【山名・標高】黒尊岳 908.5m 国見山 886.5m (鹿児島県)
【月日・時間】2017年11月4日(土) 晴れ 山行時間2:41(休憩除く2:28) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.1㎞(車道3.2㎞含む) 累積標高(+)528m 歩数13,533歩
【車駐車位置】国見平登山口 マップコード:670766704*54

先ほど御在所岳に登り、午後からは黒尊岳と国見山に登る。
国見平から低い樹木に身を丸め縦走路を進み黒尊岳に到着。
黒尊祠に立ち寄り登山口の国見平に引返し、今度は国見山へ登る。
国見山は殆どが車道歩きですが眺望は素晴らしい。
東には内之浦湾やロケット基地のアンテナ、北西には高隈山連峰が雄大に見えます。
登山を終え本日の宿泊地である鹿屋市へ向かい、夜は再び宴会。(@_@)

 13:10 国見平登山口(14℃)
 13:52 黒尊岳(10℃)~14:00
 14:08 黒尊祠・・・・岩の下に祠が有ります
 14:48 国見平登山口
 15:11 道路分岐・・・左の無線基地へは進まず直進します
 15:15 取付点・・・・ちょっと分かりづらい
 15:20 国見山(12℃)~15:25
 15:28 取付点
 15:33 道路分岐
 15:51 国見平登山口(12℃)
f0212511_23172536.jpg
国見平から先ずは黒尊岳へ
f0212511_23174062.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23174854.jpg
f0212511_23175409.jpg
f0212511_23180162.jpg
国見山方面に風車が見えます
f0212511_23181361.jpg
黒尊岳の山頂
f0212511_23182185.jpg
左に内之浦湾が見えます
f0212511_23183138.jpg
内之浦ロケット発射基地のアンテナが見えます
f0212511_23200542.jpg
f0212511_23201706.jpg
黒尊岳の祠
f0212511_23202697.jpg
縦走路から見る高隈山
f0212511_23203662.jpg
国見平に戻ってきました、今度はゲート横を通り国見山へ
f0212511_23204488.jpg
無線基地
f0212511_23205247.jpg
こんな道路を歩いて行きます
f0212511_23210036.jpg
国見山の山頂
f0212511_23210937.jpg
f0212511_23211757.jpg

【山名・標高】御在所岳 530m (鹿児島県)
【月日・時間】2017年11月4日(土) 晴れ 山行時間2:01(休憩除く1:49) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離6.3㎞(林道1.1㎞含む) 累積標高(+)458m 歩数10,362歩
【車駐車位置】田之浦小学校前駐車 マップコード:238826065*85

今日は午前中に御在所岳へ登り、午後は刀剣山に登る計画だったが・・。
御在所岳は、良くも悪くも何の変哲もない山でちょっとガッカリでした。
御在所岳登山のあと刀剣山へ向かうが本日の宿泊地(鹿屋市)を考慮し計画変更。
刀剣山は取り止め黒尊岳・国見山方面へ車を走らせる。

 09:40 田之浦小学校前(13℃)・・校門の前に駐車
 09:47 取付点
 10:00 第一展望台・・・・木々に覆われ展望無
 10:10 亀 石・・・・・・角度によっては亀に見えますね~
 10:32 御在所岳元宮跡
 10:38 御在所岳(12℃)~10:50
 10:55 御在所岳元宮跡
 11:17 亀 石
 11:24 第一展望台
 11:35 取付点
 11:41 田之浦小学校前(14℃)
f0212511_22430789.jpg
田之浦小学校横から入っていきます
f0212511_22432163.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22432708.jpg
取付き地点
f0212511_22433381.jpg
f0212511_22434336.jpg
亀石
f0212511_22434915.jpg
御在所岳元宮跡
f0212511_22435723.jpg
f0212511_22440260.jpg
f0212511_22441061.jpg
志布志湾がかすかに見えます


【山名・標高】水上越え 1,450m 山犬切 1,562m (熊本県)
【月日・時間】2017年11月3日(金) 曇り 山行時間4:30(休憩除く4:25) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.5㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1,039m 歩数16,591歩
【車駐車位置】球磨川源流登山口 マップコード:751041832*38

三日連休となれば遠くの山へ行きたくなる、よって熊本、鹿児島方面へ。
今日はH29年2月に徒渉しきれず登れなかった水上越にチャレンジする。
白蔵峠から先の登山口手前は、工事中だったが現場の人に通してもらえました。
登山口には老夫婦が二人、球磨川源流へ登って行かれようとしています。
遅れること10分、私も身支度をして出発します。
前回徒渉できなかった沢に到着、老夫婦は渡れず引き返されます。
私はリベンジでもあるので強引に飛び石を跳ねて渡る。
しかし、水苔でツルンと滑り激流の中へ足を突っ込み靴の中はずぶ濡れ。
怪我することは無く渡ることができたが、気を引き締め源流を目指します。
崩壊している登山道などで球磨川源流が分らず、気が付けば水上越に出てしまった。
山犬切まで紅葉を楽しみながら縦走路を歩きます。今日は山犬切迄で引き返す。
小雨が降ってきたので急いで下山開始、水上越の急坂を慎重に下る。
登山時に見つけられなかった球磨川源流を発見、「やった~」と叫び喜ぶ。
その後、源流から下り道を一時見失ったが、無事往路に出て再び下っていく。
下山時の徒渉は、飛び石を渡るのは避け、引っ掛かっている流木の上を渡る。
滑り落ちることなく徒渉、無事に登山口に帰り着きました。
五木スカイラインと高速道路を利用し宿泊地である鹿児島県姶良市へ移動。
夜は知人と合流「わび助」で宴会、相変わらず飲み過ぎました。(笑)

 10:50 球磨川源流登山口(15℃)
 11:12 徒 渉・・・・・足を滑らせ 靴からズポンまでずぶ濡れ
 12:00 球磨川源流横・・場所不明のまま水上越へ登る
 12:38 水上越・・・・・涸れ谷を迷いながら辿り着く
 13:10 七遍巡り・・・・縦走路を歩く、小雨が降り始める
 13:20 山犬切(11℃)~13:25・・・本降りになる前に早々退散
 13:38 七遍巡り・・・・紅葉は過ぎていますが綺麗です
 14:00 水上越・・・・・源流を探しながら下っていく
 14:26 球磨川源流・・・辿り着けました~(*^_^*)
 15:07 徒 渉・・・・・慎重に渡り扱けませんでした
 15:20 球磨川源流登山口(13℃)・・いつの間にか小雨は止んでいました
f0212511_22444780.jpg
球磨川水源登山口
f0212511_22453101.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22460185.jpg
この辺は紅葉してません
f0212511_22463184.jpg
f0212511_22470160.jpg
高度を上げると紅葉してきました
f0212511_22473186.jpg
いいですね
f0212511_22480235.jpg
水上越まで登ってきました
f0212511_22483170.jpg
縦走路の紅葉も素晴らしい
f0212511_22490124.jpg
山肌も綺麗ですね
f0212511_22493145.jpg
f0212511_22500185.jpg
素晴らしい紅葉です
f0212511_22503155.jpg
f0212511_22510138.jpg
山犬切(南)引返します
f0212511_22513190.jpg
空は曇ってます
f0212511_22520212.jpg
f0212511_22523271.jpg
水上越から下り球磨川水源近くの登山道、涸れ沢
f0212511_22530366.jpg
下山時に出会えました球磨川水源
f0212511_22540317.jpg
f0212511_22543289.jpg
下山時に徒渉で渡った流木枯木

【山名・標高】 平治岳 1642m 北大船山 1706m  大船山 1786m(大分県)
【月日・時間】 2017年10月26日(木)晴れ 山行時間6:29(休憩除く5:41) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離12.7㎞(車道0.2㎞含む) 累積標高(+)1,326m 歩数22,615歩
【車駐車位置】 男池登山口 マップコード:440740587*82

週末は天気が崩れそうなので会社を休んで大船山の紅葉鑑賞へ。
夕方は予定があるため早朝から行き16時には帰ってきました。
大船山の紅葉は終盤でしたが青空の下、気持よく歩いてきました。

 07:30 男池登山口(4℃)
 07:51 かくし水・・・今日は水量が多い
 08:11 平治岳直登分岐・・アキレス腱が悲鳴を上げる直登へ
 09:07 平治岳(13℃)~09:17・・雄大に見える冬支度した九重連山
 09:24 平治岳(南峰)・・・立ち寄らず通り過ぎます
 09:40 大戸越・・・・・・一人の登山者が休憩中
 10:19 北大船山・・・・・段原の西南斜面に紅葉
 10:23 段 原・・・・・・十数名の登山者が休憩中
 10:41 大船山(14℃)~11:00・・紅葉は過ぎていますが山頂は賑わってます
 11:21 段 原・・・・・・米窪を周り風穴へ下ります
 12:13 米窪分岐・・・・・高塚山や天狗岩の紅葉を見ながら下ってきた
 12:18 風 穴~12:37・・登山者と山談議、博多通りもん、美味しかった
 12:52 奥ゼリ・・・・・・この辺りの紅葉はまだ早いようです
 13:14 ソババッケ・・・・まだ早い時間ですが登山口へ帰ります
 13:31 かくし水・・・・・かくし水周辺から流れ出た水が沢を成しています
 13:59 男池登山口(16℃)・駐車場はまだ沢山の車が停まっています
f0212511_14253119.jpg
大船山から北大船山方面を望む
f0212511_14260190.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_15065894.jpg
男池を進んで行きます
f0212511_15070687.jpg
平治岳からの九重連山
f0212511_15071317.jpg
由布岳と鶴見岳
f0212511_15072065.jpg
ズーム、鶴見岳のアンテナも見えます
f0212511_15072622.jpg
こちらは英彦山の南岳、中岳、北岳(左)と鷹ノ巣山の一ノ岳、二ノ岳、三ノ岳(右)
f0212511_15073214.jpg
右にアンテナが建つ崩平山が見えます
f0212511_15073927.jpg
北大船山へ登る途中、平治岳を振返り見る
f0212511_15074847.jpg
遠くに阿蘇が見えています
f0212511_15075628.jpg
f0212511_15080583.jpg
大船山の御池、残念ながら終盤です
f0212511_15081378.jpg
f0212511_15082429.jpg
f0212511_15083382.jpg
米窪の紅葉
f0212511_15084343.jpg
米窪の紅葉
f0212511_15085661.jpg
米窪の紅葉
f0212511_15090555.jpg
高塚山と天狗岩の斜面
f0212511_15091411.jpg
f0212511_15092305.jpg
男池に帰ってきました

【山名・標高】三郡山 936m 宝満山 829m(福岡県)
【月日・時間】2017年10月21日(土) 曇り 山行時間4:01(休憩除く3:26) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離10.2㎞(車道1.6㎞含む) 累積標高(+)981m 歩数17,600歩
【車駐車位置】柚須原登山口 マップコード:55401741*3

台風21号は「超大型で非常に強い」勢力で日本の南を北上しています。
あす22日にかけて沖縄地方、あさって23日にかけて本州へ接近する見込みである。
大型台風の影響で三郡山の山頂は強い風が吹いています。
東の空は雲が掛かり段々と西へ押し寄せてきているようです。
早々に三郡山から宝満山へ縦走、周回して出発地点の柚須原へ下ります。
出発地点に帰って来た時は霧雨が降り始め、辛うじて雨には遭いませんでした。
今回も、射撃場の近くを通るときは銃声の音が鳴り響き耳触りですね。

 09:20 柚須原登山口(15℃)
 09:27 航空局ゲート・・・この先、廃虚の建物横から取付きます
 09:56 車道分岐・・・・三郡山とサンビレッジ茜の分岐
 10:13 車道出合・・・・再び尾根道へ
 10:24 車道出合・・・・再び尾根道へ
 10:29 車道出合・・・・ここから山頂まで道路を歩ます
 10:39 三郡山(11℃)~10:50・・風が強い
 11:03 頭巾山分岐・・・山頂には寄りません
 11:18 難所ヶ滝分岐・・
 11:36 宝満山(11℃)~12:00・・・福岡市内の眺望が素晴らしい
 12:19 難所ヶ滝分岐・・東の柚須原東方面へ下ります
 12:40 分 岐・・・・・仏頂山コースから三郡直行コースへ左折
 12:44 合 流・・・・・三郡直行コースに合流
 13:11 車道出る・・・射撃場の横を通ります
 13:21 柚須原登山口(14℃)
f0212511_10184292.jpg
柚須原登山口から歩きます
f0212511_10185298.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_20041396.jpg
自然林の中は気持良いですね
f0212511_20042016.jpg
天気は曇ってても心は癒されます
f0212511_20042632.jpg
f0212511_20043374.jpg
目前に三郡山のレーダーが見えてきました
f0212511_20043909.jpg
三郡山の山頂から見る博多湾
f0212511_20044691.jpg
いつ通っても素晴らしい縦走路
f0212511_20045371.jpg
宝満山に到着、岩の上から百道浜方面をズームアップ
f0212511_20050157.jpg
アイランドシティ方面、手前には駕与丁公園の池と糟屋ドームが見えています
f0212511_20051016.jpg
福岡空港の滑走路、左に国際線ターミナルが見えます
f0212511_20051811.jpg
福岡都市高速が右の中央から左へ博多区、南区、城南区と延びています
f0212511_20052681.jpg
少し紅葉が始まっています
f0212511_20053622.jpg
f0212511_20054545.jpg
小雨が降ってきました
f0212511_20055787.jpg
登山口の道路わきに咲く花
f0212511_20060432.jpg


【山名・標高】 基山 405m 天拝山 258m (福岡県)
【月日・時間】 2017年10月14日(土) 曇り 山行時間6:35(休憩除く4:44) 登山者15人
【距離・歩数】 沿面距離14.9㎞(車道7.3㎞含む) 累積標高(+)781m 歩数22,832歩
【車駐車位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*06

今日は会社のレク、総勢15名で基山~天拝山の縦走です。
JR原田駅に集合、9時10分に出発します。
ワイワイガヤガヤ話しながら車道を歩き、取付き点に到着、ここまでは順調。
ここから登山道に入りペースが一段と遅くなりますが、みなさん頑張ります。
山頂広場に到着、心配した雨も降らず眺望もまずまずです。
まだまだ縦走は始まったばかり、元気を出して天拝湖、公園へ向かいます。
九州自然歩道を気持ち良く歩き、総合公園に到着。
総合公園の芝生の上でおにぎりを食べます、途中ちょっと小雨に遭う。
休憩したあと天拝山へ登っていきますが、みなさんお疲れ気味です。
ちょこちょこ休憩を入れながら、無事、天拝山の山頂に到着。
頑張って基山と天拝山の二座に登頂しました。
この後、自然公園へ下り二日市温泉に入り二日市駅にて終了、解散となりました。
みなさん、温泉に入った後には成し遂げた達成感に満ちていたようです。

 09:10 JR原田駅(20℃)
 09:24 高速道ガード横池
 09:42 1.4Km表示登山口~09:48・・・取付き点小休止
 10:10 東北門跡・・・・・・・小休止
 10:36 展望広場~10:40(18℃)・・・眺望を楽しみます
 10:44 基 山・・・・・・・・久留米方面の耳納連山も見えます
 11:36 自然歩道案内板基山迄1.4Km・・・車道へ出ました
 11:46 県道横断・・・・・・・舗装道を天拝湖へ登っていきます
 12:08 筑紫野市総合公園~12:50(20℃)・・・お弁当タイム
 13:08 林道終点・・・・・・・登山道へ入り再び登っていきます
 13:55 天拝山(28℃)~14:10・・三郡山や立花山が見えます
 14:36 天拝山歴史自然公園・・・・車道を歩き温泉へ
 14:48 二日市温泉「御前湯」~15:32・・・入浴料金250円安いです
 15:45 JR二日市駅(27℃)・・・・・無事縦走終了、お疲れさまでした
f0212511_21255086.jpg
出発のJR原田駅
f0212511_21261940.jpg
クルックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21265006.jpg
f0212511_21271971.jpg
東北の門跡
f0212511_21274903.jpg
基山の山頂
f0212511_21281926.jpg
f0212511_21285061.jpg
筑紫野市総合公園、芝生の上で昼食
f0212511_21292087.jpg
アップダウンを繰り返し天拝山へ
f0212511_21295094.jpg
天拝山からの見る三郡山と方面山方面
f0212511_21302020.jpg
f0212511_21305070.jpg
二日市温泉の御前湯で疲れた身体を癒して帰ります


【山名・標高】大城山(四王寺山) 410m 大原山 354m (福岡県)
【月日・時間】2017年10月9日(月) 晴れ 山行時間2:20(休憩除く2:10) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離6.0㎞(林道0.4㎞含む) 累積標高(+)396m 歩数9,687歩
【車駐車位置】鮎返りの滝登山口 マップコード:55422835*58

今日は100㎞ウォークの翌日とあって、軽めの四王寺山脈の土塁を一周する。
また、新しく購入したカメラ「ニコンD5600」の撮影練習を試みる。
晴天で気持のよい山歩き、ただし霞んでいるので眺望は良くありません。
ちょこちょこと止まりながら写真を撮りますが設定が不慣れで上手く撮れません。
小さな花はピントを合わせるのが難しく、色合いも出せません。
紅葉シーズンまでに上達したいものです。

 09:30 鮎返りの滝登山口(23℃)
 09:40 勝田分岐
 09:49 小石垣合流
 10:05 大原山
 10:32 道路横断
 10:50 創造の森展望台~11:00
 11:18 毘沙門天(大城山)
 11:31 音楽堂
 11:50 鮎返りの滝登山口(26℃)
f0212511_21040940.jpg
鮎返りの滝登山口からスタートして土塁を周回します
f0212511_21143914.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_21083716.jpg
f0212511_21090861.jpg
何となく上手く撮れました
f0212511_21093737.jpg
f0212511_21100715.jpg
大原山
f0212511_21103861.jpg
花の写真を撮りますがなかなか難しいです
f0212511_21110812.jpg
焼米ヶ原の広場
f0212511_21113787.jpg
26番札所からの眺望
f0212511_21120885.jpg
大城山の山頂
f0212511_22150647.jpg
f0212511_21123738.jpg
遠くに若杉山が見えます
f0212511_21130763.jpg
再び写真の練習
f0212511_21135881.jpg
これからは一眼レフカメラ、ニコンD5600で写真撮ります

2017年10月7日(土)~8日(日) 晴れ ウォーク 単独  万歩計 136,000歩
時間12:07~5:50(トータル時間17:43 歩行時間17:43)沿面距離101.1Km

今年の目標は昨年と同じく17時間内の完歩でしたが、一昨年より悪く17時間42分のゴールとなる。去年のような大雨が降ることもなく天候に恵まれたウォークだったので期待したが、前日の寝不足が影響したのか何度も睡魔に襲われ、昨年のタイムを越えるのが精いっぱいでした。

自宅を7時半に出て行橋の知人宅に車を停めさせて頂き10時に会場到着、その後受付を済ます。
11時過ぎには正八幡宮の境内に入り、申告時間(16~18H)の位置に並ぶ。今年のゼッケン色は白ゼッケン(実績16H内~20H内)、黄ゼッケン(実績26H内)、青ゼッケン(初参加)の三色で私は白ゼッケンです。
前日の大雨は徐々に回復し雨の心配は無くなったが暑くなりそうです。11時20分から挨拶、激励太鼓、準備運動が行われ12時にウェーブスタート。私は12時7分にスタートゲートをくぐり出発する。

今回はスマホのバッテリーや食糧を余分に持ったためリュックが重たい。三時間ほど経つと両肩が痛くなり、四時間を過ぎると睡魔が襲ってくる。

第1チェックポイントを18時前に通過、背中の点滅ランプとヘッドライトを点灯し、前方の点滅ランプを追いながら歩きます。19時ごろには樋熊選手(競歩選手)が私の横をあっという間に通り過ぎ去って行きます。20時過ぎ(50㎞辺り)には再び睡魔に襲われ段々とペースが落ちていきます。

第2チェックポイントを過ぎても眠気はおさまらず、立石峠へ登っていくにつれ霧が発生し一段と眠気が増す。下りも霧の中を進み七曲り峠辺りでは霧が深くヘッドライトの光が地面に届きません。七曲り峠を一気に登り、最後の難所、赤松峠は蛇行しながら越えていきます。仲秋の名月後の、満月に近い月が霧の合間から見え元気をもらいます。

残り約13㎞地点の第3チェックポイントでは心身ともに極限状態、一歩一歩の足取りが重たい。別府湾の港明かりが見え、忍耐・忍耐と唱えながらゴールを目指す。
残りカウント距離5・3・2・1㎞表示に最後の力を振り絞り夜明け前にゴール。

肩の痛みに始まり、道中は睡魔に悩まされた100㎞、終わってみれば右足小指に肉刺ができただけだった。前回タイムより12分早かったものの、前々回より17分遅くなってしまい、目標の17時間内は夢と散りました。これが私の限界なのか?

北浜温泉テルマスで汗を流し歩いて別府駅まで帰る。駅前の「目利きの銀次」で朝食を取り10時27分発の普通電車で行橋まで戻り、その後、居眠り運転に気を付け14時ごろ自宅に帰り着いた。

  12:07  スタート(行橋正八幡宮)
  17:55  第1チェックポイント36.1㎞地点(中央公園)
  20:11  50㎞地点(サテライト宇佐を過ぎた辺り)
  22:19  第2チェックポイント61.6㎞地点(郷の駅宇佐)
  01:25  七曲り入口78.4㎞地点(杖貸出)
  03:10  第3チェックポイント87.3㎞地点(日出町保健福祉C)
  05:50  ゴール(別府的ヶ浜公園)
f0212511_18450433.jpg
正八幡宮の桜並木(猿田彦大神碑)にある受付へ向かいます
f0212511_18451505.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_12431862.jpg
正八幡宮の境内はウォーカーで埋め尽くされています
f0212511_12432973.jpg
素晴らしい枝ぶりの御神木に見守られながらスタートします
f0212511_12434522.jpg
今川沈下橋、昨夜の大雨で水量が多く吸い込まれそうな勢いで流れています
長井浜の海岸沿いは満潮時と重なり危険と判断され迂回路を歩いた
f0212511_12433687.jpg
昨年は大雨、今年は強い日差しで暑く、熱中症になりそうです。
この後、長井浜の海岸沿いは満潮時と重なり危険と判断され迂回路を歩いた。
f0212511_12435316.jpg
七曲り峠入口でバナナと梅干をほお張り、杖を借り坂道を登っていきます
f0212511_12440015.jpg
長かった道のり、夜明け前のゴール
f0212511_12441921.jpg
帰りの別府駅で「あそぼ~い!」が停車していました


【山名・標高】八方ヶ岳 1051.8m 蟹足岳 821.7m (熊本県)
【月日・時間】2017年10月1日(日) 曇り 山行時間3:50(休憩除く3:16) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離7.9㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)830m 歩数12,457歩
【車駐車位置】八方ヶ岳林道入口 マップコード:175593719*58

山友さんのブログを見てハサミ岩に登ってきました。
八方ヶ岳は三回目の登山、今日は曇っていますが360度の景色を楽しみます。
雲仙や多良岳、阿蘇の涅槃像、それに九重も見え素晴らしい景色です。
山頂で休憩したあと、今日の目的であるハサミ岩へ進みます。
蟹足岳の山頂までは問題なく進めましたが、その後はウロウロ。
蟹足岳の山頂からハサミ岩方面へ進んだが不明瞭なルートで迷ってしまう。
気が付けば下山ルートのロープ場に出てました。
ロープを頼りに登り、ハサミ岩直前の難所「三本の枯れ幹設置場」を登り岩峰に到着。
ここも八方ヶ岳に劣らず素晴らしい景色です。
岩場に腰かけ、おにぎり食べながらしばし休憩。
下山はロープが設置されている急勾配の斜面を下り林道に出る。
林道をテクテク帰り到着。
車で帰る途中、カニのハサミ岩を眺めて帰る。
番所の彼岸花は既に過ぎてて、白っぽく枯れていました。 

 09:10 八方ヶ岳林道入口(17℃)
 09:50 穴川分岐・・・・尾根に出ました
 10:18 班蛇分岐
 10:26 八方ヶ岳(22℃)~10:40
 11:09 蟹足岳分岐・・・これから先は初めて歩きます
 11:24 蟹足岳・・・・・三角点は無いけど標識が有ります
 11:50 カニのハサミ岩(23℃)~12:10・・・狭い岩の上
 12:31 林道出合い・・・急勾配を無事下りました
 13:00 八方ヶ岳林道入口(20℃)
f0212511_21504220.jpg
カニのハサミ岩全容(左に蟹足岳、右にハサミ岩)
f0212511_21505521.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21510146.jpg
八方ヶ岳林道からスタートします
f0212511_21510773.jpg
沢ルートを登っていきます
f0212511_21511481.jpg
尾根道に、落ちそうで落ちない岩、吹いてみたけど落ちません(笑)
f0212511_21512021.jpg
まもなく山頂
f0212511_21512648.jpg
八方ヶ岳の山頂、マツムシソウが可愛く咲いています
f0212511_21513496.jpg
阿蘇の涅槃像、最近顔が小さくなったような気がします?崩壊?
f0212511_21514328.jpg
左に金峰山、右に二ノ岳・三ノ岳が見えます
f0212511_21515366.jpg
有明海の先には雲仙普賢岳が見えます
f0212511_21520133.jpg
熊本市内の先には二ノ岳・三ノ岳
f0212511_21520936.jpg
f0212511_21521730.jpg
f0212511_21522567.jpg
f0212511_21523277.jpg
蟹足岳への分岐点、真っ直ぐ進みます
f0212511_21524348.jpg
蟹足岳の山頂、展望は得られません
f0212511_21525118.jpg
ハサミ岩へ登っている人が、下に見えます
f0212511_21530064.jpg
蟹足岳からハサミ岩へ向かうが迷ってしまいロープの所に出てきました
f0212511_21530829.jpg
ハサミ岩へ登る難所、三本の枯れ幹が中央直登の所に置いてあります
危険ですので自己責任でよじ登ってください
f0212511_21532057.jpg
ハサミ岩の岩峰からの眺望、山々の先には普賢岳
f0212511_21533256.jpg
ハサミ岩の山頂岩です
f0212511_21534392.jpg
急勾配をロープ頼りに下ります 手の平に肉刺ができました
f0212511_21535247.jpg
林道を歩いていると前方上部にそそり立っている岩峰を発見、良い形です
f0212511_21540712.jpg
沢山咲いています
f0212511_21541933.jpg
f0212511_21542985.jpg
ピークを過ぎている番所の彼岸花
f0212511_21543777.jpg
どうにかまだ見れる彼岸花
f0212511_21544526.jpg
一輪?撮るのも良いですね


  北九州無法松ツーデーマーチ(40㎞コース)
  2017年9月23日(土) 曇り ウォーク 単独  万歩計 51,559歩
  時間07:35~14:35 (時間7:00 歩行時間7:00) 沿面距離39.6Km

 今年も100㎞ウォークの予行練習ということで北九州無法松ツーデーマーチに参加。
 勿論、最長の40㎞、「壇の浦観潮と関門海峡横断コース」に出場。
 今日は足取りが重たい感じで、今一つ遅いペースで歩きます。
 関門海峡の人道トンネルは初めて通りますが人でごった返ししています。?
 JR九州ウォーキング「関門海の幸と北九州からあげ王座決定戦」のウォーカー達と一緒になったようです。
 本州の下関はみもすそ川公園のチェックポイントまで行っただけで折り返し九州門司へ。
 後半は下関港や北九州港の関門海峡を眺めながら勝山公園へ帰る。

  07:35 勝山公園(21℃)
  08:33 妙見神社(4.4km地点)
  10:17 小森江子供の森公園(14.3km地点)
  11:37 下関みもすそ川公園(22.1km地点)
  13:13 門司赤煉瓦プレイス(31.1km地点)
  14:35 勝山公園(25℃)
f0212511_07125344.jpg
スタート・ゴール地点の勝山公園
f0212511_07130366.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23215287.jpg
f0212511_23220071.jpg
布刈神社の鳥居をくぐります
f0212511_23220640.jpg
関門橋を眺め関門トンネル人道へ
f0212511_23221202.jpg
人道トンネルを歩きます
f0212511_23222020.jpg
福岡県と山口県の県境
f0212511_23222762.jpg
下関みもすそ川公園のチェックポイント
f0212511_23223757.jpg
下関みもすそ川公園
f0212511_23224349.jpg
めかり公園辺りから海峡ゆめタワーを眺めます
f0212511_23225235.jpg
JR九州ウォーキング「関門海の幸と北九州からあげ王座決定戦」の会場