<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

【山名・標高】 城山 369m 金山317m (福岡県)
【月日・時間】 2017年6月24日(土) 小雨 山行時間2:52(休憩除く2:47) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離7.4㎞(林道1.2㎞含む) 累積標高(+)795m 歩数10,881歩
【車駐車位置】 教育大側登山口 マップコード:68521307*01

今日は雨、ウスキキヌガサダケを求めて城山に登ってきました。
今年初めての城山、小雨模様ですが最初から合羽を着て出発。
二合目辺りの左斜面に開くウスキキヌガサダケに出会えました~。
昨年は二回登りましたが、今年は一回目で出会えラッキー。
折角なので石峠近くのツチアケビを見て金山まで進んで折り返す。
石峠から一旦、岡垣上畑登山口へ下り、敷島稲荷を経て周遊道へ進み下山する。

 08:25 教育大登山口(23℃)・・・キヌガサダケに会えますように
 08:31 自然歩道分岐・・この後、キヌガサダケ発見(@_@)
 08:52 三郎丸分岐
 09:02 城山(22℃)・・・山頂は湿度66%と蒸暑い
 09:25 石 峠~09:30
 09:58 金山(北岳)・・残念ながらガスの中、眺望無し
 10:20 石 峠・・・・・岡垣上畑登山口へ下ります
 10:32 溜池の土手
 10:39 敷島稲荷
 10:56 周遊道分岐・・・城山へ登らず周遊道へ
 11:12 自然歩道分岐・・合流
 11:17 教育大登山口(22℃)
f0212511_22044627.jpg
ウスキキヌガサダケに出会えました
f0212511_22051525.jpg
今日の軌跡は周回コース
f0212511_22054611.jpg
ちょっと距離がありピントが合いません
f0212511_22061635.jpg
城山はガスっています
f0212511_22064545.jpg
石峠へ
f0212511_22071690.jpg
下り道、滑らないように石峠へ向かいます
f0212511_22074686.jpg
石峠です
f0212511_22081659.jpg
いつもの所にあるツチアケビ
f0212511_22084786.jpg
f0212511_22091772.jpg
金山(南岳)
f0212511_22094716.jpg
金山(北岳)、今日はここまでで引返します
f0212511_22101689.jpg
岡垣上畑登山口の敷島稲荷

[PR]
【山名・標高】 くじゅう17サミッツの9座(①~⑨)プラス6座(▲)=15座 (大分県)[九重連山]
【月日・時間】 2017年6月17日(土) 晴れ後曇り 山行時間12:00(休憩除く11:24) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離26.7㎞(作業道及び車道3.0㎞含む 累積標高(+)2,610m 歩数42,016歩
【車駐車位置】 牧ノ戸登山口 マップコード:440640128*58

二年前の8月にチャレンジした「くじゅう17(いちなな)サミッツ」を再び歩いてきました。
今回は、ミヤマキリシマの季節と云うこともあり、扇ヶ鼻と平治岳も加えて縦走します。
牧ノ戸峠を5時に出発、朝日に輝く扇ヶ鼻のミヤマキリシマ、満開は過ぎていますが充分です。
星生山から久住山、そして天狗ヶ城、中岳、稲星山へとミヤマキリシマを満喫しながら進みます。
段原辺りからガスが掛かかり始め、大船山の山頂ではガスの合間から眺望を楽しみます。
北大船山から大戸越へ下り平治岳へ登ります。
平治岳のミヤマキリシマは満開をだいぶ過ぎているようですが登山者で賑わっています。
平治岳をから坊ガヅルへ下り、三俣山への長い急登を登ります、足が重たい。
頑張って三俣山(南岳)へ登りましたがガスが掛かっています。
再びガスの合間に見えるミヤマキリシマを見ながら本峰、西峰と周り諏蛾守越に下る。
あとはガレバを下り大曲登山口経由、出発地点の牧ノ戸峠に帰り着く。
扇ヶ鼻と平治岳を加えたく「じゅう17サミッツ」、欲張りミヤマキリシマ鑑賞登山となりました。

 05:00 牧ノ戸峠(13℃)
 05:19 ▲沓掛山1503m
 05:45 扇ヶ鼻分岐・・・扇ヶ鼻へ立ち寄ります
 06:00 ▲扇ヶ鼻(12℃)1698m
 06:13 扇ヶ鼻分岐
 06:37 ①星生山1762m
 07:02 久住分れ
 07:21 ②久住山1786.5m(16℃)~07:25
 07:51 ③天狗ヶ城1780m
 08:03 ④中 岳1791m(18℃)
 08:14 白口谷分岐
 08:25 ⑤稲星山1774m(18℃)~08:30
 08:39 稲星越
 08:50 ⑥白口岳1720m
 09:25 鉾立峠
 09:38 ▲立中山1468m
 10:24 合 流・・・坊ガヅルからの道と合流します
 10:54 段 原・・・雲が掛かっています
 11:10 ⑦大船山1786.2m~11:30
 11:44 段 原
 11:48 ⑧北大船山1706m(18℃)・・・欲張りで平治岳へ
 12:24 大戸越・・・・・沢山の登山者が休憩しています
 12:52 ▲平治岳(18℃)1643m・・・終盤のキリシマ
 13:15 大戸越
 13:45 坊ガヅル平治岳登山口・・・坊ガヅルにはテントが沢山咲いています
 13:54 坊ガヅル三俣山登山口・・・これから最後の登り、しかも急登です
 15:03 ▲三俣山(南岳)1743m(17℃)~15:10・・・山頂まで1時間10分程かかりました
 15:24 ⑨三俣山(本峰)1744.7m
 15:41 ▲三俣山(西峰)1678m・・・これから下るだけで体力は要りませんが膝にきそうです
 15:59 諏蛾守越・・・・・・鐘の所が立入禁止となっており鐘は突けません
 16:12 作業道出合・・・・・作業道は大きな岩がゴロゴロと転がっています
 16:24 大曲登山口分岐
 16:34 大曲登山口・・・・・嫌いな車道を2㎞強歩きゴールへ
 17:00 牧ノ戸峠(20℃)・・・よく歩きました、暫らく休憩して帰る
f0212511_23215821.jpg
日の出前の三俣山
f0212511_23220816.jpg
(詳細はYAMAP
f0212511_23222383.jpg
扇ヶ鼻へ向かいます
f0212511_23223577.jpg
f0212511_23224222.jpg
星生山から見る扇ヶ鼻全容
f0212511_23225094.jpg
星生山の南斜面に咲くミヤマキリシマ
f0212511_23225784.jpg
青空にそびえる星生山をふ振返る
f0212511_23230660.jpg
星生崎から見る久住山の山頂と北斜面
f0212511_23231955.jpg
久住山の山頂、左奥に扇ヶ鼻
f0212511_23232879.jpg
久住山から下る途中に見る北斜面
f0212511_23233618.jpg
天狗ヶ城から見る御池と右の久住山
f0212511_23234500.jpg
中岳からピンク色に染まる三俣山が見えます
f0212511_23235583.jpg
天狗ヶ城から中岳へ登ってきた尾根を振返ります
f0212511_23240618.jpg
f0212511_23241946.jpg
鉾立峠へ下ってきました
f0212511_23242751.jpg
立中山から段原へ向かう登山道
f0212511_23243892.jpg
立中山から段原へ向かう登山道

f0212511_23244601.jpg
段原から大船山へ向かう途中、ガスの切れ間に北大船山の西斜面を見る
f0212511_23245794.jpg
大船山の南下に咲くミヤマキリシマ
f0212511_23250955.jpg
大戸越え近くに咲くオオヤマレンゲ
f0212511_23251926.jpg
大戸越え近くに咲くオオヤマレンゲ
f0212511_23252753.jpg
大戸越えから見る平治岳
f0212511_23253636.jpg
平治岳の南峰から見る平治岳の南斜面

f0212511_23254400.jpg
少し枯れ始めていますがミヤマキリシマのピンク色絨毯
f0212511_23255338.jpg
平治岳の山頂から三俣山方面を見る
f0212511_23260821.jpg
三俣山(南峰)への急登を登る途中、坊ガヅルのテントを眺める
f0212511_23261938.jpg
三俣山(南峰)に登ってきました、山頂はガスに覆われています
f0212511_23262798.jpg
ガスの切れ間に見るミヤマキリシマ
f0212511_23263680.jpg
三俣山(西峰)からみる三俣山のミヤマキリシマ

[PR]
【月日・時間】2017年6月9日(金) 晴れ 山行時間26:04(休憩除く25:07) 単独
【距離・歩数】沿面距離76.7㎞(車?.?㎞含む) 累積標高(+)6,169m 歩数111,276歩
【車駐車位置】出発 JR原田駅 マップコード:55095630*06
       到着 JR福吉駅 マップコード:182594745*03

脊振山系縦走の予行練習を先週行ったが、予定の半分も行けづ途中で断念した。
本番としていた今週の週末は雨予報により諦めていが天気が回復してきた。
痛めた膝も回復したようで急きょ金曜日の午後から休暇を取りチャレンジする。

今回は先週の反省を踏まえトレイルランは一切行わないで歩くのみとする。
仮眠を取らず一気に歩き、縦走路の山は全て山頂を踏む。
(羽金山の山頂は立入時間(9:30~16:30)内に通過する。)
縦走時間を28時間と設定しスタート地点のJR原田駅を16時に出発。
ゴールとなるJR福吉駅には20時ごろ到着予定、その後は電車で帰る。

予定通り原田駅を16時に縦走開始、出発。
脊振縦走路を一人で一晩中歩くと思うとドキドキ、ワクワクします。
基山からの舗装道路はマイペースで歩きます。
九千部山辺りで暗くなりますがストロベリームーンで真っ暗にはなりません。
脊振山の山頂で休憩、おにぎりを食べますが風が冷たいです。
満月の月の明かりに山々が照らされぼんやり見えます。
膝の調子も順調、先週断念した金山も無事に通過します。
中間地点の三瀬峠、5:08の日の出により明るくなってきました。
井原山、雷山と進み、羽金山の急登で体力が一段と消耗します。
羽金山送信所の方のご厚意により水を頂き、すごく助かりました。
ありがとうございました。
この後、女岳、浮嶽、十坊山とアップダウンを繰り返します。
登りになると何度も立ち止まりステッキに寄り添い休憩します。
疲れに加え睡魔も襲ってきます、しかし先へ進まないとゴールできません。
十坊山に到着した時は達成感と充実感、感動で大声で叫んでしまいました。
十坊山からはあっと言う間に下り、駅までの最後の車道を歩きゴールとなる。
疲れました~、山頂を18座踏、峠を13ヶ所越えてきました。
予定より2時間早くゴール、18:37の電車で無事帰宅することができました。

脊振山系全山縦走、初めてチャレンジして完走することができました。
先週、膝を痛めたときは、暫らくは無理だと思っていたのに嬉しいです。
26時間は長かったけど、終わってみると短かったような気もします。

 16:00 JR原田駅(28℃)
 16:55 基 山 405m(22℃)
 18:36 権現山 626m
 19:37 九千部山 848m(15℃)・・・太陽が19:28に沈みうす暗くなる
 20:20 石谷山 754m・・・・・・満月の明かりが良いですね
 21:09 七曲峠
 21:30 坂本峠・・・国道385号線横断、峠に住みつく野犬が吠えています
 22:48 蛤 岳 863m
 00:20 脊振山 1,055m(10℃)~00:45・・・山頂は風で寒いが夜景が綺麗
 01:55 椎原峠
 02:17 鬼ヶ鼻岩 840m・・・・・ここからの夜景も綺麗です
 02:41 猟師岩山 893m・・・・・岩場の下りも膝の調子は順調
 02:53 小爪峠
 03:53 金 山 967m(10℃)・・・先週断念地点、これから先は未知の世界
 04:42 城の山 846m
 04:55 三瀬山 790m
 05:13 三瀬峠・・・国道263号線(縦走の中間地点?)
 06:46 井原山 983m(14℃)~07:00
 08:03 雷 山 955m(17℃)
 08:58 長野峠・・・・このあとの羽金山登りは急登で足が重たい
 10:38 羽金山 900m(22℃)~10:45・・・インターホンで入場
 11:07 河童山 874m
 12:43 荒川峠・・・・このあとの女岳も急登が続き息が上がります
 13:45 女 岳 748m(22℃)~13:55
 14:11 荒谷峠・・・・足腰が疲れてきました
 15:08 浮 嶽 805m(23℃)
 16:09 白木峠・・・ゴルフ場入口横、最後の登りです
 16:40 十坊山 535m(21℃)~16:50・・・ついに十坊山に到着
 17:23 十坊山取付点・・・・・あとは林道、車道を歩きます
 18:04 JR福吉駅(24℃)・・・予定より2時間前に到着。(^v^)
f0212511_23155567.jpg
脊振山系の全縦走へJR原田駅を16:00に出発 長い旅の始まり 
f0212511_23161459.jpg
全縦走の軌跡(詳細はYAMAP
f0212511_22123029.jpg
16:55 足慣らしで基山の山頂まで来ました
f0212511_22125067.jpg
18:36 権現山に立ち寄ります
f0212511_22125839.jpg
19:37 夕日が沈んだ九千部山
f0212511_22130552.jpg
夕陽で西の空は赤く染まっています(日の入り時刻19:28)
f0212511_22131730.jpg
東の空には満月が出ています(月の出時刻19:05)
f0212511_22132815.jpg
20:20 石谷山へ立ち寄ります
f0212511_22133944.jpg
22:48 蛤岳を通過します
f0212511_22134808.jpg
24:20 8時間以上歩いて脊振の山頂に到着
f0212511_22135665.jpg
福岡市方面の夜景が綺麗です
f0212511_22140534.jpg
1:55 深夜の椎原峠
f0212511_22141463.jpg
2:17 鬼ヶ鼻岩から見る福岡西区方面の夜景
f0212511_22143003.jpg
3:53 先週リタイヤした金山、深夜ですが問題なく通過します
f0212511_22144516.jpg
5:13 三瀬峠では明るくなりヘッドライトを取り外す(日の出時刻5:08)
f0212511_22145793.jpg
6:46 井原山に到着、朝日による長い影が見えます
f0212511_22165596.jpg
雲海が広がっています
f0212511_22170554.jpg
8:14 雷山の避難小屋辺りの草原に野イチゴが沢山実をつけています
f0212511_22171806.jpg
10:38 羽金山送信所の方に立入許可をもらい山頂に立ち寄ります
f0212511_22172758.jpg
心身疲れたところに癒されます
f0212511_22173943.jpg
15:08 女岳のアップダウンを過ぎ浮嶽到着、残すは十坊山一つです
f0212511_22175028.jpg
16:40 最後の山頂、十坊山に到着、長い長い修行の終わりです
f0212511_22175975.jpg
下界まで下りJR福吉駅へ、脊振山系全山縦走の完歩となる

[PR]
【山名・標高】基山 405m 九千部山 848m 蛤岳863m 猟師岩山 893 金山 967m(福岡県)
【月日・時間】2017年6月3日(土) 晴れ 山行時間11:51(休憩除く10:57) 単独
【距離・歩数】沿面距離41.0㎞(車8.3㎞含む) 累積標高(+)3,082m 歩数61,000歩
【車駐車位置】出発 JR原田駅 マップコード:55095630*06
        到着 湧水千石の郷マップコード:224234424*12

脊振山系の全縦走トレイルランを一回やってみたいと思い、所要時間や決行時期を色々と考えた。
24時間以上かかるので昼が長い日と満月の日を考え6月10日を決行日とする。

全縦走は未知の世界、予行練習として今日は半分の原田~雷山を試走してみる、が・・。
原田駅を3時に出発、ヘッドライトを点灯し、車道は小走りで進み基山に到着。
基山からの車道も小走り、下り道や平地の登山道は小走りをちょこちょこ入れます。
脊振山駐車場に到着、嬉しい自動販売機でジュースを購入、身体が生き返ります。
山岳部にある自動販売機、一般的な価格に嬉しく500mm三本を購入する。
右膝にちょっと違和感を感じながら、東屋で軽く食事を取って出発。
猟師岩山辺りで膝の痛みが激しくなり、下り道を歩くのが厳しくなる。
痛みに耐えきれず小爪峠で小休止、その後頑張って金山(37㎞地点)まで進む。
しかし縦走も金山で限界となり断念、悔しいけど山頂からエスケープする。
右膝に負担を掛けないよう一歩一歩ゆっくり下り、千石の郷に辿り着き終了。

目的の雷山(47㎞地点)まで行けず金山でリタイヤ、残念です。
膝に持病を持ちながら小走りをしたことが膝を痛めた原因となったと思われます。
ウォーキングは100㎞でも歩けるのに、走るのは膝への負担が大き過ぎたようです。
6月10日の計画日は雨模様により延期、ペース配分も見直して出なおします。

 03:00 JR原田駅(16℃)
 03:48 基 山・・・真っ暗な山頂
 04:34 柿の原峠・・荒れた九州自然歩道を過ぎ峠へ出ました
 05:09 大 峠・・・少し明るくなってきました
 05:55 九千部山(14℃)・・タイム的に順調です
 07:03 七曲峠・・・ここからの短い登り、きついです
 07:21 坂本峠・・・今日も体格のいい落ち着いた犬がいます
 08:33 蛤 岳・・・蛤岳を過ぎ、下ってきた水場で水分補給
 09:42 脊振山(19℃)~09:55・・・膝に違和感、軽く食事を取る
 10:43 椎原峠・・・・・下り道は左膝が痛くゆっくり歩く
 11:21 猟師岩山・・・・岩場の起伏が激しく膝に負担が掛かる
 11:30 小爪峠~11:41・・・小休止、エスケープがよぎる
 12:36 金 山(20℃)~13:06・・・雷山は諦め下山する
 14:51 湧水千石の郷(24℃)・・・・無事に下山することができました
f0212511_23020797.jpg
AM3時のJR原田駅
f0212511_23021764.jpg
クリックで拡大します
f0212511_23022504.jpg
基山の展望台
f0212511_23023397.jpg
九千部山は朝日に照らされています
f0212511_23024114.jpg
久留米市方面
f0212511_23024759.jpg
九千部山からの朝焼け
f0212511_23025492.jpg
九千部山を過ぎたところの案内
f0212511_23030232.jpg
平地の九州自然歩道、ちょっと小走りで進みます
f0212511_23031105.jpg
f0212511_23032105.jpg
坂本峠
f0212511_23032899.jpg
蛤岳への道
f0212511_23033645.jpg
脊振山周りの木道
f0212511_23034472.jpg
脊振山系を縦走する人達にとって、最高の恵みの自動販売機である
f0212511_23035296.jpg
f0212511_23035870.jpg
段々と足の調子が悪くなってきました
f0212511_23040908.jpg
f0212511_23041633.jpg
f0212511_23042438.jpg
今回はここまで下山となります
f0212511_23043319.jpg
千石の郷への下り道、痛い膝で踏ん張りますが落葉で滑ります
f0212511_23044008.jpg
怪我が無く、また無事に一人で下山できたことに感謝します


[PR]