【山名・標高】高千穂峰 1,574m (宮崎県)
【月日・時間】2018年10月14日(日) 曇り 山行時間2:56(休憩除く2:41)
【距離・歩数】沿面距離5.7㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)657m 歩数6,324歩
【車駐車位置】高千穂河原登山口 マップコード:227152710*85

 10:25 高千穂河原登山口(15℃)
 10:42 遊歩道分岐
 11:14 馬ノ背
 11:31 御鉢縁分岐
 11:55 高千穂峰(13℃)~12:10
 12:25 御鉢縁分岐
 12:37 馬ノ背
 13:07 遊歩道分岐
 13:21 高千穂河原登山口(17℃)
f0212511_22081120.jpg
高千穂河原の駐車場入り口
f0212511_22082058.jpg
クリックで拡大
f0212511_22082969.jpg
鳥居の横からスタートします
f0212511_22083550.jpg
霧島神宮古宮址
f0212511_22084169.jpg
散策路
f0212511_22084766.jpg
赤黒い溶岩の斜面を登っていきます
f0212511_22085385.jpg
振り返ると、みんな頑張って登てます
f0212511_22085944.jpg
馬ノ背まで上がってきました
f0212511_22090610.jpg
御鉢
f0212511_22091161.jpg
御鉢火口縁を歩きます
f0212511_22091852.jpg
上宮
f0212511_22092568.jpg
高千穂峰に到着
f0212511_22093163.jpg
f0212511_22093972.jpg
天ノ逆鉾
f0212511_22094596.jpg
山小屋
f0212511_22095558.jpg
歩いてきた御鉢火口縁の下がえぐれています、わかりますか?
f0212511_22100463.jpg
f0212511_22101295.jpg


【山名・標高】韓国岳 1,700m (宮崎県)
【月日・時間】2018年10月13日(土) 晴れ 山行時間5:02(休憩除く4:06)
【距離・歩数】沿面距離8.9㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)866m 歩数17,834歩
【車駐車位置】大浪池登山口 マップコード:376296333*41

硫黄山の地震活動により、えびの高原からの韓国岳登山道は通行禁止
よって、今回は大浪池登山口から登ります
歩きやすくハイキング感覚で大自然を満喫することができます

 10:40 大浪池登山口(13℃)
 11:10 大浪池分岐
 12:06 大浪池避難小屋
 13:00 韓国岳(17℃)~13:57
 14:30 大浪池避難小屋
 15:17 大浪池分岐
 15:42 大浪池登山口(18℃)
f0212511_22011049.jpg
大浪池登山口からスタート
f0212511_22024705.jpg
クリックで拡大
f0212511_22025992.jpg
f0212511_22030643.jpg
大浪池に到着
f0212511_22031457.jpg
韓国岳と大浪池
f0212511_22032378.jpg
反時計の東回りをしながら桜島を望む
f0212511_22032907.jpg
大浪池は写真に入りません
f0212511_22033549.jpg
今年はどこの山へ行ってもリンドウが沢山咲いています
f0212511_22034364.jpg
避難小屋から韓国岳目指して登ります
f0212511_22034900.jpg
木製階段が整備されています、ちょと痛んでいるところもありますが助かります
f0212511_22035516.jpg
山頂目前
f0212511_22040398.jpg
到着しました~
f0212511_22041072.jpg
山頂から眺める大浪池
f0212511_22041842.jpg
御鉢の中
f0212511_22042923.jpg
新萌岳から蒸気が出ています、奥には高千穂峰
f0212511_22044022.jpg
下山します
f0212511_22044868.jpg

f0212511_22045674.jpg
秋のススキもいいものです
f0212511_22050551.jpg
f0212511_22051318.jpg
最後にもう一度大浪池を撮ってみました

【山名・標高】 くじゅう17サミッツの9座(①~⑨)プラス4座(▲)=13座 (大分県)[九重連山]
【月日・時間】 2018年10月8日(月) 晴れ 山行時間10:18(休憩除く9:20) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離22.5㎞(作業道および車道3.0㎞含む) 累積標高(+)2,265m 歩数38,553歩
【車駐車位置】 牧ノ戸登山口 マップコード:440640128*58

牧ノ戸峠に5時到着、駐車場には朝駆けでしょうか既に沢山の車が止まっています。
支度して5時半出発、ヘッドライトを付け暗い登山道を歩きます。
扇ヶ鼻分岐の手前から明るくなり、西千里ヶ浜を通らず星生山へ直接登っていきます。
登山道の濡れた草で全身びしょ濡れ、露がズポンの上から靴の中まで染み込んでくる。
先ずは第一座、星生山に登る。
九重連山を久住山、天狗ヶ城、中岳、稲星、白口岳へと踏んでいく。
途中、靴の中に溜まった水を絞り、じゅくじゅく足で三時間半かかり白口岳に到着。
白口岳からの急坂を下り鉾立峠へ、まだまだ先は長い。
立中山からは不明瞭な道を進み、坊ガヅル~大船山登山道の中腹に合流、段原へ登る。
一旦北大船山に登りおにぎりを食べ元気を付ける。
その間、靴を脱ぎ、濡れた靴と靴下を岩の上に干すが、濡れた状態は変わらず。
北大船山で出会ったトレラン若者二人とゴールまで抜きつ抜かれつご一緒する
大船山の御池は少し色づいています。
最後の一座は三俣山、まだ急登が残っており気が抜けません。
気合を入れ登りますが、トレラン二人にあっという間に抜かれます。
何度か小休止を挟み1時間10分かかり三俣山南峰に到着。
本峰へ進み、色づいた大渦、小渦を見て疲れた身体を癒す。
道に迷っていたトレラン二人を抜き西峰、諏蛾守越へと下っていく。
諏蛾守越からは少し小走りで下山、トレランに抜かれることなく大曲登山口に到着。
まだまだ出発地点の牧ノ戸峠まで車道2㎞が有ります。
最後の最後、牧ノ戸手前300m辺りでトレランに抜かれてしまいました。
と云う事で、後半はトレランのおかげでタイムを少し縮めることができました。
しかし、目標としていた10時間を切ることはできませんでした。

 05:30 牧ノ戸峠(13℃)
 05:52 ▲沓掛山1503m
 06:18 扇ヶ鼻分岐
 06:37 ①星生山1762m~06:41
 07:07 久住分れ
 07:26 ②久住山1786.5m~07:30
 07:51 ③天狗ヶ城1780m~07:55
 08:06 ④中 岳1791m(13℃)~08:15
 08:25 白口谷分岐
 08:36 ⑤稲星山1774m
 08:48 稲星越
 09:02 ⑥白口岳1720m
 09:40 鉾立峠
 09:57 ▲立中山1468m(18℃)
 10:35 坊ガヅル大船山登山口合流
 11:05 段 原
 11:09 ⑦北大船山1706m(19℃)~11:37
 11:40 段 原
 11:55 ⑧大船山1786.2m~12:05
 12:15 段 原
 12:31 立中山分岐
 12:50 坊ガヅル大船山登山口
 12:56 坊ガヅル三俣山登山口
 14:03 ▲三俣山(南岳)1743m(20℃)
 14:20 ⑨三俣山(本峰)1744.7m~14:23
 14:38 ▲三俣山(西峰)1678m
 14:53 諏蛾守越
 15:04 作業道出合
 15:13 大曲登山口分岐
 15:24 大曲登山口
 15:48 牧ノ戸峠(18℃)
f0212511_22364659.jpg
牧ノ戸から反時計回りにスタート
f0212511_22365777.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP

f0212511_22370677.jpg
間もなく日の出
f0212511_22371953.jpg
星生山から朝日を浴びる三俣山を観る
f0212511_22372792.jpg
星生山
f0212511_22373486.jpg
阿蘇の五岳
f0212511_22374191.jpg
久住山に来ました
f0212511_22374745.jpg
根子岳をアップ
f0212511_22375541.jpg
阿蘇の中岳方面
f0212511_22380280.jpg
こちらは雲海に浮かぶ由布岳
f0212511_22380964.jpg
f0212511_22381767.jpg
御池と久住山
f0212511_22383074.jpg
坊ガヅル
f0212511_22384003.jpg

f0212511_22384894.jpg
f0212511_22385789.jpg
坊ガヅルと三俣山
f0212511_22390637.jpg
北大船山から見る大船山
f0212511_22391545.jpg
大船山の御池紅葉
f0212511_22392309.jpg
岩の辺りは綺麗です
f0212511_22393932.jpg
f0212511_22394958.jpg
f0212511_22395784.jpg
九重連山

f0212511_22400544.jpg
大船山から北大船山方面
f0212511_22401575.jpg
坊ガヅルから見た三俣山の南峰、急登を登ります
f0212511_22402501.jpg
南峰へ上がってきました
f0212511_22403484.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22404300.jpg
f0212511_22405413.jpg
f0212511_22410290.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22410987.jpg
本峰から見た大渦の紅葉
f0212511_22411909.jpg
諏蛾守越に下ってきました
f0212511_22412934.jpg
諏蛾守越から見上げる三俣山の西峰


【山名・標高】二丈岳 711m 女岳 748m (福岡県)
【月日・時間】2018年10月7日(土) 晴れ 山行時間6:48(休憩除く5:50)
【距離・歩数】沿面距離16.7㎞(車道8.0㎞含む) 累積標高(+)1,136m 歩数25,472歩
【車駐車位置】ゆらりんこ橋駐車場 マップコード:182567738*75

第20回行橋~別府100キロウォークが台風の影響で中止となりました。
半年前から抽選を経て楽しみにしていたウォークですが仕方ありません。
また来年参加できる事を願うばかりです。

と云うことで台風25号が最接近した6日(土)はおとなしく家守でした。
三連休の残り二日間、7日は糸島の二丈岳に登ります。
折角なので女岳と組み合わせ、海岸も通る周回コースを楽しんできました。

 09:10 ゆらりんこ橋登山口(23℃)
 09:54 加茂神社
 10:10 登山口(真名子水の香ランド研修棟)
 10:39 広域基幹林道横断
 10:49 荒谷峠(女岳西登山口)
 11:18 女岳(17℃)~11:30
 11:54 広域基幹林道横断(女岳北登山口)
 12:11 登山口(真名子水の香ランド研修棟)~12:21
 13:04 二丈岳(21℃)~13:40
 14:18 林道横断(一の原線)
 14:26 林道横断(一の原線)
 14:56 車道出る(介護施設)
 15:10 国道202号線出会(海岸線)
 15:27 国道202号線分岐(ゆらりんこ橋へ)
 15:58 ゆらりんこ橋登山口(23℃)
f0212511_06494738.jpg
f0212511_06495941.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_20460608.jpg
二丈岳渓谷遊歩道
f0212511_20463733.jpg
子供たちが雨宿りしたと云う「家の石」
f0212511_20464599.jpg
二丈岳渓谷遊歩道
f0212511_20465584.jpg
二丈岳渓谷遊歩道を登り加茂神社に到着
f0212511_20470246.jpg
f0212511_20470952.jpg
登山口(真名子水の香ランド研修棟)
f0212511_20471624.jpg
廃道を歩きます
f0212511_20472496.jpg
女岳へ登っていきます、ガスがかかってきました
f0212511_20473124.jpg
女岳到着
f0212511_20473948.jpg
水滴が綺麗
f0212511_20480571.jpg
ツリフネソウも綺麗です
f0212511_20481393.jpg
f0212511_20482043.jpg
林道終点の二丈岳登山口
f0212511_20482960.jpg
二丈岳の山頂
f0212511_20483737.jpg
玄界灘の船越湾から引津湾の海岸線
f0212511_20484594.jpg
糸島半島に出来た九大学研都市
f0212511_20492422.jpg
深江海水浴場
f0212511_20493312.jpg
深江へ下っていきます
f0212511_20494315.jpg
深江海水浴場を通ってゆらりんこ橋へ

【山名・標高】 龍王山 616m (福岡県)
【月日・時間】2018年9月29日(土) 曇り 山行時間2:40(休憩除く2:35) 
【距離・歩数】沿面距離6.1㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)470m 歩数11,186歩
【車駐車位置】 青年の家登山口 マップコード:55733457*41

今日は台風24号の接近により朝から雨模様。
お昼過ぎに起き、空を眺めると小康状態、心が胸騒ぎ。
先月からタマゴダケを求めて龍王山に三回も登ったが外れ、外れ、ハズレ。
もう行かないつもりだったが、ついつい淡い期待を持ち、また龍王山へ。

暗くなるのを覚悟して八木山青年の家登山口から登る。
登山道は昨夜からの雨で、勢いよく水が流れています。
また、石コロは滑り、歩きにくい状態の道を気を付けて尾根まで上がります。

尾根まで上がり、いよいよタマゴダケ探し。
ガスが掛かり薄暗い尾根道、今日こそはと願いを込め歩く。
落葉道の前方にぼんやりと赤い物を発見、ドキドキしながら近づき確信。
大きなタマゴダケ一個を発見、四回目にして出会えた喜びは最高。

辺りを見渡し探すと三個発見、もう充分、満足。
薄暗いなか、写真を撮り龍王神社まで進み引返して龍王山へ。
タマゴダケに出会え気分は最高、小康状態が大雨になってもへっちゃら気分で歩く。
龍王山からの眺望は雲で全く見えません。
八木山畜産センターへ下り、車道を歩いて八木山青年の家登山口へ。
登山口に着くころには真っ暗、ヘッドライトを付けて無事に帰りつく。
四回目にしてタマゴダケを鑑賞することができ満足の山行となりました。

  15:42 青年の家登山口(18℃)
  15:54 林道横断
  16:25 尾根三差路
  16:51  龍王神社(16℃)
  17:05 尾根三差路
  17:10 龍王山(23℃)~17:15
  17:51 八木山畜産センター入口
  18:22 青年の家登山口(17℃)
f0212511_16512664.jpg
青年の家登山口
f0212511_16513699.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_16514343.jpg
f0212511_16514914.jpg
尾根三差路に出ました
f0212511_16515409.jpg
巨大タマゴダケ発見
f0212511_16520019.jpg
近くには二個、少し開いている物もある
f0212511_16520635.jpg
こちらは綺麗に開いています
f0212511_16521245.jpg
こんなお化けみたいなキノコもあります
f0212511_16521952.jpg
龍王神社まで行って引き返します
f0212511_16522681.jpg
葉っぱが空中に浮いています??
f0212511_16523378.jpg
龍王山の山頂、雲で何も見えません
f0212511_16524095.jpg
f0212511_16524701.jpg
畜産センターへ下る途中に巨大なキノコ発見
f0212511_16525647.jpg
こちらは兄弟のようです
f0212511_16530548.jpg
時間が経てば、この様になるんでしょうか?
f0212511_16531306.jpg
畜産センターの取付き点まで下ってきました
f0212511_16531923.jpg
人懐っこい牛さん達、パンダ牛もいます
f0212511_16532610.jpg
畜産センターから車道を歩いて帰ります

  
  北九州無法松ツーデーマーチ(40㎞コース)
  2018年9月23日(日) 晴れ ウォーク 単独  万歩計 41,367歩
  時間07:31~13:51(時間6:20 歩行時間6:20) 沿面距離37.8Km

 昨日に引き続き北九州無法松ツーデーマーチに参加。
 今日も最長の40㎞、「北九州工業地帯・瀬板の森満喫コース」に出場。
 勝山公園近くの最大500円駐車場に車を止め勝山公園に7時前に到着。
 40㎞コース、参加者1,915人が勝山公園を7時半スタートです。
 今日は二日酔い無く万全と云いたいとこだが、昨日のウォークで足腰が筋肉痛。
 とにかく頑張って歩きます。
 折り返し地点の「瀬板の森公園」少しの登りに悪戦苦闘で登っていきます。
 東田大通り公園で20㎞コースと合流、少し元気が出ます。
 歩車分離信号に引っ掛かりながらゴールを目指します。
 リバーウォークが見えゴールが近くなってきました。
 最後の力を振り絞って13時51分にゴール。
 今日も満足いく結果ではありませんでしたが足を痛めることなく歩けました。
 無事に二日間の練習を終え、10月6日の本番を迎えることができそうです。
 
  07:31 勝山公園(22℃)
  08:52 豊島展望公園(7.9km地点)
  11:06 瀬板の森公園南口(21.4km地点)
  12:31 東田大通り公園(29.9km地点)
  13:51 勝山公園(28℃)
f0212511_07160297.jpg
スタート前
f0212511_07161209.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_07161847.jpg
実行委員会の挨拶
f0212511_07162463.jpg
勝山公園の出店
f0212511_07162944.jpg
ハローデイオリジナルキャラクター「ハロッコリー」も応援
f0212511_07163594.jpg
f0212511_07164020.jpg
f0212511_07164746.jpg
黒崎駅前の商店街の中を通ります
f0212511_07165204.jpg
東田第一高炉
f0212511_07165970.jpg
2018年1月1日の午前2時に閉園したスペースワールドの象徴だったスペースシャトル
f0212511_07171175.jpg
二日間の参加人数
f0212511_07171856.jpg
お腹が減りました、美味しそうなので…



  北九州無法松ツーデーマーチ(40㎞コース)
  2018年9月22日(土) 晴れ ウォーク 単独  万歩計 50,000歩
  時間07:31~14:01 (時間6:30 歩行時間6:30) 沿面距離38.7Km

 今日は行橋100㎞ウォークの予行練習で北九州無法松ツーデーマーチに参加。
 勿論、最長の40㎞、「竹馬川と臨空曽根干潟干潟冒険コース」に出場。
 自宅を5時半出発、勝山公園近くの「タイムズ小倉大手町第二」に車を止め会場へ。
 参加者が毎年増えていおり、今年の40㎞コースは総勢2,420人でスタート。
 いきなり標高のある妙見神社が第一チェックポイント、息が何故か上がります。
 昨夜、旧友と飲んだお酒が多かったのか二日酔い気味、影響しているようです。 
 干潮の曽根干潟を眺めながら堤防沿いを歩きます。
 中間地点の朽網臨空公園を過ぎ、その後街中を歩き長野緑地へ進みます。
 横代中央公園からは20㎞コースのウォーカー達と合流、賑やかに歩きます。
 残り4㎞辺りから紫川の河川敷を歩き勝山公園ゴールとなります。
 予定していた時間より少し遅いタイムでしたが、良しとしましょう。
 明日の40㎞もエントリー、二日酔いの無い万全の態勢で参加します。

  07:31 勝山公園(22℃)
  08:19 妙見神社(4.7km地点)
  10:44 朽網臨空公園(19.6km地点)
  12:07 長野緑地(27.6km地点)
  12:37 横代中央公園
  14:01 勝山公園(28℃)
f0212511_06473198.jpg
40㎞コース、7時30分スタート
f0212511_06474063.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_06474543.jpg
朝は曇ってましたが…
f0212511_06475107.jpg
曽根干潟広いです
f0212511_06475618.jpg
曽根干潟の先には空港連絡橋
f0212511_06480367.jpg
27.6㎞地点の長野緑地
f0212511_06480924.jpg
14時にゴールしました
f0212511_06481703.jpg
本日の参加人数


【山名・標高】龍王山 616m(福岡県)
【月日・時間】2018年9月17日(月) 曇り 山行時間3:29(休憩除く3:18)
【距離・歩数】沿面距離6.9㎞(林道2.7㎞含む) 累積標高(+)587m 歩数13,668歩
【車駐車位置】青少年野営研修所入口  マップコード:55705240*30

タマゴダケを見たくて8月18日、9月8日に続き三回目のチャレンジ。
しかし、今回も残念ながら出会う事ができませんでした。
もういいかな?
収穫とすれば前回間違った明星寺ルートの鉄塔から登山口までの道を確認することができました。

 09:50 青少年野営研修所入口(28℃)
 10:13 青少年野営研修所
 10:17 五合目
 10:40 八合目
 10:49 龍王山(28℃)~11:00
 11:20 竜王神社
 11:33 明星寺分岐
 11:54 手作り一本木椅子
 12:15 鉄塔
 12:50 林道第2龍王線に出る
 13:19 青少年野営研修所入口(26℃)
f0212511_15365206.jpg
林道第2龍王線から青少年野営研修所へ入る所にバイクを止めて出発
f0212511_15370163.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_15370839.jpg
青少年野営研修所から少し登った所
f0212511_15371430.jpg
六合目、七合目、八合目と登っていきます
f0212511_15371911.jpg
龍王山に到着
f0212511_15372650.jpg
今日も曇っています
f0212511_15373297.jpg
タマゴダケは見つかりませんが、こんなキノコに出会えました
f0212511_15373971.jpg
龍王神社を通り過ぎ、明星寺分岐から黄色いテープを目印に下ります
f0212511_15374669.jpg
f0212511_15375382.jpg
鹿よけネット?の横を下っていきます
f0212511_15380062.jpg
鉄塔手前までは黄色いテープがあります
f0212511_15380763.jpg
鉄塔まで下ってきました、少し戻り右へ下っていきます
f0212511_15381408.jpg
前回通らなかった道を下っていきます
f0212511_15382173.jpg
この案内を見落とし、ちょっと迷いましたが無事に登山道を下ります
f0212511_15382740.jpg
林道第2龍王線の登山口に出ました。あとは青少年野営研修所入口まで林道を歩き終了

【山名・標高】風師山 362m 不動山 193m 戸ノ上山 517.8m
       谷山 403.9m 足立山 597.7m 小文字山 366m(福岡県)
【月日・時間】2018年9月16日(日) 曇り 山行時間10:14(休憩除く8:43)
【距離・歩数】沿面距離20.0㎞(車道3.3㎞含) 累積標高(+)1,845m 歩数39,631歩
【車駐車位置】小森江貯水池駐車場 マップコード:16594846*21

小森江貯水池を起点に風師山から足立山、小文字山を縦走。 
予定より時間が掛かり小文字山では夕焼けを観て下山する

 09:20 小森江貯水池登山口(28℃)
 10:02 風師山(24℃)
 10:15 矢筈分岐
 10:45 不動山
 11:02 奥田峠(道路出る)
 11:48 霊園に出る
 12:06 霊園横信号機
 12:26 戸ノ上山取付点
 13:31 戸ノ上山(24℃)~14:00
 14:19 大台ヶ原
 14:52 吉志ゴルフ場分岐
 15:11 谷山(三角点403.9m)
 16:33 足立山(霧ヶ岳)~17:00
 17:55 小文字山(22℃)~18:30
 19:02 小文字山登山口
 19:20 富野小学校前バス停・・・19:21砂津行きバス乗車
 19:30 砂津バス停・・・・・・・19:36小森江行くバス乗車
 20:00 小森江バス停・・・・・・下車後歩いて登山口へ
 20:14 小森江貯水池登山口(25℃)
f0212511_14140682.jpg
小森江貯水池の登山口から出発
f0212511_14144134.jpg
クリックだ拡大(詳細はYAMAP
f0212511_14144700.jpg
写真が変でしょう?カメラ設定がフォトイラスト効果に変わっていたのを知らず撮ってしまってます。
風師山からの眺望
f0212511_14145389.jpg
関門海峡、上は下関です
f0212511_14145981.jpg
f0212511_14150495.jpg
ウインクしている不動尊、ここは不動山
f0212511_14151130.jpg
城山霊園へ入っていきます
f0212511_14151892.jpg
戸ノ上中学校前バス停の先から戸ノ上山取付き点へ入っていきます
f0212511_14152575.jpg
戸ノ上山へ登る途中、関門海峡を振返り眺める
f0212511_14153288.jpg
山頂近くにある戸上神社
f0212511_14153908.jpg
戸ノ上山からの眺望、巌流島も見えます
f0212511_14154565.jpg
戸ノ上山からの眺望
f0212511_14155289.jpg
足立山を目指して縦走路を歩きます
f0212511_14155944.jpg
足立山、まだはまだ先に見えます
f0212511_14160718.jpg
足立山に到着、山頂からの景色
f0212511_14161496.jpg
小倉競輪場のメディアドーム
f0212511_14162139.jpg
遠くに関門橋が見えます
f0212511_14162907.jpg
小文字山へ急ぎます
f0212511_14163663.jpg
夕暮れの北九州小倉の街
f0212511_14164395.jpg
カメラ設定に気付きノーマルで写真を撮る、既に夕日は沈んでしまいました
f0212511_14165027.jpg
小文字山の登山口まで降りてきました、時刻は19時辺りは真っ暗
富野小学校前バス停まで20分弱歩き、その後バスで移動。
砂津で乗り換え小森江バス停下車、14分歩いて出発地点の小森江貯水池到着。

【山名・標高】龍王山 616m (福岡県)
【月日・時間】2018年9月8日(土) 曇り雨 山行時間2:23(休憩除く2:23) 単独
【距離・歩数】沿面距離6.2㎞(林道2.3㎞含む) 累積標高(+)544m 歩数11,254歩
【車駐車位置】舎利蔵登山口 マップコード:55705459*77

今日は九月の上旬、タマゴダケが顔を出していないか調べてきました。
尾根道をゆっくり歩きながら探すが気配すらありません。
残念ながら今回も先月18日に続き外れ、あと一週間ぐらい先かな~。

ルートは舎利蔵からスタートして穂波町青少年野営訓練所を経て龍王山へ登ります。
下山は龍王神社経由で明星寺方面へ下り、林道を経て出発地点へ帰る周回。
雨が小康状態の朝に登ります、が、あと20分の所で土砂降りに遭いました。

 07:30 舎利蔵登山口(19℃)
 07:46 青少年野営研修所
 08:05 五合目
 08:10 七合目
 08:16 九合目
 08:21 龍王山(19℃)
 08:39 竜王神社
 08:47 明星寺分岐
 09:03 一本椅子休憩所
 09:18 鉄塔
 09:33 林道出る
 09:33 舎利蔵登山口(20℃)
f0212511_13083576.jpg
舎利蔵の林道三差路地点にバイクを止めて時計回りに歩きます
f0212511_13093744.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_13094390.jpg
青少年野営研修所への入口案内板
f0212511_13094957.jpg
青少年野営研修所
f0212511_13095447.jpg
青少年野営研修所(不便の家?)
f0212511_13095926.jpg
青少年野営研修所から見た景色
f0212511_13100477.jpg
五合目まで上がってきました
f0212511_13101090.jpg
尾根まで上がってきました、山頂は目と鼻の先
f0212511_13101764.jpg
龍王山の山頂
f0212511_13102313.jpg
f0212511_13102921.jpg
タマゴダケを探し尾根道を歩きます
f0212511_13103692.jpg
ホトトギスの花で我慢
f0212511_13104380.jpg
龍王神社
f0212511_13105321.jpg
龍王神社から進んだ所にある明星寺分岐、黄色いテープ目印に下る
f0212511_13110014.jpg
手作りの腰かけ?ありがたいですね
f0212511_13110872.jpg
鉄塔の所から見る風景、この後道を間違え電力会社の階段を下ってします
f0212511_13111615.jpg
f0212511_13112761.jpg
間違って下ってしまった電力会社のプラ階段
f0212511_13113698.jpg
プラ階段で林道第2龍王線へ下ってきました。ここで土砂降りとなる。
傘をさしてテクテク林道を歩いてスタート地点へ帰る