<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

  北九州無法松ツーデーマーチ(40㎞コース)
  2017年9月23日(土) 曇り ウォーク 単独  万歩計 51,559歩
  時間07:35~14:35 (時間7:00 歩行時間7:00) 沿面距離39.6Km

 今年も100㎞ウォークの予行練習ということで北九州無法松ツーデーマーチに参加。
 勿論、最長の40㎞、「壇の浦観潮と関門海峡横断コース」に出場。
 今日は足取りが重たい感じで、今一つ遅いペースで歩きます。
 関門海峡の人道トンネルは初めて通りますが人でごった返ししています。?
 JR九州ウォーキング「関門海の幸と北九州からあげ王座決定戦」のウォーカー達と一緒になったようです。
 本州の下関はみもすそ川公園のチェックポイントまで行っただけで折り返し九州門司へ。
 後半は下関港や北九州港の関門海峡を眺めながら勝山公園へ帰る。

  07:35 勝山公園(21℃)
  08:33 妙見神社(4.4km地点)
  10:17 小森江子供の森公園(14.3km地点)
  11:37 下関みもすそ川公園(22.1km地点)
  13:13 門司赤煉瓦プレイス(31.1km地点)
  14:35 勝山公園(25℃)
f0212511_07125344.jpg
スタート・ゴール地点の勝山公園
f0212511_07130366.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23215287.jpg
f0212511_23220071.jpg
布刈神社の鳥居をくぐります
f0212511_23220640.jpg
関門橋を眺め関門トンネル人道へ
f0212511_23221202.jpg
人道トンネルを歩きます
f0212511_23222020.jpg
福岡県と山口県の県境
f0212511_23222762.jpg
下関みもすそ川公園のチェックポイント
f0212511_23223757.jpg
下関みもすそ川公園
f0212511_23224349.jpg
めかり公園辺りから海峡ゆめタワーを眺めます
f0212511_23225235.jpg
JR九州ウォーキング「関門海の幸と北九州からあげ王座決定戦」の会場

[PR]
熊本百名山の踏破も目前となり、残すは米塚(ジオサイト)の一座となった。
現在、登山禁止となっており残念ながら登れず眺めるだけの山です。
f0212511_22150843.jpg
それならば、と思い米塚の写真と「塚」が付く、北塚、本塚、灰塚と高塚、上米塚の五座を歩いて熊本百名山の踏破完としよう。
阿蘇カルデラに浮かぶ三つの小火山丘、①北塚、②本塚、③灰塚を歩き、次に「阿蘇みんなの森」近くの④高塚、最後に米塚の南側に位置する⑤上米塚を歩きます。
f0212511_22152704.jpg
 【山名・標高】北塚 552m 本塚 574m  灰塚 520m(熊本県)
 【月日・時間】2017年9月18日(月) 晴れ 山行時間2:13(休憩除く1:53) 登山者2名
 【距離・歩数】沿面距離5.4㎞(農道2.8㎞含む) 累積標高(+)236m 歩数7,860歩
 【車駐車位置】阿蘇農村公園あぴか駐車場 マップコード:256727051*08
先ずは北塚、本塚、灰塚を「阿蘇農村公園あぴか」からスタートし一筆書きに歩きます。
北塚は防火帯を登り山頂と思われる四角い御影石に到着、引き返し次の本塚へ。
本塚は灰塚との分岐点から直登で登るが背丈以上に伸びた雑草に苦戦しながら登る。
山頂は三角点柱が有り、近くには「二辺塚城跡」の記念碑がありますが倒れています。
下山は安全でなだらかな道を下り灰塚分岐点まで農道を戻ります。
灰塚へは雑草が生い茂った農道を歩き、標識も何もない山頂に到着。
農道を引き返しスタート地点の「阿蘇農村公園あぴか」に帰ります。
 08:00 阿蘇農村公園あぴか(20℃)
 08:14 北 塚・・・・山頂標識は無いが四角い石がある
 08:33 橋分岐
 08:55 本 塚(25℃)~09:05・・・三角点がある
 09:15 本塚取付点
 09:25 橋分岐
 09:40 灰 塚(25℃)~09:50・・・山頂は標識が無く不明
 10:00 橋分岐
 10:13 阿蘇農村公園あぴか(25℃)
f0212511_19420118.jpg
「阿蘇農村公園あぴか」の駐車場から出発します
f0212511_19424191.jpg
クリックで拡大(北塚~本塚~灰塚と回る)
f0212511_19425161.jpg
北塚の山頂を目指し防火帯を登ります
f0212511_19425846.jpg
北塚の山頂、四角い御影石があります
f0212511_19430665.jpg
北塚の山頂から遠くの米塚、杵島岳、往生岳が良く見えます
f0212511_19431317.jpg
北塚を下り綺麗な形の本塚を見ながら農道を進む
f0212511_19431947.jpg
本塚への登り、段々と雑草が深くなり掻き分けながら登る。露でびしょ濡れ。
f0212511_19432883.jpg
本塚の山頂に到着、三角点があります
f0212511_19433601.jpg
本塚から灰塚を見降ろします
f0212511_19440201.jpg
橋分岐から灰塚へ
f0212511_19441320.jpg
農道を登ります
f0212511_19442193.jpg
灰塚の山頂ですが標識はありません


 【山名・標高】高塚 727m (熊本県)
 【月日・時間】2017年9月18日(月) 晴れ 山行時間0:38(休憩除く0:38) 登山者2名
 【距離・歩数】沿面距離1.5㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)94m 歩数2,246歩
 【車駐車位置】阿蘇みんなの森 マップコード:256581844*83
次の高塚、登山口となる「阿蘇みんなの森」へ車で移動。
荒れ果てた登山道を歩き高塚山に到着、山頂も荒れており展望無く残念な山です。
すぐに下山し本日最後の山、上米塚へ車で向かう
 10:50 阿蘇みんなの森(25℃)
 10:56 道路横断
 11:08 高 塚
 11:22 道路横断
 11:28 阿蘇みんなの森(25℃)
f0212511_19570277.jpg
阿蘇みんなの森から出発します
f0212511_19571154.jpg
f0212511_19571812.jpg
道路横断
f0212511_19572356.jpg
高塚の山頂
f0212511_19573026.jpg
高塚山頂、石仏が有ったような感じですが倒れています
f0212511_19573674.jpg
荒れた登山道
f0212511_19574488.jpg
f0212511_19575133.jpg
到着、阿蘇みんなの森に帰ってきました


 【山名・標高】上米塚 972m (熊本県)
 【月日・時間】2017年9月18日(月) 晴れ 山行時間0:38(休憩除く0:38) 登山者2名
 【距離・歩数】沿面距離1.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)75m 歩数1,746歩
 【車駐車位置】登山道合流地点 マップコード:256516160*56
阿蘇山頂に至る登山道路の合流地点に駐車、藪で覆われた上米塚の中へ入っていく。
藪、雑木林をかき分け山頂を探すが不明、小高い所を山頂とし引き返し下山した。
f0212511_20140617.jpg
登山道路の三差路地点、通行止となっていたので車を停めて上米塚へ歩いて行きます
f0212511_20141443.jpg
f0212511_20143992.jpg
f0212511_20144934.jpg
上米塚の山頂は標識も何も無く藪の中です
f0212511_20145835.jpg
上米塚の横の廃道から米塚を見ます、素晴らしい
f0212511_20153334.jpg
草千里近くの展望所から眺める米塚の火口
f0212511_20154377.jpg
阿蘇パノラマラインから見る灰塚、本塚、北塚

[PR]
【山名・標高】八竜山 498m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月10日(日) 晴れ 山行時間2:10(休憩除く2:00) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離5.9㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)537m 歩数9,919歩
【車駐車位置】八竜山登山口 マップコード:128167843*83

昨夜は道の駅「坂本」で車中泊、今日は八竜山に登ります。
登山道はよく整備されたており階段が多い一本道を登っていきます。
二千段以上の階段を登り天文台に到着。開館前で入館できず。
天文台からは八代海や天草諸島まで一望でき、雲仙普賢岳も見えます。
八竜山の山頂(三角点)があるアンテナ鉄塔まで進んで下山します。
下山は展望台に立ち寄り、あとは登ってきた階段を扱けないように下ります。
一泊二日遠征終了、帰りは一般道をボチボチ運転して帰ります。
昨日からの一泊二日の遠征、予定の四座を踏むことができました。
熊本百名山、これで残りは最後の1座となりました。(122/123座)
残りの1座は登山禁止の山、登りたいが登れない…どうしようか?米塚。

 07:20 八竜山遊歩道入口(23℃)
 07:24 取付点・・・・・・・八竜山自然公園遊歩道の案内板有り
 07:42 山頂まで1000m・・・半分登ってきました
 07:49 東 屋・・・水道の蛇口があり水が出ます
 07:58 山頂まで500m・・:まだまだ木製階段が続きます
 08:15 八竜天文台(26℃)~08:25・・山頂ではないが眺望が良い
 08:40 八竜山(24℃)・・・・三角点は
 08:52 展望台・・・キャンプ場横の小高い展望台
 08:55 八竜天文台横・・・下山は天文台には寄りません
 09:04 山頂まで500m
 09:10 東 屋
 09:13 山頂まで1000m
 09:27 取付点・・・案内板には階段数2,276段、延長1,744mと記載有り
 09:30 八竜山遊歩道入口(28℃)
f0212511_21161615.jpg
国道219号線の八竜山遊歩道入口から歩きます
f0212511_21162608.jpg
クリックで拡大します(詳細はYAMAP)
f0212511_22583015.jpg
取付地点
f0212511_22583850.jpg
f0212511_22584536.jpg
f0212511_22585442.jpg
東屋、右側に水道が整備されています
f0212511_22590118.jpg
階段が多い
f0212511_22591241.jpg
もう少しです
f0212511_22592045.jpg
f0212511_22592653.jpg
坂本八竜天文台に到着、開館時間は13時(午後1時)~22時(午後10時)
f0212511_22593307.jpg
天文台から見る八代市内と球磨川
f0212511_22593941.jpg
天文台からの眺望案内板
f0212511_22595061.jpg
天文台から見る花火の写真
f0212511_22595959.jpg
昨日登った八丁山、八峰山が見えています
f0212511_23000816.jpg
八竜山の山頂横にあるアンテナ
f0212511_23001622.jpg
アンテナ横の階段から登り三角点へ
f0212511_23002623.jpg
八竜山の山頂
f0212511_23003333.jpg
下山に立ち寄った八竜山自然公園の展望台から天文台を見る

 
[PR]
【山名・標高】古麗城山130m 八丁山376m 八峰山574m 沓原山584m(熊本県)
【月日・時間】2017年9月9日(土) 晴れ 山行時間4:39(休憩除く4:19) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.1㎞(林道2.1㎞含む) 累積標高(+)975m 歩数20,472歩
【車駐車位置】懐良親王の御陵駐車場 マップコード:128257703*5

先ほど登った三峰山から車で移動、懐良親王御陵の駐車場に停めて出発。
古麗山(古麗城跡)を過ぎ、鉄塔辺りから球磨川と八代市内が一望できる。
八丁山でおにぎりを食べ腹ごしらえ出発、道を間違え再び八丁山へ戻る。
今度は道を間違わないようテープを探しながら進む。
妙見上宮跡を通り過ぎ八峰山に到着、残念ながら展望は無い。
東南方面に見える近くの沓原山まで足を伸ばし引返して下山する。
下山は上宮林道へ下り(不明瞭個所あり)再び登山道を歩き子安観音を経て帰る。
下山は車道や林道歩きもあり、登りに比べ半分近くの時間で降りてきた。
今日は午前中の三峰山と午後の八丁山・八峰山とよく歩きました。
八丁山、八峰山の周回コースは距離もあり一日コースで歩いた方がいいですね。
熊本百名山、残すは二座となりました。(121/123座)
さかもと温泉センタークレオン(球麗温)でゆっくりと入浴、身体を癒します。
明日の登山となる八竜山の近くにある道の駅「坂本」に車中泊する。

 11:40 懐良親王の御陵P(25℃)
 11:47 悟真寺
 12:02 古麗山(新城山)
 12:21 鉄 塔・・・眼下には八代市内、遠くに雲仙が見えます
 12:37 八丁山(23℃)~12:50
 12:58 引き返す・・・気が付かづ下山してたようです
 13:04 八丁山
 13:43 鉄 塔
 13:50 妙見上宮跡・・・管理人はここまで歩いて来る?
 14:25 八峰山
 14:38 沓原山~14:45・・・山頂は三角点も無く不明
 14:55 八峰山
 15:10 子安観音分岐・・・・分岐から先、分かりずらい所あり
 15:29 上宮林道出会・・・・林道を下っていきます
 15:44 上宮取付点・・・・・再び登山道へ入る
 16:05 子安観音
 16:12 県道出合・・・・・・上宮林道起点を過ぎ県道へ
 16:19 懐良親王の御陵P(27℃)・・川で犬が水遊びしてました
f0212511_18510626.jpg
懐良親王御陵(かねよししんのうおんはか)の公園からスタート
f0212511_18515026.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22413068.jpg
悟真寺へ入っていきます
f0212511_22414731.jpg
古麗山(新城山)
f0212511_22420034.jpg
鉄塔付近から見る八代市内
f0212511_22420799.jpg
鉄塔から見る球磨川下流
f0212511_22421842.jpg
f0212511_22422799.jpg
八丁山
f0212511_22423429.jpg
f0212511_22424286.jpg
シダの多い道
f0212511_22425035.jpg
妙見上宮
f0212511_22425956.jpg
八丁峰までもうひと頑張りです
f0212511_22430630.jpg
尾根道は傷んでいます
f0212511_22431427.jpg
八丁峰の山頂、展望はありません
f0212511_22432259.jpg
沓原山の山頂?三角点も標識も有りません
f0212511_22433128.jpg
f0212511_22433955.jpg
林道にある妙見上宮跡取付き点
f0212511_22434858.jpg
子安観音にお参りします

 
[PR]
【山名・標高】三峰山 714m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月9日(土) 晴れ 山行時間1:52(休憩除く1:47) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離3.3㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)444m 歩数6,390歩
【車駐車位置】朴の木登山口 マップコード:128293138*48

先週に引き続き熊本百名山制覇に向け一泊二日の八代遠征。
今回は八代市近郊の三峰山、八丁山、八峰山、八竜山の四座を歩く予定。
初日の午前中は三峰山に登り、午後は八丁山と八峰山を縦走する。
高速代を節約するため早朝から一般道を走り、3時間半で登山口に到着。
取付点から登山開始するもいきなり道に迷い倒木で荒れた急斜面や岩場をよじ登る。
GPSを頼りに進み、どうにか登山道に出る。その後は迷うことなく山頂にたどりつく。
山頂は木々に覆われ展望は開けていない、休憩は短めですぐに下山。
下山は鉄塔4号、5号、6号と鉄塔保守道のプラスチック階段を下る。
往路は道迷いで70分も掛かったが、復路は難なく35分で下山することができた。
次の予定する山、八丁山・八峰山の登山口へ向かう。

 09:00 朴の木登山口(25℃)
 09:50 プラスチック階段出合・・・道なき道を歩き出会えた道
 09:56 鉄塔5号
 10:10 三峰山(21℃)~10:15
 10:24 鉄塔4号・・・ちょっと鉄塔に寄り道
 10:30 鉄塔5号・・・鉄塔に沿って下山します
 10:40 鉄塔6号・・・ここからは道が埋もれている所が多い
 10:50 朴の木登山口(24℃)
f0212511_22421118.jpg
林道終点の小屋、右側に車を停めての右側の取付き点から登山開始
f0212511_22424637.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_08190734.jpg
登山道が分らないまま進んで行く
f0212511_08191664.jpg
GPS頼りに登山道を探しながら斜面を進んで行く
f0212511_08192321.jpg
登山道へ出てホッとしました、よかったよかった
f0212511_08193102.jpg
三峰山の山頂
f0212511_08193766.jpg
下山は鉄塔を確認しながら下る、鉄塔4号
f0212511_08194475.jpg
鉄塔5号
f0212511_08195206.jpg
鉄塔6号、この後の下山道はプラスチック階段が土砂に埋もれ分かりずらい
f0212511_08200175.jpg
プラスチック階段が流されたり埋もれています

[PR]
平成28年12月5日の献血後「次回献血可能日」となり平成29年5月31日献血へ。
しかし、採血の段階でヘモグロビン濃度が基準値(13.0g/dL)以下で献血できず。
今まで158回一度もはねられることなく、献血ができていたのにどうしたことか?。
どこか身体の調子が悪く弱ってきているのかと不安がよぎります。
ストレス、疲れの蓄積などからでしょう、数日後にまたお願いしますと云われる。

6日後の6月6日に前回と違う献血ルームへ行ってみた。
採血の分析中、祈る思いで待ちましたが、またもや結果は基準値以下の数値、献血不可。
なんてことだ、ヘモグロビン濃度が二回も献血基準値を下回るとは…やはり弱っている?。
身体の精密検査をやりたい気分になるが、本人はいたって元気。

その後、「なるほど!献血 献血にご協力いただけなかった方々へ」の冊子を読み、
意識的に鉄分採取など行い、6月16日三度目の献血にチャレンジしました。
何が功を奏したのか分りませんが13.3g/dLと基準値を越え、259回目の献血ができました。

そんな事があり、平成29年9月8日に節目となる160回目の献血へ行ってきました。
心配していたヘモグロビン濃度は基準値を越え問題なく献血をすることができました。
(ヘモグロビン濃度が下がり二回続けて献血できなかったのは何だったのでしょう)
これから何回献血ができるか分かりませんが、引き続き社会貢献をしていきます。
f0212511_06320652.jpg
平成29年9月8日、160回目の献血。(150回献血は平成26年5月16日)
福岡県の献血ポイントカード(九州ブロック)は廃止となっていました。
(残り6個でゴール(20個)だったのに残念、勝手に止めないでほしい。)
[PR]
【山名・標高】やくし山 999m マロン岩峰 1,065m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月3日(日) 晴れ 山行時間4:11(休憩除く3:46) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.6㎞(林道1.6㎞含む) 累積標高(+)1,033m 歩数15,767歩
【車駐車位置】長やぶ谷登山口 マップコード:536373219*64

先ほど桝形山と八原岳へ登り、午後はやくし山です。
工事中の看板と重なり登山口を見つけるのに時間がかかったが正午から出発。
初っ端から登山道を迷いながら進み、その後沢を登っていきます。
沢から離れ植林地のジグザグ急登を登り尾根まで出ます。
尾根から林道分岐までも、また急登です。急登続きで息が上がり林道で休憩。
その後、やくし山に到着、山頂から下り、今度はマロン岩峰へ進む。
岩場で扱けること無く無事、マロン岩峰到着。
ゆっくり休憩を取りたかったが、本日福岡へ帰ることを考え早々に下山する。
昨日からの一泊二日の熊本遠征登山、予定の三座を踏み終えました。
熊本百名山、残り5座となりました。(完了118/123)

 12:00 長やぶ谷登山口(23℃)
 12:26 沢分岐・・・・・・歩きにくい沢です
 12:45 尾根分岐・・・・・ここまで植林地の中、ジグザグ急登
 13:00 林道分岐~13:10・・あまりの疲れに休憩を取ります
 13:32 やくし山(23℃)~13:40
 13:47 林道出合・・・・・・マロン岩峰取付点を探します
 13:52 マロン岩峰取付点・・・雑草で覆われています
 14:33 マロン岩峰(24℃)~14:40
 15:06 マロン岩峰取付点
 15:25 林道分岐・・・・・・急坂を下っていきます
 15:37 尾根分岐・・・・・・ジグザグ道を下ります
 15:51 沢分岐
 16:11 長やぶ谷登山口(23℃)
f0212511_22515729.jpg
長やぶ谷登山口
f0212511_22522286.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22523039.jpg
植林地帯をジグザグに登っていきます
f0212511_22523623.jpg
尾根まで上がってきました
f0212511_22524376.jpg
林道分岐から気持ちよい登山道を緩やかに登っていきます
f0212511_22525247.jpg
やくし山に到着
f0212511_22530044.jpg
奥に見える岩場がマロン岩峰、今から行ってみます
f0212511_22530691.jpg
やくし山からの景色です
f0212511_22531451.jpg
やくし山から鹿よけネット沿いに下り林道へ
f0212511_22541806.jpg
林道を少し進んだ所にマロン岩峰の取付点があり、再びネット沿いに登っていきます
f0212511_22542703.jpg
ネットから外れマロン岩峰と反対方向へ岩場を進む、気づいて引き返す
f0212511_22543683.jpg
マロン岩峰が見えます、ふらつく足をしっかりと岩場に付けて進みます
f0212511_22544624.jpg
マロン岩峰に到着で~~す
f0212511_22545521.jpg
さきほど登った、やくし山が見えます。ちょっと休憩して下山します。

 
[PR]
【山名・標高】桝形山 1,085m 八原岳 1,150m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月3日(日) 晴れ 山行時間3:35(休憩除く3:25) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.0㎞(林道1.1㎞含む) 累積標高(+)1,034m 歩数14,587歩
【車駐車位置】頭地登山口 マップコード:536534776*05

道の駅「子守唄の里五木」に車中泊していたので早朝から登山開始。
二年ぶりの桝形山、やはり急登続きで息が上がります。
立ち止まりながら息を整え桝形山に到着、ちょっと小休止。
これから先の八原岳への道はお初、鹿よけネット横から登るが不明瞭。
引返して緩やかな登山道を見つけ八原岳の山頂に辿り着く。
八原岳より桝形山を熊本百名山に登録した方が良いみたいです。
下山は往路を戻り、桝形山からは斜面を転げ落ちるように下りました。
予定より早く下山、次のやくし山登山口へ移動します。
 
 06:30 頭地登山口(18℃)
 07:03 四合目・・・・・・急登が続きます
 07:14 五合目・・・・・・四~五合目辺りはロープが張ってあります
 07:35 八合目・・・・・・もう一息、最後の急登
 07:50 桝形山(16℃)~08:00
 08:08 林道出合・・・鹿よけネットを開けて出ます
 08:35 八原岳取付点・・・迷った末見つけた取付き点
 08:49 八原岳(17℃)・・・何となく山頂って感じ
 09:01 八原岳取付点
 09:07 桝形山取付点・・・鹿よけネットから入ります
 09:15 桝形山・・・・・・再び桝形山
 09:22 八合目
 09:33 五合目・・・・・・転げ落ちるように下山
 09:39 四合目
 10:05 頭地登山口(21℃)
f0212511_21550412.jpg
道の駅「子守唄の里五木」、車中泊していた二台の車は既にとこかへ出発してました
私も早々に登山口へ
f0212511_21551659.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_21552561.jpg
頭地登山口、桝形山まで2,400mとありますが距離以上にシンドイです
f0212511_21553237.jpg
急登が続きます
f0212511_21554111.jpg
四合目から五合目、ロープが張ってありますが登山道の目印のようです
f0212511_21554770.jpg
急登のなかでも、良い感じに心癒されます
f0212511_21555490.jpg
五合目、まだ半分もあります
f0212511_21560232.jpg
f0212511_21561147.jpg
八合目、この周辺はシャクヤクなどの山野草生息地です
f0212511_21561995.jpg
間もなく桝形山です
f0212511_21562777.jpg
桝形山到着、山並が綺麗です
f0212511_21563656.jpg
五木村の集落から延びる道路が見えます
f0212511_21564594.jpg
桝形山から八原岳へ林道を向かう
f0212511_21565341.jpg
鹿よけネット横からの取付点、登っていくと不明瞭道、引き返します
f0212511_21570279.jpg
林道を戻り、なだらかな登りの取付き点を発見、登ります
f0212511_21571065.jpg
八原岳の山頂に到着、眺望がいいですね。
f0212511_21571834.jpg
八原岳の山頂は簡易的な鉄塔が建っていました。

[PR]
【山名・標高】間谷山 812m (熊本県)
【月日・時間】2017年9月2日(土) 晴れ 山行時間3:30(休憩除く3:24) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離14.2㎞(林道13.3㎞含む) 累積標高(+)597m 歩数20,270歩
【車駐車位置】間谷山林道入口 マップコード:291743576*13

残り僅かとなった熊本百名山、天気も良く一泊二日で遠征してきました。
今回は間谷山、八原岳、やくし山の三座に登る計画。
初日は間谷山に登りましたが、殆どが林道歩き、登山靴で足が痛くなる。
間谷山は植林により展望は有りませんが西峰は抜群の展望が開けています。
東峰の山頂標識は、鹿よけネットが邪魔して見つけれませんでした。
下山後は明日の八原岳登山を考え、道の駅「子守唄の里五木」まで車移動。
五木温泉「夢唄」で汗を流し、道の駅で車中泊。
ガソリンスタンド併設のお店で買った500㎜の缶ビール、二本も飲んじゃいました。

 10:00 間谷山林道入口(20℃)
 10:19 間谷山東峰798m
 10:58 間谷山取付点
 11:07 間谷山(20℃)
 11:45 林道広場
 11:54 間谷山西峰794m(27℃)~12:00
 12:05 林道広場
 13:11 間谷山東峰798m
 13:30 間谷山林道入口(27℃)
f0212511_23305970.jpg
林道が続きます
f0212511_23311059.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_23311969.jpg
林道から見る眺望、西峰からも見れます
f0212511_23312579.jpg
林道から見る眺望
f0212511_23313345.jpg
林道から見る眺望
f0212511_23314304.jpg
東峰の山頂が鹿よけネットの奥に有ると思うが見つけれません
f0212511_23315168.jpg
まだまだ林道を歩きます
f0212511_23320675.jpg
間谷山の取付き点を発見、登山道へ入っていきます
f0212511_23322811.jpg
間谷山の山頂、御覧の通り眺望は有りません
f0212511_23323594.jpg
林道を西峰方面へ進むと林道広場に出ました
f0212511_23324492.jpg
広場から林道を進み、巻きながら西峰山頂に辿り着く
f0212511_23325141.jpg
西峰からの眺望、一部の山林は伐採中
f0212511_23330156.jpg
西峰からの眺望、遠くに宇城市と八代海
f0212511_23331109.jpg
西峰からの眺望、遠くに金峰山、二ノ岳・三ノ岳、手前右は飯田山?

f0212511_23332861.jpg
西峰からの眺望、遠くに普賢岳


[PR]