カテゴリ:四国地方の山( 8 )

【山名・標高】笹ヶ峰 1,860m ちち山 1,855m 沓掛山 1,691m (愛媛県)
【月日・時間】2017年5月2日(火) 晴れ 山行時間5:34(休憩除く4:58) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.6㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1,315m 歩数14,065歩
【車駐車位置】笹ヶ峰林道登山口 マップコード:172301312*66

四国遠征もあっと言う間に終わり本日が最終日の四日目です。
瓶ヶ森、石鎚山、赤石山と登り、最後は帰路の体力を考え軽めの笹ヶ峰に登ります。
止呂橋から笹ヶ峰林道を8㎞程度走り登山口に到着、支度をして登山開始。
一時間ほど歩き丸山荘、その後はジグザグの笹道を登って標高を上げていきます。
山頂に到着、昨日まで登った瓶ヶ森、石鎚山、東赤石山の全ての山々が見渡せます。
山の尾根を見ているとテント担いで縦走路を歩いてみたい気分になります。
山々に心引かれながらも下山します。
一旦、ちち山の山頂を踏んで周回しながら丸山荘に戻ります。
折角なので対岸の沓掛山に登り笹ヶ峰やちち山を眺めて下山となる。
四日間で四国の瓶ヶ森、石鎚山、東赤石山、笹ヶ峰に登れ充実した山行となりました。
本日、今治のしまなみ海道の袂で仮眠して深夜から福岡へ帰ります。

 07:50 笹ヶ峰林道登山口(10℃)
 08:30 宿
 08:52 丸山荘・・・・・営業中、冷えたビールも有るようです
 09:30 笹ヶ峰(17℃)~09:50・・・360度、素晴らしい景色です
 10:02 鞍部・・・・・・笹が生い茂る道を下ってきました
 10:20 ちち山・・・・・笹を掻き分け山頂に辿り着く
 10:45 鞍部・・・・・・ちち山から斜面を横切る登山道を経て鞍部へ戻ってきました
 11:11 丸山荘・・・・・一旦、丸山荘へ下山します
 11:24 西山越・・・・・丸山荘から平坦を歩き西山越えから登り始めます
 11:54 沓掛山(15℃)~12:10・・・小高い山ですが結構疲れます
 12:34 西山越・・・・・帰路へ向かいます
 12:50 宿
 13:24 笹ヶ峰林道登山口(18℃)
f0212511_00383269.jpg
笹ヶ峰林道登山口にある案内板
f0212511_00384845.jpg
クリックで拡大
f0212511_16285548.jpg
f0212511_16290658.jpg
間もなく丸山荘に到着
f0212511_16291451.jpg
丸山荘、玄関が開いています
f0212511_16292261.jpg
ジグザグ道を登り青空の笹ヶ峰を望む
f0212511_16292915.jpg
途中振返り赤い屋根が小さく見える丸山荘と後方の構える沓掛山
f0212511_16293925.jpg
ジグザグ道から見る眺望
f0212511_16294756.jpg
間もなく笹ヶ峰に到着します
f0212511_16295628.jpg
到着しました、笹ヶ峰
f0212511_16300745.jpg
360度の素晴らしい眺望に大満足、西黒森から瓶ヶ森、石鎚山と三峰が連なって見えます
f0212511_16302080.jpg
石鎚山をズーム、斜面に残雪が残る天狗岳や石鎚山弥山が良く見えます
f0212511_16303346.jpg
何処を見渡しても素晴らしい
f0212511_16304529.jpg
f0212511_16305753.jpg
寒風山、伊予富士方面
f0212511_16310875.jpg
冠山方面
f0212511_16312094.jpg
西方面に見えるちち山へ登ります
f0212511_16313020.jpg
歩きにくい笹を掻き分け歩いて行きます
f0212511_16314181.jpg
ちち山の山頂です
f0212511_16315120.jpg
ちち山の山頂から笹ヶ峰を望む
f0212511_16320200.jpg
f0212511_16322396.jpg
西赤石山、東赤石山へ延びる尾根
f0212511_16323596.jpg
丸山荘へ下ります
f0212511_16324593.jpg
丸山荘にある水場、暑い時期は非常に助かります
f0212511_16325738.jpg
沓掛山に登るため西山越へ向かいます
f0212511_16333087.jpg
笹に覆われた沓掛山が目前に現れます
f0212511_16334297.jpg
笹道の急登を登り山頂に到着
f0212511_16335274.jpg
沓掛山の山頂から笹ヶ峰を望みます
f0212511_16340292.jpg
f0212511_16341246.jpg
沓掛山からちち山(左)と笹ヶ峰(右)を望みます
f0212511_16342275.jpg
下っている途中の新緑
f0212511_16343293.jpg
下津池の段々畑
f0212511_16344338.jpg
「止呂橋」から見る谷間の新緑
f0212511_16345385.jpg
車で下津池に到着、レトロ的な感覚を感じる「止呂橋」昭和42年3月竣工とあります

[PR]
【山名・標高】東赤石山1859m 西赤石山1,625m 八巻山1,698m 物住頭1,634m(愛媛県)
【月日・時間】2017年5月1日(月) 晴れ 山行時間8:25(休憩除く7:34) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離17.8㎞(林道0.4㎞含む) 累積標高(+)2,022m 歩数23,907歩
【車駐車位置】筏津登山口 マップコード:172346315*21

四国遠征の初日は瓶ヶ森、二日目は石鎚山と登り今日は赤石山へ。
別子観光センターの駐車場に車を停め、筏津登山口から登ります。
30分ほど進むと新緑の木々の合間から素晴らしい八間滝が見え隠れしています。
その後、瀬場谷分岐(赤石山荘分岐)からひたすら登っていきます。
植林地から枯れ沢のゴロゴロ岩の登山道となり一時間半で縦走路に出ます。
案内標識に従い、大岩を乗り越えながら東赤石山頂に到着。
山頂標識が二ヶ所あり、先へ進んだ所が三角点設置場所となります。
眺望を楽しんだ後、八巻山へ向かいます。
大岩を登ったり下ったり、合間をすり抜けたりの難路を通って八巻山に到着。
山頂で一息つく余裕もなく同じような難路を石室越へ。不明瞭な道に何度か迷う。
石室越に無事到着、1㎞強の道程を一時間も掛かりました。やっと一息です。
先に見える物住頭まで行きます。この道も難路ですが先ほどに比べれば楽勝です。
ここまで来れば西赤石山まで行ってみたくなり、急いで西赤石山をピストンする。
下山は赤石山荘経由で一気で下ります。
今日も昨日に引き続きハードな山歩きとなりましたが無事に下山することができました。
今日は道の駅「マイントピア別子」に併設されているの広々した「天空の湯」でのんびり入浴。
その後、いつものようにビールを飲んで車中泊となる。

 07:35 筏津登山口(17℃)
 07:53 瀬場登山口分岐
 08:18 瀬場谷分岐(赤石山荘分岐)・・右側を登ります
 09:32 縦走路合流
 09:35 分岐
 09:45 東赤石山・八巻山の分岐・・・先ずは東赤石山へ
 09:56 東赤石山(12℃)~10:20・・・山頂が二ヶ所あります
 10:44 八巻山・・・・・・・東赤石山からここまでの難路に苦戦
 11:35 石室越・・・・・・・八巻山からここまでは先ほど以上に苦戦です
 12:03 物住頭~12:10・・・石室越から前赤石山の巻道も難路あり
 12:33 西赤石山~12:40・・折角なので西赤石山まで行ってきました
 13:07 物住頭・・・・・・・西赤石山まで一時間足らずのピストンでした
 13:35 石室越
 13:47 赤石山荘(21℃)~14:00・・・キャンプ場で栄養補充休憩
 15:17 瀬場谷分岐(赤石山荘分岐)
 15:44 瀬場登山口分岐
 16:00 筏津登山口(18℃)
f0212511_23344573.jpg
県道47号線沿いにある筏津登山口
f0212511_00303155.jpg

クリックで拡大
f0212511_23351516.jpg
f0212511_23352293.jpg
ミツバツツジを発見
f0212511_23352905.jpg
新緑の奥に素晴らしい八間滝が見え隠れしています
f0212511_23353639.jpg
f0212511_23354435.jpg
赤石山の名前の由来なのか岩が赤く染まっています
f0212511_23355561.jpg
間もなく縦走路に出ます
f0212511_23360377.jpg
標識に沿って東赤石山へ
f0212511_23361580.jpg
東赤石山の山頂?実は奥の方に一等三角点の山頂があります
f0212511_23371080.jpg
中央に見える山、岩場だらけの八巻山、この後歩きます
f0212511_23373601.jpg
f0212511_23374571.jpg
三角点のある東赤石山の山頂
f0212511_23375307.jpg
f0212511_23380154.jpg
写真のような岩場の中を歩きながら八巻山へ進みます
f0212511_23381306.jpg
どうにか八巻山の山頂に辿り着きました
f0212511_23384500.jpg
ゴロゴロ岩が多く転げ落ちそうな大岩もあります
f0212511_23385433.jpg
岩場だらけの中、道なき道を進みます。こんな難路を体験するのは初めてです
f0212511_23390270.jpg
岩場難路を一時間ほど掛かり通過、その後前赤石の巻道難路を過ぎ物住頭に到着
f0212511_23391361.jpg
中央に西赤石山が見えます、疲れと下山時間が気になりますが・・やはり行きます
f0212511_23392231.jpg
歩きやすい縦走路、急ぎます
f0212511_23393182.jpg
物住頭から30分もかからず西赤石山に到着
f0212511_23402517.jpg
f0212511_23403405.jpg
前赤石山の巻道
f0212511_23404372.jpg
前赤石山の巻道も難路
f0212511_23405162.jpg
赤石山荘まで帰ってきました、八巻山が見えます
f0212511_23410175.jpg
赤石山荘で貴重な水を頂きます
f0212511_23410986.jpg
岩峰の八巻山、よく歩いたもんだ
f0212511_23411740.jpg
一気に下山
f0212511_23412805.jpg
f0212511_23413772.jpg
f0212511_23414533.jpg
 
[PR]
【山名・標高】石鎚山 1,972m 天狗岳 1,982m 前社森 1,592m(愛媛県)
【月日・時間】2017年4月30日(日) 晴れ 山行時間8:43(休憩除く8:12) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離17.1㎞(林道0.5㎞含む) 累積標高(+)2,263m 歩数29,891歩
【車駐車位置】西之川バス停 マップコード:822453714*34

今日は四国遠征の二日目、天気が良いので石鎚山に登る。
ロープウェイを使わず西之川バス停から石鎚神社成就への直登道を選択登る。
(約一時間半の登りは長かったが自分の足で登れたことに満足)
成就からは表参道を歩き試し鎖や鎖場を経て石鎚山の山頂および天狗岳に辿り着く。
下山は鎖場の巻道を経て、夜明峠から御塔谷ルートを下る。
(御塔谷ルートは長い下り道、登りに使ったら四時間以上掛かりそうです)

山頂からの眺望は素晴らしく四国の山々の尾根を一望することができました。
天気にも恵まれ天狗岳や大砲岩も登れ最高の山行となりました。

ロープウェイ入口にある「温泉旅館 京屋」の石鎚山温泉で汗を流し移動。
明日の東明石山登山のため道の駅「マイントピア別子」で車中泊となる。

 07:20 西之川バス停(12℃)・・・昨日の瓶ヶ森登山スタートと同じ場所
 07:32 成就分岐・・・これから高度を上げていきます
 09:02 車道出合・・・ロープウェイ山頂成就駅からの道に出る
 09:10 石鎚神社成就社・・・お参りしていきます
 09:39 試しの鎖・・・・二年前に続き今回も登ります
 10:00 前社森1,592m~10:09・・・素晴らしい展望
 10:26 夜明峠
 10:36 一の鎖・・・勿論鎖を登っていきます
 10:48 土小屋分岐(二の鎖)・・・少し雪が残っていますが登ります
 11:12 石鎚山(15℃)~11:26・・・リュックを置いて天狗岳⇒大砲岩へ
 11:47 大砲岩~11:55・・・・そそり立った岩場を慎重に引返します
 12:15 石鎚山・・・・・・・・山頂はまだ登山者で賑わっています
 12:32 土小屋分岐(二の鎖)・・・下山は鎖道は使わず巻道を下る
 12:40 一の鎖
 12:49 夜明峠・・・・初めての御塔谷ルートを下る
 13:35 天柱石(御塔石)・・・大きな岩がそびえ立っています
 14:00 十字路
 14:42 刀 掛
 15:05 岩 原
 15:35 鉄橋と滝
 15:49 成就分岐
 16:03 西之川バス停(18℃)
f0212511_14305731.jpg
西之川バス停の近くにある石段から登っていきます
f0212511_14315365.jpg
クリックで拡大
f0212511_14322632.jpg
石積みの道を進みます
f0212511_14344561.jpg
直登ルートを成就に向け登っていきます
f0212511_14345435.jpg
直登を登り成就手前の道に出ました(ロープウェイ駅と成就間の道)
f0212511_14350221.jpg
石鎚神社成就社に到着
f0212511_14350960.jpg
石鎚山へ向け八丁坂を歩きます
f0212511_14351803.jpg
試しの鎖道を選択
f0212511_14352765.jpg
試しの鎖74mの岩場を登っていきます
f0212511_14353666.jpg
試しの鎖を登ると前社森があります
f0212511_14354473.jpg
昨日登った瓶ヶ森の笹に覆われた山頂が見えます(中央上部)
f0212511_14355659.jpg
石鎚山の方を見ると第二、第三の鎖場や山頂にある頂上社が見えます
f0212511_14360996.jpg
石鎚神社成就社と新居浜市方面
f0212511_14361751.jpg
前社森から直登の鎖場を下ります
f0212511_14362504.jpg
雪が残る石鎚山
f0212511_14363305.jpg
第一鎖場を登っていきます
f0212511_14364443.jpg
f0212511_14365424.jpg
第二鎖場を登ります
f0212511_14370387.jpg
鎖場を登った所から振返り見る
f0212511_14371346.jpg
石鎚山(弥山)に到着、天気が良く登山者が多い
f0212511_14372273.jpg
リュックを置いて尖っている天狗岳に行きます、ちょっと怖いかな?
f0212511_14381253.jpg
無事天狗岳に到着、振返り弥山を眺める
f0212511_14382175.jpg
狭い岩場の怖さに慣れ、天狗岳の先にある大砲岩にも行きたくなります
f0212511_14382972.jpg
天狗岳から眺める山々や山尾道
f0212511_14383866.jpg
天狗岳の山頂標識
f0212511_14384733.jpg
天狗岳から大砲岩へ向かいます
f0212511_14385621.jpg
大砲岩から振返り天狗岳、弥山、西ノ冠岳方面を眺める
f0212511_14390521.jpg
こちらの眺望も素晴らしい
f0212511_14401030.jpg
大砲岩から戻る途中、天狗岳から弥山方面を見る
f0212511_14402338.jpg
天柱石(御塔石)
f0212511_14403221.jpg
壊れそうな木製の橋
f0212511_14404136.jpg
西之川の上流
f0212511_14405127.jpg
刀掛まで下ってきました、まだまだ半分ぐらいかな?
f0212511_14410082.jpg
アケボノツツジを一本発見、登山者によると今年の開花は一週間程遅いそうです
f0212511_14411012.jpg
f0212511_14412383.jpg
石積みの登山道を下っていきます
f0212511_14413259.jpg
時には素晴らしい滝があります
f0212511_14414169.jpg
マムシグサのようですが形が良いですね
f0212511_14415073.jpg
石積みのところまで帰ってきました
f0212511_14415930.jpg
下山最後は古民家に咲く花に癒され到着となります

[PR]
【山名・標高】瓶ヶ森 1,896m 台ヶ森 1,524m (愛媛県)
【月日・時間】2017年4月29日(土) 曇り 山行時間6:26(休憩除く6:02) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離15.9㎞(林道4.2㎞含) 累積標高(+)1,615m 歩数26,154歩
【車駐車位置】西之川バス停 マップコード:822453714*34

今年のGW、愛媛県の山々へ五泊四日の旅へ。
今回の山行は石鎚山、瓶ヶ森、笹ヶ峰、東明石山に登る予定。
自宅を4月28日(金)の23時に車で出発、高速道路を走り「しまなみ海道」を渡る。
愛媛県今治市に明朝到着、天気予報を見て石鎚山は後日にして今日は瓶ヶ森へ登ります。

東之川コースの登山道、歩きながらコンデションを整えるフラットな道が無く延々と登り道。
今日の累積標高差を後日確認すると1,615m、三時間強で登るにはハード過ぎました。

晩酌セットを購入し道の駅「小松オアシス」にある「椿温泉こまつ」でゆっくり入浴。
入浴後、冷たいビールに生きている幸せを感じ、いつの間にか爆睡、車中泊となる。

 07:30 西之川バス停(12℃)・・・石鎚山ロープウェイ入口から500m先
 07:57 東之川登山口・・・林道を歩いて取付き点へ
 08:57 新道合流点・・・登りの連続です、これからガレバへ
 09:36 台ヶ森鞍部・・・まだまだ登ります
 09:41 台ヶ森・・・・・三角点の票石がある狭い山頂
 09:44 台ヶ森鞍部・・・まだ300m以上の標高を登ります
 10:15 第一キャンプ場前・・・山肌一面に笹の葉が広がっています
 10:36 瓶ヶ森(女山)(7℃)~11:00・・・やっと山頂に到着
 11:11 瓶ヶ森(男山)1,807m
 11:25 駐車場分岐・・・駐車場へは行かず氷見二千石原を周回
 11:39 第一キャンプ場前・・・往路を下山します
 12:06 台ヶ森鞍部・・・・・台ヶ森には立ち寄らず下山
 12:36 新道合流点
 13:29 東之川登山口・・・長い下りは膝にきます
 13:56 西之川バス停(15℃)
f0212511_07485099.jpg
西之川バス停の先にある橋からスタート、渡っていきます
f0212511_07492788.jpg
クリックで拡大
f0212511_07504544.jpg
車道を30分程度歩き、東之川登山口から登山道へ入ります
f0212511_07505292.jpg
苔むした石垣があります
f0212511_07510411.jpg
黙々と登っていきます
f0212511_07511163.jpg
新道との合流地点、新道は現在崩落により通行止めのようです
f0212511_07512187.jpg
対岸の山肌に見えるピンク色はアケボノツツジのようです?
f0212511_07513047.jpg
木々の緑が無くなっていきます
f0212511_07513883.jpg
フラットな道はなく、まだまだ登っていきます
f0212511_07514669.jpg
台ヶ森の山頂、尾根の一部分のようです
f0212511_07515887.jpg
時には立ち止まり、山の風景に癒され頑張ります
f0212511_07520813.jpg
第一キャンプ場前に到着、氷見二千石原
f0212511_07521720.jpg
しかし、山頂まではまだ560m、標高差161mも有ります
f0212511_07522961.jpg
笹の中、木製階段を登っていきます
f0212511_07523751.jpg
広大な氷見二千石原を見ながら目前に見える山頂を目指し登ります
f0212511_07524547.jpg
山頂に到着、霞んでいますが素晴らしい眺望です
f0212511_07525259.jpg
こちらの眺望、先端は瓶ヶ森(男山)
f0212511_23431346.jpg
瓶ヶ森(女山)バス停から山頂まで三時間以上も掛かった、標高差1,500mの一気登りは疲れます


f0212511_07530146.jpg
瓶ヶ森(男山)には蔵王権現が祀られています
f0212511_07530939.jpg
氷見二千石原の先には瓶ヶ森駐車場がある(初心者やファミリーはマイカー利用)
f0212511_07531840.jpg
氷見二千石原をあとにして下ります
f0212511_07532617.jpg
疲れました~

[PR]
  【山名・標高】 飯野山 421.7m (香川県)
  【月日・時間】 2016年5月7日(土) 曇り 山行時間2:31(休憩除く2:05) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離5.8㎞(車道2.4㎞含む) 累積標高(+)436m 歩数8,653歩
  【車駐車位置】 飯山町登山口 マップコード:77657734*3

GWの後半、香川県の飯野山(讃岐富士)に登ってきました。
飯野山の登山口は①飯山町登山口、野外活動センターの②飯野町登山口、③坂出登山口と三ヶ所あり。
今回は①から登り②へ下り車道を歩いて①へ戻りました。
飯野山は市民に親しまれており、家族連れや犬の散歩等、沢山の人が思い思いに気楽に登られていました。
今回は曇り空とPM2.5の影響か、霞んでおり瀬戸大橋をはっきりと観ることができませんでした。
しかし、麦穂にょって黄金色に輝く田園風景を楽しむことができました。

  09:00 飯山町登山口(18℃)f0212511_23112964.jpg
  09:10 登山道始まり
  09:17 山頂迄1㎞
  09:39 飯山・飯野町分岐
  09:48 飯野山(18℃)~10:14
  10:24 飯山・飯野町分岐
  10:32 六合目
  10:40 五合目
  10:44 四合目
  10:49 三合目
  11:00 野外活動センター
  11:13 飯神社
  11:31 飯山町登山口(20℃)
f0212511_23114592.jpg
クリックで拡大
f0212511_1135167.jpg
飯山町登山口の駐車場と飯野山
f0212511_114379.jpg
案内板も設置されています
f0212511_1141065.jpg
登山道が始まりコンクリート道を上がっていきます
f0212511_1141689.jpg
飯山ルートは分岐点まで整備された階段を登っていきます
f0212511_1142137.jpg
f0212511_1142896.jpg
分岐点に到着、その後頂上まで210mコースの近道をを登ります
f0212511_1143648.jpg
頂上に到着
f0212511_11443100.jpg
三角点です
f0212511_1145047.jpg
山頂にある薬師堂
f0212511_1145784.jpg
一輪咲いていた花
f0212511_11554.jpg
おじょもの足跡(巨石群表示パネルの右のくぼみ)
f0212511_1151648.jpg
おじょもの足跡展望台からの景色、右上の川がおもじょ伝説の土器川
f0212511_1152596.jpg
九合目からの景色、右の角山と左の聖通寺山
f0212511_2313026.jpg
聖通寺山辺りをズームすると右上部に瀬戸大橋がかすかに見えます
f0212511_1153417.jpg
六合目からの景色
f0212511_1154239.jpg
登山道に一輪咲いています
f0212511_1154890.jpg
f0212511_1155593.jpg
五合目からの景色
f0212511_116316.jpg
飯野町ルートはなだらかで歩きやすいです
f0212511_1161044.jpg
野外活動センター横に有る飯野山登山道入口案内板
[PR]
  【山名・標高】 伊予富士 1756m 寒風山 1763m (愛媛県)
  【月日・時間】 2015年5月4日(月) 曇り 山行時間4:10(休憩除く3:50) 登山者単独
  【距離・歩数】 沿面距離10.0㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1166m 歩数14,544歩
  【車駐車位置】 寒風茶屋駐車場 マップコード:172152459*24

昨日は石鎚山に登り、夜は道の駅「小松オアシス」の駐車場に車中泊。
今日も昨日の雨が残り山は雲の中、観光に切り替えようか迷いながら伊予西条市辺りをウロウロ。
時間が経つにつれ回復の兆しとなり、午後から伊予富士に登る。
旧寒風山トンネル南口の寒風茶屋から登山開始。
桑瀬峠まで登り、あとは笹尾根を気分爽快とはいかないが気持ちよく縦走する。
伊予富士だけではちょっと物足りない気分、帰りに桑瀬峠から寒風山まで足を伸ばしピストンで下山。
ガスに覆われ眺望は観れませんでしたが、その場に立ちイメージすることで楽しみました。
四国の旅は本日で終わり。移動し大洲市の「臥龍の湯」で汗を流し明日の九州入りの為三崎港まで移動。
三崎港にある観光交流拠点施設「佐田岬はなはな」にて車中泊となる。

  13:30 寒風茶屋登山口(18℃)f0212511_22301814.jpg
  14:10 桑瀬峠
  14:40 分岐
  15:10 伊予富士(12℃)~15:30
  15:58 分岐
  16:14 桑瀬峠
  16:50 寒風山(11℃)
  17:17 桑瀬峠
  17:40 寒風茶屋登山口(14℃)

   旧寒風山トンネル南口にある
           寒風茶屋→

f0212511_22302635.jpg
駐車場横の案内板から登山開始
f0212511_22303334.jpg
桑瀬峠へ樹林帯を登っていきます
f0212511_22304093.jpg
新緑が綺麗
f0212511_22304665.jpg
ミツバツツジが咲いてます
f0212511_22305217.jpg
まだまだ新緑を眺めながら桑瀬峠へ登っていきます
f0212511_22305847.jpg
笹原の桑瀬峠に到着、ここから先ずは伊予富士に行きます
f0212511_2231421.jpg
下界は晴れてますがここは北西の風でガスが発生
f0212511_2231987.jpg
アケボノツツジがちょこちょこ咲いてます
f0212511_22311587.jpg
尾根を境に東南は日が射している所が有ります
f0212511_22312093.jpg
笹原の中にポツンとアケボノツツジが咲いてます
f0212511_2231269.jpg
伊予富士は見えませんが笹尾根を歩いて行きます
f0212511_22313465.jpg
最後の急坂を登り山頂に辿り着く、ガスに覆われ視界ゼロ残念です
f0212511_22314150.jpg
今度は桑瀬まで戻り寒風山に登ります途中晴れ間が見える
f0212511_2231489.jpg
寒風山近くは古木の道となります
f0212511_22315447.jpg
寒風山に着きましたが、ここも残念ながら視界ゼロです
f0212511_2232167.jpg
桑瀬峠に戻り下山、寒風茶屋駐車場から山並を眺める
f0212511_22354866.jpg
クリックで拡大します
[PR]
  【山名・標高】 石鎚山 1974m (愛媛県)
  【月日・時間】 2015年5月3日(日) 曇り後雨 山行時間5:48(休憩除く4:49) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離10.8㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1172m 歩数15,910歩
  【車駐車位置】 下谷駅の駐車場 マップコード:822483125*74

昨日は剣山に登り美馬インター近くの道の駅「ことなみ」に車中泊した。
今日の天気は午後から雨模様、6時に起き軽く朝食をとり高速道路を走り石鎚山登山口へ急ぐ。
ロープウェイ駐車場に8時半着、登山準備してロープウェイ乗り場に8時55分到着、既に行列です。
30分程待っててロープウェイに乗車、成就駅に9時半到着、ここから登山開始となる。
20分弱登った所の石鎚神社成就社には一般の宿泊施設旅館が沢山ありビックです。
ここからは本格的の登山道を歩きます。
一旦八丁坂を下り、登り返して進みます。
試しの鎖、岩壁にある鎖が大きく意外と登れますが、へっぴり腰でへばりついている人も・・。
ここの岩峰で眺望を楽しんだのが最後となりあとは雨が降り出し眺望は次回の楽しみとなりました。
一の鎖、二の鎖と登り、三の鎖は見落として山頂に辿り着く。
山頂は雨にもかかわらず登山者が沢山、人混みのなか頂上山荘で一休み。
下山は雨が降っていることもあり鎖場は通らず巻道を利用し帰る。
石鎚神社成就社に着くころは雨も小康状態となり合羽を脱いで新緑を楽しみながら帰る。
ロープウェイに乗り下谷駅に15時35分到着、お店で讃岐うどん(細麺)を食べゆっくりする。
駐車場で濡れた服を着替え車中泊先は温泉施設のある道の駅「小松オアシス」に決定。
明日も雨模様、山行は微妙ですが取りあえず温泉(椿温泉こまつ)に入り生ビールを腹いっぱい?。
今日の石鎚山、後半雨でしたが鎖場も登れ良い一日でした。おやすみなさい。

  09:28 山頂成就駅(15℃)f0212511_15151241.jpg
  09:46 石鎚神社成就社
  10:00 八丁坂休憩所
  10:35 試しの鎖74m(下)
  10:50 岩 峰
  11:05 前社ヶ森休憩所(上)
  11:18 夜明峠
  11:30 一の鎖33m(下)
  11:35 一の鎖33m(上)
  11:40 土小屋分岐~11:45
  11:50 二の鎖65m(下)
  12:05 二の鎖65m(上)
  12:15 石鎚山(10℃)~12:50
  12:58 二の鎖65m(上)
  13:05 二の鎖65m(下)~13:15
  13:17 土小屋分岐
  13:22 一の鎖33m(上)
  13:24 一の鎖33m(下)
  13:33 夜明峠
  13:44 前社ヶ森休憩所(上)
  13:48 試しの鎖74m(下)
  14:22 八丁坂休憩所
  14:45 石鎚神社成就社~14:55
  15:17 山頂成就駅(16℃)
f0212511_191888.jpg
ロープウェイの入口ゲートをくぐり乗り場へ進みます
f0212511_19181515.jpg
ピストンでロープウェイは運転されてますが渋滞
f0212511_19182144.jpg
50人定員のゴンドラに乗り7分30秒の旅
f0212511_19183234.jpg
下谷駅から成就駅方面、455mから1300mまで標高が上がります
f0212511_19184258.jpg
ロープウェイで845mを一気に上がり成就駅から歩いて成就社へ向かう
f0212511_19184912.jpg
石鎚神社中宮成就社でお参りして出発
f0212511_19185446.jpg
鳥居をくぐります
f0212511_1919078.jpg
アケボノツツジが咲いてます
f0212511_1919557.jpg
丸太の階段を登る
f0212511_19192182.jpg
オオカメノキの花が咲いてます
f0212511_19193175.jpg
ここにもアケボノツツジが咲いてます
f0212511_19193973.jpg
第一難関、勿論試し鎖74mに挑戦します
f0212511_19194455.jpg
勾配が半端じゃありません、大きな鎖を頼りに登っていきます、途中で引返せません
f0212511_19195170.jpg
登りきった岩峰に祀ってあります
f0212511_1919562.jpg
先ほどの成就社が見えます
f0212511_192045.jpg
遠くは西条方面の瀬戸内海も見えます
f0212511_19201250.jpg
試し鎖を下った所には前社ヶ森小屋の休憩所が有ります
f0212511_19201949.jpg
高度が上がるにつれガスの中へ、小雨が降ってくる
f0212511_19202593.jpg
一の鎖33mを登ります
f0212511_19203366.jpg
二の鎖65mを登ります
f0212511_19203848.jpg
二の鎖、しっかりと鎖を握り登っていきます
f0212511_19204599.jpg
三の鎖68mの登り口を見落とし鉄製の迂回路階段を通る
f0212511_19205069.jpg
山頂に到着、雨が降っており風邪もあり寒い
f0212511_19205918.jpg
山頂には石鎚神社頂上社がある、一週間に交代で働かれているそうです
[PR]
  【山名・標高】 剣山 1955m 次郎笈 1929m (徳島県)
  【月日・時間】 2015年5月2日(土) 晴れ 山行時間5:17(休憩除く4:00) 登山者複数
  【距離・歩数】 沿面距離10.0㎞(林道0.0㎞含む) 累積標高(+)1000m 歩数16,569歩
  【車駐車位置】 見ノ越登山口P マップコード:497401663*68

昨日は鳥取県の大山に登り倉敷まで移動、車中泊となる。
瀬戸大橋温泉「やま幸」で身体の疲れをとり、その後ビール飲んで爆睡に入る。
今日は遅い起床、9時半出発、瀬戸大橋を渡り剣山の登山口へ。
登山開始は昼を過ぎてますが、まだまだ登山者は多く家族連れもおられます。
リフト使わず登山道を登り原生林を経て、ミヤマクマザサが一面に広がる草原の山頂に辿り着く。
山頂から観る次郎笈への縦走路、歩いてみたくなるのは当然?。
思ったほど時間はかからず次郎笈の山頂へ辿り着く、眺めは最高です。
遠回りして下山開始、途中名水百選や大剣神社に立ち寄り、何故か山頂ヒュッテにも寄ってみる。
山頂ヒュッテ16時半、宿泊客で賑わってます。
これから登山口まで立ち寄るところもなく一気に下山。
今日は遅い時間からの行動、素晴らしい眺望にも恵まれ無事剣山に登ることができました。
天気は下り坂、4日に計画していた石鎚山を一日早め明日3日に計画変更する。
下山時間が遅かったことで車中泊の場所と程良い温泉場所が見つからず一苦労。
結局温泉には入れず、明日の登山口を考え高速道路近くの道の駅「ことなみ」に泊まる。

  12:15 見ノ越登山口(20℃)f0212511_1038295.jpg
  12:50 西島駅~12:54
  12:58 尾根道分岐
  13:06 刀掛ノ松
  13:21 山頂ヒュッテ
  13:27 剣山(22℃)~13:45
  14:09 次郎笈峠
  14:24 ピーク分岐
  14:28 次郎笈(17℃)~14:55
  14:58 ピーク分岐
  15:09 縦走路出合
  15:23 次郎笈峠
  15:35 大剣神社分岐~15:44
  16:00 名水百選~16:05
  16:08 大剣神社
  16:22 山頂ヒュッテ~16:36
  16:49 大剣神社
  16:58 尾根道合流
  17:02 西島駅
  17:32 見ノ越(13℃)

  画像は全てクリックで拡大

f0212511_11492389.jpg
倉敷を出発、瀬戸大橋のサービスエリアでちょっと休憩
f0212511_11493370.jpg
つるぎ町の狭い国道438号線を約35㎞走ってやっと剣山(左)と次郎笈(右)が見えてきました
f0212511_11493897.jpg
144段の階段登り口が登山口、上がった所に剣神社
f0212511_11494312.jpg
午後の日差しを浴びながらリフトに乗らず登山道を登ります
f0212511_11494966.jpg
約300m強の標高を登り西島駅に到着
f0212511_11495494.jpg
枝ぶりが良いので「刀掛の松」と勘違い、次に出てきます
f0212511_1149599.jpg
山々の眺望が素晴らしい
f0212511_1150443.jpg
これが「刀掛の松」枯れ果てた姿の古木でした
f0212511_1150952.jpg
子供たちが残雪を楽しみながら登っています
f0212511_11501542.jpg
山頂ヒュッテの横にある剣山本宮
f0212511_11502063.jpg
木道を歩き四国第二の高峰、剣山の山頂へ向かいます
f0212511_11502637.jpg
祀られている剣山の三角点
f0212511_11503478.jpg
前方に次郎笈、今から向かいます
f0212511_11504985.jpg
縦走路を下って登り次郎笈の山頂に到着
f0212511_11505739.jpg
剣山から歩いてきた縦走路を振返り見る、良い眺めです
f0212511_1151520.jpg
360度何処を見ても素晴らしい山並が見えます
f0212511_11511236.jpg
巨大な石灰岩塔、上部は大剣神社が祀られ、下部には名水百選がある
f0212511_11511820.jpg
剣山御神水(名水百選)
f0212511_11512441.jpg
何故か山頂ヒュッテへまた登ってきました、ヒュッテから観る夕方の山並眺望は一段と素晴らしい
f0212511_11513115.jpg
巨大な石灰岩の上部には大剣神社がある(現世最高の良縁を結ぶ神社とある)
f0212511_11513974.jpg
西島駅の横には野営場が有るようでテントが見えます
f0212511_11514773.jpg
下山途中の道
f0212511_11515416.jpg
今回は利用しなかった往復1860円のリフト
[PR]