・・工事中・・
2018年2月10日(土)~11日(日) 雨後曇り ウォーク 単独  万歩計 143,870歩
時間07:00~2:45(トータル時間19:45 歩行時間18:24)沿面距離109.3Km

参加者44名で大河ドラマ館を7時スタート、先導者に誘導され市内の城山公園展望台や西郷洞窟などを見学しながら第一エイド(10㎞地点)まで歩きます。予報より早く天気が崩れ、第一エイドに到着するころには本降りとなります。

ここからはフリーウォーキング、各自が思い思いのペースで歩き始め、なんとなく四人グループが形成され雨の中を歩いていきます。緩やかで長い登り道を過ぎた所が第二エイド(19㎞地点)の輝楽里よしだ館、朝食のおにぎり二個を頂きます。このあとも雨降る中を歩き、第三エイドを過ぎ第四エイド辺りでやっと雨が上がりました。日当山温泉の「西郷どんの湯」の軒先を通り第五エイド(52㎞地点)にたどり着く。中間点となる第五エイドまで9時間半かかり時刻は16時半、ここで夕食のカレーを頂きます。

これから先は二人旅、中村さんの背中を見失わないように歩き第六エイド(63㎞地点)で追い付く。18時半となり大分暗くなってきたのでヘッドライトを点灯。
再び歩き始め亀割峠を越え、鹿児島湾から吹き上げる強風に寒さを感じながら、必死に中村さんに大きく離されないように歩くが段々とペースダウン、ついに中村さんは見えなくなり一人旅となる。

道路工事の迂回路が分かりづらい歩道をいくつか歩き第七エイド(85㎞地点)の道の駅「たるみず」に到着。もうへとへとですがまだ20㎞も残っています、スープを頂き気合を入れ第八エイドを目指して再び一人旅の開始です。
国道220号線から桜島の国道224号線へ進み、緩やかなアップダウンを何度も繰り返しながら2時00分発(24時~4時間は00分発のみ)のフェリーに間に合う最後の力を振り絞って歩く。

頑張った甲斐あって第八エイド手前4㎞辺りで中村さんの背中を発見、第八エイドで追いつきます。
(時間調整のためスピードダウンされて歩かれていたから追いついたようです)
二人で2時00分のフェリーに乗船、船内で至福の乾杯。

鹿児島港に2時15分到着、中村さんの先導で深夜の市内繁華街を歩き、ゴールとなる大河「西郷どん大河ドラマ館」に午前2時44分29秒辿り着く。

中村さんのおかげで19時間44分29秒、第三位でゴールすることができました。

  07:00     スタート(西郷どん大河ドラマ館)
  07:49~07:54 城山公園展望台
  08:06~08:12 西郷洞窟
  09:17~09:22 第1エイド10㎞地点(セブンイレブン鹿児島坂元北店)
  10:46~10:55 第2エイド19㎞地点(輝楽里よしだ館)
  12:43~12:49 第3エイド31㎞地点(セブンイレブン姶良脇元店)
  14:21~14:28 第4エイド40㎞地点(セブンイレブン隼人小浜店)
  16:31~16:42 第5エイド52㎞地点(セブンイレブン隼人姫城店)
  18:28~18:30 第6エイド63㎞地点(ローソン国分インター店)
  22:33~22:38 第7エイド85㎞地点(道の駅たるみず湯っ足り館)
  01:44~01:44 第8エイド103㎞地点(道の駅火の島めぐみ館)
  01:55~02:20 フェリー:桜島港2:00~2:15鹿児島港
  02:45     ゴール105㎞地点(西郷どん大河ドラマ館)
f0212511_00260574.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP

【山名・標高】宝満山 829m 仏頂山 868m (福岡県)
【月日・時間】2018年2月7日(水) 晴れ 山行時間3:41(休憩除く3:03) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離8.6㎞(林道2.4㎞含む) 累積標高(+)995m 歩数15,960歩
【車駐車位置】一本松公園駐車場 マップコード:55486671*4

昨夜の夜間は仕事だったので今日はお休み。
朝、帰宅して寝てましたが、晴天に誘惑され難所ヶ滝へ。
河原谷を登り難所ヶ滝を鑑賞、その後縦走路へ登り宝満山まで歩き山頂を踏む。
下山はうさぎ道を通り宇美新道を経て一本松公園に帰ってくる。
難所ヶ滝の氷爆は大つららが有名だけど、今日は小つららの方が見応えがあった。
下山の宇美新道はマイナーな道で、人と会う事無くモフモフ道を楽しく歩きました。

 12:00 一本松駐車場(0℃)
 12:18 昭和の森分岐
 12:39 難所宝満分岐
 12:51 小つらら(-3℃)~13:03
 13:08 難所ヶ滝(大つらら)~13:20
 13:42 難所ヶ滝分岐(北)
 13:52 難所ヶ滝分岐(南)
 14:11 宝満山(-2℃)~14:25
 14:35 うさぎ道分岐
 14:55 宇美新道
 15:16 急坂終わり
 15:23 取付地点
 15:28 河原谷ルート合流
 15:41 一本松駐車場(2℃)
f0212511_00164172.jpg
河原谷ルートの林道を歩きます
f0212511_00165348.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_00165987.jpg
小つらら
f0212511_00170866.jpg
小つらら
f0212511_00171489.jpg
小つらら
f0212511_00171941.jpg
小つらら
f0212511_00172472.jpg
小つらら
f0212511_00173228.jpg
小つらら
f0212511_00174088.jpg
小つらら
f0212511_00174794.jpg
小つらら
f0212511_00175368.jpg
難所ヶ滝の大つらら
f0212511_00175958.jpg
大つらら
f0212511_00180600.jpg
大つらら
f0212511_00181345.jpg
大つらら
f0212511_21391582.jpg
難所ヶ滝から縦走路へ向かいます
f0212511_21392257.jpg
この辺は雪が深く良い景色です
f0212511_21392811.jpg
縦走路に出ました
f0212511_21393527.jpg
宝満山の山頂から見る英彦山(中央)
f0212511_21394115.jpg
これは右から古処山、屏山、馬見山が見えています
f0212511_21394832.jpg
福岡市内方面
f0212511_21395603.jpg
三郡縦走路の先には若杉山が見えます
f0212511_21400631.jpg
青空に映える宝満山の山頂上宮
f0212511_21401300.jpg
下山はうさぎ道へ
f0212511_21402094.jpg
宇美新道を下ってきました
f0212511_21403020.jpg
ここを徒渉すれば河原谷コースへ出ます、あとは林道を歩いて一本松公園到着


【山名・標高】英彦山 1200m  (福岡県)
【月日・時間】2019年2月3日(土) 天気 山行時間6:20(休憩除く5:01) 登山者多数
【距離・歩数】沿面距離10.3㎞(車道1.0㎞含む) 累積標高(+)1,062m 歩数16,018歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

登山口の別所駐車場まで一部積雪がありましたがスパイクレスタイヤで問題なく到着。
登山身支度を済ませ、先に行かれた山友さん達を追いかけ奉幣殿で合流。
総勢10名でワイワイガヤガヤと話しながら四王寺の滝と行者の滝へ。
四王寺の滝は成長して見栄えする氷爆になっています、若干左側は水量が少ないのか氷柱が無く岩肌が見えていました。
四王寺の滝を鑑賞した後、急登ルートは進まず一旦下り、今度は行者の滝へ登っていきます。
四王寺の滝に比べると見劣りしますが、氷柱の上に雪が積もり、これも良いものです。
ここで皆さんとはお別れ、正面参道へ上がります。
正面参道を少し登り、今度は行者堂近くにある二段の滝(Wの滝)を鑑賞。
しっかりと氷爆しており素晴らしい二段の滝です。
二段の滝を鑑賞した後、やはり山頂を踏まないと…、英彦山中岳へ。
休憩所で昼食を取っていると、吹雪きはじめ、ホワイトアウト状態になる。
早々に下山、北西尾根を下ります。
吹雪いている雪で左頬が痛く、はっきりしないトレースを転げるように下っていきます。
バードラインまで下り一息、その後はボチボチとキャンプ場を経由して別所駐車場に帰り着く。
今日は三つの氷爆に加え、北西尾根の「雪道滑り台」に満足した一日でした。

 09:30 別所駐車場(-1℃)
 09:49 奉幣殿
 10:35 四王寺滝分岐
 11:03 四王寺滝(-5℃)~11:23
 11:49 四王寺滝分岐~12:03
 12:13 行者の滝分岐
 12:45 行者の滝(-3℃)~12:55
 13:13 正面参道合流
 13:44 二段の滝(Wの滝)
 14:10 英彦山中岳(-7℃)~14:45
 15:20 自然観察路十字路
 15:32 自然歩道出合
 15:50 別所駐車場(1℃)
f0212511_19232106.jpg
正面参道の階段を登っていきます
f0212511_19233131.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_19233898.jpg
四王寺滝分岐
f0212511_19234619.jpg
10名で四王寺の滝を目指します
f0212511_19235283.jpg
四王寺の滝、少しブルー色しています
f0212511_19235988.jpg
良いですね~
f0212511_19240467.jpg
f0212511_19241162.jpg
下から撮ってみました
f0212511_19241882.jpg
何度見ても良いものです
f0212511_19242439.jpg
四王寺の滝の次は行者の滝へ
f0212511_19243281.jpg
ちょっと見劣りしますね~
f0212511_19243823.jpg
氷柱の上に雪が積もっています
f0212511_19244619.jpg
どんなに写真を撮っても一緒のようです
f0212511_19245399.jpg
行者の滝から正面参道へ出ました、次は二段の滝
f0212511_19245977.jpg
二段の滝
f0212511_19250820.jpg
この氷爆も良いですね
f0212511_19252978.jpg
英彦山の中岳に到着
f0212511_19254044.jpg
北西尾根を滑り落ちるように下ってきました、あとはキャンプ場を通って帰る

【山名・標高】乙犬山 186m 丸山 86m (福岡県)
【月日・時間】2018年1月27日(土) 晴れ 山行時間2:24(休憩除く2:24) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.7㎞(車道7.4㎞含む) 累積標高(+)349m 歩数14,679歩
【車駐車位置】門松信号機 マップコード:13419836*32

先週に引き続き干支の山、犬が付く山を選び、乙犬山へ。
乙犬山だけでは物足りなく、門松近くの丸山とセットで周回。

 12:25 門松信号機(3℃)・・・交差点から出発
 12:35 御影橋信号機・・・・右へ曲がります
 12:41 乙犬八幡宮入口・・・細い道へ入ります
 12:45 乙犬八幡宮・・・・・八幡宮の左裏が取付き点
 13:04 乙犬山(3℃)・・・・荒れた登山道を歩いて到着
 13:23 切 通・・・・・・尾根を歩き道路に出ました
 13:47 乙犬八幡宮入口・・再び通ります
 13:57 グリーンパーク若杉入口信号機・・・旧201号線に出ました
 14:01 門松信号機・・・・今度は丸山へ
 14:09 なのみの里・・・・農産物直販施設、近隣農家の朝採り
 14:25 丸山(7℃)・・・・・展望は開けていますが霞んでいます
 14:43 なのみの里
 14:49 門松信号機(6℃)・・・平地ですが今日も一日寒かった
f0212511_22265389.jpg
乙犬八幡宮へ
f0212511_22270277.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_22270777.jpg
乙犬八幡宮
f0212511_22271342.jpg
竹林が生茂っています
f0212511_22271848.jpg
これは何でしょう?
f0212511_22272332.jpg
f0212511_22272837.jpg
竹林が延び放題、道が不明瞭
f0212511_22273543.jpg
山頂手前に祠が有ります
f0212511_22274141.jpg
乙犬山の山頂に到着、引き返さず尾根を進みます
f0212511_22274856.jpg
切通に出ました
f0212511_22280881.jpg
グリーンパークわかすぎ
f0212511_22281966.jpg
三日月山や立花山が良く見えます
f0212511_22282529.jpg
こんもりとした丸山
f0212511_22283277.jpg
丸山の登り口にある御霊宮鳥居
f0212511_22284030.jpg
間もなく山頂到着
f0212511_22284654.jpg
丸山の山頂
f0212511_22285338.jpg
低山ですが眺望が素晴らしい

【山名・標高】犬鳴山 584m 西山 645m (福岡県)
【月日・時間】2018年1月20日(土) 晴れ 山行時間5:08(休憩除く4:52) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離14.0㎞(林道2.0㎞含む) 累積標高(+)1,328m 歩数24,418歩
【車駐車位置】犬鳴ダム湖畔駐車場 マップコード:68067043

今日は、今年の干支である犬が付いた山、犬鳴山へ登ります。
コースはダム湖畔から出発、急登を進み最初のうちに犬鳴山を踏みます。
あとは尾根つたいにアップダウンを繰り返し、中間地点の西山に到着。
後半はダム湖を中心に時計回りに歩き、朝日うどん店を経て出発地点に帰りつく。
後半の登山道は分岐が多く間違いやすいです。
GPSで時々道を確認しながら歩いたが、往来岳の所で間違えてしまった。
往来岳まで登り返して三つのピークを踏み林道へ出る。
林道を1キロほど歩き、再び登山道に入り登山道とは思えない道へ。
この急坂は、手ごわく斜面をズルズル滑り落ちながら下っていく。
しかも、最後は倒木が多くかつ荒れた沢を歩き朝日うどん店にでる。
出発地点の犬鳴ダム湖畔に到着。ここでは野良猫が出迎えてくれました。
どうにかダム湖の周りを無事に周回することができました。
まだまだ、いろんなルートが有るようで楽しめそうです。

 10:00 犬鳴ダム湖畔(7℃)・・・一眼レフ充電切れにきずく
 10:05 取付点・・・・・道路左側にある案内版に従って登山道へ
 10:47 犬鳴山(熊ヶ城)(6℃)・・縦走は始まったばかりです
 10:56 林道横断
 11:02 久山分岐
 11:10 猪野越
 11:44 椿 峠
 11:50 鹿見分岐・・・・この後鉄塔横を通る
 12:02 司書橋分岐・高揚山 529m
 12:05 番兵跡
 12:19 ダム分岐119⑤
 12:28 こもの峠119⑥・・・西山へロープを頼り登ります
 12:44 西山(鮎坂山)(8℃)~13:00
 13:16 辰ノ平 631m
 13:23 往来岳~13:33 595m・・・道を間違える
 13:40 草場岳 595m
 13:50 御別館山(乙野岳) 616m
 14:03 脇田岳 605m
 14:17 林道から登山道へ・・・急斜面を下ります
 14:40 沢へ119⑨・・・・・・急斜面が終わり今度は倒木道
 14:53 朝日うどん・・・・・・無事に周回満足
 15:08 犬鳴ダム湖畔(9℃)・・・休憩していると周りは野良猫だらけ
f0212511_22564657.jpg
綺麗な山頂標識がある犬鳴山(今日の写真は全てスマホカメラで撮る)
f0212511_22570095.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_16415247.jpg
犬鳴ダム湖、水量が少ないですね
f0212511_16420830.jpg
急登を登っていきます
f0212511_16422141.jpg
犬鳴山の山頂に到着
f0212511_16422886.jpg
猪野越
f0212511_16423486.jpg
縦走路は気持ちが良い
f0212511_16424230.jpg
椿峠
f0212511_16425878.jpg
鹿見分岐
f0212511_16430639.jpg
鉄塔
f0212511_16431466.jpg
御別館跡分岐(御別館跡経由で司書橋へ)
f0212511_16433118.jpg
ピークは高揚山と表記されています。529m
f0212511_16434021.jpg
f0212511_16434858.jpg
ここにも分岐
f0212511_16435589.jpg
こもの峠
f0212511_16440522.jpg
西山へロープを伝い急登を登っていきます
f0212511_16441416.jpg
西山に出ました
f0212511_16442054.jpg
f0212511_16442611.jpg
西山の山頂ですが標識は鮎坂山とあります
f0212511_16443281.jpg
これから先、幾つかのピークを歩きます、先ずは辰ノ平。631.2m
f0212511_16444012.jpg
ここは往来岳。595m
f0212511_16444837.jpg
草場岳。595m
f0212511_16445527.jpg
御別館山(旧乙野岳)。616m
f0212511_16450258.jpg
脇田岳。605m
f0212511_16450980.jpg
林道から登山道へ下っていきます
f0212511_16451613.jpg
荒れ放題の沢、ルートを外さないよう慎重に歩きます
f0212511_16452220.jpg
取付き点の「朝日うどん」へ無事下ってきました
f0212511_16452986.jpg
国道をテクテク歩いて出発地点の犬鳴ダムへ帰ります


【山名・標高】宝満山 829m 仏頂山 868m 頭巾山 901m(福岡県)
【月日・時間】2018年1月14日(日) 曇り 山行時間4:40(休憩除く4:11) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離10.3㎞(林道2.2㎞含む) 累積標高(+)1,060m 歩数19,387歩
【車駐車位置】一本松池駐車場 マップコード:55486671*4

晴れ間が出る天気予報に期待して昨日に引き続き難所ヶ滝へ。
一本松池駐車場から河原谷コースを登り難所ヶ滝。(ここまでは昨日と一緒)
昨日に比べ積雪は少し減っていますが氷爆は殆ど変わっていないようです。
鑑賞後は滑り台化した雪道直登道を、四つん這いで登り縦走路に出る。
一旦、南側に位置する宝満山まで進み上宮で参拝。
帰りは再び縦走路を北へ歩き、頭巾山の山頂を踏んで急斜面を下る。
ある程度緩やかになった下り坂辺りで元気な四人の登山者に追いつく。
この後、出発地点の一本松池まで行動を共にすることとなる。
今回の二つ目の目的でもあった、お初道のだごしゃん道へ。
どうにか分岐を探し、荒れた山中をテープを探しながら歩いて行く。
道標が二ヶ所あり無事に昭和の森キャンプ場に辿り着く。
キャンプ場から草ヶ谷ダム横を通り河原谷コースに合流、一本松池へ帰る。
ご一緒して頂いた皆さん、ありがとうございました。

 08:30 一本松池駐車場(2℃)・・・雪は昨日より少ない
 08:49 昭和の森分岐・・・・・林道終点
 09:10 宝満山分岐・・・・・・うさぎ道分岐
 09:28 難所ヶ滝~09:35・・溶け始めている感じです
 09:52 難所ヶ滝分岐(南)・・・急登は大変でした
 10:13 宝満山(-2℃)~10:21・今日の展望は良くありません
 10:44 難所ヶ滝分岐(南)・・・会社関係の知人と遭遇
 10:56 難所ヶ滝分岐(北)・・・高齢登山者が分岐点で撮影中
 11:09 頭巾山・・・・・・・・登山者が暖かい食事を取られています
 11:43 だごしゃん道分岐~11:57・・ウロウロして見つけました
 12:14 案内板・・・・・・「旧頭巾山ーだごしゃん・大滝」と記載
 12:31 案内板・・・・・・正楽寺跡と書いてあります
 12:43 昭和の森・・・・・しゃくなげの場所から草ヶ谷ダム横へ進む
 12:58 河原谷コース・・・合流します
 13:10 一本松池駐車場(5℃)・・後半は五人で賑やかに下ってきました
f0212511_22160220.jpg
一本松池の公園
f0212511_22161340.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP
f0212511_22162506.jpg
河原谷コースを登っていきます、今日は子供も多い
f0212511_22163080.jpg
小つらら
f0212511_22163553.jpg
難所ヶ滝、昨日と殆ど変りません、ただし人が多い
f0212511_22164668.jpg
f0212511_22165269.jpg
f0212511_22165946.jpg
クラゲの頭?
f0212511_22171353.jpg
難所ヶ滝から急登を登ります
f0212511_22172001.jpg
三郡縦走路に出ました
f0212511_22172658.jpg
宝満山近くの雪景色
f0212511_22173993.jpg
宝満山に到着
f0212511_22174599.jpg
若杉山方面の景色
f0212511_22175272.jpg
f0212511_22180656.jpg
頭巾山の山頂
f0212511_22181595.jpg
頭巾山から急斜面を下ります
f0212511_22182227.jpg
案内板「旧頭巾山ーだごしゃん・大滝」を見つけホッとする
f0212511_22183586.jpg
昭和の森のしゃくなげ近くに出る、これからは草ヶ谷ダム横へ通り帰る

 




第2回プラチナブロガーコンテスト



【山名・標高】三郡山 936m  (福岡県)
【月日・時間】2018年1月13日(土) 曇り 山行時間3:52(休憩除く3:38) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離9.3㎞(林道4.1㎞含む) 累積標高(+)795m 歩数15,949歩
【車駐車位置】一本松池駐車場 マップコード:55486671*4

一本松池公園の駐車場から河原谷コースを登り難所ヶ滝へ。
氷爆の下地は岩肌が見えている状況ですが、まぁまぁですかね~。
鑑賞した後は左へ進み深くなってくる積雪を踏みながら縦走路に出る。
膝下ぐらいまである積雪の縦走路を気持ちよく歩き三郡山にたどり着く。
今日は小雪が舞う生憎の天気、山頂からの眺めは望めず早々に下山。
三郡山から欅谷Bコースを下り林道を経て昭和の森、一本松池に帰りつく。
途中、積雪で分かりづらくなった徒渉場所で滑り危なかったです。
昭和の森から一本松まで、凍った車道歩きでした。

 08:33 一本松池駐車場(0℃)・・・既に沢山の車が駐車
 08:54 昭和の森分岐・・・・・・林道終点
 09:20 難所宝満分岐・・・・・雪がだいぶ積もってきました
 09:43 難所ヶ滝~09:50・・・氷爆、もう少しかな~
 10:15 難所ヶ滝分岐(北)・・・・縦走路に出ました
 10:46 三郡山(-5℃)~10:53・・曇ってて視界ゼロ
 11:03 欅谷Bコース分岐・・・縦走路から左へ下ります
 11:40 林道出合・・・・・・・無事に林道へ出ました
 12:10 頭巾山登山口
 12:15 昭和の森・・・これから凍った車道を歩きます
 12:25 一本松池駐車場(0℃)・・駐車場はまだ沢山停まっています
f0212511_18480064.jpg
一本松池の東屋、屋根の雪が良いですね
f0212511_18485131.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_18490010.jpg
枝に積もった雪、良い感じ
f0212511_18490988.jpg
河原谷コースの登山道を登っていきます
f0212511_18491476.jpg
小つららも少し凍ってます
f0212511_18491966.jpg
難所ヶ滝、まだまだ太ってほしいですね~
f0212511_18492440.jpg
こんな角度からの写真が良いかな?
f0212511_18493411.jpg
f0212511_18494160.jpg
難所ヶ滝の左側に位置する氷柱
f0212511_18494973.jpg
縦走路へ向けて登っていきます
f0212511_18495618.jpg
寒いけど癒されます
f0212511_18500344.jpg
深い積雪の場所もあります
f0212511_18500989.jpg
縦走路の雪のトンネル、この場所は春夏秋冬いつ見ても素晴らしい
f0212511_18501538.jpg
三郡山に到着、曇りで視界ゼロ
f0212511_18502228.jpg
凍った徒渉場所、滑って扱けそうになりました
f0212511_18502933.jpg
崩壊同然の林道、頭上から大雪が落ち頭から雪をかぶってしまう
f0212511_18503544.jpg
新雪の雪道を歩きます、気持良いですね~
f0212511_18504295.jpg
昭和の森まで下山してきました、あとは凍った車道を下って行きます

【山名・標高】英彦山 1,200m (福岡県)
【月日・時間】2018年1月6日(土) 曇り 山行時間6:13(休憩除く5:46) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離11.5㎞(車道1.5㎞含む) 累積標高(+)1,255m 歩数19,392歩
【車駐車位置】別所駐車場 マップコード:383243268*17

週末から少し冷え込んできたので英彦山の氷爆が気になり行ってきました。
英彦山の氷爆は多く、欲張って四つの滝を回ってきました。
行者の滝、二段の滝(ダブルの滝)、四王寺の滝、智室川路傍の滝
結果から云うと二段の滝(ダブルの滝)だけが氷爆が見れ、他はまったくでした。
今度、冷え込みが続いたら行ってみたいと思います。

 08:55 別所駐車場(2℃)
 09:12 奉幣殿
 09:36 行者の滝分岐・・・ちょっと分かりづらい分岐
 10:04 行者の滝・・・・・氷爆しおらず写真も撮り忘れる
 10:35 二段の滝(ダブルの滝)~10:45・・ここは素晴らしい
 11:30 四王寺の滝・・・・残念でした
 12:04 南岳・・・・急登を滑らないように登り南岳へ
 12:13 英彦山中岳(-2℃)~12:30・・・おにぎりと暖かいお茶
 13:02 材木岩・・・・・膝が痛くなってきました
 13:20 鬼杉
 14:00 玉屋神社・・・・今頃になって晴れ間が出てきました
 14:24 智室川路傍の滝・・・まったく凍ってません
 14:44 分岐・・・
 14:52 金石地蔵尊
 14:57 九大入口(舗装道路)・・・九州大学生物学実験施設入口
 14:08 別所駐車場登山口(4℃)
f0212511_18485432.jpg
石段を登っていきます
f0212511_18490397.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_18491050.jpg
奉幣殿
f0212511_18491611.jpg
f0212511_18492224.jpg
二段の滝(ダブルの滝)
f0212511_18492855.jpg
滝から少し登り平坦な所に出てきました
f0212511_18493389.jpg
急斜面を下り二段の滝?
f0212511_18494012.jpg
四王寺の滝はまったく凍っていません
f0212511_18494795.jpg
上部は少し白いです
f0212511_18495304.jpg
南岳の山頂
f0212511_18500006.jpg
南岳から見た中岳の上宮
f0212511_18500701.jpg
f0212511_18501422.jpg
南岳と中岳の縦走路
f0212511_18502018.jpg
材木岩
f0212511_18502784.jpg
鬼杉、高くて全部を写真に撮ることができません
f0212511_18503459.jpg
玉屋神社
f0212511_18504178.jpg
智室川路傍の滝
f0212511_18504890.jpg
金石地蔵尊
f0212511_18505568.jpg


【山名・標高】愛岳山432m 宝満山829m 仏頂山868m 三郡山936m(福岡県)
【月日・時間】2017年12月31日(日) 曇り 山行時間4:09(休憩除く4:06) 登山者単独
【距離・歩数】沿面距離12.2㎞(車道0.6㎞含む) 累積標高(+)1,254m 歩数21,267歩
【車駐車位置】竈門神社駐車場 マップコード:55396010*52

今年の登り納はタイミングと天気が合わずギリギリ大晦日の31日となる。
近場の宝満山と三郡山をベースに周回コースで歩きます。
意外と面白いコースで、距離も有り登り納に相応しい登山となりました。
今年の山行回数は69回、2014年から四年連続60台をキープしています。
拙いブログに立ち寄って頂いている皆さん、今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

 12:20 竈門神社登山口(6℃)
 12:51 愛岳山(5℃)
 13:00 鳥追峠
 13:29 中宮跡
 13:42 宝満山
 14:07 難所ヶ滝分岐(北)
 14:27 三郡山(2℃)~14:30
 14:49 難所ヶ滝分岐(北)
 15:05 難所ヶ滝
 15:22 宝満山分岐
 15:34 十字路分岐
 15:58 車道横断
 16:11 竈門神社まで1.2㎞
 16:29 竈門神社登山口(5℃)
f0212511_22202669.jpg
竈門神社駐車場からスタート
f0212511_22204270.jpg
クリックで拡大
f0212511_22205961.jpg
愛岳山
f0212511_22210517.jpg
宝満山の山頂(明日の元旦日出撮影に来ている日本列島テッペンの旅撮影隊)
f0212511_22211202.jpg
f0212511_22211882.jpg
三郡山縦走路
f0212511_22212411.jpg
三郡山縦走路
f0212511_22213396.jpg
三郡山からの風景
f0212511_22214056.jpg
難所ヶ滝方面へ下っていきます
f0212511_22214810.jpg
難所ヶ滝、下に微かな雪が残っていました
f0212511_22215813.jpg
岩壁に掲げられている高山邦彦をしのぶ会プレート
f0212511_22220593.jpg
うさぎ道方面へ
f0212511_22221366.jpg
f0212511_22222164.jpg
帰ってきました竈門神社の駐車場 正月の門松

【山名・標高】ダイヤモンド・ヘッド 232m (アメリカ オアフ島)
【月日・時間】2017年12月14日(木) 晴れ時々小雨 山行時間5:31(休憩除く4:36)
【距離・歩数】沿面距離16.5㎞(車道13.8㎞含む) 累積標高(+)679m 歩数約3万歩
【出 発 位 置】シェラトン・ワイキキ・リゾートホテル

結婚式出席のため四泊六日でアメリカハワイ州のオアフ島へ行ってきました。
結婚式に加え、ダイヤモンド・ヘッドの登山、ハレイワやハナウマ湾などの観光も楽しんできました。
行きは福岡空港からデルタ航空の直行便(飛行時間7:40)
帰りは成田空港乗り継ぎ(国際線飛行時間9:00)で帰ってきました。

シェラトンホテルを10時36分出発、歩いてダイヤモンド・ヘッドへ行き、登ります。
ホノルル動物園の交差点からダイヤモンド・ヘッド・ロード方面へ進み、右回りに歩き、KCCファーマーズマーケット先を右折、登山口ビジターセンターへ向かいます。
ビジターセンターよりコンクリート歩道と登山道を登りダイヤモンド・ヘッド山頂に到着。
外輪山の一番高い所が山頂となり、レアヒ頂上(232m)とも云うようです。
山頂からは、ワイキキビーチ方面やココヘッドまでのオアフ島南西部海岸線など、壮大な素晴らしい絶景を堪能します。
帰りはダイヤモンド・ヘッド・ロードまで下り、車道を右に曲がり灯台を経由して周回、右手にダイヤモンド・ヘッド、左手にビーチを見ながら16時7分にホテルへ戻りました。
ダイヤモンド・ヘッド・ロード周回は大変でしたが、オアフ島の街並みや大自然を充分堪能することができました。
因みに、バスで移動すればビジターセンターから往復二時間もあれば登れます。

 10:36 シェラト・ワイキキ・リゾートンホテル
 10:52 デューク カハナモク像
 11:05 ホノルル動物園信号・・・信号先を間違え少し遠回りしてしまう
 11:55 登山口入口(バス停)・・・・・・案内板から右へ曲がる
 12:15 ビジター・センター~12:24・・・駐車場の先
 12:53 ダイヤモンド・ヘッド~13:07・・・レアヒ山頂
 13:38 ビジター・センター~13:58・・・アイスを食べます
 14:12 登山口出口(バス停)・・・・・・バス停
 14:27 フォート ルガー・パーク・・・・モンキーポットの樹があります
 14:55 ダイヤモンド・ヘッド灯台・・・・中には入れません
 15:18 ルイーズ ディリングハム記念噴水・・・撮影スポット
 15:35 ホノルル動物園信号~15:47・・・・・疲れましたね~
 16:07 シェラト・ワイキキ・リゾートンホテル
f0212511_23060578.jpg
ワイキキビーチとダイヤモンド・ヘッド
f0212511_23061380.jpg
クリックで拡大(詳細はYAMAP)
f0212511_16445028.jpg
KCCファーマーズマーケット先のバス停を右折
f0212511_16451131.jpg
コンクリート歩道を登っていきます
f0212511_16451737.jpg
岩山をジグザグに登っていきます
f0212511_16452365.jpg
山頂からの眺望、ココヘッドまでのオアフ島南西部海岸線
f0212511_16453186.jpg
ワイキキビーチ方面
f0212511_16454055.jpg
f0212511_16461066.jpg
望遠で見るとヨットも見えます
f0212511_16462043.jpg
f0212511_16462925.jpg
ダイヤモンド・ヘッド灯台
f0212511_16463780.jpg
f0212511_16464424.jpg
フォート ルガー・パークの樹
f0212511_16465078.jpg
ダイヤモンド・ビーチ・パーク
f0212511_16470074.jpg
ダイヤモンド・ヘッド・ロードから山頂が見えます
f0212511_16491118.jpg
ルイーズ ディリングハム記念噴水とダイヤモンド・ヘッド
f0212511_16492420.jpg
ワイキキ・ウォールから見るダイヤモンド・ヘッド
f0212511_16493674.jpg
シェラトンホテルから見るダイヤモンド・ヘッドの山頂
f0212511_16495295.jpg
ダウンタウンで行われていたクリスマスイルミネーション
f0212511_16500479.jpg
かぼちゃの馬車
f0212511_16501291.jpg
カメハメハ大王
f0212511_16502245.jpg
ドール・プランテーション
f0212511_16503274.jpg
オアフ島で二番目に古い教会
f0212511_16504001.jpg
波が高くサーフィンに最適?
f0212511_16504813.jpg
カマロン・シュリンプ・ワゴンのガーリックシュリンプ
f0212511_16505871.jpg
ワイキキビーチ
f0212511_16510666.jpg
シェラトンホテルのチャペル「ザ・マカナチャペル」
f0212511_16511739.jpg
デューク カハナモク像
f0212511_16512749.jpg
ハナウマ湾
f0212511_16513680.jpg
ココ・クレーター、よーく見てみると、麓から頂上まで階段のようなものが一直線に伸びているのがわかります。これは、以前に使われていたケーブルカーの線路の名残。頂上にあった通信基地に物資を運ぶために使われていたそうです。このケーブルカーの枕木を階段のようにして頂上まで登ることができ、ココ・クレーターのトレッキング・コースとしてよく知られています。
f0212511_16515177.jpg
シーライフ・パークから見るうさぎ島
f0212511_16520023.jpg
モアナルア・ガーデンにある「日立の樹」、モンキーポット
f0212511_16520899.jpg
ワイキキビーチで海水浴中
f0212511_16521739.jpg
夜のワイキキビートと夜景
f0212511_16522568.jpg
シェラトンホテルから見るワイキキビーチ、日の出前
f0212511_16523560.jpg
シェラトンホテルから見るワイキキビーチ、日の出前