<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 下山道間違え悲惨な一日でした
 2010年11月27日(日)晴れ 登山者 2名  万歩計 6,407+13,384+9,507=29,298歩
 登山時間07:42~17:25 (全所要時間8:38 歩行時間8:03) 距離約(2.2+9.8)+5.5=17.5Km
 
 家を早朝出発。午前中二時間程度の華山に登り、その後津波戸山に登る予定で歩き始めた。
 急坂を登り45分で華岳山頂に着く。10時半には津波戸山の登山口にいけるはずだったが・・・。
 道標が少ない下山道で迷ってしまい反対に下り(6,407歩)、林道や市道空木線それに
 農免嶺崎線を通り田染へ、県道34号線に出た後も小田原まで延々と歩く。(13,384歩)
 疲れもピーク、小田原のふるさと市場からタクシーを呼び車を留めていた登山口まで戻る。
 車に戻ったのは13時半、体力を使い果たした気分です。が
 元気は無かったがここから見る津波戸山に勇気づけられ登ることに。
 下山者が次々と降りてくる14時10分、出発には遅い時間になってしまった。
 岩をよじ登り針の耳経由で山頂へ。夕暮れ時間にちかいせいか景色は霞んでパッとしない。
 暗くなる前に下山するため東岩尾根(No65~88)は行かず渓谷をまっすぐ下山。(9,507歩)
 駐車場には辺りが薄暗くなった17時25分に到着。大変な一日で同行した相棒さんお疲れさんでした。
 疲れ切った体を山香温泉「風の郷」でゆっくり休養して帰りました。疲れた~~~。
 f0212511_2310235.jpg 
  0:00 ふるさと林道登山口(3℃)
  0:45 華岳(7℃)~0:50
  2:33 林道出合
  3:09 空木池(市道空木線)
  3:54 農免嶺崎道路出合
  4:24 県道34号線出合~4:44
  5:23 ふるさと市場(小田原)
   (右写真・ふるさと林道から
         津波戸山を望む)
   ◎次の登山口へ車で移動
      1時間05分

  0:00 津波戸山P(13℃)
  0:12 登山口f0212511_23104427.jpg
  0:19 旧海蔵寺跡
  0:30 西岩尾根取付点
  1:01 針の耳
  1:36 西岩尾根下降点
  1:45 尾根合流点
  1:52 津波戸山(12℃)
  1:55 西展望台~2:05
  2:16 尾根合流点
  2:24 西岩尾根合流点
  2:38 西岩尾根分岐点
  2:54 旧海蔵寺跡
  3:01 登山口
  3:15 津波戸山P(10℃)
   (右写真・旧海蔵寺跡の紅葉)
[PR]
 本日は地元の低山歩き
 2010年11月23日(火)曇り 登山者 単独  万歩計 9,600歩
 登山時間14:30~16:27 (全所要時間1:57 歩行時間1:39) 距離不明Km

 午前中は自宅裏山の井野山へリハビリ歩き、午後は牛頸山の山行に行く。
 天気予報は晴れだったが、空一面雲が覆っている。しかし牛頸山の展望は捨てたものではない。
 f0212511_052957.jpg  0:00 大野城憩いの森
      キャンプ場入口(15℃)
  0:05 登山口
  0:25 黒金山(12℃)
  0:53 三市町山
  1:09 牛頸山(10℃)~1:27
  1:35 牛頸林道出合
  1:57 大野城憩いの森
      キャンプ場入口(12℃)

  牛頸山から望む(下写真)
    四王寺山(前)と三群連山(奥)
    福岡ドーム・福岡タワー

f0212511_054667.jpgf0212511_055782.jpg
[PR]
 紅葉大分県遠征 2/2
 2010年11月21日(日)晴れ 登山者 7名・単独  万歩計 3,739+15,080=18,819歩
 登山時間08:20~15:32 (全所要時間6:15 歩行時間5:59) 距離2.5+8.6=11.1Km
 
 今日は国東半島の山々を目指す。最初は紅葉と岩尾根・奇岩で人気が高い田原山(鋸山)へ。
 駐車場はすでに満車、上の駐車場に止留める。
 車を降り先客の登山者を見渡すと、
      偶然にも二週続けて同じ山に登られていた風来坊さん達ではありませんか!。
 三週目の山行は6名の方々とご一緒させていただくことになり、楽しい会話と紅葉を十分満喫しました。
 岩尾根歩きはスリル満点。奇岩の峰や断崖絶壁に輝く紅葉、振り返って見る岩尾根も素晴らしい。
 みなさん、有難うございました。また機会があればご一緒楽させてください。
 
 午後は皆さんと別れ、中山仙境と千灯岳どちらにしようか迷ったが田原山から近い千灯岳に登る。
 午前中の山行があまりに印象的だったせいか千灯岳はもう一つ盛り上がりが無く終わりました。
 国見温泉「あかねの郷」の露天風呂から見る千灯岳の勇壮な形は素晴らしいです。
 f0212511_111587.jpg 
  0:00 鋸山トンネル登山口(4℃)
  0:11 囲碁観音分岐
  1:05 大観峰(17℃)
  1:32 八方岳
  2:30 無名岩
  3:05 登山道合流
  3:13 鋸山トンネル登山口(17℃)
 
   右写真は
   八方岳から望む田原山大観峰

   ◎次の登山口へ車移動
      0時間57分
 f0212511_19511788.jpg  0:00 不動口バス停(16℃)
  0:09 鳥居方面へ
  0:30 道路出合
  0:35 千灯岳登山口
  0:45 不動岩
  1:07 道路横断(あと1.1㎞)
  1:37 千灯岳(15℃)~1:53
  2:08 作業道出合
  2:32 県道出合
  3:02 不動口バス停(18℃)
   右の写真は
   露天風呂から望む千灯岳
       大観峰から南尾根を望む(沢山の登山者が此方に向かって歩いてきてます)
f0212511_1113437.jpg
            八方岳の登り    大観峰から八方岳を望む
f0212511_1115127.jpgf0212511_1121088.jpg
          真っ赤なコマユミの紅葉        太陽石の紅葉
f0212511_1123618.jpg f0212511_1125097.jpg
f0212511_113134.jpg
       振り返り歩いてきた岩峰を望む
f0212511_1132499.jpg

[PR]
 紅葉大分県遠征 1/2
 2010年11月20日(土)晴れ 登山者 単独 万歩計 19,500歩
 登山時間09:00~14:41 (全所要時間5:41 歩行時間4:30) 距離約10.0Km

 由布岳と鶴見岳を間近に見ようと明礬温泉から塚原越経由で内山・大平山周回コースを歩く。
 天気は晴れだが山頂周辺は相変わらずガスが掛かり展望は今一つ、しかし下山途中の紅葉は綺麗でした。
 林道終点から塚原越までは踏跡が分りづらく道標を確認しながら進まないと迷います。
 内山山頂までは縦走路を進み、下山は岩場のやせ尾根歩きなので慎重降ります。大平山以降は楽勝。
 ところで明礬温泉登山口は最近の秘湯事件により車両通行止めになっています。安全対策工事中です。

  0:00 明礬温泉登山口(13℃)f0212511_23481553.jpg
  0:09 注意案内板
  0:28 林道終点
  1:18 塚原越
  2:10 大平山分岐
  2:13 内山(11℃)~2:54
  2:57 大平山分岐
  4:11 明礬分岐
  4:17 大平山(扇山)
        (18℃)~4:47
  4:51 明礬分岐
  4:57 作業道出合
  5:08 林道出合
  5:16 へびん湯
  5:34 注意案内板
  5:41 明礬温泉登山口(12℃)

f0212511_23521792.jpgf0212511_23523037.jpg
f0212511_23534454.jpgf0212511_23535815.jpg
f0212511_2354405.jpgf0212511_23545649.jpg
f0212511_23572115.jpgf0212511_23573423.jpg
     明礬温泉 掛け流し温泉 「へびん湯」  と  「鶴の湯」
[PR]
 先週のリベンジ、晴れてはいるが太陽は差さず。
 2010年11月13日(土)晴れ黄砂 登山者 単独  万歩計 8,800歩
 登山時間08:25~11:25 (全所要時間3:00 歩行時間2:35) 距離4.7Km
 
 黄砂がひどく視界数キロ、光が差す鮮やかな紅葉展望はまたしてもお預け。
 岩峰登りが多い鷹ノ巣山、殆どロープを頼りに登れるが三ノ岳岩壁登りは要注意です。
 下山は巻道を歩くが、峰から遠ざからないよう道標を辿り進む、特に一ノ岳巻道は迷いやすい。
 黄砂で視界は悪いが鷹ノ巣山から見る山々の紅葉は綺麗でした。

  0:00 豊前坊(10℃)f0212511_2259666.jpg
  0:12 薬師峠(取付地点)
  0:26 一ノ岳
  0:44 巻道分岐
  0:55 二ノ岳
  1:33 三ノ岳
      (12℃)~1:58
  2:25 巻道分岐
  2:49 薬師峠(取付地点)
  3:00 豊前坊(13℃)

   英彦山と一ノ岳(右写真)
   
   豊前坊駐車場 ・ 一ノ岳
   二ノ岳 ・ 二ノ岳斜面

f0212511_239124.jpgf0212511_2393187.jpg
f0212511_2310862.jpgf0212511_2310231.jpg
[PR]
 鷹ノ巣山を断念、裏英彦山へ
 2010年11月7日(日)曇り 登山者 2~5名  万歩計 18,527歩
 登山時間08:25~15:45 (全所要時間7:20 歩行時間6:15) 距離約14.0Km
 
 天気予報は晴れる見込、別所駐車場に8時に着くが空はまだ曇ったまま、英彦山山頂はガスの中。
 駐車場から本日の鷹ノ巣山方面へ歩いて行くうちに回復するだろうと思い豊前坊・薬師峠へと進む。
 しかし、鷹ノ巣山はまだガスの合間に見え隠れ、急きょ予定変更し裏英彦山にルートを変更。
 取付点から登山道に入ったもののルート情報を持参していなかったため、ちょっと不安のまま進む。
 前を進まれていた親切な三人組と一緒に歩くことになる。(三人組さん有難うございました。)
 裏英彦山ルートは苔むした岩場有り、倒木有りで自然林が多く紅葉も十分楽しめました。
 同行してもらった三人組とは分岐点(南岳・鬼杉)で別れ、南岳・中岳へ登り正面登山道を下る。
 一日中天気は良くならなかったが、雲の合間から覗く紅葉は最高でした。
 本日は歩行時間が長かった事もあり、英彦山温泉「しゃくなげ荘」で疲れた足腰を癒して帰りました。

  0:00 別所駐車場(11℃)f0212511_23585185.jpg
  0:51 豊前坊
  1:00 薬師峠
  1:10 裏英彦山取付点
  2:28 ケルンの谷
  2:39 垂水の壺
  2:50 景観最高場所
       (14℃)~3:00
  3:35 籠水峠(15℃)~4:05
  4:35 分岐(南岳・鬼杉)
  5:25 英彦山(南岳)
  5:40 英彦山(中岳)
       (16℃)~6:00
  6:21 紅葉ガ谷分岐
  7:00 奉幣殿~7:05
  7:20 別所駐車場(16℃)

f0212511_235971.jpgf0212511_23592210.jpg
f0212511_23593841.jpgf0212511_061413.jpg
[PR]
 朝寝坊 近郊の山へ
 2010年11月6日(土)晴れ 登山者 単独  万歩計 17,050歩
 登山時間10:48~14:38 (全所要時間3:50 歩行時間3:10) 距離約10.0Km
 
 今回の登山道、林道終点広場まで4か所、その後も古処山までの間に数か所が崩壊していた。
 前回(2007年7月16日)登った時には全く痛んでいなかったのに…、ゲリラ豪雨の影響ですかね?。
 周回コースを歩いたが紅葉は殆ど終わっており今一、原始林のツゲも新緑といかずちょっと残念。
 帰りに紅葉名所である筑前の小京都と呼ばれる秋月に寄ってみましたが、此方はまだまだでした。

  0:00 秋月キャンプ場P(17℃)f0212511_2245749.jpg
  0:31 林道終点広場
  0:57 ツゲトンネル分岐
  1:07 縦走路出合い
  1:26 屏山(15℃)~1:56
  2:13 ツゲトンネル分岐
  2:26 古処山(15℃)~2:36
  3:15 国道へ出る
  3:20 旧八丁道へ
  3:44 だんご庵入口
  3:50 秋月キャンプ場P(19℃)

f0212511_22492015.jpgf0212511_2250481.jpg
[PR]
 久しぶり最高の展望
 2010年11月3日(水)晴れ 登山者 単独  万歩計 20,258歩
 登山時間07:25~13:28 (全所要時間6:03 歩行時間5:03) 距離13.6Km
 
 祭日ぐらいゆっくり寝ておけばいいのに早朝3時に起床、高速を飛ばし祖母山系の山へ。
 早起きした甲斐あって、尾平登山口から祖母・障子岳・古祖母の雄大な姿が目前に見れました。
 今日は宮原迄登り祖母山とは反対に有る大障子岩へ歩き、手前の八丁越から下る周回コースです。
 気温は低めでしたが、体力を使う歩きだったので体感的には寒くも暑くもなく最高でした。
 大障子岩からの展望は阿蘇、九重、由布岳それに普賢岳まで見え、今まで味わった事のない絶景でした。
 快晴で空気が澄みきっていて太陽の光が当たっている山行は展望共々最高ですね。
 こんなことが有ると、また一段と山行が楽しくなり病みつきになりそうです。もうなってる?。

  0:00 尾平登山口(5℃)f0212511_2218259.jpg
  0:47 二合目
  1:35 宮原(六合目)(4℃)
  2:00 池の原展望所
  2:45 八丁越
  3:16 大障子岩~4:16
  4:38 八丁越(10℃)
  5:38 林道出合
  5:52 県道7号線出合
  6:03 尾平登山口(14℃)

f0212511_22134776.jpg
大障子岩から見る 歩いてきた稜線と祖母山(奥右)・障子岳(奥中央)・古祖母(奥左)
f0212511_2214043.jpg
大障子岩から見る阿蘇山(奥右)
f0212511_22144617.jpg
大障子岩から見る九重連山と大船山・黒岳
f0212511_22152162.jpg
尾平から望む祖母山の主稜線
[PR]