タグ:くじゅう17サミッツ ( 1 ) タグの人気記事

  【山名・標高】 くじゅう17サミッツの9座(①~⑨)プラス4座(▲)=13座 (大分県)[九重連山]
  【月日・時間】 2015年8月15日(土) 晴れ後曇り 山行時間11:21(休憩除く10:08) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離22.8㎞(作業道および車道3.0㎞含む) 累積標高(+)2260m 歩数40,522歩
  【車駐車位置】 牧ノ戸登山口 マップコード:440640128*58

今回は、西日本新聞社が発行する季刊誌「のぼろ」2013夏号に掲載されていた特集【くじゅうLOVE】に、九州本土には1,700m超の山が14座あり、うちくじゅうには9座ある。このすべてを踏破することを『くじゅう17(いちなな)サミッツ』と呼び、達成者は『くじゅう17サミッター』となると記事があり、一日で歩いてきました。

牧ノ戸峠に4時到着、駐車場には朝駆けでしょうか既に沢山の車が止まっています。
支度して4時半出発、久しぶりにヘッドライトを付け暗い登山道を歩きます。
扇ヶ鼻分岐の手前から明るくなり、西千里ヶ浜を通らず星生山へ直接登っていきます。
登山道の濡れた草で全身びしょ濡れ、露がスパッツの内側を伝わり靴の中まで染み込んでくる。
星生山、日の出に間に合い私も先客と一緒に山頂から朝焼けを撮ります。しかし上手くとれません。
朝日に輝く九重連山を久住山、天狗ヶ城、中岳、稲星山へと進む。
三時間かかり稲星山に到着、軽食を取り再び白口山を経て鉾立峠、立中山へ歩く。
立中山から大船山ルートは初めて歩きます。
雑草に覆われ不明瞭な道を進みどうにか鉢窪にたどり着く、ここからも分かりづらい道を進む。
とうとう登山靴の中は水が溜まり足が遊んでいます、急斜面の所で溜まった水を出し靴下を絞って履く。
分かりづらい尾根道登り大船山に無事着いたときにはホッとしました。
山頂では残り二座に向け再び靴を脱ぎ濡れた靴と靴下を少しでも乾かし体制を整えます。
40分程休憩して出発、一旦北大船山に登り段原から坊ガヅルへ下る。
最後の一座は三俣山、急登が残っています。登れるかな~とちょっと弱気。
気合を入れ何度か小休止を挟み1時間20分かかり三俣山南峰に到着です。
ここまで来たら終った気分ですが、まだまだ出発地点の牧ノ戸峠まで車道2㎞含め5.6㎞もあります。
最後となった三俣山本峰に着き17サミッツの九座を踏破しました~。
あとは西峰を経て諏蛾守越に下り、弱った足腰がゴロゴロ石に足を取られないように下る。
大曲登山口から牧ノ戸峠まで車道を登り歩き、ゴールです。
疲れました~~~~

  04:30 牧ノ戸峠(14℃)
  04:46 ▲沓掛山1503m
  05:12 扇ヶ鼻分岐
  05:34 ①星生山1762m(12℃)~05:50
  06:13 久住分れ
  06:33 ②久住山1786.5m(14℃)
  06:57 ③天狗ヶ城1780m(13℃)
  07:08 ④中 岳1791m(13℃)
  07:21 白口谷分岐
  07:32 ⑤稲星山1774m(15℃)~07:40
  07:52 稲星越
  08:07 ⑥白口岳1720m
  08:43 鉾立峠
  08:57 ▲立中山1468m~09:00
  09:12 段原経由大船山ルート分岐
  09:25 鉢 窪
  10:26 くたみ分れ(南西尾根ルート分岐)
  10:36 鉢窪ガレ場ルート分岐
  10:41 ⑦大船山1786.2m~11:20
  11:33 段 原
  11:37 ⑧北大船山1706m(17℃)
  11:41 段 原
  12:02 立中山分岐
  12:26 坊ガヅル大船山登山口
  12:36 坊ガヅル三俣山登山口
  13:56 ▲三俣山(南岳)1743m(21℃)
  14:08 ⑨三俣山(本峰)1744.7m~14:15
  14:30 ▲三俣山(西峰)1678m
  14:47 諏蛾守越
  15:00 作業道出合
  15:12 大曲登山口分岐
  15:25 大曲登山口
  15:51 牧ノ戸峠(23℃)
f0212511_22274822.jpg
くじゅう17サミッツ軌跡は赤色(クリックで拡大)
f0212511_22275670.jpg
f0212511_21142171.jpg
星生山から北大船山に昇る朝日を観る
f0212511_21143992.jpg
久住山や天狗ヶ城には薄い雲が漂っています
f0212511_21144682.jpg
一座目の星生山
f0212511_2114534.jpg
朝日に照らされる星生崎と斜面
f0212511_2114594.jpg
二座目の久住山
f0212511_2115573.jpg
久住山から久住分れ・星生崎・星生山を観る
f0212511_21151656.jpg
天狗ヶ城から久住山を観る
f0212511_21152419.jpg
三座目の天狗ヶ城
f0212511_21153089.jpg
四座目の中岳
f0212511_21153827.jpg
中岳から御池と久住山を観る
f0212511_21154619.jpg
五座目の稲星山
f0212511_21155444.jpg
稲星山から中岳と天狗ヶ城を観る
f0212511_2116728.jpg
花火みたいな花をちょっと撮ってみました
f0212511_21161522.jpg
六座目の白口岳
f0212511_21162265.jpg
白口岳から三俣山や坊ガツルを観る
f0212511_21163183.jpg
鉾峠から振返り白口岳を観る
f0212511_21163914.jpg
立中山から先の分かりにくい登山道
f0212511_21165082.jpg
分かりずらい鉢窪の登山道、草でびしょ濡れ登山靴の中は水だらけ
f0212511_21165889.jpg
テープを頼りに急登を登っていきます
f0212511_2117680.jpg
大船山近くの分岐点
f0212511_21171390.jpg
七座目の大船山
f0212511_21171934.jpg
北大船山が見えてます
f0212511_21172838.jpg
大船山から観る三俣山と坊ガツル
f0212511_21173599.jpg
大船山の御池
f0212511_21174298.jpg
八座目の北大船山
f0212511_21175081.jpg
段原から長い下りをおります
f0212511_2118040.jpg
段原から長い下りをおります
f0212511_2118736.jpg
坊ガツルで休憩する登山者たち
f0212511_21181612.jpg
目前に見える三俣山の直登を登ります
f0212511_21182573.jpg
急登の途中から振返り、坊ガツルと先ほど登った大船山を観る
f0212511_21183331.jpg
九座目の三俣山本峰
f0212511_21183917.jpg
三俣山の下りからスガモリ越と本日最初に登った星生山を観る
[PR]