タグ:山歩き(20㎞以上) ( 21 ) タグの人気記事

【月日・時間】2017年6月9日(金) 晴れ 山行時間26:04(休憩除く25:07) 単独
【距離・歩数】沿面距離76.7㎞(車?.?㎞含む) 累積標高(+)6,169m 歩数111,276歩
【車駐車位置】出発 JR原田駅 マップコード:55095630*06
       到着 JR福吉駅 マップコード:182594745*03

脊振山系縦走の予行練習を先週行ったが、予定の半分も行けづ途中で断念した。
本番としていた今週の週末は雨予報により諦めていが天気が回復してきた。
痛めた膝も回復したようで急きょ金曜日の午後から休暇を取りチャレンジする。

今回は先週の反省を踏まえトレイルランは一切行わないで歩くのみとする。
仮眠を取らず一気に歩き、縦走路の山は全て山頂を踏む。
(羽金山の山頂は立入時間(9:30~16:30)内に通過する。)
縦走時間を28時間と設定しスタート地点のJR原田駅を16時に出発。
ゴールとなるJR福吉駅には20時ごろ到着予定、その後は電車で帰る。

予定通り原田駅を16時に縦走開始、出発。
脊振縦走路を一人で一晩中歩くと思うとドキドキ、ワクワクします。
基山からの舗装道路はマイペースで歩きます。
九千部山辺りで暗くなりますがストロベリームーンで真っ暗にはなりません。
脊振山の山頂で休憩、おにぎりを食べますが風が冷たいです。
満月の月の明かりに山々が照らされぼんやり見えます。
膝の調子も順調、先週断念した金山も無事に通過します。
中間地点の三瀬峠、5:08の日の出により明るくなってきました。
井原山、雷山と進み、羽金山の急登で体力が一段と消耗します。
羽金山送信所の方のご厚意により水を頂き、すごく助かりました。
ありがとうございました。
この後、女岳、浮嶽、十坊山とアップダウンを繰り返します。
登りになると何度も立ち止まりステッキに寄り添い休憩します。
疲れに加え睡魔も襲ってきます、しかし先へ進まないとゴールできません。
十坊山に到着した時は達成感と充実感、感動で大声で叫んでしまいました。
十坊山からはあっと言う間に下り、駅までの最後の車道を歩きゴールとなる。
疲れました~、山頂を18座踏、峠を13ヶ所越えてきました。
予定より2時間早くゴール、18:37の電車で無事帰宅することができました。

脊振山系全山縦走、初めてチャレンジして完走することができました。
先週、膝を痛めたときは、暫らくは無理だと思っていたのに嬉しいです。
26時間は長かったけど、終わってみると短かったような気もします。

 16:00 JR原田駅(28℃)
 16:55 基 山 405m(22℃)
 18:36 権現山 626m
 19:37 九千部山 848m(15℃)・・・太陽が19:28に沈みうす暗くなる
 20:20 石谷山 754m・・・・・・満月の明かりが良いですね
 21:09 七曲峠
 21:30 坂本峠・・・国道385号線横断、峠に住みつく野犬が吠えています
 22:48 蛤 岳 863m
 00:20 脊振山 1,055m(10℃)~00:45・・・山頂は風で寒いが夜景が綺麗
 01:55 椎原峠
 02:17 鬼ヶ鼻岩 840m・・・・・ここからの夜景も綺麗です
 02:41 猟師岩山 893m・・・・・岩場の下りも膝の調子は順調
 02:53 小爪峠
 03:53 金 山 967m(10℃)・・・先週断念地点、これから先は未知の世界
 04:42 城の山 846m
 04:55 三瀬山 790m
 05:13 三瀬峠・・・国道263号線(縦走の中間地点?)
 06:46 井原山 983m(14℃)~07:00
 08:03 雷 山 955m(17℃)
 08:58 長野峠・・・・このあとの羽金山登りは急登で足が重たい
 10:38 羽金山 900m(22℃)~10:45・・・インターホンで入場
 11:07 河童山 874m
 12:43 荒川峠・・・・このあとの女岳も急登が続き息が上がります
 13:45 女 岳 748m(22℃)~13:55
 14:11 荒谷峠・・・・足腰が疲れてきました
 15:08 浮 嶽 805m(23℃)
 16:09 白木峠・・・ゴルフ場入口横、最後の登りです
 16:40 十坊山 535m(21℃)~16:50・・・ついに十坊山に到着
 17:23 十坊山取付点・・・・・あとは林道、車道を歩きます
 18:04 JR福吉駅(24℃)・・・予定より2時間前に到着。(^v^)
f0212511_23155567.jpg
脊振山系の全縦走へJR原田駅を16:00に出発 長い旅の始まり 
f0212511_23161459.jpg
全縦走の軌跡(詳細はYAMAP
f0212511_22123029.jpg
16:55 足慣らしで基山の山頂まで来ました
f0212511_22125067.jpg
18:36 権現山に立ち寄ります
f0212511_22125839.jpg
19:37 夕日が沈んだ九千部山
f0212511_22130552.jpg
夕陽で西の空は赤く染まっています(日の入り時刻19:28)
f0212511_22131730.jpg
東の空には満月が出ています(月の出時刻19:05)
f0212511_22132815.jpg
20:20 石谷山へ立ち寄ります
f0212511_22133944.jpg
22:48 蛤岳を通過します
f0212511_22134808.jpg
24:20 8時間以上歩いて脊振の山頂に到着
f0212511_22135665.jpg
福岡市方面の夜景が綺麗です
f0212511_22140534.jpg
1:55 深夜の椎原峠
f0212511_22141463.jpg
2:17 鬼ヶ鼻岩から見る福岡西区方面の夜景
f0212511_22143003.jpg
3:53 先週リタイヤした金山、深夜ですが問題なく通過します
f0212511_22144516.jpg
5:13 三瀬峠では明るくなりヘッドライトを取り外す(日の出時刻5:08)
f0212511_22145793.jpg
6:46 井原山に到着、朝日による長い影が見えます
f0212511_22165596.jpg
雲海が広がっています
f0212511_22170554.jpg
8:14 雷山の避難小屋辺りの草原に野イチゴが沢山実をつけています
f0212511_22171806.jpg
10:38 羽金山送信所の方に立入許可をもらい山頂に立ち寄ります
f0212511_22172758.jpg
心身疲れたところに癒されます
f0212511_22173943.jpg
15:08 女岳のアップダウンを過ぎ浮嶽到着、残すは十坊山一つです
f0212511_22175028.jpg
16:40 最後の山頂、十坊山に到着、長い長い修行の終わりです
f0212511_22175975.jpg
下界まで下りJR福吉駅へ、脊振山系全山縦走の完歩となる

[PR]
【山名・標高】基山 405m 九千部山 848m 蛤岳863m 猟師岩山 893 金山 967m(福岡県)
【月日・時間】2017年6月3日(土) 晴れ 山行時間11:51(休憩除く10:57) 単独
【距離・歩数】沿面距離41.0㎞(車8.3㎞含む) 累積標高(+)3,082m 歩数61,000歩
【車駐車位置】出発 JR原田駅 マップコード:55095630*06
        到着 湧水千石の郷マップコード:224234424*12

脊振山系の全縦走トレイルランを一回やってみたいと思い、所要時間や決行時期を色々と考えた。
24時間以上かかるので昼が長い日と満月の日を考え6月10日を決行日とする。

全縦走は未知の世界、予行練習として今日は半分の原田~雷山を試走してみる、が・・。
原田駅を3時に出発、ヘッドライトを点灯し、車道は小走りで進み基山に到着。
基山からの車道も小走り、下り道や平地の登山道は小走りをちょこちょこ入れます。
脊振山駐車場に到着、嬉しい自動販売機でジュースを購入、身体が生き返ります。
山岳部にある自動販売機、一般的な価格に嬉しく500mm三本を購入する。
右膝にちょっと違和感を感じながら、東屋で軽く食事を取って出発。
猟師岩山辺りで膝の痛みが激しくなり、下り道を歩くのが厳しくなる。
痛みに耐えきれず小爪峠で小休止、その後頑張って金山(37㎞地点)まで進む。
しかし縦走も金山で限界となり断念、悔しいけど山頂からエスケープする。
右膝に負担を掛けないよう一歩一歩ゆっくり下り、千石の郷に辿り着き終了。

目的の雷山(47㎞地点)まで行けず金山でリタイヤ、残念です。
膝に持病を持ちながら小走りをしたことが膝を痛めた原因となったと思われます。
ウォーキングは100㎞でも歩けるのに、走るのは膝への負担が大き過ぎたようです。
6月10日の計画日は雨模様により延期、ペース配分も見直して出なおします。

 03:00 JR原田駅(16℃)
 03:48 基 山・・・真っ暗な山頂
 04:34 柿の原峠・・荒れた九州自然歩道を過ぎ峠へ出ました
 05:09 大 峠・・・少し明るくなってきました
 05:55 九千部山(14℃)・・タイム的に順調です
 07:03 七曲峠・・・ここからの短い登り、きついです
 07:21 坂本峠・・・今日も体格のいい落ち着いた犬がいます
 08:33 蛤 岳・・・蛤岳を過ぎ、下ってきた水場で水分補給
 09:42 脊振山(19℃)~09:55・・・膝に違和感、軽く食事を取る
 10:43 椎原峠・・・・・下り道は左膝が痛くゆっくり歩く
 11:21 猟師岩山・・・・岩場の起伏が激しく膝に負担が掛かる
 11:30 小爪峠~11:41・・・小休止、エスケープがよぎる
 12:36 金 山(20℃)~13:06・・・雷山は諦め下山する
 14:51 湧水千石の郷(24℃)・・・・無事に下山することができました
f0212511_23020797.jpg
AM3時のJR原田駅
f0212511_23021764.jpg
クリックで拡大します
f0212511_23022504.jpg
基山の展望台
f0212511_23023397.jpg
九千部山は朝日に照らされています
f0212511_23024114.jpg
久留米市方面
f0212511_23024759.jpg
九千部山からの朝焼け
f0212511_23025492.jpg
九千部山を過ぎたところの案内
f0212511_23030232.jpg
平地の九州自然歩道、ちょっと小走りで進みます
f0212511_23031105.jpg
f0212511_23032105.jpg
坂本峠
f0212511_23032899.jpg
蛤岳への道
f0212511_23033645.jpg
脊振山周りの木道
f0212511_23034472.jpg
脊振山系を縦走する人達にとって、最高の恵みの自動販売機である
f0212511_23035296.jpg
f0212511_23035870.jpg
段々と足の調子が悪くなってきました
f0212511_23040908.jpg
f0212511_23041633.jpg
f0212511_23042438.jpg
今回はここまで下山となります
f0212511_23043319.jpg
千石の郷への下り道、痛い膝で踏ん張りますが落葉で滑ります
f0212511_23044008.jpg
怪我が無く、また無事に一人で下山できたことに感謝します


[PR]
【山名・標高】 大間山225m 大塔山252m 三池山388.1m 長助金比羅488m (福岡県)
        観音岳473m  筒ヶ岳501.4m 丸山391.9m(熊本県)
【月日・時間】 2016年12月17日(土) 晴れ 山行時間6:51(休憩除く6:13) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離20.7㎞(車道6.4㎞含む) 累積標高(+)1,567m 歩数34,314歩
【車駐車位置】 三池公園駐車場 マップコード:69463443*43

先週の小岱山縦走、何となく心残りがあり今週も行ってきました。
今回は前回の逆方向である小岱山から三池山へ歩きます。(迷いにくいルート)
JR玉名駅をスタートし小岱山、三池山へ進み、折角なので新たに大間山まで足を延ばし三池公園をゴールとする。
長助金比羅からの急降下道はちょっと不明瞭ですがテープを頼りに下る
平山登山口からはみかん畑の作業道を道なりに下り庄山交差点に出る
先週確認していた教楽来バス停から右に入り込み問題なく山口登山口に辿り着く
ここまで来れば直線的な縦走コースを外れることなく最後まで歩けそうです
登山道を登り前回歩いた道へ合流、ここで前回の心残りだったルートが完成
その後は気持ち良くのんびりと三池山へ登り、大間山を経て三池公園ゴール
前回に比べ三池公園まで縦走路を延ばしたものの直線的ルートによって沿面距離が2.2㎞減った。しかし、山行時間は車道歩きが4.7㎞減ったものの登山道歩きが増えたことで30分程長くなった。

 三池公園に車をデポ6時55分出発、900m歩き三池中町バス停へ
    西鉄バス:三池中町バス停7:10発~大牟田駅バス停7:25着(250円)
    JR電車:大牟田駅7:41発~玉名駅8:3着(460円)

  08:05 JR玉名駅(6℃)・・・玉名高校の学生に交じりながら歩きます
  08:36 蛇ヶ谷公園入口・・・玉名駅から2.6㎞歩くと公園入口
  08:46 蛇ヶ谷公園展望台・・・地元の方々が早朝ラジオ体操
  09:21 笹千里駐車場
  09:45 丸山・・・今日は雲仙岳が少し見えています
  10:10 観音岳(7℃)・・・休憩なしで先を急ぎます
  10:19 荒尾展望台
  10:36 筒ヶ岳(小岱山)
  10:48 長助金比羅(6℃)~11:00・・・これから庄山交差点までは初道
  11:20 三差路合流・・・長助金比羅からの下りは急坂で岩場、慎重に下る
  11:26 平山登山口・・・登山口はみかん畑の作業道、舗装道路へ出ます
  12:00 庄山交差点・・・くねくね作業道を2.3㎞歩き庄山交差点へ
  12:22 山口登山口・・・庄山交差点を渡り教楽来バス停から右折、車道を1.3㎞歩き山口登山口へ
  12:41 尾根道合流・・・前回見落とした分岐に辿り着く
  13:04 三池山展望広場~13:30・・・5時間ほど歩き、ここで昼食
  13:33 三池山(11℃)
  13:43 三池宮・・・石段を下っていきます
  13:57 荒平峠
  14:05 大塔山・・・荒平山と標識が有りました?
  14:26 八角目峠
  14:39 大間山(11℃)・・・午後からの霞みで大牟田市内はぼんやりです
  14:56 三池公園・・・道を間違うことなく縦走することができました
f0212511_22580293.jpg
スタート地点のJR玉名駅前
f0212511_22581963.jpg
クリックで拡大(全ルート:JR玉名駅~三池公園)
f0212511_21382316.jpg
蛇ヶ谷公園の入口、九州自然歩道の縦走路へ
f0212511_21383627.jpg
蛇ヶ谷公園の展望台で数人の方がラジオ体操されています
f0212511_21385401.jpg
観音岳へ向け九州自然歩道を歩きます
f0212511_21390118.jpg
f0212511_21391067.jpg
f0212511_21392029.jpg
丸山から有明海の先に島原市の海岸線を望む
f0212511_21392944.jpg
丸山から南方面の菊池川流域を望む
f0212511_21393674.jpg
f0212511_21394230.jpg
観音岳の広場に咲く椿
f0212511_21394892.jpg
荒尾展望台から長洲港の先に島原半島をかすかに望む
f0212511_21395698.jpg
筒ヶ岳(小岱山)からみ斜面に広がるみかん畑が見えます
f0212511_21400344.jpg
熊本県荒尾市にある三井グリーンランド、今年で開園50周年、頑張れ遊園地!
16日にスペースワールド(福岡県北九州市)が1990年開業以来、27年間の営業を経て2017年12月末をもって閉園となる報道を聞いた
f0212511_21443877.jpg
クリックで拡大(ルート:JR玉名駅~長助金比羅)
f0212511_21445239.jpg
長助金比羅からは急坂でちょっと危険、下る途中から見た風景
f0212511_21450085.jpg
危険な急坂を終え平地へ下ってきました
f0212511_21451262.jpg
みかん畑へ出てきました、ここが平山登山口
f0212511_21452523.jpg
みかん畑から左上に三池山の山頂鉄塔が見えています
f0212511_21454095.jpg
みかん畑の作業道を下り、先週入口が分らなかった庄山交差点に出てきました
f0212511_21454938.jpg
クリックで拡大(ルート:長助金比羅~三池公園)
f0212511_21460603.jpg
教楽来バス停、ここから路地へはいっていきます
f0212511_21461511.jpg
教楽来バス停から路地を1.3㎞歩いたところにある取付き点
f0212511_21471761.jpg
f0212511_21472780.jpg
f0212511_21473696.jpg
登りきると三池山の広場、青空が綺麗だったので撮ってみました
f0212511_21474205.jpg
三池山から歩いてきた小岱山を振返る
f0212511_21474911.jpg
大塔山から竹林を過ぎると間もなく八角目峠、ゴールの三池公園近し
f0212511_21475765.jpg
大間山のお地蔵さん?
f0212511_21482520.jpg
ゴールの三池公園駐車場



[PR]
【山名・標高】 三池山388.1m 長助金比羅488m (福岡県)
       観音岳473m 筒ヶ岳501.4m 丸山391.9m(熊本県)
【月日・時間】 2016年12月10日(土) 晴れ 山行時間6:25(休憩除く5:41) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離22.5㎞(車道11.1㎞含む) 累積標高(+)1,275m 歩数31,938歩
【車駐車位置】 普光寺バス停近く マップコード:69404873*47

今日は三池山からJR玉名駅まで縦走してきました
事前調査が不足だったため遠回りすると同時に11㎞も車道を歩く羽目になる
しかし、縦走路は気持ちよく自然林や山を満喫することができました
次回は車道の少ないルートを計画し歩く予定です

  08:30 普光寺バス停(4℃)・・・近くの空地に駐車、普光寺バス停から出発
  08:43 三池山登山口・・・今回は三池宮ルートは通らず直登
  09:04 三池山・・・これから先は初め歩きます
  09:24 鉄 塔
  09:45 巨福山金泉寺・・・途中分岐が分らず遠回りしたことに気づく
  09:52 檪野バス停~09:58・・・小岱山へのルートを調べる
  10:20 教楽来バス停・・・本来はここへ下ってくるはずだったが…
  10:45 東部小岱山林道入口・・・庄山信号機辺りの道分からずここまで来る
  11:24 四ッ原登山口・・・檪野バス停からここまで車道を7㎞近く歩く
  11:31 取付き地点・・・林道柿原線終点が取付き点
  11:54 長助金比羅~12:05・・・素晴らしい眺めです
  12:15 筒ヶ岳・・・先ほどの眺めがよかったようです
  12:30 荒尾展望台・・・少し霞んでおり雲仙は見えません
  12:38 観音岳~13:05・・・広い山頂広場で昼食をとります
  13:30 丸山(14℃)・・・熊本の一ノ岳・二ノ岳がよく見えます
  13:49 笹千里~13:58・・・慌てて車道を下ってしまい引き返す
  14:21 蛇ヶ谷公園展望台・・・玉名温泉の町が一望できる
  14:26 蛇ヶ谷公園入口・・・14:59の電車に乗車するため急ぐ
  14:55 JR玉名駅・・・無事電車に乗車、大牟田駅へ
      JR電車:玉名駅14:59発~大牟田駅15:19着
      西鉄バス:大牟田駅前バス停15:36発~普光寺バス停15:55着
f0212511_22473207.jpg
普光寺入口の石段と紅葉
f0212511_22474631.jpg
クリックで拡大(全ルート:普光寺バス停~JR玉名駅)
f0212511_11283996.jpg
先ずは三池山
f0212511_11284822.jpg
縦走路の紅葉が眩しい
f0212511_11285566.jpg
三池山の展望広場、今から歩く小岱山を眺める
f0212511_11290224.jpg
大牟田市内方面の風景
f0212511_11290822.jpg
展望広場をあとに「電友会」の案内に従い進む
f0212511_11291627.jpg
案内板にある檪野方面を目印に下っていく
f0212511_11292586.jpg
巨福山金泉寺に下ってきました、ここから長~い車道歩きになってしまう
f0212511_11293258.jpg
事前調査が不十分だったため三池山から檪野バス停に下ってしまった。
とりあえずバス停をチェックしながら教楽来バス停へ向かいます
f0212511_11300542.jpg
クリックで拡大(ルート:普光寺バス停~観音岳)
帰宅後、縦走路を調査すると黒色ルートが判明
次回は黒色の山口分岐から教楽来バス停、庄山交差点から長助金比羅を歩きたい
f0212511_11301561.jpg
山から下ってくるはずだった教楽来バス停、檪野バス停から車道1.8㎞歩いて到着
f0212511_11302561.jpg
庄山交差点から平山登山口へ向かう入口が分らず県道5号線を東へ1.7㎞
小岱焼の案内があるところから東部小岱山林道へ曲がり再び車道を3.2㎞歩く
f0212511_11303366.jpg
筒ヶ岳の案内があり一安心、ここから林道柿原線終点の四ツ原登山口へ0.3㎞
f0212511_11304294.jpg
長かった車道歩きから解放され登山道へ
整備された九州自然歩道の木製階段を登っていきます
f0212511_11305356.jpg
小岱山の縦走路へ上がってきました
f0212511_11310338.jpg
長助金比羅からの眺望、晴れていますが霞んでいる
f0212511_11311379.jpg
f0212511_11312321.jpg
歩いてきた三池山が一望できます
f0212511_11313157.jpg
三井グリーンランドと有明海沿岸も見えます
f0212511_11314245.jpg
眺望をズームしてみました
f0212511_11315215.jpg
筒ヶ岳の山頂は通過し観音岳へ
f0212511_11320053.jpg
七峰台からの見晴
f0212511_11321605.jpg
クリックで拡大(ルート:筒ヶ岳~JR玉名駅)
九州自然歩道、筒ヶ岳から観音岳を経由し丸山、笹千里、蛇ヶ谷公園へ
蛇ヶ谷公園からはJR玉名駅まで2.6㎞の車道を歩き縦走終了
f0212511_11322630.jpg
観音岳の山頂、沢山の登山者がごった返ししていました。ゆっくり昼食。
f0212511_11323530.jpg
昼食後、再び縦走路を歩いて行きます
f0212511_11324481.jpg
f0212511_11333706.jpg
丸山展望台からの眺望、中央には玉名市内から有明海に流れる一級河川の菊池川
f0212511_11334772.jpg
間もなく笹千里へ
f0212511_11335904.jpg
草千里を過ぎ、標高を下げながら蛇ヶ谷公園へ
f0212511_11341008.jpg
蛇ヶ谷公園の展望台から見る玉名市内、遠くに一ノ岳と二ノ岳が見えます
f0212511_11342371.jpg
蛇ヶ谷公園の紅葉
ゆっくりしたかったが14:59の電車に乗るため2.6㎞の車道を急いで歩く
f0212511_11343377.jpg
JR玉名駅に14:55到着、無事電車に乗車することができました
駅前に釣鐘が?…蓮華院誕生寺の奥之院には世界一の釣鐘があるようです

[PR]
  【山名・標高】 鷹取山 802m 発心山 698m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年9月22日(木) 雨 山行時間4:28(休憩除く4:14) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離22.8㎞(車道17.6㎞含む) 累積標高(+)996m 歩数29,197歩
  【車駐車位置】 平原公園 マップコード:166521870*60

先週は三日連休だったが野暮用があり山歩きができなかった。
今日は午後から雨の予報、近場でバイクで行ける耳納連山の鷹取山・発心山へ。
ルートは平原公園から鷹取山へ登り、その後発心山へと耳納幹線道路を歩く、
発心山から発心公園へ下り県道151号線を歩いて平原公園に帰り着くロング周回コース。
車道が多いため登山靴は履かずジョギングシューズで出発します。
鷹取山から見る田園風景は素晴らしく、反対側(南)の山並も素晴らしい眺望です。
発心山へ向かう途中、予報に反して午前中から雨が降り出します。
小雨に濡れながら発心山に到着。休憩するが雲で展望は無く下山します。
濡れた雑草の水滴がジョギングシューズに入り、靴の中はびしょ濡れ、足が滑ります。
足と靴が滑るのに加え、濡れた岩場は一段と扱けそう、どうにか無事発心公園に到着します。
その後ひたすら県道151号線を平原公園に向け歩くが体力消耗、膝も痛くなってきました。
最後の平原公園への登り道は力を振り絞って進み、ゴール地点に辿り着きました。
今日の歩きは行橋~別府100㎞ウォークの訓練になったかな~。ちょっと膝が痛い。

  09:00 平原自然公園(21℃)
f0212511_22200683.jpg  09:35 えぐ水分岐
  09:40 車道横断
  09:57 鷹取山(18℃)~10:00
  10:25 ハンググライダー発信基地
  10:29 かんかけ峠
  11:09 発心山(18℃)~11:20
  11:30 七合目
  12:00 発心公園
  12:05 草野上町
  12:45 麦 生
  13:07 川原橋
  13:28 平原自然公園(20℃)

f0212511_22204384.jpg
クリックで拡大
f0212511_22210906.jpg
f0212511_22212586.jpg
遊歩道コースを登ってきました、道路までもう少しです
f0212511_22213839.jpg
道路を横断して鷹取山へ
f0212511_22215502.jpg
鷹取山の山頂、1時間弱で到着
f0212511_22221534.jpg
うきは市の田園風景
f0212511_22223215.jpg
うきは市の田園風景、中央に雄大な筑後川が流れています
f0212511_22225327.jpg
こちらは朝倉市方面
f0212511_22231065.jpg
南方面の山々
f0212511_22232779.jpg
鷹取山から発心山まで耳納幹線道路を約8.3㎞歩きます(ちょっと小走り有り)
f0212511_22234495.jpg
かんかけ峠の少し手前にはハンググライダー発信基地があります
f0212511_22240270.jpg
小雨の中、鷹取山から1時間9分で発心山に到着。
f0212511_22241886.jpg
発心山から発心山公園までリュックにカメラを入れ一気に下ります。
この後は、小走りする元気もなく車道を約9.3㎞歩き平原自然公園に帰り着く。
カメラはリュックに入れたままだったので写真はありません。


[PR]
  【山名・標高】 基山 405m 権現山 626m 九千部山 848m (福岡県・佐賀県)
  【月日・時間】 2016年5月14日(土) 晴れ 山行時間8:38(休憩除く7:45) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離29.5㎞(車道13.6㎞含む) 累積標高(+)1820m 歩数43,878歩
  【車駐車位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*6

今日は大崩三群へ行こうと思っていましたが、我が家からの車による長距離移動に弱気がさし断念。
色々考えた末、脊振山系の九州自然歩道を攻めてみたくなり今回は基山~九千部山を歩くことに。
JR原田駅からスタートして九千部山経由、脊振山と思いましたが、帰りの足が無く九千部山までの往復。
車道歩きが半分近く有り歩行時間は短縮できるが、登山靴では車道歩きは辛いものがあります。
脊振山系の九州自然歩道の踏破、道のりは長いですがボチボチ歩いているうちに終わるでしょう。

  09:00 JR原田駅(22℃)
  09:27 取付点
  09:41 東北門跡f0212511_1449361.jpg
  10:04 基山~10:10
  10:39 基山町ウォーキングルート⑨
  11:02 民家分岐(石畳登山道)
  11:23 柿の原
  11:30 天心園
  12:08 権現山
  12:17 大 峠
  12:33 河内ダム分岐
  13:13 九千部山(20℃)~14:00
  14:34 河内ダム分岐
  14:48 大 峠
  14:55 権現山分岐
  15:21 天心園
  15:27 柿の原
  15:44 民家分岐(石畳登山道)
  16:08 基山町ウォーキングルート⑨
  16:38 基 山
  16:55 東北門跡
  17:09 取付点
  17:38 JR原田駅(22℃)
f0212511_19104620.jpg
クリックで拡大
f0212511_2294799.jpg
基山の登山取付き点まで林道を歩きます
f0212511_2295419.jpg
基肄城跡(きいじょうあと)の東北門跡へ進みます
f0212511_2210184.jpg
基山の展望広場辺りに咲いています
f0212511_2210811.jpg
花が終えた翁草
f0212511_22101566.jpg
青空に舞う翁草
f0212511_22102493.jpg
山頂広場一帯は草刈り中、斜面の草刈りは滑り落ちそうでな感じです
f0212511_22103375.jpg
綺麗ですね~
f0212511_22104274.jpg
草刈り跡の展望台辺り
f0212511_22105179.jpg
今から左奥に見えています九千部山へ向かいます
f0212511_2211239.jpg
基山から古屋敷集落まで4㎞ある車道の九州自然歩道を歩きます
f0212511_2211169.jpg
車道脇にはアザミも沢山咲いています
f0212511_2211241.jpg
f0212511_22113482.jpg
青空と緑が綺麗です
f0212511_22114383.jpg
古屋敷集落から石畳の登山道を進みます
f0212511_2211519.jpg
柿の原峠に出る前の九州自然歩道は倒木により歩きにくいです
f0212511_2212021.jpg
f0212511_22121064.jpg
権現山の山頂、見晴は有りません
f0212511_22121881.jpg
権現山の山頂を踏んだあとは九州自然に戻り石段を下り大峠に出ます
f0212511_22122660.jpg
この辺の登山道は気持ちが良いです
f0212511_22123446.jpg
九千部山に到着、素晴らしい天気です
f0212511_22124114.jpg
アンテナ群の合間に脊振山が見えています、ここから十数キロあるようです
f0212511_22125123.jpg
九千部山から観るこの景色、いつ観ても素晴らしい
f0212511_22125949.jpg
遠く筑後平野は黄金色に染まっています
f0212511_2213746.jpg
中央左から右へ筑後川が流れ、川を横切り右上方面へ九州新幹線が走っています
f0212511_22131639.jpg
JR原田駅から基山を経て歩いてきた山々を眺め、よく歩いてきたもんだと思い再び帰路となります
f0212511_22132679.jpg
基山の山頂は草刈りが終わり綺麗になっていました
[PR]
  【山名・標高】 城山369m 金山317m 孔大寺山499m 湯川山471m (福岡県)[宗像四塚連峰]
  【月日・時間】 2015年7月18日(土) 曇り 山行時間8:05(休憩除く7:35) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離20.0㎞(林道0.2㎞含む) 累積標高(+)2305m 歩数41,510歩
  【車駐車位置】 教育大登山口 マップコード:68521307*1

二週間前、いつかチャレンジしたいと考えていた宗像四塚連峰往復縦走を今回試みました。
往復縦走するには遅い出発でしたが「歩く唐津街道&城山」のIさんと出会え話をすることができました。
 (二週間前に引き続きキキヌガサダケには出会えませんでした)
体調を崩され暫く城山は登られてなかったようですが、最近は回復へ向かっているそうです。
数日前からゆっくりペースで登られウスキキヌガサダケの観察を再会されているようです。

今日は台風11号が過ぎ去った後、天気が良くなる予報でしたが、結局、終日曇り空でした。
金山を過ぎ地蔵峠から孔大寺山への登りは息が切れ、垂水峠への急坂下りは足にきてヘトヘトになります。
垂水峠から折り返し地点となる湯川山まで気合を入れ直し登っていきます。
湯川山に到着、残念ながら低い位置の空は曇ってて眺望は楽しめません。
これから往路を引返しますが、明るいうちに出発地点へ到着するかちょっと心配です。
休憩は長く取れず13時50分に湯川山を出発。
往路で急坂下りとなった孔大寺山から垂水峠までの登山道を登り返すのは体力的に大変です。
孔大寺山からの長い下り、左の膝外面に違和感を感じ、下る度に痛みが走り始めてきました。
登りは痛みを感じないが下りは痛いためゆっくりゆっくりと下っていきます。
金山から地蔵峠への下りと、城山から登山口までの下りは痛みをこらえながらの下山となりました。
後半は左膝を痛めましたが8時間程度でなんとか宗像四塚連峰往復縦走ができました。
今回の縦走、休憩をちょこちょこ取らなかった事が悪かったのかちょっと無理したようです。

  09:40 教育大登山口(20℃)
   ~Ⅰさんと10分立話有り~f0212511_19162896.jpg
  10:05 三郎丸分岐
  10:14 城  山
  10:33 石  峠
  10:46 金  山(南岳)
  10:54 金  山(北岳)
  11:22 地 蔵 峠
  11:52 白山分岐
  11:59 梛野分岐
  12:03 孔大寺山(19℃)
  12:43 垂 見 峠
  12:55 内浦分岐
  13:13 NTT無線局跡
  13:24 九電無線局
  13:30 湯川山(19℃)~13:50
  13:56 九電無線局
  14:05 NTT無線局跡
  14:16 内浦分岐
  14:26 垂 見 峠
  15:20 孔大寺山(19℃)
  15:23 梛野分岐
  15:29 白山分岐
  15:52 地 蔵 峠
  16:30 金  山(北岳)
  16:40 金  山(南岳)
  16:53 石  峠
  17:20 城  山
  17:30 三郎丸分岐
  17:45 教育大登山口(21℃)
f0212511_22565619.jpg
帰り道に見た宗像四塚連峰(左から湯川山、孔大寺山、金山(北岳・南岳)、城山)
f0212511_22571917.jpg
岩峠へ下ります
f0212511_22573135.jpg
足元がぬかるんで扱けないように下ります
f0212511_22573523.jpg
ロープが張ってあり助かります
f0212511_22574621.jpg
台風11号の影響で登山道には葉が沢山落ちています
f0212511_22575039.jpg
まだ青いドングリも落ちています
f0212511_2258090.jpg
f0212511_225848.jpg
縦走路は素晴らしいです
f0212511_22581487.jpg
f0212511_22581877.jpg
湯川山への最後の道です
f0212511_22582765.jpg
湯川山の山頂から辛うじて地島が見えてます
f0212511_22583426.jpg
f0212511_22584484.jpg
湯川山の山頂に咲く花
f0212511_22584848.jpg
夕方になり天気が回復してきました、復路の金山(南岳)から観る景色
f0212511_22585773.jpg
復路の城山から観る風景
f0212511_2259198.jpg
復路の城山から観る風景
[PR]
  【山名・標高】 鶴見岳 1375m 鞍ヶ戸 1344m 内山 1275m 大平山 810m(大分県)
  【月日・時間】 2015年4月12日(日) 曇り後時々小雨 山行時間8:11(休憩除く7:44) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離26.0㎞(河川敷・車道11.3㎞含む) 累積標高(+)2486m 歩数43,240歩
  【車駐車位置】 的ヶ浜公園 マップコード:46405776*11

別府市内の温泉センター駐車場で車中泊したが、微熱が出てよく眠れなかった。
よくよく考えると、金曜日辺りから喉の調子が悪く風邪気味であったことに気づく。
今日のべっぷ鶴見岳一気登山、水分を沢山飲んで気合で参加することに。5時半車移動。
大会会場の的ヶ浜公園近くにある、格安駐車場が満車になる前にと六時に入庫。(12時間最大400円)
八時の受け付けまで公園を散歩してのんびり。時間が経つにつれ、人が集まってきます。
私も準備して会場へ、広い的ヶ浜公園も人に埋め尽くされています。
いだてん天狗の9時スタート後に、のびのびさくらウォークの出発です。私は9時4分出発
会場を出ていきなり陸橋のところで渋滞、先が思いやられます。
境川砂防公園の河川敷を列を連ねて歩きます、所々に桜が咲いていますが満開は既に過ぎています。
ちょこちょこ渋滞で予定より遅れ10時46分にロープウェイ高原駅到着。
トイレ休憩をして出発、これから本格的な山登りとなり足腰に堪えます。
ゴール間近の登りは、これまでの登りと違い急登となり息が切れます。
ゴール横断幕が見え、ついにゴールです。古い建物に入り認定証と記念品、バッチ等を受け取る。
認定証の右肩には000063の番号が印刷されていました。
的ヶ浜から山頂ゴールまで3時間3分、目標の3時間を3分オーバーでした。

下山はロープウェイを使わず、内山・大平山を経て周回しながら的ヶ浜に帰る。
天気が悪くなり由布岳方面の景色も望めませんが鞍ヶ戸、内山へと登山道を進みます。
途中、船底への分岐を間違え新道?を通り内山を目指す、そのうち小雨まで降ってきてました。
船底から内山に登り、石楠花尾根を下るが、やせ尾根の岩場アップダウン歩きは足腰にきます。
山桜やミツバツツジに元気をもらい大平山に辿り着く。
大平山からは草原を下り、車道や境川の河川敷を歩いて夕方的ヶ浜に帰り着きました。

  09:04 的ヶ浜公園(14℃)f0212511_11183878.jpg
  09:15 境川砂防公園入口
  09:45 境川大学橋下(CP1)
  10:00 南立石公園
  10:11 本村天満天神宮(CP2)
  10:46 ロープウェイ高原駅(CP3)~10:50
  11:14 御嶽権現社(CP4)
  11:33 南平台分岐
  12:07 ゴール(山頂・駅分岐)~12:18
  12:23 鶴見岳(7℃)~12:35
  12:46 馬の背
  13:12 鞍ヶ戸
  13:23 道迷い~13:43
  13:51 鶴見登山道に出る
  14:02 船 底
  14:20 内 山f0212511_1119212.jpg
  15:13 左へ尾根下る
  15:30 明礬温泉分岐
  15:36 大平山(扇山)
  16:04 車道出る
  16:12 県道11号線横断(九州横断道路)
  16:34 西別府病院(境川砂防公園入口)
  16:42 境川大学橋下P1
  17:09 境川砂防公園入口
  17:15 的ヶ浜公園(13℃)
f0212511_11194182.jpg
両足で海抜0mをしっかりと踏みます
f0212511_11195368.jpg
のびのびさくらウォークのまえにいだてん天狗タイムレースがスタート
f0212511_11195545.jpg
行列で境川の砂防公園を歩きます
f0212511_1120343.jpg
桜の並木道、満開を過ぎていますが綺麗です
f0212511_1120982.jpg
南立石公園辺りまで来ると渋滞することが減りました
f0212511_11201970.jpg
チエックポイントの本村天満天神宮
f0212511_11202275.jpg
鶴見岳の全容が見えてきました、山腹の山桜が見ごろを迎えています
f0212511_11203214.jpg
GoGoハーフのゴール、ロープウェイ高原駅に到着。ここまで1時間42分
f0212511_1120372.jpg
ロープウェイ高原駅から1時間17分掛かりゴール。この間余裕なく写真撮れませんでした。
下山はロープウェイ利用となっていたので、内山方面へ向かい大平山経由で下山する。
f0212511_11204796.jpg
鶴見岳の山頂に移動、山頂から雲の合間からかすかに市内が見えます
f0212511_11205319.jpg
山頂は風が強く寒い、体感的には2~3℃?
f0212511_1121357.jpg
鞍ヶ戸・内山方面へ向かいます
f0212511_112193.jpg
ガスの中で回りが見えないこともあり分岐地点あたりで暫くウロウロする
f0212511_1121234.jpg
船底新道?を進み遠回りしてやっと船底に到着、小雨が降り出しこの先が思いやられますが先へ進みます
f0212511_1121281.jpg
船底から急登を登り内山に到着、相変わらず小雨が降ります
f0212511_11213875.jpg
内山から岩場が多い石楠花尾根を下ります、写真は小雨で曇ります
f0212511_11214544.jpg
明礬温泉の分岐辺りには既にミツバツツジが咲いてます
f0212511_11215650.jpg
大平山まで下ってきましたが的ヶ浜までだいぶあります、既に15時半を過ぎている
f0212511_1122040.jpg
雲海と山桜
f0212511_11221357.jpg
大平山の草原の横を転げるように下ります
f0212511_11221746.jpg
自衛隊の演習場の下には桜並木が見えてます
f0212511_112227100.jpg
自衛隊の柵まで下り、一安心、車道を歩きその後境川の一気登山道を歩いて的ヶ浜に到着。
いっき鶴見岳登山に加え内山からの石楠花尾根下りは長かったですね。
f0212511_11223140.jpg
クリックで拡大
[PR]
  【山名・標高】 白岩山(岩峰) 1620m 水呑ノ頭(白岩山) 1647m 扇山 1661m (宮崎県)
  【月日・時間】 2014年5月17日(土) 曇り 山行時間7:17(休憩除く6:39) 登山者5人
  【距離・歩数】 沿面距離20.7㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1231m 歩数29,656歩
  【車駐車位置】 ごぼう畑登山口 マップコード:751568716*66

  今日は風来坊さんのお誘いで霧立越を縦走。
  メンバーはS・TAROUさん、いーさん、風来坊さん、肉まんさんと私の計5名。
  霧立越の縦走路には新緑が彩る中、ミツバツツジとシャクナゲに疲れを忘れさせてくれます。
  シャクナゲはピークを過ぎているものの至る所に咲いてます。山芍薬にも出会えました。
  みなさん、大自然の中で贅沢な時間をありがとうございました、お疲れさまでした。
  霧立越の縦走路は自然に溢れ最高です、今度は紅葉の時期に行きたいものです。

  08:00 ごぼう畑登山口(15℃)f0212511_13445728.jpg
  08:23 杉越(日肥峠)
  08:45 白岩山(岩峰)
  09:13 水呑ノ頭(白岩山)
  10:00 見晴しの岩
  10:09 馬つなぎ場~10:15
  10:56 平家ブナの跡
  11:08 見晴しの丘
  11:20 扇山山小屋
  11:43 扇山(16℃)~12:10
  12:24 扇山山小屋
  12:37 見晴しの丘
  12:46 平家ブナの跡
  13:20 馬つなぎ場~13:25
  13:37 見晴しの岩
  14:28 水呑ノ頭分岐
  15:04 杉越(日肥峠)
  15:17 ごぼう畑登山口(17℃)

  ミツバツツジと
    シャクナゲ →
f0212511_13452127.jpg
f0212511_13451618.jpg
f0212511_13453851.jpg
f0212511_13453481.jpg
f0212511_13455557.jpg
f0212511_13454952.jpg
     白岩山の岩峰周辺に群生する岩芍薬
f0212511_13461136.jpg
f0212511_1346874.jpg
f0212511_1346284.jpg
     ミツバツツジとシャクナゲ
f0212511_13462185.jpg
f0212511_13463956.jpg
f0212511_1346389.jpg
f0212511_13465820.jpg
f0212511_13465380.jpg
f0212511_13471673.jpg
     花に感動 転げるように斜面を下ります
f0212511_13471348.jpg
f0212511_13473761.jpg
     ミツバツツジとシャクナゲにオオカメノキ
f0212511_13473653.jpg
     見晴の丘から見る岩肌の新緑
f0212511_1348153.jpg
     縦走路の新緑
f0212511_13475592.jpg
     爽快に歩く新緑縦走路
f0212511_13481661.jpg
     白いシャクナゲ
f0212511_13481126.jpg
     シャクナゲを上から撮ってみました
f0212511_13483180.jpg
     扇山の山頂周辺にはシャクナゲが群生してます
f0212511_13484092.jpg
     クリックで拡大
f0212511_1349241.jpg


 
[PR]
  【山名・標高】 天狗ヶ城 1780m 中岳 1791m 稲星山 1774m 星生山 1762m 
         白口岳 1720m 沓掛山 1503m (大分県)[九重連山]
  【月日・時間】 2014年2月1日(土) 晴れ後曇り 山行時間8:38(休憩除く6:22) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離20.6㎞(林道0.2㎞含む) 累積標高(+)3618 歩数28,118歩
  【車駐車位置】 牧ノ戸登山口駐車場 マップコード:440640128*58

  ある人の朝駆けのブログで素晴らしいい写真を見て、早々に行ってみたくなりました
  週末の金曜日から土曜日にかけ天気予報は晴れ、これは行かないとと決断。
  金曜日の23時過ぎに寝て翌2時過ぎに起床、準備して3時に自宅を出発。
  高速代を節約するため杷木から玖珠IC間だけ高速に乗り、全116㎞を走り牧ノ戸に5時到着
  駐車場は真っ暗、既に車が十数台停まっている模様。初挑戦、ちょっと緊張気味?。
  防寒着や食糧、アイゼンなどリュックに入れ、ヘッドライトを照らし5時30分に出発。
  暗い夜道のコンクリート道、雪解け水が凍りついて、つるつる、恐る恐る端を登っていく。
  途中ステッキを忘れたことに気づくが、もうこの道を戻る気にはならない。
  ヘッドライトに照らされ滑りやすい雪道を、天狗ヶ城に向け一人もくもく歩く。
  天狗ヶ城に着いたときは既に東の空が焼け、出発が遅かったことに気づく。
  6~7名の方が山頂でスタンバイ中、北尾根?には2名方がおられます。
  写真のベスト位置が分かりません、うろうろしているうちに朝焼け終わっちゃいました。

  とりあえず中岳を踏み、阿蘇方面を眺めながら食事をするため稲星山まで行く。
  しかし、稲星山は強い風が吹いておりストーブが使えなく、軽くおにぎりで済ませ出発。
  白口岳から鉾立峠へ下る道は雪解け水が凍った下り、時にはふんわり見える積雪の落とし穴。
  アイゼンは付けづ、お尻で滑り下ったり、片足を雪に突っ込んだりで一苦労して鉾立峠へ。
  法華院温泉へ進み三俣山直登を登ろうと思ったが、鉾立峠へ下った急坂ような道を登る気がしない。
  直登の三俣山は諦め、法華院温泉横の砂防ダム横を登り諏蛾守越へ行く
  諏蛾守越の避難小屋で、暖かいラーメンがやっと食べられました。
  満腹になった後は北千里浜をテクテク歩き久住分れまで登る
  今日はアイゼンを一度も付けなく、ステッキもない状態で凍った道を歩き足が疲れたようです。
  折角なので星生山経由で西千里浜へ下り、あとは氷が解けたドロドロぬかるみ登山道を帰る。
  初めての朝駆け、充実した一日となり心もリフレッシュ、明日からの活力になりました。
f0212511_22472.jpg  05:30 牧ノ戸峠(5℃)
  05:39 展望台
  05:50 沓掛山
  06:18 扇ヶ鼻分岐
  06:38 久住分れ
  06:55 天狗ヶ城~07:40
  07:50 中岳~08:00
  08:10 白口谷分岐
  08:20 稲星山~08:50
  09:00 十字路(鳴子山分岐)
  09:11 白口岳
  10:00 鉾立峠
  10:20 法華院温泉
  10:57 諏蛾守越~11:40
  12:17 久住分れ
  12:52 星生山~13:00
  13:14 西千里浜合流
  13:20 扇ヶ鼻分岐
  13:50 沓掛山
  14:00 展望台
  14:08 牧ノ戸峠(7℃)

  帰りは雪解道で泥だらけ→
f0212511_2253011.jpg
     由布岳上空の朝焼け 前方は中岳山頂には人影が見えます
f0212511_2243356.jpg
     天狗ヶ城から初めて観る朝焼け
f0212511_2255189.jpg
     中岳の右から太陽が見えてきました
f0212511_2245450.jpg
     Vサインで私の朝駆け初挑戦に激励?(笑)
f0212511_2261263.jpg
     中岳から根子岳や阿蘇が見えます
f0212511_2251442.jpg
     朝日に輝く三俣山
f0212511_2263526.jpg
     稲星山からの阿蘇方面
f0212511_2253883.jpg
     法華院温泉から登った北千里浜から見る硫黄山方面
f0212511_2265781.jpg
     昼食のため一旦諏蛾守峠へ上がってきました 三俣山上空の雲が綺麗です
f0212511_226013.jpg
     星生崎からの景色
f0212511_2271944.jpg
     星生山の山頂 怪しい雲が立ち込め三俣山が霞んできました
f0212511_23375665.jpg
     赤色が今回の軌跡(クリックで拡大)
[PR]