<   2017年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【山名・標高】兜明神岳 1,005m 岩神山 1,102.7m (岩手県)
【月日・時間】2017年5月29日(月) 晴れ 山行時間2:42(休憩除く2:16) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離7.2㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)614m 歩数11,297歩
【車駐車位置】ウォーキングセンター登山口 マップコード:634553017*36

野暮用で盛岡市に5日間来ており今日が最後の日である。
待ちに待った天気が最後に晴れとなり、午後の帰省に間にあう山に登る。
ウォーキング感覚でかぶと広場を中心に幾つものコースがあり楽しめる。
ただし兜明神岳の直下の岩登りは足が震え、ウォーキングどころではない。
山頂からは素晴らしい景色に足の震えも忘れてしまうほど絶景です。
兜明神岳を降りた後は、新緑を満喫しながら岩神山へ。
岩神山の山頂は木々に覆われ展望もなくあっけない山頂である。
下山はかぶと広場まで戻り、草原コースを帰る。
二時間強の歩きでしたが快晴に広がる新緑、眺望に満足した時間でした。

 05:20 ウォーキングセンター登山口(8℃)
 05:36 分 岐
 05:44 かぶと広場
 05:54 兜明神岳(8℃)~06:15
 06:26 かぶと広場
 06:55 岩神山~07:00
 07:35 かぶと広場
 08:02 ウォーキングセンター登山口(16℃)
f0212511_23355187.jpg
ウォーキングセンター登山口にある木の博物館案内所
f0212511_23360128.jpg
f0212511_21425453.jpg
f0212511_21430374.jpg
f0212511_21430983.jpg
岩の合間を登って兜明神岳へ
f0212511_21431649.jpg
朝日に照らされる山頂からの景色
f0212511_21443174.jpg
朝日に照らされる山頂からの景色

f0212511_21444697.jpg
遠くに岩手山が見えます
f0212511_21445561.jpg
勇壮で素晴らし山 岩手山
f0212511_21450567.jpg
左側の秋田駒ヶ岳と右側の雫石スキー場、
f0212511_21451358.jpg
昨日途中まで登った秋田駒ヶ岳をアップ、まだ積雪が多くようです。
下は盛岡市内で右側に盛岡駅周辺の高いビルが見えています。
f0212511_21452182.jpg
岩峰となっている兜明神岳の山頂、祠があります
f0212511_21452972.jpg
慎重に下りていきます
f0212511_21453891.jpg
f0212511_21454696.jpg
岩神山のここにある鉄塔
f0212511_21455756.jpg
木々に覆われた岩神山の山頂
f0212511_21460886.jpg
f0212511_21461813.jpg
f0212511_21462749.jpg
岩神山から帰る途中に見る兜明神岳 岩峰が良く分かります
f0212511_21463652.jpg
新緑に感動します
f0212511_21464405.jpg
クマよけドラでしょうか?
f0212511_21465288.jpg
新緑を堪能して下さい
f0212511_21470098.jpg
青空バックに素晴らしい
f0212511_21470899.jpg
f0212511_21471657.jpg
名カメラマンになったような感違いを起こす一枚


[PR]
【山名・標高】横岳 1,582m  (秋田県)
【月日・時間】2017年5月28日(日) 小雨 山行時間3:34(休憩除く3:18) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離11.3㎞(車道0.5㎞含む) 累積標高(+)1,305m 歩数17,852歩
【車駐車位置】国見温泉登山口 マップコード:435185799*27

今日も岩手県は、はっきりしない曇り空、しかし午後からは回復の天気予報。
秋田駒ヶ岳へ登り、縦走路を歩きながら駒ヶ岳の山々を楽しむ予定で登山口を出発。
曇り空のなか、木道階段を登り横長根分岐を経て男岳へ向かう。
男岳分岐あたりでは天候が悪く小雨交じりの暴風、飛ばされないように歩く。
その後、小岳近くへ来ると積雪が一面に現れ登山道が分らずウロウロする。
しばらく考え、危険と判断し再び暴風の中へ戻り男岳分岐まで引き返す。
相変わらず小雨交じりの暴風、下山するか迷ったが山頂を踏みたくて横岳へ。
滑る大焼砂、斜面から吹き上げる暴風に身体を流されながらも登り横岳に到着。
横岳から馬ノ背へ歩くが滑落の危険、避難小屋方面は積雪で登山道が不明瞭。
本来の今日の目的である男女岳・男岳は諦めて引返し下山とする。
暴風のなか大焼砂を転げ落ちるように下り、横長根も小走りで下山。
びしょ濡れになりながら無事に国見温泉登山口へ下山することができました。
今日は天気の回復が遅れ、暴風や積雪に見舞われ駒ヶ岳の山々を歩けませんでした。
冷えた身体を国見温泉(森山荘)で温まり、田沢湖へドライブして帰る。

 06:10 国見温泉登山口(9℃)
 06:51 横長根分岐・・・これからは横長根を歩く
 07:19 男岳分岐・・・・雨風が強くなってきました
 07:28 小岳手前迷う~07:44引き返す
 07:52 男岳分岐・・・・
 08:18 横 岳(3℃)・・ガスのなか大焼砂を頑張って登りました
 08:26 馬ノ背引返す・・強風で岩場から落ちそうです
 08:36 横 岳・・・・・下山開始
 08:49 男岳分岐
 09:10 横長根分岐
 09:44 国見温泉登山口(9℃)
f0212511_23365442.jpg
国見温泉の登山口
f0212511_23372355.jpg
f0212511_22554454.jpg
階段を登っていきます
f0212511_22545332.jpg
f0212511_22564602.jpg
f0212511_22561511.jpg
f0212511_22575354.jpg
横長根分岐まで登ってきました
f0212511_22574382.jpg
f0212511_22581535.jpg
f0212511_22580638.jpg
横長根の縦走路を歩きます
f0212511_22582430.jpg
f0212511_22583351.jpg
f0212511_22584177.jpg
f0212511_22585106.jpg
f0212511_22590233.jpg
ガスで視界はありません、暴風が吹いています
f0212511_22591044.jpg
男岳分岐です、暴風でガスの中
f0212511_22591870.jpg
写真では分かりませんが、暴風で斜面から滑り落ちそうです
f0212511_22592834.jpg
小岳の近くまで来ましたが積雪に阻まれ引返します
f0212511_22593553.jpg
男岳分岐まで戻ってきて、横岳へ向けて大焼砂を登ります。小雨交じりの暴風です。
f0212511_22594820.jpg
やっと横岳まで登ってきました。馬ノ背まで進むが怖くて引き返す。もう下山します。
悪天候で写真を撮る余裕が無くこれからは写真がありません

[PR]
【山名・標高】姫神山 1,123m  (岩手県)
【月日・時間】2017年5月26日(金) 曇り 山行時間2:42(休憩除く2:30) 登山者複数
【距離・歩数】沿面距離5.9㎞(車道1.3㎞含む) 累積標高(+)637m 歩数9,448歩
【車駐車位置】一本杉登山口 マップコード:249388151*07

野暮用で岩手県盛岡市へ行くことになり近くの山へ登ってきました。
天気予報は曇り時々雨、山には雲がかかっていますが展望を期待して登る。
登山届に記入して出発、新録に癒され整備された階段を登っていきます。
山頂近くになるとガスが濃くなり小雨が降ってきます。
山頂に到着。残念ながら期待の岩手山や駒ヶ岳の素晴らしい眺望は見れず。
下山はこわ坂ルート、急斜面を滑らないように下っていきます。
暫らくすると、広く歩きやすいなだらかな道となり気持ちよく下ります。
こわ坂登山口に到着後は車道を歩いて出発口に辿り着く。

 12:00 一本杉登山口(17℃)
 12:12 一本杉・・・・・コース名の由来となった一本杉
 12:24 五合目・・・・・登りが続きます
 12:46 八合目・・・・・山頂まで720mの標識有り
 13:18 姫神山(13℃)~13:30・・・小雨の中、展望は駄目です
 14:01 あと980m
 14:20 こわ坂登山口・・・・下りは意外と楽でした
 14:42 一本杉登山口(17℃)
f0212511_22345390.jpg
一本杉登山口、最近クマの出没が多いこともあり登山届を書いて出発
f0212511_22350745.jpg
一本杉登山口から、一本杉コースを登り、こわ坂コースを下る
f0212511_22352423.jpg
新緑が綺麗いです
f0212511_22353121.jpg
階段を登っていきます
f0212511_22353806.jpg
五合目に到着、山頂まであと1360m地点
f0212511_22354737.jpg
雨に濡れる新緑
f0212511_22355672.jpg
f0212511_22360466.jpg
ムシカリ
f0212511_22361265.jpg
アカヤシオ?
f0212511_22362037.jpg
山頂手前にある分岐、岩場と土場コース、土場コースを登る
f0212511_22363185.jpg
山頂に登着、小雨が降ったりやんだり、残念ながら眺望は見えません
f0212511_22364022.jpg
アカヤシオ?
f0212511_22364914.jpg
ガスの中の新緑
f0212511_22365888.jpg
f0212511_22370782.jpg
ヒメイチゲ?
f0212511_22371883.jpg
エンレイソウ
f0212511_22372594.jpg
f0212511_22373365.jpg
こわ坂登山口、こっから車道を歩き帰り着く
f0212511_22374212.jpg
盛岡市のマリオス展望台から見た姫神山(5月29日撮影)


[PR]
【山名・標高】 基山 405m 天拝山 258m (福岡県)
【月日・時間】 2017年5月21日(日) 晴れ 山行時間6:39(休憩除く4:49) 登山者4人
【距離・歩数】 沿面距離15.3㎞(車道7.3㎞含む) 累積標高(+)777m 歩数22,830歩
【車駐車位置】 JR原田駅 マップコード:55095630*06

今日は会社レクの下見登山、素人三人を引き連れて基山~天拝山の縦走です。
JR原田駅に集合、9時に出発します。
ワイワイガヤガヤ話しながら車道を歩き、取付き点に到着、ここまでは順調。
ここから登山道に入りペースが一段と遅くなりますが、みなさん頑張ります。
山頂広場に到着、暑さもあって結構お疲れ気味です。
まだまだ縦走は始まったばかり、元気出して出発、下っていきます。
木陰の中、清流の音を聞きながら気持ち良く歩きます。
膝に違和感を感じると言いつつも、総合公園まで頑張ります。
総合公園の木陰を探し、みなさんおにぎりを食べて体力を復活します。
休憩したあと天拝山へ登っていきますが、みなさん小言が多くなります。
「基山のピークから下った後にまた登るなんて考えられないと・・・」
ちょこちょこ休憩を入れながら、どうにか天拝山の山頂に到着しました。
みなさんの顔がやっと緩んできました。よかったよかった。
この後、自然公園へ下り二日市温泉に入り二日市駅にて終了、解散となりました。
初めての山登りに基山~天拝山は辛かったようです。
しかし、みなさん、温泉に入った後には成し遂げた達成感に満ちていたようです。

 09:00 JR原田駅(25℃)
 09:18 高速道ガード横池
 09:37 1.4Km表示登山口・・・取付き点
 10:00 東北門跡・・・・・・・小休止
 10:25 展望広場~10:30・・・眺望を楽しみます
 10:36 基 山・・・・・・・・今日の山登りは暑いです
 11:21 自然歩道案内板基山迄1.4Km・・・車道へ出ました
 11:33 県道横断・・・・・・・お腹も減ってきて元気がありません
 11:53 筑紫野市総合公園~12:37・・・自動販売機のジュースがよく売れています
 12:56 林道終点・・・・・・・登山道へ入り再び登っていきます
 13:43 天拝山(28℃)~14:02・・ここまで、みなさん良く頑張りました
 14:31 天拝山歴史自然公園・・・・車道を歩き温泉へ
 14:43 二日市温泉「御前湯」~15:25・・・入浴料金250円安いです
 15:39 JR二日市駅(27℃)・・・・・リタイヤなく下見登山終了となる
f0212511_22502217.jpg
原田駅を出発します
f0212511_22503435.jpg
f0212511_22504486.jpg
基山の取付き点
f0212511_22505247.jpg
f0212511_22505842.jpg
基山の山頂広場へあと一息です
f0212511_22510540.jpg
山頂からの眺望
f0212511_22511372.jpg
f0212511_22512147.jpg
f0212511_22512959.jpg
広々とした山頂広場
f0212511_22513857.jpg
草スキー場を下っていきます
f0212511_22515122.jpg
県道を横断する所に真新しい標識があります
f0212511_22520065.jpg
総合公園で昼食
f0212511_22520815.jpg
天拝山の山頂、ここまで頑張りました
f0212511_22521678.jpg
最後は二日市温泉「御前湯」に入って帰ります
 
[PR]
【山名・標高】猟師岩山 893m 鬼ヶ鼻岩 840m 西山 816 m (福岡県)
【月日・時間】2017年5月14日(日) 晴れ 山行時間5:52(休憩除く5:40) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離16.3㎞(車道5.8㎞含む) 累積標+)1,509m 歩数28,776歩
【車駐車位置】湧水千石の郷 マップコード:224234424*12

先週に引き続き脊振山系の縦走路(九州自然歩道)を歩きます。
時期が過ぎているようですが猟師岩山(縦走路)辺りに咲く石楠花を見に行きます。
金山へ登り、その後縦走路の石楠花観賞、坊主川源流ルートで下山予定だったが・・。
登りに坊主川源流コースを進んでしまったため金山は登らず縦走路に出る。
金山は諦め鬼ヶ鼻岩まで縦走路を往復して石楠花を観賞、西山経由で下山とする。
初めての西山の下山ルート、不明瞭な登山道で急斜面を下っていきます。
林道へ出て坊主ヶ滝経由で下山しようと思っていたが分岐が分らず集落まで下ってしまった。
5㎞以上の車道を歩き、西地区の集落を大きく回りながら出発地点へ帰り着いた。
下調べもしていない道へ、安易にルート変更しちゃいけませんね。反省
縦走路の石楠花は終盤でしたが、まだまだ楽しむことができました。

 07:35 湧水千石の郷(17℃)
 07:44 坊主ヶ滝登山口・・・林道から登山道へ
 08:23 坊主川源流分岐・・・予定変更して源流へ
 09:00 十字路分岐・・・・・縦走路や西山へ分岐する十字路
 09:18 縦走路出合・・・・・シャクナゲが多い鬼ヶ鼻岩方面へ進む
 09:29 小爪峠
 09:40 猟師岩山・・・・・・シャクナゲが咲いています
 10:09 鬼ヶ鼻岩(18℃)~10:21・・・小休止して引返します
 10:44 猟師岩山
 10:52 小爪峠
 11:05 縦走路西山分岐・・・西山へ向かいます
 11:21 十字路分岐
 11:33 西山(18℃)・・・・・木々に山頂は覆われています
 12:19 壊れそうな橋・・・・この橋を渡り東へ進めば良かったのだが…
 12:23 鉄  塔・・・・・・玄海幹線154号
 12:29 林道出合・・・・・・林道終点のようです
 13:02 ヤマザキショップ・・内野小学校近くにある店
 13:27 湧水千石の郷(23℃)・・車道を一時間近く歩き帰り着きました
f0212511_22470775.jpg
今日は滝へは行かず坊主ヶ滝登山口から金山へ登ります
f0212511_22475180.jpg
クリックで拡大
f0212511_22482121.jpg
登山道から坊主ヶ滝が見えます
f0212511_22503633.jpg
坊主川源流コース、新緑と沢、良いですね
f0212511_22510989.jpg
坊主川源流コース、大きな岩が鮮やかな苔の緑色に覆われ良いですね
f0212511_22511881.jpg
ギンリョウソウ、別名ユウレイタケ
f0212511_22512582.jpg
谷間の新緑
f0212511_22513336.jpg
いいですね~
f0212511_22514353.jpg
小爪峠に咲く山藤
f0212511_22515337.jpg
シャクナゲをみつけました
f0212511_22520073.jpg
まだまだ、咲いています
f0212511_22520805.jpg
佐賀方面の山並
f0212511_22521514.jpg
f0212511_22522240.jpg
まだ蕾の木もあります
f0212511_22522995.jpg
小ぶりのシャクナゲ
f0212511_22523787.jpg
鬼ヶ鼻岩から山藤とムシカリ?
f0212511_22524546.jpg
復路もシャクナゲを楽しみながら歩きます
f0212511_22525436.jpg
f0212511_22530234.jpg
f0212511_22531025.jpg
西山の山頂、素通りします
f0212511_22531968.jpg
壊れそうな橋、ここの分岐で道を間違え車道を歩く羽目になりました
f0212511_22532780.jpg
間違った林道へ出ました。これから先、車道を5㎞強歩いて湧水千石の郷に帰り着く


[PR]
【山名・標高】脊振山 1,055m 唐人舞 911m (福岡県)
【月日・時間】2017年5月5日(金) 曇り 山行時間4:28(休憩除く3:50) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.4㎞(林道0.7㎞含む) 累積標高(+)999m 歩数19,916歩
【車駐車位置】船石橋登山口 マップコード:224147134*85

今日は脊振山縦走路のミツバツツジ観賞登山。
船石橋から車谷ルートを登り、矢筈峠を経て脊振山に向かいます。
縦走路の九州自然歩道にはミツバツツジが数本咲いていました。
山頂に到着。青空は黄砂やPM2.5の影響が無く素晴らしい眺望が広がっています。
車で自衛隊横の駐車場まで来られた方々も山頂で景色を堪能されています。
休憩後、脊振山から矢筈峠に戻りミツバツツジが咲く縦走路へ進みます。
開花が遅れているようでミツバツツジのトンネルとまではいきませんが咲いています。
唐人舞から椎葉へとミツバツツジを観賞しながら歩きます。
椎葉から下山する予定でしたが鬼ヶ鼻まで進みます。ちょっと休憩。
休憩されていた方と鬼ヶ鼻からの急勾配(お初のルート)を下ります。
急勾配、落葉で滑り転げながら下り林道へ出ます。
その後、椎原峠からの道に合流して無事下山となりました。

 11:35 船石橋登山口(25℃)・・・今日はここから出発
 12:01 林道横断
 12:41 矢筈峠・・・・・・・・・九州自然歩道に出ました
 12:52 フェンスゲート・・・・・車道を横断します
 13:03 脊振山(18℃)~13:30・・素晴らしい眺望が開けています
 13:41 フェンスゲート
 13:51 矢筈峠
 14:00 気象観測所レーダー・・・初めて立ち寄る、ここも眺めが良いです
 14:25 唐人の舞911m・・・・・ミツバツツジがちょこちょこ咲いています
 14:48 椎原峠東・・・・・・・・今日はここから下りません
 14:53 椎原峠西
 15:04 鬼ヶ鼻岩840m(22℃)~15:15・・・鬼ヶ鼻岩から直登を下ります
 15:39 林道出合・・・・・初めてのルートを下ってきました
 15:44 登山道へ
 15:58 林道出る
 16:03 船石橋登山口(23℃)
f0212511_22471220.jpg
船石橋登山口
f0212511_22472409.jpg
クリックで拡大
f0212511_22473223.jpg
f0212511_22474182.jpg
新緑はいいですね
f0212511_22474824.jpg
f0212511_22475450.jpg
f0212511_22480378.jpg
縦走路に咲くミツバツツジ
f0212511_22481120.jpg
脊振山近くの遊歩道
f0212511_22482216.jpg
脊振山から見る佐賀平野と有明海、奥には普賢岳
f0212511_22483087.jpg
佐賀平野と有明海、奥には多良岳
f0212511_22483901.jpg
この風景は佐賀の天山です(中央)
f0212511_22484779.jpg
山頂からみる自衛隊
f0212511_22485653.jpg
油山の全景です
f0212511_22490471.jpg
脊振ダムと山々、久留米市が上部に見えています
f0212511_22491156.jpg
福岡空港(中央)も見えています
f0212511_22491980.jpg
九千部山の山頂、アンテナがあります
f0212511_22492837.jpg
f0212511_22494043.jpg
f0212511_22495050.jpg
f0212511_22495854.jpg
気象観測所から見る脊振山
f0212511_22501039.jpg
のどかな筑後平野が広がっています、上部に熊本県の一ノ岳・二ノ岳が見えます
f0212511_22501910.jpg
新緑に映えるミツバツツジ
f0212511_22502812.jpg
トンネルを歩きます
f0212511_22512990.jpg
f0212511_22513759.jpg
f0212511_22514941.jpg
遠くの博多湾が見えます
f0212511_22515891.jpg
f0212511_22520940.jpg
f0212511_22521950.jpg
良いですね~
f0212511_22522808.jpg
新緑に少しピンクが咲いています
f0212511_22523909.jpg
鬼ヶ鼻岩から急勾配を下っていきます

[PR]
【山名・標高】笹ヶ峰 1,860m ちち山 1,855m 沓掛山 1,691m (愛媛県)
【月日・時間】2017年5月2日(火) 晴れ 山行時間5:34(休憩除く4:58) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1,315m 歩数14,065歩
【車駐車位置】笹ヶ峰林道登山口 マップコード:172301312*66

四国遠征もあっと言う間に終わり本日が最終日の四日目です。
瓶ヶ森、石鎚山、赤石山と登り、最後は帰路の体力を考え軽めの笹ヶ峰に登ります。
止呂橋から笹ヶ峰林道を8㎞程度走り登山口に到着、支度をして登山開始。
一時間ほど歩き丸山荘、その後はジグザグの笹道を登って標高を上げていきます。
山頂に到着、昨日まで登った瓶ヶ森、石鎚山、東赤石山の全ての山々が見渡せます。
山の尾根を見ているとテント担いで縦走路を歩いてみたい気分になります。
山々に心引かれながらも下山します。
一旦、ちち山の山頂を踏んで周回しながら丸山荘に戻ります。
折角なので対岸の沓掛山に登り笹ヶ峰やちち山を眺めて下山となる。
四日間で四国の瓶ヶ森、石鎚山、東赤石山、笹ヶ峰に登れ充実した山行となりました。
本日、今治のしまなみ海道の袂で仮眠して深夜から福岡へ帰ります。

 07:50 笹ヶ峰林道登山口(10℃)
 08:30 宿
 08:52 丸山荘・・・・・営業中、冷えたビールも有るようです
 09:30 笹ヶ峰(17℃)~09:50・・・360度、素晴らしい景色です
 10:02 鞍部・・・・・・笹が生い茂る道を下ってきました
 10:20 ちち山・・・・・笹を掻き分け山頂に辿り着く
 10:45 鞍部・・・・・・ちち山から斜面を横切る登山道を経て鞍部へ戻ってきました
 11:11 丸山荘・・・・・一旦、丸山荘へ下山します
 11:24 西山越・・・・・丸山荘から平坦を歩き西山越えから登り始めます
 11:54 沓掛山(15℃)~12:10・・・小高い山ですが結構疲れます
 12:34 西山越・・・・・帰路へ向かいます
 12:50 宿
 13:24 笹ヶ峰林道登山口(18℃)
f0212511_00383269.jpg
笹ヶ峰林道登山口にある案内板
f0212511_00384845.jpg
クリックで拡大
f0212511_16285548.jpg
f0212511_16290658.jpg
間もなく丸山荘に到着
f0212511_16291451.jpg
丸山荘、玄関が開いています
f0212511_16292261.jpg
ジグザグ道を登り青空の笹ヶ峰を望む
f0212511_16292915.jpg
途中振返り赤い屋根が小さく見える丸山荘と後方の構える沓掛山
f0212511_16293925.jpg
ジグザグ道から見る眺望
f0212511_16294756.jpg
間もなく笹ヶ峰に到着します
f0212511_16295628.jpg
到着しました、笹ヶ峰
f0212511_16300745.jpg
360度の素晴らしい眺望に大満足、西黒森から瓶ヶ森、石鎚山と三峰が連なって見えます
f0212511_16302080.jpg
石鎚山をズーム、斜面に残雪が残る天狗岳や石鎚山弥山が良く見えます
f0212511_16303346.jpg
何処を見渡しても素晴らしい
f0212511_16304529.jpg
f0212511_16305753.jpg
寒風山、伊予富士方面
f0212511_16310875.jpg
冠山方面
f0212511_16312094.jpg
西方面に見えるちち山へ登ります
f0212511_16313020.jpg
歩きにくい笹を掻き分け歩いて行きます
f0212511_16314181.jpg
ちち山の山頂です
f0212511_16315120.jpg
ちち山の山頂から笹ヶ峰を望む
f0212511_16320200.jpg
f0212511_16322396.jpg
西赤石山、東赤石山へ延びる尾根
f0212511_16323596.jpg
丸山荘へ下ります
f0212511_16324593.jpg
丸山荘にある水場、暑い時期は非常に助かります
f0212511_16325738.jpg
沓掛山に登るため西山越へ向かいます
f0212511_16333087.jpg
笹に覆われた沓掛山が目前に現れます
f0212511_16334297.jpg
笹道の急登を登り山頂に到着
f0212511_16335274.jpg
沓掛山の山頂から笹ヶ峰を望みます
f0212511_16340292.jpg
f0212511_16341246.jpg
沓掛山からちち山(左)と笹ヶ峰(右)を望みます
f0212511_16342275.jpg
下っている途中の新緑
f0212511_16343293.jpg
下津池の段々畑
f0212511_16344338.jpg
「止呂橋」から見る谷間の新緑
f0212511_16345385.jpg
車で下津池に到着、レトロ的な感覚を感じる「止呂橋」昭和42年3月竣工とあります

[PR]
【山名・標高】東赤石山1859m 西赤石山1,625m 八巻山1,698m 物住頭1,634m(愛媛県)
【月日・時間】2017年5月1日(月) 晴れ 山行時間8:25(休憩除く7:34) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離17.8㎞(林道0.4㎞含む) 累積標高(+)2,022m 歩数23,907歩
【車駐車位置】筏津登山口 マップコード:172346315*21

四国遠征の初日は瓶ヶ森、二日目は石鎚山と登り今日は赤石山へ。
別子観光センターの駐車場に車を停め、筏津登山口から登ります。
30分ほど進むと新緑の木々の合間から素晴らしい八間滝が見え隠れしています。
その後、瀬場谷分岐(赤石山荘分岐)からひたすら登っていきます。
植林地から枯れ沢のゴロゴロ岩の登山道となり一時間半で縦走路に出ます。
案内標識に従い、大岩を乗り越えながら東赤石山頂に到着。
山頂標識が二ヶ所あり、先へ進んだ所が三角点設置場所となります。
眺望を楽しんだ後、八巻山へ向かいます。
大岩を登ったり下ったり、合間をすり抜けたりの難路を通って八巻山に到着。
山頂で一息つく余裕もなく同じような難路を石室越へ。不明瞭な道に何度か迷う。
石室越に無事到着、1㎞強の道程を一時間も掛かりました。やっと一息です。
先に見える物住頭まで行きます。この道も難路ですが先ほどに比べれば楽勝です。
ここまで来れば西赤石山まで行ってみたくなり、急いで西赤石山をピストンする。
下山は赤石山荘経由で一気で下ります。
今日も昨日に引き続きハードな山歩きとなりましたが無事に下山することができました。
今日は道の駅「マイントピア別子」に併設されているの広々した「天空の湯」でのんびり入浴。
その後、いつものようにビールを飲んで車中泊となる。

 07:35 筏津登山口(17℃)
 07:53 瀬場登山口分岐
 08:18 瀬場谷分岐(赤石山荘分岐)・・右側を登ります
 09:32 縦走路合流
 09:35 分岐
 09:45 東赤石山・八巻山の分岐・・・先ずは東赤石山へ
 09:56 東赤石山(12℃)~10:20・・・山頂が二ヶ所あります
 10:44 八巻山・・・・・・・東赤石山からここまでの難路に苦戦
 11:35 石室越・・・・・・・八巻山からここまでは先ほど以上に苦戦です
 12:03 物住頭~12:10・・・石室越から前赤石山の巻道も難路あり
 12:33 西赤石山~12:40・・折角なので西赤石山まで行ってきました
 13:07 物住頭・・・・・・・西赤石山まで一時間足らずのピストンでした
 13:35 石室越
 13:47 赤石山荘(21℃)~14:00・・・キャンプ場で栄養補充休憩
 15:17 瀬場谷分岐(赤石山荘分岐)
 15:44 瀬場登山口分岐
 16:00 筏津登山口(18℃)
f0212511_23344573.jpg
県道47号線沿いにある筏津登山口
f0212511_00303155.jpg

クリックで拡大
f0212511_23351516.jpg
f0212511_23352293.jpg
ミツバツツジを発見
f0212511_23352905.jpg
新緑の奥に素晴らしい八間滝が見え隠れしています
f0212511_23353639.jpg
f0212511_23354435.jpg
赤石山の名前の由来なのか岩が赤く染まっています
f0212511_23355561.jpg
間もなく縦走路に出ます
f0212511_23360377.jpg
標識に沿って東赤石山へ
f0212511_23361580.jpg
東赤石山の山頂?実は奥の方に一等三角点の山頂があります
f0212511_23371080.jpg
中央に見える山、岩場だらけの八巻山、この後歩きます
f0212511_23373601.jpg
f0212511_23374571.jpg
三角点のある東赤石山の山頂
f0212511_23375307.jpg
f0212511_23380154.jpg
写真のような岩場の中を歩きながら八巻山へ進みます
f0212511_23381306.jpg
どうにか八巻山の山頂に辿り着きました
f0212511_23384500.jpg
ゴロゴロ岩が多く転げ落ちそうな大岩もあります
f0212511_23385433.jpg
岩場だらけの中、道なき道を進みます。こんな難路を体験するのは初めてです
f0212511_23390270.jpg
岩場難路を一時間ほど掛かり通過、その後前赤石の巻道難路を過ぎ物住頭に到着
f0212511_23391361.jpg
中央に西赤石山が見えます、疲れと下山時間が気になりますが・・やはり行きます
f0212511_23392231.jpg
歩きやすい縦走路、急ぎます
f0212511_23393182.jpg
物住頭から30分もかからず西赤石山に到着
f0212511_23402517.jpg
f0212511_23403405.jpg
前赤石山の巻道
f0212511_23404372.jpg
前赤石山の巻道も難路
f0212511_23405162.jpg
赤石山荘まで帰ってきました、八巻山が見えます
f0212511_23410175.jpg
赤石山荘で貴重な水を頂きます
f0212511_23410986.jpg
岩峰の八巻山、よく歩いたもんだ
f0212511_23411740.jpg
一気に下山
f0212511_23412805.jpg
f0212511_23413772.jpg
f0212511_23414533.jpg
 
[PR]