カテゴリ: 糸島半島( 5 )

  【山名・標高】 可也山 365m (福岡県)
  【月日・時間】 2015年1月24日(土) 曇り 山行時間2:34(休憩除く2:03) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離7.1㎞(林道・車道4.5㎞含む) 累積標高(+)528m 歩数10,450歩
  【車駐車位置】 師吉公民館 マップコード:224546769*35

先ほど天ヶ岳に登ってきた。
牡蠣を食べる前に、一段と美味しく頂けるよう本日二座目の可也山に登る。
いつものように師吉公民館を出発。
石切場跡辺りの階段を登りきれば、あとはなだらかなアップダウン程度で楽である。
山頂を過ぎ展望台に到着、天気予報は晴れだったが、少し曇り空で霞んでいます。
コンビニで買ったおにぎりを食べながら玄界灘や今津湾、田園風景等を楽しむ。
下山は小金丸親山分岐から親山方面に下り周回コースをとる。
しかし前回歩いた(2011年2月27日)道が分からず、尾根まで伸びた林道を殆ど歩く羽目になった。
途中、林道わき道にある虚空蔵堂に寄って出発地点の師吉公民館に帰りつく。
16時には牡蠣小屋の店が閉まるようなので急いで岐志漁港へ向かう。
牡蠣小屋15時45分到着、早めに閉まる店もあるようだが開いている店もある。
今日は大黒屋で新鮮でぷりぷりの牡蠣を頂く。美味しかったです。

f0212511_2321086.jpg  12:40 師吉公民館(12℃)
  12:46 登山道へ
  13:06 石切場跡
  13:19 小富士梅林分岐
  13:25 可也山
  13:29 展望所(10℃)~14:00
  14:03 可也山
  14:07 小金丸親山分岐
  14:10 林道出合
  14:34 分 岐
  14:39 虚空蔵堂~14:45
  14:54 分 岐
  14:56 親山公民館
  15:14 師吉公民館(11℃)
f0212511_2323419.jpg
沢山の木の根っこ
f0212511_2322554.jpg
山頂標識の手前にある三角点
f0212511_2324526.jpg
展望台から芥屋の大門を見る
f0212511_2323570.jpg
今津湾の先に百地浜のホテルがかすかに見える
f0212511_2325616.jpg
玄界灘と右に火山、英彦山が見える
f0212511_232478.jpg
先ほど登ってきた天ヶ岳(中央)と右に柑子岳が見える
f0212511_233938.jpg
親山虚空蔵堂
f0212511_233115.jpg
赤いトウモロコシの食べ残しみたいなマムシグサの実
f0212511_2332968.jpg
岐志の牡蠣小屋
f0212511_2332029.jpg
今日は大黒屋におじゃましました
f0212511_2334372.jpg
牡蠣の身が大きくてぷりぷり 美味しい
f0212511_2333548.jpg


 
[PR]
  【山名・標高】 女天ヶ岳 260m 男天ヶ岳 250.9m (福岡県)
  【月日・時間】 2015年1月24日(土) 曇り 山行時間1:40(休憩除く1:35) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離2.9㎞(林道1.1㎞含む) 累積標高(+)360m 歩数5,323歩
  【車駐車位置】 紫雲山善應寺 マップコード:224699487*71

今日はどこの山へ登ろうか迷ったあげく、糸島の牡蠣が食べられる近場の山を選ぶ。
先ずは2013年12月8日に登れなかった女天ヶ岳・男天ヶ岳に登る。
不動明王像までの林道歩きは問題なかったが、男天ヶ岳近く道は斜面歩きでズルズル滑る。
女天ヶ岳は急登道だがロープを張ってあるのでそれを頼りに登っていく。
下山は往路を帰らず女天直登ルートを下るが、踏み跡は無く何度も迷いながらどうにか林道に出る。
本来は不動明王へ出てくるはずだったのだが・・。
低山でも人があまり登らない山は迷います。今回もGPSに助けられました。
この後、牡蠣を食べに行こうと思ったがお昼時で客が多そうだったので可也山へ行く。

f0212511_21375156.jpg  10:25 紫雲山善應寺(10℃)
  10:37 不動明王像
  10:43 分 岐
  10:53 男天ヶ岳
  11:05 分 岐
  11:15 女天ヶ岳(8℃)~11:20
  11:57 林道合流
  12:05 紫雲山善應寺(11℃)

   紫雲山 善應寺 →
f0212511_21381654.jpg
林道を登っていく
f0212511_2138475.jpg
不動明王像
f0212511_21382674.jpg
男天ヶ岳への登り
f0212511_21381578.jpg
男天ヶ岳山頂 展望は有りません
f0212511_21383742.jpg
女天ヶ岳への急登
f0212511_21382726.jpg
女天ヶ岳の山頂 ここも展望は駄目です
f0212511_21385157.jpg
女天ヶ岳から赤い布を目印に急坂を下るが道に迷う
f0212511_21384066.jpg
道無き道を下り林道へ出る
f0212511_2139451.jpg
クリックで拡大します
[PR]
  【山名・標高】 柑子岳[こうしだけ] 254.5m  (福岡県)
  【月日・時間】 2013年12月8日(日) 晴れ 山行時間1:44(休憩除く1:05) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離3.0㎞(車道1.4㎞含む) 累積標高(+)286m 歩数4,797歩
  【車駐車位置】 一ノ谷登山口駐車場 マップコード:224701190*06

  先ほど灘山と妙見山の周回コースを歩き、ロスタイムも多く残り二ヶ所は登れそうにない。
  今回は女天ヶ岳&男天ヶ岳の山行を諦め、柑子岳へ登って終わりにしよう。
  柑子岳はいきなり急な階段の上りでスタート。山頂まで時間はかからないが結構きつい。
  しかし、疲れも忘れてしまう程の山頂からの眺望に満足する。
  玄界灘の海や海岸線、遠くの福岡市内を眺めながらのんびりと昼食をとる。
  下山は村上登山口に下るが、此方も急な階段、一歩一歩扱けないように下る。
  下山した村上登山口からは車道を歩く。
  スイスイ車道を歩き、気が付けば三差路を曲がるのを見落とし下へ歩いていた。
  少し引返しを歩き、3時前に一ノ谷登山口へ到着する。 
  本日のもう一つの予定である牡蠣を食べるため、岐志(きし)の牡蠣小屋へ車を走らせる。
  牡蠣小屋に3時半到着、この時間でも駐車場はほぼ満車。
  今日は冨士丸に入店。牡蠣1.0㎏=800円、お得な1.3㎏=1000円等があります。
  お腹いっぱい食べて会計。牡蠣代金とは別に炭代が請求されます。炭代=300円
  今日はハイキング的な歩きやヤブ漕ぎ、それに階段歩きとバラエティにとんだ山行となり
  玄界灘の眺望に心をリフレッシュ、焼牡蠣でお腹を満たし最高の一日でした。

  13:00 一ノ谷登山口(15℃)
  13:17 南展望台
  13:21 柑子岳(15℃)~14:00
  14:23 村上登山口
  14:44 一ノ谷登山口(13℃)
f0212511_1632627.jpg
     一ノ谷登山口
f0212511_1635475.jpg
     いきなり急な階段の登り
f0212511_1634746.jpg
     南展望所から長浜海岸と遠く市内を望む
f0212511_1641697.jpg
     山頂からの野古島と長浜海岸
f0212511_1641038.jpg
     海に出っ張っている海釣り公園
f0212511_1643751.jpg
     灘山方面の眺望
f0212511_1643133.jpg
     村上登山口への急な階段を下る
f0212511_18593996.jpg
f0212511_190625.jpg
     岐志漁港に並んだ牡蠣小屋
f0212511_190481.jpg
     本日入店した冨士丸
f0212511_1902470.jpg

[PR]
  【山名・標高】 灘山 209.5m 妙見山 150m (福岡県)
  【月日・時間】 2013年12月8日(日) 晴れ 山行時間4:00(休憩除く3:50) 登山者2名
  【距離・歩数】 沿面距離8.8㎞(車道&林道2.0㎞含む) 累積標高(+)703m 歩数14,581歩
  【車駐車位置】 灘山登山口駐車場 マップコード:224791866*03

  今回は糸島半島の灘山と妙見岳、柑子岳、女天ヶ岳&男天ヶ岳の低山を歩き
  最後は糸島半島の牡蠣小屋で牡蠣を食べて帰る予定。
  最初の灘山・妙見山歩きで、灘山から妙見山へ進む道が不明瞭・殆どがヤブ漕ぎとなる。
  どうにか林道へ出てエッグファームに出るが、またもや取り付き点を間違え時間を要してしまう。
  妙見山に到着。バゴダが有るが展望は木々に覆われ無し。すぐに下山開始。
  妙見岳から礎石群を経由して、再度ヤブ漕ぎして灘山に登り、その後20分弱で出発点へ辿り着く。
  予定時間を大幅に過ぎてしまった。残り二ヶ所の山には行けそうにない。
  取りあえず次の柑子岳の登山口に移動する。

  08:30 登山口駐車場(7℃)f0212511_23461926.jpg
  08:36 ヤマザキデイリーストア
  08:42 取り付き点
  09:05 第一展望台
  09:15 灘山(12℃)~09:20
      ~道迷い~
  09:31 灘山
  10:07 林道出合
  10:12 エッグファーム
      ~道迷い~
  10:20 エッグファーム
  10:55 妙見山(13℃)~11:00
  11:29 エッグファーム
  12:12 灘山
  12:30 登山口駐車場(15℃)
f0212511_23463164.jpg
     第一展望台より柱島(ちっちゃな尖り島)と玄界島(右)を望む
f0212511_23464063.jpg
     灘山より西浦崎方面の妙見山と玄界灘を望む
f0212511_234650100.jpg
     灘山より西方面の玄界灘と彦山を望む
f0212511_23465795.jpg
     灘山からエッグファームに下る道はヤブ漕ぎ(竹)
f0212511_2347689.jpg
     妙見山の山頂にはひっそりとバゴダ(仏塔)がある
f0212511_23471381.jpg
     妙見山から下山途中、立派な日露戦勝紀念之碑がある
f0212511_23472190.jpg
     灘山から県道54号へ下る道
f0212511_1492844.jpg

[PR]
 糸島半島の牡蠣と可也山
 2011年2月27日(日)曇り 登山者 2名  万歩計 10,464歩
 登山時間10:50~13:12 (全所要時間2:22 歩行時間1:57) 距離5.9Km
 
 今日の天気は午後から下り坂。雨が降る前に冬の名物である牡蠣を食べ可也山(別称糸島富士)に登る。
 福岡高速5号線(野芥~福重間)と西九州自動車道が昨日開通したことで糸島半島の牡蠣小屋に早々到着。
 「のぶりん」小屋に一番乗り、ビール片手に美味しい新鮮な焼牡蠣をたらふく食べ大満足。
 と言いたいとこですがビールは飲酒運転となるためお預け、味噌汁と化けました。それでも最高です。
 満腹になった後、師吉公民館から出発。昨日のラッセル登山による筋肉痛?足取り重く一歩一歩進む。
 大海原を望める山であるためか三十数人の登山者と出合う。(猟銃を持った数人とも遭遇)(怖)
 下山は親山ルートへ進み林道と車道を通り、春の陽気に心地よさを感じながら出発地点に戻る。

 f0212511_001636.jpg
  0:00 師吉公民館(15℃)
  0:26 石切場跡
  0:40 小金丸親山分岐
  0:46 可也山
  0:48 展望所~1:13
  1:16 可也山
  1:21 小金丸親山分岐
  1:35 林道出合
  2:00 親山公民館
  2:22 師吉公民館(21℃)
f0212511_012378.jpgf0212511_013353.jpg
[PR]