<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

  【山名・標高】 大根地山 652m 笹尾山 355m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年12月30日(火) 晴れ 山行時間4:00(休憩除く3:35) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離12.2㎞(車道・林道5.3㎞含む) 累積標高(+)983m 歩数19,807歩
  【車駐車位置】 竜岩自然の家駐車場 マップコード:55370682

今日は登り納め登山、近場の大根地山と初めて踏む笹尾山へ行ってみる。
晴れているがPM2.5の飛来が多いようで霞んで眺望は駄目です。
笹尾山分岐から笹尾山へ向かうが道なき道、山中で何度も迷う。
赤いテープが時にはあるが踏み跡は期待できない。
『山家財産区』の杭標識とGPSを頼りにやっとの思いで笹尾山に辿り着く。
山頂は三角点票石がさり気なく有るだけで山頂の標識も無い。頑張ってきたのに残念。
帰りは電力会社が作業道として作った道を下り、その後車道をテクテク歩いて出発点に帰る。
今回、九州電力の山家変電所が近くに有るためか、鉄塔巡りのプチ藪こぎ山歩きとなりました。

今年は大分百山踏破と100㎞ウォークの完歩ができたことに感謝しております。
因みに、ここ二年間50台と低迷していた山行回数が今年は63回となりました。
訪問して頂いた方、コメントして頂いた方々、一年間ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

f0212511_9473289.jpg  11:40 竜岩自然の家(11℃)
  12:01 取付点
  12:10 林道横断
  12:15 扇 滝
  12:30 大根地神社
  12:38 大根地山(9℃)~12:50
  13:18 三角点(476.6)
  13:23 笹尾山分岐
  13:57 旧鉄塔①架空送電線無
  14:20 鉄 塔②
  14:30 鉄 塔③
  14:32 笹尾山(8℃)~14:45
  14:53 鉄 塔④
  14:56 林道出合
  15:01 車道&民家出合
  15:10 県道65号線出合
  15:40 竜岩自然の家(10℃)

  遭遇した鉄塔4本のなかで
  高さ60mを越える赤白鉄塔③→
f0212511_947453.jpg
竜岩自然の家から出発
f0212511_9474652.jpg
今日の宝満川は静かです
f0212511_9475612.jpg
扇滝の水量はチョロチョロ
f0212511_9475657.jpg
目新しい鳥居が建っています
f0212511_948667.jpg
真赤な鳥居をくぐり大根地神社へ
f0212511_948892.jpg
今日はPM2.5が多く眺望は悪く、辛うじて三郡山が撮れました
f0212511_9482588.jpg
大根地山から笹尾山分岐まで爽快に歩く
f0212511_9484222.jpg
『山家財産区』の標識を目印に笹尾山へ向かうが何度も迷う
f0212511_9485470.jpg
途中の植林
f0212511_9485858.jpg
鉄塔②
f0212511_949104.jpg
笹尾山の山頂は通り道 眺望無し
f0212511_9491346.jpg
電力会社の階段道を下ります
f0212511_9492416.jpg
鉄塔④
f0212511_9492722.jpg
クリックで拡大します
[PR]
  【山名・標高】 御船山 207m (佐賀県)
  【月日・時間】 2014年12月27日(土) 晴れ 山行時間1:34(休憩除く1:26) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離3.3㎞(車道1.4㎞含む) 累積標高(+)415m 歩数5,353歩
  【車駐車位置】 武雄神社前駐車場 マップコード:104377237*76

先ほど聖岳と鬼ノ鼻山に登り、もう少し山歩きがしたいと思い御船山へ。
以前から御船山の北岳へ登ってみたいと考えていて、今回その機会が訪れチャレンジ。
御船ヶ丘梅林から登り、あっと言う間に南岳へ到着。
一旦、ロープ掛工冶山まで下り、その後不明瞭な道のかすかな踏跡を探し北岳へ向かう。
どうにか北岳へ到着。ついに船型をした御船山の南岳と北岳に登り達成感を味わう。
これからは引返さず岩峰へ進むが全く道が無く分からない、GPS頼りに歩けるところを進む。
やっとの思いで岩峰に到着するが尖った岩だらけ、休憩場所も無く下山。
これから下山となるが、これまた道が無い。GPSが大活躍。
荒れた急斜面を谷方面へ下り、砂防ダムを発見。ここまで来れば一安心。
その後、民家(団地)が見え階段まで下ってきた。
民家からは車道を進み、国道34号線と県道を通りスタート地点の武雄神社に帰り着く。
御船山の南岳と北岳、岩峰の周回コースはGPSと地図が必須です。
北岳から引返された方が無難、岩峰まで進み周回コースはお勧めできません。

f0212511_1941685.jpg
  14:16 武雄神社(9℃)
  14:32 ロープ掛工冶山
  14:37 御船山(南岳)~14:45
  14:52 ロープ掛工冶山
  15:04 御船山(北岳)
  15:18 岩 峰
  15:32 砂防ダム
  15:35 階段(塚崎城跡)
  15:41 信号機(第三御船橋)
  15:50 武雄神社(9℃)

   御船ヶ丘梅林から登る→
f0212511_1943224.jpg
取付き地点
f0212511_1942787.jpg
ワイヤーを掛け岩が崩れないよう冶山されています
f0212511_1944599.jpg
御船山の南岳から武雄市内を見る
f0212511_194409.jpg
御船山の南岳から武雄市内を見る
f0212511_1945798.jpg
御船山南岳の山頂
f0212511_1945382.jpg
八幡岳方面の眺望
f0212511_1951141.jpg
山頂から見る御船山楽園
f0212511_195684.jpg
御船山の北岳と岩峰を望む
f0212511_1952566.jpg
御船山観光ホテルと 扇形の?何?
f0212511_1952041.jpg
南岳から北岳への鞍部
f0212511_1954179.jpg
北岳から見る武雄市内
f0212511_1953775.jpg
岩峰のそそり立つ岩
f0212511_1955467.jpg
岩峰から振り返り北岳と南岳を望む
f0212511_1954999.jpg
岩峰から急斜面を下り砂防ダムを経て階段部分に出て一息
f0212511_196798.jpg
クリックで拡大します
[PR]
  【山名・標高】 聖岳 416m 鬼ノ鼻山 435m (佐賀県)
  【月日・時間】 2014年12月27日(土) 晴れ 山行時間2:09(休憩除く1:46) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離5.5㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)561m 歩数9,713歩
  【車駐車位置】 不動寺集落登山口 マップコード:104539554*12

今日は聖岳から鬼ノ鼻山の縦走路に咲く満開のサザンカを期待して登りました。
しかし、サザンカの殆どの木が伐採されており、花の付が悪く付いていません。
約三年前の2012年1月に登った時は時期が遅く散っていたので今回はと思い12月に登ったのに残念。
縦走路の両脇がサザンカで真赤になる日は、あと何年後でしょうかね~。
サザンカは駄目でしたが、天気が良く佐賀平野や山並がよく見えたので良しとしましょう。
何となく歩き足らないような・・この後、武雄の御船山へ行く。

  10:40 登山口(6℃)f0212511_04384.jpg
  10:51 聖 岳~10:56
  11:11 弁天山三角点
  11:19 福寿山
  11:31 鬼ノ鼻山
  11:37 鬼ノ鼻展望台~12:00
  12:05 鬼ノ鼻山
  12:19 福寿山
  12:27 弁天山三角点
  12:41 聖 岳
  12:49 登山口(9℃)

 整備された階段を上がっていく→

f0212511_042724.jpg
聖岳山頂にある拝殿
f0212511_052330.jpg
展望台から湾曲して流れる六角川がよく見える
f0212511_053047.jpg
聖岳からクヌギ林を抜け弁天山へ向かう
f0212511_053674.jpg
縦走路上にある三角点 弁天山
f0212511_054217.jpg
爽快に縦走路を歩く
f0212511_054789.jpg
青空に・・雲が綺麗です
f0212511_055324.jpg
サザンカロードのサザンカ 
f0212511_055947.jpg
サザンカロード 刈られていない木には花が沢山咲いてます
f0212511_06841.jpg
サザンカロードの殆どの木が刈られて、花の付がよくありません
f0212511_061668.jpg
二体の鬼のレプリカ
f0212511_062710.jpg
鬼ノ鼻山頂から見る鬼の展望台と八幡岳
f0212511_063540.jpg
遠くに多良岳が見えます
f0212511_064213.jpg
鬼の展望台から青螺山・黒髪山・前黒髪山・英山がよく見えます
f0212511_064940.jpg
鬼の展望台からも湾曲した六角川が見えます
f0212511_065713.jpg
青空に鬼がそびえてます
f0212511_07672.jpg
鬼ノ鼻山いこいの森公園の遊歩道に咲いてました
f0212511_071359.jpg

[PR]
  【山名・標高】 三郡山 936m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年12月23日(火) 晴れ 山行時間4:03(休憩除く3:46) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離11.0㎞(林道5.3㎞含む) 累積標高(+)1127m 歩数17,800歩
  【車駐車位置】 一本松駐車場 マップコード:55486671*4

  数日前から冬型の気圧配置となり、難所ヶ滝の氷柱が気になったので見に行ってきました
  いつものように一本松駐車場からスタートし河原谷コースを登ります。
  登るにつれ雪が見え始め宝満山分岐辺りはだいぶ白くなってきました。
  難所ヶ滝手前はロープ頼りに急坂を登ります。
  思っていた以上に氷柱が出来ており、今年第一弾氷柱鑑賞、満足と云ったところです。
  鑑賞のあとは私と同じく単独で来られていた方と一緒に三郡山へ行きます。
  雪を踏みしめ、気持ち良く歩きます。縦走路の雪景色は特に素晴らしいです。
  三郡山山頂へのフェンス道は通行止めとなっており車道を回り込んで山頂に到着。
  今日の眺望は曇って景色は今一つ。
  山頂周辺にはちっちゃいドームとアンテナ塔が新しく出来ていました。今年の1月には無かった。
  下山は二人で欅谷Bコースを下る。
  林道に出てから長い舗装道路を下り昭和の森へ。
  昭和の森からは舗装道路を避け一旦河原谷コースへ登り下山となる。
  今日は氷柱鑑賞と雪の銀世界を堪能することができました。
  御一緒して頂いた同郷の方、ありがとうございました。

f0212511_23221231.jpg  09:10 一本松駐車場(5℃)
  09:27 昭和の森分岐
  09:51 宝満山分岐
  10:12 難所ヶ滝(2℃)~10:20
  10:41 三郡山縦走路
  10:53 頭巾分岐
  11:12 三郡山(2℃)~11:21
  11:35 欅谷Bコース分岐
  12:16 林道出合
  12:47 昭和の森
  12:58 河原谷コース合流
  13:13 一本松駐車場(7℃)
f0212511_23223057.jpg
難所ヶ滝の氷柱 写真では迫力を上手く伝えられません
f0212511_23223166.jpg
f0212511_23224277.jpg
左側の氷柱です
f0212511_23224246.jpg
曲がった縦走路は絵になりますね~
f0212511_23225369.jpg
やはり縦走路は気持ちが良い
f0212511_23225588.jpg
三郡山のレーダー横にアンテナ群が建ってました
f0212511_2323658.jpg
此方には子どもレーダードームが出来てます
f0212511_2323841.jpg
欅谷B分岐までの雪国景色もいいですね
f0212511_23232037.jpg
欅谷B分岐の案内板 左へ曲がります
f0212511_23232060.jpg
欅の中を下っていきます
f0212511_23233371.jpg
昭和の森の駐車場横にへ到着
f0212511_23233426.jpg
今回の軌跡は赤色です(クリックで拡大)
[PR]
  【山名・標高】 明神ヶ岳 1169m 明星ヶ岳 924m (神奈川県)
  【月日・時間】 2014年12月14日(日) 晴れ 山行時間5:28(休憩除く4:20) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離11.2㎞(車道1.1㎞含む) 累積標高(+)1140m 歩数16,079歩
  【出発・到着】 大雄山最乗寺登山口 マップコード:57489172*63
         宮城野支所前バス停 マップコード:57306014*44

昨日は皇居一周のウォーキング、今日は箱根の山へ山登りに行ってきました。
小田原駅から大雄山駅(大雄山線21分)、大雄山駅バス停から道了尊(バス10分)へ。
大雄山最乗寺から登り始めます。
道了尊の標高約256mから山頂1169mへ登るため、登りが続きます。
登るにつれ登山道には霜柱が現れ10㎝を超えたものも沢山あります。
途中、振り向けば東京・横浜のビル群や江ノ島方面の海岸線が眺望でき癒されます。
山頂直下の登山道は日当たりがよくドロドロ、靴は泥だらけです。
山頂到着、なんと、残念ながら晴れているのに富士山は雲に隠れています。
一時間ほど食事などして明星ヶ岳へ向かいます。
明星ヶ岳は縦走路の途中ピークって感じで、とりあえず二座踏みました。
下山は宮城野へ進み、途中『箱根大文字焼』の場所を通り一気に下ります。
舗装道路に出て宮城野支所前バス停までテクテク歩きます。
登山者で満員の箱根登山バスに乗って、車で渋滞した湯本を通り小田原駅に到着。
小田原駅からビールを飲みながら羽田空港へ、ほろ酔い気分で18:50発に搭乗し福岡へ帰る。

f0212511_2225210.jpg
  09:28 大雄山最乗寺登山口
  09:50 林道横断
  10:12 林道横断
  10:20 見晴小屋
  10:38 明神水
  11:45 明神ヶ岳(2℃)~12:47
  13:47 宮城野分岐
  13:50 明星ヶ岳(4℃)
  14:34 車道へ出る~14:40
  14:56 宮城野支所前バス停

f0212511_22252452.jpg
大雄山駅には足柄生まれの金太郎が熊にまたがって・・ま~さかり か~ついだ 狸とウサギとサルもいます?
f0212511_22252071.jpg
明神ヶ岳見晴小屋
f0212511_22253637.jpg
見晴小屋から見る丹沢?の山々の眺望
f0212511_2225324.jpg
防火帯?には昔スキー場だったのか大きな鉄塔が立っています
f0212511_22254839.jpg
丹沢の山並と右の相模湾眺望が綺麗です
f0212511_22254625.jpg
雪のように霜が降ってます
f0212511_2226331.jpg
霜が沢山でまだ凍ってます
f0212511_2226167.jpg
再度 相模湾と右奥の三浦半島の眺望
f0212511_22261841.jpg
明神ヶ岳の山頂からみる大涌谷方面
f0212511_22261549.jpg
明神ヶ岳の山頂、富士山は雲の中
f0212511_22263251.jpg
外輪山の右側に見える金時山と その奥に雲に隠れた富士山
f0212511_22263227.jpg
下りに再び相模湾と奥にの三浦半島眺望を楽しむ
f0212511_22264925.jpg
外輪山の奥に、少し富士山が見えてきました
f0212511_22264634.jpg
明神ヶ岳から明星ヶ岳への縦走路
f0212511_22205899.jpg
明星ヶ岳です
f0212511_22221482.jpg
大文字焼を横から見ています
f0212511_22223028.jpg
大文字焼の由来
f0212511_2222569.jpg
登山バスの宮城野支所、公衆トイレがあり助かります
f0212511_2223710.jpg
画像は全てクリックで拡大
[PR]
  2014年12月13日(土) 晴れ ウォーキング 単独  万歩計 6,548歩
  時間14:20~15:09 (時間0:49 歩行時間0:49) 沿面距離5.0Km

東京出張の翌日に皇居の一周をウォーキングしてきました。

多くのトラック競技が反時計回り(左回り)で行われるように、皇居ランニングをする際も基本的に「反時計回り」で走ることが推奨されているようで、沢山のランナーが反時計回りに走っています。
皇居ランニングには定められたスタート地点はありませんが「桜田門時計台広場」をスタート地点にしている人が多くみられます。

私もランナーの皆さんと同じ方向の反時計回りに歩きます。歩きはじめは四ツ谷駅方面から来たため半蔵門(3.5㎞地点)を出発地点としスタート、三宅坂、桜田門、皇居外苑、大手門、竹橋、千鳥ヶ淵と周回、回りの景色を堪能しながら、また沢山のランナーに追い越されながら約5㎞を歩きました。

歩いていると各都道府県の花と皇居一周の距離が路面に表示されているのに気付きます。
距離表示(4.8~0.1㎞不明)は歩いた距離と残り距離がわかり励みとなり、また各県花プレートはウォーキングを楽しませてくれます。(距離表示は、約100m毎に各47都道府県+3の花の紹介と共に路面に表示されていますが、正確性は微妙です)

ちなみに『桜田門前』から歩くと、この距離表示とほぼ距離が合っているようですが、実はこのコースだと全部の県のプレートが見られません。本来の「花の輪案内」はコース最後のところ、”桜田門”からは皇居外苑に入らず、凱旋濠沿いを日比谷公園に向かって歩き、祝田橋交差点を左に折れて皇居外苑に入るようです。

f0212511_2046236.jpg
皆さんが主にスタート地点とされる桜田門時計台
f0212511_20461029.jpg
距離表示と県花プレート(例:長崎県) 画像は全てクリックで拡大します
f0212511_20463249.jpg
花の輪案内板(47都道府県が載ってます)
f0212511_20462895.jpg
今回ウォーキングした軌跡(花の輪案内板がある点々線も歩いてみました)クリックで拡大
[PR]
  【山名・標高】 前門岳 921.7 (福岡県)
  【月日・時間】 2014年12月7日(日) 曇り 山行時間1:34(休憩除く1:21) 登山者単独
  【距離・歩数】 距離 3.0㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)不明 歩数6,455歩
  【車駐車位置】 前門岳登山口 マップコード:175742809*6

  先ほど御前岳と釈迦ヶ岳に登ってきました。
  帰り道、矢部村山系八名山の前門岳の案内標識があったので登ってみたくなった。
  案内板には登り1時間20分と書いてありますので急いで登る。
  山頂からの見晴は素晴らしく、御前岳と釈迦ヶ岳が見えるのが最高です。
  下山は40分足らずで下る。
  登山口で歩いた距離をGPSで確認するため画面を見たら、表示画面が出てない。
  なんと、慌てて出発したから電源入れるのを忘れてました。
  よって、今回の前門岳のGPSによるルート軌跡と距離は不明です。
  案内板により歩いた距離は往復3㎞のようです。
  『矢部村山系八名山』の登頂記念スタンプに挑戦してみたくなりました。
   1、釈迦ヶ岳1230m 2、御前岳1209m 3、三国山993.8m 4、猿駈山968m
   5、前門岳921.7m 6、文字岳807.3m 7、高取山720.6m 8、城山642.5m

f0212511_2364613.jpg
  13:50 前門岳登山口(4℃)
  14:17 林道横断
  14:28 尾 根
  14:34 前門岳~14:47
  14:51 尾 根
  14:57 林道横断
  14:24 前門岳登山口(3℃)

   登山口にある案内板 →
f0212511_2372812.jpg
沢を登ります
f0212511_237353.jpg
大きな岩場から右へ回ります
f0212511_2374331.jpg
整備された階段があります
f0212511_2371873.jpg
ちょっと平坦な登山道
f0212511_2375492.jpg
山頂近くになると薄っすらと雪化粧
f0212511_2372964.jpg
展望が開けている前門岳の山頂
f0212511_238596.jpg
山並が綺麗です
f0212511_2374530.jpg
先ほど登ってきた御前岳(左)と釈迦ヶ岳(右)がよく見えます
[PR]
  【山名・標高】 御前岳 1209m 釈迦岳 1230m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年12月7日(日) 晴れ後曇り 山行時間4:40(休憩除く3:48) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離8.9㎞(車道2.2㎞含む) 累積標高(+)1037m 歩数14,712歩
  【車駐車位置】 杣の里駐車場 マップコード:166058266*62

  今年の第一弾寒波がやってきました。
  今日は九重連山の雪景色と思ったが、行く機会の少ない御前岳・釈迦ヶ岳へ登る。
  杣の里登山口には車が無く一番乗りのようである。
  登るにつれ雪が積雪と変わり、誰も踏んでいない新雪に足跡を残して登ります。
  やはり新雪を踏んでいくのは気持ちが良いですね。
  霧氷の付き具合は思ったほどではなかったが、今年初の御対面で感動です。
  御前岳と釈迦ヶ岳の縦走路は、雪の重みで木の枝や笹が覆いかぶさりトンネル化しています。
  トンネルをかき分け歩きますが頭上から落ちてくる雪でリュックも服も雪まみれ。
  身体に着く雪が解けびしょ濡れ。写真を撮るにもレンズが曇り一苦労です。
  やっとの思いで、普段の2倍も時間がかかり縦走路を歩きました。誰にも会わず不安?。
  レーダードーム展望台でアスファルト道に腰をおろし眺望を見ながらおにぎりを食べる。
  安部越へ下るときに初めて登山者と出会え、何となくホットしました。
  御前岳と釈迦ヶ岳の山頂に矢部村山系八名山登頂記録の用紙とスタンプが有りました。
  これに興味をもち、杣の里登山口から帰る予定が『前門岳』に登ることになる。

f0212511_23435665.jpg
  08:20 杣の里駐車場(-1℃)
  08:58 林道横断
  09:35 御前岳(0℃)~09:45
  11:00 釈迦ガ岳(1℃)~11:10
  11:18 ドーム展望台~11:50
  12:16 矢部越
  12:33 林道出合下る
  12:46 八ッ滝
  13:00 杣の里駐車場(3℃)
f0212511_23443986.jpg
杣の里登山口から、うっすらと雪景色した沢を登っていく
f0212511_23443122.jpg
林道を横断し標高を上げていくと登山道は積雪が増してきます
f0212511_23445218.jpg
御前岳山頂手前にそびえる古木
f0212511_23444297.jpg
積雪に埋もれる御前岳の山頂
f0212511_2345473.jpg
釈迦ガ岳への縦走路から見るレーダードーム方面
f0212511_23445736.jpg
縦走路は積雪により覆われています
f0212511_23452056.jpg
歩けども縦走路は木々が垂れ下がり覆われています
f0212511_23451046.jpg
途中、心癒される樹氷の木を発見
f0212511_23453327.jpg
積雪の木々に覆われた縦走路、洋服はびしょ濡れです。写真撮りはカメラが曇り大変です
f0212511_23452313.jpg
釈迦ガ岳とドームを撮るがレンズが曇って撮れません
f0212511_23454724.jpg
釈迦ガ岳の山頂です、一息つきます
f0212511_23454058.jpg
山頂から素晴らしい樹氷を眺める
f0212511_2346621.jpg
山頂から素晴らしい樹氷を眺める
f0212511_23455810.jpg
レーダードーム展望台から見る久住方面の山々
f0212511_23462111.jpg
レーダードーム展望台から振り返り釈迦ガ岳を見る
f0212511_23461255.jpg
矢部越の下りに見た樹氷
f0212511_23463524.jpg

林道脇に見える八ッ滝
f0212511_05134.jpg
クリックで拡大します
[PR]