【山名・標高】金敷城山426m 金立山502m 腰巻山514m 猿岳463m 土器山430m(佐賀県)
【月日・時間】2016年12月3日(土) 晴れ 山行時間6:33(休憩除く6:07) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離19.2㎞(車道5.0㎞含む) 累積標高(+)1,589m 歩数32,872歩
【車駐車位置】高速神埼バス停 マップコード:87659290*74

遅かった紅葉も終盤となりどこの山へと考え、今日は金敷城山から土器山までの縦走を計画。
高速神埼バス停に車をデポし高志館高校前バス停まで高速バスで移動します。値段は430円。
バス停から国道を進み巨石パークまで歩かず手前の乙文殊宮から金敷城山へ登っていきます。
登山道を登っていき金敷城山に到着、その後いろんな目印を頼りに名尾峠、大門峠と進み金立山に辿り着く。
ここまで8㎞近く歩いてきましたが、まだまだ残りは11㎞程有るようです。
腹ごしらえをして出発、大峠から腰巻山登山口間のルートは竹藪こぎで難儀する。
腰巻山に到着、竹藪こぎでステッキを無くした事に気付くが引返す気力は無し。
猿岳・土器山へ向け出発、途中猟犬?に出くわし噛まれそうになるが無事通過。
土器山に到着。素晴らしい眺望とゴール間近に心が安らぐ。
えぐられた花崗岩の道を下り八天神社に到着、その後道路を歩きバス停へ。
今回の縦走、素晴らしいコースでしたがステッキ紛失と猟犬遭遇は想定外でした。
後日、見知らぬ人からステッキを拾得したとコメントを頂きました。感謝です。

  09:02 高志館高校前バス停(5℃)…バス停から国道を1.7㎞歩く
    (高速神埼バス停から乗車し約10分後、高志館高校前バス停にて下車)
  09:20 乙文殊宮下宮…石段を登っていきます
  09:36 乙文殊宮上宮…落書き?された上宮
  10:01 鉄塔
  10:12 金敷城山…雑木により見晴無し
  10:26 名尾峠…近くに太陽光発電パネルが設置
  10:41 鉄塔
  11:04 大門峠…少し手前で鉄塔方面へ下り道間違える
  11:43 金立山(10℃)~12:00…誰もいない山頂、一部展望あり
  12:21 鉄塔
  12:36 大峠…国道を横断し並行するコンクリート道を登る
  12:56 鉄塔…大峠を過ぎ暫くしたら藪こぎ、GPS頼りに進む
  12:59 道路出る…藪こぎ断念し林道へ出る
  13:22 腰巻山登山口…林道に登山口標識あり
  13:37 腰巻山…ステッキが無くなっていることに気づく
  13:52 高地…ピークに高知と標識あり
  14:10 猿岳…山頂標識があります463m
  14:41 土器山~14:50…眺望が素晴らしい
  15:21 八天神社…土器山登山口 ここから約1.3㎞道路を歩く
  15:35 高速神埼バス停(13℃)…出発地点に帰ってきました
f0212511_05435435.jpg
高速バスのりば(高速神埼バス停8:48乗車~高志館高校前バス停8:57下車)
f0212511_05440868.jpg
クリックで拡大します
f0212511_05441907.jpg
高速神埼バス停より土器山を望む
f0212511_05444218.jpg
バスを待つ間、縦走路終盤の土器山辺りの稜線を眺める
f0212511_05472458.jpg
高速バス移動中に金立山を眺める
f0212511_05473734.jpg
国道263号線から見る与止日女神社の銀杏紅葉
f0212511_05521730.jpg
ホテル龍登園の横にある朱色の川上橋
f0212511_05522871.jpg
乙文殊宮下宮の階段から山歩き開始(以前は「乙」の文字は無かったと思う?)
f0212511_05523935.jpg
乙文殊宮上宮
f0212511_06103822.jpg
金敷城山の山頂、まだまだ先は長いです
f0212511_06105319.jpg
名尾峠に差し掛かると太陽光パネルが沢山並んでいます
f0212511_06110497.jpg
ちょこっと紅葉
f0212511_06111417.jpg
脊振山方面の山々、この後標識を見落とし間違って鉄塔方面へ下る。ロスタイム
f0212511_06112596.jpg
佐賀方面、霞んでいますが良い景色です
f0212511_06113424.jpg
ここの縦走路は気持ちが良いですね
f0212511_06114217.jpg
誰もいない金立山、一人でおにぎりを食べます
f0212511_06115103.jpg
縦走路は所々開けており左手に脊振山を眺めながら進む
f0212511_06115989.jpg
大峠の法面に紅葉した一本の木が目立っています
f0212511_06121330.jpg
大峠、右のコンクリートへ進みます、この先は竹藪こぎ有りでお勧めできません
軌跡の地図にあるピンク色ルート(林道)が無難です
f0212511_06122508.jpg
竹藪こぎで心が焦りリュックに入れていた新品ステッキを何度も枝に引っ掛ける。
鉄塔に出会ったあと作業道を歩き早々林道へ出て藪こぎから解放される。
f0212511_06123460.jpg
f0212511_06124434.jpg
腰巻山登山口を目指し林道を歩きながら山々を望む
腰巻山でステッキを無くしたことに気づきショック、藪こぎ路へ引き返す気力無し
f0212511_06125589.jpg
高地を過ぎた所で鈴の音が聞こえてきた、なんと黒い犬がこちらへ向かってきます
犬だけで人はいません、悠々と私の横を過ぎ去っていく
f0212511_06130540.jpg
また鈴の音が聞こえてきたと思ったら今度は茶色い犬が三~四匹
私に向かって吠えてきます、ステッキは無く恐る恐る道から脇に後ずさり
どうにか噛まれずにすれ違ったが、今度は後方から私についてくる様子
怖くて急ぎ足で歩く、暫くして鈴の音が聞こえなくなりホッとする
鈴と光を発する物を付けたあの犬は何だったんでしょう、登山道ですれ違ったら恐ろしいです
f0212511_06131769.jpg
f0212511_06132679.jpg
犬がついてこなくなり再び自然林を満喫しながら土器山へ
f0212511_06133604.jpg
土器山からの田園風景
f0212511_06134749.jpg
脊振山の自衛隊基地
f0212511_06135695.jpg
メットライフ生命の宣伝飛行船「スヌーピーJ号」が佐賀上空を飛んでいます
f0212511_06140710.jpg
雲仙の山々が霞みの上に浮いています
f0212511_06141783.jpg
落ちそうで落ちない岩
f0212511_06142537.jpg
f0212511_06143534.jpg
八天神社に到着、これからバス停まで1.3㎞の車道を歩きます
f0212511_06144737.jpg
車道を歩き途中で出会った「水車の里遊学館」の紅葉


[PR]
  【山名・標高】 基山 405m 天拝山 258m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年11月23日(水) 曇り 山行時間2:37(休憩除く2:37) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離13.7㎞(車道7.3㎞含む) 累積標高(+)682m 歩数16,858歩
  【車駐車位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*06

折角の祭日ですが今日も午後から雨の予報。高い山は既に雨が降っているようです。
雨が降る前にと思いランニングシューズで基山から天拝山の縦走をしてきました。
車道はちょっと小走りしたので2時間37分でJR二日市駅に辿り着きました。
二日市温泉辺りでは小雨がパラパラと降り出しましたが辛うじて濡れずにすむ。
JR二日市駅からJR原田駅まで電車で数分で帰りつき、その後は雨具を着てバイクで帰る。

  09:00 JR原田駅(10℃)
  09:09 高速道ガード横池
  09:23 1.4Km表示登山口
  09:35 東北門跡
  09:52 基山
  10:14 自然歩道案内板基山迄1.4Km
  10:35 筑紫野市総合公園
  10:46 林道終点
  11:09 天拝山
  11:25 天拝山歴史自然公園
  11:37 JR二日市駅(13℃)
f0212511_21312663.jpg
JR原田駅から出発します
f0212511_05391005.jpg
クリックで拡大
f0212511_21315404.jpg
基山へ登る途中の紅葉
f0212511_21320129.jpg
基山からの眺望
f0212511_21320994.jpg
f0212511_21321635.jpg
基山山頂近くには、「いものがんぎ」と呼ばれる凸凹地があります。これは、戦国時代に作られた一般的に見られる防御施設で、尾根からのルートを遮断しようとするものです。「いものがんぎ」とはその形状が芋畑の畝(うね)に似ていることからつけられました。

f0212511_21322517.jpg
草スキー下の紅葉
f0212511_21323555.jpg
草スキー下の紅葉
f0212511_21324210.jpg
f0212511_21325038.jpg
下はまだ青い
f0212511_21325978.jpg
筑紫野市総合公園
f0212511_21330749.jpg
f0212511_21331573.jpg
天拝山
f0212511_21332404.jpg
今にも雨が降りそうな空
f0212511_21333488.jpg
天拝山から下ってきました
f0212511_21334308.jpg
天拝山歴史自然公園の紅葉は素晴らしい
f0212511_21335308.jpg
天拝山歴史自然公園
f0212511_21340986.jpg
天拝山歴史自然公園
f0212511_21341939.jpg
JR二日市駅に着きました

[PR]
週末両日とも雨模様、山登りはお休み。
東平尾公園の周り約3.5㎞、一時間ほど歩き紅葉を楽しんできました。
f0212511_14322456.jpg
東平尾公園のビューポイントから福岡空港国際線ターミナルが見えます
f0212511_14324329.jpg
赤い軌跡が歩いルート
f0212511_14325201.jpg
からかまぼこ型をした福岡空港国際貨物、写真上部には福岡タワーも見えます
f0212511_14330239.jpg
陸上競技場まで来ました、観覧席奥の紅葉
f0212511_14331058.jpg
競技場紅葉の先には山肌が露わになった井野山がかすかに見えています
f0212511_14331797.jpg
東平尾公園周りの街路樹も色づいています
f0212511_14332425.jpg
紅葉に池が入ると一段といいですね
f0212511_14333205.jpg
テニス場辺りの街路樹紅葉
f0212511_14333920.jpg
一本丸ごと綺麗に紅葉してます
f0212511_14334728.jpg
ちょっとアップしてみます
f0212511_14335613.jpg
東平尾公園の表示
f0212511_14340548.jpg
レベルファイブ方向(サッカー場)へ向かう街路樹紅葉もいいですね
f0212511_14341409.jpg
東平尾公園を一周して出発地点へ帰ってきました、沢山の子供たちが楽しんでいます


[PR]
  【山名・標高】 古処山 859m 屏山 926m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年11月16日(水) 晴れ 山行時間4:39(休憩除く4:17) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離10.8㎞(車道1.5㎞含む) 累積標高(+)972m 歩数18,844歩
  【車駐車位置】 秋月キャンプ場駐車場 マップコード:55204624*11
 
今日は天気もよく、古処山の紅葉谷へ行ってきました。
紅葉谷は見ごろを過ぎているような感じでしたが、登山道まだまだ楽しめました。
紅葉谷分岐からロープを頼りに急斜面を尾根筋まで登り、その後も登っていきます。
紅葉谷紅葉は色づき始めと落葉が混じっており、写真には納めにくいが充分楽しめます。
ツゲのトンネルを経て縦走路を進み屏山まで歩きます。
展望は霞んでいおり福智山がかすかに見える程度ですが、筑豊地方の田園風景はよく見えます。
屏山から引返し古処山に立ち寄り、八丁越コースをのんびりと下山する。
古処山の山頂標識横に使い古したステッキを忘れちゃいました。この頃物忘れ低下激進行(笑)

  10:58 秋月キャンプ場(14℃)
f0212511_13393800.jpg  11:37 林道終点
  11:45 紅葉谷分岐
  12:13 合流
  12:19 ツゲトンネル入口
  12:31 縦走路出合い
  12:58 屏山~13:15
  13:35 ツゲ分岐
  14:00 古処山~14:05
  14:41 林道終点
  14:52 国道出合
  14:58 旧八丁道へ
  15:18 国道横断
  15:37 秋月キャンプ場(15℃)

f0212511_13394860.jpg
赤色が今回歩いたコース クリックで拡大
f0212511_13395653.jpg
f0212511_13400312.jpg
数年前の大水害の傷跡がまだまだ生々しいです
f0212511_13401114.jpg
林道終点で見かけた紅葉
f0212511_13402066.jpg
ここから右に曲がりロープを頼りに紅葉谷方面へ
f0212511_13403004.jpg
紅葉谷の紅葉
f0212511_13404119.jpg
f0212511_13410702.jpg
f0212511_13412363.jpg
f0212511_13413369.jpg
ツゲのトンネルへ入っていきます
f0212511_13414373.jpg
屏山への縦走路
f0212511_13415203.jpg
屏山からの眺望
f0212511_13420119.jpg
f0212511_13421263.jpg
古処山から振返り屏山を見る
f0212511_13422138.jpg
古処山の山頂、ステッキを忘れる
f0212511_13423446.jpg
f0212511_13424809.jpg
f0212511_13425622.jpg
八丁越ルートも良いですね~
f0212511_13430695.jpg
だんご庵を過ぎ、秋月キャンプ場入口の橋の袂から見る古処山方面の山

  
[PR]
  【山名・標高】 鷹ノ巣山 979m 英彦山 1,199 (福岡県)
  【月日・時間】 2016年11月13日(日) 晴れ 山行時間7:24(休憩除く6:38) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離13.5㎞(車道1.0㎞含む) 累積標高(+)1,762m 歩数21,587歩
  【車駐車位置】 豊前坊駐車場 マップコード:383217662*48

病み上がりですが英彦山の紅葉が気になり鷹ノ巣山と裏英彦山へ。
渋滞知らずのバイクで豊前坊へ、駐車場の紅葉は色づき見ごろです。

先ずは鷹ノ巣山の三ノ岳から一ノ岳まで尾根を歩き下山は巻道を通ります。
以前に比べると登山道が痛んでおり特に巻道は崩壊により不明瞭な道となっていました。
山肌が一斉に色づいていないようですが今が紅葉の見ごろのようです。
鷹ノ巣山を周回して歩いた後は裏英彦山ルートを歩きます。
コースは籠水峠まで進み、鹿の角経由で中岳、下山は北西尾根経由してスキー場、豊前坊へ。
取付き点から出発し10分程度歩いたところでお会いした方とご一緒することとなる。
黄色紅葉が素晴らしく、歩きながら何度も感動を味わいながら裏英彦山道を進む。
ケルンの滝では南岳へ直登される5人の方が休憩中。
5人の方に気を取られ一時ルートを外れるが、籠水峠に無事到着。
お初の鹿の角ルートを登っていきます。巨岩の先からの絶景展望を楽しみ鹿の角へ。
鹿の角から暫くは踏み跡が有ったがゴリラ岩辺りから不明瞭。
二人で大岩壁の辺りをウロウロして正規ルートを見つけ南岳巻道に出る。
英彦山中岳で休憩、紅葉シーズンとあって沢山の登山者です。

休憩した後、北西尾根を下りハシゴ辺りでモアイ岩へのルートを試みるが分からず。
モアイ岩は残念だが諦め紅葉を満喫しみながら野鳥観察路の十字路まで下ってきました。
ケルンの滝でお会いした方が休憩中、モアイ岩へ行くと言われていたが…。
話を聞くとモアイ岩へのルートは踏み跡無く藪こぎ的に下り頑張って辿り着いたとか。
素人二人で行かなくて良かったな~と実感、諦めがつきました。
あとは「英彦山山の家」へ下り、スキー場のススキを見て豊前坊に帰り着きました。
今日は鷹ノ巣山と英彦山の7時間にわたる満喫紅葉登山を楽しませていただきました。
裏英彦山からご一緒させて頂いた方、ありがとうございました。

  07:41 豊前坊駐車場(10℃)
f0212511_23094771.jpg  07:53 鷹ノ巣山取付点
  08:09 鷹ノ巣山一ノ岳
  08:37 鷹ノ巣山二ノ岳
  09:03 鷹ノ巣山三ノ岳~09:10
  09:57 鷹ノ巣山取付点
  10:00 裏英彦山取付点
  10:55 ケルンの谷
  11:40 籠水峠
  11:57 巨岩展望台
  12:07 鹿の角
  12:20 ゴリラ岩
  12:46 南岳巻道出合
  12:55 英彦山~13:25
  14:15 観察路十字路~14:25
  14:35 遊歩道合流
  14:45 スキー場
  15:05 豊前坊駐車場(12℃)
f0212511_23095939.jpg
f0212511_08382580.jpg
道路より鷹ノ巣山の一ノ岳を望みます
f0212511_08383650.jpg
一ノ岳への道、紅葉していますね~
f0212511_08384401.jpg
f0212511_08385208.jpg
二ノ岳より一ノ岳と英彦山北岳を望みます
f0212511_08390046.jpg
眼下は素晴らしい紅葉です
f0212511_08390758.jpg
朝日に照らされる一ノ岳斜面
f0212511_08394272.jpg
鷹ノ巣山の三ノ岳
f0212511_08395294.jpg
三ノ岳から尖った二ノ岳~平べったい一ノ岳を望みます
f0212511_08400896.jpg
一ノ岳と英彦山の全貌です
f0212511_08401912.jpg
三ノ岳の岩場を下ります
f0212511_08402697.jpg
何度見ても素晴らしい景色です
f0212511_08403797.jpg
f0212511_08404418.jpg
ここまでが鷹ノ巣山ルートで撮った写真
f0212511_08405366.jpg
裏英彦山を歩き岩場の所まで来ました、二人で進みます
f0212511_08410530.jpg
写真では上手く表現できませんが素晴らしい紅葉です
f0212511_08411764.jpg
黄色が多いですね
f0212511_08412635.jpg
勿論紅葉もあります
f0212511_08413778.jpg
まだまだ紅葉を楽しみます
f0212511_08414779.jpg
f0212511_08415500.jpg
紅葉を楽しみながら裏英彦山を歩く
f0212511_08420341.jpg
f0212511_08421309.jpg
一旦、籠水峠に立ち寄ったあと、巨岩(鹿の角方面)へ登っていきます
f0212511_08422302.jpg
巨岩の眼下にはモコモコとした紅葉が見れます
f0212511_08423245.jpg
こちらの紅葉も綺麗です
f0212511_08424483.jpg
f0212511_08431078.jpg
始め来ました鹿の角、昼食をされていた方がおられました
f0212511_08431967.jpg
斜面の紅葉も美しい
f0212511_08432889.jpg
赤色が鮮やかです
f0212511_08433878.jpg
ゴリラ岩、ここから南岳へのルートでちょっと迷いました
f0212511_08434960.jpg
苅又山方面?の紅葉
f0212511_08435858.jpg
無事、英彦山の山頂に着きました。二人で昼食します
f0212511_08440657.jpg
モアイ岩を諦め北西尾根を下ります
f0212511_08441429.jpg
自然美に酔いしれながら下ります
f0212511_08442274.jpg
北西尾根を通り、英彦山山の家まで真っ直ぐ下ってきました
f0212511_08443070.jpg
ススキと紅葉がいいですね~
f0212511_08443935.jpg
f0212511_08445123.jpg
紅葉をアップしてみました
f0212511_08450008.jpg
今日もよく歩きました。

[PR]
  【山名・標高】 矢筈岳 1113m 遠見山 1268m (熊本県)
  【月日・時間】 2016年11月6日(日) 晴れ 山行時間3:35(休憩除く3:23) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離11.1㎞(林道7.5㎞含む) 累積標高(+)750m 歩数17,586歩
  【車駐車位置】 川ノ口登山口 マップコード:751803354*65

昨日から遠征登山、道の駅「通潤橋」で一晩休んだが、風邪気味の体調は変わらず。
帰ろうかとも思ったが、昨年10月18日に登れなかった矢筈岳にリベンジして帰ることに。
川の口から矢筈岳登山口方面へ林道を車で進むが崩壊のため引き返す。
民家近くの空地に車を停めさせて頂き林道の起点から歩きます。
荒れ果てた林道を進み、矢筈岳の案内板を見つけるが登山道はよく分からない。
どうにか進み舗装された広域林道に出会う、最近はここが登山口になっているようだ。
一旦矢筈岳に登り、次に広域林道を進み今度は遠見山に登る。
下山は往路に歩いた林道を50分程歩いて出発地点に帰るつく。
今回の熊本百名山遠征一泊二日は二座にて終了、体調も思わしくないので午後から帰る。
この後、喉を痛め体調悪化、月曜日から一週間ほど声が出なくなり大変でした。

  09:15 川の口登山口(11℃)
f0212511_22214341.jpg  10:00 矢筈岳登山口案内板
  10:13 舗装道路出合登山口
  10:22 矢筈岳登山口
  10:28 矢筈岳~10:40
  10:50 舗装道路出合登山口
  11:03 新旧林道交差
  11:07 遠見山登山口
  11:30 遠見山~11:40
  11:58 遠見山登山口
  12:02 新旧林道交差
  12:16 矢筈岳登山口案内板
  12:50 川の口登山口(16℃)

f0212511_22215388.jpg

f0212511_22134305.jpg
林道を45分歩いた所にある標識
f0212511_22135585.jpg
矢筈岳の山頂
f0212511_22140378.jpg
山頂からは少し展望が開けています
f0212511_22141351.jpg
矢筈岳から広域林道方面へ下ります
f0212511_22143124.jpg
広域林道の登山案内板
f0212511_22144350.jpg
矢筈岳はおわん形の山
f0212511_22145655.jpg
f0212511_22150695.jpg
遠見山の登山口
f0212511_22152716.jpg
f0212511_22154081.jpg
f0212511_22161460.jpg
遠見山の山頂
f0212511_22162550.jpg
山頂から見る紅葉
f0212511_22170813.jpg
先ほど登った中央上部の矢筈岳と下に広域林道が見えています
f0212511_22172216.jpg
f0212511_22173572.jpg
f0212511_22174538.jpg
f0212511_22175751.jpg
f0212511_22180829.jpg

 
[PR]
  【山名・標高】 国見岳 1,738m (熊本県)
  【月日・時間】 2016年11月5日(土) 晴れ 山行時間7:03(休憩除く6:40) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離16.7㎞(林道1.0㎞含む) 累積標高(+)1,854m 歩数27,228歩
  【車駐車位置】 広河原登山口手前P マップコード:751557680*11

今回は一泊二日で熊本百名山の高岳、矢筈岳、遠見山の未踏の山へ登る計画で出発。
太宰府から高速を走り御船インターで降り、内大臣林道先の高岳登山口へ向う。
内大臣橋を渡り林道通行止めに高岳を諦めかけたが国見岳登山口までは行けるようである。
国見岳に登り縦走して高岳へ行こうと無謀な計画変更で国見岳登山口に到着。
トイレ付駐車場から出発、広河原登山口を通過して国見岳を目指します。
山肌の斜面を横に歩き、不明瞭な登山道を滑り落ちらないように進みます。
12時40分に国見岳到着、国見岳から高岳まで160分とあります。
高岳へ向かうがルートを間違え長谷登山口へ下ってしまう。
門割林道を約1㎞歩くと山池登山口に出合、縦走路(山池湿地)まで登り返します。
縦走路出合から100分掛かるようなので高岳は断念、杉ノ木谷コースで下山することに。
しかし、杉ノ木谷コースの分岐から登山道が分からずウロウロ、気が付けば既に15時。
数日前の目丸山遭難事件を思い出し、杉ノ木谷コースは諦め、往路を急いで引き返す。
小走りしながらどうにか日が暮れる前ギリギリ、17時半に登山口へ到着。
初めてのルートで、しかも思いつき的な無謀な計画で遭難しそうになりました、反省。
16㎞の歩き、疲れました~。高岳登山は計画を練り直し、再度挑戦となります。
通潤山荘の「浜の湯温泉」で風邪気味の身体を癒し道の駅「通潤橋」に車中泊する。

  10:22 バイオトイレ登山口(8℃)
f0212511_21121995.jpg  10:43 広河原登山口
  12:16 稜線(平家山・国見山分岐)
  12:42 国見岳(4℃)~13:05
  13:41 長谷登山口
  13:58 山池登山口
  14:15 稜線(国見山:高岳分岐)
  14:37 杉ノ木谷登山口分岐
  15:00 迷い引き返す
  15:15 杉ノ木谷登山口分岐
  15:37 国見岳下へ合流
  15:58 稜線(平家山・国見山分岐)
  17:14 広河原登山口
  17:25 バイオトイレ登山口(9℃)

  広河原登山口の手前にある
  登山口駐車場にあるバイオトイレ↗

f0212511_21133917.jpg
f0212511_21140584.jpg
広河原登山口
f0212511_21142335.jpg
f0212511_21144949.jpg
f0212511_21153669.jpg
f0212511_21160579.jpg
f0212511_21164579.jpg
国見岳山頂青空が眩しい
f0212511_21171287.jpg
f0212511_21195563.jpg
f0212511_21203146.jpg
長谷登山口に下っちゃいました
f0212511_21205566.jpg
門割林道を1㎞歩きます
f0212511_21212595.jpg
山池登山口から稜線へ登ります
f0212511_21215516.jpg
山池登山口から登り稜線(山池湿地)に出会います
f0212511_21222133.jpg
杉ノ木谷登山口分岐から下りますが道が分らず引き返す
f0212511_21231109.jpg
f0212511_21234133.jpg
f0212511_21241450.jpg

 
[PR]
  【山名・標高】 脊振山 1055m 唐人の舞 911m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年11月3日(火) 晴れ 山行時間4:26(休憩除く4:10) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離15.5㎞(林道6.4㎞含む) 累積標高(+)1,032m 歩数23,189歩
  【車駐車位置】 椎原バス停 マップコード:224177830*63

最近、野暮用が多く由布岳や大船山、九重連山へ行き紅葉を鑑賞する時間がありません。
どうにか3日の午後に時間が取れたので紅葉名所ではないが近場の脊振山へ行ってみました。
登山道の木々がちょっとだけ色づいている程度でまだ早いようです。
脊振山の下には駐車場があり、車で来られている方が多く見受けられました。
今日は快晴、山頂から360度の眺望を楽しまれているようでした。

  12:20 椎原バス停(16℃)
f0212511_22092374.jpg  12:45 船石橋
  13:11 林道横断
  13:50 矢筈峠
  14:02 フェンスゲート
  14:14 脊振山(10℃)~14:30
  14:42 フェンスゲート
  14:51 矢筈峠
  14:56 九州自然歩道入口
  15:15 唐人の舞
  15:38 椎原峠東
  16:02 林道横断
  16:17 林道
  16:21 船石橋
  16:46 椎原バス停(14℃)
f0212511_22094078.jpg
赤色が今回の軌跡
f0212511_22095337.jpg
f0212511_22100744.jpg
f0212511_22103061.jpg
f0212511_22111681.jpg
f0212511_22113241.jpg
紅葉の中に何かが隠れています?
f0212511_22115047.jpg
f0212511_22120774.jpg
脊振山から福岡市内を望む
f0212511_22122427.jpg
脊振山から福岡市内を望む

f0212511_22124430.jpg
自衛隊
f0212511_22130594.jpg
脊振山から北方面の紅葉
f0212511_22132383.jpg
脊振山の山頂から博多湾を望む
f0212511_22135236.jpg
脊振山から石段を下りながら見る紅葉
f0212511_22141063.jpg
脊振山駐車場から脊振山方面を望む
f0212511_22142972.jpg
f0212511_22144833.jpg
唐人の舞から見る
f0212511_22151511.jpg
唐人の舞から脊振山を見る
f0212511_22153326.jpg
f0212511_22154935.jpg
 
[PR]
  【山名・標高】 米ノ山 594m 若杉山 681m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年10月23日(日) 曇り 山行時間2:30(休憩除く2:24) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離9.7㎞(林道5.4㎞含む) 累積標高(+)719m 歩数15,607歩
  【車駐車位置】 皿山公園駐車場 マップコード:55603516

九重、大船山の紅葉が見ごろなので行きたかったが、土日は雨で断念しました。
日曜日の午後から晴れ間が出てきたので近場の米ノ山と若杉山へ行ってきました。
紅葉はまだ先ですが、雨上がりに福岡市内を米ノ山展望台より眺めてきました。
林道歩きが多かったけどちょっとした山歩きを楽しむことができました。

  14:40 皿山公園(18℃)
f0212511_23074325.jpg
  14:48 展望台まで2.1㎞
  15:00 分岐
  15:08 楽園分岐
  15:11 車道出合
  15:20 コンクリート道
  15:31 奥ノ院遥拝堂P
  15:41 米ノ山(16℃)
  15:44 米ノ山展望台~15:50
  15:55 奥ノ院遥拝堂P
  16:07 奥ノ院
  16:10 若杉山
  16:14 若杉ヶ鼻
  16:18 若杉山
  16:25 佐谷分岐
  16:45 鉄 塔
  16:51 登山口
  17:10 皿山公園(17℃)   蒸気機関車C11257車(昭和19年誕生以来30年間躍) ↑
f0212511_23080851.jpg
クルックで拡大します
f0212511_23082970.jpg
紅葉している木を発見
f0212511_23084588.jpg
今日は岳城へ行かず、ここから若杉山登山道へショートカットします
f0212511_23090197.jpg
右の柵へ入り込み急坂コンクリート道を進みます。
f0212511_23091732.jpg
雨上がりで苔むしたコンクリート道は滑ります
f0212511_23093424.jpg
楽園に到着、修行僧のお出迎えです
f0212511_23095624.jpg
米ノ山山頂へ向かいます
f0212511_23103010.jpg
米ノ山展望台からの風景
f0212511_23105066.jpg
中央に立花山が見えています
f0212511_23111350.jpg
西方面は糸島半島の可也山、手前に福岡ドームや福岡タワーが見えます
f0212511_23113023.jpg
眼下には粕屋町の駕与丁公園
f0212511_23114855.jpg
アイランドシティのタワーマンション
f0212511_23120627.jpg
へんろ道を進み奥ノ院へ
f0212511_23122810.jpg
若杉山のアンテナ鉄塔、ウロコ雲がいいですね
f0212511_23124641.jpg
若杉山山頂の写真を一枚
f0212511_23130496.jpg
若杉ヶ鼻から三郡縦走路を眺めます
f0212511_23132214.jpg
奥ノ院から佐谷方面へ下ります
f0212511_23133997.jpg
f0212511_23135547.jpg
若水林道の登山口に下ってきました
f0212511_23141240.jpg
皿山公園へ向け須惠町若水林道を歩きます


  
[PR]
  【山名・標高】 皿倉山622m 権現山6174m 帆柱山488m 花尾山351m 洞見台237m(福岡県)
  【月日・時間】 2016年10月15日(土) 晴れ 山行時間4:54(休憩除く4:06) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離10.6㎞(林道・車道4.7㎞含む) 累積標高(+)915m 歩数19,633歩
  【車駐車位置】 帆柱ケーブル山麓駅駐車場 マップコード:16365445*5

100㎞ウォークから一週間、まだまだ足底が治らないが、やはり天気が良いと山へいきたくなる。
皿倉山を中心に権現山・帆柱山・花尾山などの山々が連なる帆柱自然公園を歩く。
皿倉・国見岩コースを登り皿倉山の山頂で素晴らしい眺望を楽しみながら昼食をとる。
その後、権現山、帆柱山、花尾山と周回しながら自然公園の森林浴を満喫。
下山は花尾山から権現の泉を通り花尾分れへ、洞見台に立ち寄り帆柱ケーブル山麓駅に到着。
心配していた足も症状が悪くならず無事皿倉四座を周回することができました。

  10:40 帆柱ケーブル山麓駅(20℃)
f0212511_22465268.jpg  10:50 帆柱稲荷神社
  11:33 国見岩~11:39
  11:48 皿倉山(15℃)~12:15
  12:30 国見峠(皿倉平)
  12:48 権現山
  13:20 坊主跡
  13:44 帆柱山
  14:21 花尾山(16℃)~14:36
  14:51 権現の泉
  15:00 花尾分れ
  15:17 洞見台
  15:34 帆柱ケーブル山麓駅


f0212511_22471449.jpg
f0212511_22473296.jpg
帆柱稲荷神社
f0212511_22474818.jpg
f0212511_22480756.jpg
国見岩からの眺望
f0212511_22482927.jpg
白い屋根は小倉競輪場のドーム
f0212511_22484582.jpg
遠くに関門橋が見えます
f0212511_22494375.jpg
近くには若戸大橋
f0212511_22500207.jpg
遊園地のスペースワールド
f0212511_22504244.jpg
皿倉山からの眺望、右のピンク色建物は展望台
f0212511_22511758.jpg
皿倉山から小倉駅方面、カラフルな建物はリバーウォーク北九州
ビル群に隠れ勝山公園の小倉城は見えません
f0212511_22515481.jpg
f0212511_22521569.jpg
帆柱権現山神社の石段
f0212511_22523353.jpg
権現山から皿倉山を望む
f0212511_22525669.jpg
帆柱山への道
f0212511_22531224.jpg
f0212511_22534936.jpg
帆柱山の山頂
f0212511_22540887.jpg
花尾の辻辺りにあった大きな根っ子
f0212511_22542664.jpg
花尾山の山頂
f0212511_22550461.jpg
花尾山から洞海湾の奥に見える若松競艇場
f0212511_22552178.jpg
洞見台の広場、右奥に三角点あり



 
[PR]