カテゴリ:福岡県の山( 73 )

【山名・標高】大根地山 652m 高塚山 453m (福岡県)
【月日・時間】2017年3月4日(土) 晴れ 山行時間3:28(休憩除く3:08) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.3㎞(林道1.4㎞含む) 累積標高(+)767m 歩数18,225歩
【車駐車位置】米ノ山峠登山口 マップコード:55432003*28

今日は米ノ山峠を出発地点とし山口尾根へ向かいます。
山口尾根三差路から一旦高塚山へ進み、引返して大根地山へ登ります。
誰とも会わなかった山口尾根、自然林を満喫しながら歩きます。
今日のコース、思っていたより充分楽しめることができました。

 11:40 米ノ山峠登山口(10℃)・・・コンクリート道を進みます
 11:48 コンクリート道終点・・・工事中の林道辺りから山道へ
 12:17 三差路分岐・・・・・高塚山と大根地山の分岐点
 12:39 高塚山・・・これから先は昨年8月27日に歩いたので引返します
 13:03 三差路分岐・・・大根地山へ向け人工林の中、荒れた道を歩く
 13:25 山口尾根分岐・・・整備された道に出ました
 13:32 大根地神社・・・お参りして山頂へ
 13:40 大根地山(14℃)~14:00・・寝っ転がりのんびり休憩
 14:07 大根地神社
 14:12 山口尾根分岐
 14:30 三差路分岐・・・・この先、テープを確認しないと迷います
 15:00 コンクリート道・・・無事に出ました
 15:08 米ノ山峠登山口(11℃)
f0212511_23305616.jpg
米ノ山峠近くのコンクリート道へ入っていきます
f0212511_23311220.jpg
ルートは赤い軌跡、クリックで拡大
f0212511_23312209.jpg
f0212511_23313875.jpg
コンクリート道を過ぎた後はテープを頼りに進みます
f0212511_23314762.jpg
f0212511_23320421.jpg
大根地山と高塚山の三差路、一旦高塚山へいきます
f0212511_23322162.jpg
f0212511_23323022.jpg
f0212511_23324908.jpg
高塚山の山頂、引返します
f0212511_23330451.jpg
三差路から大根地山への道は荒れています
f0212511_23331571.jpg
大根地神社の鳥居まで来ました
f0212511_23333178.jpg
大根地神社を過ぎ、大根地山に到着
f0212511_23334249.jpg
先ほど歩いてきた高塚山が見えています
f0212511_23335729.jpg
三郡山の山頂レーダードームが見えます
f0212511_23340983.jpg
飯塚方面、霞んでよく見えません
f0212511_23342431.jpg
朝倉郡方面、太陽の逆光もあり霞んでいます


[PR]
【山名・標高】六ヶ岳(旭岳) 338.9 (福岡県)
【月日・時間】2017年1月28日(土) 晴れ 山行時間3:26(休憩除く3:18) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.4㎞(コンクリート道1.6㎞含む) 累積標高(+)983m 歩数14,982歩
【車駐車位置】内野池登山口 マップコード:68232854*85

今日は天気が良く明日は雨予報、午前中のゴルフが終わったあと六ヶ岳の六峰へ。
六つの峰を踏むには一般登山道に加え、不明瞭なルートも歩きます。
六ヶ岳(旭の峰)の展望は絶景ですが他の峰は雑木林に覆われ展望はありません。
低山ですがピークに登ったかと思えば下る、を八つも繰り返し疲れました。
 
 14:10 内野池登山口(12℃)
 14:17 龍ヶ岳分岐・・・取付き点から右折、廃道進まず尾根へ上がります
 14:32 龍ヶ岳(南岳)222m・・・龍ヶ岳城址
 14:40 龍ヶ岳(北岳)230m
 14:47 鉄塔・・・直方登山口から合流
 15:10 六ヶ岳(旭の峰)~15:15
 15:28 一般登山道分岐点・・本日の計画ルートへ戻るため再び六ヶ岳(旭の峰)へ
 15:37 六ヶ岳(旭の峰)~15:40・・・急坂を下ります
 15:47 羽衣の峰315m・・・はっきりしないピークに標識がある
 16:05 﨑門の峰272m・・・六嶽神社上宮が祀られています
 16:12 天冠の峰252m・・・急登を登ります
 16:20 﨑門の峰272m・・・この後右折して下る、ジメジメな沢を進み高須山へ
 16:41 高祖の峰260m・・・・また下ります
 16:51 一般登山道分岐点・・・一般登山道の分岐点まで来ました
 17:01 出穂の峰293m・・・・急登を登り最後の峰を踏破、夕暮れ急いで下山
 17:11 一般登山道分岐点・・・ここまで来れば暗くなっても道に迷う心配無し
 17:24 内野池説明板
 17:29 龍ヶ岳分岐
 17:36 内野池登山口(10℃)・・・暗くなる前に到着
f0212511_21074348.jpg
宮若市龍徳登山口(県道21号線陸橋)
f0212511_21084463.jpg
クリックで拡大
f0212511_21085572.jpg
コンクリート道を進み途中から右折、龍ヶ岳へ
f0212511_21091052.jpg
龍ヶ岳南峰 (龍ヶ岳城址)
f0212511_21091662.jpg
龍ヶ岳の南峰を踏み北峰を過ぎると、整備された直方からの登山道と合流
f0212511_21092309.jpg
f0212511_21092996.jpg
六ヶ岳(旭の峰)の山頂、360度の眺望が開けています
f0212511_21093710.jpg
今日は霞んでいますが手前に遠賀川、中央部に山陽新幹線高架が見えます
f0212511_21094565.jpg
東側には福智山がはっきりと見えます
f0212511_21095465.jpg
六ヶ岳(旭の峰)から羽衣の峰への入口道を間違え一般的な登山道を下ってしまう
間違いに気付き再び六ヶ岳(旭の峰)へUターンして登る
f0212511_21100287.jpg
六ヶ岳(旭の峰)から急登を下り羽衣の峰に到着
f0212511_21101036.jpg
羽衣の峰から﨑門の峰へ進む途中、不思議な枝ぶりの木を発見
f0212511_21101749.jpg
﨑門の峰
f0212511_21102562.jpg
﨑門の峰には六嶽神社上宮があります
f0212511_21103771.jpg
天冠の峰まで来ました、引返し再び﨑門の峰を経て途中から右折、急坂を下る
f0212511_21104879.jpg
テープ探しながら道無き道を進みます
f0212511_21105581.jpg
急登を登り高祖の峰到着、再び引返し今度は出穂の峰へ
f0212511_21110335.jpg
出穂の峰への道も歩きにくく大変です
f0212511_21111102.jpg
六ヶ岳の六つ目の峰、出穂の峰に到着、これで全て峰を踏むことができました
f0212511_21112132.jpg
出穂の峰から引返して一般的な登山道へ出ました
f0212511_21113083.jpg
内野池辺りに下ってくると竹林が生茂っています
f0212511_21113714.jpg
内野池横にある案内板
直鞍地域のほぼ中央に位置し、宗像三女神降臨の霊峰として伝えられています。「朝日、天冠、羽衣、高祖、出穂、崎門」の六峰からなることで名付けられました。支峰の龍ヶ岳には戦国時代の龍ヶ岳城址があり、かつての繁栄の様子がうかがえます。

[PR]
【山名・標高】陣ノ尾山 695m 一ノ岳 646m (福岡県)
【月日・時間】2017年1月21日(土) 曇り 山行時間3:09(休憩除く2:59) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.4㎞(林道4.1㎞含む) 累積標高(+)874m 歩数15,605歩
【車駐車位置】亀ノ尾林道入口 マップコード:419035531*60

18日に鷲ヶ岳・成竹山・隆岳に登り自宅でGPS軌跡をパソコンで確認していたところ、近くに一ノ岳があることに気づき、さっそく今日登ってきました。
一ノ岳から陣ノ尾山までの間は登山道が不明瞭、テープを見落とさずに!

 13:50 亀ノ尾林道入口(5℃)・・・路肩にバイクを止めて出発
 14:00 工事用ゲート・・・・・林道改良工事のためゲートあり
 14:05 一ノ岳取付地点・・・工事詰所の横が取付点
 14:36 一ノ岳(4℃)・・・・・・廃道化した作業道などを登る
 15:00 陣ノ尾山(3℃)・・・・赤いテープを探しながら陣ノ尾山到着
 15:15 鉄塔(亀ノ尾林道終点)・・・これから林道入口まで約2.6㎞の林道を下る
 15:37 一ノ岳取付地点
 15:41 工事用ゲート
 15:50 亀ノ尾林道入口~16:00・・・出発地点に到着、今度は笠城へ
 16:03 笠城取付地点・・・ちょっと分かりづらいがE230標識から入る
 16:21 亀ノ尾峠・・・・・・・「筑前肥前街道8」の標識から右へ尾根を登る
 16:33 笠城422m(3℃)・・不明瞭な道を辿り笠城の三角点到着
 16:44 亀ノ尾峠・・・・・・・引返しの復路は苦労なく取付点へ
 16:56 笠城取付地点
 16:59 亀ノ尾林道入口(4℃)・・・暗くなる前に下山
f0212511_22580701.jpg
右側の亀ノ尾林道入口から出発
f0212511_22584251.jpg
一ノ岳、陣ノ尾山に登り出発地点へ戻り今度は笠城に登る
f0212511_22585395.jpg
林道途中に工事用ゲートが有り車両は入れません
f0212511_22590372.jpg
工事用詰所の横にある一ノ岳取付き点
f0212511_22591104.jpg
昔は作業道だったのか今は車は走れませんね~、水の流れで道がえぐれています
f0212511_22591837.jpg
間もなく一ノ岳です
f0212511_22592687.jpg
一ノ岳到着、木々に覆われ展望無、次の亀ノ尾山へ向かいます
f0212511_22593518.jpg
雪道を進みます
f0212511_23031602.jpg
不明瞭な道をテープ頼りに進みます
f0212511_23032640.jpg
間もなく亀ノ尾山到着、振り向くと×印があります
f0212511_23033592.jpg
亀ノ尾山到着、ここも木々に覆われ見晴は無し、「脊振少年自然の家」の番号有り
f0212511_23034567.jpg
陣ノ尾山から先ほどの×印方面へ直進すると案内が有ります
f0212511_23035425.jpg
プラスチック階段を下っていきます
f0212511_23040564.jpg
電力鉄塔部分に到着、九千部山のアンテナ群が見えます
f0212511_23041526.jpg
改良工事中の亀ノ尾林道を下っていきます
f0212511_23043393.jpg
亀ノ尾山林道入口から国道385号線を少し下った場所、E230標識が笠城取付点
ここから入り込み不明瞭な筑前肥前街道を登っていきます
f0212511_23044481.jpg
分かりづらい道です
f0212511_23045488.jpg
筑前肥前街道13の標識が有ります
f0212511_23050680.jpg
荒れた道を登っていきます
f0212511_00223438.jpg
筑前肥前街道を辿りながら間もなく亀ノ尾峠です
f0212511_23053006.jpg
峠には筑前肥前街道8の標識が有る、ここから右の尾根に上がっていきます
f0212511_23055909.jpg
途中に三角点?あり
f0212511_23061182.jpg
笠城に到着、城跡ですが案内もなく良く分かりませんが三角点があります

[PR]
【山名・標高】鷲ヶ岳 454m 隆岳 660m 成竹山 580m(福岡県)
【月日・時間】2017年1月18日(水) 曇り 山行時間4:36(休憩除く4:17) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離10.4㎞(林道1.3㎞含む) 累積標高(+)1,131m 歩数17,720歩
【車駐車位置】林道駐車場 マップコード:419153705*14

今年の干支である酉に因んで、今日は鳥や鷹ではなく、鷲が付く福岡県の低山を歩く。
今回歩いた周回コース、不明瞭の登山道に加え分岐も多く結構ワクワク?楽しめます。
誰がか付けたような山名の山頂も合わせると全部で9座も踏んことになりました。

 10:50 仲ノ畝林道駐車(5℃)・・・林道に苔が生えバイクは滑る、空地駐輪
 10:58 鷲ヶ岳取付地点・・・・林道終点の手前約200m辺りが取付地点
 11:15 鷲ヶ岳~11:18・・・取付き点から急登を登り山頂、素晴らしい景色
 11:25 道間違い~11:52・・・急登尾根への分岐を見落とし左へ行ってしまう
 12:15 矢吹岳617m・・・・尾根道にある山頂
 12:31 大丸山725m・・・・近くにある大江岳710mも尾根道にある山頂
 12:42 分岐(十条製紙社有林看板)・・・プラスチック階段を登り鉄塔へ
 12:48 樫木畑748m・・・・鉄塔の場所、脊振山の山頂がはっきり見えます
 12:52 分岐(十条製紙社有林看板)
 13:22 隆岳(7℃)~13:30・・・眺望無し、一旦山頂を踏み引返して成竹山へ
 13:56 成竹山・・・・・・・・・尾根道にある山頂、眺望無し
 14:02 展望所(7℃)~14:10・・・素晴らしい展望、休憩所・トイレ?有り
 14:35 成竹山取付点(寺倉林道終点)・・・約300m下った所が鷲ヶ岳取付点
 14:51 太郎山410m・・・鷲ヶ岳取付点から暫く不明瞭な道を進み太郎山へ
 15:00 大江山取付地点・・・大江山410mのすぐ近くが取付地点
 15:15 仲ノ畝林道終点・・・GPSに助けられながら無事にここまで来ました
 15:18 鷲ヶ岳取付地点
 15:26 仲ノ畝林道駐車位置(7℃)
f0212511_22381222.jpg
仲ノ畝林道は滑るため写真手前の空地にバイクを停めます
f0212511_22382573.jpg
クリックで拡大
f0212511_22383430.jpg
鷲ヶ岳の取付地点、右へ入っていきます
f0212511_22384220.jpg
鷲ヶ岳の山頂
f0212511_22384811.jpg
山々の合間から見える風景、博多湾と海の中道
f0212511_22385429.jpg
こちらは福岡市内方面、遠くは若杉山
f0212511_22390049.jpg
地図には山頂名が有りませんが、このように山名が掲げられています
f0212511_22390820.jpg
十条製紙社有林の看板、ここからプラスチック階段を登り樫木畑へ
f0212511_22391685.jpg
鉄塔すぐ近くの樫木畑の三角点
f0212511_22392635.jpg
樫木畑に有る鉄塔から見る脊振山
f0212511_22393736.jpg
この辺は雪が積もっています
f0212511_22394444.jpg
隆岳の山頂、標識は色あせて隆岳と微かに分かる程度
f0212511_22395614.jpg
成竹山、休憩せず展望台へ進みます
f0212511_22400524.jpg
素晴らしい展望台、吹き流しが有りハンググライダー基地?
f0212511_22401300.jpg
福岡市内
f0212511_22402188.jpg
中央には国道385号が縦に走っています
f0212511_22402828.jpg
恐竜の卵??
f0212511_22403699.jpg
成竹山取付き地点に下っていました(寺倉林道の終点)
f0212511_22404479.jpg
寺倉林道にある鷲ヶ岳取付き地点、太郎山までは道が不明瞭で荒れている
f0212511_22405171.jpg
苔が綺麗に生えている倒木、難路を過ぎゴールが間近
f0212511_22410005.jpg
初めて歩いたコース、仲ノ畝林道終点から振返り写真を一枚、無事に生還できました

[PR]
【山名・標高】大日ヶ岳 829m 釈迦ヶ岳 844m (福岡県)
【月日・時間】2017年1月7日(土) 曇り 山行時間2:08(休憩除く1:47) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離3.1㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)617m 歩数6,184歩
【車駐車位置】斫石峠登山口 マップコード:748104519*87

先ほど鳥屋山に登ったが、まだ時間は早い、体力も残っているので次の山へ。
次の大日ヶ岳登山口へ添田町から県道52号を走り向かうがトンネル手前で通行止。
一旦小石原へ戻り国道211号線を下り大周りして東峰村から登山口へ向かう。
登山口に到着、車が一台駐車しておりその後ろに車を停め登山準備。
10年前に登った事を思い出しながら峰入道を歩く。
大日ヶ岳へは岩場の危険ヶ所があり、釈迦ヶ岳は距離は短いが急登できつい
午後からの雨予報、思ったより遠くの景色が見え眺望を楽しむことができました。

 11:10 登山口(8℃)・・・斫石トンネルの東峰村側が登山口
 11:17 斫石峠・・・・先に大日ガ岳へ向かいます
 11:48 大日ガ岳・・・危険な岩場を経て山頂へ
 12:17 斫石峠・・・・引返し今度は釈迦ガ岳へ
 12:39 釈迦ガ岳(6℃)/13:00・・・こまめな休憩を入れ急登を登る
 13:14 斫石峠・・・斫石峠まで転げるように下ります
 13:18 登山口(9℃)・・・雨が降る前に下山
f0212511_15445985.jpg
登山口の斫石トンネル(東峰村側)
f0212511_15451346.jpg
f0212511_15452132.jpg
しっかりとした案内板があります
f0212511_15452824.jpg
トンネルの上まで登り、先に大日ヶ岳へ登り引返して次に釈迦ヶ岳へ
f0212511_15453435.jpg
大日ヶ岳へは険しい岩場を通ります
f0212511_15455238.jpg
ロープに助けられながら急登を登っていきます
f0212511_15461473.jpg
大日ヶ岳の山頂到着
f0212511_15462306.jpg
大日ヶ岳からの眺望
f0212511_15464846.jpg
細い岩場を慎重に歩きトンネルの上部まで戻ってきました
f0212511_15471169.jpg
今度は釈迦ヶ岳への道、距離は短いが急登です
f0212511_15472208.jpg
釈迦ヶ岳から阿蘇の根子岳や中岳が見えます
f0212511_15473285.jpg
こちらは九重連山、左中央には万年山が見えているようです
f0212511_15474462.jpg
薄い霧に山々が浮かび上がり素晴らしい風景です
f0212511_15475448.jpg
素晴らしい眺望に疲れも癒されます


[PR]
【山名・標高】鳥屋山 645m (福岡県)
【月日・時間】2017年1月7日(土) 晴れ 山行時間1:42(休憩除く1:42) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離4.3㎞(林道0.8㎞含む) 累積標高(+)503m 歩数8,525歩
【車駐車位置】鳥屋山登山口駐車場 マップコード:748035487*27

今日は2017年初登りとなり干支の酉にちなんで鳥屋山に登ります。
昨日のリベンジとなり、追加の山に大日ヶ岳と釈迦ヶ岳にも登ります。
登山道は奥ノ院まで続き、多くの石仏が祀られています。心が洗われる?。
二時間足らずの登山が終わり次の山へ移動します。

 08:20 鳥屋山登山口(1℃)・・・整備された駐車場
 08:25 キャンプ場・・・コンクリート道を上がりキャンプ場へ
 08:40 四合目・・・・・女道を登り四合目へ
 08:56 八合目
 09:02 鳥屋山(3℃)・・・鎖場を登り山頂に到着
 09:14 奥ノ院
 09:28 鳥屋山・・・・・鎖場を避け巻道を下る
 09:32 八合目
 09:42 四合目・・・・・下りは男道を下る
 09:58 キャンプ場
 10:02 鳥屋山登山口(6℃)
f0212511_19483750.jpg
駐車場に車を止め出発します
f0212511_19485249.jpg
f0212511_19490259.jpg
キャンプ場にも案内があり、奥ノ院目指して登ります
f0212511_19491189.jpg
f0212511_19491833.jpg
f0212511_19492638.jpg
鳥屋山の山頂
f0212511_19493504.jpg
鳥屋山
f0212511_19494607.jpg
南に筑紫平野が見えます
f0212511_19495429.jpg
奥の山並は耳納連山
f0212511_19504528.jpg
東南方面、右には寺内ダムが少し見えます
f0212511_19505707.jpg
大岩の下に祀られています
f0212511_19511040.jpg
奥ノ院まで来ました、引返します
f0212511_19512069.jpg
男道の石仏には何故か赤い服を着ていません?
f0212511_19512918.jpg
男道の鎖場を下りキャンプ場へ

[PR]
【山名・標高】 大間山225m 大塔山252m 三池山388.1m 長助金比羅488m (福岡県)
        観音岳473m  筒ヶ岳501.4m 丸山391.9m(熊本県)
【月日・時間】 2016年12月17日(土) 晴れ 山行時間6:51(休憩除く6:13) 登山者単独
【距離・歩数】 沿面距離20.7㎞(車道6.4㎞含む) 累積標高(+)1,567m 歩数34,314歩
【車駐車位置】 三池公園駐車場 マップコード:69463443*43

先週の小岱山縦走、何となく心残りがあり今週も行ってきました。
今回は前回の逆方向である小岱山から三池山へ歩きます。(迷いにくいルート)
JR玉名駅をスタートし小岱山、三池山へ進み、折角なので新たに大間山まで足を延ばし三池公園をゴールとする。
長助金比羅からの急降下道はちょっと不明瞭ですがテープを頼りに下る
平山登山口からはみかん畑の作業道を道なりに下り庄山交差点に出る
先週確認していた教楽来バス停から右に入り込み問題なく山口登山口に辿り着く
ここまで来れば直線的な縦走コースを外れることなく最後まで歩けそうです
登山道を登り前回歩いた道へ合流、ここで前回の心残りだったルートが完成
その後は気持ち良くのんびりと三池山へ登り、大間山を経て三池公園ゴール
前回に比べ三池公園まで縦走路を延ばしたものの直線的ルートによって沿面距離が2.2㎞減った。しかし、山行時間は車道歩きが4.7㎞減ったものの登山道歩きが増えたことで30分程長くなった。

 三池公園に車をデポ6時55分出発、900m歩き三池中町バス停へ
    西鉄バス:三池中町バス停7:10発~大牟田駅バス停7:25着(250円)
    JR電車:大牟田駅7:41発~玉名駅8:3着(460円)

  08:05 JR玉名駅(6℃)・・・玉名高校の学生に交じりながら歩きます
  08:36 蛇ヶ谷公園入口・・・玉名駅から2.6㎞歩くと公園入口
  08:46 蛇ヶ谷公園展望台・・・地元の方々が早朝ラジオ体操
  09:21 笹千里駐車場
  09:45 丸山・・・今日は雲仙岳が少し見えています
  10:10 観音岳(7℃)・・・休憩なしで先を急ぎます
  10:19 荒尾展望台
  10:36 筒ヶ岳(小岱山)
  10:48 長助金比羅(6℃)~11:00・・・これから庄山交差点までは初道
  11:20 三差路合流・・・長助金比羅からの下りは急坂で岩場、慎重に下る
  11:26 平山登山口・・・登山口はみかん畑の作業道、舗装道路へ出ます
  12:00 庄山交差点・・・くねくね作業道を2.3㎞歩き庄山交差点へ
  12:22 山口登山口・・・庄山交差点を渡り教楽来バス停から右折、車道を1.3㎞歩き山口登山口へ
  12:41 尾根道合流・・・前回見落とした分岐に辿り着く
  13:04 三池山展望広場~13:30・・・5時間ほど歩き、ここで昼食
  13:33 三池山(11℃)
  13:43 三池宮・・・石段を下っていきます
  13:57 荒平峠
  14:05 大塔山・・・荒平山と標識が有りました?
  14:26 八角目峠
  14:39 大間山(11℃)・・・午後からの霞みで大牟田市内はぼんやりです
  14:56 三池公園・・・道を間違うことなく縦走することができました
f0212511_22580293.jpg
スタート地点のJR玉名駅前
f0212511_22581963.jpg
クリックで拡大(全ルート:JR玉名駅~三池公園)
f0212511_21382316.jpg
蛇ヶ谷公園の入口、九州自然歩道の縦走路へ
f0212511_21383627.jpg
蛇ヶ谷公園の展望台で数人の方がラジオ体操されています
f0212511_21385401.jpg
観音岳へ向け九州自然歩道を歩きます
f0212511_21390118.jpg
f0212511_21391067.jpg
f0212511_21392029.jpg
丸山から有明海の先に島原市の海岸線を望む
f0212511_21392944.jpg
丸山から南方面の菊池川流域を望む
f0212511_21393674.jpg
f0212511_21394230.jpg
観音岳の広場に咲く椿
f0212511_21394892.jpg
荒尾展望台から長洲港の先に島原半島をかすかに望む
f0212511_21395698.jpg
筒ヶ岳(小岱山)からみ斜面に広がるみかん畑が見えます
f0212511_21400344.jpg
熊本県荒尾市にある三井グリーンランド、今年で開園50周年、頑張れ遊園地!
16日にスペースワールド(福岡県北九州市)が1990年開業以来、27年間の営業を経て2017年12月末をもって閉園となる報道を聞いた
f0212511_21443877.jpg
クリックで拡大(ルート:JR玉名駅~長助金比羅)
f0212511_21445239.jpg
長助金比羅からは急坂でちょっと危険、下る途中から見た風景
f0212511_21450085.jpg
危険な急坂を終え平地へ下ってきました
f0212511_21451262.jpg
みかん畑へ出てきました、ここが平山登山口
f0212511_21452523.jpg
みかん畑から左上に三池山の山頂鉄塔が見えています
f0212511_21454095.jpg
みかん畑の作業道を下り、先週入口が分らなかった庄山交差点に出てきました
f0212511_21454938.jpg
クリックで拡大(ルート:長助金比羅~三池公園)
f0212511_21460603.jpg
教楽来バス停、ここから路地へはいっていきます
f0212511_21461511.jpg
教楽来バス停から路地を1.3㎞歩いたところにある取付き点
f0212511_21471761.jpg
f0212511_21472780.jpg
f0212511_21473696.jpg
登りきると三池山の広場、青空が綺麗だったので撮ってみました
f0212511_21474205.jpg
三池山から歩いてきた小岱山を振返る
f0212511_21474911.jpg
大塔山から竹林を過ぎると間もなく八角目峠、ゴールの三池公園近し
f0212511_21475765.jpg
大間山のお地蔵さん?
f0212511_21482520.jpg
ゴールの三池公園駐車場



[PR]
  【山名・標高】 皿倉山622m 権現山6174m 帆柱山488m 花尾山351m 洞見台237m(福岡県)
  【月日・時間】 2016年10月15日(土) 晴れ 山行時間4:54(休憩除く4:06) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離10.6㎞(林道・車道4.7㎞含む) 累積標高(+)915m 歩数19,633歩
  【車駐車位置】 帆柱ケーブル山麓駅駐車場 マップコード:16365445*5

100㎞ウォークから一週間、まだまだ足底が治らないが、やはり天気が良いと山へいきたくなる。
皿倉山を中心に権現山・帆柱山・花尾山などの山々が連なる帆柱自然公園を歩く。
皿倉・国見岩コースを登り皿倉山の山頂で素晴らしい眺望を楽しみながら昼食をとる。
その後、権現山、帆柱山、花尾山と周回しながら自然公園の森林浴を満喫。
下山は花尾山から権現の泉を通り花尾分れへ、洞見台に立ち寄り帆柱ケーブル山麓駅に到着。
心配していた足も症状が悪くならず無事皿倉四座を周回することができました。

  10:40 帆柱ケーブル山麓駅(20℃)
f0212511_22465268.jpg  10:50 帆柱稲荷神社
  11:33 国見岩~11:39
  11:48 皿倉山(15℃)~12:15
  12:30 国見峠(皿倉平)
  12:48 権現山
  13:20 坊主跡
  13:44 帆柱山
  14:21 花尾山(16℃)~14:36
  14:51 権現の泉
  15:00 花尾分れ
  15:17 洞見台
  15:34 帆柱ケーブル山麓駅


f0212511_22471449.jpg
f0212511_22473296.jpg
帆柱稲荷神社
f0212511_22474818.jpg
f0212511_22480756.jpg
国見岩からの眺望
f0212511_22482927.jpg
白い屋根は小倉競輪場のドーム
f0212511_22484582.jpg
遠くに関門橋が見えます
f0212511_22494375.jpg
近くには若戸大橋
f0212511_22500207.jpg
遊園地のスペースワールド
f0212511_22504244.jpg
皿倉山からの眺望、右のピンク色建物は展望台
f0212511_22511758.jpg
皿倉山から小倉駅方面、カラフルな建物はリバーウォーク北九州
ビル群に隠れ勝山公園の小倉城は見えません
f0212511_22515481.jpg
f0212511_22521569.jpg
帆柱権現山神社の石段
f0212511_22523353.jpg
権現山から皿倉山を望む
f0212511_22525669.jpg
帆柱山への道
f0212511_22531224.jpg
f0212511_22534936.jpg
帆柱山の山頂
f0212511_22540887.jpg
花尾の辻辺りにあった大きな根っ子
f0212511_22542664.jpg
花尾山の山頂
f0212511_22550461.jpg
花尾山から洞海湾の奥に見える若松競艇場
f0212511_22552178.jpg
洞見台の広場、右奥に三角点あり



 
[PR]
  【山名・標高】 井野山 236m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年10月10日(月) 晴れ 山行時間2:22(休憩除く2:10) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離6.5㎞(車道5.8㎞含む) 累積標高(+)312m 歩数11,304歩
  【車駐車位置】 井野公園 マップコード:55510399*58

 今日は昨日の100㎞ウォークで痛めた足底をゆっくり休養するつもりだったが・・・。
 昨日の大雨と打って変わった秋空の快晴、晴天に誘われ裏山の井野山を歩いてきました。
 足底に痛みを感じながら井野公園を起点に一旦井野山へ登り、その後、街中を周回する。
 井野山から林道終点までの下山は登山道、その他は舗装道路。宇美駅、宇美公園、宇美八幡宮と回る。
 秋の風を感じ爽やかにハイキングができました、が、ちょっと足が痛くなってきました。

  14:30 井野公園(八幡産宮)
f0212511_22250532.jpg  14:56 井野山~15:08
  15:14 鉄塔 (赤井手分岐)
  15:31 鉄 塔
  15:44 林道終点
  16:04 JR宇美駅
  16:21 宇美公園
  16:33 宇美八幡宮
  16:52 井野公園(八幡産宮)
 
    JR宇美駅 →



f0212511_22392467.jpg
f0212511_22255144.jpg
155段の石段を登ると絶景の井野山山頂です
f0212511_22270927.jpg
今日は午後から少し霞んできましたが素晴らしい景色です
f0212511_22281281.jpg
もう少し全体を撮ってみました
f0212511_22284310.jpg
ズーム、福岡ドームとホテル、左に福岡タワーもそびえ立っています
f0212511_22285864.jpg
福岡空港の滑走路と国際線ターミナルが見えます、左に博多タワーも見えます
f0212511_22310051.jpg
アイランドシティに新たな茶色いノッポビルが建っています
f0212511_22314260.jpg
白い屋根の糟屋ドームの上には三日月山と立花山が見えます
f0212511_22320520.jpg
左のしょうけ越え谷間から右の三郡山を経て宝満山までの縦走路、青空に映えます
f0212511_22323176.jpg
登山道を鉄塔方面へ下ります
f0212511_22325301.jpg
鉄塔の所から見る若杉山と宇美町
f0212511_22331226.jpg
登山道を下ります
f0212511_22332713.jpg
二つ目の鉄塔からも下ります
f0212511_22334309.jpg
竹林が茂っているところを過ぎれば林道終点
f0212511_22340550.jpg
舗装道路を歩きJR宇美駅に到着、三郡山をバックに宇美町モニュメント?の『U』が輝いています
f0212511_22342743.jpg
宇美八幡宮の裏手にある宇美公園への道
f0212511_22344556.jpg
橋の上から眺める三郡山系
f0212511_22350209.jpg
最後に宇美八幡宮にお参りして帰ります

[PR]
  【山名・標高】 片縄山 292m 糠塚山 388m (福岡県)
  【月日・時間】 2016年9月11日(日) 晴れ 山行時間4:48(休憩除く4:23) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離12.9㎞(林道0.5㎞含む) 累積標高(+)1,114m 歩数22,533歩
  【車駐車位置】 浦ノ原登山口 マップコード:13079010*74

今日は福岡市近郊にある片縄山から萩ノ原峠(油山牧場入口)までの縦走を試みる。
浦ノ原バス停から奥に入った所の登山口からスタート、縦走路にある糠塚山は初めてのピークです。
低山ながら大木の木々が立ち並ぶ尾根を歩き、33分で片縄山に辿り着く。
山頂から縦走路への道を間違え柏原3丁目登山口へ下ってしまい、再び片縄山に登る羽目になる。
その後、縦走路は小高いピークを何度も登ったり下ったりしながら進む。
本日折り返し地点の萩ノ原峠に到着、まだ先にある油山まで登ってみようかと思ったがやはり引返す。
縦走路の往路を引返し、片縄山から少し進んだ所の北中正門ルートを下るが登山道が不明瞭の為1時間迷う。
北中正門ルートの下山は諦め尾根登山道へ戻り、今度は水場ルートを下ります。
水場ルートははっきりとした道で問題なく下れ今日の山行は無事?終了となりました。
帰ってから北中正門ルートをGPS軌跡で確認したところ、もう少しで下れたようで残念でした。

  10:00 浦ノ原登山口(24℃)
  10:12 水場分岐
f0212511_23063221.jpg  10:17 202mピーク
  10:26 北中正門分岐
  10:33 片縄山
  10:46 柏原3丁目分岐
  10:50 202mピーク
  10:59 北中正門分岐
  11:06 片縄山(22℃)
  11:37 展望岩
  11:42 糠塚山(21℃)
  12:03 萩ノ原峠~12:20
  12:42 糠塚山(21℃)
  12:54 展望岩
  13:12 片縄山(22℃)~13:20
  13:26 北中正門分岐
  14:24 北中正門分岐
  14:33 202mピーク
  14:38 水場分岐
  14:48 浦ノ原登山口(23℃)
f0212511_23064255.jpg
黒色軌跡は那珂川町北中学校正門へ下る際迷ってウロウロして引返したルート
f0212511_06424406.jpg
油山牧場の入口(萩ノ原峠)まで縦走開始です
f0212511_06430648.jpg
低山とはいえ気持よく歩けます
f0212511_06431865.jpg
尾根歩きも楽しく
f0212511_06433054.jpg
片縄山の山頂に着きました。
縦走路を間違え柏原3丁目方面へ進んでしまう。
f0212511_06434224.jpg
山頂から油山方面を望みますが霞んでよく見えません
f0212511_06435411.jpg
柏原3丁目方面へ下ってしまい再び200mピーク(写真)へ戻り片縄山に登ります
f0212511_06440885.jpg
二回目の片縄山山頂を踏み縦走路を進み「埴安のコル」を過ぎます
f0212511_06442377.jpg
展望岩に到着、市内方面を一望することが出来ますが今日は霞んで今一つです
f0212511_06443717.jpg
お初の糠塚山(ぬかつかやま)山頂、残念ながら木々に覆われ展望は有りません
f0212511_06445057.jpg
「水ヶ谷コル」を過ぎると間もなく油山牧場入口です
f0212511_06450623.jpg
油山牧場入口の「萩ノ原峠」に着きました。
油山まで登ることも考えましたが、登山口までの車道歩きが多いので引返します。
f0212511_06452253.jpg
北中正門へのルートをウロウロしている時に出会った林道
f0212511_06453546.jpg
登山道に迷いながら1時間さまよったが、無事登山口の池へ帰ってきました

[PR]