【山名・標高】 基山 405m 天拝山 258m (福岡県)
【月日・時間】 2017年10月14日(土) 曇り 山行時間6:35(休憩除く4:44) 登山者15人
【距離・歩数】 沿面距離14.9㎞(車道7.3㎞含む) 累積標高(+)781m 歩数22,832歩
【車駐車位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*06

今日は会社のレク、総勢15名で基山~天拝山の縦走です。
JR原田駅に集合、9時10分に出発します。
ワイワイガヤガヤ話しながら車道を歩き、取付き点に到着、ここまでは順調。
ここから登山道に入りペースが一段と遅くなりますが、みなさん頑張ります。
山頂広場に到着、心配した雨も降らず眺望もまずまずです。
まだまだ縦走は始まったばかり、元気を出して天拝湖、公園へ向かいます。
九州自然歩道を気持ち良く歩き、総合公園に到着。
総合公園の芝生の上でおにぎりを食べます、途中ちょっと小雨に遭う。
休憩したあと天拝山へ登っていきますが、みなさんお疲れ気味です。
ちょこちょこ休憩を入れながら、無事、天拝山の山頂に到着。
頑張って基山と天拝山の二座に登頂しました。
この後、自然公園へ下り二日市温泉に入り二日市駅にて終了、解散となりました。
みなさん、温泉に入った後には成し遂げた達成感に満ちていたようです。

 09:10 JR原田駅(20℃)
 09:24 高速道ガード横池
 09:42 1.4Km表示登山口~09:48・・・取付き点小休止
 10:10 東北門跡・・・・・・・小休止
 10:36 展望広場~10:40(18℃)・・・眺望を楽しみます
 10:44 基 山・・・・・・・・久留米方面の耳納連山も見えます
 11:36 自然歩道案内板基山迄1.4Km・・・車道へ出ました
 11:46 県道横断・・・・・・・舗装道を天拝湖へ登っていきます
 12:08 筑紫野市総合公園~12:50(20℃)・・・お弁当タイム
 13:08 林道終点・・・・・・・登山道へ入り再び登っていきます
 13:55 天拝山(28℃)~14:10・・三郡山や立花山が見えます
 14:36 天拝山歴史自然公園・・・・車道を歩き温泉へ
 14:48 二日市温泉「御前湯」~15:32・・・入浴料金250円安いです
 15:45 JR二日市駅(27℃)・・・・・無事縦走終了、お疲れさまでした
f0212511_21255086.jpg
出発のJR原田駅
f0212511_21261940.jpg
クルックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21265006.jpg
f0212511_21271971.jpg
東北の門跡
f0212511_21274903.jpg
基山の山頂
f0212511_21281926.jpg
f0212511_21285061.jpg
筑紫野市総合公園、芝生の上で昼食
f0212511_21292087.jpg
アップダウンを繰り返し天拝山へ
f0212511_21295094.jpg
天拝山からの見る三郡山と方面山方面
f0212511_21302020.jpg
f0212511_21305070.jpg
二日市温泉の御前湯で疲れた身体を癒して帰ります


[PR]
【山名・標高】大城山(四王寺山) 410m 大原山 354m (福岡県)
【月日・時間】2017年10月9日(月) 晴れ 山行時間2:20(休憩除く2:10) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離6.0㎞(林道0.4㎞含む) 累積標高(+)396m 歩数9,687歩
【車駐車位置】鮎返りの滝登山口 マップコード:55422835*58

今日は100㎞ウォークの翌日とあって、軽めの四王寺山脈の土塁を一周する。
また、新しく購入したカメラ「ニコンD5600」の撮影練習を試みる。
晴天で気持のよい山歩き、ただし霞んでいるので眺望は良くありません。
ちょこちょこと止まりながら写真を撮りますが設定が不慣れで上手く撮れません。
小さな花はピントを合わせるのが難しく、色合いも出せません。
紅葉シーズンまでに上達したいものです。

 09:30 鮎返りの滝登山口(23℃)
 09:40 勝田分岐
 09:49 小石垣合流
 10:05 大原山
 10:32 道路横断
 10:50 創造の森展望台~11:00
 11:18 毘沙門天(大城山)
 11:31 音楽堂
 11:50 鮎返りの滝登山口(26℃)
f0212511_21040940.jpg
鮎返りの滝登山口からスタートして土塁を周回します
f0212511_21143914.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_21083716.jpg
f0212511_21090861.jpg
何となく上手く撮れました
f0212511_21093737.jpg
f0212511_21100715.jpg
大原山
f0212511_21103861.jpg
花の写真を撮りますがなかなか難しいです
f0212511_21110812.jpg
焼米ヶ原の広場
f0212511_21113787.jpg
26番札所からの眺望
f0212511_21120885.jpg
大城山の山頂
f0212511_22150647.jpg
f0212511_21123738.jpg
遠くに若杉山が見えます
f0212511_21130763.jpg
再び写真の練習
f0212511_21135881.jpg
これからは一眼レフカメラ、ニコンD5600で写真撮ります

[PR]
2017年10月7日(土)~8日(日) 晴れ ウォーク 単独  万歩計 136,000歩
時間12:07~5:50(トータル時間17:43 歩行時間17:43)沿面距離101.1Km

今年の目標は昨年と同じく17時間内の完歩でしたが、一昨年より悪く17時間42分のゴールとなる。去年のような大雨が降ることもなく天候に恵まれたウォークだったので期待したが、前日の寝不足が影響したのか何度も睡魔に襲われ、昨年のタイムを越えるのが精いっぱいでした。

自宅を7時半に出て行橋の知人宅に車を停めさせて頂き10時に会場到着、その後受付を済ます。
11時過ぎには正八幡宮の境内に入り、申告時間(16~18H)の位置に並ぶ。今年のゼッケン色は白ゼッケン(実績16H内~20H内)、黄ゼッケン(実績26H内)、青ゼッケン(初参加)の三色で私は白ゼッケンです。
前日の大雨は徐々に回復し雨の心配は無くなったが暑くなりそうです。11時20分から挨拶、激励太鼓、準備運動が行われ12時にウェーブスタート。私は12時7分にスタートゲートをくぐり出発する。

今回はスマホのバッテリーや食糧を余分に持ったためリュックが重たい。三時間ほど経つと両肩が痛くなり、四時間を過ぎると睡魔が襲ってくる。

第1チェックポイントを18時前に通過、背中の点滅ランプとヘッドライトを点灯し、前方の点滅ランプを追いながら歩きます。19時ごろには樋熊選手(競歩選手)が私の横をあっという間に通り過ぎ去って行きます。20時過ぎ(50㎞辺り)には再び睡魔に襲われ段々とペースが落ちていきます。

第2チェックポイントを過ぎても眠気はおさまらず、立石峠へ登っていくにつれ霧が発生し一段と眠気が増す。下りも霧の中を進み七曲り峠辺りでは霧が深くヘッドライトの光が地面に届きません。七曲り峠を一気に登り、最後の難所、赤松峠は蛇行しながら越えていきます。仲秋の名月後の、満月に近い月が霧の合間から見え元気をもらいます。

残り約13㎞地点の第3チェックポイントでは心身ともに極限状態、一歩一歩の足取りが重たい。別府湾の港明かりが見え、忍耐・忍耐と唱えながらゴールを目指す。
残りカウント距離5・3・2・1㎞表示に最後の力を振り絞り夜明け前にゴール。

肩の痛みに始まり、道中は睡魔に悩まされた100㎞、終わってみれば右足小指に肉刺ができただけだった。前回タイムより12分早かったものの、前々回より17分遅くなってしまい、目標の17時間内は夢と散りました。これが私の限界なのか?

北浜温泉テルマスで汗を流し歩いて別府駅まで帰る。駅前の「目利きの銀次」で朝食を取り10時27分発の普通電車で行橋まで戻り、その後、居眠り運転に気を付け14時ごろ自宅に帰り着いた。

  12:07  スタート(行橋正八幡宮)
  17:55  第1チェックポイント36.1㎞地点(中央公園)
  20:11  50㎞地点(サテライト宇佐を過ぎた辺り)
  22:19  第2チェックポイント61.6㎞地点(郷の駅宇佐)
  01:25  七曲り入口78.4㎞地点(杖貸出)
  03:10  第3チェックポイント87.3㎞地点(日出町保健福祉C)
  05:50  ゴール(別府的ヶ浜公園)
f0212511_18450433.jpg
正八幡宮の桜並木(猿田彦大神碑)にある受付へ向かいます
f0212511_18451505.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_12431862.jpg
正八幡宮の境内はウォーカーで埋め尽くされています
f0212511_12432973.jpg
素晴らしい枝ぶりの御神木に見守られながらスタートします
f0212511_12434522.jpg
今川沈下橋、昨夜の大雨で水量が多く吸い込まれそうな勢いで流れています
長井浜の海岸沿いは満潮時と重なり危険と判断され迂回路を歩いた
f0212511_12433687.jpg
昨年は大雨、今年は強い日差しで暑く、熱中症になりそうです。
この後、長井浜の海岸沿いは満潮時と重なり危険と判断され迂回路を歩いた。
f0212511_12435316.jpg
七曲り峠入口でバナナと梅干をほお張り、杖を借り坂道を登っていきます
f0212511_12440015.jpg
長かった道のり、夜明け前のゴール
f0212511_12441921.jpg
帰りの別府駅で「あそぼ~い!」が停車していました


[PR]
【山名・標高】八方ヶ岳 1051.8m 蟹足岳 821.7m (熊本県)
【月日・時間】2017年10月1日(日) 曇り 山行時間3:50(休憩除く3:16) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離7.9㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)830m 歩数12,457歩
【車駐車位置】八方ヶ岳林道入口 マップコード:175593719*58

山友さんのブログを見てハサミ岩に登ってきました。
八方ヶ岳は三回目の登山、今日は曇っていますが360度の景色を楽しみます。
雲仙や多良岳、阿蘇の涅槃像、それに九重も見え素晴らしい景色です。
山頂で休憩したあと、今日の目的であるハサミ岩へ進みます。
蟹足岳の山頂までは問題なく進めましたが、その後はウロウロ。
蟹足岳の山頂からハサミ岩方面へ進んだが不明瞭なルートで迷ってしまう。
気が付けば下山ルートのロープ場に出てました。
ロープを頼りに登り、ハサミ岩直前の難所「三本の枯れ幹設置場」を登り岩峰に到着。
ここも八方ヶ岳に劣らず素晴らしい景色です。
岩場に腰かけ、おにぎり食べながらしばし休憩。
下山はロープが設置されている急勾配の斜面を下り林道に出る。
林道をテクテク帰り到着。
車で帰る途中、カニのハサミ岩を眺めて帰る。
番所の彼岸花は既に過ぎてて、白っぽく枯れていました。 

 09:10 八方ヶ岳林道入口(17℃)
 09:50 穴川分岐・・・・尾根に出ました
 10:18 班蛇分岐
 10:26 八方ヶ岳(22℃)~10:40
 11:09 蟹足岳分岐・・・これから先は初めて歩きます
 11:24 蟹足岳・・・・・三角点は無いけど標識が有ります
 11:50 カニのハサミ岩(23℃)~12:10・・・狭い岩の上
 12:31 林道出合い・・・急勾配を無事下りました
 13:00 八方ヶ岳林道入口(20℃)
f0212511_21504220.jpg
カニのハサミ岩全容(左に蟹足岳、右にハサミ岩)
f0212511_21505521.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21510146.jpg
八方ヶ岳林道からスタートします
f0212511_21510773.jpg
沢ルートを登っていきます
f0212511_21511481.jpg
尾根道に、落ちそうで落ちない岩、吹いてみたけど落ちません(笑)
f0212511_21512021.jpg
まもなく山頂
f0212511_21512648.jpg
八方ヶ岳の山頂、マツムシソウが可愛く咲いています
f0212511_21513496.jpg
阿蘇の涅槃像、最近顔が小さくなったような気がします?崩壊?
f0212511_21514328.jpg
左に金峰山、右に二ノ岳・三ノ岳が見えます
f0212511_21515366.jpg
有明海の先には雲仙普賢岳が見えます
f0212511_21520133.jpg
熊本市内の先には二ノ岳・三ノ岳
f0212511_21520936.jpg
f0212511_21521730.jpg
f0212511_21522567.jpg
f0212511_21523277.jpg
蟹足岳への分岐点、真っ直ぐ進みます
f0212511_21524348.jpg
蟹足岳の山頂、展望は得られません
f0212511_21525118.jpg
ハサミ岩へ登っている人が、下に見えます
f0212511_21530064.jpg
蟹足岳からハサミ岩へ向かうが迷ってしまいロープの所に出てきました
f0212511_21530829.jpg
ハサミ岩へ登る難所、三本の枯れ幹が中央直登の所に置いてあります
危険ですので自己責任でよじ登ってください
f0212511_21532057.jpg
ハサミ岩の岩峰からの眺望、山々の先には普賢岳
f0212511_21533256.jpg
ハサミ岩の山頂岩です
f0212511_21534392.jpg
急勾配をロープ頼りに下ります 手の平に肉刺ができました
f0212511_21535247.jpg
林道を歩いていると前方上部にそそり立っている岩峰を発見、良い形です
f0212511_21540712.jpg
沢山咲いています
f0212511_21541933.jpg
f0212511_21542985.jpg
ピークを過ぎている番所の彼岸花
f0212511_21543777.jpg
どうにかまだ見れる彼岸花
f0212511_21544526.jpg
一輪?撮るのも良いですね


[PR]
  北九州無法松ツーデーマーチ(40㎞コース)
  2017年9月23日(土) 曇り ウォーク 単独  万歩計 51,559歩
  時間07:35~14:35 (時間7:00 歩行時間7:00) 沿面距離39.6Km

 今年も100㎞ウォークの予行練習ということで北九州無法松ツーデーマーチに参加。
 勿論、最長の40㎞、「壇の浦観潮と関門海峡横断コース」に出場。
 今日は足取りが重たい感じで、今一つ遅いペースで歩きます。
 関門海峡の人道トンネルは初めて通りますが人でごった返ししています。?
 JR九州ウォーキング「関門海の幸と北九州からあげ王座決定戦」のウォーカー達と一緒になったようです。
 本州の下関はみもすそ川公園のチェックポイントまで行っただけで折り返し九州門司へ。
 後半は下関港や北九州港の関門海峡を眺めながら勝山公園へ帰る。

  07:35 勝山公園(21℃)
  08:33 妙見神社(4.4km地点)
  10:17 小森江子供の森公園(14.3km地点)
  11:37 下関みもすそ川公園(22.1km地点)
  13:13 門司赤煉瓦プレイス(31.1km地点)
  14:35 勝山公園(25℃)
f0212511_07125344.jpg
スタート・ゴール地点の勝山公園
f0212511_07130366.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23215287.jpg
f0212511_23220071.jpg
布刈神社の鳥居をくぐります
f0212511_23220640.jpg
関門橋を眺め関門トンネル人道へ
f0212511_23221202.jpg
人道トンネルを歩きます
f0212511_23222020.jpg
福岡県と山口県の県境
f0212511_23222762.jpg
下関みもすそ川公園のチェックポイント
f0212511_23223757.jpg
下関みもすそ川公園
f0212511_23224349.jpg
めかり公園辺りから海峡ゆめタワーを眺めます
f0212511_23225235.jpg
JR九州ウォーキング「関門海の幸と北九州からあげ王座決定戦」の会場

[PR]
熊本百名山の踏破も目前となり、残すは米塚(ジオサイト)の一座となった。
現在、登山禁止となっており残念ながら登れず眺めるだけの山です。
f0212511_22150843.jpg
それならば、と思い米塚の写真と「塚」が付く、北塚、本塚、灰塚と高塚、上米塚の五座を歩いて熊本百名山の踏破完としよう。
阿蘇カルデラに浮かぶ三つの小火山丘、①北塚、②本塚、③灰塚を歩き、次に「阿蘇みんなの森」近くの④高塚、最後に米塚の南側に位置する⑤上米塚を歩きます。
f0212511_22152704.jpg
 【山名・標高】北塚 552m 本塚 574m  灰塚 520m(熊本県)
 【月日・時間】2017年9月18日(月) 晴れ 山行時間2:13(休憩除く1:53) 登山者2名
 【距離・歩数】沿面距離5.4㎞(農道2.8㎞含む) 累積標高(+)236m 歩数7,860歩
 【車駐車位置】阿蘇農村公園あぴか駐車場 マップコード:256727051*08
先ずは北塚、本塚、灰塚を「阿蘇農村公園あぴか」からスタートし一筆書きに歩きます。
北塚は防火帯を登り山頂と思われる四角い御影石に到着、引き返し次の本塚へ。
本塚は灰塚との分岐点から直登で登るが背丈以上に伸びた雑草に苦戦しながら登る。
山頂は三角点柱が有り、近くには「二辺塚城跡」の記念碑がありますが倒れています。
下山は安全でなだらかな道を下り灰塚分岐点まで農道を戻ります。
灰塚へは雑草が生い茂った農道を歩き、標識も何もない山頂に到着。
農道を引き返しスタート地点の「阿蘇農村公園あぴか」に帰ります。
 08:00 阿蘇農村公園あぴか(20℃)
 08:14 北 塚・・・・山頂標識は無いが四角い石がある
 08:33 橋分岐
 08:55 本 塚(25℃)~09:05・・・三角点がある
 09:15 本塚取付点
 09:25 橋分岐
 09:40 灰 塚(25℃)~09:50・・・山頂は標識が無く不明
 10:00 橋分岐
 10:13 阿蘇農村公園あぴか(25℃)
f0212511_19420118.jpg
「阿蘇農村公園あぴか」の駐車場から出発します
f0212511_19424191.jpg
クリックで拡大(北塚~本塚~灰塚と回る)
f0212511_19425161.jpg
北塚の山頂を目指し防火帯を登ります
f0212511_19425846.jpg
北塚の山頂、四角い御影石があります
f0212511_19430665.jpg
北塚の山頂から遠くの米塚、杵島岳、往生岳が良く見えます
f0212511_19431317.jpg
北塚を下り綺麗な形の本塚を見ながら農道を進む
f0212511_19431947.jpg
本塚への登り、段々と雑草が深くなり掻き分けながら登る。露でびしょ濡れ。
f0212511_19432883.jpg
本塚の山頂に到着、三角点があります
f0212511_19433601.jpg
本塚から灰塚を見降ろします
f0212511_19440201.jpg
橋分岐から灰塚へ
f0212511_19441320.jpg
農道を登ります
f0212511_19442193.jpg
灰塚の山頂ですが標識はありません


 【山名・標高】高塚 727m (熊本県)
 【月日・時間】2017年9月18日(月) 晴れ 山行時間0:38(休憩除く0:38) 登山者2名
 【距離・歩数】沿面距離1.5㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)94m 歩数2,246歩
 【車駐車位置】阿蘇みんなの森 マップコード:256581844*83
次の高塚、登山口となる「阿蘇みんなの森」へ車で移動。
荒れ果てた登山道を歩き高塚山に到着、山頂も荒れており展望無く残念な山です。
すぐに下山し本日最後の山、上米塚へ車で向かう
 10:50 阿蘇みんなの森(25℃)
 10:56 道路横断
 11:08 高 塚
 11:22 道路横断
 11:28 阿蘇みんなの森(25℃)
f0212511_19570277.jpg
阿蘇みんなの森から出発します
f0212511_19571154.jpg
f0212511_19571812.jpg
道路横断
f0212511_19572356.jpg
高塚の山頂
f0212511_19573026.jpg
高塚山頂、石仏が有ったような感じですが倒れています
f0212511_19573674.jpg
荒れた登山道
f0212511_19574488.jpg
f0212511_19575133.jpg
到着、阿蘇みんなの森に帰ってきました


 【山名・標高】上米塚 972m (熊本県)
 【月日・時間】2017年9月18日(月) 晴れ 山行時間0:38(休憩除く0:38) 登山者2名
 【距離・歩数】沿面距離1.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)75m 歩数1,746歩
 【車駐車位置】登山道合流地点 マップコード:256516160*56
阿蘇山頂に至る登山道路の合流地点に駐車、藪で覆われた上米塚の中へ入っていく。
藪、雑木林をかき分け山頂を探すが不明、小高い所を山頂とし引き返し下山した。
f0212511_20140617.jpg
登山道路の三差路地点、通行止となっていたので車を停めて上米塚へ歩いて行きます
f0212511_20141443.jpg
f0212511_20143992.jpg
f0212511_20144934.jpg
上米塚の山頂は標識も何も無く藪の中です
f0212511_20145835.jpg
上米塚の横の廃道から米塚を見ます、素晴らしい
f0212511_20153334.jpg
草千里近くの展望所から眺める米塚の火口
f0212511_20154377.jpg
阿蘇パノラマラインから見る灰塚、本塚、北塚

[PR]
【山名・標高】八竜山 498m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月10日(日) 晴れ 山行時間2:10(休憩除く2:00) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離5.9㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)537m 歩数9,919歩
【車駐車位置】八竜山登山口 マップコード:128167843*83

昨夜は道の駅「坂本」で車中泊、今日は八竜山に登ります。
登山道はよく整備されたており階段が多い一本道を登っていきます。
二千段以上の階段を登り天文台に到着。開館前で入館できず。
天文台からは八代海や天草諸島まで一望でき、雲仙普賢岳も見えます。
八竜山の山頂(三角点)があるアンテナ鉄塔まで進んで下山します。
下山は展望台に立ち寄り、あとは登ってきた階段を扱けないように下ります。
一泊二日遠征終了、帰りは一般道をボチボチ運転して帰ります。
昨日からの一泊二日の遠征、予定の四座を踏むことができました。
熊本百名山、これで残りは最後の1座となりました。(122/123座)
残りの1座は登山禁止の山、登りたいが登れない…どうしようか?米塚。

 07:20 八竜山遊歩道入口(23℃)
 07:24 取付点・・・・・・・八竜山自然公園遊歩道の案内板有り
 07:42 山頂まで1000m・・・半分登ってきました
 07:49 東 屋・・・水道の蛇口があり水が出ます
 07:58 山頂まで500m・・:まだまだ木製階段が続きます
 08:15 八竜天文台(26℃)~08:25・・山頂ではないが眺望が良い
 08:40 八竜山(24℃)・・・・三角点は
 08:52 展望台・・・キャンプ場横の小高い展望台
 08:55 八竜天文台横・・・下山は天文台には寄りません
 09:04 山頂まで500m
 09:10 東 屋
 09:13 山頂まで1000m
 09:27 取付点・・・案内板には階段数2,276段、延長1,744mと記載有り
 09:30 八竜山遊歩道入口(28℃)
f0212511_21161615.jpg
国道219号線の八竜山遊歩道入口から歩きます
f0212511_21162608.jpg
クリックで拡大します(詳細はYAMAP)
f0212511_22583015.jpg
取付地点
f0212511_22583850.jpg
f0212511_22584536.jpg
f0212511_22585442.jpg
東屋、右側に水道が整備されています
f0212511_22590118.jpg
階段が多い
f0212511_22591241.jpg
もう少しです
f0212511_22592045.jpg
f0212511_22592653.jpg
坂本八竜天文台に到着、開館時間は13時(午後1時)~22時(午後10時)
f0212511_22593307.jpg
天文台から見る八代市内と球磨川
f0212511_22593941.jpg
天文台からの眺望案内板
f0212511_22595061.jpg
天文台から見る花火の写真
f0212511_22595959.jpg
昨日登った八丁山、八峰山が見えています
f0212511_23000816.jpg
八竜山の山頂横にあるアンテナ
f0212511_23001622.jpg
アンテナ横の階段から登り三角点へ
f0212511_23002623.jpg
八竜山の山頂
f0212511_23003333.jpg
下山に立ち寄った八竜山自然公園の展望台から天文台を見る

 
[PR]
【山名・標高】古麗城山130m 八丁山376m 八峰山574m 沓原山584m(熊本県)
【月日・時間】2017年9月9日(土) 晴れ 山行時間4:39(休憩除く4:19) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.1㎞(林道2.1㎞含む) 累積標高(+)975m 歩数20,472歩
【車駐車位置】懐良親王の御陵駐車場 マップコード:128257703*5

先ほど登った三峰山から車で移動、懐良親王御陵の駐車場に停めて出発。
古麗山(古麗城跡)を過ぎ、鉄塔辺りから球磨川と八代市内が一望できる。
八丁山でおにぎりを食べ腹ごしらえ出発、道を間違え再び八丁山へ戻る。
今度は道を間違わないようテープを探しながら進む。
妙見上宮跡を通り過ぎ八峰山に到着、残念ながら展望は無い。
東南方面に見える近くの沓原山まで足を伸ばし引返して下山する。
下山は上宮林道へ下り(不明瞭個所あり)再び登山道を歩き子安観音を経て帰る。
下山は車道や林道歩きもあり、登りに比べ半分近くの時間で降りてきた。
今日は午前中の三峰山と午後の八丁山・八峰山とよく歩きました。
八丁山、八峰山の周回コースは距離もあり一日コースで歩いた方がいいですね。
熊本百名山、残すは二座となりました。(121/123座)
さかもと温泉センタークレオン(球麗温)でゆっくりと入浴、身体を癒します。
明日の登山となる八竜山の近くにある道の駅「坂本」に車中泊する。

 11:40 懐良親王の御陵P(25℃)
 11:47 悟真寺
 12:02 古麗山(新城山)
 12:21 鉄 塔・・・眼下には八代市内、遠くに雲仙が見えます
 12:37 八丁山(23℃)~12:50
 12:58 引き返す・・・気が付かづ下山してたようです
 13:04 八丁山
 13:43 鉄 塔
 13:50 妙見上宮跡・・・管理人はここまで歩いて来る?
 14:25 八峰山
 14:38 沓原山~14:45・・・山頂は三角点も無く不明
 14:55 八峰山
 15:10 子安観音分岐・・・・分岐から先、分かりずらい所あり
 15:29 上宮林道出会・・・・林道を下っていきます
 15:44 上宮取付点・・・・・再び登山道へ入る
 16:05 子安観音
 16:12 県道出合・・・・・・上宮林道起点を過ぎ県道へ
 16:19 懐良親王の御陵P(27℃)・・川で犬が水遊びしてました
f0212511_18510626.jpg
懐良親王御陵(かねよししんのうおんはか)の公園からスタート
f0212511_18515026.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22413068.jpg
悟真寺へ入っていきます
f0212511_22414731.jpg
古麗山(新城山)
f0212511_22420034.jpg
鉄塔付近から見る八代市内
f0212511_22420799.jpg
鉄塔から見る球磨川下流
f0212511_22421842.jpg
f0212511_22422799.jpg
八丁山
f0212511_22423429.jpg
f0212511_22424286.jpg
シダの多い道
f0212511_22425035.jpg
妙見上宮
f0212511_22425956.jpg
八丁峰までもうひと頑張りです
f0212511_22430630.jpg
尾根道は傷んでいます
f0212511_22431427.jpg
八丁峰の山頂、展望はありません
f0212511_22432259.jpg
沓原山の山頂?三角点も標識も有りません
f0212511_22433128.jpg
f0212511_22433955.jpg
林道にある妙見上宮跡取付き点
f0212511_22434858.jpg
子安観音にお参りします

 
[PR]
【山名・標高】三峰山 714m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月9日(土) 晴れ 山行時間1:52(休憩除く1:47) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離3.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)444m 歩数6,390歩
【車駐車位置】朴の木登山口 マップコード:128293138*48

先週に引き続き熊本百名山制覇に向け一泊二日の八代遠征。
今回は八代市近郊の三峰山、八丁山、八峰山、八竜山の四座を歩く予定。
初日の午前中は三峰山に登り、午後は八丁山と八峰山を縦走する。
高速代を節約するため早朝から一般道を走り、3時間半で登山口に到着。
取付点から登山開始するもいきなり道に迷い倒木で荒れた急斜面や岩場をよじ登る。
GPSを頼りに進み、どうにか登山道に出る。その後は迷うことなく山頂にたどりつく。
山頂は木々に覆われ展望は開けていない、休憩は短めですぐに下山。
下山は鉄塔4号、5号、6号と鉄塔保守道のプラスチック階段を下る。
往路は道迷いで70分も掛かったが、復路は難なく35分で下山することができた。
次の予定する山、八丁山・八峰山の登山口へ向かう。

 09:00 朴の木登山口(25℃)
 09:50 プラスチック階段出合・・・道なき道を歩き出会えた道
 09:56 鉄塔5号
 10:10 三峰山(21℃)~10:15
 10:24 鉄塔4号・・・ちょっと鉄塔に寄り道
 10:30 鉄塔5号・・・鉄塔に沿って下山します
 10:40 鉄塔6号・・・ここからは道が埋もれている所が多い
 10:50 朴の木登山口(24℃)
f0212511_22421118.jpg
林道終点の小屋、右側に車を停めての右側の取付き点から登山開始
f0212511_22424637.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_08190734.jpg
登山道が分らないまま進んで行く
f0212511_08191664.jpg
GPS頼りに登山道を探しながら斜面を進んで行く
f0212511_08192321.jpg
登山道へ出てホッとしました、よかったよかった
f0212511_08193102.jpg
三峰山の山頂
f0212511_08193766.jpg
下山は鉄塔を確認しながら下る、鉄塔4号
f0212511_08194475.jpg
鉄塔5号
f0212511_08195206.jpg
鉄塔6号、この後の下山道はプラスチック階段が土砂に埋もれ分かりずらい
f0212511_08200175.jpg
プラスチック階段が流されたり埋もれています

[PR]
平成28年12月5日の献血後「次回献血可能日」となり平成29年5月31日献血へ。
しかし、採血の段階でヘモグロビン濃度が基準値(13.0g/dL)以下で献血できず。
今まで158回一度もはねられることなく、献血ができていたのにどうしたことか?。
どこか身体の調子が悪く弱ってきているのかと不安がよぎります。
ストレス、疲れの蓄積などからでしょう、数日後にまたお願いしますと云われる。

6日後の6月6日に前回と違う献血ルームへ行ってみた。
採血の分析中、祈る思いで待ちましたが、またもや結果は基準値以下の数値、献血不可。
なんてことだ、ヘモグロビン濃度が二回も献血基準値を下回るとは…やはり弱っている?。
身体の精密検査をやりたい気分になるが、本人はいたって元気。

その後、「なるほど!献血 献血にご協力いただけなかった方々へ」の冊子を読み、
意識的に鉄分採取など行い、6月16日三度目の献血にチャレンジしました。
何が功を奏したのか分りませんが13.3g/dLと基準値を越え、259回目の献血ができました。

そんな事があり、平成29年9月8日に節目となる160回目の献血へ行ってきました。
心配していたヘモグロビン濃度は基準値を越え問題なく献血をすることができました。
(ヘモグロビン濃度が下がり二回続けて献血できなかったのは何だったのでしょう)
これから何回献血ができるか分かりませんが、引き続き社会貢献をしていきます。
f0212511_06320652.jpg
平成29年9月8日、160回目の献血。(150回献血は平成26年5月16日)
福岡県の献血ポイントカード(九州ブロック)は廃止となっていました。
(残り6個でゴール(20個)だったのに残念、勝手に止めないでほしい。)
[PR]