はまだまだです
f0212511_00564269.jpg
雨山
f0212511_00564839.jpg
笹の道、激坂を下っていきます
f0212511_00565694.jpg
f0212511_00570217.jpg
砂防ダムを無理やり下り、九州自然歩道に出ました
f0212511_00570916.jpg
林道崩落個所
f0212511_00571501.jpg
県道に出ました
f0212511_00591699.jpg
県道から振り返り天山を眺めます
f0212511_00592373.jpg
長い天山縦走、無事に中多久駅に到着しました


【山名・標高】古処山 860m 屏山 927m 江川岳 861m(福岡県)
【月日・時間】2019年1月13日(日) 曇り 山行時間6:01(休憩除く5:09) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離12.8㎞(車道2.0㎞含) 累積標高(+)1,137m 歩数23,052歩
【車駐車位置】秋月キャンプ場入口駐車場 マップコード:55204624*11

今日は英彦山へ行こうと車を走らせたが・・・・・。
曇り空ではっきりしない天気、それに最近の冷え込みは弱い。
急きょ予定を変更して古処山へ行ってきました。

いつものようにキャンプ場からスタート。
荒れている登山道を登り林道終点まで来ました。
その後、紅葉谷分岐の先からYAMAP軌跡にある急登道を進む。
テープを辿りながら登るが何故かYAMAP軌跡から外れていきます。
修正するも急斜面に阻まれ、道なき道を両手も使いながら進みます。
滑る斜面と闘いながら「ツゲの原生林」入口まで登ってきました。
登山道に出て一安心、体力が消耗、お腹が空いてきました。
ツゲの原生林を見ながら屏山へ向かいます。

屏山に到着。モコモコした雲の合間から時折下界が見え隠れしています。
寒い山頂ですが、おにぎりとカップめんを食べ元気復活。
雲の中ですが江川岳まで行って山頂を踏み、引き返し下山します。
帰りは古処山に立ち寄り、旧八丁道経由で下山しました。
今日は急登で遭難することなく、石畳で滑ることなく無事に帰り着きました。

 09:42 秋月キャンプ場入口駐車場(9℃)
 10:23 林道終点広場・・・・・この後道に迷い大変でした
 11:12 ツゲトンネル分岐・・・ツゲの原生林へ
 11:23 縦走路出合い・・・・・屏山~古処山の縦走路に出ます
 11:49 屏山(6℃)~12:25・・曇っており視界がありません
 12:49 江川岳・・・・・・・・後日QRコードで登山証明書をもらう
 13:14 屏山(3℃)~13:20・・寒いです
 13:41 縦走路出合い
 14:00 古処山(5℃)~14:10
 14:55 国道へ出る
 15:01 旧八丁道へ
 15:25 国道横断
 15:36 だんごあん
 15:43 秋月キャンプ場入口駐車場(10℃)
f0212511_20462509.jpg
登山道は豪雨で傷んだままです
f0212511_20463382.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_20464075.jpg
林道終点に出ました、再び登山道へ
f0212511_20464983.jpg
この後、新たな登山道にチャレンジしましたが迷いました
f0212511_20465514.jpg
、四苦八苦して古処山直下の登山道に出てホッとしました
f0212511_20470128.jpg
ツゲの原生林へ入っていきます
f0212511_20470718.jpg
ツゲの原生林を通ります
f0212511_20471232.jpg
屏山へ行く途中の登山道
f0212511_20471825.jpg
屏山に到着、曇ってて何も見えません
f0212511_20472524.jpg
雲に合間を狙って一枚
f0212511_20473154.jpg
江川岳まで来ました、標識が真新しい
f0212511_20473684.jpg
江川岳から引き返し、屏山を経て古処山へ、お気に入りの庭園
f0212511_20474523.jpg
古処山に到着、いつものようにだんごあん経由で帰ります
f0212511_20475732.jpg
秋月街道旧八丁道を通ります
f0212511_20480589.jpg
木の根っこに仏像が祀ってありました
f0212511_20481101.jpg
夏の賑やかさとは打って変わり、冬場はお店も閉まり誰もいません


【山名・標高】立花山367m 三日月山272m 尾山343m 白岳315m(福岡県)
       名子岳165m 城ノ越山(南峰),(北峰)180m 橿日岳165m
【月日・時間】2019年1月12日(土) 晴れ 山行時間4:56(休憩除く4:00) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離13.1㎞(車道2.7㎞含) 累積標高(+)1,084m 歩数22,131歩
【車駐車位置】長谷ダム登山口 マップコード:13567195

今日の天気予報は午前中雨、山へ行くつもりはなかったが晴れ間が見えてきた。
バタバタ支度をして三日月山登山口のある長谷ダムへ。
今日は城ノ越山と立花山、三日月山を中心に周回します。
城ノ越山は5年前に登り、あまり良いイメージが無かったので遠ざかってました。
YAMAPの影響?最近、道標が増え、ピークには山頂名が掲げられているようです。
今回のコース、低山ながら楽しい山歩きができました。また行こう。

 10:00 長谷ダム登山口(8℃)・・・長谷口集落へ下っていきます
 10:21 梅木谷池(塩坂)取付き点・・集落を過ぎ林道から右へ
 10:34 名子岳・・・・・・・・・・なごだけ、はじめて登りました
 10:39 御飯山城跡・・・・・・・・おいのやまじょうあと
 11:00 城ノ越山(北峰)(8℃)・・南峰を過ぎて北峰へ
 11:17 橿日岳・・・・・・・・・かしいだけと読むそうです
 11:33 車道に出る・・・・・・・ダム湖の車道に出ました
 11:48 霊園先登山口・・・・・・霊園先から登山道へ
 11:53 三日月温泉登山口・・・・三日月登山口に出て車道を歩きます
 12:07 立花山登山口・・・・・・立花山登山口を過ぎ鷲尾大権現から登山道へ
 12:26 白岳(9℃)
 12:35 松尾山~12:45・・・・知人と遭遇、暫く山談議
 12:57 立花山・・・・・・・・・休憩せず巻道を時計回りに回る
 13:12 分岐(十字路)・・・・・縦走路を三日月山へ
 13:24 三日月山(10℃)~14:10・しばらく休憩
 14:27 三日月橋急坂分岐・・・・下らず縦走路を進みます
 14:40 鉄塔・・・・・・・・・・鉄塔工事が終わり直下が通れます
 14:56 長谷ダム登山口(11℃)・・帰ってきました
f0212511_06511768.jpg
長谷ダムから階段を下ってきました
f0212511_06512516.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06513267.jpg
民家の横を通り過ぎると梅木谷池、池をぐるっと回り梅木谷コースへ
f0212511_06513832.jpg
梅木谷コースへ、尾根へ登っていきます
f0212511_06514385.jpg
ほどなくして名子岳に到着
f0212511_06514833.jpg
次に御飯山城跡
f0212511_06515314.jpg
低山ですが大木もあります
f0212511_06515855.jpg
竹林もあります
f0212511_06520323.jpg
城ノ越山(南峰)
f0212511_06520897.jpg
城ノ越山(北峰)
f0212511_06521315.jpg
f0212511_06521797.jpg
橿日岳(かしいだけ)に立ち寄ります
f0212511_06522589.jpg
ダム湖の水が非常に少なくなっています
f0212511_06523212.jpg
ダム湖の車道に出てきました
f0212511_06523828.jpg
ここからは登りません
f0212511_06524428.jpg
大権現登山道から白山→松尾山→立花山へ登ります
f0212511_06525075.jpg
立花山に到着
f0212511_06525723.jpg
次に三日月山到着
f0212511_06530386.jpg
山並みも綺麗です
f0212511_06531175.jpg
三日月山から振り返り立花山を見ます、では下山します

【山名・標高】福智山 901m 鷹取山 633m (福岡県)
【月日・時間】2019年1月5日(土) 曇り 山行時間5:17(休憩除く4:22) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離9.2㎞(林道1.1㎞含む) 累積標高(+)1,162m 歩数17,834歩
【車駐車位置】上野峡登山口駐車場 マップコード:96784863*3

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

今年の初登りは本日1月5日となり、福岡県の福智山に登ります。
午後から晴れ予報、晴天を期待して12時の遅い出発。
白糸の滝ルートを登り、八丁を経て福智山の山頂へ。
今日は午後から晴れ予報でしたが雲が取れません。
曇ってて風が吹けば、すごく寒いです。

下山は大塔峠へ下り、再び登り鷹取山にたどり着く。
鷹取山から白雲ラインへシュートカット、展望台経由で下山する。
鉄骨部分の階段は痛んでいますが面白い作りの展望台、始めてきました。
山頂まで行かなくても眺望を楽しむことができる位置にあります。
初登りは午後からの登山でしたが楽しく歩くことができました。

 12:00 上野峡登山口(10℃)
 12:14 白糸の滝
 12:44 林道横断
 13:28 ピーク・・・・石を1.5m程の高さまで積んであります
 13:36 福智山(2℃)~14:19・・寒い
 14:30 荒宿荘・・・・トイレに立ち寄ります
 14:38 烏落とし
 15:06 大塔の滝
 15:20 大塔の別れ
 15:52 上野越
 16:03 鷹取山(5℃)~16:10
 16:26 登山道出会・・・シュートカットして「白雲ライン・鷹取ルート」登山道へ
 16:43 林道起点・・・・反射板があります
 17:01 展望台・・・・・行ってみたかった鷹取山の展望台
 17:12 上野登山口・・・上野越ルート合流
 17:17 上野峡登山口(5℃)・・暗くなってきました
f0212511_22504167.jpg
白糸の滝
f0212511_22505025.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22505868.jpg
ピーク
f0212511_22510411.jpg
福智山の到着
f0212511_22511145.jpg
はっきりしない天気で曇っています
f0212511_22511655.jpg
山小屋「荒宿荘」
f0212511_22512272.jpg
大塔の滝
f0212511_22512679.jpg
大塔別れまで下ってきました、これから鷹取山へ
f0212511_22513123.jpg
f0212511_22513613.jpg
上野越に到着、鷹取山へ
f0212511_22514166.jpg
鷹取山の先には福智山
f0212511_22514785.jpg
登山道をショートカットして「白雲ライン・鷹取ルート」へ
f0212511_22515357.jpg
カブト岩(左)とコロモ岩(右)
f0212511_22520285.jpg
夕日が沈みます
f0212511_22521034.jpg
こんな場所に展望台があるとは知りませんでした
f0212511_22521620.jpg
案内板
f0212511_22522423.jpg
弘法岩「弘法の雨宿り石」と地元で呼ばれているとか・・・
f0212511_22523478.jpg
上野登山口に帰ってきました

 
【山名・標高】磯間嶽 363m  (鹿児島県)
【月日・時間】2018年12月30日(日) 晴れ 山行時間3:55(休憩除く3:30) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離6.2㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)737m 歩数11,130歩
【車駐車位置】岩稜コース登山口 マップコード:505043150*45

昨日は開聞岳に登り今日は絶壁岩登りの磯間嶽に登ります。
道の駅でのんびりしすぎ、岩稜コースの登山口に着いたのは午後1時30分、45出発。
両手を使い岩稜を楽しみながら登っていきます。
2時間20分かかり、磯間嶽の直下に到着。
鎖のある絶壁を見上げると、ちょっとすくんでしまいます。
自分の体力を信じ、鎖をしっかりと握り垂直な岩肌を登っていきます。
山頂近くになると横移動があり、ここが一番の難所、緊張します。
岩の山頂に到着、ホッとするもつかの間、休憩して今度は下りです。
下りも鎖をしっかり握り、横移動から下っていきます。
無事に直下へ下ってきました。あ~無事でよかった。
2011年に登った時は、これほど怖くなかったのに・・・。年老いた?
人形岩を見て大浦登山口へ下山。
林道、車道を歩いて出発地点に17時40分到着。
帰る支度をしている間に、周りは間暗くなりました。
岩稜コース、距離はありませんが時間がかかります、時間に余裕を!。

本日が2018年の登り納めとなり、年間山行は78回でした。
来年も皆様よろしくお願いいたします。

13:45 岩稜コース登山口(8℃)
13:56 取り付き地点・・・この後、岩稜をよじ登っていきます
14:10 大坊主岩・・・・・壊れずよく建っています
14:39 ピーク325m
15:22 中嶽ピーク394m
15:28 ワンコ岩・・・・・今にも吠えそうです
16:06 磯間嶽直下・・・・登るのに暫く躊躇しました
16:15 磯間嶽(6℃)~16:40
16:45 磯間嶽直下・・・・下山して心安らぎました(笑)
16:56 人形岩・・・・・・人形岩まで迷いましたが無事ご対面
17:00 磯間嶽直下・・・・再び直下まで来て下山します
17:18 林道出合
17:29 舗装道路出合・・・薄暗くなってきました
17:40 岩稜コース登山口(5℃)・・意外と所要時間が掛かりました
f0212511_18534012.jpg
岩稜コース登山口からスタート
f0212511_18534948.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_18535502.jpg
取付き点
f0212511_18540165.jpg
岩稜コースを登っていくと左手に見える磯間嶽
f0212511_18540740.jpg
日本海も見えます
f0212511_18541399.jpg
大坊主岩
f0212511_18542053.jpg
次は小坊主岩、転げ落ちそうです
f0212511_18542726.jpg
岩稜コースでドキドキしながらも、素晴らしい景色に満足
f0212511_18543234.jpg
f0212511_18543863.jpg
325mピーク
f0212511_18544310.jpg
磯間嶽が近づいてきますが、岩稜コースは続きます
f0212511_18550844.jpg
景色に癒されます
f0212511_18551616.jpg
距離は短いですが、やっと中嶽到着
f0212511_18552390.jpg
犬岩です
f0212511_18553125.jpg
磯間嶽が目前、中央の白い棒が山頂標識、右の岩壁から垂直に登ります
f0212511_18553771.jpg
磯間嶽直下で、暫く尻すぼみした後、一気に登り山頂へ、怖かった~
f0212511_18554725.jpg
山頂は素晴らしい眺望が待っていました
f0212511_18555420.jpg
こちらは開聞岳が見えます
f0212511_18560130.jpg
帰りに人形岩へ立ち寄り下山となります、間もなく日が暮れます


【山名・標高】 開聞岳 924m (鹿児島)
【月日・時間】 2018年12月29日(土) 晴れ 山行時間4:37(休憩除く4:16) 登山者複数
【距離・歩数】 沿面距離8.6㎞(作業道1.2㎞含む) 累積標高(+)969m 歩数15,479歩
【車駐車位置】 かいもん山麓ふれあい公園 マップコード:285094130*5

年末の休みを利用して指宿の開聞岳に登ってきました。
金曜日の深夜から高速道路を走り4時間強で、かいもん山麓ふれあい公園に到着。
仮眠して8時過ぎから登り始める。
キャンプ場の中を通り、二合目登山口から本格的に登山道を登り始めます。
遠征中の高校生が早朝から登り既に下ってきています。
二時間五分かかり山頂に到着。
今日は快晴、山頂からの素晴らしい景色を堪能します。
山頂回りの樹林帯、道なき道(ブッシュジャングル道)をかき分けながら周回します。
スリルがありビユーポイントもあり結構楽しめますが、回られる方は自己責任でお願いします。
周回した後は、登ってくる登山者に道を譲りながら下山となります。
今回で六回目の登山となりましたが、何度登っても素晴らし開聞岳です。

 08:15 かいもん山麓ふれあい公園(2℃)
 08:28 二合目(あと3.5)
 08:45 三合目(あと2.9)
 09:09 五合目(あと2.0)
 09:48 八合目(あと0.8)
 10:19 開聞岳(-2℃)~10:40・・・休憩
 10:40 お鉢巡り~11:11・・・・・古いテープを頼りにジャングルお鉢を一周
 11:11 開聞岳
 11:38 八合目
 12:10 五合目
 12:29 三合目
 12:44 二合目
 12:52 かいもん山麓ふれあい公園(7℃)
f0212511_22023984.jpg
勇壮な開聞岳、今から登ります
f0212511_22025039.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22025862.jpg
伐採されており7、木々が痛々しい
f0212511_22030825.jpg
五合目まで来ました
f0212511_22031445.jpg
七合目からの眺望
f0212511_22032152.jpg
f0212511_22032717.jpg
山頂までもう一息
f0212511_22033351.jpg
山頂に到着
f0212511_22033921.jpg
日本海と海岸線
f0212511_22034332.jpg
池田湖が良く見えます
f0212511_22034828.jpg
田んぼが絨毯のようです
f0212511_22035410.jpg
鳥居からジャングルへ入っていきます
f0212511_22040393.jpg
ジャングルの中に、こんなものが有ります
f0212511_22041135.jpg
ジャングルの岩の上から見た開聞岳山頂方面
f0212511_22042375.jpg
氷柱が下がっています
f0212511_22043401.jpg
何度見ても素晴らしい景色です
f0212511_22044036.jpg
無事に下ってきました
f0212511_22044770.jpg
大好きな紫式部 (むらさきしきぶ)
f0212511_22045459.jpg
下山後、旧日本最南端の駅に立ち寄る(現在は「JR日本最南端の駅」)