タグ:オオキツネノカミソリ ( 9 ) タグの人気記事

【山名・標高】井原山 983m (福岡県)
【月日・時間】2017年8月5日(土) 晴れ 山行時間4:20(休憩除く4:04) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離11.9㎞(林道2.0㎞含) 累積標高(+)1,159m 歩数16,840歩
【車駐車位置】キトク橋登山口 マップコード:224255847*22

満開が遅れていたオオキツネノカミソリを見に行ってきました。 
洗谷ルートを登り縦走路から井原山へ。沢登りは相変わらず体力を使います。
気温は25℃だけど台風の影響なのか山頂は風が有り涼しい。
休憩して水無谷ルートを下りキツネノカミソリ群生地へ。
少し枯れているのが見受けられますがタイミング的には満開のようです。
今年も出会えましたカミソリさん、写真なかなかうまく撮れませんね~。
一旦、水無登山口まで下り、14℃の自然クーラーに浸りアンの滝経由で帰ります。
水無谷ルートを登りアンの滝分岐から少し登った所でコヨーテさんに出会う。
山でお会いするのは初めてかな?、嬉しくて、ちょっとお話しをしました。
アンの滝を見てお昼前に登山口のキトク橋に到着。
今年もオオキツネノカミソリ鑑賞をすることができました。感謝です。
登山口は既に30℃を越え下界はもっと暑いようですがバイクで帰ります。

 07:30 きとく橋登山口(26℃)
 07:46 雷山中腹自然歩道入口
 09:00 縦走路出合
 09:14 アンノ滝分岐
 09:18 井原山(25℃)~09:30
 09:36 鍾乳洞分岐
 09:49 急坂終わり
 10:19 鍾乳洞・アン分岐
 10:32 鍾乳洞(14℃)~10:36
 10:49 鍾乳洞・アン分岐
 11:22 アンノ滝
 11:33 林道横断
 11:50 きとく橋登山口(30℃)
f0212511_19495707.jpg
f0212511_19501062.jpg
クリックで拡大、洗谷ルート軌跡は何故か乱れています(詳細はYAMAP
f0212511_19501823.jpg
キトク橋登山口から洗谷ルートへ移動中に見る風景
f0212511_19502635.jpg
洗谷ルートは良いね~
f0212511_19503430.jpg
先行される方がロープ場を登っています
f0212511_19504613.jpg
脊振縦走路、笹の中を歩きます
f0212511_19505472.jpg
井原山から見る糸島半島の眺望
f0212511_19510026.jpg
佐賀方面の山々
f0212511_19511068.jpg
縦走路に咲いているコオニユリ
f0212511_19511993.jpg
オオキツネノカミソリ
f0212511_19512718.jpg
ブロックに咲いているオオキツネノカミソリ
f0212511_19513518.jpg
満開?良いですね~
f0212511_19514258.jpg
いたる所に沢山咲いています
f0212511_19515256.jpg
蕾と一緒のオオキツネノカミソリ
f0212511_19520099.jpg
水無しの湧水(フクロ―岩)
f0212511_19520960.jpg
f0212511_19521852.jpg
アンの滝、水が少なく寂しいですね


[PR]
  【山名・標高】 井原山 982m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年8月3日(水) 晴れ 山行時間5:57(休憩除く5:02) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離10.2㎞(林道1.4㎞含む) 累積標高(+)975m 歩数15,216歩
  【車駐車位置】 キトク橋駐車場 マップコード:224255847*22

 オオキツネノカミソリの開花が終盤を迎えているようなので井原山へ会社を休んで見に行きました。
 平日とあって、きとく橋の駐車場は4~5台停まっている程度です。
 アンの滝を経由して井原山へ登り、下山は群生地を通りキツネさんを鑑賞、一旦水無登山口まで下る。
 今年の開花は一週間ほど早かったようで、既に今日(3日)は枯れかけている物が多かったようです。
 鍾乳洞の自然クーラーで一休み。温度は冷たく13℃、しばらく涼んでいたら寒くなりました。
 帰りはアンの滝経由できとく橋に帰る。
 今年もオオキツネノカミソリを鑑賞することができました。

  07:55 きとく橋登山口(24℃)f0212511_22411749.jpg
  08:17 林道横断
  08:35 アンの滝
  08:42 瑞梅寺川源流・井原山分岐
  09:53 縦走路合流
  09:59 井原山(24℃)~10:10
  10:17 鍾乳洞分岐
  10:38 急坂終わり
  11:00 群生地~11:10
  11:28 鍾乳洞・アン分岐
  11:43 水無登山口(13℃)~12:17
  12:32 鍾乳洞・アン分岐
  12:56 瑞梅寺川源流
  13:08 瑞梅寺川源流・井原山分岐
  13:14 アンの滝
  13:29 林道横断
  13:52 きとく橋登山口(27℃)
f0212511_22415884.jpg
f0212511_2242414.jpg
f0212511_224210100.jpg
f0212511_22421511.jpg
f0212511_22422033.jpg
f0212511_22422432.jpg
f0212511_22422991.jpg
f0212511_22423582.jpg
f0212511_22424013.jpg
f0212511_22424685.jpg
f0212511_22425261.jpg
f0212511_22425886.jpg
f0212511_2243385.jpg
f0212511_22431149.jpg
f0212511_22431892.jpg

[PR]
  【山名・標高】 雷山 955m 井原山 982m (福岡県)
  【月日・時間】 2015年7月25日(土) 晴れ 山行時間5:47(休憩除く5:18) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離15.2㎞(林道2.1㎞含む) 累積標高(+)1424m 歩数23,678歩
  【車駐車位置】 きとく橋登山口 マップコード:224255847*22

今日は井原山のオオキツネノカミソリが見頃を迎えているだろうと思い行ってきました。
きとく橋登山口から出発、清賀の滝を通り雷山へ登り縦走路を経て井原山に到着。
井原山から水無登山口方面へ下り、オオキツネノカミソリ群生地を鑑賞してアンの滝経由で帰る。
台風12号の影響でしょうか?風が吹き心地よく縦走路を歩きます。
井原山からの眺めは360度どこを見ても素晴しい景色、人も沢山登ってこられています。
オオキツネノカミソリ群生地は満開とはいかないが、既に枯れている物もあり見ごろだと思います。
まだまだ蕾も沢山あり来週も十分楽しめそうです。
キツネノカミソリ鑑賞にこられている方で、初めての方も多いようです。
車道で一件、登山道で三件の登山者から道を尋ねられました。
なんとその内の一件は瑞梅寺川源流地点で道に迷い沢を登っていかれていました。
沢の水量が多く、登山道が傷んでいる所もあります、充分下調べして登りましょう。

  07:00 きとく橋登山口(22℃)f0212511_19314864.jpg
  07:17 雷山中腹自然歩道
  07:40 林道出合
  07:49 清賀の滝入口
  08:00 清賀の滝
  08:30 雷神社上宮
  08:49 雷山(20℃)~09:00
  09:19 944mピーク
  09:41 洗い谷分岐
  10:00 井原山(17℃)~10:10
  10:15 水無鍾乳洞・三瀬峠分岐
  11:00 鍾乳洞・アンの滝分岐
  11:12 水無登山口~11:20
  11:50 鍾乳洞・アンの滝分岐
  12:14 瑞梅寺川源流
  12:22 アンの滝 
  12:33 林道横断
  12:47 きとく橋登山口(29℃)
f0212511_1932565.jpg
クリックで拡大します
f0212511_6354313.jpg
雷山上宮へ向かう途中、清賀の滝に寄っていきます
f0212511_6355346.jpg
尾根道を登っていきます
f0212511_6355977.jpg
雷山山頂から志摩岐志・志摩船越を観る(左上は立石山)
f0212511_636589.jpg
縦走路ではアサギマダラをよく見かけます
f0212511_6361157.jpg
青空に輝くはんかい草
f0212511_6361611.jpg
笹道の縦走路、まだ濡れててズポンがびしょ濡れになります
f0212511_6362326.jpg
井原山に到着。羽金山標準電波送信所のアンテナがはっきりと見えます(右は浮嶽?)
f0212511_6363274.jpg
博多湾と福岡市もはっきり見えてます。奥の山は先週登った宗像四塚連峰の孔大寺山のようです
f0212511_6363968.jpg
油山の上部には博多湾に浮かぶ能古島や志賀島、遠くに相島、大島が見えます
f0212511_6381745.jpg
前原市の田園地帯もよく見えます
f0212511_6382552.jpg
佐賀県の天山も手に取るように見えています
f0212511_6383338.jpg
山並が綺麗です、佐賀県のダムも見えてます
f0212511_6384197.jpg
オオキツネノカミソリに出会えました
f0212511_6384983.jpg
まだ蕾も沢山あります
f0212511_6385859.jpg
f0212511_639695.jpg
f0212511_6391942.jpg
f0212511_63928100.jpg
f0212511_6394056.jpg
水無川、いつもより水量が多く流れています
f0212511_6394679.jpg
きとく橋登山口に無事到着。上空には捜査ヘリが飛んでいますが何か遭ったんでしょうか?
f0212511_6395439.jpg
バイクで帰り道、雷山、井原山方面を振返り眺める
[PR]
  【山名・標高】 井原山 983m (福岡県)
  【月日・時間】 2013年7月27日(土) 曇り 山行時間4:53(休憩除く4:22) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離11.1㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)948m 歩数18,556歩
  【車駐車位置】 奇徳橋(キトク橋)登山口駐車場 マップコード:224255877

 毎年恒例となっている井原山のオオキツネノカミソリ鑑賞登山に行ってきました。
 コースは二年前と同じ洗谷ルートを登り縦走路へ出て井原山山頂。
 下山はオオキツネノカミソリを鑑賞しながら水無谷ルートを一旦水無鍾乳洞第1洞まで下る。
 帰りは少し戻りアンノ滝へ寄って井原山自然歩道を通りキトク橋に戻る。
 洗谷コースの登りは蒸し暑くシャツはびしょびしょ、アブに付きまとわれながらの登りとなりました。
 お目当てのキツネノカミソリはまだまだ蕾があり、八分咲きぐらいでしょうか?
 しかし全てが同時に咲くことは無いでしょうから今も満開、今週いっぱい満開が続くのでしょうか?。
 花を充分堪能したあとは、10℃の冷気が出る水無鍾乳洞第1洞の前で涼む。
 濡れたシャツが一気に冷やされ、気持ちが良かったり、寒かったりで長居は出来ません。
 ここは水無登山口でもあり、登山者の車が沢山留まっています。
 残念ながら私の車はキトク橋登山口、再度気を引き締めアンノ滝経由でスタート地点へ戻る。
f0212511_10201249.jpg  07:00 きとく橋登山口(23℃)
  07:17 雷山中腹自然歩道入口
  08:23 水場
  08:41 縦走路出合
  09:00 アンノ滝分岐
  09:04 井原山(23℃)~09:25
  09:31 鍾乳洞分岐
  09:50 急坂終わり
  10:23 鍾乳洞・アン分岐
  10:37 鍾乳洞(10℃)~10:47
  11:00 鍾乳洞・アン分岐
  11:26 アンノ滝
  11:38 林道横断
  11:53 きとく橋登山口(28℃)       オオキツネノカミソリの群生 ↑
f0212511_10194138.jpg
     見るからに涼しい洗谷ルートの滝
f0212511_10203261.jpg
     見るからに涼しい洗谷ルートの滝
f0212511_10195756.jpg
     縦走路はまだ雲の中
f0212511_10205151.jpg
     登山道両サイドに咲くオオキツネノカミソリ
f0212511_10201537.jpg
     オオキツネノカミソリ
f0212511_1059520.jpg

[PR]
キツネノカミソリ鑑賞登山
 2012年8月4日(土) 晴れ 登山者 単独  万歩計 22,582歩
 山行時間06:55~11:58 (登山時間5:03 歩行時間4:44) 沿面距離13.6Km
 累積標高(+)1267m 【車駐車位置】きとく橋登山口 マップコード:224255876

 梅雨が明け雨の心配が無くなったと思うと今度は連日35℃を越える猛暑、山選びに苦労します。
 キツネノカミソリ開花は糸島市のHP情報や各人山行ブログによると今週が見ごろのようです。
 本日周回コース、雷山~井原山を縦走し最後にキツネノカミソリ鑑賞して午前中に下山する予定。
 きとく橋から雷山を経てピーク944m過ぎまで誰一人合いません。ちょっと寂しいです。
 その後、井原山まで6人しかすれ違いませんでした。暑い日は雷山方面は歩かないんですかね~。
 縦走路は笹が肩まで伸び足元が見えず歩きにくいところが有ります。
 しかし、心地よい風が吹いており楽しく歩けました。

 井原山の山頂は賑わっています。眺望は少し霞んでますが福岡タワーやドーム球場は見えてます。
 小休止して本日のメインであるキツネノカミソリ鑑賞へと向かう。
 急坂を下ってると、S・TAROUさんご一行とバッタリ、かずさんも元気に登ってこられてました。
 一人山歩きが多いからか、知人と山で遭遇すると、嬉しいですね。ちょっと立ち話しをして先へ。
 群生地に着きました。満開を少し過ぎているようですが奥の方まで沢山咲いてます。
 毎年この時期は人が多いが、今日は何故かまばらで鑑賞者が少なく感じます。
 アンの滝経由できとく橋に着いたのが12時ちょい前、暑くなる前に下山完了。
  0:00 きとく橋登山口(24℃)f0212511_0433394.jpg
  0:16 雷山中腹自然歩道
  0:37 林道出合
  0:47 清賀の滝入口
  0:58 清賀の滝(23℃)
  1:26 雷神社上宮
  1:46 雷山(26℃)~1:55
  2:15 944mピーク
  2:37 洗い谷分岐
  2:55 井原山(25℃)~3:05
  3:10 水無鍾乳洞・三瀬峠分岐
  3:28 急坂終わり(日本庭園)
  4:05 鍾乳洞・アン分岐
  4:33 アンの滝f0212511_0443213.jpg 
  4:45 林道横断
  5:03 きとく橋登山口(30℃)
f0212511_0453664.jpgf0212511_0455433.jpgf0212511_046611.jpg
f0212511_0462887.jpgf0212511_0464015.jpgf0212511_0465492.jpg
f0212511_0474944.jpgf0212511_048619.jpg
[PR]
 福岡県最高峰の釈迦ヶ岳へ
 2011年7月31日(日)晴れ 登山者 2名  万歩計 12,300歩
 山行時間08:55~13:39 (登山時間4:44 歩行時間4:02) 距離8.2Km
 
 福岡県最高峰である釈迦ヶ岳に登り、下山はシオジ原生林に咲くオオキツネノカミソリを堪能する。
 日田市から県道673号線を通り出野地区まで走るが、その後三差路から先工事中のため通行禁止。
 迷ったあげく少し引き返し、一時間近く遅れ登山口に到着。(御前嶽神社には寄れず)
 最近拓かれた奥日田グリーンライン23㎞ポストにある釈迦ヶ岳登山から田代コースを登る。
 踏み跡は尾根に出るまでアザミ等の夏草に覆われていて分かりづらいが、尾根筋は歩きやすい。
 尾根筋別れから、谷底の登りとなりまたもや夏草に覆われ赤いテープを頼りに縦走路までどうにか登る。
 釈迦ヶ岳の釈迦像にお参りして隣の普賢岳に立ち寄りおにぎりを食べる。
 その後、一時間かけ縦走路を歩き御前岳に到着。木陰の少ない山頂は先客で沢山、すぐ湧水方面へ下る。
 キツネノカミソリがシオジ原生林一帯に咲き誇り、先週の水無鍾乳洞とは比べ物にならなく素晴らしい。
 シオジ原生林の緑と鮮やかなキツネノカミソリのキツネ色が最高に美しい。
 現在8部咲きぐらいで来週まで楽しめそうである。  (シオジとは日本特産の水辺落葉広葉樹)
 今日は登山口への道に迷ったが、期待以上の山登りと花に出合え充実した一日でした。

  0:00 釈迦ヶ岳登山口(22℃)f0212511_21573533.jpg
  0:25 尾根出合
  0:56 尾根別れ
  1:30 縦走路出合
  1:38 釈迦ヶ岳(25℃)~1:46
  1:54 普賢岳~2:19
  2:26 釈迦ヶ岳
  3:16 御前岳(28℃)~3:25
  4:05 自然研究路
  4:17 湧水源
  4:35林道出合(奥日田グリーンライン)
  4:44 釈迦ヶ岳登山口(28℃)
  
  夏草に覆われ不明瞭な登山道 ↓

f0212511_2158252.jpgf0212511_21581160.jpg
f0212511_21583370.jpgf0212511_21584263.jpg
f0212511_23513665.jpgf0212511_23515231.jpg
         今にも咲きそうなホトトギス
[PR]
 オオキツネノカミソリ鑑賞登山
 2011年7月24日(日)晴れ 登山者 4名  万歩計 18,700歩
 山行時間07:36~13:45 (登山時間6:09 歩行時間5:17) 距離10.0Km

 先週に引き続き風来坊さんとうすきさん、それに肉まんさん不参加でS・TAROUさんの四人で歩く。
 みなさん15分前にきとく橋集合。挨拶をして出発。
 洗い谷コースは近年の集中豪雨影響か風倒木が多い、しかし、谷沢歩きで山行を充分楽しめた。
 急坂を登りきったところが縦走路出合。風来坊さんを筆頭に汗だくになりながら2時間登る。
 小休止してから井原山へ。山頂は沢山の人でごった返ししており、木陰が無いない炎天下で休憩中。
 差し入れゼリーとおにぎりを食べキツネノカミソリ群生地に向かう。
 群生地に近づくにつれポツリポツリ咲いており、水無し鍾乳洞辺りは満開状態です。
 群生地は一週間程度早かったようで、キツネノカミソリが一面に咲く光景は残念ながら見れず。
 立入禁止柵のある水無鍾乳洞入口で天然クーラーに体を冷やし、再び登りアンの滝へ。
 アンの滝手前では数人がロープを使って沢登り訓練中。涼しそうだけど大変そう(*_*)。
 アンの滝は涼しくマイナスイオンがたくさん降り注いでいる。滝直下で頭から全身に受ける。
 今日は暑かったけど、キツネノカミソリ以外にいろんな花にも出会え充実した気持ち良い山歩きでした。

  0:00 きとく橋登山口(21℃)f0212511_232247.jpg
  0:19 雷山中腹自然歩道入口
  1:18 垂直ロープ2本
  1:36 二段の滝
  2:01 縦走路出合~2:11
  2:31 ダルメキ谷分岐
  2:36 井原山(29℃)~3:04
  3:13 水無鍾乳洞分岐
  3:32 急坂終わり
  4:04 鍾乳洞・アン分岐
  4:21 水無鍾乳洞(16℃)~4:29
  4:47 鍾乳洞・アン分岐
  5:09 瑞梅寺川源流
  5:29 アンの滝~5:35
  5:50 林道横断
  6:09 きとく橋登山口(26℃)
    まだまだ蕾も沢山 群生地は来週が見ごろ ↗
f0212511_2321577.jpgf0212511_2322259.jpg
       二段の滝(一年前)                     洗い谷コースの直登りf0212511_2323599.jpgf0212511_2324530.jpg
f0212511_233064.jpgf0212511_233133.jpg
        黄色の釣り船草と・・・・・・・・・・・f0212511_23491962.jpgf0212511_23492972.jpg
    マイナスイオン100%の自然クーラー『アンの滝』
[PR]
 先週に引き続き井原山へ
 2010年8月1日(日)曇り 登山者 2名  万歩計 16,034歩
 登山時間08:37~12:52 (全所要時間4:15 歩行時間3:37) 距離約9.2m
 
 井原山の山頂は涼しい風が吹いており疲れも吹っ飛びました。
 すると、凧を揚げている人を発見。HPで知ってた凧さんのようである。ご挨拶がてら声を掛ける。
 井原山から水無鍾乳洞方面へ縦走路を進んでいくと大きなオニユリが雄大に一輪咲いていました。
 今日のキツネノカミソリ満開でした。しかし、いつもの年と比べると全体的に少ないような気がします。

  0:00 きとく橋登山口(29℃)f0212511_1934773.jpg
  0:16 道路横断
  0:33 アンノ滝
  0:58 ベンチ
  1:06 水無尾根分岐
  1:33 縦走路合流
  1:37井原山(24℃)~2:15
  2:22 鍾乳洞分岐
  2:39 急坂終わり
  3:06 鍾乳洞・アン分岐
  3:26 瑞梅寺川源流
  3:40 アンの滝
  3:58 林道横断 
  4:15きとく橋登山口(31℃

f0212511_19342675.jpg
[PR]
 キツネノカミソリ観賞登山
 2010年7月24日(土)天気晴れ 登山者 単独  万歩計 15,162歩
 登山時間07:07~11:35 (全所要時間4:28 歩行時間4:05) 距離9.2Km
 
 梅雨明け後一週間も晴天が続いたのでキツネノカミソリも大分咲いているだろうと思い井原山へ。
 ルートは2007/6/28に山中で迷った洗谷コース(上級者向き)を選択、自分的にはリベンジである。
 今回、沢の分岐点では慎重に道を選んで進んだ。だが、やはり今回も二度ほどコースアウトしてしまう。
 前回の教訓から5~6分程度で引返し修正したので前回みたいに一時間も山中をさ迷う事は無かった。
 やはり、初心者は洗い谷コースは雨の影響等で踏跡が消えるので単独行動は避けたほうがいい。
 ところで、本日の目的であったキツネノカミソリは水無谷ルートに沢山咲いていました。
 満開とまではいかないが6分程度咲いてました、一週間後の月末には満開だと思います。

  0:00きとく橋登山口(23℃)f0212511_19171859.jpg
  0:17 雷山中腹自然歩道
  1:05 垂直ロープ2本有
  1:18 人口水場有
  1:23 二段の滝 
  2:00 縦走路出合
  2:16 アンノ滝分岐
  2:20 井原山(27℃)~2:43
  2:47 鍾乳洞分岐
  3:00 急坂終わり
  3:28 鍾乳洞・アン分岐
  3:46 瑞梅寺川源流
  4:00 アンノ滝
  4:13 林道横断
  4:28きとく橋登山口(29℃)

f0212511_19173839.jpgf0212511_19175618.jpg
 洗谷ルートにある「二段の滝」 石が載ってます        水量が多く豪快に流れている「アンノ滝」
f0212511_1918797.jpgf0212511_1918208.jpg
[PR]