【山名・標高】やくし山 999m マロン岩峰 1,065m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月3日(日) 晴れ 山行時間4:11(休憩除く3:46) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.6㎞(林道1.6㎞含む) 累積標高(+)1,033m 歩数15,767歩
【車駐車位置】長やぶ谷登山口 マップコード:536373219*64

先ほど桝形山と八原岳へ登り、午後はやくし山です。
工事中の看板と重なり登山口を見つけるのに時間がかかったが正午から出発。
初っ端から登山道を迷いながら進み、その後沢を登っていきます。
沢から離れ植林地のジグザグ急登を登り尾根まで出ます。
尾根から林道分岐までも、また急登です。急登続きで息が上がり林道で休憩。
その後、やくし山に到着、山頂から下り、今度はマロン岩峰へ進む。
岩場で扱けること無く無事、マロン岩峰到着。
ゆっくり休憩を取りたかったが、本日福岡へ帰ることを考え早々に下山する。
昨日からの一泊二日の熊本遠征登山、予定の三座を踏み終えました。
熊本百名山、残り5座となりました。(完了118/123)

 12:00 長やぶ谷登山口(23℃)
 12:26 沢分岐・・・・・・歩きにくい沢です
 12:45 尾根分岐・・・・・ここまで植林地の中、ジグザグ急登
 13:00 林道分岐~13:10・・あまりの疲れに休憩を取ります
 13:32 やくし山(23℃)~13:40
 13:47 林道出合・・・・・・マロン岩峰取付点を探します
 13:52 マロン岩峰取付点・・・雑草で覆われています
 14:33 マロン岩峰(24℃)~14:40
 15:06 マロン岩峰取付点
 15:25 林道分岐・・・・・・急坂を下っていきます
 15:37 尾根分岐・・・・・・ジグザグ道を下ります
 15:51 沢分岐
 16:11 長やぶ谷登山口(23℃)
f0212511_22515729.jpg
長やぶ谷登山口
f0212511_22522286.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22523039.jpg
植林地帯をジグザグに登っていきます
f0212511_22523623.jpg
尾根まで上がってきました
f0212511_22524376.jpg
林道分岐から気持ちよい登山道を緩やかに登っていきます
f0212511_22525247.jpg
やくし山に到着
f0212511_22530044.jpg
奥に見える岩場がマロン岩峰、今から行ってみます
f0212511_22530691.jpg
やくし山からの景色です
f0212511_22531451.jpg
やくし山から鹿よけネット沿いに下り林道へ
f0212511_22541806.jpg
林道を少し進んだ所にマロン岩峰の取付点があり、再びネット沿いに登っていきます
f0212511_22542703.jpg
ネットから外れマロン岩峰と反対方向へ岩場を進む、気づいて引き返す
f0212511_22543683.jpg
マロン岩峰が見えます、ふらつく足をしっかりと岩場に付けて進みます
f0212511_22544624.jpg
マロン岩峰に到着で~~す
f0212511_22545521.jpg
さきほど登った、やくし山が見えます。ちょっと休憩して下山します。

 
[PR]
【山名・標高】桝形山 1,085m 八原岳 1,150m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月3日(日) 晴れ 山行時間3:35(休憩除く3:25) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.0㎞(林道1.1㎞含む) 累積標高(+)1,034m 歩数14,587歩
【車駐車位置】頭地登山口 マップコード:536534776*05

道の駅「子守唄の里五木」に車中泊していたので早朝から登山開始。
二年ぶりの桝形山、やはり急登続きで息が上がります。
立ち止まりながら息を整え桝形山に到着、ちょっと小休止。
これから先の八原岳への道はお初、鹿よけネット横から登るが不明瞭。
引返して緩やかな登山道を見つけ八原岳の山頂に辿り着く。
八原岳より桝形山を熊本百名山に登録した方が良いみたいです。
下山は往路を戻り、桝形山からは斜面を転げ落ちるように下りました。
予定より早く下山、次のやくし山登山口へ移動します。
 
 06:30 頭地登山口(18℃)
 07:03 四合目・・・・・・急登が続きます
 07:14 五合目・・・・・・四~五合目辺りはロープが張ってあります
 07:35 八合目・・・・・・もう一息、最後の急登
 07:50 桝形山(16℃)~08:00
 08:08 林道出合・・・鹿よけネットを開けて出ます
 08:35 八原岳取付点・・・迷った末見つけた取付き点
 08:49 八原岳(17℃)・・・何となく山頂って感じ
 09:01 八原岳取付点
 09:07 桝形山取付点・・・鹿よけネットから入ります
 09:15 桝形山・・・・・・再び桝形山
 09:22 八合目
 09:33 五合目・・・・・・転げ落ちるように下山
 09:39 四合目
 10:05 頭地登山口(21℃)
f0212511_21550412.jpg
道の駅「子守唄の里五木」、車中泊していた二台の車は既にとこかへ出発してました
私も早々に登山口へ
f0212511_21551659.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21552561.jpg
頭地登山口、桝形山まで2,400mとありますが距離以上にシンドイです
f0212511_21553237.jpg
急登が続きます
f0212511_21554111.jpg
四合目から五合目、ロープが張ってありますが登山道の目印のようです
f0212511_21554770.jpg
急登のなかでも、良い感じに心癒されます
f0212511_21555490.jpg
五合目、まだ半分もあります
f0212511_21560232.jpg
f0212511_21561147.jpg
八合目、この周辺はシャクヤクなどの山野草生息地です
f0212511_21561995.jpg
間もなく桝形山です
f0212511_21562777.jpg
桝形山到着、山並が綺麗です
f0212511_21563656.jpg
五木村の集落から延びる道路が見えます
f0212511_21564594.jpg
桝形山から八原岳へ林道を向かう
f0212511_21565341.jpg
鹿よけネット横からの取付点、登っていくと不明瞭道、引き返します
f0212511_21570279.jpg
林道を戻り、なだらかな登りの取付き点を発見、登ります
f0212511_21571065.jpg
八原岳の山頂に到着、眺望がいいですね。
f0212511_21571834.jpg
八原岳の山頂は簡易的な鉄塔が建っていました。

[PR]
【山名・標高】間谷山 812m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月2日(土) 晴れ 山行時間3:30(休憩除く3:24) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離14.2㎞(林道13.3㎞含む) 累積標高(+)597m 歩数20,270歩
【車駐車位置】間谷山林道入口 マップコード:291743576*13

残り僅かとなった熊本百名山、天気も良く一泊二日で遠征してきました。
今回は間谷山、八原岳、やくし山の三座に登る計画。
初日は間谷山に登りましたが、殆どが林道歩き、登山靴で足が痛くなる。
間谷山は植林により展望は有りませんが西峰は抜群の展望が開けています。
東峰の山頂標識は、鹿よけネットが邪魔して見つけれませんでした。
下山後は明日の八原岳登山を考え、道の駅「子守唄の里五木」まで車移動。
五木温泉「夢唄」で汗を流し、道の駅で車中泊。
ガソリンスタンド併設のお店で買った500㎜の缶ビール、二本も飲んじゃいました。

 10:00 間谷山林道入口(20℃)
 10:19 間谷山東峰798m
 10:58 間谷山取付点
 11:07 間谷山(20℃)
 11:45 林道広場
 11:54 間谷山西峰794m(27℃)~12:00
 12:05 林道広場
 13:11 間谷山東峰798m
 13:30 間谷山林道入口(27℃)
f0212511_23305970.jpg
林道が続きます
f0212511_23311059.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23311969.jpg
林道から見る眺望、西峰からも見れます
f0212511_23312579.jpg
林道から見る眺望
f0212511_23313345.jpg
林道から見る眺望
f0212511_23314304.jpg
東峰の山頂が鹿よけネットの奥に有ると思うが見つけれません
f0212511_23315168.jpg
まだまだ林道を歩きます
f0212511_23320675.jpg
間谷山の取付き点を発見、登山道へ入っていきます
f0212511_23322811.jpg
間谷山の山頂、御覧の通り眺望は有りません
f0212511_23323594.jpg
林道を西峰方面へ進むと林道広場に出ました
f0212511_23324492.jpg
広場から林道を進み、巻きながら西峰山頂に辿り着く
f0212511_23325141.jpg
西峰からの眺望、一部の山林は伐採中
f0212511_23330156.jpg
西峰からの眺望、遠くに宇城市と八代海
f0212511_23331109.jpg
西峰からの眺望、遠くに金峰山、二ノ岳・三ノ岳、手前右は飯田山?

f0212511_23332861.jpg
西峰からの眺望、遠くに普賢岳


[PR]
【山名・標高】皿倉山622m 権現山617m 建郷山451m 双伍山507m
       音滝山417m 尺岳608m 福智山900.6m (福岡県)
【月日・時間】2017年8月27日(日) 晴れ 山行時間9:51(休憩除く9:16) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離29.6㎞(林道・車道6.7㎞含む) 累積標高(+)2,217m 歩数48,238歩
【車駐車位置】九州国際大学駐車場 マップコード:16365781*72

今日は2013年3月以来、四年半ぶりに福智山系の縦走に行ってきました。
帆柱ケーブル駐車場は立体駐車場建設中により、九州国際大学の臨時駐車場に車を停めて出発します。
(工事期間はH29/5/8~H29/11/末、臨時駐車場の開門時間は6:00~23:00)
臨時駐車場から車道を歩き帆柱ケーブル駐車場に到着、ここから国見岩コースを登っていきます。
皿倉山に登りその後アップダウンを繰り返し、山頂を踏みながら縦走します。
今回は残暑なのか年齢のせいか、疲れ気味で二リットルの水が早く無くなってしまう。
福智山の下の水場「たぬき水」で水分補充、元気を付けます。
福智山までの登山道は整備され歩きやすかったが、その後の登山道は雑草に覆われ歩けるものじゃありません。
背丈以上に伸びる雑草に道が塞がれ、両手で掻き分け進むが頂吉分れまで行くのが精一杯です。
牛斬山までの縦走は断念、頂吉分れからエスケープして下山、呼野駅を目指し下ります。
取付き点から上頂吉林道2.5㎞と車道2.9㎞の道路歩き5.4㎞は足の裏が痛くなりました。
JR呼野駅から八幡駅まで電車で帰り、その後は臨時駐車場までまた歩いて帰りました。
今回は牛斬山まで縦走できませんでしたが17時35分無事駐車場へ帰り着きました。
暫らく休憩したのち、ボチボチ車を運転して自宅に帰りました。

 06:30 九州国際大学P(20℃)・・帆柱ケーブルP工事に伴う臨時駐車場
 06:45 帆柱ケーブルP・・・・・工事中につき立入禁止
 07:40 皿倉山(21℃)・・・・・・国見岩コースを登り山頂に到着
 08:02 権現山・・・・・・・・・帆柱権現山神社を経て権現山山頂へ
 08:33 市ノ瀬峠・・・・・今日は何となく足取りが重い
 08:54 建郷山(19℃)・・・脇道して建郷山へ
 09:36 双伍山(23℃)・・・脇道して双伍山へ
 10:20 音滝山・・・・・・山頂の場所を探すが今回も不明
 10:24 観音越~10:30・・ちょっと休憩
 11:46 尺岳(23℃)~12:00・・・ここまで半分の道程、だいぶ疲れました
 12:26 山瀬越
 13:35 福智山(23℃)~13:50・・たぬき水を飲んで気合を入れる
 14:15 頂吉別れ・・・・・・福智山からの雑草道に体力消耗、この先の道に耐えきれずエスケープ
 14:58 取付点・・・・・・・頂吉分れからは始めての道、登山道はちょっと分かりづらかった
 15:34 吉 原・・・・・・取付き点から上頂吉林道を歩き国道(吉原)へ出る
 15:52 頂吉越・・・・・・まだまだ駅まで車道を歩きます
 16:21 JR呼野駅(26℃)・無人駅に到着、待つことなく16:21の電車に乗車、八幡駅へ
f0212511_23271891.jpg
f0212511_23273896.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22592803.jpg
国見岩コースの直登を登っていきます
f0212511_22593689.jpg
国見岩からの北九州
f0212511_22594307.jpg
f0212511_22594850.jpg
今年で閉園になる北九州スペースワールド遊園地、残念です
f0212511_22595478.jpg
皿倉山に登ってきました
f0212511_23000108.jpg
雲海が浮かんでいます
f0212511_23000924.jpg
権現山の山頂を過ぎ、本格的に縦走路を歩き始めます
f0212511_23001840.jpg
縦走路は良く整備されています
f0212511_23002660.jpg
鹿よけネットを開け登った所の鉄塔の下が双伍山山頂
f0212511_23003688.jpg
中間地点の尺岳まで来ましたが四年前と比べ今日は何故か疲れます。
暑さ?、それとも歳?。分かりませんが、とりあえず食事をとります。
f0212511_23005357.jpg
リュックの水は殆どありません、「たぬき水」をペットボトルに補充、生き返ります
f0212511_23010361.jpg
青空の下、福智山で再び休憩
f0212511_23011680.jpg
田園風景
f0212511_23012528.jpg
縦走出発地点の皿倉山が遠くにかすかに見えています
f0212511_23013324.jpg
福智山からの縦走路、延び放題の雑草、掻き分け進みます
f0212511_23014033.jpg
まだまだ掻き分けて進む道が続くようなので今回は頂吉別れでエスケープ。
f0212511_23015157.jpg
頂吉別れからは始めての道でしたが、無事、取付き地点まで下ってきました。
f0212511_23015866.jpg
長~い林道、そして長~い車道を歩いてJR呼野駅へ向かいます
f0212511_23020602.jpg
無人駅のJR呼野駅に着きました。疲れました~~。


[PR]
熊本百名山の踏破も終盤に差し掛かり、残暑厳しいなか低山へ行ってきました。
今日は暑くなる前に三座(彦岳、二城山、大津山)を踏む予定。
自宅を五時半に出発、彦岳の登山口に七時到着。(今日はバイク移動です)

f0212511_23314147.jpg
【山名・標高】彦岳355m(熊本県)
【月日・時間】2017年8月19日(土) 晴れ 山行時間1:01(休憩除く0:58) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離2.3㎞(林道0.2㎞含む) 累積標高(+)308m 歩数4,181歩
【車駐車位置】彦岳下宮本殿 マップコード:175487524*4

彦嶽宮の下宮から登りますが中宮辺りまで登山道が豪雨によりえぐれています。
暑いのに加え顔の周りに虫が飛び回り、また、クモの巣に行く手を阻まれます
短い時間でしたが、びしょびしょになり結構疲れました。
次の二城山へ移動します。

 07:10 彦嶽宮 下宮 本殿(22℃)
 07:27 彦嶽宮 中宮
 07:43 彦岳(23℃)~07:46
 07:58 彦嶽宮 中宮
 08:11 彦嶽宮 下宮 本殿(23℃)
f0212511_22443464.jpg
彦岳の全容
f0212511_22444703.jpg
(詳細はYAMAP)
f0212511_22445899.jpg
彦嶽宮 下宮 本殿
f0212511_22450575.jpg
彦嶽宮 下宮 本殿
f0212511_22451283.jpg
荒れた登山道を登ります
f0212511_22451940.jpg
f0212511_22452715.jpg
彦嶽宮 中宮
f0212511_22460610.jpg
彦岳の山頂、三角点
f0212511_22461863.jpg
彦岳の山頂、彦嶽宮 上宮


【山名・標高】二城山318m(熊本県)
【月日・時間】2017年8月19日(土) 晴れ 山行時間0:37(休憩除く0:33) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離1.9㎞(林道1.8㎞含む) 累積標高(+)91m 歩数3,010歩
【車駐車位置】林道三差路 マップコード:69505304*20

先ほど彦岳に登り次の二座目は二城山へ。
林道の三差路から出発、林道を歩き山頂に辿り着く。
山頂からの景色は良いですが今日はちょっと霞んでいます。
下山は三角点の有る所に寄り道、タッチして出発点に帰る。
本日、二座目終了。三座目の大津山登山口へ向かいます。

 09:20 林道三差路(25℃)・
 09:33 二城山(27℃)~09:37
 09:47 三角点
 09:57 林道三差路(26℃)
f0212511_22464558.jpg
林道三差路から登り歩き始めます
f0212511_22465880.jpg
クリックで拡大 二城山と大津山(赤い軌跡)  (詳細はYAMAPYAMAP)
f0212511_22470717.jpg
林道終点のコンクリート道を登ると山頂到着
f0212511_22471884.jpg
二城山の山頂
f0212511_22472701.jpg
のどかな風景が良いですね
f0212511_22473552.jpg
f0212511_22474365.jpg
二城山神社
f0212511_22475364.jpg
山頂三角点へ向かいます
f0212511_22480966.jpg
三角点を発見、残念ながら標識も何もありません


【山名・標高】大津山256m(熊本県)
【月日・時間】2017年8月19日(土) 晴れ 山行時間1:06(休憩除く0:58) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離3.1㎞(車道1.7㎞含む) 累積標高(+)211m 歩数4,347歩
【車駐車位置】大津山阿蘇神社 マップコード:69531609*26

本日予定していた三座目の大津山へ登ります。大津山阿蘇神社から登山開始。
整備された木製階段を登っていきます。
山頂は大津山氏の居城があった所で眺望が開けています。
眼下の南関町は見えますが遠くは霞んでぼんやりです。
下山は北口登山口へ向かい、大津山公園を通って帰る。
本日予定していた三座、午前中に踏むことができました。
彦岳と二城山は今一でしたが、大津山は市民の山で良かったですね。
熊本百名山、これで残り8座となりました。(115/123座)

 10:40 大津山阿蘇神社(29℃)
 11:03 大津山(29℃)~11:11
 11:22 北登山口
 11:46 大津山阿蘇神社(30℃)
f0212511_22482158.jpg
大津山阿蘇神社の鳥居から出発
f0212511_22483289.jpg
f0212511_22484191.jpg
神社の左にある登山口から登ります
f0212511_22484804.jpg
市民の憩いの場、よく整備されています
f0212511_22485703.jpg
山頂に到着
f0212511_22490975.jpg
大津山の山頂の三角点は草に埋もれています
f0212511_22491878.jpg
南関町が見えます
f0212511_22492626.jpg
藟嶽城(つづらだけじょう)跡
f0212511_22493473.jpg
f0212511_22494201.jpg
南関町「健康とゆとりの森整備事業」により掛けられた橋
四つの橋が有り戦国時代の武将の名前が付いています。
艦体元橋(あきもと)、新蔵橋(しんぞう)、家稜橋(いえかど)、資基橋(すけもと)
f0212511_22495070.jpg
北登山口へ下ります
f0212511_22495997.jpg
『皇太子殿下御成婚記念の森』碑


[PR]
【山名・標高】立花山367m 三日月山272m 尾山343m 白岳315m(福岡県)
【月日・時間】2017年8月13日(日) 晴れ 山行時間3:37(休憩除く3:19) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離10.6㎞(車道0.2㎞含む) 累積標高(+)995m 歩数16,729歩
【車駐車位置】長谷ダム登山口 マップコード:13567195

今日は近場の立花山に午後行ってきました。
数日前に台風5号が宮崎県沖を過ぎ去り、気温35℃を下回り少し涼しく感じます。
いつものように長谷ダムを出発して立花山、松尾山、白岳を周回して帰ってきました。

 13:20 長谷ダム登山口(31℃)
 13:40 鉄塔迂回路・・・・鉄塔工事中のため迂回路を通る
 13:50 長谷ダム(三日月橋)分岐
 13:55 長谷ダム急坂分岐
 14:09 三日月山(29℃)~14:12・・山頂には二人の先客
 14:23 十字路分岐
 14:36 立花山大楠・・・・・いつも見ても大きい大楠
 14:48 立花山(27℃)~15:00・・・先客7名、福岡市内の眺望は素晴しい
 15:12 松尾山(343m)・・・・展望は望めない
 15:20 白 岳(315m)・・・・展望は望めない、立花山登山口へ下る
 15:36 鷲尾大権現
 15:38 立花山登山口・・・・・再び縦走路へ登ります
 15:53 十字路分岐・・・・・・往路を帰ります
 16:05 三日月山(27℃)~16:08
 16:21 長谷ダム急坂分岐
 16:24 長谷ダム(三日月橋)分岐
 16:36 鉄塔迂回路
 16:57 長谷ダム登山口(28℃)
f0212511_23233691.jpg
出発地点の長谷ダムから湖を見る
f0212511_23254594.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23260045.jpg
送電線工事中(縦走路の鉄塔部分)期間は平成29年4月~平成30年5月予定
f0212511_23261583.jpg
縦走路を気持ちよく歩きます
f0212511_23262291.jpg
三日月山からの景色
f0212511_23263389.jpg
三日月山から見る南方面、中央に山肌が見えているのは井野山
f0212511_23264036.jpg
立花大楠へ向かいます
f0212511_23265006.jpg
立花山の大クス、幹周7.85m、樹高30m、樹齢300年以上(推定)
f0212511_23270780.jpg
立花山からの眺望
f0212511_23271665.jpg
f0212511_23272638.jpg
f0212511_23273416.jpg
f0212511_23274385.jpg
松尾山
f0212511_23275023.jpg
白岳
f0212511_23275749.jpg

[PR]
【山名・標高】井原山 983m (福岡県)
【月日・時間】2017年8月5日(土) 晴れ 山行時間4:20(休憩除く4:04) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離11.9㎞(林道2.0㎞含) 累積標高(+)1,159m 歩数16,840歩
【車駐車位置】キトク橋登山口 マップコード:224255847*22

満開が遅れていたオオキツネノカミソリを見に行ってきました。 
洗谷ルートを登り縦走路から井原山へ。沢登りは相変わらず体力を使います。
気温は25℃だけど台風の影響なのか山頂は風が有り涼しい。
休憩して水無谷ルートを下りキツネノカミソリ群生地へ。
少し枯れているのが見受けられますがタイミング的には満開のようです。
今年も出会えましたカミソリさん、写真なかなかうまく撮れませんね~。
一旦、水無登山口まで下り、14℃の自然クーラーに浸りアンの滝経由で帰ります。
水無谷ルートを登りアンの滝分岐から少し登った所でコヨーテさんに出会う。
山でお会いするのは初めてかな?、嬉しくて、ちょっとお話しをしました。
アンの滝を見てお昼前に登山口のキトク橋に到着。
今年もオオキツネノカミソリ鑑賞をすることができました。感謝です。
登山口は既に30℃を越え下界はもっと暑いようですがバイクで帰ります。

 07:30 きとく橋登山口(26℃)
 07:46 雷山中腹自然歩道入口
 09:00 縦走路出合
 09:14 アンノ滝分岐
 09:18 井原山(25℃)~09:30
 09:36 鍾乳洞分岐
 09:49 急坂終わり
 10:19 鍾乳洞・アン分岐
 10:32 鍾乳洞(14℃)~10:36
 10:49 鍾乳洞・アン分岐
 11:22 アンノ滝
 11:33 林道横断
 11:50 きとく橋登山口(30℃)
f0212511_19495707.jpg
f0212511_19501062.jpg
クリックで拡大、洗谷ルート軌跡は何故か乱れています(詳細はYAMAP
f0212511_19501823.jpg
キトク橋登山口から洗谷ルートへ移動中に見る風景
f0212511_19502635.jpg
洗谷ルートは良いね~
f0212511_19503430.jpg
先行される方がロープ場を登っています
f0212511_19504613.jpg
脊振縦走路、笹の中を歩きます
f0212511_19505472.jpg
井原山から見る糸島半島の眺望
f0212511_19510026.jpg
佐賀方面の山々
f0212511_19511068.jpg
縦走路に咲いているコオニユリ
f0212511_19511993.jpg
オオキツネノカミソリ
f0212511_19512718.jpg
ブロックに咲いているオオキツネノカミソリ
f0212511_19513518.jpg
満開?良いですね~
f0212511_19514258.jpg
いたる所に沢山咲いています
f0212511_19515256.jpg
蕾と一緒のオオキツネノカミソリ
f0212511_19520099.jpg
水無しの湧水(フクロ―岩)
f0212511_19520960.jpg
f0212511_19521852.jpg
アンの滝、水が少なく寂しいですね


[PR]
【山名・標高】飯田山 431m (熊本県)
【月日・時間】2017年7月30日(日) 晴れ 山行時間1:33(休憩除く1:24) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離4.5㎞(林道1.5㎞含む) 累積標高(+)348m 歩数6,894歩
【車駐車位置】新屋敷池登山口 マップコード:29293182*27

銚子笠に午前中登り午後から福岡へ帰るが・・・ちょっと寄り道。
未踏の熊本百名山のひとつ、飯田山が帰り道の益城町に位置しているので。
低山ゆえ涼しさ無く、気温38℃と暑く汗が噴き出ますが距離は短いので登ります。
常楽寺まで一丁(約109m)置きに石仏が祭られ十四丁からスタートします。
コンクリート道が殆どで顔の周りに虫が飛びまわり追い払うのに一苦労。
山頂は地権者のご好意により公園となっており熊本市の眺望も素晴らしい。
夕方でも、まだまだ日差しが強く、木陰も無く早々に下山しました。
二泊二日の熊本百名山遠征、おまけの一座をゲットして残り11座となる。
(112/123 )

 14:40 飯田公園(新屋敷池)(38℃)
 15:00 四丁石仏
 15:16 常楽寺
 15:26 飯田山(37℃)~15:35
 15:44 常楽寺
 15:54 四丁石仏
 16:13 飯田公園(新屋敷池)(37℃)
f0212511_12553516.jpg
車道と登山道の案内板
f0212511_12554526.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_12555499.jpg
飯田公園(新屋敷池)から出発します
一丁(約109m)毎に石仏が置かれ、十四丁から始まり一丁まであります
f0212511_12560282.jpg
コンクリート道を登っていきます
f0212511_12561096.jpg
四丁の所で車道と出会う
f0212511_12561730.jpg
飯田山の常楽寺、手前はお線香場(何故か半分に割れています)
f0212511_12562433.jpg
山頂近くにある白山神社
f0212511_12563348.jpg
飯田山の名前の由来
f0212511_12564297.jpg
まもなく山頂です
f0212511_12570615.jpg
飯田山の山頂
f0212511_12571422.jpg
金峰山や二ノ岳、三ノ岳が見えます
f0212511_12572262.jpg
熊本市内方面
f0212511_12573228.jpg
島原湾にそそぐ一級河川、緑川が見えています
f0212511_12574234.jpg
写真中央右側に白っぽく見えるのは熊本の陸上競技場とパークドームです

[PR]
【山名・標高】白鳥山 1,639m 銚子笠 1,489m (熊本県)
【月日・時間】2017年7月30日(日) 曇り 山行時間4:45(休憩除く4:37) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.8㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)893m 歩数21,447歩
【車駐車位置】峰越登山口 マップコード:751226351*58

熊本百名山、昨日は高岳に登り今日は銚子笠を目指します。
車中泊していた峰越登山口、車で移動することなく登山準備して出発。
峰越登山口から白鳥山までアップダウンが少なく疲れることなく一時間で到着。
山芍薬の花はありませんが実がたくさん付いています。
白鳥山から銚子笠への分岐、雑草で踏み跡が分からず迷う。
雑草の中、赤いテープを探しながら、どうにか斜面を下って行きます。
昨日に引き続き今日も膝から下は朝露でびしょ濡れ。
尾根まで下り、それからは迷うことなく銚子笠まで歩きます。
下山は往路を引返し再び白鳥山へ登り、御池を周回して帰ります。
午前中、暑くなる前に下山となりました。
熊本百名山の高岳・銚子笠を踏み残り12座となりました。(111/123)

 06:50 峰越登山口(18℃)
 07:35 ドリーネ分岐・・・柵で近くには寄れません
 07:50 白鳥山(18℃)・・・芍薬が咲く時期は賑やかですが今日は誰もいない
 08:06 銚子笠分岐・・・・銚子笠への分岐が分かりずらい
 08:17 急坂終わり・・・・道無き道の斜面を下る
 09:02 銚子笠(19℃)~09:10・・・残念ながら眺望は開けてません
 09:56 急登始まり
 10:08 銚子笠分岐
 10:20 白鳥山(21℃)・・・御池を周回します
 10:45 上ノ谷分岐・・・・御池二の池から御池一の池へ
 10:52 ドリーネ分岐
 11:35 峰越登山口(25℃)
f0212511_19553171.jpg
峰越登山口
f0212511_19561639.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_19564557.jpg
f0212511_19571549.jpg
芍薬の実がたくさん付いています
f0212511_19574528.jpg
気持ちいい道です
f0212511_19581651.jpg
白鳥山の山頂
f0212511_19584532.jpg
不思議な根っ子?幹?
f0212511_19591533.jpg
銚子笠に着きました
f0212511_19594628.jpg
朽ち果てた古い木が縦走路を塞いでいます
f0212511_20001771.jpg
気持ち良いですね~
f0212511_20004757.jpg
ガスが途切れた合間に見る山並
f0212511_20011806.jpg
昨日の向坂山で見たアサギマダラ、白鳥山にも沢山います
f0212511_20014769.jpg
御池二の池
f0212511_20021764.jpg
御池一の池

 
[PR]
【山名・標高】向坂山1,685m 三方山1,5784m(宮崎県) 高岳1,563m (熊本県)
【月日・時間】2017年7月29日(土) 曇り 山行時間6:17(休憩除く5:44) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離16.7㎞(林道1.0㎞含む) 累積標高(+)1,384m 歩数26,852歩
【車駐車位置】五ヶ瀬スキー場 マップコード:751598459*4

連日のように35℃以上の猛暑が続いており、少しでも標高が高く涼しい山を探します。
熊本百名山の踏破に向け金曜日の夕方から二泊二日で熊本県の山へ。
猛暑の影響で山岳部は雷雨の発生が多く、早朝に登り午後迄には下山する。
前日の午後に自宅を出発、高速道路は使わず一般道を走り南阿蘇では迂回路を通り高森市到着。
高森温泉館で温泉に入りコンビニ駐車場で車中泊、四時に起き五ヶ瀬スキー場登山口へ移動。
軽い朝食を取り登山の身支度をして六時過ぎにスキー場を出発。
向坂山に着くころには朝露で膝から下はびしょ濡れ、スパッツを持ってくればよかったと後悔。
向坂山から本格的な縦走路へ。靴の中まで濡れてきたが縦走路を涼しく気持ちよく歩きます。
縦走の路上にある三方山を過ぎ椎矢峠に到着。峠から内大臣方面への林道は崩壊しています。
林道の高岳登山口から急登を登り、山頂周辺でちょっと迷ったが無事山頂に到着。
雑木林で眺望は無く、多くの虫や小バエが身体の回りを飛び回り早々に退散します。
往路を帰ります、が、休憩が短かったこともあり向坂山に着くころは大分疲れてきました。
山頂に登りつめたら信ちゃんやヒゲティラスさん達と遭遇、仰天ビックリです。
まさか、こんなところで会うなんて、嬉しさのあまり疲れも吹っ飛びました。
出発点のスキー場までご一緒させて頂きキレンゲショウマも楽しませてもらいました。
ありがとうございました。
このあと、通潤橋の温泉につかり明日の銚子笠登山のため峰越峠まで移動し車中泊する。

 06:10 五ヶ瀬スキー場(21℃)
 06:24 向坂山・・・・朝露で膝から下はびしょ濡れ
 07:36 ピーク1,529m
 08:13 三方山・・・・縦走路の通過点にある山頂
 08:30 遠見山分岐
 08:36 椎矢峠・・・・峠の案内板が寂しくポツリと建っています
 08:41 高岳登山口・・急登を登り始めます
 08:57 高岳(21℃)~09:05・・・早々に退散
 09:16 高岳登山口
 09:19 椎矢峠
 09:24 遠見山分岐
 09:45 三方山
 10:20 ピーク1529m
 11:45 向坂山~12:10・・・皆さんと一緒に休憩
 12:27 五ヶ瀬スキー場(23℃)
f0212511_22213831.jpg
五ヶ瀬ハイランドスキー場から出発します
f0212511_22220740.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22223612.jpg
向坂山
f0212511_22230791.jpg
f0212511_22233819.jpg
晴れてますがガスが掛かっています
f0212511_22240770.jpg
f0212511_22243805.jpg
f0212511_22250724.jpg
「九州脊梁山脈トレイルランin山都町」のスタートからの19㎞距離表紙
f0212511_22253753.jpg
縦走路の小高い所が三方山の山頂
f0212511_22260891.jpg
奥の方には高岳が見えます
f0212511_22264168.jpg
f0212511_23272095.jpg
天主山や遠見山・稲積山方面への分岐点
f0212511_23275069.jpg
椎矢峠
f0212511_23281980.jpg
高岳への急登道へ入ります
f0212511_23284985.jpg
高岳山頂周辺は何処が山頂か分かりずらい
f0212511_23291912.jpg
ピークよりちょっと低い所が山頂、三角点があります
f0212511_23294944.jpg
f0212511_23301990.jpg
f0212511_23304990.jpg
f0212511_23311922.jpg
f0212511_23314900.jpg

 
[PR]