カテゴリ: 脊振山系( 15 )

【月日・時間】2017年6月9日(金) 晴れ 山行時間26:04(休憩除く25:07) 単独
【距離・歩数】沿面距離76.7㎞(車?.?㎞含む) 累積標高(+)6,169m 歩数111,276歩
【車駐車位置】出発 JR原田駅 マップコード:55095630*06
       到着 JR福吉駅 マップコード:182594745*03

脊振山系縦走の予行練習を先週行ったが、予定の半分も行けづ途中で断念した。
本番としていた今週の週末は雨予報により諦めていが天気が回復してきた。
痛めた膝も回復したようで急きょ金曜日の午後から休暇を取りチャレンジする。

今回は先週の反省を踏まえトレイルランは一切行わないで歩くのみとする。
仮眠を取らず一気に歩き、縦走路の山は全て山頂を踏む。
(羽金山の山頂は立入時間(9:30~16:30)内に通過する。)
縦走時間を28時間と設定しスタート地点のJR原田駅を16時に出発。
ゴールとなるJR福吉駅には20時ごろ到着予定、その後は電車で帰る。

予定通り原田駅を16時に縦走開始、出発。
脊振縦走路を一人で一晩中歩くと思うとドキドキ、ワクワクします。
基山からの舗装道路はマイペースで歩きます。
九千部山辺りで暗くなりますがストロベリームーンで真っ暗にはなりません。
脊振山の山頂で休憩、おにぎりを食べますが風が冷たいです。
満月の月の明かりに山々が照らされぼんやり見えます。
膝の調子も順調、先週断念した金山も無事に通過します。
中間地点の三瀬峠、5:08の日の出により明るくなってきました。
井原山、雷山と進み、羽金山の急登で体力が一段と消耗します。
羽金山送信所の方のご厚意により水を頂き、すごく助かりました。
ありがとうございました。
この後、女岳、浮嶽、十坊山とアップダウンを繰り返します。
登りになると何度も立ち止まりステッキに寄り添い休憩します。
疲れに加え睡魔も襲ってきます、しかし先へ進まないとゴールできません。
十坊山に到着した時は達成感と充実感、感動で大声で叫んでしまいました。
十坊山からはあっと言う間に下り、駅までの最後の車道を歩きゴールとなる。
疲れました~、山頂を18座踏、峠を13ヶ所越えてきました。
予定より2時間早くゴール、18:37の電車で無事帰宅することができました。

脊振山系全山縦走、初めてチャレンジして完走することができました。
先週、膝を痛めたときは、暫らくは無理だと思っていたのに嬉しいです。
26時間は長かったけど、終わってみると短かったような気もします。

 16:00 JR原田駅(28℃)
 16:55 基 山 405m(22℃)
 18:36 権現山 626m
 19:37 九千部山 848m(15℃)・・・太陽が19:28に沈みうす暗くなる
 20:20 石谷山 754m・・・・・・満月の明かりが良いですね
 21:09 七曲峠
 21:30 坂本峠・・・国道385号線横断、峠に住みつく野犬が吠えています
 22:48 蛤 岳 863m
 00:20 脊振山 1,055m(10℃)~00:45・・・山頂は風で寒いが夜景が綺麗
 01:55 椎原峠
 02:17 鬼ヶ鼻岩 840m・・・・・ここからの夜景も綺麗です
 02:41 猟師岩山 893m・・・・・岩場の下りも膝の調子は順調
 02:53 小爪峠
 03:53 金 山 967m(10℃)・・・先週断念地点、これから先は未知の世界
 04:42 城の山 846m
 04:55 三瀬山 790m
 05:13 三瀬峠・・・国道263号線(縦走の中間地点?)
 06:46 井原山 983m(14℃)~07:00
 08:03 雷 山 955m(17℃)
 08:58 長野峠・・・・このあとの羽金山登りは急登で足が重たい
 10:38 羽金山 900m(22℃)~10:45・・・インターホンで入場
 11:07 河童山 874m
 12:43 荒川峠・・・・このあとの女岳も急登が続き息が上がります
 13:45 女 岳 748m(22℃)~13:55
 14:11 荒谷峠・・・・足腰が疲れてきました
 15:08 浮 嶽 805m(23℃)
 16:09 白木峠・・・ゴルフ場入口横、最後の登りです
 16:40 十坊山 535m(21℃)~16:50・・・ついに十坊山に到着
 17:23 十坊山取付点・・・・・あとは林道、車道を歩きます
 18:04 JR福吉駅(24℃)・・・予定より2時間前に到着。(^v^)
f0212511_23155567.jpg
脊振山系の全縦走へJR原田駅を16:00に出発 長い旅の始まり 
f0212511_23161459.jpg
全縦走の軌跡(詳細はYAMAP
f0212511_22123029.jpg
16:55 足慣らしで基山の山頂まで来ました
f0212511_22125067.jpg
18:36 権現山に立ち寄ります
f0212511_22125839.jpg
19:37 夕日が沈んだ九千部山
f0212511_22130552.jpg
夕陽で西の空は赤く染まっています(日の入り時刻19:28)
f0212511_22131730.jpg
東の空には満月が出ています(月の出時刻19:05)
f0212511_22132815.jpg
20:20 石谷山へ立ち寄ります
f0212511_22133944.jpg
22:48 蛤岳を通過します
f0212511_22134808.jpg
24:20 8時間以上歩いて脊振の山頂に到着
f0212511_22135665.jpg
福岡市方面の夜景が綺麗です
f0212511_22140534.jpg
1:55 深夜の椎原峠
f0212511_22141463.jpg
2:17 鬼ヶ鼻岩から見る福岡西区方面の夜景
f0212511_22143003.jpg
3:53 先週リタイヤした金山、深夜ですが問題なく通過します
f0212511_22144516.jpg
5:13 三瀬峠では明るくなりヘッドライトを取り外す(日の出時刻5:08)
f0212511_22145793.jpg
6:46 井原山に到着、朝日による長い影が見えます
f0212511_22165596.jpg
雲海が広がっています
f0212511_22170554.jpg
8:14 雷山の避難小屋辺りの草原に野イチゴが沢山実をつけています
f0212511_22171806.jpg
10:38 羽金山送信所の方に立入許可をもらい山頂に立ち寄ります
f0212511_22172758.jpg
心身疲れたところに癒されます
f0212511_22173943.jpg
15:08 女岳のアップダウンを過ぎ浮嶽到着、残すは十坊山一つです
f0212511_22175028.jpg
16:40 最後の山頂、十坊山に到着、長い長い修行の終わりです
f0212511_22175975.jpg
下界まで下りJR福吉駅へ、脊振山系全山縦走の完歩となる

[PR]
【山名・標高】基山 405m 九千部山 848m 蛤岳863m 猟師岩山 893 金山 967m(福岡県)
【月日・時間】2017年6月3日(土) 晴れ 山行時間11:51(休憩除く10:57) 単独
【距離・歩数】沿面距離41.0㎞(車8.3㎞含む) 累積標高(+)3,082m 歩数61,000歩
【車駐車位置】出発 JR原田駅 マップコード:55095630*06
        到着 湧水千石の郷マップコード:224234424*12

脊振山系の全縦走トレイルランを一回やってみたいと思い、所要時間や決行時期を色々と考えた。
24時間以上かかるので昼が長い日と満月の日を考え6月10日を決行日とする。

全縦走は未知の世界、予行練習として今日は半分の原田~雷山を試走してみる、が・・。
原田駅を3時に出発、ヘッドライトを点灯し、車道は小走りで進み基山に到着。
基山からの車道も小走り、下り道や平地の登山道は小走りをちょこちょこ入れます。
脊振山駐車場に到着、嬉しい自動販売機でジュースを購入、身体が生き返ります。
山岳部にある自動販売機、一般的な価格に嬉しく500mm三本を購入する。
右膝にちょっと違和感を感じながら、東屋で軽く食事を取って出発。
猟師岩山辺りで膝の痛みが激しくなり、下り道を歩くのが厳しくなる。
痛みに耐えきれず小爪峠で小休止、その後頑張って金山(37㎞地点)まで進む。
しかし縦走も金山で限界となり断念、悔しいけど山頂からエスケープする。
右膝に負担を掛けないよう一歩一歩ゆっくり下り、千石の郷に辿り着き終了。

目的の雷山(47㎞地点)まで行けず金山でリタイヤ、残念です。
膝に持病を持ちながら小走りをしたことが膝を痛めた原因となったと思われます。
ウォーキングは100㎞でも歩けるのに、走るのは膝への負担が大き過ぎたようです。
6月10日の計画日は雨模様により延期、ペース配分も見直して出なおします。

 03:00 JR原田駅(16℃)
 03:48 基 山・・・真っ暗な山頂
 04:34 柿の原峠・・荒れた九州自然歩道を過ぎ峠へ出ました
 05:09 大 峠・・・少し明るくなってきました
 05:55 九千部山(14℃)・・タイム的に順調です
 07:03 七曲峠・・・ここからの短い登り、きついです
 07:21 坂本峠・・・今日も体格のいい落ち着いた犬がいます
 08:33 蛤 岳・・・蛤岳を過ぎ、下ってきた水場で水分補給
 09:42 脊振山(19℃)~09:55・・・膝に違和感、軽く食事を取る
 10:43 椎原峠・・・・・下り道は左膝が痛くゆっくり歩く
 11:21 猟師岩山・・・・岩場の起伏が激しく膝に負担が掛かる
 11:30 小爪峠~11:41・・・小休止、エスケープがよぎる
 12:36 金 山(20℃)~13:06・・・雷山は諦め下山する
 14:51 湧水千石の郷(24℃)・・・・無事に下山することができました
f0212511_23020797.jpg
AM3時のJR原田駅
f0212511_23021764.jpg
クリックで拡大します
f0212511_23022504.jpg
基山の展望台
f0212511_23023397.jpg
九千部山は朝日に照らされています
f0212511_23024114.jpg
久留米市方面
f0212511_23024759.jpg
九千部山からの朝焼け
f0212511_23025492.jpg
九千部山を過ぎたところの案内
f0212511_23030232.jpg
平地の九州自然歩道、ちょっと小走りで進みます
f0212511_23031105.jpg
f0212511_23032105.jpg
坂本峠
f0212511_23032899.jpg
蛤岳への道
f0212511_23033645.jpg
脊振山周りの木道
f0212511_23034472.jpg
脊振山系を縦走する人達にとって、最高の恵みの自動販売機である
f0212511_23035296.jpg
f0212511_23035870.jpg
段々と足の調子が悪くなってきました
f0212511_23040908.jpg
f0212511_23041633.jpg
f0212511_23042438.jpg
今回はここまで下山となります
f0212511_23043319.jpg
千石の郷への下り道、痛い膝で踏ん張りますが落葉で滑ります
f0212511_23044008.jpg
怪我が無く、また無事に一人で下山できたことに感謝します


[PR]
【山名・標高】猟師岩山 893m 鬼ヶ鼻岩 840m 西山 816 m (福岡県)
【月日・時間】2017年5月14日(日) 晴れ 山行時間5:52(休憩除く5:40) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離16.3㎞(車道5.8㎞含む) 累積標+)1,509m 歩数28,776歩
【車駐車位置】湧水千石の郷 マップコード:224234424*12

先週に引き続き脊振山系の縦走路(九州自然歩道)を歩きます。
時期が過ぎているようですが猟師岩山(縦走路)辺りに咲く石楠花を見に行きます。
金山へ登り、その後縦走路の石楠花観賞、坊主川源流ルートで下山予定だったが・・。
登りに坊主川源流コースを進んでしまったため金山は登らず縦走路に出る。
金山は諦め鬼ヶ鼻岩まで縦走路を往復して石楠花を観賞、西山経由で下山とする。
初めての西山の下山ルート、不明瞭な登山道で急斜面を下っていきます。
林道へ出て坊主ヶ滝経由で下山しようと思っていたが分岐が分らず集落まで下ってしまった。
5㎞以上の車道を歩き、西地区の集落を大きく回りながら出発地点へ帰り着いた。
下調べもしていない道へ、安易にルート変更しちゃいけませんね。反省
縦走路の石楠花は終盤でしたが、まだまだ楽しむことができました。

 07:35 湧水千石の郷(17℃)
 07:44 坊主ヶ滝登山口・・・林道から登山道へ
 08:23 坊主川源流分岐・・・予定変更して源流へ
 09:00 十字路分岐・・・・・縦走路や西山へ分岐する十字路
 09:18 縦走路出合・・・・・シャクナゲが多い鬼ヶ鼻岩方面へ進む
 09:29 小爪峠
 09:40 猟師岩山・・・・・・シャクナゲが咲いています
 10:09 鬼ヶ鼻岩(18℃)~10:21・・・小休止して引返します
 10:44 猟師岩山
 10:52 小爪峠
 11:05 縦走路西山分岐・・・西山へ向かいます
 11:21 十字路分岐
 11:33 西山(18℃)・・・・・木々に山頂は覆われています
 12:19 壊れそうな橋・・・・この橋を渡り東へ進めば良かったのだが…
 12:23 鉄  塔・・・・・・玄海幹線154号
 12:29 林道出合・・・・・・林道終点のようです
 13:02 ヤマザキショップ・・内野小学校近くにある店
 13:27 湧水千石の郷(23℃)・・車道を一時間近く歩き帰り着きました
f0212511_22470775.jpg
今日は滝へは行かず坊主ヶ滝登山口から金山へ登ります
f0212511_22475180.jpg
クリックで拡大
f0212511_22482121.jpg
登山道から坊主ヶ滝が見えます
f0212511_22503633.jpg
坊主川源流コース、新緑と沢、良いですね
f0212511_22510989.jpg
坊主川源流コース、大きな岩が鮮やかな苔の緑色に覆われ良いですね
f0212511_22511881.jpg
ギンリョウソウ、別名ユウレイタケ
f0212511_22512582.jpg
谷間の新緑
f0212511_22513336.jpg
いいですね~
f0212511_22514353.jpg
小爪峠に咲く山藤
f0212511_22515337.jpg
シャクナゲをみつけました
f0212511_22520073.jpg
まだまだ、咲いています
f0212511_22520805.jpg
佐賀方面の山並
f0212511_22521514.jpg
f0212511_22522240.jpg
まだ蕾の木もあります
f0212511_22522995.jpg
小ぶりのシャクナゲ
f0212511_22523787.jpg
鬼ヶ鼻岩から山藤とムシカリ?
f0212511_22524546.jpg
復路もシャクナゲを楽しみながら歩きます
f0212511_22525436.jpg
f0212511_22530234.jpg
f0212511_22531025.jpg
西山の山頂、素通りします
f0212511_22531968.jpg
壊れそうな橋、ここの分岐で道を間違え車道を歩く羽目になりました
f0212511_22532780.jpg
間違った林道へ出ました。これから先、車道を5㎞強歩いて湧水千石の郷に帰り着く


[PR]
【山名・標高】脊振山 1,055m 唐人舞 911m (福岡県)
【月日・時間】2017年5月5日(金) 曇り 山行時間4:28(休憩除く3:50) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.4㎞(林道0.7㎞含む) 累積標高(+)999m 歩数19,916歩
【車駐車位置】船石橋登山口 マップコード:224147134*85

今日は脊振山縦走路のミツバツツジ観賞登山。
船石橋から車谷ルートを登り、矢筈峠を経て脊振山に向かいます。
縦走路の九州自然歩道にはミツバツツジが数本咲いていました。
山頂に到着。青空は黄砂やPM2.5の影響が無く素晴らしい眺望が広がっています。
車で自衛隊横の駐車場まで来られた方々も山頂で景色を堪能されています。
休憩後、脊振山から矢筈峠に戻りミツバツツジが咲く縦走路へ進みます。
開花が遅れているようでミツバツツジのトンネルとまではいきませんが咲いています。
唐人舞から椎葉へとミツバツツジを観賞しながら歩きます。
椎葉から下山する予定でしたが鬼ヶ鼻まで進みます。ちょっと休憩。
休憩されていた方と鬼ヶ鼻からの急勾配(お初のルート)を下ります。
急勾配、落葉で滑り転げながら下り林道へ出ます。
その後、椎原峠からの道に合流して無事下山となりました。

 11:35 船石橋登山口(25℃)・・・今日はここから出発
 12:01 林道横断
 12:41 矢筈峠・・・・・・・・・九州自然歩道に出ました
 12:52 フェンスゲート・・・・・車道を横断します
 13:03 脊振山(18℃)~13:30・・素晴らしい眺望が開けています
 13:41 フェンスゲート
 13:51 矢筈峠
 14:00 気象観測所レーダー・・・初めて立ち寄る、ここも眺めが良いです
 14:25 唐人の舞911m・・・・・ミツバツツジがちょこちょこ咲いています
 14:48 椎原峠東・・・・・・・・今日はここから下りません
 14:53 椎原峠西
 15:04 鬼ヶ鼻岩840m(22℃)~15:15・・・鬼ヶ鼻岩から直登を下ります
 15:39 林道出合・・・・・初めてのルートを下ってきました
 15:44 登山道へ
 15:58 林道出る
 16:03 船石橋登山口(23℃)
f0212511_22471220.jpg
船石橋登山口
f0212511_22472409.jpg
クリックで拡大
f0212511_22473223.jpg
f0212511_22474182.jpg
新緑はいいですね
f0212511_22474824.jpg
f0212511_22475450.jpg
f0212511_22480378.jpg
縦走路に咲くミツバツツジ
f0212511_22481120.jpg
脊振山近くの遊歩道
f0212511_22482216.jpg
脊振山から見る佐賀平野と有明海、奥には普賢岳
f0212511_22483087.jpg
佐賀平野と有明海、奥には多良岳
f0212511_22483901.jpg
この風景は佐賀の天山です(中央)
f0212511_22484779.jpg
山頂からみる自衛隊
f0212511_22485653.jpg
油山の全景です
f0212511_22490471.jpg
脊振ダムと山々、久留米市が上部に見えています
f0212511_22491156.jpg
福岡空港(中央)も見えています
f0212511_22491980.jpg
九千部山の山頂、アンテナがあります
f0212511_22492837.jpg
f0212511_22494043.jpg
f0212511_22495050.jpg
f0212511_22495854.jpg
気象観測所から見る脊振山
f0212511_22501039.jpg
のどかな筑後平野が広がっています、上部に熊本県の一ノ岳・二ノ岳が見えます
f0212511_22501910.jpg
新緑に映えるミツバツツジ
f0212511_22502812.jpg
トンネルを歩きます
f0212511_22512990.jpg
f0212511_22513759.jpg
f0212511_22514941.jpg
遠くの博多湾が見えます
f0212511_22515891.jpg
f0212511_22520940.jpg
f0212511_22521950.jpg
良いですね~
f0212511_22522808.jpg
新緑に少しピンクが咲いています
f0212511_22523909.jpg
鬼ヶ鼻岩から急勾配を下っていきます

[PR]
【山名・標高】金山 967m 城ノ山 846m (福岡県)
【月日・時間】2017年1月14日(土) 曇り 山行時間6:04(休憩除く5:36) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離16.3㎞(林道1.6㎞含む) 累積標高(+)2,027m 歩数29,346歩
【車駐車位置】湧水千石の郷 マップコード:224234424*12

久しぶりの寒波で週末は冷え込む予報、所により雪である。
金山の樹氷と難所ヶ滝の氷爆、どちらに行くか迷ったが今日は金山へ。
坊主ヶ滝ルートを登り、帰りは花乱の滝へ下りその後林道を歩いて帰るコース。
坊主ヶ滝を見て坊主川沿いを登り金山へ。
金山に近づくが薄っすらとアラレが積もっているくらいで雪は積もっていない
条件が悪かったようで山頂の木々にはまったく樹氷が無い、ガッカリ。
樹氷は諦め新たな目的を設定。三瀬峠まで縦走路を進み引返す。
帰りは花乱の滝コースを下るのを取り止め金山直登コースを登り再び金山へ。
下山は往路の坊主ヶ滝ルートを下る。

 10:40 湧水千石の郷(2℃)
 10:58 坊主ヶ滝・・・一旦坊主ヶ滝に立ち寄ります
 11:14 新鉄塔・・・鉄塔の下をくぐります
 12:15 金山(-4℃)/12:30・・・風が強く体感的にはもっと寒い
 12:56 アゴ坂峠・・・三瀬峠まで歩いてみる
 13:10 城ノ山・・・これから先は初めての道
 13:36 三瀬峠・・・国道に出ました、ここで引返します
 14:08 城ノ山
 14:23 アゴ坂峠
 14:31 直登分岐・・・花乱ノ滝へは下らず再び金山へ
 15:07 金山(-4℃)/15:20・・・下山は往路を帰ります
 16:22 新鉄塔
 16:35 坊主ヶ滝登山口
 16:44 湧水千石の郷(0℃)
f0212511_21560861.jpg
「湧水千石の郷」の横から入っていく
f0212511_21562128.jpg
クリックで拡大
f0212511_21562899.jpg
坊主ヶ滝
f0212511_21563585.jpg
f0212511_21564226.jpg
f0212511_21565329.jpg
f0212511_21570844.jpg
金山の山頂、樹氷は全く有りません、風が強く寒い
f0212511_21571637.jpg
佐賀方面、筑後川が有明海に流れ注いでいます
f0212511_21572599.jpg
金山の山頂、薄っすらと霰が積もっています
f0212511_21573409.jpg
アゴ坂峠、本日のルート変更
f0212511_21574223.jpg
f0212511_21574901.jpg
f0212511_21575512.jpg
三瀬峠には、聾(つんぼ)なおし地蔵が祀られています
f0212511_21580551.jpg
金山への直登ルート
f0212511_21590125.jpg
金山への直登ルート
f0212511_21591170.jpg
金山への直登ルート
f0212511_21592033.jpg
金山の近くから見た展望、博多湾のようです
f0212511_21593098.jpg
f0212511_21593940.jpg
首に引っ掛かる位置に蔦(カズラ)がぶら下がっています、登山者注意です

[PR]
  【山名・標高】 脊振山 1055m 唐人の舞 911m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年11月3日(火) 晴れ 山行時間4:26(休憩除く4:10) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離15.5㎞(林道6.4㎞含む) 累積標高(+)1,032m 歩数23,189歩
  【車駐車位置】 椎原バス停 マップコード:224177830*63

最近、野暮用が多く由布岳や大船山、九重連山へ行き紅葉を鑑賞する時間がありません。
どうにか3日の午後に時間が取れたので紅葉名所ではないが近場の脊振山へ行ってみました。
登山道の木々がちょっとだけ色づいている程度でまだ早いようです。
脊振山の下には駐車場があり、車で来られている方が多く見受けられました。
今日は快晴、山頂から360度の眺望を楽しまれているようでした。

  12:20 椎原バス停(16℃)
f0212511_22092374.jpg  12:45 船石橋
  13:11 林道横断
  13:50 矢筈峠
  14:02 フェンスゲート
  14:14 脊振山(10℃)~14:30
  14:42 フェンスゲート
  14:51 矢筈峠
  14:56 九州自然歩道入口
  15:15 唐人の舞
  15:38 椎原峠東
  16:02 林道横断
  16:17 林道
  16:21 船石橋
  16:46 椎原バス停(14℃)
f0212511_22094078.jpg
赤色が今回の軌跡
f0212511_22095337.jpg
f0212511_22100744.jpg
f0212511_22103061.jpg
f0212511_22111681.jpg
f0212511_22113241.jpg
紅葉の中に何かが隠れています?
f0212511_22115047.jpg
f0212511_22120774.jpg
脊振山から福岡市内を望む
f0212511_22122427.jpg
脊振山から福岡市内を望む

f0212511_22124430.jpg
自衛隊
f0212511_22130594.jpg
脊振山から北方面の紅葉
f0212511_22132383.jpg
脊振山の山頂から博多湾を望む
f0212511_22135236.jpg
脊振山から石段を下りながら見る紅葉
f0212511_22141063.jpg
脊振山駐車場から脊振山方面を望む
f0212511_22142972.jpg
f0212511_22144833.jpg
唐人の舞から見る
f0212511_22151511.jpg
唐人の舞から脊振山を見る
f0212511_22153326.jpg
f0212511_22154935.jpg
 
[PR]
  【山名・標高】 金山 967m 西山 816m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年8月16日(火) 小雨 山行時間6:59(休憩除く6:27) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離14.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1418m 歩数24,275歩
  【車駐車位置】 小爪峠登山口 マップコード:224176706*60

今日は山登りを始めたころに肉まんさんと登った西山(2007年1月)へ行ってみる。
小爪峠登山口から荒れた沢を何度も徒渉しながら登り縦走路の小爪峠に到着。雲の中で展望無。
アブなど身体の周りにまとわりつかれ、時には刺されながらのの沢登りは大変でした。
濡れたクマザサの縦走路を進み金山に到着、休憩して引返し西山分岐から西山へ向かう。
ピーク906mを過ぎた辺りから笹深い道に迷い尾根や谷をさまよい40分後に登山道へ出る。
気を取り直しピーク906mから進むが今度は十字路分岐で坊主ヶ滝方面へ進んでしまう。
十字路分岐まで引返してどうにか西山のピークに到着しました。
悪いことは重なるもので西山からの下山道でも道を間違い反対方向へ進んでします。
再び西山に戻り十字路分岐から小爪峠ルートへの道を見つけ下山となりました。
今回は山中で三回もウロウロしてしまい2㎞以上多く歩き、80分ものロスタイムでした。

  07:40 小爪峠登山口(23℃)
f0212511_13181270.jpg  07:47 小爪新橋
  08:40 ポイントNo23-1
  09:08 小爪峠(22℃)~09:15
  09:29 西山分岐
  09:40 小爪峠~金山中間点
  10:07 金山(20℃)~10:20
  10:47 小爪峠~金山中間点
  11:00 西山分岐
  11:04 ピーク906m
  11:44 登山道に出る
  11:54 ピーク906mへ戻る~12:00
  12:10 十字路分岐左へ
  12:27 十字路分岐戻る
  12:38 西山(21℃)~12:50
  13:03 西山に戻る
  13:16 十字路分岐左へ
  13:43 ポイントNo23-1
  14:34 小爪新橋
  14:39 小爪峠登山口(23℃)
f0212511_13182289.jpg
赤色が今回の軌跡、黒色は道迷いや間違った道(クリックで拡大)
f0212511_15250690.jpg
小爪川の小爪新橋
f0212511_15251570.jpg
f0212511_15252398.jpg
f0212511_15254254.jpg
f0212511_15255003.jpg
f0212511_15255885.jpg
ポイントNo23-1
f0212511_15260743.jpg
f0212511_15261525.jpg
小爪峠まで登ってきました。カメラの調子が悪くなり写真おかしくなってきました
f0212511_15262386.jpg
金山へ縦走路を進みます
f0212511_15263284.jpg
f0212511_15264105.jpg
金山の山頂、曇っていて展望はありません
f0212511_15271705.jpg
f0212511_15272725.jpg
縦走路からの西山分岐
f0212511_15273655.jpg
クマザサが深く不明瞭な登山道、この後尾根や谷をさまよう
f0212511_15274560.jpg
西山の山頂です、木々に覆われ展望はありません
f0212511_15280296.jpg
十字路分岐から小爪峠ルートへ進む
f0212511_15281130.jpg
途中炭焼き跡が三ヶ所ありました
f0212511_15282001.jpg


[PR]
  【山名・標高】 蛤岳 863m 脊振山 1055m (佐賀県)
  【月日・時間】 2016年7月9日(土) 曇り 山行時間5:10(休憩除く4:52) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離17.3㎞(林道0.4㎞含む) 累積標高(+)1,140m 歩数27,800歩
  【車駐車位置】 坂本峠登山口 マップコード:37784680

今日は所々晴れ間が覗いているものの雲が多く、山はガスが掛かり雨が降っている所もあるようです。
そんな天気の中、午後から九州自然歩道が通る脊振山系東部を歩いてきました。
坂本峠から蛤水道で知られる蛤岳を経て脊振山までのピストン。
九州自然歩道と言うこともあり、迷うことなく稜線を歩き濡れた山林を満喫してきました。
午後からの出発で下山がちょっと心配でしたが暗くなる前に坂本峠へ帰り着きました。

  13:10 坂本峠登山口(23℃)
  13:28 No105f0212511_18584140.jpg
  14:00 林道横断
  14:05 蛤水道
  14:20 蛤岳(23℃)
  14:30 犬井谷分岐
  14:35 小川内分岐
  14:43 古賀ノ尾分岐
  15:33 田中分岐
  15:42 脊振山(19℃)~16:00
  16:08 田中分岐
  16:53 古賀ノ尾分岐
  17:00 小川内分岐
  17:24 蛤水道
  17:29 林道横断
  18:01 No105
  18:20 坂本峠登山口(20℃)     マテ貝岩↑
f0212511_1955684.jpg

f0212511_2356472.jpg
出発地点の坂本峠
f0212511_23561310.jpg
霧雨の降る自然林の中を歩く
f0212511_235639100.jpg
f0212511_235646100.jpg
蛤水道沿の九州自然歩道を進む
f0212511_23565272.jpg
蛤岳の山頂にあるハマグリ岩
f0212511_23565810.jpg
f0212511_2357694.jpg
f0212511_23571343.jpg
脊振山の山頂が近くになるにつれ木製の遊歩道が続く
f0212511_23572151.jpg
脊振山に到着
f0212511_23572794.jpg
今日はガスが掛かり眼下の航空自衛隊駐屯地もアンテナが見える程度です
f0212511_2357343.jpg
小川内分岐から沢ルートへ進み、苔むした岩の合間を流れる清流に心癒される
f0212511_23574330.jpg
井手ダムへ水が導かれるよう水路が築かれています
f0212511_2357503.jpg
蛤水道
[PR]
  【山名・標高】 脊振山 1055m 猟師岩山 893m (福岡県)
  【月日・時間】 2014年5月1日(木) 曇り 山行時間5:53(休憩除く5:22) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離17.8㎞(林道3.7㎞含む) 累積標高(+)1418m 歩数28,520歩
  【車駐車位置】 椎原バス停 マップコード:224177830*63

  今年のGW、休日はあるものの自由になる休みが続かず遠出山行を断念。
  近場で昨年行けなかった脊振尾根のミツバツツジを求めて歩いてみた。
  今日は、欲張りコースで椎原バス停を起点に車谷ルートを登り、脊振山に到着、その後は
  脊振山から縦走路を小爪峠まで歩き、小爪峠ルートを下りバス停に戻る周回コース。
  目的のミツバツツジは蕾も多く四分咲きぐらいかな~、晴天なら2~3日後が見ごろのようです。
  猟師岩山周辺のシャクナゲも、まだまだ咲いていてミツバツツジと同時に見れました。
  それにこの辺はツバキの木も多く、登山道が花道となり気持ちの良い縦走路ですね。
  欲張りコース、期待以上に満喫した山行でした。 

  09:20 椎原バス停(18℃)f0212511_20425166.jpg
  09:45 船石橋
  10:10 林道横断
  10:52 矢筈峠
  11:13 脊振山(15℃)~11:21
  11:41 矢筈峠
  12:07 唐人の舞~12:15
  12:38 椎原峠(東)
  12:43 椎原峠(西)
  12:55 鬼ヶ鼻岩(18℃)~13:10
  13:40 猟師岩山(16℃)
  13:50 小爪峠
  14:42 三差路分岐
  14:55 小爪峠登山口
  15:13 椎原バス停(21℃)

f0212511_2043095.jpg
     車谷ルートの新緑
f0212511_2043820.jpg
     車谷ルートの新緑
f0212511_20431395.jpg
     脊振山山頂から
f0212511_20432286.jpg
     唐人の舞から見る展望
f0212511_20432748.jpg
     日当りのよい所のミツバツツジ
f0212511_20433718.jpg
     日当りのよい所のミツバツツジ
f0212511_20434319.jpg
     日当りのよい所のミツバツツジ
f0212511_20435480.jpg
     猟師岩辺りの縦走路
f0212511_2044414.jpg
     シャクナゲ
f0212511_2044167.jpg
     シャクナゲ
f0212511_20442132.jpg
     今にも開くようなシャクナゲ
f0212511_20443061.jpg
     赤く染まった縦走路
f0212511_222544.jpg
     クリックで拡大します
[PR]
樹氷は残念ながら見れず
 2013年1月5日(土) 曇り 登山者 単独  万歩計 19,123歩
 山行時間09:00~13:32 (登山時間4:32 歩行時間4:17) 沿面距離12.8Km
 累積標高(+)1073m 【車駐車位置】湧水千石の郷入口 マップコード:224234424*12

 樹氷を見たいけど九重や雲仙は遠い、近場で樹氷が味わえる金山に登る。(2010年2月の樹氷)
 今日の早朝は冷え込んでおり、樹氷鑑賞に期待をして登山口に向かう。
 しかし、気象条件が悪かったのか山頂方面は樹氷が付いているようには見えない。
 湧水千石の郷登山口から登り徐々に雪が現れ、山頂に近くになるにつれ4~5㎝の積雪。
 滑らないよう枝を頼りに登り金山へ到着。残念、樹氷は咲いてません。
 山頂からは天山、多良岳、雲仙の山々と有明海が見渡せ素晴らしい景色です。
 下山は城ノ山まで一端進みアゴ坂峠まで引き返し、花乱の滝ルート下る。
 途中、一昨日宝満山登山でニアミスした風来坊さんと遭遇、しかもS・TAROUさんも一緒です。
 今日は他の二人の登山者と出会っただけで、こんな所で山行の友に会うなんて、嬉しいですね。
 今日は樹氷を見ることはできませんでしたが、二人に会えただけで”良し”とします。 
  0:00 湧水千石の郷(0℃)f0212511_21392312.jpg
  0:08 坊主ヶ滝登山口
  0:27 鉄 塔
  0:45 坊主ヶ滝分岐
  1:33 金 山(-2℃)~1:48
  2:17 アゴ坂峠
  2:32 城ノ山(0℃)846m
  2:46 アゴ坂峠
  2:54 直登ルート合流
  3:48 花乱の滝登山口
  3:58 花乱の滝(林道へ)
  4:10 林道十字路
  4:32 湧水千石の郷(4℃)
f0212511_21394680.jpg
     金山の山頂(期待していた樹氷は見れず)
f0212511_21394345.jpg
     雪化粧している天山と天山スキー場(右)
f0212511_214011.jpg
     金山の山頂(木々の隙間から見る福岡市内)
f0212511_2140184.jpg
     城ノ山近くの展望岩から見る金山
f0212511_2141511.jpg
     清流の至る所に氷の造形が出来ています
f0212511_1272972.jpg
       本日のルート(ルート図クリックで拡大
[PR]