2019年4月20日(土)~21日(日) 晴れ ウォーク単独 歩数144,659歩
時間12:03~05:58(トータル時間17:55 歩行時間17:46) 沿面距離109.9㎞

糸島三都110キロウォーク、昨年に引き続き三回目の出場です。
志摩中央公園をスタートして糸島半島を中心に55㎞のコースを二周します。

昨年のタイムから20~30分縮めようと頑張りましたがダメでした。
一周目の第一チェックポイント加布里漁港(31.6㎞)まで前回を8分上回り、8分貯金して通過。
その後、バイパス辺りから井原公民館(47.4㎞)までNo49の方と併歩、貯金が5分へ減。
二周目の第二チェックポイント伊都の湯どころ(55.2㎞)では、先ほどの5分貯金を維持する。

ラーメン休憩時間を短縮して、貯金を9分まで増やし二周目の入っていく。
二周目の二見ヶ浦辺りでは、波の音に誘われ睡魔が襲ってきてペースダウン。
そんな時、予期せぬウォーキング仲間から応援コールをもらい復活。

第三チェックポイント加布里漁港(83.8㎞)では貯金を12分まで伸ばしていた。
しかし、石崎公民館から井原住吉神社までの峠道でまたもやペースダウン、貯金が7分に減る。
峠道は夜の冷え込みが強く、身体が冷え切ってしまう。

井原住吉神社からゴールまで10㎞、最後の力を出して頑張るが貯金が無くなっていく。
夜明けと共に3分の貯金を残して志摩中央公園にゴール。
完歩者は前回大会より54人多い829人、完歩率も過去最高の58.3%。
前回の第9回完歩者は775名、完歩率は約57%

今回も天気に恵まれウォーキング日和でしたが長距離にはちょっと暑すぎました。
長い道のり、いろんな出来事がありましたが無事に完歩することができました。
スタッフや関係者の皆さんありがとうございました。
タイムは前回記録の2分42秒更新となりました。

 12:03 スタート      0.0㎞地点(志摩中央公園)
 16:54 第1チェックポイント31.6㎞地点(加布里漁港)
 20:40 第2チェックポイント55.2㎞地点(伊都の湯どころ)中間地点
 01:35 第3チェックポイント83.8㎞地点(加布里漁港)
 04:13 エイド(井原住吉神社) 99.6㎞地点(旧第4チェックポイント)
 05:58 ゴール       110.4㎞地点(志摩中央公園)

f0212511_11075502.jpg
スタート前の挨拶
f0212511_10583558.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_10584635.jpg
スタート前、元気な一枚
f0212511_10585449.jpg
スタートします
f0212511_10590200.jpg
先ずは九州大学前
f0212511_10590859.jpg
海釣公園
f0212511_10591461.jpg
二見ヶ浦、鳥居が綺麗になっています
f0212511_10592042.jpg
可也山が青空に映えています
f0212511_10592564.jpg
16時40分、弁天橋を通り、第1チェックポイント31.6㎞地点(加布里漁)へ
f0212511_10593132.jpg
19時、暗くなってきました
f0212511_10593758.jpg
20時40分、第2チェックポイント(伊都の湯どころ)で糸島ラーメン、昨年より少なめ?
f0212511_10594384.jpg
二周目を回り5時48分、可也山の上空に月を見ながらゴールへ
f0212511_10595078.jpg
帰って来ました~


【山名・標高】鶴見岳 1375m (大分県)
【月日・時間】2019年4月14日(日) 晴れ 山行時間2:00(休憩除く1:55) 登山者200名
【距離・歩数】沿面距離11.5㎞(河川敷・車道6.0㎞含) 累積標高(+)1,678m 歩数14,400歩
【スタート位置】的ヶ浜公園 マップコード:46405776*11

べっぷ鶴見岳一気登山大会
 ①いだてん天狗タイムレース・・・・山頂までのタイムを競う登山レース(約12㎞)
 ②のびのびさくらウォーク・・・・・山頂までのんびり歩くコース(約12㎞)
 ③GO!GO!GOハーフウォーク・ふもとまでのんびり歩くコース(約8㎞)

今年も昨年に引き続き「いだてん天狗レース」に参加してきました。(四回目)

早朝五時過ぎから別府へ向かい、的ヶ浜公園会場に七時半到着。
大会の挨拶が終わり、砂浜の端(別府タワー側)から九時スタート。

みなさん、スパビーチ(海抜0m)を猛ダッシュで浜辺を駆け抜けていきます。
走者200人、最前列からスタートした私はアッという間に抜かれ後方へ。
鯉のぼりが泳ぐ境川の河川敷ではランナーが列をなして走っていきます。
河川敷から上がり南立石公園(海抜150m)を抜け、路地を曲がりながら走ります。
本村天満天神宮(海抜250m)を通り、その後ジワジワと標高を上げていきます。
歩きをいれながら乱れる息を整え別府高原駅(海抜500m)まで頑張ります。
昨年より約3分早く別府高原駅を通過していきます。

これから先、1375mの鶴見岳山頂へ向け、登山道を登って行きます。
登り勾配が急になり、走るどころか歩いて登るのも苦しい状況。
御嶽権現(海抜750m)の石段参道、苔が生えツルツル滑ります。
フラフラの足腰、石段から扱けないように手摺を握り登って行きます。
御嶽権現から先も急な登り、気合を入れて上がっていきます。
6合目辺りからは両手も使い、木の根っこや岩をつかんで登ります。
ゴール間近、9合目と声を掛けられ最後の力を振り絞りゴール。
ゴールで完登証・記念メダルをもらい、首にシニア順位札を掛けてもらいます。
一旦、鶴見岳の山頂まで歩き、その後11時半のロープウェイで降る。

タイムは昨年より約7分縮まり1時間52分台、大幅にタイムアップ。
12時過ぎから鶴見岳公園四季の里でシニア表彰式が行われました。
まだウォークされている方が沢山おられますが雨がポツポツと降り出します。

帰りは、「東洋軒」でとり天を食べ、別府温泉に入り汗を流して帰る。

 09:00 スタート(的ヶ浜公園)
 09:24 南立石公園
 09:33 P2本村天満天神宮
 09:54 P3ロープウェイ高原駅
 10:12 P4御嶽権現
 10:53 ゴール(山頂・駅分岐)
    ~ゴール受付~
 10:56 鶴見岳山頂へ
 11:00 鶴見岳山頂
f0212511_20151718.jpg
f0212511_20153747.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_20154405.jpg
挨拶
f0212511_20155334.jpg
スタート前
f0212511_20160029.jpg
200人一斉に走り出します
f0212511_20161092.jpg
根性と忍耐でゴールを目指してきます
f0212511_20161738.jpg
ゴールの後はのんびり山頂へ
f0212511_20162290.jpg
良い景色です
f0212511_20163007.jpg
山並みも綺麗です
f0212511_20163673.jpg
ロープウェイで下ります
f0212511_20164206.jpg
山桜が一面に広がっています
f0212511_20165225.jpg
ゴンドラとすれ違います
f0212511_20165964.jpg
女性の部、表彰式
f0212511_20170522.jpg
東洋軒のとり天を食べて帰ります


【山名・標高】塔ヶ峰 389m 七ッ森 442m ラクダ山 485m (福岡県)
【月日・時間】2019年4月13日(土) 曇り 山行時間2:29(休憩除く2:11) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離6.7㎞(車道1.7㎞含む) 累積標高(+)524m 歩数11,613歩
【車駐車位置】塔ヶ峰登山口 マップコード:96858334*00

明日はべっぷ鶴見岳一気登山の韋駄天レースに参加予定。
今日は距離が短く高低差も少ない軽めの山をチョイス。
先週、歩けなかった塔ヶ峰からラクダ山の縦走路を歩いてきました。
ラクダ山からの景色は素晴らしかったです

 12:50 搭ヶ峰登山口(17℃)・急登の尾根を登っていきます
 13:11 搭ヶ峰・・・・・・・雑木林で展望が開けていません
 13:36 分岐・・・・・・・・七ッ森へ
 13:46 七ッ森・・・・・・・名前は良いけど?
 13:54 分岐・・・・・・・・縦走路へ戻ってきました
 14:14 ラクダ山~14:25・・素晴らしい景色を堪能できます
 14:43 光水鍾乳洞~14:50・鍾乳洞へは入れそうにありませんでした
 14:56 ラクダ山登山口・・・車道に出ました
 14:19 搭ヶ峰登山口(18℃)・車道を歩いて出発点に帰って来ました
f0212511_07114555.jpg
塔ヶ峰と行橋市内
f0212511_07115516.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_07120001.jpg
ここから登ります
f0212511_07120649.jpg
群生
f0212511_07121310.jpg
樹走路まで上がってきました
f0212511_07121862.jpg
平尾台の方面
f0212511_07122444.jpg
塔ヶ峰の山頂にと到着
f0212511_07122954.jpg
ここからな七つ森へ
f0212511_07123528.jpg
雑木林に有りました
f0212511_07124170.jpg
七つ森、こんな感じ
f0212511_07124603.jpg
リンドウ
f0212511_07125498.jpg
ラクダ山に到着
f0212511_07130531.jpg
山頂から香春岳が見えています
f0212511_07131327.jpg

f0212511_07132119.jpg
こちらは英彦山も見えます
f0212511_07132741.jpg
ラクダ山からラクダのこぶを下っていきます
f0212511_07133472.jpg
f0212511_07134130.jpg
平尾台の全景
f0212511_07134821.jpg
光水鍾乳洞
f0212511_07140676.jpg
光水鍾乳洞
f0212511_07141327.jpg
ラクダ山の取付き点まで下ってきました
f0212511_07141903.jpg
f0212511_07142563.jpg
車道を下り歩いて出発点横の橋まで帰って来ました

【山名・標高】貫山 712m 塔ヶ峯 582m (福岡県)
【月日・時間】2019年4月6日(土) 晴れ 山行時間4:08(休憩除く3:19)
【距離・歩数】沿面距離8.1㎞(林道1.2㎞含む) 累積標高(+)588m 歩数12,831歩
【車駐車位置】茶ヶ床園地駐車場 マップコード:16048025*15

平尾台の翁草を見に行ってきました。
以前より花が小さく、数も減ってきているように思えましたが、まだまだ元気な翁草。
折角なので面白い形をした奇岩・岩石(根性の木、キス岩、ライオン岩)も見学。
ついでに平尾台にある二つの「とうがみね」を歩いてきました。
(北に位置する塔ヶ峯582m、南に位置する塔ヶ峰396.2m)
「みね」の漢字が違いますが、峯と峰は「異体字」の間柄。
ただし、峯は、宗教関係、神様が降りてくる神木のあるお山に使われるとか?

 10:35 茶ヶ床園地(20℃)・・・・駐車場は満車どうにか留めれました
 11:02 キス岩・・・・・・・・・根性の木を見てキス岩へ
 11:18 大平山・大穴通行帯・・・尾根道に合流
 11:49 塔ヶ峯展望台~11:55・・塔ヶ峯山頂を通り過ぎて展望台へ
 12:10 林道出会い・・・・・・・展望台から引き返し激坂を下り井出浦林道へ
 12:29 十字路・・・・・・・・・林道終点まで歩き散策路の十字路に出ます
 12:42 貫山(22℃)~13:25・・山頂はポカポカ陽気、暑く感じます
 13:35 十字路
 13:40 四方台
 13:55 翁草群生地・・・・・・・今年も出会えました
 14:11 中峠道路・・・・・・・・中峠を横断してライオン岩へ
 14:24 ライオン岩・・・・・・・平尾台散策、八回目にしてご対面
 14:43 茶ヶ床園地(22℃)・・・・散り始めの山桜、よ~く見ると綺麗
f0212511_23435754.jpg
真っ青な青空と根性の木
f0212511_23440675.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23441454.jpg
いつ見ても仲良し、キス岩
f0212511_23441912.jpg
茶ヶ床園地の山桜
f0212511_23442444.jpg
f0212511_23443044.jpg
・・・スミレ
f0212511_23443598.jpg
塔ヶ峯へ向かいます
f0212511_23444073.jpg
塔ヶ峯の山頂、開けてないので展望台へ
f0212511_23444635.jpg
展望台、素晴らしい景色です
f0212511_23445258.jpg
こちらの景色も良いです
f0212511_23445843.jpg
f0212511_23450497.jpg
貫山への坂道
f0212511_23451207.jpg
今年も翁草にご対面
f0212511_23451993.jpg
背中合わせに撮ってみました
f0212511_23452788.jpg
正面から一枚
f0212511_23453561.jpg
初対面のライオン岩、今にも動きだしそうです
f0212511_23454457.jpg
間もなくスタート地点の茶ヶ床園地に到着します
f0212511_23455131.jpg
f0212511_23455973.jpg
f0212511_23460604.jpg
茶ヶ床園地の桜
f0212511_23461430.jpg
茶ヶ床園地の山桜、よ~く見ると凄くきれいな事に気づきます。
車で塔ヶ峰へ移動

【山名・標高】塔ヶ峰 389m (福岡県)
【月日・時間】2019年4月6日(土) 晴れ 山行時間1:13(休憩除く1:06)
【距離・歩数】沿面距離1.9㎞(林道0.1㎞含む) 累積標高(+)220m 歩数3,541歩
【車駐車位置】塔ヶ峰登山口 マップコード:96858334*00
 15:20 塔ヶ峰登山口
 15:41 尾根道合流
 15:53 塔ヶ峰(18℃)~16:00
 16:20 尾根道分岐
 16:33 塔ヶ峰登山口(17℃)
f0212511_23463102.jpg
茶ヶ床園地から次の山へ車移動。塔ヶ峰登山口から登る途中に見た平尾台
f0212511_23464145.jpg
塔ヶ峰の山頂到着
f0212511_23464917.jpg
下山は時計回りに歩きます
f0212511_23465743.jpg
車を留めた場所に帰って来ました

【山名・標高】目配山 405m (福岡県)
【月日・時間】2019年3月30日(土) 曇り晴れ 山行時間4:08(休憩除く3:03)
【距離・歩数】沿面距離10.6㎞(車道6.5㎞含む) 累積標高(+)420m 歩数16,095歩
【車駐車位置】ふれあい広場駐車場 マップコード:55046797*65

目配山に登るときは「大己貴神社の桜」「みわ一歩桜」「山頂の桜並木」などを鑑賞して下山。
今回は、これまでの場所に加え、「草場川の桜並木」と「栗田大山桜」をプラスして桜めぐり。
(帰宅して編集中、栗田大山桜と思っていた桜が違った山桜だったことに気づく、
本物は取付き地点から5分程度登った所に有りまり、翌日確認してきました。
https://yamap.co.jp/activity/3351648

下山後の帰りは、お決まりコースとなっている甘木公園の桜を楽しんで帰る。

最後に、宇美八幡宮の奥にある宇美公園の桜も見て帰り、桜鑑賞三昧の一日でした。

 10:05 ふれあい公園駐車場(17℃)・・花見客で駐車場残りわずか
 10:35 松峽八幡宮・・・・・・・・・栗田運動公園を進んで八幡宮へ
 10:44 ガード下・・・・・・・・・・道路の下をくぐります
 11:00 立案内看板・・・・・・・・・栗田大山桜の最初の立案内板
 11:10 栗田大山桜入口・・・・・・・林道から登山道へ
 11:15 栗田大山桜・・・・・・・・・見落として進んでゆく
 11:40 大山桜~11:45・・・・・・・栗田大山桜と勘違いして写真を撮る
 11:52 目配山(18℃)~12:45・・・・山頂の桜は満開
 13:12 釜寺分岐・・・・・・・・・・曲がらずまっすぐ大己貴神社へ
 13:26 目配山取付き点・・・・・・・ここからは車道を歩きます
 13:35 大己貴神社(22℃)~13:42・神社の桜も満開、車道を歩いて帰ります
 14:13 ふれあい公園駐車場(24℃)・・草場川の桜を見ながら帰って来ました

f0212511_23014748.jpg
草場皮お桜並木
f0212511_23015935.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)

f0212511_23021613.jpg
りっぱな鳥居、松峽八幡宮
f0212511_23022357.jpg
民家の軒先に咲いていたももの花
f0212511_23022890.jpg
f0212511_23023467.jpg
林道す進んでいくと二つ目の立看板、林道は崩壊
f0212511_23024016.jpg
栗田大山桜入口です
f0212511_23024651.jpg
栗田大山桜を見落としてしまい、山中を進んでいきます
f0212511_23025111.jpg
これ?栗田の大山桜?、後で違う事に気づく
f0212511_23025798.jpg
f0212511_23030342.jpg
よぉーく見ると綺麗です
f0212511_23030905.jpg
最後に一枚
f0212511_23031703.jpg
目配山に登ってきました~
f0212511_23032465.jpg
青空が所々に出てきました
f0212511_23033219.jpg
山頂の桜並木
f0212511_23033831.jpg
f0212511_23034574.jpg
目配山から大己貴神社まで下ってきました
f0212511_23035382.jpg
草場川の河川敷を歩きます
f0212511_23040109.jpg
菜の花と桜
f0212511_23041053.jpg
緑と桜も良いですね
f0212511_00015149.jpg
見落とした栗田大山桜を翌日見てきました①
f0212511_00015814.jpg
見落とした栗田大山桜を翌日見てきました②
f0212511_00020501.jpg
見落とした栗田大山桜を翌日見てきました③
f0212511_00021310.jpg
見落とした栗田大山桜を翌日見てきました④素晴らしい

【山名・標高】 大間山225m 大塔山252m 三池山388.1m 長助金比羅488m (福岡県)
        観音岳473m  筒ヶ岳501.4m 丸山391.9m(熊本県)
【月日・時間】 2019年3月23日(土) 曇り 山行時間5:56(休憩除く5:43) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離20.6㎞(車道6.4㎞含む) 累積標高(+)1,465m 歩数33,253歩
【車駐車位置】 三池公園駐車場 マップコード:69463443*43

2019年の大河ドラマ「いだてん」の主人公である、
日本初のオリンピック選手となった、金栗四三のゆかりの地、玉名市へ。

今日は玉名市のJR玉名駅をゴールとし、大牟田市の三池公園からスタート。
大間山、三池山を踏み熊本県に入り、筒ヶ岳(小岱山)、観音岳を経て蛇ヶ谷公園に下る。
最後は公園から車道を歩きJR玉名駅にゴールとなります。
(2016年12月17日に縦走した逆コース https://yamagoe.exblog.jp/27372043/

三池公園を出発、小雨がパラッとするが午後は晴れ予報、大間山へ登ります。
大間山から八角目峠、荒平峠と進み三池山に到着、曇っており眺望は今一つ。
ただ、行く手に大きな山並み、筒ヶ岳(小岱山)が居座っているのが見えます。
三池山から山口登山口へ下り、車道を歩いて県境となる教楽来バス停を通過。
近くの庄山信号機からみかん山へ入り、作業道を歩いて平山登山口へ向かいます。
平山登山口から沢沿いの登山道を進み、最後にロープ場を登り尾根へ上がります。
一旦、長助金比羅へ立寄り、おにぎりを食べてちょっと休憩。
小刻みにアップダウンを繰り返し、筒ヶ岳(小岱山)、観音岳へと縦走します。
丸山を過ぎ、笹千里から蛇ヶ谷展望台までの道も気持ち良い。
蛇ヶ谷公園からは街中の車道を歩き、13時過ぎJR玉名駅に到着となりました。

駅には金栗四三のパンフレットが沢山あり、チェックしてみる。
金栗四三ふるさとマップを頼りに、歩きで観光しようと試みましたが、
駅からみどころを回るには距離が有りすぎて無理、断念して帰ります。

13時44分発の電車で大牟田駅に14時03分到着、駅前でバスへ乗り換え。
14時13分発のバスで三池中町バス停に14時32分到着。
下車後は約0.9㎞の道をテクテク歩き三池公園の駐車場に帰り着きました。
朝の小雨が嘘のように晴れ上がり晴天、公園には桜が咲いています。
最後が良ければ全て良しって感じ!!
今日も楽しく山を歩くことが出来ました。ありがとう、大自然。

 07:20 三池公園(9℃)・・・曇り空スタート
 07:38 大間山・・・・・・霞んでいます4
 07:45 八角目峠
 08:05 大塔山
 08:10 荒平峠
 08:26 三池宮
 08:37 三池山(7℃)
 08:40 三池山展望広場・・展望が悪いのでスルーします
 08:50 石地蔵・・・・・・立ち寄りお参り
 09:11 山口登山口・・・・この先、教楽来バス停~平山登山口まで車道歩
 09:25 教楽来バス停
 10:00 平山登山口・・・・みかん畑のあぜ道から入り込みます
 10:06 直登分岐・・・・・直登行かず沢沿いを登っていきます
 10:27 尾根出会い・・・・尾根から一旦、長助金比羅へ
 10:32 長助金比羅(10℃)~10:45・・ちょっと休憩
 10:56 筒ヶ岳(小岱山)・・・・・霞は一向に取れません
 11:22 観音岳(9℃)
 11:46 丸山
 12:06 笹千里駐車場
 12:38 蛇ヶ谷公園展望台・・玉名市内が一望できますが霞んでいます
 12:46 蛇ヶ谷公園入口・・・玉名駅まで2.6㎞歩く
 13:16 JR玉名駅(16℃)

  JR電車:玉名駅駅13:44発~大牟田駅14:03着(460円)    
  西鉄バス:大牟田駅前バス停14:13発~三池中町バス停14:32着(250円)
  三池中町バス停から900m歩いて三池公園に帰り着く

f0212511_22542290.jpg
先ずは大間山
f0212511_22543868.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22544411.jpg

f0212511_22545019.jpg
大塔山
f0212511_22545534.jpg
三池宮
f0212511_22550036.jpg
f0212511_22550674.jpg
三池山展望広場
f0212511_22551142.jpg
三池山展望広場からの眺望、霞んでいます
f0212511_22551685.jpg
マムシ草が沢山
f0212511_22552273.jpg
石地蔵
f0212511_22552821.jpg
f0212511_22553304.jpg
教楽来バス停
f0212511_22554020.jpg
みかん畑から振り返り見る三池山
f0212511_22554761.jpg
ここから登山道へ
f0212511_22555798.jpg
f0212511_22560423.jpg
長助金比羅
f0212511_22561108.jpg
f0212511_22561906.jpg
筒ヶ岳(小岱山)
f0212511_22563149.jpg
f0212511_22563814.jpg
f0212511_22564474.jpg
丸山からの眺望、霞の中にかすかに見えます三井グリーンランド
f0212511_22565137.jpg
蛇ヶ谷公園展望台
f0212511_22565837.jpg
蛇ヶ谷公園展望台から二ノ岳、三ノ岳が見えます
f0212511_22570591.jpg
蛇ヶ谷公園展望台
f0212511_22571394.jpg
玉名駅に到着
f0212511_22572178.jpg
f0212511_22573220.jpg

【山名・標高】経ヶ岳1,076m 多良岳996m 国見岳994m 西岳963m(佐賀県)
【月日・時間】2019年3月17日(日) 曇後晴 山行時間8:28(休憩除く7:19) 登山者15名
【距離・歩数】沿面距離14.1㎞(車道3.6㎞含む) 累積標高(+)1,528m 歩数23,983歩
【車駐車位置】黒木第3駐車場 マップコード:461201838*23

今日は山の会「やまびこ会」主催の多良岳マンサク鑑賞登山に参加しました。
コースは黒木第3駐車場から舞岳へ登り縦走路を経て金泉寺、食事をして下山予定。

黒木第3駐車場を9時40分に出発、第2駐車場で二名が合流し総勢16名となります。
第2駐車場から舞岳へ向かって登って行きます、山談議等に盛りあがり分岐に気付かず直進。
暫く進んで、つげ尾から経ヶ岳へ向かうルートへ入り込んでいることが判明。
引返すのもショック、コースを変更しそのまま経ヶ岳へ登って行きます。
皆さん、足場の悪いガレバをひたすら頑張って登って行きます。
つげ尾へ上がり縦走路尾根を進み、12時半に経ヶ岳へ到着。
経ヶ岳で昼食タイム、後半もコース変更、舞岳経由で黒木第3駐車場へ下山する。

しかし、私と他2名は団体と別れ、当初の予定通り金泉寺まで行く。
経ヶ岳から激下りを経て、中山越え、西岳と進み、金泉寺に到着。
金泉寺でトイレ休憩、折角なので多良岳、前岳(本多良岳)まで足をのばします。
まだまだ咲いているマンサクに癒されながら登って行きます。
座禅岩から360度が見渡せ絶景、ここまで来た甲斐がありました。
しばらく眺望に浸っていたかったが、既に15時半、急いで下山します。
急いだあまり、最短下山ルートを間違い、中山越え経由の遠回りしてしまった。
17時40分、八丁谷に無事下山。その後、林道・車道を経て黒木第2駐車場、第3駐車場へ。
第3駐車場に到着間際、先に下山したメンバーが待って頂いたようで車越しに下山報告。

今日は前半16名で山談議などしながらワイワイガヤガヤで楽しみながら歩き、
後半は3名でマンサクや絶景に癒されながらも修行のような歩きとなりました。
今日も山からのパワーを頂き充電完了、ありがとう、山。

 09:40 黒木第3駐車場(11℃)
 09:55 黒木第2駐車場・・・二名と合流
 10:05 舞岳取付き点・・・・見過ごしてしまい真っすぐ進む
 11:56 つげ尾・・・・・・・急登なガレ場を登ればつげ尾です
 12:27 経ヶ岳(8℃)~13:20・昼食タイム、後半は三人で行動
 13:34 舞岳分・・・・・・・激坂を下ってきました
 13:43 中山越・・・・・・・まだまだ先は長い
 14:03 笹ヶ岳峠
 14:20 西岳・・・・・・・・・尾根道にある西岳
 14:32 金泉寺(9℃)~14:43・トイレ休憩
 14:57 国見岳994m・・・・・先ずは国見岳へ
 15:05 多良岳(10℃)・・・・・次に多良岳
 15:25 前 岳 983m~15:30・最後に前岳へ、引き返します
 15:50 多良岳(10℃)
 16:34 笹ヶ岳峠
 16:52 中山越・・・・・・・中山越から急いで下ります
 16:37 八丁谷登山口・・・・取付き点まで来ました
 17:55 黒木第2駐車場・・・日が暮れる前に下山
 18:08 黒木第3駐車場(11℃)・無事に帰り着きました
f0212511_22044649.jpg
黒木第3駐車場から第2駐車場へ向かいます
f0212511_22053444.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMNAP)
f0212511_22062080.jpg
扱けないように慎重に渡ります
f0212511_22062504.jpg
間もなく経ヶ岳、マンサクに出会う
f0212511_22063301.jpg
経ヶ岳眺望、左から多良岳、西岳、高岳、五家原岳と山並みが見えます
f0212511_22064057.jpg
こちらの中央奥には前岳と多良岳でしょうか
f0212511_22064619.jpg
経ヶ岳上空にドローンが飛び回る
f0212511_22065299.jpg
f0212511_22065738.jpg
金泉寺
f0212511_22070319.jpg
国見岳のマンサク
f0212511_22070906.jpg
多良岳山頂
f0212511_22071446.jpg
前岳辺りから見る絶景、普賢岳と有明海の門
f0212511_22072282.jpg
前岳から見る経ヶ岳(左のお山)
f0212511_22072899.jpg
f0212511_22073546.jpg
良い景色です
f0212511_22074373.jpg
中山越から下る途中、滝に出会う、ちょっと一休み


 
【山名・標高】六ヶ岳(旭岳) 338.9 (福岡県)
【月日・時間】2019年3月16日(土) 晴れ 山行時間4:07(休憩除く3:21) 登山者
【距離・歩数】沿面距離6.7㎞(コンクリート道1.3㎞含む) 累積標高(+)849m 歩数12,932歩
【車駐車位置】内野池登山口 マップコード:68232854*85

先ほど福岡県宮若市脇田の西山登山道に咲くミツマタを鑑賞。
往復30分程度の歩きでは物足りず、近場の六ヶ岳へ。

六ヶ岳登山は内野池登山口から出発、反時計回りに周回します。
山頂標識のある10個のピーク、アップダウンを繰り返し一筆書きで回ります。

 1、龍ヶ岳(南峰)・・・りゅうがだけ・・・222m
 2、龍ヶ岳(北峰)・・・りゅうがだけ・・・230m
 3、旭の峰・・・・・・①あさひのみね・・・339m
 4、湯文字山・・・・・・ゆもんじやま
 5、羽衣の峰・・・・・②はごろものみね・・315m
 6、﨑門の峰・・・・・③さきとのみね・・・272m
 7、天冠の峰・・・・・④てんかんのみね・・252m
 8、狭間山・・・・・・・はざまやま
 9、高祖の峰・・・・・⑤こうそのみね・・・260m
10、出穂の峰・・・・・⑥でほのみね・・・・293m
  ※六つのピーク①~⑥を総称して六ヶ岳と呼ぶそうです。

低山でしかも距離は短いですが、ピークが多く充実した山歩きができました。
 
 11:10 内野池登山口(11℃)
 11:18 龍ヶ岳分岐・・・・・廃道進まず尾根へ上がります
 11:33 龍ヶ岳(南岳)222m・龍ヶ岳城址
 11:41 龍ヶ岳(北岳)230m
 11:49 鉄 塔・・・・・・・直方登山口から合流
 12:14 六ヶ岳(旭の峰)~12:40
 12:43 湯文字岳・・・・・・以前無かった標識
 12:48 羽衣の峰315m・・・はっきりしないピークに標識がある
 13:09 﨑門の峰272m・・・六嶽神社上宮が祀られています
 13:18 天冠の峰252m・・・この後、苦易道を下る
 13:35 分 岐・・・・・・・椿谷池は行かず左へ 
 13:42 狭間山・・・・・・・お初の山頂
 13:51 分 岐・・・・・・・椿谷池からの登山道合流 
 14:10 高祖の峰(12℃)260m~14:30
 14:40 出穂の峰293m
 15:04 内野池説明板・・・・内野池の土手を通る
 15:11 龍ヶ岳分岐
 15:17 内野池登山口(11℃)・到着
f0212511_22560498.jpg
内野池にある案内板
f0212511_23000797.jpg
六ヶ岳の軌跡(クリックで拡大、詳細はYAMAP
f0212511_22561205.jpg
六ヶ岳へ行く前にミツマタ鑑賞(詳細はYAMAP)写真5枚
f0212511_22561778.jpg
西山登山道に咲くミツマタ、一輪
f0212511_22563323.jpg
西山登山道に咲く群生のミツマタ
f0212511_22564004.jpg
ミツマタ群生の様子、写真では分りづらいかな?
f0212511_22564670.jpg
四つのミツマタ
f0212511_22565709.jpg
この写真から六ヶ岳関連写真、龍ヶ岳(南峰)へ登っていきます
f0212511_22570481.jpg
龍ヶ岳(南峰)
f0212511_22570980.jpg
龍ヶ岳(北峰)
f0212511_22571528.jpg
六ヶ岳の最高峰、旭の峰へ登っていきます
f0212511_22572201.jpg
六ヶ岳(旭の峰)からの眺望、皿倉山の山頂アンテナが見えます
f0212511_22572894.jpg
左から金剛山、尺岳と見えます
f0212511_22573504.jpg
一番高いところが福智山、右手前が鷹取山
f0212511_22574321.jpg
湯文字山とあります
f0212511_22575338.jpg
羽衣の峰
f0212511_22580276.jpg
両サイドに幹が伸びている珍しい大木
f0212511_22580975.jpg
六嶽神社上宮
f0212511_22581598.jpg
﨑門の峰
f0212511_22582281.jpg
天冠の峰
f0212511_22583032.jpg
易行道・苦行道の分岐、苦行道は転げ落ちます
f0212511_22583788.jpg
椿谷池駐車場へは下らず、狭間山方面へ
f0212511_22584425.jpg
狭間山を通過します
f0212511_22585131.jpg
高祖の峰で休憩
f0212511_22585886.jpg
高祖の峰から見る不思議な黄色い物は何?
f0212511_22590505.jpg
出穂の峰
f0212511_22591176.jpg
内野池に無事下山してきました

 
【山名・標高】立花山367m 三日月山272m 尾山343m 白岳315m(福岡県)
       名子岳165m 城ノ越山(南峰),(北峰)180m 橿日岳165m
【月日・時間】2019年3月9日(土) 晴れ 山行時間5:49(休憩除く5:11) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離14.7㎞(車道2.7㎞含) 累積標高(+)1,329m 歩数24,295歩
【車駐車位置】長谷ダム登山口 マップコード:13567195

今日は1月12日に歩いたコースのバージョンアップ。
長谷ダムからスタート、城ノ越山山系と立花山山系を周回、ピーク12座のフルコース。

名子岳165m、城ノ越山(南峰)180m、城ノ越山(北峰)180m、橿日岳165m、
白岳315m、松尾山343m、大つぶら255m、小つぶら255m、
立花山367m、大一足258m、小一足208m、三日月山272m。

 09:00 長谷ダム登山口(7℃)・・・長谷口集落へ下っていきます
 09:14 梅木谷池(塩坂)取付き点・・集落を過ぎ林道から右へ
 09:29 名子岳(10℃)・・・・・・・なごだけ
 09:34 御飯山城跡・・・・・・・・おいのやまじょうあと
 09:55 城ノ越山(北峰)・・・・・南峰を過ぎて北峰へ
 10:13 橿日岳(10℃)・・・・・・・かしいだけ
 10:31 車道に出る・・・・・・・・三日月湖の車道に出ました
 10:42 霊園先登山口・・・・・・・霊園先の登山道へ
 10:50 三日月温泉登山口・・・・・三日月登山口に出て車道を歩きます
 11:05 立花山登山口・・・・・・・立花山登山口を過ぎ鷲尾大権現から登山道へ
 11:28 白岳(12℃)
 11:39 松尾山・・・・・・・・・・ポポクジラさんとすれ違う
 11:52 大つぶら・・・・・・・・・三日月山上空でヘリが飛んでいます
 12:07 小つぶら(12℃)・・・・・・この後、急登
 12:22 立花山(17℃)~12:50・・食事休憩
 13:02 大クス
 13:10 大一足
 13:16 小一足・・・・・・・・・・写真を撮って引き返します
 13:22 大一足
 13:38 分岐(十字路)・・・・・・縦走路を三日月山へ
 13:50 三日月山(17℃)~14:00・・ちょっと休憩
 14:13 三日月橋急坂分岐
 14:28 鉄 塔
 14:49 長谷ダム登山口(11℃)・・・帰ってきました
f0212511_22434056.jpg
長谷ダムからスタート
f0212511_22434859.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22435597.jpg
河童が回っています、分かりますか?
f0212511_22440114.jpg
塩坂ルートは立ち入り禁止、前回と同じ梅木谷ルートへ曲がる
f0212511_22441087.jpg
先ずは名子山
f0212511_22441599.jpg
御飯山城跡(おいのやまじょうあと)
f0212511_22442196.jpg
城ノ越山 国土地理院の三角点位置
f0212511_22442690.jpg
城ノ越山の北峰
f0212511_22443105.jpg
勿論、橿日岳(かしいだけ)も踏みます
f0212511_22443696.jpg
三日月湖、なんと水が有りません
f0212511_22444115.jpg
三日月霊園から登山道へ
f0212511_22444715.jpg
霊園登山道入り口から8分程度歩いたら、再び車道に出ます
f0212511_22445559.jpg
f0212511_22450285.jpg
蜂の巣?
f0212511_22450909.jpg
白岳、松尾山を通り、大つぶらへ来ました
f0212511_22451522.jpg
柴大明神
f0212511_22452249.jpg
小つぶら、石が積んであります
f0212511_22453006.jpg
立花山へ登ってきました、和白方面
f0212511_22453815.jpg
三日月山の山頂がよく見えます
f0212511_22454553.jpg
津屋崎方面
f0212511_22455275.jpg
特別天然記念物の大クス

f0212511_22455874.jpg
大一足
f0212511_22460464.jpg
小一足
f0212511_22461034.jpg
馬責の場跡
f0212511_22461777.jpg
三日月山の山頂までやってきました、ちょこっと休憩
f0212511_22462329.jpg
最近新しくなった鉄塔
f0212511_22463046.jpg
帰って来ました長谷ダムへ

【山名・標高】脊振山 1,055m  (福岡県)
【月日・時間】2019年3月5日(火) 晴れ 山行時間4:41(休憩除く4:00) 登山者
【距離・歩数】沿面距離10.2㎞(林道1.8㎞含む) 累積標高(+)815m 歩数17,101歩
【車駐車位置】船石橋登山口 マップコード:224147134*85

昨夜は久しぶりに夜間作業、明朝、会社から帰宅。
偶然にも今日だけ天気が良い、家にじっとしていられない。
二時間ほど仮眠して脊振の山へ。
今日のコースはコヨーテさんが2月24日に歩かれた「真の車谷」ルートにチャレンジ。

船石橋からスタート、車谷ルート(矢筈ルート)を登り林道に出る。
林道から車谷ルート(矢筈ルート)を外れ10分ほど歩いて取付き点、ワクワクしながら真の車谷へ。
谷筋が交わった所で何度か迷いますが、新・旧の赤テープを探しながら、どうにか進みます。
40分ほど登った所でコース由来?の車の残骸を発見。

無残にも原型は無くタイヤが二本、それにへしゃげた鉄板のかたまりとハンドル。
どうやって、この奥深い谷まで持ってきた?落ちてきた?謎です。
谷を7分ほど登ると、今度はタイヤ二本が谷に埋もれています。
再び谷を登り車道近くまで上がると、タイヤ一本、シート一座が転げています。
車残骸の所から30分ほど登り車道に出ました。

あの残骸は、この車道から走りながら転げ落ちて行ったんでしょうか?。
車道から残骸が有った所まで、岩場有り急斜面有りで、たどり着かないように思います。?
謎ですね~。

車道から直登の登山道(笹藪漕ぎ)を登り20分弱で脊振山の山頂に到着。
展望は開けていますが、霞んでて遠くまでの眺望は有りません。
食事休憩をして、九州自然歩道の縦走路を椎原峠まで進みます。
スタートが遅かったので鬼が鼻岩まで行かず椎原峠から下山します。

 11:15 船石橋登山口(12℃)
 11:45 林道出合
 11:55 車谷コース取付点
 12:34 原型の無い車
 12:41 タイヤ二個
 13:06 車道横断
 13:24 脊振山(8℃)~14:05
 14:21 フェンス部分
 14:30 矢筈峠
 14:53 唐人の舞分岐
 15:12 椎原峠東
 15:35 林道横断
 15:46 鬼ヶ鼻岩直登分岐
 15:50 林道
 15:56 船石橋登山口(12℃)
f0212511_23115270.jpg
いいですね~
f0212511_23120250.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23120811.jpg
林道を10分歩いて取付き点
f0212511_23121417.jpg
マイナーな道?
f0212511_23121991.jpg
道ではなく、単なる谷です
f0212511_23122527.jpg
車を発見
f0212511_23123124.jpg
もう一枚、上から撮ります
f0212511_23123635.jpg
暫く登ると、今度はタイヤが二本
f0212511_23124260.jpg
こんな斜面を車が転げ落ちてきた?
f0212511_23124767.jpg
ここには、座席とタイヤが一本
f0212511_23125343.jpg
車道に上がってきました、探検終わりです
f0212511_23125846.jpg
レーダードームの横を登っていきます
f0212511_23130531.jpg
f0212511_23131243.jpg
脊振山に到着
f0212511_23131909.jpg
晴れてますが、霞んでいます
f0212511_23132570.jpg
地肌が見えているところは五ヶ瀬ダム
f0212511_23133390.jpg
航空自衛隊
f0212511_23133946.jpg
椎原峠へ向け気持ち良い縦走路を歩きます
f0212511_23134743.jpg
金山方面
f0212511_23135429.jpg
椎原峠から下山します
f0212511_23140199.jpg
枯れている?
f0212511_23141012.jpg
下から見ると、こんな感じ
f0212511_23141741.jpg