タグ:山歩き(14~16㎞未満) ( 25 ) タグの人気記事

【山名・標高】 基山 405m 天拝山 258m (福岡県)
【月日・時間】 2017年5月21日(日) 晴れ 山行時間6:39(休憩除く4:49) 登山者4人
【距離・歩数】 沿面距離15.3㎞(車道7.3㎞含む) 累積標高(+)777m 歩数22,830歩
【車駐車位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*06

今日は会社レクの下見登山、素人三人を引き連れて基山~天拝山の縦走です。
JR原田駅に集合、9時に出発します。
ワイワイガヤガヤ話しながら車道を歩き、取付き点に到着、ここまでは順調。
ここから登山道に入りペースが一段と遅くなりますが、みなさん頑張ります。
山頂広場に到着、暑さもあって結構お疲れ気味です。
まだまだ縦走は始まったばかり、元気出して出発、下っていきます。
木陰の中、清流の音を聞きながら気持ち良く歩きます。
膝に違和感を感じると言いつつも、総合公園まで頑張ります。
総合公園の木陰を探し、みなさんおにぎりを食べて体力を復活します。
休憩したあと天拝山へ登っていきますが、みなさん小言が多くなります。
「基山のピークから下った後にまた登るなんて考えられないと・・・」
ちょこちょこ休憩を入れながら、どうにか天拝山の山頂に到着しました。
みなさんの顔がやっと緩んできました。よかったよかった。
この後、自然公園へ下り二日市温泉に入り二日市駅にて終了、解散となりました。
初めての山登りに基山~天拝山は辛かったようです。
しかし、みなさん、温泉に入った後には成し遂げた達成感に満ちていたようです。

 09:00 JR原田駅(25℃)
 09:18 高速道ガード横池
 09:37 1.4Km表示登山口・・・取付き点
 10:00 東北門跡・・・・・・・小休止
 10:25 展望広場~10:30・・・眺望を楽しみます
 10:36 基 山・・・・・・・・今日の山登りは暑いです
 11:21 自然歩道案内板基山迄1.4Km・・・車道へ出ました
 11:33 県道横断・・・・・・・お腹も減ってきて元気がありません
 11:53 筑紫野市総合公園~12:37・・・自動販売機のジュースがよく売れています
 12:56 林道終点・・・・・・・登山道へ入り再び登っていきます
 13:43 天拝山(28℃)~14:02・・ここまで、みなさん良く頑張りました
 14:31 天拝山歴史自然公園・・・・車道を歩き温泉へ
 14:43 二日市温泉「御前湯」~15:25・・・入浴料金250円安いです
 15:39 JR二日市駅(27℃)・・・・・リタイヤなく下見登山終了となる
f0212511_22502217.jpg
原田駅を出発します
f0212511_22503435.jpg
f0212511_22504486.jpg
基山の取付き点
f0212511_22505247.jpg
f0212511_22505842.jpg
基山の山頂広場へあと一息です
f0212511_22510540.jpg
山頂からの眺望
f0212511_22511372.jpg
f0212511_22512147.jpg
f0212511_22512959.jpg
広々とした山頂広場
f0212511_22513857.jpg
草スキー場を下っていきます
f0212511_22515122.jpg
県道を横断する所に真新しい標識があります
f0212511_22520065.jpg
総合公園で昼食
f0212511_22520815.jpg
天拝山の山頂、ここまで頑張りました
f0212511_22521678.jpg
最後は二日市温泉「御前湯」に入って帰ります
 
[PR]
【山名・標高】瓶ヶ森 1,896m 台ヶ森 1,524m (愛媛県)
【月日・時間】2017年4月29日(土) 曇り 山行時間6:26(休憩除く6:02) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離15.9㎞(林道4.2㎞含) 累積標高(+)1,615m 歩数26,154歩
【車駐車位置】西之川バス停 マップコード:822453714*34

今年のGW、愛媛県の山々へ五泊四日の旅へ。
今回の山行は石鎚山、瓶ヶ森、笹ヶ峰、東明石山に登る予定。
自宅を4月28日(金)の23時に車で出発、高速道路を走り「しまなみ海道」を渡る。
愛媛県今治市に明朝到着、天気予報を見て石鎚山は後日にして今日は瓶ヶ森へ登ります。

東之川コースの登山道、歩きながらコンデションを整えるフラットな道が無く延々と登り道。
今日の累積標高差を後日確認すると1,615m、三時間強で登るにはハード過ぎました。

晩酌セットを購入し道の駅「小松オアシス」にある「椿温泉こまつ」でゆっくり入浴。
入浴後、冷たいビールに生きている幸せを感じ、いつの間にか爆睡、車中泊となる。

 07:30 西之川バス停(12℃)・・・石鎚山ロープウェイ入口から500m先
 07:57 東之川登山口・・・林道を歩いて取付き点へ
 08:57 新道合流点・・・登りの連続です、これからガレバへ
 09:36 台ヶ森鞍部・・・まだまだ登ります
 09:41 台ヶ森・・・・・三角点の票石がある狭い山頂
 09:44 台ヶ森鞍部・・・まだ300m以上の標高を登ります
 10:15 第一キャンプ場前・・・山肌一面に笹の葉が広がっています
 10:36 瓶ヶ森(女山)(7℃)~11:00・・・やっと山頂に到着
 11:11 瓶ヶ森(男山)1,807m
 11:25 駐車場分岐・・・駐車場へは行かず氷見二千石原を周回
 11:39 第一キャンプ場前・・・往路を下山します
 12:06 台ヶ森鞍部・・・・・台ヶ森には立ち寄らず下山
 12:36 新道合流点
 13:29 東之川登山口・・・長い下りは膝にきます
 13:56 西之川バス停(15℃)
f0212511_07485099.jpg
西之川バス停の先にある橋からスタート、渡っていきます
f0212511_07492788.jpg
クリックで拡大
f0212511_07504544.jpg
車道を30分程度歩き、東之川登山口から登山道へ入ります
f0212511_07505292.jpg
苔むした石垣があります
f0212511_07510411.jpg
黙々と登っていきます
f0212511_07511163.jpg
新道との合流地点、新道は現在崩落により通行止めのようです
f0212511_07512187.jpg
対岸の山肌に見えるピンク色はアケボノツツジのようです?
f0212511_07513047.jpg
木々の緑が無くなっていきます
f0212511_07513883.jpg
フラットな道はなく、まだまだ登っていきます
f0212511_07514669.jpg
台ヶ森の山頂、尾根の一部分のようです
f0212511_07515887.jpg
時には立ち止まり、山の風景に癒され頑張ります
f0212511_07520813.jpg
第一キャンプ場前に到着、氷見二千石原
f0212511_07521720.jpg
しかし、山頂まではまだ560m、標高差161mも有ります
f0212511_07522961.jpg
笹の中、木製階段を登っていきます
f0212511_07523751.jpg
広大な氷見二千石原を見ながら目前に見える山頂を目指し登ります
f0212511_07524547.jpg
山頂に到着、霞んでいますが素晴らしい眺望です
f0212511_07525259.jpg
こちらの眺望、先端は瓶ヶ森(男山)
f0212511_23431346.jpg
瓶ヶ森(女山)バス停から山頂まで三時間以上も掛かった、標高差1,500mの一気登りは疲れます


f0212511_07530146.jpg
瓶ヶ森(男山)には蔵王権現が祀られています
f0212511_07530939.jpg
氷見二千石原の先には瓶ヶ森駐車場がある(初心者やファミリーはマイカー利用)
f0212511_07531840.jpg
氷見二千石原をあとにして下ります
f0212511_07532617.jpg
疲れました~

[PR]
  【山名・標高】 脊振山 1055m 唐人の舞 911m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年11月3日(火) 晴れ 山行時間4:26(休憩除く4:10) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離15.5㎞(林道6.4㎞含む) 累積標高(+)1,032m 歩数23,189歩
  【車駐車位置】 椎原バス停 マップコード:224177830*63

最近、野暮用が多く由布岳や大船山、九重連山へ行き紅葉を鑑賞する時間がありません。
どうにか3日の午後に時間が取れたので紅葉名所ではないが近場の脊振山へ行ってみました。
登山道の木々がちょっとだけ色づいている程度でまだ早いようです。
脊振山の下には駐車場があり、車で来られている方が多く見受けられました。
今日は快晴、山頂から360度の眺望を楽しまれているようでした。

  12:20 椎原バス停(16℃)
f0212511_22092374.jpg  12:45 船石橋
  13:11 林道横断
  13:50 矢筈峠
  14:02 フェンスゲート
  14:14 脊振山(10℃)~14:30
  14:42 フェンスゲート
  14:51 矢筈峠
  14:56 九州自然歩道入口
  15:15 唐人の舞
  15:38 椎原峠東
  16:02 林道横断
  16:17 林道
  16:21 船石橋
  16:46 椎原バス停(14℃)
f0212511_22094078.jpg
赤色が今回の軌跡
f0212511_22095337.jpg
f0212511_22100744.jpg
f0212511_22103061.jpg
f0212511_22111681.jpg
f0212511_22113241.jpg
紅葉の中に何かが隠れています?
f0212511_22115047.jpg
f0212511_22120774.jpg
脊振山から福岡市内を望む
f0212511_22122427.jpg
脊振山から福岡市内を望む

f0212511_22124430.jpg
自衛隊
f0212511_22130594.jpg
脊振山から北方面の紅葉
f0212511_22132383.jpg
脊振山の山頂から博多湾を望む
f0212511_22135236.jpg
脊振山から石段を下りながら見る紅葉
f0212511_22141063.jpg
脊振山駐車場から脊振山方面を望む
f0212511_22142972.jpg
f0212511_22144833.jpg
唐人の舞から見る
f0212511_22151511.jpg
唐人の舞から脊振山を見る
f0212511_22153326.jpg
f0212511_22154935.jpg
 
[PR]
  【山名・標高】 金山 967m 西山 816m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年8月16日(火) 小雨 山行時間6:59(休憩除く6:27) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離14.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1418m 歩数24,275歩
  【車駐車位置】 小爪峠登山口 マップコード:224176706*60

今日は山登りを始めたころに肉まんさんと登った西山(2007年1月)へ行ってみる。
小爪峠登山口から荒れた沢を何度も徒渉しながら登り縦走路の小爪峠に到着。雲の中で展望無。
アブなど身体の周りにまとわりつかれ、時には刺されながらのの沢登りは大変でした。
濡れたクマザサの縦走路を進み金山に到着、休憩して引返し西山分岐から西山へ向かう。
ピーク906mを過ぎた辺りから笹深い道に迷い尾根や谷をさまよい40分後に登山道へ出る。
気を取り直しピーク906mから進むが今度は十字路分岐で坊主ヶ滝方面へ進んでしまう。
十字路分岐まで引返してどうにか西山のピークに到着しました。
悪いことは重なるもので西山からの下山道でも道を間違い反対方向へ進んでします。
再び西山に戻り十字路分岐から小爪峠ルートへの道を見つけ下山となりました。
今回は山中で三回もウロウロしてしまい2㎞以上多く歩き、80分ものロスタイムでした。

  07:40 小爪峠登山口(23℃)
f0212511_13181270.jpg  07:47 小爪新橋
  08:40 ポイントNo23-1
  09:08 小爪峠(22℃)~09:15
  09:29 西山分岐
  09:40 小爪峠~金山中間点
  10:07 金山(20℃)~10:20
  10:47 小爪峠~金山中間点
  11:00 西山分岐
  11:04 ピーク906m
  11:44 登山道に出る
  11:54 ピーク906mへ戻る~12:00
  12:10 十字路分岐左へ
  12:27 十字路分岐戻る
  12:38 西山(21℃)~12:50
  13:03 西山に戻る
  13:16 十字路分岐左へ
  13:43 ポイントNo23-1
  14:34 小爪新橋
  14:39 小爪峠登山口(23℃)
f0212511_13182289.jpg
赤色が今回の軌跡、黒色は道迷いや間違った道(クリックで拡大)
f0212511_15250690.jpg
小爪川の小爪新橋
f0212511_15251570.jpg
f0212511_15252398.jpg
f0212511_15254254.jpg
f0212511_15255003.jpg
f0212511_15255885.jpg
ポイントNo23-1
f0212511_15260743.jpg
f0212511_15261525.jpg
小爪峠まで登ってきました。カメラの調子が悪くなり写真おかしくなってきました
f0212511_15262386.jpg
金山へ縦走路を進みます
f0212511_15263284.jpg
f0212511_15264105.jpg
金山の山頂、曇っていて展望はありません
f0212511_15271705.jpg
f0212511_15272725.jpg
縦走路からの西山分岐
f0212511_15273655.jpg
クマザサが深く不明瞭な登山道、この後尾根や谷をさまよう
f0212511_15274560.jpg
西山の山頂です、木々に覆われ展望はありません
f0212511_15280296.jpg
十字路分岐から小爪峠ルートへ進む
f0212511_15281130.jpg
途中炭焼き跡が三ヶ所ありました
f0212511_15282001.jpg


[PR]
  【山名・標高】 天拝山 258 (福岡県)
  【月日・時間】 2016年6月26日(日) 曇り後晴れ 山行時間4:21(休憩除く3:58) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離15.2㎞(林道・車道7.7㎞含む) 累積標高(+)753m 歩数23,258歩
  【車駐車位置】 天拝山歴史自然公園 マップコード:55241311*63

今日は長崎県島原市の九千部岳に咲くヤマボウシを見に行きたかったが起きるのが遅く断念。
5月22日に歩いた天拝山~牛頸山の縦走路にある分岐道を6月5日に続き探索。
歴史自然公園を出発し各合目にある天拝山「開運の道」歌碑を見ながら登り、山頂に着く。
山頂から縦走路を5分ほど進んだ所にある塔原分岐から右に曲がり天拝坂東公園に下る。
公園から地蔵川源流コースを登り再び縦走路へ、縦走路を10分進み大佐野ダム方面へ下る。
大佐野ダム方面の道はダム横にある林道ゲートまで殆どが林道で登山道ではない。
ゲートから車道歩きとなり一旦太宰府メモリアルパークの展望台に立ち寄り引返す。
車道を下り住宅地へと進み大佐野台団地、天拝坂と住宅地を歩き天拝坂東公園に辿り着く。
公園から九州自然歩道の登山道尾根道を登り再び縦走路に出る。
縦走路を天拝山まで戻り、下山は石楠花谷を通り歴史自然公園に帰り着く。
今回は街中の車道歩きが多かったが未踏の新しい四本のルートを歩くことができました。

  08:30 天拝山歴史自然公園(20℃)
  08:59 天拝山
  09:04 塔原分岐f0212511_23284569.jpg  09:14 塔原・自然歩道分岐
  09:18 天拝坂東公園
  09:24 地蔵川源流コース
  09:50 縦走路
  10:00 天拝湖分岐
  10:03 林道始まり
  10:24 林道ゲート
  10:37メモリアルパーク展望台~11:00
  11:12 林道ゲート
  11:26 信号機(大佐野台団地前)
  11:34 信号機(大佐野南)
  11:51 信号機
  12:00 天拝坂東公園
  12:05 塔原・自然歩道分岐
  12:19 縦走路
  12:29 天拝山
  12:34 石楠花谷分岐
  12:51 天拝山歴史自然公園(26℃)
f0212511_2329016.jpg
クリックで拡大
f0212511_2329944.jpg
登山口スタート地点に、起点から四合目までの歌碑の御案内
f0212511_23291867.jpg
十本建っている碑のうち一合目の歌碑
f0212511_23292338.jpg
五合目から九合目までの歌碑の御案内
f0212511_2329295.jpg
歩きやすい道です
f0212511_23293514.jpg
石楠花谷分岐、ここから天拝山へは436段の階段を登ります
f0212511_23294182.jpg
山頂に着きました
f0212511_23294619.jpg
塔原分岐から下ってくると竹の音が迎えてくれます
f0212511_23295169.jpg
天拝坂東公園に出ました
f0212511_23295860.jpg
地蔵川源流コースを登り再び縦走路を歩き竹林を進みます
f0212511_2330673.jpg
大佐野ダム湖へ向け林道を下っていきます
f0212511_23301358.jpg
林道ゲート、ここから太宰府メモリアルパークへちょっと行ってみます
f0212511_23302165.jpg
太宰府メモリアルパーク展望台から大佐野スポーツ公園が良く見えます
f0212511_23302780.jpg
太宰府メモリアルパーク
f0212511_2330348.jpg
太宰府メモリアルパークからの展望、中央上部に井野山が見えます
f0212511_23304275.jpg
大佐野台団地や天拝坂団地を通り再び天拝東公園に到着、蓮の花が咲いています
f0212511_23304990.jpg
九州自然歩道を登っていきます
f0212511_23305623.jpg
f0212511_2331369.jpg
縦走路を経て天拝山に到着、朝より見通しが良いようです
f0212511_2331963.jpg
大城山(四王寺山)の全容が見えます
[PR]
  【山名・標高】 大佐野山333m 黒金山405m 三市町境界山440m 牛頸山448m(福岡県)
  【月日・時間】 2016年6月5日(日) 曇り 山行時間4:38(休憩除く4:32) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離15.7㎞(林道4.1㎞含む) 累積標高(+)1,021m 歩数23,600歩
  【車駐車位置】 牛頸ダム横大佐野山登山口 マップコード:419253002*22

今日は町内の一斉清掃を済ました後、5月22日に歩いた近場の牛頸山へ
ルートは牛頸ダムから大佐野山へ登り、牛頸山~キャンプ場と周回し下山は自然観察路を下りました。
今回のコースから大佐野山を省けば「にしてつレッツハイク」のコースにも有り歩きやすい道でした。
今日は午前中、雲が掛かりガスっていたことも有り牛頸山のハンモックおじさんはお休みのようでした。

  12:00 牛頸ダム横登山口(19℃)
  12:38 休憩所f0212511_23435775.jpg
  12:54 大佐野山
  13:07 山口越
  13:22 キャンプ場分岐
  13:27 黒金山
  13:57 三市町境界山
  14:14 牛頸山(15℃)~14:20
  14:28 牛頸林道
  14:41 牛頸林道碑
  15:04 キャンプ場管理棟
  15:21 取付点
  15:33 キャンプ場分岐
  15:46 山口越
  15:56 スキー場
  16:06 展望所
  16:20 道路横登山口
  16:38 牛頸ダム横登山口(18℃)
f0212511_2344176.jpg
f0212511_23242534.jpg
牛頸ダム管理事務所横からスタート、大佐野山入口から登っていきます
f0212511_23243258.jpg
登山道を登っていくと「境内地立入禁止(光妙教会警備係)」と案内板が有りますが周りには教会見当らず?
f0212511_23243963.jpg
f0212511_2324458.jpg
いつものように牛頸山へ行く途中に掛かっている壊れた橋
f0212511_23245270.jpg
間もなく牛頸山に到着
f0212511_23245916.jpg
牛頸山から福岡市内の百地浜方面、中央には野古ノ島が見えます
f0212511_2325689.jpg
こちらは博多駅方面、空港やアイランドシティタワーが見えています
f0212511_23251568.jpg
もう少し右を見ると糟屋郡方面と立花山・三日月山が見えます
f0212511_23252263.jpg
もっと右を見ると雲に隠れた宝満山方面が見えます
f0212511_23252918.jpg
牛頸山から128段の整備された階段を下り牛頸林道へ出ます
f0212511_23253714.jpg
牛頸林道から何度か旧登山道へ入り込みキャンプ場へ
f0212511_23254526.jpg
キャンプ場管理棟からコースを間違えたが引返し再び登っていく
f0212511_23255237.jpg
キャンプ場の園内にあるスキー場
f0212511_2326117.jpg
自然観察路を下っていきます
f0212511_2326893.jpg
展望所から見る牛頸ダム
f0212511_2326162.jpg
法照寺の駐車場広場を通るがゲート柵により通行できず。引返し取付き点に辿り着く
[PR]
  【山名・標高】 鶴見岳 1374m 由布岳 1583m  飯盛ヶ城 1067m (大分県)
  【月日・時間】 2015年10月31日(土) 晴れ 山行時間6:57(休憩除く6:03) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離14.4㎞(林道0.9㎞含む) 累積標高(+)2091m 歩数24,249歩
  【車駐車位置】 由布岳正面登山口 マップコード:46332383*66

今回は欲張り紅葉登山、鶴見岳と由布岳を縦走する。
由布岳正面登山口に7時45分到着、登山準備して亀の井バスの路線バスを待つ。
8時11分のバスに乗り8時25分別府ロープウェイバス停到着、下車。370円
ここから登山開始、4月12日に歩いた鶴見岳一気登山ルートを登っていく。
標高900m辺りを越えると紅葉が始まりますが山頂付近は終わっていました。
山頂で一休したあとは馬ノ背経由で西鶴見岳登山道を下っていきます。
こちらの道も1100m辺りから900mは紅葉しています。綺麗ですね。
下りきったエコーライン道路から今度は由布岳に登ります。
900m辺りの紅葉は素晴らしですが日向越からの登りは終わっています。
御鉢まで登ってきました。
御鉢の紅葉は終わっていますが御鉢巡りしている登山者が沢山います。
折角なので私も御鉢を回りますが離合するのに10分以上も待たされ西峰に到着。
途中、一時的にガスが掛り展望が無くなりましたが後は晴れました。
マタエまで岩場を下り、正面登山道を下ります。
今日は由布岳登山者が多く韓国人の団体も居ます。渋滞にはまりながら下っていく。
本日、三度目の紅葉を見ながら合野越に到着、飯盛ヶ城経由で登山口に帰りつく。
今日の縦走、大船山の御池や三俣山のお鍋とは違う紅葉を十分楽しませてもらいました。

  08:30 別府ロープウェイバス停(10℃)
  08:57 御嶽権現社f0212511_043296.jpg
  09:16 南平台分岐
  09:54 鶴見岳(8℃)~10:05
  10:20 馬ノ背
  10:52 林道出合
  11:02 鶴見岳西登山口
  11:05 由布岳東登山口
  11:33 日向越
  12:34 御鉢の肩(8℃)~12:55
  13:36由布岳西峰(9℃)~13:44
  13:57 マタエ
  14:45 合野越
  14:52 飯盛ヶ城(10℃)~15:03
  15:27 由布岳登山口(10℃)
f0212511_23515169.jpg
クリックで拡大
f0212511_23241270.jpg
別府ロープウェイバス停からみる鶴見岳、スタートです
f0212511_23242015.jpg
御嶽権現社に到着、ここまで写真に撮れる紅葉は見当らず
f0212511_23242520.jpg
南平台分岐辺りから紅葉が現れてきます
f0212511_23243724.jpg
癒されますね~
f0212511_232444100.jpg
鶴見岳の山頂から別府湾を望む
f0212511_23245388.jpg
左から黒岳、大船山、平治岳岳、中岳、三俣山と九重連山が見えています
f0212511_2325290.jpg
鞍ヶ戸と内山の紅葉
f0212511_23391782.jpg
由布岳と左手前に南平台
f0212511_23392964.jpg
鞍ヶ戸の谷間から温泉の湯けむりが上がっています
f0212511_2342269.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_23421822.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_23422987.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_2342396.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_2342477.jpg
馬ノ背から鶴見岳西登山口を下りながら紅葉を楽しむ
f0212511_23425558.jpg
由布岳東登山口(鶴見岳西登山口)
f0212511_2343590.jpg
由布岳東登山口から登り再び紅葉に酔いしれる
f0212511_23431656.jpg
日向越まで紅葉に癒されます
f0212511_23432489.jpg
上から見る日向岳、色ずいてます
f0212511_23433144.jpg
由布岳の散策路方面も綺麗です
f0212511_23433984.jpg
御鉢の肩から岩場を歩く登山者達を御鉢の肩から見る、このあと御鉢の渋滞にはまる
f0212511_23434696.jpg
由布岳西峰から望む由布市内
f0212511_23435341.jpg
由布岳東峰からマタエへ沢山の人が歩いています
f0212511_23435969.jpg
由布岳から正面登山道へ下り斜面の紅葉を観る
f0212511_2344684.jpg
由布岳から正面登山道へ下り斜面の紅葉を観る
f0212511_2344129.jpg
再び登山道の紅葉
f0212511_23442048.jpg
再び登山道の紅葉
f0212511_23442656.jpg
再び登山道の紅葉
f0212511_23443232.jpg
由布岳の斜面と鶴見岳
f0212511_23443857.jpg
下山し由布岳を振返る
[PR]
  【山名・標高】 雷山 955m 井原山 982m (福岡県)
  【月日・時間】 2015年7月25日(土) 晴れ 山行時間5:47(休憩除く5:18) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離15.2㎞(林道2.1㎞含む) 累積標高(+)1424m 歩数23,678歩
  【車駐車位置】 きとく橋登山口 マップコード:224255847*22

今日は井原山のオオキツネノカミソリが見頃を迎えているだろうと思い行ってきました。
きとく橋登山口から出発、清賀の滝を通り雷山へ登り縦走路を経て井原山に到着。
井原山から水無登山口方面へ下り、オオキツネノカミソリ群生地を鑑賞してアンの滝経由で帰る。
台風12号の影響でしょうか?風が吹き心地よく縦走路を歩きます。
井原山からの眺めは360度どこを見ても素晴しい景色、人も沢山登ってこられています。
オオキツネノカミソリ群生地は満開とはいかないが、既に枯れている物もあり見ごろだと思います。
まだまだ蕾も沢山あり来週も十分楽しめそうです。
キツネノカミソリ鑑賞にこられている方で、初めての方も多いようです。
車道で一件、登山道で三件の登山者から道を尋ねられました。
なんとその内の一件は瑞梅寺川源流地点で道に迷い沢を登っていかれていました。
沢の水量が多く、登山道が傷んでいる所もあります、充分下調べして登りましょう。

  07:00 きとく橋登山口(22℃)f0212511_19314864.jpg
  07:17 雷山中腹自然歩道
  07:40 林道出合
  07:49 清賀の滝入口
  08:00 清賀の滝
  08:30 雷神社上宮
  08:49 雷山(20℃)~09:00
  09:19 944mピーク
  09:41 洗い谷分岐
  10:00 井原山(17℃)~10:10
  10:15 水無鍾乳洞・三瀬峠分岐
  11:00 鍾乳洞・アンの滝分岐
  11:12 水無登山口~11:20
  11:50 鍾乳洞・アンの滝分岐
  12:14 瑞梅寺川源流
  12:22 アンの滝 
  12:33 林道横断
  12:47 きとく橋登山口(29℃)
f0212511_1932565.jpg
クリックで拡大します
f0212511_6354313.jpg
雷山上宮へ向かう途中、清賀の滝に寄っていきます
f0212511_6355346.jpg
尾根道を登っていきます
f0212511_6355977.jpg
雷山山頂から志摩岐志・志摩船越を観る(左上は立石山)
f0212511_636589.jpg
縦走路ではアサギマダラをよく見かけます
f0212511_6361157.jpg
青空に輝くはんかい草
f0212511_6361611.jpg
笹道の縦走路、まだ濡れててズポンがびしょ濡れになります
f0212511_6362326.jpg
井原山に到着。羽金山標準電波送信所のアンテナがはっきりと見えます(右は浮嶽?)
f0212511_6363274.jpg
博多湾と福岡市もはっきり見えてます。奥の山は先週登った宗像四塚連峰の孔大寺山のようです
f0212511_6363968.jpg
油山の上部には博多湾に浮かぶ能古島や志賀島、遠くに相島、大島が見えます
f0212511_6381745.jpg
前原市の田園地帯もよく見えます
f0212511_6382552.jpg
佐賀県の天山も手に取るように見えています
f0212511_6383338.jpg
山並が綺麗です、佐賀県のダムも見えてます
f0212511_6384197.jpg
オオキツネノカミソリに出会えました
f0212511_6384983.jpg
まだ蕾も沢山あります
f0212511_6385859.jpg
f0212511_639695.jpg
f0212511_6391942.jpg
f0212511_63928100.jpg
f0212511_6394056.jpg
水無川、いつもより水量が多く流れています
f0212511_6394679.jpg
きとく橋登山口に無事到着。上空には捜査ヘリが飛んでいますが何か遭ったんでしょうか?
f0212511_6395439.jpg
バイクで帰り道、雷山、井原山方面を振返り眺める
[PR]
  【山名・標高】 久住山1787m 稲星山1774m 鳴子山1643m
          中岳1791m 天狗ヶ城1780m 星生山1762m(大分県)
  【月日・時間】 2015年6月28日(日) 晴れ時々ガス 山行時間6:03(休憩除く5:25) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離14.0㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1271m 歩数26,047歩
  【車駐車位置】 牧ノ戸峠登山口 マップコード:440640128*58

今回はオオヤマレンゲの観賞登山に行ってきました。
オオヤマレンゲの開花時期にまだ間に合い沢山の木がある山といえば鳴子山?。
沢水登山口からの登山道は荒れていると聞き、牧ノ戸峠からの長い距離を歩いて鳴子山へ。
西北の天気は良いが南側の阿蘇方面はガスに覆われまったく観えません。
沓掛山を皮切りに西千里ヶ浜を通り、久住山、稲星山と山頂を踏んで鳴子山へ。
登山道から入り込み今年も観られましたオオヤマレンゲ。まだ若干蕾もあり楽しめそうです。
芳香のある花なので、鼻を近づけちょっと嗅いでみました。
今まで嗅いだ事のないような香りですごく優しく甘い香り、とろけそうな感じです。
満喫した後は帰りも中岳と天狗ヶ城を経由して星生山と山頂を踏んで下山となりました。
このころには久住山や三俣山にも雲が掛かり、山の天気が悪くなってきましたが雨は降らず。
今日は3年ぶりに鳴子山に咲くオオヤマレンゲを観賞でき良き日となりました。

  09:00 牧ノ戸峠(15℃)
  09:07 展望台f0212511_22992.jpg
  09:19 沓掛山
  09:49 扇ヶ鼻分岐
  10:10 久住分れ
  10:28 久住山(20℃)~10:40
  10:53 神明水
  11:05 稲星山
  11:16 稲星山・白口分岐
  11:54 鳴子山(20℃)~12:15
  12:35 稲星山・白口分岐
  12:45 白口谷分岐
  13:00 中 岳
  13:10 天狗ヶ城(20℃) 
  13:25 久住分れ~13:30
  13:56 星生山
  14:18 扇ヶ鼻分岐
  14:47 沓掛山
  14:57 展望台
  15:03 牧ノ戸峠(20℃)
f0212511_22384449.jpg
赤色が今回の軌跡(クルックで拡大)
f0212511_21355997.jpg
登山道を振返り沓掛山を見る
f0212511_2136668.jpg
久住山が見えますが右側はガスが舞いあがっています
f0212511_21361288.jpg
久住山から眺める青空に映える三俣山
f0212511_21361633.jpg
久住山から観る星生山、右下は避難小屋
f0212511_21362139.jpg
久住山から観る天狗ヶ城(左)と中岳(右)
f0212511_2136273.jpg
鳴子山(左)と岩峰(右)には人がいます
f0212511_21363265.jpg
オオヤマレンゲ
f0212511_21363932.jpg
淡い色のオオヤマレンゲ
f0212511_21364548.jpg
中の赤色が濃いオオヤマレンゲ
f0212511_21365181.jpg
左下の片ヶ池と上部に見える左から平治岳、北大船、大船山
f0212511_21365649.jpg
鳴子山から白口岳(左)と中岳(白口岳左)を観る
f0212511_2137218.jpg
ガスの合間から観る坊ガツル
f0212511_2137839.jpg
中岳から観るお池と久住山
f0212511_21371483.jpg
星生山への岩尾根が見えてます、右側の硫黄山からガスが迫ってきます
f0212511_21372024.jpg
星生山の回りはガスに覆われつつあります
f0212511_21372638.jpg
星生山から観る西千里ヶ浜の池?
[PR]
  【山名・標高】 鎮南山 536m 姫岳 620m (大分県)
  【月日・時間】 2014年10月18日(土) 晴れ 山行時間5:03(休憩除く4:35) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離15.8㎞(林道6.2㎞含む) 累積標高(+)979m 歩数26,396歩
  【車駐車位置】 鎮南山登山口駐車場 マップコード:186666470*85

先週の100㎞ウォークで両足踵に水ぶくれが出来ていたが、水?を早目に抜いたのが良かったのか、週末は山登りが出来るまでに回復した。
九重や大船山の紅葉鑑賞と思ったが、週末、土日のあまりの天気の良さに人出が多そうだったので次週に回し、今週は残り4座となっている大分百山の3座を踏むこととする。
今回の山行は姫岳、場照山、津島畑山を一泊二日で計画。
今日は姫岳だが、取り付き点が分からない為、鎮南山経由で姫岳に登る。
鎮南山は二回目となり問題なく登れたが、林道開通記念碑から先は取り付き点を探し林道を47分歩く。取り付き点からは25分で山頂にたどり着いた。
鎮南山からは臼杵市および臼杵湾、姫岳からは津久見市および津久見湾が一望でき海岸線が素晴らしい。
下山は姫岳から尾根登山道にチャレンジするが不明瞭が多く58分歩いた所で断念、林道へ出る。
その後は、林道開通記念碑まで林道を歩き、山庵寺を経てリトル鎮南に立寄り駐車場に帰りつく。
明日の山の登山口を考え、温泉のある「道の駅やよい」まで移動し車中泊となる。

f0212511_7162392.jpg  11:20 登山口駐車場(19℃)
  11:54 八合目水飲み地蔵
  12:02 塔尾山~12:07
  12:20 鎮南山(16℃)
  12:30 林道開通記念碑
  13:00 林道三差路左へ
  13:17 取り付き点
  13:42 姫岳(18℃)~14:00
  14:24 取り付き点
  14:47 鉄塔(望月)
  14:58 登山道迷い林道へ出る
  15:20 林道開通記念碑
  15:30 山庵寺
  15:40 八合目水飲み地蔵
  16:00 リトル鎮南~16:05
  16:23 登山口駐車場
    鎮南山への登山道→(18℃)
f0212511_7165715.jpg
塔尾山の山頂
f0212511_716387.jpg
塔尾山から見る臼杵市内
f0212511_717946.jpg
塔尾山から見る臼杵市内(末広川)
f0212511_7165026.jpg
臼杵港に浮かぶ津久見島
f0212511_7172128.jpg
臼杵市と海岸線
f0212511_71739.jpg
森林基幹道鎮南山線の開通記念碑
f0212511_7173495.jpg
姫岳の取り付き点
f0212511_7171850.jpg
姫岳への登山道
f0212511_7174911.jpg
姫岳山頂
f0212511_717321.jpg
日鉄鉱業がある津久見湾と観音崎、保戸島の海岸線
f0212511_71878.jpg
何となく紅葉です
f0212511_7175046.jpg

何となく紅葉です
f0212511_22435015.jpg
紅葉の緑色がまだまだ健在です
f0212511_2244396.jpg
あまりの綺麗さにアップしてみました
f0212511_2244365.jpg
リトル鎮南から見る素晴らしい臼杵市内と山々
f0212511_22301914.jpg
クリックで拡大します
[PR]